札幌100マイル

RSS 札幌彫刻美術館日記-彫美家の日々

札幌宮の森にある小さな美術館の日常を学芸員がお伝えします。

by sapporochobi

プロフィール

本郷新記念札幌彫刻美術館

宮の森の閑静な住宅街のなかにある美術館です。
彫刻家・本郷新の作品をおもに展示しています。
「ちょうび」と呼んでください。
5人家族の「彫美(ちょうび)家」、日記担当は学芸員のHです。

開館時間 10:00~17:00 月曜休館
料金 一般300円、高大生200円、65歳以上250円、中学生以下無料 ※特別展の場合は異なります。
〒064-0954 札幌市中央区宮の森4条12丁目
TEL 011-642-5709
http://www.hongoshin-smos.jp/index.html


投稿したブログ数:46件

夏休み子どもワークショップのお知らせ

こんにちは!

昨日の記事でお伝えしましたとおり、
本日の彫美は「ナイトミュージアム」で20時まで開館しております。

こちらは「カルチャーナイト2012」の参加企画なのですが、
今日は札幌市内のいろいろな施設で夜間のイベントがある様子。
いくつかはしごも楽しそうですよ。

なんだか空が曇ってまいりましたが、
お天気がもってくれるといいですね...


さて本日は、夏休みの子ども向けワークショップのお知らせです。
美術家の田村陽子さんを講師にお迎えし、
新聞紙やカラフルな和紙を使い、身近な人の足型をつくってみるワークショップ。
2人1組で、お互いの足をつくりあっこします。
家族や親しいお友達と参加すれば、
和気あいあいの、楽しい時間になると思いますよ。





夏休みワークショップ「みぢかなひとの足型をつくろう!」

美術家の田村陽子(たむらようこ)さんに教わりながら、
新聞紙やカラフルな和紙を使って、
身近な人の足型をつくってみよう!
家族や友だちなど、好きな人とつくりあっこすれば、
きっともっと仲良くなれるよ。

会場:本郷新記念札幌彫刻美術館 本館 研修室
講師:田村陽子(札幌在住、美術家)
参加費:1組1,000円
対象・定員:小学5年生以上、20組40名※親子、きょうだい、友達同士など、2名1組でご参加ください。
申込:7月19日(木)より電話受付。先着順。
    電話 011-642-5709(受付時間9:30-17:00)




講師の田村陽子さんは植物の繊維でつくった紐を使って、
人の足を編む作品で知られている作家です。

昨年当館で開催した「抽象彫刻30人展」では、
生後まもなくから4歳に至るまでのお孫さんの足を編んだ
作品を出品されていました。
成長のよろこびと、もう戻らない過去への郷愁を感じさせる、
繊細な作品でした。


↓ 田村陽子《記憶する足形 #53 岡本興大》 2011 苧麻





こちらのワークショップ、夏休みの自由研究にもおすすめです。
ぜひお早めにお申し込みを!

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。
pageTop