札幌100マイル

とことん!雪まつり -さっぽろ雪まつり公式ブログ-

さっぽろ雪まつりの魅力や舞台裏を実行委員会スタッフが紹介する公式ブログ◆第69回さっぽろ雪まつりは2018年2月1日(木)~2月12日(月・振)に開催します。 なお、ブログの内容に関係のないコメントは、予告なく削除させていただく場合があります。

2007年11月 の投稿一覧

4丁目会場も雪像模型の制作がはじまりました

大通10丁目の模型に続き、4丁目チームでも模型制作がはじまりました!

4丁目の雪像テーマは、来年5月公開予定の映画「ナルニア国物語第2章~カスピアン王子の角笛(つのぶえ)」
今回は「第2章」ですが、昨年公開された前作映画「ナルニア国物語第1章~ライオンと魔女」も雪まつりで雪像になっています。




写真ではわかりにくいのですが、魔女が乗る[[車を引っ張る迫力ある3頭の熊と壁のレリーフが見事な作品!4丁目チームの方に話を聞くと、今回はさらに難易度の高い緻密な作品になりそうです。楽しみ!!

さて、その模型制作会場の様子は・・・




ん・・?模型らしきものが見あたりません。
実はまだ模型制作にとりかかる前、会場設営の段階でした。

私が覗いたときも、プリンターが搬入されてきたり、模型に使われる材料らしきものが納品になったりと、バタバタしている状態でした。

12月26日には完成模型の発表があるため、それまでの完成を目指して、4丁目チームは鋭意作業中!!(模型づくりはこれからですが)

今後は10丁目の時にお伝えできなかった、模型の制作過程なども随時お知らせしていきたいと思いま~す!

模型が完成しましたぁ!【大通10丁目】

 先日紹介した大通10丁目会場の模型が遂に完成しました!!
 15日間にわたる制作期間中、使った粘土の重量は、試作品に使った分も含めて、およそ50キログラム!

 実際の模型はそこまで重くはありませんが、ご覧いただいてわかるように運ぶのは5人がかり。大切な模型なので慎重に運びます。
 



 完成後の模型は、10丁目の会場を管理するSTVさんに一旦お渡しします。
1月からの雪像制作期間中は実際に大通公園の作業現場に設置して、制作の参考にするのですが、それまでの間、しばしのお別れ・・・。
 
・・・と、ここまで読んでくださった方、「で、模型の写真は?」と思われていることでしょう。

 完成した模型、実はまだお見せできないんです・・・(汗)。 
 各会場の雪像模型は、12月26日に、一斉に発表することになってるんです。ゴメンナサイ。

 が、せっかくブログを見てくださった方だけに、今お伝えできるギリギリの情報をこっそり教えちゃいましょう!!(なんか偉そうですが・・)
 大雪像のテーマは、以前もお知らせしたとおり、「環境」!!
 これだけを聞くと、と~~ってもかたそうなテーマですが、かわいいマンモス親子や、ホッキョククマ、そして・・・大人気劇団のメンバー達が大通10丁目に登場します!北海道を飛び出して全国区でも人気者の、あの人が所属する劇団・・・。
 完成後の大雪像は、幅24メートル、奥行18メートル、高さ15メートルの迫力満点のサイズです。







 詳細も本当は言いたくてウズウズしているのですが、今はまだ内緒・・・。
 気になる方、どうぞ今後もブログをチェックしてくださいね(笑)。



ついに!

札幌中心部でも本格的に雪が降りました。
昨日までの穏やかな天気がうそのようです。

さむいっ(><)

今年の初雪は11月2日だったそうですが、実感としては今日が初雪。


市民雪像担当の私は、本日、抽選会会場へ打ち合わせに行ってきました。
どのような市民雪像が出来上がるのか、今から楽しみです。


市民雪像の募集は今月27日から

大雪像の模型制作って・・・なに??【大通10丁目会場】

 雪まつりは、大通西1丁目から西12丁目会場等を舞台に大小さまざまな雪氷像が制作されます。
その雪氷像の花形と言えば、なんと言っても大雪像でしょう!


 高さは15mほどになる大雪像。卓越した技術を持った陸上自衛隊や消防局の方々、札幌市内や市外、
はたまた道外からボランティアとして参加された方々が総力を結集してつくりあげます。
 これはまさに、雪の芸術作品と言っても過言じゃないぐらい、壮大で緻密なものです。
 
 皆さんの前に素晴らしい作品として現れる大雪像。実際に雪を削ったり、などの制作過程の前に、
とっても大事な作業があるのを、皆さんは知っていますか?



 それが・・・「大雪像の模型制作」なのです!!!



 絵コンテに基づき、粘土や細木などを使って、大雪像の1/33のスケールの模型を制作します。
 ここで出来上がった模型を基に、実際の現場では雪像制作にとりかかる訳ですから、この模型の
出来が大雪像の出来のカギを握っているのです!
 模型制作に携わる人たちの腕、指先にかかっているので、つくっている人たちも真剣そのもの。


 ここで模型制作の風景を見てみましょう。



 


 お世辞にもキレイとは言えない環境ですね・・・(-_-;


 そんな環境にビクともせず、黙々と絵コンテや資料写真とにらめっこしながら制作する人、
仲間と意見を交わしながら制作する人さまざまですが、全員の目指すモノはただ一つ。


 雪まつりに来てくれた人が歓声をあげて喜んで、楽しんでくれる大雪像をつくること!!
   






 その基礎となる模型を現在制作中です。


 現在制作している模型は、大通西10丁目会場(STV広場)の大雪像の模型です。
 今回のテーマは「環境」2008年北海道洞爺湖サミットのテーマで「環境」が取り上げられるように、
地球温暖化に伴う気温の上昇、雪不足は重要な問題であり、ひいては雪まつりの運営そのものに
影響してくるかもしれません。
 そうならないようにという願いを込め、大通西10丁目会場(STV広場)では「ウォームビズ」「うちエコ」などを
キーワードに温暖化防止を“楽しく”、“分かりやすく”、“美味しく”PRしていく予定です。
そして、登場するキャラクターたちは、いまや全国的に有名になった“あの”人が所属する劇団!!

 どうぞ、お楽しみに!!



 ちなみに、クラーク像で有名な羊ヶ丘展望台には「さっぽろ雪まつり資料館」があります。
 ここでは過去のさっぽろ雪まつりのポスターだけでなく、大雪像の模型が数多く展示されています。

さっぽろ雪まつり資料館


 ぜひ羊ヶ丘展望台に遊びに行って、クラーク像の前でクラーク博士の真似をして記念写真を撮った後は、
「さっぽろ雪まつり資料館」に足を伸ばすこともお忘れなく。
きっと模型の精巧な出来に、驚きの声を出すことでしょう。




 この模型は、2007年2月に開催された第58回さっぽろ雪まつり、大通西7丁目会場で制作した
大雪像「チャックリー・マハー・プラサート宮殿」です。





 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。少しでも雪まつりに興味を持ってもらえたら嬉しいです。
そして、興味を持って参加してみたいと思った方は、ボランティアもまだまだ募集中ですので、お申込下さい。

 ぜひ、さっぽろ雪まつりを盛り上げていきましょう!!


 第59回雪まつり公式ホームページ開設していますので、そちらもご覧下さい。
 http://www.snowfes.com/








pageTop