札幌100マイル

Uchiuchiのおすすめ帳

北24条のワイン居酒屋Uchiuchiのブログです。 北24条で60年以上酒店を営む 田中商店の二階で週替わりのグラスワインを楽しめます。 パスタやおつまみなどの フードも充実しています! 皆様のご来店をお待ちしております! 北24条西4丁目田中ビル二階 ワイン居酒屋Uchiuchi ℡011-757-5152 営業時間 17:30~24:00 ラストオーダー23:00 定休日 日曜・祝日

『未分類』カテゴリーの投稿一覧

週末スペシャルワイン

今日は夏至ですね。

せっかく一番日が長い日なのにお天気がいまいちで残念。。

でも週末は天気が良いみたいなのでどっかにお出かけしようかなぁ。。

というわけで今週の金・土限定スペシャルワインです。

どちらも我らが北海道、なかなか飲めない一杯です。

是非気持ち良い夜にお待ちしてます!

                                                              

アツシ・スズキ トモ・ルージュ2015

2011年から3年間「ドメーヌ・タカヒコ」で研修した後、

2014年に自社畑(樹齢15年のツヴァイゲルトを筆頭にケルナーやミュラートゥルガウ、

バッカス、ピノ・ノワール等のワイン用ブドウが植えられた5.6haの畑)を取得し

2015年から自社醸造施設にてワイン造りを始めた、

鈴木敦之さんと奥様の友恵さんのお二人で営む「ドメーヌ・アツシ・スズキ」。ラ

インナップは主にご夫婦それぞれの名前を冠した「アッチ」シリーズと「トモ」シリーズに別れ、

今回の「トモ・ルージュ」は奥様の友恵さんの好きなスタイルに仕上げた

ツヴァイゲルト100%の柔らかな赤です。

無化学農薬、無化学肥料で管理した遅摘みのツヴァイゲルトを約30日間醸した後プレス。

古樽にて12か月熟成し、亜硫酸は瓶詰め時のみ使用。

ワインは黒い果実の香りやハーブのニュアンス、強すぎない樽香が複雑に混ざり合っています。

グラス  1300円

■ 生産地:北海道、余市町
■ 味のタイプ :赤・ミディアムボディ
■ アルコール度:13,5%
■ ブドウ品種 :ツヴァイゲルト100%
■ 平均樹齢 : 15年
■ 平均年間生産量 :1100本

登醸造 セツナウタ 2015

―以下生産者資料より抜粋―


登醸造のワインは、年に1回のあなたへの手紙です。遠くの友達へ。元気でやってますか。

こちらはまあまあ元気です。東京を離れて8年、やっと初めてのワインができました。

飲んでみてください。

ここ余市の生活は、春から秋まではただ一日中、畑でブドウの世話をしています。

日暮れ時の畑には心がキューンとします。2015年は夏の終わりまでとてもよい季節でした。

しかし、収穫まであと少しという10月2日に南からの爆弾低気圧、

8日には北からの台風によって、無残にもブドウの房がもぎとられ、

そのあと一気に病気が広がりました。一年間、世話をしてきたのに…。セツナイです。

ワインの名前は「セツナウタ」です。

毎日の暮らしの中で、なんだかセツナイなあ、と思うときに飲んでほしいと思って名付けました。

旅立つ友の宴に、やり切れない仕事の日の後に、そばに置いて飲んでやってください。

色もセツナイロゼ色です。

後味のほろ苦さは人生そのもの、ほのかなイチゴの香りは未来への淡い期待です。

桜の下で飲むのが一番です。

次に、初めましての人たちへ。北海道の余市でワインを造っている小西と申します。

どのような縁でこれを飲んでくださっているかは分かりませんが、

2015年産は270本しかありません。ということは50万人に1人の確率です。何かの縁です。

万が一このワインを気に入ってくれたなら、余市の畑を訪ねてください。

夏の土曜の夕方がおすすめです。一緒に飲みましょう。余市はほんとに美しい町です。

5月のプラムやリンゴの花の咲くころはまるで桃源郷です。

冬前には港にマメイカが押し寄せます。

このマメイカを塩とニンニクとオリーブオイルでいためて、白ワインで食べたら、

もう余市のトリコです。

そして、いま余市には全国から多くのヴィニュロン(ワイン造り)志望者が集結しています。

余市を気に入ったなら、ぜひここで一緒にワイン造りの仲間になりましょう。

グラス  1100円

■ 生産地:北海道、余市町
■ 味のタイプ :ロゼ・辛口
■ アルコール度:13,1%
■ ブドウ品種 :ツヴァイゲルト100%
■ 平均樹齢 :年
■ 平均年間生産量 :270本

今週のおすすめワイン

今週はずっと良いお天気で気持ちが良いですね。

昨日は毎年恒例のホワイトアスパラとミルクラムを食べてきました。

毎年楽しみにしているので今年も無事食べれてとても満足しました。

さて今週のおすすめワインです。

そして1樽限定でビールがエーデルピルスに変わっています。

なくなり次第終了なのでお早めにどうぞ!

