美食充コラム

LIST一覧:

enjoy_cat

春は、6丁目から

毎年、4月になると何かと足が向く大通公園。
春、いち早く花の季節の到来を感じられるからです。

キタコブシ

 

なかでも気になるのは、大通公園の6丁目。

途中、目にしたキタコブシは、もう蕾がほころびそうです。

 

残雪 大通公園6丁目

 

 

雪がわずかに残った6丁目の花壇には、小さな花が咲き始めていました。

 

フクジュソウ

 

実は、6丁目でのお目当ては、毎年、大通公園で一番に咲くフクジュソウなのですが、
残念ながら、今年はタイミングを逸してか、見つけられず、昨年の写真↑です。

 

チューリップ

 

5丁目界隈に並ぶチューリップ。

 

ベンチ

 

ベンチの設置作業も進んでいます。

 

クロッカス クロッカス

 

2丁目にはクロッカス。すでに見ごろは終わりつつあります。

 

キタコブシ

 

日当たりがよい場所では、すでにキタコブシが咲き始めていました!
ここ数日の陽気で、満開を迎えそうです。

 

紫モクレン

 

キタコブシを追いかけるように咲き始める12丁目の紫モクレン。
冬芽が色づき始めたように見えます。

 

エゾエンゴサク

 

こちらは、おまけのエゾエンゴサク。
北大植物園で。

 

6丁目から春を感じるMY恒例行事で、春がようやくやってきました。

この記事を書いた人

市之宮直子

市之宮直子

フォトライター / コミュニケーション・アテンダント
小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」。取材記者としてのサラリーマン生活中、転勤で釧路生活を経験し、人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、改めて北海道の虜に。白糠町で初めて目にした生物体「やちぼうず」にひと目惚れし、「Yatzi」(ヤッツィ)と密かに勝手な相性で呼んでいる。学生時代は、列車でヨーロッパを巡ることが何よりの生きがいだったが、近年は、もっぱら北海道一筋で、北海道内外への写真による北海道の魅力発信がライフワーク。Facebookページ"Photogenic Hokkaido”主宰。

関連記事

稔り

雷鳴轟く今日この頃。 夏の終わりを告げる雷でしょうか。 深まりゆく秋への感慨と、夏への名残惜しさが交差する季節です。 ...

初花

ようやく、待ちわびていた季節になりました。 ひと足早く、桜の季節、到来です。     ...

さっぽろ雪まつり、スナップ

いよいよ開幕した第69回さっぽろ雪まつり。 雪、氷、会場。 さまざまなシーンでみつけた印象的な色のスナップショットです。 ...

嵐の中のレインボウ

雨風が強い朝、鉛色の空でみつけた光明と虹。 思いがけず鮮やかな朝になりました。 目を凝らすと、うっすらとした外輪が。 大き...

サクラ咲く

[caption id="attachment_8693" align="aligncenter" width="750"] 発寒河畔公園(...

この記事をブログに貼る

<a href="http://sapporo.100miles.jp/blog/column/11236/">春は、6丁目から</a>