札幌100マイル

札幌コンベンションセンター

札幌の代表的な国際会議場から、様々な情報を発信していきます!

『市民公開プログラム(学会併催)』カテゴリーの投稿一覧

【入場無料】5/17(土) 市民公開講座のご案内

5月17日(土) 17時より特別会議場にて、現在開催中の学会「日本実験動物科学技術さっぽろ2014」の市民公開講座が開催されます。

テーマは『人々の健康に貢献する動物実験と実験動物の福祉』です。
動物実験は医薬品の開発や難病の診断・治療法の開発など、私たちの健康を維持することに大きく貢献しており、また、動物実験を行う際は実験動物の福祉に最大限の注意を払い、透明性を確保して行うよう科学者は努力しているそうです。
国内だけでなく、海外の事例についても同時通訳を入れた講演が行われます。
皆様、この機会に一線でご活躍されている科学者の方のお話を聞いてみませんか?

http://www.c-linkage.co.jp/sapporo2014/pdf/shimin.png?var=140428
shimin

■開催日時: 2014年 5月17日(土) 17:00~19:00 (開場16:30)

■会  場: 札幌コンベンションセンター1階 特別会議場

■定  員: 500名 (当日直接会場にお越しください)

■お問合せ: 札幌コンベンションセンター TEL.011-817-1010

市民公開プログラム(2/3)「気付いて下さい、こころのサインに」・「現代社会における不安と対処法」

第5回日本不安障害学会学術大会 
市民公開プログラム <市民公開講座>
----------------------------------------
「不安障害」という言葉を聞いたことがありますか?
不安障害は、社会問題として注目されているうつ病を上回る有病率があるそうですが、
その重要性は国からも社会からも十分認識されていない現状にあるようです。
不安障害やうつ病にならないためには、日頃どのように暮らすことが大事なのでしょうか。
東京女子医科大学病院の坂元 薫先生が「気付いて下さい、こころのサインに
-ストレスケア外来の最前線から-」、また九州大学病院院長の久保 千春先生が
「現代社会における不安と対処法」を講演されます。
学会で一般公開されるプログラムですので、市民の方に無料で参加いただけます。


日時:2013年2月3日(日) 14:30-16:30
会場:特別会議場(札幌コンベンションセンター)




司会:坂野 雄二 先生
(北海道医療大学心理科学部臨床心理学科教授)

講演①
「気付いて下さい、こころのサインに -ストレスケア外来の最前線から-」
演者:坂元 薫 先生
(東京女子医科大学病院神経精神科教授)


講演②
「現代社会における不安と対処法」
演者:久保 千春 先生
(九州大学病院院長)


チラシ⇒http://5.jpsad.jp/pdf/press.pdf
※2月1日(日)19:00-20:00にはプレカンファレンス「子どものそだちと親の不安」が開かれます。
http://www.facebook.com/events/277770495682265/

 【お問い合わせ】
第5回日本不安障害学会学術大会 市民公開プログラム係
TEL: 011-272-2151
E-mail: jsad5@c-linkage.co.jp

市民公開プログラム(2/1)「子どものそだちと親の不安」

第5回日本不安障害学会学術大会 
市民公開プログラム <プレカンファレンス>
----------------------------------------
子どもの発達障害について、児童精神科医で専門家の
田中 康雄先生 (こころとそだちのクリニック むすびめ院長)が
講演されます。
学会で一般公開されるプログラムですので、市民の方に
無料で参加いただけます。

日時:2013年2月1日(金) 19:00-20:00
会場:札幌コンベンションセンター 特別会議場



「子どものそだちと親の不安」

演者:田中 康雄 先生
(こころとそだちのクリニック むすびめ院長)

座長:館農 勝 先生
(医療法人ときわ病院 札幌はな発達クリニック院長)


チラシ⇒http://5.jpsad.jp/pdf/press.pdf
※2月3日(日)14:30-16:30には市民公開講座が開かれます。
http://www.facebook.com/events/256909914439771/?context=create

 【お問い合わせ】
第5回日本不安障害学会学術大会 市民公開プログラム係
TEL: 011-272-2151
E-mail:jsad5@c-linkage.co.jp

pageTop