ジャンルイ

① ジャン・ルイ・バララン キュヴェ・ロワイヤル クレマン・ド・ボルドー   ブリュット
(フランス、ボルドー地方)

スパークリング白・辛口  

■ブドウ品種 :セミヨン60%、ミュスカデル30%、ソーヴィニョン・ブラン10%

赤ワインの銘醸地として名高いボルドーで造られたクレマン(発泡性ワイン)。

マスカットを想わせるリッチかつフレッシュなアロマが特徴で、味わいも香り同様果実味たっぷり。

日本ではこの地方のクレマンは中々見かけない珍しいワインです。

しかも「コンクール・ナシオナル・デ・クレマン2013」金賞!
                                       

グラス ¥620   ボトル¥3100

ジャン

② ジャン・フランソワ・メリオー トゥーレーヌ   ル・ボワ・ジャック (フランス、ロワール地方) 

赤・ミディアムボディ                                 

■ブドウ品種 :ガメイ100%

自ら「自然派」とは言いませんが、栽培・醸造共にナチュラルにワインを造っている隠れ自然派の生産者。

肩の力を抜いて気楽に楽しめるガメイを愛するメリオーが、古くから受け継がれる区画「ル・ボワ・ジャック」で、

栽培には格別の手間をかけフィネスを引き出すように醸造。

ピュアな果実味が親しみやすく口中が赤果実で満たされるような心地よい赤ワインに仕上げています。
                                      

 グラス ¥660   ボトル¥2800

 

アルタヴィン

 

③ アルタヴィン・ヴィティクルトール アラモディ プティット レッド   (スペイン、カタルーニャ地方)

赤・ミディアムボディ           

■ブドウ品種 :ガルナッチャ50%、シラー25%、メルロー15%、カリニェナ10%

お手頃価格で高品質なワインの産地「テラ・アルタ」の生産者組合会長も務めるジョアン・アルッフィが、

自分の理想とするワイン造りを目指し設立したワイナリー。

こちらは樽不使用で造るガルナッチャ主体の赤で、熟した豊かな果実と滑らかなタンニン、

ネラル感の調和した味わい。濃いけど飲みやすい!
                                       

グラス ¥500   ボトル¥2000

ケーブル

④ ケーブル・ベイ マールボロ・セレクション ソーヴィニョン・ブラン
(ニュージーランド、マールボロ地方) 

白・辛口      

■ ブドウ品種 :ソーヴィニョン・ブラン100%

マールボロ産高品質ワインの造り手「ケーブル・ベイ」のカジュアルライン。

イキイキとしたグースベリーやパッションフルーツのアロマと爽快な酸、凝縮したフレーバーに長い余韻が印象的です。

本場フランスは勿論、現地ニュージーランドでもこの価格帯でこの品質はちょっとお目にかかれないかも!
                                       

グラス ¥700   ボトル¥3000

バルテン

⑤ バルテン リースリング トロッケン QbA  (ドイツ、モーゼル地方) 

白・辛口

■ ブドウ品種 :リースリング100%

バルテンでは辛口に攻撃的な酸はいらないと考えており、こちらはモーゼル地方では大変珍しい

マロラクティック発酵(リンゴ酸が乳酸に変わる発酵)をした白。

品質に納得するまで7年の月日をかけた、バルテンにしか出来ない

心地よいまろやかな酸が特徴の新しいスタイルのモーゼルワイン。
                                       

グラス ¥580   ボトル¥2400

週末スペシャルワイン

今日からさっぽろ祭りですね。

何年も行っていませんが、あのお祭りの空気感は大好きです。

明日は雨予報も出ているので今日がピークかもしれませんね。

さて今週の金・土限定スペシャルワインです。

どちらも胃腸が疲れてる私には魅力的です。。

是非皆様のお越しをお待ちしてます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジョイ

                                                              

