札幌100マイル

ここいく ブログ

小学生が作る、円山動物園のブログです 2009年4月からスタート。 準備期間はスタッフが書きます^^ ここいくの詳細はhtp://www.hkp.jp

2014年10月 の投稿一覧

■ここいく木曜日■うどんづくり

火曜日とは打って変わって、秋日和な一日の札幌。

本日はここいくスペシャル。

手打ちうどんに挑戦します。

まずはうどんを茹でるためのお湯を沸かすために火をおこします。

なたを使って、薪の小わりづくりからスタート。

DSCN8703

そして、だれでも簡単に火が起こせる伝説の火おこし術

キャンプファイヤー方式を実践。

DSCN8707 DSCN8709

火をつけて、火が安定するまで、すこしだけひばさみでいじります。

DSCN8710

メラメラの火を起こして、水をはった鍋をセッティングしたら、

いよいよ本題に入ります。

うどんを打ちます。

DSCN8726

3チームに分かれて、それぞれ製麺の職人さんになってもらい、うまいうどんを打ってもらいます。

まずは、こねる。

これがうどんのおいしさを決める一番のポイント。

DSCN8731 DSCN8734

腕だけの力ではなく、全身全霊の体重を乗せて、押しこねます。

そして、しわがないようにきれいに美しく丸めます。

DSCN8743

そしたら次に、めん棒で伸ばし、足の裏を使って、静かに踏みます。

DSCN8752

心静かに生地と向き合うのがポイント。気持ちが不安定だと、生地も固くなってしまいます。

そして、最後に、めん棒で厚さが均等になるように

伸ばし、包丁を入れます。

DSCN8762

そして、茹でるときに絡まりにくくするために一本一本ほぐします。

DSCN8763

茹でるころにはお外はまっくら。

DSCN8770

グツグツした熱湯で一気に茹でます。

そして、実食。

DSCN8776

自分たちで打った、打ち立てのうどんはとってもおいしい。

DSCN8778

なかなか難しかったうどん打ちですが、少しはうどんの極意を

子どもたちに伝授できたかなと思います。

けいた(ここいくスタッフ)

■ここいく火曜日■棒パン&りんごジャムづくり

札幌、初冠雪! まだまだ雪遊びできるほどは積もってはくれませんが、

その日をまだかまだかと待ちわびています。

本日のここいくはスペシャルです。

棒パンとりんごジャムを作ります。

2チームに分かれて、下準備をします。

DSCN8658

こちらは棒パンチーム。パンは分量とこねるのが重要。

水と粉のあんばいを見計らって、力いっぱい、交代交代こねます。

こちらはりんごジャムチーム

DSCN8661

細心の注意を払い包丁を使い、丁寧に皮を剥き、細かく刻みます。

こちらも分量がおいしい分かれ目。砂糖の分量はリンゴの重さの

3分の1です。計算して答えを導き出します。

下準備が終わったら、洗い物もします。

DSCN8665

そして、具材を寝かせているあいだに、

火おこしもします。

DSCN8666

キャンプファイヤー方式で簡単に薪に火をつけることができ、

寒いので、火の大きさの維持や調整をしながら、暖を取ります。

火がだいたい落ち着いたら、

次は発酵したパンの生地を棒にまきつける

DSCN8671

ふっくらおいしいパンにするにはこの細くする時の手の感覚が重要です。

三本も仕上げると、みんなすっかり職人顔です。

DSCN8677

そして、最後は焼きに入ります。

DSCN8680

炭火の火の加減を見ながら、棒をくるくる回転させて、焼いていきます。

ちょっとでも油断すると焦げてしまい、あまりに慎重すぎる生焼け。

寒い中、炭火とパンと向き合い、その顔はまさに職人です。

DSCN8681

うまく焼けなかった子もうまく焼けた子もふっくら自家製焼き立てパンはおいしい。

DSCN8687

そして、リンゴジャムも無事完成。

DSCN8689

外は寒いですが、おいしいものでお腹は満たされ、こころはほっこりして

活動を終えることができました。

けいた(ここいくスタッフ)

