札幌100マイル

RSS チャンネルのチャンネル 創成川イーストより

創成川沿い、三角屋根の小さな一軒家。気軽だけど本格的なワインと和洋食!

by チャンネルのチャンネル

プロフィール

こじんまりと、落ち着ける、「家」のようなお店です。料理のうまい友人の家に遊びにきたような感じでいらしてください。
男性二人で営業する、まったりとしたお店です。二階は10名まで入れるプライベートな空間です。ぜひ、一度ご覧になって下さい。
住所 札幌市中央区南3東1-1-6 電話(011)231-0324 創成川沿いの三角屋根の一軒家です。


投稿したブログ数:470件

マセラシオンカルボニック

マセラシオンカルボニック

マセラシオンカルボニック

マセラシオンカルボニック

さて何の呪文だ


それは僕を20数年前までサカノボラセル


大学1年

アルバイトは『ザ ワインバー』

同じ時期に同世代のバイトが5人

数ヵ月後にはなぜか先輩のバイトが全員退店
(大学の卒業などで)

入店まもないスタッフがメインに。

フレッシュ & 勢い

そんな時に覚えた(覚えさせられた)言葉

『マセラシオンカルボニック』

ボジョレーヌーボーの製法の名前

収穫して間もない葡萄から、美味しく飲めるワインを作る製法

そう、あのころの僕らはまさにボジョレーヌーボー




解禁日がくるといつも思い出すのです

『ボジョレーヌーボーなんて、ただすっぱくて軽いワイン』

そんな批判や、

『騒いでいるのは日本人だけ』

なんて言われても

その時の思い出がワインと重なっているんです

印象的な出来事があったときに流行っていた音楽とかと同じ感覚です


だから、ボジョレーヌーボーはけっこう好きなんですよ


だからこそ

『ボジョレーヌーボー』を

今さら

『ボーージョレーヌーボー』とは

言えないのです。



こんなブログを

セイコーマートで買った
『ボーージョレイヌーボー』を飲みながら

録画したリーガルハイを見ながら
書いてます


話は本題に入りますが

ほんの少しですが

チャンネルにもボジョレーヌーボーあります


20131121-00.JPG



『ATフィールド、全開』


深夜に飲みながらブログを書くと

こんなとりとめのない感じになっちゃいますね


ま、いいか



昔の職場の同僚や後輩は僕のことをATと呼びます
チャンネル 荒谷一之

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。
pageTop