ナナ・ヴァン VdF エンジョイ!2015

「クリスチャン(故クリスチャン・ショサール)の秘蔵ワイン」として

2010年がコーの品種でドメーヌから一回限りでリリースされた「エンジョイ!」。

しかし、前からネーミングとラベルデザインが気に入っていたナタリーは、

やめてしまうのは惜しいと思いネゴスからサンソーで再リリースさせました。

2015年は前回の特徴にあったスパイシーさが抑えられ、

より飲み口の良いスマートなワインに仕上がっていて、

「ブラインドで飲んだらピノドニスの『パタポン』と間違えてしまいそうなくらいうまく出来過ぎた!」

とナタリーが自画自賛するほどワインが奇麗にまとまっています。

彼女曰く「この見事なバランスは醸造テクニックからではなく、

50年を超えるヴィエーユヴィーニュだからこそなせる業だ」とのこと。

そうは言いつつショサール亡き後も進化を続けるナナ(ナタリー)を

象徴するようなワインに仕上がっていますので、是非お試し下さいませ。

グラス  950円

■ 生産地:フランス、ラングドック&ルーション地方
■ 味のタイプ :赤・ミディアムボディ
■ アルコール度:13%
■ ブドウ品種 :サンソー100%
■ 平均樹齢 : 51年

 

カプリアード

レ・カプリアード VdF メトード・アンセストラル ピノーズ ロゼ2015

「ペティアンの魔術師」の異名をとるレ・カプリアードが、

「長期熟成に耐える辛口ペティアン」をコンセプトに造ったロゼペティアン。

ファーストリリースとなった2014年は発酵の勢いが足りず、

微発泡で中甘口寄りのペティアンに仕上がりましたが、

2015年はマロラクティック発酵を経て、かつ残糖が21g/LありながらもpH2.78と、

味わいには背筋のピンと伸びるようなまっすぐな酸があり、限りなくドライに仕上がっています。

オーナーのパスカル・ポテール曰く「この安定した酸が熟成させることによって角が取れ、

味わいにフィネスが出てくる」とのこと。

今飲んでも勿論美味しいですが、長く寝かせてみたいなという方は

是非下の店でお買い求め下さいませw

グラス  950円

■ 生産地:フランス、ロワール地方
■ 味のタイプ :泡ロゼ・やや辛口
■ アルコール度:11%
■ ブドウ品種 :ピノ・ノワール50%、ピノドニス50%
■ 平均樹齢 :31~71年

今週のおすすめワイン

8周年記念イベントにご来店頂いたお客様

たくさんのお花やプレゼント、そして何よりご来店頂き誠にありがとうございました!

これからも皆様に少しでもお返しができるよう頑張っていきますので

これからもよろしくお願いいたします!

そしてご都合が合わずご来店頂けなかったお客様

前後半年は周年なので(笑)今週もお待ちしてます!

今週のおすすめワインです。

皆様のお越しをお待ちしてます!

プリマ

 

① プリマ・ペルラ ブラン・ド・ブラン シャルドネ ブリュット (フランス、ラングドック&ルーション地方) 

スパークリング白・辛口                                  

■ ブドウ品種 :シャルドネ100%

クレマン発祥の地リムーで、旨安ワインの帝王「ジャン・クロード・マス」氏が

クレマン用として素晴らしい条件を備える畑に一目惚れし購入したのが2011年。

経験豊かなスタッフと自社畑はそのままに、栽培・醸造の品質向上を進めています。

こちらはグレープフルーツ等のフレッシュな果実のアロマが特徴的。 
                                       

グラス ¥520   ボトル¥2400

ヴェニエティ

② ヴェニエティ・ザブ イル・パッソ (イタリア、シチリア地方) 

赤・フルボディ                                 

■ブドウ品種 :ネレッロ・マスカレーゼ70%、ネーロ・ダーヴォラ30%

ザブの生産量の35%を占める看板ワイン。

ネレッロ・マスカレーゼ主体にブドウの一部を自然乾燥させることで、

高級ワイン「アマローネ」のような華やかな香りとコクをプラス。

しかしアルコールはそこまで高くなく普通に食中酒としても楽しめます。

過去RWG旨安大賞などコスパも折り紙付きですが、

イタリアでもトップクラスの旨安ワイン生産者「ファルネーゼ」がオーナーになりさらに盤石です。
                                       

グラス ¥680   ボトル¥2900

バシュルリー

③ ドメーヌ・ド・バシュルリー ピノ・ノワール (フランス、ラングドック&ルーション地方) 