■ここいく木曜日■アザラシと落ち葉あそび

朝晩の冷え込みが激しくなってきました。いよいよ冬間近というところでしょうか。

本日のここいくはまずは海獣舎へ

DSCN8440

アザラシの不思議を見つけに行きます。

DSCN8443 DSCN8444

耳と目が近いのはなぜか? 耳に水が入ってもすぐに気づくため

爪が長いのはなぜか? 魚を食べるため

しっぽが短くて太いのはなぜか? 泳ぎやすくするため

DSCN8448

それぞれ自分の疑問と自分なりの推測を話し合って、ちょっとみんな議論してみます。

本日のおやつはチョコと柑橘系の果実が入ったパン

DSCN8452

おやつを食べ終わった後は、手遊びのゲームで盛り上がって、

DSCN8455

秋といえば、紅葉して落ち葉でしょ!ということで、

DSCN8459

落ち葉を集めて、プールを作ります。

DSCN8470

落ち葉はどこで、どうやって、集めたらいいのか考えながらプールを作ります。

かなりの量を集めないと楽しめないので、みんな真剣。

そして、できたプールでまったり。

DSCN8474

落ち葉の中は意外にも温かい!

ちょっとまったりしたら、山にしてジャンプしたり、

落ち葉のなかに宝物を隠して、見つけあったり、

DSCN8479

落ち葉と言えば、埋まる。埋まって、出てくるのはミイラさん。

ミイラさんから逃れる、でも落ち葉にもジャンプしたい。でも捕まったら埋められる。

ミイラさんゲームへ遊びが発展していきました。

DSCN8486

落ち葉で遊んだので、最後はダニ体操でフィニッシュ。

晴れの日が続き、乾いた落ち葉で秋を満喫できた一日でした。

けいた(ここいくスタッフ)

■ここいく火曜日■秋の祭典ドングリンピック

街中は紅葉もそろそろ見ごろを迎えて、これからは落ち葉遊びができそうな

札幌ですが、

本日のここいくは秋の祭典ドングリンピックを開催します。

ドングリンピックは国を背負って戦うので、まずは、ワッペンと選手帽づくりから始めます。

DSCN8350 DSCN8354

オリジナルティあふれる国名や国旗、少しかぶっている子たちもいましたが、

全10か国+スペシャル召集国3か国(大人)でどんぐりメダルを競って、真剣勝負。

DSCN8360 DSCN8365DSCN8366

その前にあまーいサクサクしっとりしたドーナッツみたいな丸いもの

サーターアンダーギーを食べて、戦いに備えます。

DSCN8380

開会式をして、楽しく真剣に感動あるドラマが生まれること、

正々堂々戦うことを改めて確認しあって、

いざ競技開始です。

①坂道コロコロ

DSCN8398

ヨコのかごにカーブして入れるミラクルが結構起こりました。

②カゴ入れ

DSCN8404

5球(人)のドングリを全部入れてしまう強者も。

③ポイ乗せ競争

DSCN8412

ゴール寸前で、落としてしまうトラブルも発生。

④お箸で移動させるでごわす

DSCN8418

ツルツルしたところが箸とバッティングして、大変。

⑤フーフー

DSCN8423

息をドングリ選手のカタチを見極めながら吹きかけます。

⑥ころころキャッチ

DSCN8427

ドングリが転がる方向へ駆けてダッシュ。

⑦宝探し

DSCN8430

意外に分からない。どんぐりの隠れている場所。

時間いっぱいいっぱいまで、競技をやりこなし、

死闘を繰り広げ、最後まで誰も手を抜かず、いい試合を見させてもらいました。

DSCN8435

来週は10月のスペシャル。

棒まきパン、リンゴジャムを作って、おいしくいただきます。

けいた(ここいくスタッフ)

