美食充コラム

LIST一覧:

beauty_cat

うつむいて咲くクリスマスローズ

IMG_7955

 

 

「クリスマスローズ」の出回る季節になりました。

 

原産地のヨーロッパで、原種の「ニゲル」が花の少ない 冬のクリスマスの頃に白い花を咲かせたこと。

それが「クリスマスローズ」という名前の由来だそうです。

日本でよく見かける交配種は、2月~4月頃に花を咲かせます。

 

茎や根には有毒な成分が含まれているとされ、絞り汁を矢の先に塗り、動物を狩るときに使われたりしたそうです。

 

清楚な花からは、想像できないですね。

 

うつむいて咲くクリスマスローズを白いヒヤシンスと束ねました。

シックで凛としたブーケは、ヒヤシンスの馥郁とした香りにも癒されます。

 

 

 

植物やお花で、楽しく・きれいに♪

 

使用花材

○ クリスマスローズ   マグニフィセントベルズ

○ヒヤシンス

○へデラベリー

○ユーカリポポラスリーフ

 

 

 

この記事を書いた人

marie des arts

marie des arts

「きれい」のコラムを担当させていただきますmarie des arts(マリーデザール)です。お花や植物を通して、心も体も元気に美しくなるコラムをお届けさせていただきます。お花や植物を暮らしに取り入れるコツ・より「きれい」に楽しむコツなどを通して、今の札幌の空気も感じていただけますと幸いです。コラムを通じて心身ともにパワーアップしていただけたら嬉しいです。

パリスタイルのフラワーレッスン主宰
marie des arts

http://mariedesarts.jp/

関連記事

紅葉と秋の花をブーケに添えて

    札幌は紅葉の見頃を迎えました。   気温もぐっと低くなり、ストーブの暖...

芍薬を爽やかに

    お花屋さんに芍薬が並ぶようになりました。   柔らかい花弁が幾重にも重...

吾亦紅(ワレモコウ)と束ねる 薔薇のブーケ

    このたびの北海道胆振東部地震により被災・避難された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 ...

シックなブーケで新年を

    2018年を迎えました。 新しい年が皆様にとって素晴らしいものとなりますようお祈り致し...

ふわふわ ふりふり ミモザとパンジーの季節

    ヨーロッパで春を告げる花といわれる ミモザ。 フランスではBorme les Mimo...

この記事をブログに貼る

<a href="http://sapporo.100miles.jp/blog/column/10868/">うつむいて咲くクリスマスローズ</a>