札幌100マイル

とことん!雪まつり -さっぽろ雪まつり公式ブログ-

さっぽろ雪まつりの魅力や舞台裏を実行委員会スタッフが紹介する公式ブログ◆第69回さっぽろ雪まつりは2018年2月1日(木)~2月12日(月・振)に開催します。 なお、ブログの内容に関係のないコメントは、予告なく削除させていただく場合があります。

『まつり』タグの付いた投稿

つどーむからありがとうございました!

たくさんの皆さまにご来場いただきました「つどーむ会場」、
閉場いたしました。


ありがとうございました!
また来年、つどーむ会場でお会いしましょう(*^。^*)


ようこそさっぽろ!心を込めて

たくさんのご来場いただいています!【つどーむ会場】

つどーむ会場からこんにちは!

今日は天気も良く、多くの方にご来場いただいています。
つどーむ会場は、子どもたちの歓声に包まれていますよ(^_^)



12時現在の屋内会場、DOSANKOグルメストリートの様子です。

屋内会場↓









DOSANKOグルメストリート【屋外】↓
20110211-08.jpg


皆さまのお越しをお待ちしております(^_^)

----

さっぽろ雪まつりつどーむ会場には一般用駐車場はありません。
お車での来場はできませんので、公共交通機関及びシャトルバスをご利用願います。
送迎のための停車場所もありません。(タクシーの乗り入れはできます。)


雪まつりはまだ終わらない【つどーむ会場】

久しぶりのブログアップです。

年度も変わり、
すっかり街なかは雪も融け、
気温も10℃近くまで上がり、
暖かい陽射しを浴び、
「あぁ~春だなぁ~」
そんな気分に浸っている



・・・・・!!!
しか~し!雪まつりの会場となった
つどーむに足を運んでみると、

おっ~!


重機がわっせわっせと懸命の作業中。

???
もちろん雪積みして、雪像づくりをしているわけではありまシェン。

雪割り作業をしているんでシュ。



今年は雪が少なく、初めての会場ということもあって
除雪作業を様子見していたのですが、
先週でもまだ部分的に4メートルほどの積雪が
あったんです。

そりゃそうですよね。みんなが安全に楽しめるように設計され、
たくさんの人が滑ったすべり台ですから、
しっかりと圧雪されてガチガチの状態なんです。

ゴールデンウィーク前から始まるつどーむ施設の
イベントまでにすっかり乾いた地面に戻さねば!
と、こうしてショベルでかき回して、薄くして、
アスファルトにばらまいて、雪を融けやすくしてるんですよ。


雪まつりはまだ終わっていないんです。

スノーオブジェコンテスト・その他の作品【つどーむ会場】

スノーオブジェコンテストの受賞6校については速報で掲載いたしましたが、
今日はその他の全作品をご紹介します。
雪まつりが終わってしまった後の掲載で大変申し訳ありません。

20090216-00.JPG
札幌南高等学校 作品名「阿、スフィンクス?」

20090216-01.JPG
札幌南高等学校はもう1チーム参加していました。
作品名「吽、スフィンクス!」

20090216-02.JPG
20090216-03.JPG(別アングルから)
札幌国際情報高等学校も、高文連奨励賞を受賞したチームと、このチームで参加していました。
作品名「青春の1ページ ~BE FREE~」

20090216-04.JPG
札幌丘珠高等学校 作品名「福はうし~!」

20090216-05.JPG
札幌篠路高等学校 作品名「MUGIWARA」

20090216-06.JPG
札幌清田高等学校 作品名「誕生・再生」

20090216-07.JPG
札幌厚別高等学校 作品名「ペンギンの叫び」

20090216-08.JPG
札幌拓北高等学校 作品名「温暖化による雪像の悲しみ」

20090216-09.JPG
有朋高等学校 作品名「モ~、ラーメンは食べましたか?」

20090216-10.JPG
千歳北陽高等学校 作品名「エコバッグ デ レッツエコ」

20090216-11.JPG
札幌開成高等学校 作品名「2009(にく)」

20090216-12.JPG
札幌南陵高等学校 作品名「水牛」

20090216-13.JPG
札幌啓成高等学校(こちらも来場者奨励賞を受賞したチームとの2チーム参加でした)
作品名「とりあえず まぁ、ここ座れや。」



今回が4回目となったスノーオブジェコンテスト。
どの雪像作品もレベルが高くなっており、審査員の方々の間で好評を博していました。
また、つどーむ屋外会場のメインストリートにずらっと立ち並んでいた作品は、
最終日まで毎日、多くのお客様の目を引いていました。
それぞれの作品を背景に撮影していかれるお客様が本当に多かったです。

サイズでは大通会場の大雪像にはかないませんが、
2メートル立方の雪ブロックをたったの1日で細やかな雪像に作り上げたこと、
そしてそこに若者たちの創造力が凝縮されていたことは、
ご来場者みなさんの心に強く印象づけられたに違いありません。

20090216-14.JPG20090216-15.JPG
20090216-16.JPG20090216-17.JPG

雪まつりの成功に貢献してくださった16校19チーム
合わせて185名の生徒のみなさん、
本当にありがとうございました!



次回の雪まつりでも、たくさんの高校の参加をお待ちしています!

みぞれ交じりの雨【つどーむ会場】

雪まつり終了から2日目。

チューブスライダーもほとんど原型をとどめず、雪山になりました。


わくわくスライダーはすっかり跡形もなくなりました。


空からは、雪まつりが終わるのを待っていたかのように
みぞれ交じりの雨。
雪解けを後押しします。
(まだ2月中旬だから、それはそれで早過ぎますが・・・)

こうして、つどーむ会場は平常の姿に戻っていきます。
でもでも、来年はどんな楽しい会場作りをして皆様に
楽しんでいただこうか、頭の中ではいろんな構想が巡っているんですよ。
実現するかどうかはまた来年のお楽しみ (^o^)丿

pageTop