札幌100マイル

RSS ここいく ブログ

小学生放課後自然体験活動の様子です!

by cocoiku

プロフィール

小学生が作る、円山動物園のブログです


投稿したブログ数:765件

木曜日コースも始まりました!

4月16日木曜日


今日から木曜日コースも始まりです。
朝はうっすらと雪がつもりましたが、
やはり、昼からは青空です。

風の冷たい日でしたが、
今日はKEHとTAKの2人でスタート!

さあ、まずは自分の敷物をもって、外へ。
おやつにしよう。









本日のおやつは、りんごとバナナです。
「北のやさいや あさだ」さんが届けてくれました。
あさださんは、移動販売の八百屋さん。
安全で美味しい野菜や果物を私たちに届けてくれます。
旬の野菜のおいしい料理の方法も教えてくれるんです。

みんなで今日はどこに行きたい?と相談です。





「ライオン見たい! だってまだホンモノみたことないから!」
とKEN。
それじゃあ。熱帯動物館だね。
でも、ライオンはお休み中。寝ていてピクリともしません。
そのかわり、迫力あったのは、お隣の展示室にいた「アムールトラ」。
アムールトラは、極東シベリアの森林にすむ、世界最大のトラです。
トラは、ガラス越しに私たちを観察するかのように、こちらを見ながら、檻のはしからはしへ、何度も行ったり来たりしています。
すると、TAKもついに、トラにあわせて、こちら側でいったり来たり。
ガラス越しとはいえ、一緒に歩いた気分はどうだった?


さて、お次は、スタッフのしゅんちゃんが「昆虫館にナナフシがいるぞ」と情報を提供。
「みんなで探しに行こう」ということに。
ナナフシは、木の枝みたいだから、見つけにくいよ。
「この木に3匹いるね」
と、飼育員さんのヒントをいただきながら、必死に探します。
「あっ、いたあ~」とKEH。
KEHは飼育員さんも気づかなかったナナフシを発見したことで、本日の「ナナフシ名人」となりました。





動物園から今度は円山へ。
「おーい。この木に穴があるよ」
と手をつっこんでみるTAK。





橋の上からぼっこを落とすことが面白い2人。
ついに、流したぼっこを追いかけ、追いつき、追い抜くことが始まりました。
「あっちにぼくたちの木がいったぞお~」










「ぼくたちの木がつっかえた」ということで、救出を試みるしゅんちゃん。
「みんなしっかり、おさえて~」と、スタッフ・めめの号令で、必死にしゅんちゃんを
おさえます。





ぼっこは流れ、川を下り、池に出たり、また川に合流したり。
追いまくるみんな。
途中、何度か転んだりしたけど、
スックと立ち上がり、また追いかけていきました。
そして行き着いたのは、暗渠への入口。


「ところで、この先、どうなっているかわかる?」
「海になってるっ!」
「海じゃないんだ。この道路の下をね、川が流れているんだよ」
「ええっ!?」
目を丸くする2人。
目の前をびゅんびゅん自動車が走っています。

「ずいぶん遠くまで来たね。
そろそろ戻ろう」





途中は、自分のお気に入りのぼっこを見つけました。
「本日の1本」。










「これ、持って帰っていい?」
と迎えにきてくれたお母さんと交渉していましたよ。

本日のブログを書いたのは、キナコでしたが、
我が家の小学5年生の息子が、かつて幼稚園の時、
毎日のようにぼっこを持って帰ってきていました。
そして、ある日、ついに、どこで手にしたのか、切株まで…。

さあ、次回はどんなものをおみやげにするでしょうか。






コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。
pageTop