札幌100マイル

とことん!雪まつり -さっぽろ雪まつり公式ブログ-

さっぽろ雪まつりの魅力や舞台裏を実行委員会スタッフが紹介する公式ブログ◆第69回さっぽろ雪まつりは2018年2月1日(木)~2月12日(月・振)に開催します。 なお、ブログの内容に関係のないコメントは、予告なく削除させていただく場合があります。

2007年10月 の投稿一覧

雪まつりの大雪像制作・・・参加しませんか??【ボランティア】

 雪まつりは来年2月5日から・・・というと、まだまだ先のような気がしますが、
雪まつり実行委員会では、着々とその準備がすすめられています。
そのひとつがボランティアの募集。


 雪まつりが近づいた1月にもなると、大通公園でユンボー(ショベルカー)が雪を積み上げていたり、
高い足場の上で人が作業していたり・・・という風景を目にしたことがあるのではないでしょうか?

20071029-05.JPG
20071029-12.JPG



実はあれ、市民も参加できるんです!!

毎年、雪まつり実行委員会ではボランティアの募集をしていて、
「大雪像制作ボランティア」では高さ15メートルにもなる雪像づくりに参加できます。

これこそ札幌ならではの体験!

20071029-07.JPG




 この雪像づくりを毎年楽しみにしてくれているボランティアさんも多く、
幼稚園の送迎後に駆けつけてくれるママさんボランティアや、学校帰りの高校生、
休日に参加する会社員の方など、10代から70代まで参加者はさまざま。

なかには本州から毎週土日にかけつけてくれる常連ボランティアさんも!

もちろん初参加の方も大歓迎です。
はじめて参加する方には活動の説明会や技術講習会がありますのでご安心を。


 ボランティアを募集するのは大通4丁目会場と10丁目会場。
4丁目会場は駅前通沿いなので、制作風景を見たことがある方も多いのでは?

 ちなみに前回、4丁目会場でつくった大雪像は、
大きな口が特徴のジンベエザメ(雪像テーマは「沖縄美ら海水族館(ちゅらうみすいぞくかん)」)。

 ボランティアの申し込みは、制作期間中2回以上の参加が条件になりますが、
午前の部・午後の部を通しての活動が可能なら1日からでも参加できますよ。





 大雪像完成後は、雪まつり期間にさきがけて、苦労をともにしたボランティア仲間と「ハイ、チーズ!」。

雪像を独り占めできる記念撮影日には、家族を連れてきて一緒に写真を撮っているボランティアさんの姿も多く見かけました。

20071029-11.jpg

 

 雪まつり実行委員会で募集するのは、今回紹介した大雪像制作ボランティアのほか、
雪まつり期間中に会場内の案内を行うボランティアや、市民雪像の制作グループに用具の貸出受付をするボランティアなど。
屋内で活動するボランティアもあります。


参加することで、雪まつりの新たな魅力を発見しませんか??
 詳しくは雪まつり公式ホームページでご確認ください。
(いずれのボランティアも、募集期間は19年11月30日まで)
http://www.snowfes.com/volunteer/

pageTop