札幌100マイル

ここいく ブログ

小学生が作る、円山動物園のブログです 2009年4月からスタート。 準備期間はスタッフが書きます^^ ここいくの詳細はhtp://www.hkp.jp

2013年03月 の投稿一覧

■ここいく木曜日■一年のふりかえり

全員揃うまでは森の中へ

男の子は木のぼり!


どうやったらより高い木にのぼれるかチャレンジします。
足が滑らないところを探しながらうまく体を使って登ります。
もちろん登ったあとはジャンプします!

全員が揃ったら一年の思い出として
春を感じるバードコールづくり。


穴を2カ所あけたり、
思い思いにペイントして仕上げます。


仕上げが終わったらおやつタイム!

今日はワッフルとゼリー


最後のおやつもきっちりおかわり!

お腹が満たされたら、スライド上映!
木曜日の子どもたちはカメラに写すとき必ず動くのでぶれぶれ・・・
写真を選ぶのが大変でした。

あのとき何をした!面白い顔!
懐かしいスタッフ!
なんて言葉も飛び出します。
修了証を渡して思い出に残っている事を話してもらいます。


野球やドングリンピック、しりすべりなどがあがっていました。

最後は記念写真をパシャリ!


一年間近くで子ども達の成長を見守ってきました。
日がたつに連れて当たり前ですけど、
体力がついて汚れても気にしないワイルドな時間を過ごせるようになりました。

卒業や引っ越しなどで離れていく子どももいますが、
ここいくで過ごした時間を心の隅に置いておいて、
いざという時に心の支えにしてほしいと思います。

それではまた4月に元気な笑顔で会いたいと思います。

ここいくスタッフ
カツオこと高野克也







■ここいく火曜日■ふりかえり

今日が今年度最後のここいく
まずは外あそび、動物園前はスケートリンク!
みんなでツルツル滑って遊びます。


それから思いきり体をぶつけあって遊びます!
男の子は野球


その他の子どもはカツオを転ばせるために
みんなで襲いかかります。


一汗かいたらみんなで室内で最後の思い出づくり。
バードコールを作ります。


イラストを書いて完成!


出来上がったらバードコールを鳴らして大合唱!

おやつはプリンとちえぞうのオーストラリア土産のチョコ。


腹ぺこなのでいただきます!

おやつを食べた後は一年間のスライドを見ます。


あの時はこうだった、あぁ〜誰々だ!など思い出がよみがえります。

最後は修了証と一年間の思い出を発表します。


また4月からここいくがはじまります!
それまではエネルギー充電してみんなで笑顔で会いたいと思います。

ここいくスタッフ
カツオこと高野克也

■ここいく木曜日■あっという間

全員が揃うまでは外あそび、
少し遊んだところでおやつタイム!
今日のおやつは「豆乳プリンのぶどう寒天のせ」


おいしくいただきます。

今日は「ぼくの木の」一年の成果を掲示物にまとめる日です。
春の様子は・・・なんて思い出しながらの作業です。


その作業が終わると外あそび。
女の子チームは雪の中に「たまごイス」なるものを作って一休み。
おしりのところがたまごの形なんですって。


その発想が素敵です。
森の中には雪のロールケーキも。
別名「雪まくり」おいしそうだけど固くて食べられそうにありません。


持ち上げようとしたけど雪にくっついていました。

一部の男の子達は先週から続く野球フィーバー


雪玉を投げては木の枝で打ち合います。

楽しい時間はあっという間、
最後はみんなで記念写真!


いよいよ来週で今年度の活動の最終回、
来週は一年の活動をふりかえりますよ。

ここいくスタッフ
カツオこと高野克也

今日はモリだくさん!

今日のここいくは何をするかなあ~なんて、ノンキに円山の森をテクテク…。
気温も高くて、雪がベトベト。尻滑りはちょっとね…

動物園に着いて準備しておりますと、みなさんやってきました。
「今日学校でもらった新聞にコレが出てた!今日は動物園でこれを見たい!」とまっさきにとんできた子がおりました。

「じゃあ、今日は早めのおやつにして、熱帯鳥類館に『オニオオハシとアルマジロ』を見に行こう~!」新聞記事には、この2種類が3月上旬に円山動物園にやってきます!との告知がありました。

なんか、今日はみんなスピーディー。
おやつもサクサク。「早くいこうよ!」とせかされる私…。
みんなは「はしる」か「雪の上を歩く」か「雪玉を投げつけては逃げる」か。
たえず、アクティブ。のんびり歩くのは大人です…。






熱帯鳥類館には看板がありました!