赤・ミディアムボディ              

■ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%

ラングドック・ベジエ近郊に代々続くブドウ栽培農家「バシュルリー」。

ピノ・ノワールの畑は海岸線近くにあり、ブドウは海からの冷涼な風をたっぷり受けて育つ為、

南のピノ・ノワールとは思えないキレイな酸とミネラル感が特徴的です。

しかし価格はしっかり南仏相場で抜群のコストパーフォーマンス!
                                       

グラス ¥560   ボトル¥2300

シャトレーゼ

④ シャトレーゼ 等々力 甲州 (日本、山梨県) 

白・辛口

■ ブドウ品種 :甲州100%

お菓子で有名なシャトレーゼが、発祥の地である山梨県は勝沼町で手掛ける本格派ワイナリーの白。

こちらは等々力地区で収穫された自社栽培の甲州を使用し

華やかな果実香を引き出すよう丹念に仕込んでいます。

爽やかな酸味を伴う清々しい果実感と甲州種ならではのアロマが特徴的な辛口ワイン。
                                       

グラス ¥680   ボトル¥2900

 

ラファージュ

⑤ ジャン・マルク・ラファージュ ノヴェラム シャルドネ
(フランス、ラングドック&ルーション地方) 

白・辛口          

■ ブドウ品種 :シャルドネ100%

シャルドネ100%ながらライチや薔薇などの活き活きとしたフレーヴァーが感じられる唯一無二の個性を持つ白。

この個性は生産者の遊び心により発酵前に一週間ヴィオニエの澱と接触させている為ですが、

シャルドネ本来のミネラル感もあり絶妙なバランスの味わいに仕上がっています。WA誌90点!
                                       

グラス ¥580   ボトル¥2400

週末スペシャルワイン

いよいよ明日から8周年記念イベントが始まります!

もちろん通常通り金・土限定スペシャルワインもありますよー。

8周年にふさわしいスペシャルな一杯です。

忙しくなることを祈ってますが、暇そうだったら慰めてください。。

是非皆様のお越しをお待ちしてます!

パトリック

 

                                                              

パトリック・クレルジェ サントネイ1er ラ・コム2001

1994年、当主パトリック・クレルジェ氏によってボーヌに設立されたネゴシアン。

サン・トーバンやボルドーの商工会議所での経験を活かして

優れたブルゴーニュワインの紹介に努め、

2007年にはシュヴァリエ・デュ・タストヴァンにも認定された彼が、

全て品質を確認した上で「価格に見合った価値がある」と認めたワインのみを

セレクション・パトリック・クレルジェのワインとして紹介しています。

こちらはリコルク無しのタイプで、スミレやブラックチェリーの繊細な香りに

スパイスのニュアンス、果実味とタンニンのバランスがすばらしいワイン。

ブルゴーニュの価格が高騰する昨今、

飲み頃の1級畑をこのお店で提供できることは大変珍しいことなので

是非この機会にお試し下さいませ。

グラス  1200円 (ハーフできます)

■ 生産地:フランス、ブルゴーニュ地方
■ 味のタイプ :赤・フルボディ
■ アルコール度:13,5%
■ ブドウ品種 :ピノ・ノワール100%
■ 平均樹齢 : 45年
■ 平均年間生産量 :5500本

マルセル

                                                              

マルセル・ダイス ベルケム2014

現代アルザスワインの頂点を極めるジャン・ミッシェル・ダイス。

アルザスに初めて「テロワール」の概念を持ち込んで大論争を巻き起こし、

遂にはAOC法の改正(ラベルに品種名を表記しなくてもよくなったこと等々)を

成し遂げた信念の男。

現在も彼が昔から提唱する、

畑の個性に基づく「プルミエクリュ」を実現させるべく運動を続けています。

また、アルザスの土壌は太古の地殻変動に由来する極めて複雑で多様なもので、

個々の土地の強烈な個性をそのままワインに表現する為、

同じクローンばかりが植えられている現状にも異を唱えます。

こちらはそんな彼が、ベルグハイムの数か所の最良混植区画のぶどうのみを使用し造る

「アルザス・ブラン」の上級作品。

混植されている13種のアルザス系品種は、

すべて一緒に収穫され、醸造も混醸で行われています。

こうなるともう品種の味は二の次で純粋に土地の味を感じることになります。

グラス  1500円 (ハーフできます)

■ 生産地:フランス、アルザス地方
■ 味のタイプ :白・辛口
■ アルコール度:13,5%
■ ブドウ品種 :アルザス系13品種

pageTop