札幌100マイル

ここいく ブログ

小学生が作る、円山動物園のブログです 2009年4月からスタート。 準備期間はスタッフが書きます^^ ここいくの詳細はhtp://www.hkp.jp

2015年01月 の投稿一覧

■ここいく木曜日■塩屋さんとフラワーアレンジメント

日中は春のような日差しで、道路の雪が融け、雪もガチガチになっている札幌ですが、

本日のここいくはまずお外に出て、雪遊び30分一本勝負

DSCN0383

表面がガチガチで、その下の層がサラサラという雪。

そのサラサラ雪がまるで塩みたいなので、塩屋さんを始めました。

高級塩や普通の塩、固形から塩を削ったりと職人技も見られます。

お店屋さんなので、お金も必要。

DSCN0385

ということで雪の重みで落ちた針葉樹の葉や枝、タネをお金に見立てます。

そして、金庫もしっかり作ります。

店舗内には、テーブルも必要ということで、おおきなテーブルをみんなで割れないように運びます。

DSCN0389

いい塩が沢山とれる、最適な雪でした。

帰りは凍ったところでも

DSCN0398

泳いだり、ほふく前進。

帰ってきたら、みかんのおやつタイム。

DSCN0402 DSCN0404

本日は実はスペシャルで初めて同士の子たちが多かったので、自己紹介をしました。

好きな動物と飼ってる動物を紹介しあったら、

本日のスペシャルへ 木育マイスターの源さんを講師にお招きし、

フラワーアレンジメントに挑戦します。

名前だけ聞くと一見、難しそう、全然想像できない、やったことがないからわからないと

なってしまいますが、

材料と手順と気を付けることさえわかれば、

DSCN0406

自分のおもったとおりに、やりたいとおもった形へまっしぐら。

DSCN0416

ホットボンドを駆使して、トドマツ、カラマツの樹皮で花瓶を飾りつけます。

DSCN0417

顔を作ったり、樽みたいなかたちにしたり、すき間がないように丁寧にやったりと

子どもたちの個性がそれぞれ出ておもしろい。

花瓶が出来たら、そのなかに活けた花に水を送るオワシスを入れて、

そこにお花を活けていきます。

DSCN0432

ガーベラ、カスミソウ、ユーカリ、ソリダコの花々をどこの位置に、どれくらいの長さで

活けていくか考えながら、やっていきます。

沢山活けないでシンプルにしたり、バランスよく配置したり、長いものをドーンと刺したりと、

ここでも子どもたちの独自の発想が見られました。

DSCN0429  DSCN0433DSCN0435DSCN0436DSCN0437

一時間半、目一杯集中してあっという間にお時間に。

素敵な作品たちが揃い、みんな満足の笑顔。

DSCN0441

自分の花瓶を作ったことをきっかけに、これからも

この花瓶にたくさんのお花を活けてくれたら嬉しいです。

来週はどんな雪で遊べるのか!?べた雪で遊びたいとの声もありましたが、

どんな雪で遊べるかは僕らには分からない。それがまた楽しみです。

けいた(ここいくスタッフ)

