札幌100マイル

ここいく ブログ

小学生が作る、円山動物園のブログです 2009年4月からスタート。 準備期間はスタッフが書きます^^ ここいくの詳細はhtp://www.hkp.jp

2017年02月 の投稿一覧

■ここいく火曜日■旭山公園でソリすべり

たっぷり雪が降りました。

2月のスペシャルは旭山公園で思い切りソリすべり。

だれもすべっていない雪山を登ります。

2028-1

 

今日は春の雪なので、ちょっと握っただけで雪玉ができる。

雪合戦には最適ということで、雪玉作り。

 

2018-2

 

2018-3

 

穴を掘って入ってみたり。

高学年が来るまで自由にあそびます。

さて、みんな揃ったところで、ソリクロスを開催。

丘の上から滑り降り、いち早く雪面にさしてあるチューブを

とりにいくレース。

合図で一斉に滑り降り、あるいは駆け下り、チューブをめざします。

2018-4

 

青のチューブが10点、緑は5点という点数制。

勝者はこちらです!

2018-5

 

 

ひと試合終わると、

連結ソリで滑らかな斜面を滑りおります。

2018

 

一方ではジャンプ台を作って、飛距離を競いあったり。

2018-7 2018-8

 

 

森の家にもどって、キナコ特製豚汁であたたまります。

2018-6

 

冬のここいく。

雪あそびをコンプリート。

さて来週はここいく冬季大会開催。

どんな競技が行われるでしょうか。お楽しみに!

■ここいく木曜日■春の円山だんごやさん

春らしい空が見えました。

プラス の気温で今日の雪遊びはかねてからのリクエスト、団子作り。

各自道具をもって森へ出発!

DSCN0130

陽ざしがなんとも暖かです。

「雪まくり」がロールケーキに見える。これも春の情景。

DSCN0131

途中、落ちている葉っぱや枝をソリに集めながら進みます。

DSCN0134

目的地に到着して、おやつタイムです。

DSCN0139

これから存分にあそびます。

坂を上って…

DSCN0143

滑る!

DSCN0145

雪だるまが今日はちょっと転がすだけで簡単に作れちゃう~

DSCN0151

雪の隙間に入り込んだり…

DSCN0142

雪玉つくってぶつけあったり、スノーソーで雪を切り出してお家作りしたり。

なんでも楽しめちゃうのが今日の雪。

223-5

円山の団子屋さんは家作り、階段作りから余念なく働いています。

223-4

 

薄暗くなる頃に開店。

DSCN0170

 

イチゴ味のアイスクリームや三色団子やタイ焼きなどを販売。

商売繁盛ですが手元が暗く、店内を壊さないよう気をつけねばなりません。

最後は尻すべり、雪玉乗りをして本日は終了。

223-2

223-1

 

春の雪の遊びを満喫した今日のここいくでした!

スタッフ:キナコ

 

 

■ここいく火曜日■円山登山&しりすべり

今日はものすごい風と雪。

そんな日ですが円山に登ります。

DSCN0073

 

まずは先に集まった低学年が出発します。

16時45分に頂上で会いましょう~!

学校で足を痛めた子がいるので、その子は坂下グランドでイグルー作りに出発。

低学年はのんびり八十八か所コースからいきます。

DSCN8665

 

恒例、お地蔵さんを数えていくのですが、途中から雪に埋もれてお地蔵さんがない!!

DSCN8666

 

ということで、掘り起こしながら、番号を数えて先に進みます。

高学年も15時40分にやってきました。早々に準備をして出発。

こちらは西口コースを行きます。

DSCN0079

 

途中に「おなかすいた~」となり、おやつタイム。

DSCN0084

 

がしかし、このあと…。

昨日からの強い風雪で山道は消え、吹き溜まりの中を進み、

強い風が雪を吹き飛ばし、クラストした道を滑りそうになりながら進み…

ヤマブドウの蔓が折れてゆく手を阻んでいたり…

DSCN0089

 

「円山ってこんなに登るの大変だったっけ????」といいながら登るのでした。

頂上直下。

何にも見えない~

DSCN0093

 

高学年が先に到着し、お先にヤッホー!

DSCN0095

 

しばし待つこと、お地蔵さんを掘り起こしながらやってきた低学年と合流。

DSCN8670

 

風がめちゃくちゃ冷たい~というので少し降りておやつ。

DSCN8672

 

タマゴぱん、どら焼きにあたたかいお茶を。

さて、いよいよ一気に下山です。

DSCN0103

 

DSCN0105

 

わずか5分で下山しました。

そしてイグルー作りをやっているところへ…

先週のイグルー作りの技をさらに磨いて作っているのでした。

DSCN8657

 

そしてわずか1時間で立派なイグルーが完成しました!

