札幌100マイル

円山動物園ブログ

円山動物園の動物の近況や出来事などを綴ります

『未分類』カテゴリーの投稿一覧

記録更新

10月11日に出産したハダカデバネズミが、出産後19日を経過しました。

以前にもブログで書いたとおり、円山動物園のハダカデバネズミは いわゆる「女王バチ」にあたるポジションがまだ決まっていないため、 子育てに成功した例がありません。

昨年5月に出産した時も、生後18日で子どもが死亡してしまいました。 今回も5頭の出産は確認したものの、生き残っているのはたった1頭。 でも、なんとか最長記録を更新することができました。

 

これが生まれた時の写真 小指の先のような大きさで、このままで生まれてもいいの?と思ってしまうくらい 無防備な感じです。

DSC_0000_BURST20181014152409401

 

こちらは生後11日目。 色が大人と同じようなピンク色になってきて、大人と同じように皮膚が少したるんできました。 この時は、群れが動き始め、寝室とは別な場所に連れられてきてしまいました。 以前も似たようなことがあった後、子どもが死んでしまったので、この時は心配しましたが 無事乗り切ってくれました。

DSC_0919

 

生後17日目で、授乳しているのでは?という写真が撮れました。 以前の出産では見られない光景だったので、今回しっかり育ってくれているのは きちんと授乳できているからかなと考えています。 それにしても「子ども」というイメージとは程遠い顔…。

DSC_1012

 

これが本日の写真。 今日も群れが大きく動いていて、一瞬姿が見えなかったので焦りましたが 後ろの方でちょこちょこと動いていました。

(写真右の丸い穴の近くにいるのがわかるでしょうか?)

15408892300246

 

今年8月に発表された、麻布大学、慶応技術大学、熊本大学の研究によれば ハダカデバネズミの「働きネズミ」は、「女王ネズミ」の糞を食べて ベビーシッターとなることがわかったそうです。 糞の中に含まれているホルモンが、働きネズミたちの母性本能を目覚めさせ ベビーシッターに変えるのだとか。

https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/2018/8/28/28-47491/

人間は母乳を飲んで、お母さんから免疫を受け取りますが、なんと糞を食べて 母性を受け取るというのは何とも不思議な生き物です。 円山動物園のデバたちも、立派なベビーシッターになって、子どもを大切に育ててほしいなと願っています。

DSC_0001_BURST20181016155333002

 

 

↓この写真は、赤ちゃんが女王から生まれている真っ最中のところです。ちょっとショッキングかもしれませんので苦手な方は拡大を控えてくださいませ。

15394730600304

それにしても不思議な生き物だ…

女王争い

 

ハダカデバネズミは、土の中で群れで暮らしている毛の無い出っ歯の、名前そのまんまのネズミです。

群れの中にはハチやアリのように女王がおり、その個体だけが妊娠・出産して子孫を増やしていきます。 その他の個体は”兵隊ネズミ”や”働きネズミ”となって、巣を守ってエサを集めたりするのです。

15383523552181

 

さて、円山のデバネズミも先日お腹が丸くなり、乳頭が飛び出してきたことを確認したため、観覧制限を取らせていただきました。

 

で…………妊娠しているのはどちらでしょうか????

cap_MOV_0639_00_00_43_03

 

答えは「どちらも妊娠している」です。

どうも、まだ円山のデバネズミたちの群れではまだ誰が女王になるか決まっておらず 覇権争いが続いているようなのですね。

 

このままだと、せっかく子供が生まれてもお世話をするネズミたちにうまく働いてもらえないかもしれません。

かと言って小指の爪よりも小さな子どもたちを人工保育することも非常に難しい。

まずは、女王確定のために何ができるかを考えていますが、争いはまだ続きそうです…。

 

屋外(大)デビュー

このたびの地震では市内でも多くの被害が出ました。まずは、被災された方々にお見舞い申し上げます。 動物園も停電となり、今更ながらに電気のありがたみ、そして環境資源のありがたみを思い知りました。

さて、こんな時こそ明るい話題をと思い、写真フォルダを探してみたところ エランドの赤ちゃんの屋外展示場(大きい方)へのデビュー写真が出てきましたのでご紹介しますね。

 

7月21日に生まれたエランドの赤ちゃんは、8月23日に大きい方の屋外展示場デビューを果たしました。

まずはお母さんが外に出て行きますが、赤ちゃんは中から出る気配なし。 お母さんは外の様子を一通りチェックした後、中に戻って赤ちゃんを促しますが、それでも動く気配なし。

15350163830350

 

これは獣舎カメラでとらえた中の様子。 あと一歩で外への通路に出られるのですが、ためらっている感じが伝わってきます。

20180902_163627

これは今日は無理かなと思っていたところで「ボフー」(「ボホー」だったかな…)という鳴き声が。 その直後に赤ちゃんがおっかなびっくりという感じで外に出てきました。 どうやらお母さんが赤ちゃんを呼んだのですね。

15350163880221

最初は慎重な足取りの赤ちゃんでしたが、今までいた場所よりも広いんだということがわかって嬉しかったのか スキップを披露。中の展示場でも何回か見たことはありますが、広い場所でのスキップは格別のようでした。 (距離が長いので、あまりスピードが出過ぎていると、見ているこちら側はヒヤヒヤするのですが。)

15350163955112

その後は、お母さんと一緒にご飯をもぐもぐ。 やはりお母さんが落ち着いているので、初めての場所でも安心して動けるのでしょう。 最近はお母さんのおっぱいだけでなく、青草なども食べるようになってきて順調に成長しています。

DSC_0311 (2)

 

この写真は生まれてから約1週間後、屋外(小)のデビューの時のものです。この時から比べると二回り以上は大きくなったかな。 地震後も食欲は変わらず、日々成長を続けています。

15368374827633

 

今回の地震で、色々と大変な思いをされている方も多いと思いますが、もしお時間があるようでしたら 日々成長する赤ちゃんの顔を見にいらしてください。きっと元気をもらえると思います。

お名前投票も、期間を1週間延長して9月17日まで実施していますので、よろしければ 似合う名前を選んで投票してくださいね。

15357052789581

プレゼント。

P1770916_RP1770919_R

お客様からオランウータンファミリーに2件プレゼントが届きました。

ありがとうございます。

さっそく与えました。

トウキビについては、煮て与えましたよ。

明日はサツマイモを煮て与えようと思います。

 

投票中

7月21日に生まれたエランドの赤ちゃんの名前を、皆様の投票で決めてもらおうと、現在投票を行っています。

15357052789581

名前の候補は、担当職員をはじめとした園内の職員、そしてガイドボランティアの方々が考えてくださいました。 たくさんの案が出たのですが、園長やボランティアの代表の方たちで選考委員会を開催して、今回の5つの名前に絞り込んでいます。

15357052582070

既にとても沢山の方々に投票いただいており、どの名前にもほぼ万遍なく票が入っていてかなりのデットヒートのこと。 皆様の一票で名前が決まるかもしれません。 ぜひお越しいただき、直接ご覧になってどの名前が良いか選んでくださいね。

15357053765763

pageTop