■ここいく木曜日■ドングリンピック2014

少し肌寒くなり、秋も終わりを告げそうな札幌ですが、

本日のここいくはドングリンピック開幕です。

来て早々に、ワッペンづくりと選手帽を作ります。

DSCN8243 DSCN8244

ドングリンピックは国を背負っての戦いです。

その目印となるワッペンと選手帽は必需品。

それぞれの国の名前と国旗と気合を書いて、戦闘態勢ばっちりです。

DSCN8248 DSCN8249 DSCN8250 DSCN8251

戦い前に腹ごしらえ。リンゴを丸かじりして、ビタミンチャージ。

DSCN8266 DSCN8268

開幕前に、選手チェックすると、

DSCN8271

芽がのびている子がたくさん、ごめんねをして抜かしてもらいます。

そして、いよいよ開幕

DSCN8278

選手宣誓をして、正々堂々と戦うことを誓いました。

まず、1種目目はフーフー

DSCN8284

思うように転がらないどんぐりを上手く息で誘導します。

2種目目ははし

DSCN8294

箸でツルツルなドングリを移動させる。

3種目目はカゴ入れ

DSCN8303

ねらいを定めて、かごに入ってから跳ねるの難点。チカラ加減が難しい。

4種目目は坂道コロコロ

DSCN8309

狙っているのか、狙えていないのか、コロコロ転がして的に入れます。

5種目目はどんぐりすくい

DSCN8320

金魚すくいのポイを使って、選手たちを水からすくいあげます。

6種目目は私のドングリ

DSCN8326

自分のドングリを手触りだけで当てます。

7種目目はすもう

DSCN8329

思い通りに動かない選手が土俵で相撲を取ります。

8種目目はポイ乗せ競争

DSCN8335

歩くと遅い、走ると落ちる、この駆け引きが楽しい。

9種目目は宝探し

DSCN8338

ドングリが隠れている場所を素早く見つけます。

熾烈な争い、真剣勝負を繰りかえし、決着がつきました。

DSCN8344

それぞれ、ミズナラとアカナラのドングリを種目ごとに使い分け、

緊張しながらも、全力を出し切りました。

くやしさが残る場面もありましたが、そのくやしさは来年また晴らしてほしいです。

ここいくスタッフ けいた

■ここいく火曜日■アイスブレイクとドングリ

台風の影響があって、朝は雨が降っていましたが、

午後はパラパラぐらいの天気まで回復した札幌

本日のここいくはアイスブレイクから始めます。

最初は進化ジャンケン

DSCN8176

ゴキブリから人間を目指して、みんなでじゃんけんをし合います。

お次は声だけを頼りにその人にもとに行くゲーム

DSCN8186

行く人は目隠しをしていて、他の人は音や声で邪魔をします。

火曜日チーム、新しい大人が入ってきてまだまだ日が浅いので、

こういったゲームをして、少しでも距離感を縮めていってほしいと思っています。

おやつにたいやきを食べて、

DSCN8189

アンがたくさん入っていて、食べるのが一苦労する嬉しい悩み。

そして、本題へ。

秋と言えば、サンマやキノコとおいしいもの、山に登ったりとスポーツですが、

ここいくではドングリンピックが毎年行われます。

ドングリンピックとはドングリの形を生かした競技(ころころ系が特に多い)で真剣勝負する大会。

DSCN8192

本日はそれに出場するために、選手たちをスカウトしに行きます。

風が強い日があって、雨上がりで葉っぱが落ちていて、

なかなか見つけるのが大変でしたが、

DSCN8199

葉っぱを掘り起し、ドングリ選手たちをゲットしていきます。

これは強そう、バランスがよい、ちっちゃくていい、けがをしていないなど

DSCN8203

じっくり吟味して、選手たちに声をかけて、集めました。

DSCN8214

集めたあとは、その選手たちを磨き、育てあげて、オリンピック選手に育てあげます。

DSCN8219

丁寧に気持ちを込めて、磨きあげ、活躍してもらえるようにします。

DSCN8221

少し早く選手育成をすることができたので、最後にプレ大会の世界コロコロ大会を実施。

DSCN8230

競技への感覚を取り戻していきます。

来週はいよいよドングリンピック開催。

育てあげた選手を信じて、優勝を目指して、泣きの入る真剣勝負です。

けいた(ここいくスタッフ)