■ここいく火曜日■ダイオウグソクムシと雪中運動会

札幌は午前中は雨。雪が解け、午後はそれが凍って、ツルツル。

本日のここいくはダイオウグソクムシと深海生物について

見る前のイメージと見た後の印象を話しあいます。

まずは見るまえ。

DSCN0294

知っている子も、少ししか知らない子も、知らない子も情報を共有しながら

具体的にこうだったよね、イメージ、想像を発表しあいます。

それから見に行きます。

考えてから行くので、どこがどう同じなのか、違うのか。はたまた好いのか、悪いのか。

DSCN0297

ぱっと頭に記憶されます。

DSCN0302

それを帰ってきて、また紙に書きしるします。

DSCN0304

そして、最後にまた発表。

DSCN0313 DSCN0320

それぞれ視点が異なって、考え方が違うんだなとわかりました。

思ってたこととそれを実際に見て感じたこと、ずれが少しあるのが面白い。

頭を使ったあとは、おやつタイム。

DSCN0326

甘いパンで糖分チャージします。

それから、本日の本題へ。遊ぶ場所までの移動も楽しみます。

DSCN0329

ソリを引き、乗り合い

道端でみちくさをして、

DSCN0334

到着してからも、少しまったりしてから、

DSCN0336

表面がガリガリ、でも、中はサクサクの雪で雪中運動会を開催します。

子どもVS大人。ハンデありでも、ガチンコ勝負です。

第一種目は「スノーフラック」

DSCN0338

地面をならすために、雪質を走って感じるために、競い合います。

大人が埋まりやすく。足を取られるため、この種目は子どもの勝ちでした。

第二種目「雪積」

DSCN0347

触って、固めて、雪質を確かめながら、より高く競い合います。

これは大人の知恵勝ちで、固める力もありますが、雪質を見極めて、高く積み上げました。

DSCN0353

大人ズルいと言い始めたので、今度は道具ありで2回戦。

バケツやボウル、スコップを貸し出します。

DSCN0357

見事に道具を駆使して高く積み上げます。バケツで下のべた雪を固めて、積み上げます。

DSCN0358

大人も負けじとあきらめないで手で頑張ります。同じ高さになりそうになり、子どもたちが焦りを感じ、雪のタワーをいじってしまい

崩れて、大人の勝ちとなりましたが、子どもたちも挑戦した結果の負けなので、いい戦いでした。

その後、少しブレイクタイムを取り。

DSCN0359

第三種目「犬ぞりリレー」

DSCN0361

体重が軽い人をチョイスして、載せて引っ張る。戦略も重要です。

かなりみんな動き回ったので、フィールドも圧雪されており、いい状態。

大人の方が走る回数が多くても、バランス感覚、力加減では大人の意地を見せて、大人が勝ちました。

結果は1勝2敗で子どもたちが負けて、悔しそうなムードでしたが、

雪を思いっきり楽しめました。

その後は自由時間。

坂へ場所をうつして、ソリすべり、

DSCN0367

吹っ飛びあそびをしました。

DSCN0373

来週はどんな雪で遊べるのかこうご期待。同じ雪で遊べる機会はそうそうないので、

日々一期一会の雪とおもっきり遊びます。

けいた(ここいくスタッフ)

■ここいく火曜日■印象は変わるのか?と森の中へ

ここいく 冬休み明け 一回目が始まりました。

学校も始まったばかりで、まだ少し休みぼけが抜けていないような気もしますが、

DSCN0089 - コピー

新年のあいさつを交わし、休み中の出来事を話したら、

おやつ前ミッションへ

ダイオウイカのツアーに行こうと思っているんだけど、

ダイオウイカを見に行く前のみんなのイメージを話しあいます。

みんな、ダイオウイカのことを知っていて、イカの中で一番大きいと。

深海でも良く見えるように、30cmの目がある。知識として知っていても、好き嫌いかで言うと半々くらいでした。

さあ実物を見に行きます。

DSCN0102

思ったよりも大きかった。足と胴体は実は同じくらいの長さだった。

と想像していた、知っていることにちょっとギャップがあることが分かりました。

おやつはたい焼き祭り。

DSCN0105

あたまからかしっぽから食べるか迷いながらも、おいしくいただきました。

さあ本題の外遊びへ

冬と言えば、雪。12月も雪遊びをしてきたけど、12月の雪と1月の雪は全く別物。

良い雪が降っています。雪によって遊びは全然変化します。

久々の雪。しかも大雪。テンションが上がり、雪まみれになれます。

DSCN0120

そして、坂があればガシガシと登りたくなっちゃいます。

DSCN0123

飛び込んでもふわっと気持ちいので、回転もしちゃいます。

DSCN0132

雪が降っていようと、雪のなかで遊ぶと暑い! パウダースノーすぎて、泳ぎをはじめちゃう子もいます。

DSCN0137

そして、最後は斜面でしりすべり

DSCN0150 DSCN0153

一人滑るのもおもしろいけど、何人かで連結して一緒に滑るのもおもしろい。

そして、コース上に落とし穴を作るのも楽しい。

冬の森のなかは楽しさで溢れています。

楽しい雪遊びの始まりです。来週はどんな雪で遊べるのか楽しみです。

ここいくスタッフ けいた

 

pageTop