美食充コラム

LIST一覧:

enjoy_cat

雨の日の楽しみ方

北海道に梅雨なし!と言われていたはずが、
気づけば「蝦夷梅雨」という言葉が一般的になり、
雨がちな期間が多くなっている近年の北海道。

 

そんななか、雨の日の草花は色がくっきりと出ているように見え、
いつもと違う雰囲気で、意外と楽しめます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

曇天になんとなくそびえるルピナスも

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雫は何とも神秘的。

 

1-P6030041

蕾を持ち始めたアジサイは、
おいしそうに思えるほど、生き生き。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

晴れた日には目に留めないタンポポの綿帽子も
雨の日には存在感が増し、美しく(?)映ります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

深紅の葉がすっかり出そろったカエデは、
雨がその色を一層引き立たせます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

極めつけは、カエデの雫。
瑞々しいひと粒が、あちこちで光りながら落ちていきます。

 

撮影地:花園グリーンロード(小樽市)

 

この記事を書いた人

市之宮直子

市之宮直子

フォトライター / コミュニケーション・アテンダント
小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」。取材記者としてのサラリーマン生活中、転勤で釧路生活を経験し、人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、改めて北海道の虜に。白糠町で初めて目にした生物体「やちぼうず」にひと目惚れし、「Yatzzi」(ヤッツィ)と密かに勝手な相性で呼んでいる。学生時代は、列車でヨーロッパを巡ることが何よりの生きがいだったが、近年は、もっぱら北海道一筋で、北海道内外への写真による北海道の魅力発信がライフワーク。Facebookページ"Photogenic Hokkaido”主宰。

関連記事

嵐の中のレインボウ

雨風が強い朝、鉛色の空でみつけた光明と虹。 思いがけず鮮やかな朝になりました。 目を凝らすと、うっすらとした外輪が。 大き...

賑わう街角で

札幌の今といえば、イルミネーション! 煌く大通公園のなかで、木々に注目してみました。     ...

小樽ゆき物語

小樽と余市でもイルミネーションが始まりました。 「小樽ゆき物語」と「余市ゆき物語」。   小樽ゆき物語...

6月の風景いろいろ

大倉山展望台から見た朝の札幌   若草色の新芽がまぶしい札幌大通公園界隈のコンコロールモミ   ...

初夏を待つ”青”

いよいよ夏に向かって!と感じたい6月の爽やかな"青"を集めてみました。     &nb...

この記事をブログに貼る

<a href="http://sapporo.100miles.jp/blog/column/8933/">雨の日の楽しみ方</a>