■ここいく木曜日■なぜ?15回目と選手スカウト

秋が深まったと思ったら、結構汗ばむくらいの穏やかに温かい札幌

本日のここいくおやつ前ミッションは

不思議プロフェッショナル15回目、今回は

熱帯鳥類館へと思ったら、

DSCN8119

改装中で開いていなかったので、世界の熊館へ

自分が思った不思議を書き留め、その不思議を予想する

DSCN8117

予想してみると、そんなに不思議じゃなかったり、なぜ?なぜ?と突っ込んでいくと

不思議が深まったり、

DSCN8116

自分が思った不思議は他の誰かからしたら、全然不思議じゃなかったり、

同じく不思議に思ってくれたり、

考えれば考えるほど奥深いミッションです。

ミッションが終われば、寄り道もします。

DSCN8123

ちょっと遊んでから、

発表の時間。

DSCN8130

みんなの前で自分で思ったことを伝えます。

そのことをきっかけに自分だけのことではなくなり、みんなでいろいろと話を膨らましてみます。

そんなこんなで頭を使っていたら、お腹が減ります。

DSCN8134

クルミマフィンをほおばります。

そして、本題の選手スカウトへ

来週はドングリンピック2014木ようびが開催されます。

DSCN8140

三種の神器を持って、優れたドングリたちをスカウトしに、森へ行きます。

DSCN8149 DSCN8151

転がすのにいいドングリなのか。バランスがよいドングリなのか。

ちょっとぽっちゃりしたどんぐりなのか。細身のドングリなのか。

特徴があるドングリなのか。

競技のことをイメージしながら、選手をスカウトをしていきます。

そして、そのスカウトしてきた選手を磨き上げます。

DSCN8166

しっかり丁寧に磨きあげて、競技で活躍してくれることを願かけをします。

ピカピカに磨かれた選手は必ずドングリンピックでいい役割を果たしてくれるでしょう。

DSCN8169

来週はついに白熱のドングリンピック開催。誰が優勝するのか。こうご期待。

けいた(ここいくスタッフ)

■ここいく火曜日■三角山と大倉山縦走

本日のここいくはスペシャルです。

学校が少し早く終わる日で、時間がたっぷりあるということで

三角山と大倉山の縦走に挑みます。

まずは怪我をしないように柔軟体操をします。

DSCN7993

からだがほぐれたら、ルールの確認をします。

DSCN7999

元気に楽しく登山ができるように、覚えておくルールを確認します。

登山の順番は低学年が先頭です。

DSCN8002

歩くペースを自分でコントロールできないので、後ろのほうを歩く方が大変。

なので、後ろは高学年。大人がその間に入って、登山を盛り上げます。

DSCN8028 DSCN8038

DSCN8040

1つ目の山、三角山はかなりハイペースで登れました。

途中、ぼっこを見つけて杖にして歩いたり、カタツムリの赤ちゃんを見つけたり、

終始お話に夢中になっていたりと、元気いっぱいです。

DSCN8049 DSCN8053

頂上に到着したら、プルーンを食べて、エネルギーチャージです。

景色のいいところで食べるのは格別です。

三角山にある名物三角の鐘を鳴らして、次の山、大倉山へ

DSCN8063

急な大坂道もなんてことはない。軽い足取りで降りていきます。

DSCN8067

光の具合と紅葉の具合がマッチしていて、とってもきれいな景色の中、登山ができました。

最後のほうには、少しバテテ疲れたーと1年生の子たちは言っていましたが、

無事、大倉山にも登頂

DSCN8081

旅行者の方にはすごいねーと言われていましたが、ここまで2時間

みんな良く歩き切りました。

あとは大倉山のふもとにあるウィンタースポーツミュージアムで汗を流すだけ。

DSCN8085

出発前に飴とせんべいを流し込み、一気に下ります。

そして、登山の後にもかかわらず、みんな全開で遊び、体を動かしました。

DSCN8097DSCN8098

体を動かしきった一日となり、

登山の苦楽を共にし、火曜日メンバーの結束力がこれで高まってくれれば、嬉しいです。

ここいくスタッフ けいた

■ここいく木曜日■秋寒まるやまプレーパーク

雪虫が札幌でもちらひら見られるほど、一気に秋深くなってきました札幌。

ここいくは多少寒かろうとも外で遊びます。

本日はまるやまプレーパークに出かけます。

森の中を歩きはじめて最初に発見したのは森の中のお金

DSCN7699

手触りがよく、ヒラヒラと舞う。オオウバユリの種をたくさん集めます。

そんな採取をしながら歩いていると、まるやまプレーパークの受付に到着

名前を書いて、道具を物色して、まわりの雰囲気をみて、

DSCN7703

早速、秘密基地をブルーシート、ロープ、ぼっこを駆使して、試行錯誤で創りたいという

欲求が出てきて、動きだしました。

ロープの結び方などはすこし大人からアドバイスをもらいながら、なんとかこんとかで屋根ができました。

DSCN7705

そのできた秘密基地で、お待ちかねのおやつタイム。温かい紅茶とかりんとうでまったりしています。

おやつ後は、それぞれ、ロープに乗ったり、ハンモックに揺られたり、

DSCN7710

背負子にすっぽり入ったり、

木を手になじむようにやすりで磨き、絵具で名前を書いた木の名札づくり

DSCN7711

をしていたら、あっという間に真っ暗に

最後は片付けも手伝ってくれました。

DSCN7713

来週はここいく マル秘スペシャル

ドングリンピックの選手をスカウトしにいきます。

けいた(ここいくスタッフ)

pageTop