みんなでワイワイ。
オニオオハシの鮮やかな色にもうっとり…(写真暗くて撮れませんでした)

「あっ青い鳥~」「フラミンゴだ~」「赤い鳥がいる~」「アルマジロだ~」
上見たり、下見たり、横見たり、忙しい。あっつ九官鳥だって…真似するだって…
わー…ドヤドヤ(そっちにみんな駆け寄る)。





しかし、ここは熱帯…なので熱い。

「汗だくだよ~」(でも、みんな走ってきたでしょ)。
そしてまた外で走り、登り、雪を投げつけ…
思う存分、1時間すごしました。






そして、本日のメインテーマ!「ぼくの木プロジェクト」のまとめ。






これもまた、みんなサクサクと集中してすすめます。

1年間撮りためた写真から四季の写真を選び、それにコメント。
終わったら外で遊んでもいいよ~ということで、終わった子はまた遊ぶ。






なかには、黙って作業に集中している子もいたり、熱心にウリさんに字を聞いたり、
書く文章を推敲している子も…。

「早く外に来いよ!」というともだちの誘いにも「せかすなよ!やってんだから!!」という返事。






そしてみんな時間内に完成!










さあ、来週は今年度最後のここいく。

どんなことが待っているかな~お楽しみにねっ!


レポートはキナコでした…

■ここいく木曜日■野球&しりすべり

今日のここいくは全員集合するまでは
海っぽい写真を撮ろう!ってことで
絵を書き、ポーズを決め、えっちらおっちら作業をして写真を撮りました。


全員集合したらおやつをいただきます。
味噌クッキー!ごまが入っていてとってもおいしい!



ちょっぴり離れた荒井山まで遠征!
しり滑りしたい人は道具を自分の力で運びます。


雪が緩んでいるのでコースをつくるのも一苦労!
でもできたコースにさっそくジャンプ台を作っております。
流石!



ロ〜ングコースを作ってチューブ滑りを大満喫。


一方雪玉で野球をする野球チームも大接戦!
人数が少ないながらもランナーを工夫して点を取り合っていました。



あっという間に帰る時間です。
返りはいつも通り遊び疲れて足取りが思いです。
いやむしろもっと遊びたかった名残惜しさの足取りの方が大きいかもしれません。
このメンバーで過ごすここいくも後2回です。
来週も疲れ果てるくらい思いきり遊ぼう!

ここいくスタッフ
カツオこと高野克也

■ここいく火曜日■荒井山しり滑りスペシャル!

今日のここいくは残すところあと3回という事もあって、
荒井山でしり滑りスペシャル。

全員集合したらおやつを食べてさっそく出発!
途中にねおすの事務所でしり滑り道具を借りていきます。
そり、米袋、おしり滑り、チューブ、ブルーシート
「運ばざるもの滑るべからず」みんなで力を合わせて運びます。


到着したらさっそく上まで登ります。


ブルーシートチームの5人はどうやったらうまく滑れるかを話し合っています。


そりチームはジャンプ台に挑戦!


見事なジャンプと着地です。
チューブ滑りチームは何度も登っては降りてを繰り返し、
頂上からの大激走では、逆さまになって転がっていました。


ブルーシートチームもようやくうまく滑れました。


最後はみんな揃ってハイチーズ!


あっという間の1時間、最後の移動も遊びながら、
みんなは汗をかいてタクシーに乗り込んでいました。

残すここいくもあと2回!
全開で遊んでいきましょう!

ここいくスタッフ
カツオこと高野克也

■ここいく火曜日■アイヌについて学ぼう!

今日はここいくスペシャル!
白老のアイヌ民族博物館の方が来てくださいました。
火おこしなどを取り入れながらアイヌについて学びます。

まずは森の中で焚き木探し、
シラカバの皮やトドマツの枝などを探しました。


全員が揃ったところでさっそくの火おこし、
火打石を使って火をおこします。


お兄さんの技は流石!
見事に一発で火をつけました。
20130301-02.JPG

そしてもう1つの火のおこし方、
弓を使った火おこし。
こちらはなかなか難しい。
火はおきませんでしたが、惜しいところまでいきました。
20130301-03.JPG

さっそく子どもたちもチャレンジ、
まずは火打石で火花を出す練習。
20130301-04.JPG

これがなかなかに難しい。
ちょっとしたコツがいるんですよ。
男の子チームは火おこしに夢中。
弓矢での火おこしにもチャレンジ。
20130301-05.JPG

火おこしのあとはアイヌの早口言葉と
輪唱を体験します。
息継ぎせずに早口言葉を何回言えるか?
20130301-07.JPG

輪唱ではみんなで輪唱すると不思議なひびきになって聞こえます。
20130301-06.JPG

最後はおこした火で作ってくれたジャガイモの丸焼きと
ハマナスのジャムをパンに塗っておやつタイム。
「パナウンペとハルニレの木」のお話を見ながらいただきました。
20130301-08.JPG

楽しみながらアイヌ文化に触れる事が出来て
子どもたちも楽しそうでした。

またいろいろな形でアイヌ文化に触れていけたらと思います。

ここいくスタッフ
カツオこと高野克也

pageTop