DSCN0117

 

登山を終えた子どもたちは、まだ時間があるというので、坂で尻すべりを楽しみました。

 

DSCN0112

 

フィニッシュ!

 

DSCN0116

 

ブルーシートで3人乗り~

 

DSCN0120

 

またくぐり~

真っ暗になっても遊び続ける子どもたちでした。

 

 

動物園に戻り、帰りの支度。

暑い暑いと…夏のような格好でいる子発見!

気温表示は-5.8度ではないですかっ!

DSCN0126

風邪ひかないでくださいよ!

来週は旭山公園で「ソリリンピック」。

雪、たくさん降ってくれ~と祈ってます。

スタッフ:キナコでした!

 

 

 

 

 

■ここいく火曜日■今日はイグルー作りに最適の日です!

今日の雪は重い…

しかし、しっかり踏み固めるといい雪のブロックができ、イグルー作りには最適では!?

kokoiku214-1

 

…ということで、今日のテーマはイグルー作り。

しかも本日はバレンタインデーということで、イグルーのなかでスペシャルチョコをいただいちゃいましょう。

みな、イグルー作りに必要な道具を持っていきます。

スノーソー・バケツ・スコップ・そり。

kokoiku214-3

 

頼みますよ~~

ここからはまず、みんなで雪を踏み固め、スノーソーで四角いブロックに

雪を切り出す作業。

イグルー214-1

 

雪のブロックを円形に積んでいきます。

イグルー214-3

 

どんどん切ってブロックもってきて~

イグルー作り

 

こんな風にどんどん高く…

隙間を埋めるためには雪のセメントが必要。

雪をいっぱいもってきて~!

低学年はブロックは重くて運べないのでセメント係。

イグルー214-2

 

スキマにペタペタ塗って、隙間をふさぎます。

イグルー214-5

 

そうこうしているうちに、明るいうちにもう一基、作成にとりかかります。

214-6イグルー

 

大きなイグルーは屋根もできました。

こんどは出口を作ります。

「この辺でいいかな??」

中にいるケータと会話。

214-7イグルー

 

完成したイグルーのなかで、みんなおやつ。

バレンタインのハート形マドレーヌとマショマロ入りココア。

「働いたあとのおやつは美味しいな」。

kokoiku214-2

 

この日も夜にまたしんしんと降りつもる雪。

まだまだ春までわんさか降ってほしいですね。

スタッフ:キナコでした!

 

■ここいく火曜日■山で雪遊び尽し

今日は思い切り雪遊びをしたいねということで、山の中へ。

2071

 

超ロング尻すべりがしたいという願いを叶えにまいります~

途中、今日の雪はざっくりととれる、しまりのある雪だということで、

ブロックに雪を切り出し、頭の上にのっけてみる。

2072

 

ここであそぶぞ、というポイントに到着。

さっそく滑り降りる。

2074

 

姿かたちが雪の中に消えてしまうほど…勢いよく滑り降りる。

2076

 

かたや、ひたすらスコップ片手に掘って掘って掘りまくる子も。

2075

 

そして埋められちゃう人がいて…

2079

 

ふかふかの雪の上からでんぐりかえってジャンプを何度もしたり…

2078

 

2077

 

最後はみんなでいっせのせーでジャンプ!

20710

 

すべってよし、掘ってよし、転がしてよし、飛んでよし…

雪遊びは尽きません。

最後は暗闇の中、転がるようにして下山して、最後のお山でひとあそび。

20711

 

どの子もホッぺが真っ赤。

顏は晴れ晴れ。やっぱり雪って楽しいね!

来週はどんなことして遊ぶかな?

スタッフ:キナコでした!

 

 

円山動物園・スノーフェスティバル・氷の滑り台作り!

今日はいいお天気。

明日から札幌は「さっぽろ雪まつり」ですね。

円山動物園ではこの期間「スノーフェスティバル」が開催されます。

その目玉となるのが「氷の滑り台」。

全長30メートルと15メートルの2基があります。

今日はその滑り台をボランティアさん総勢60名で作っちゃう日なのです~

2051

 

まずは全員集合であいさつ~

札幌まるやま自然学校のここいくからも参加してくれました!

いつも動物園を使わせていただいていますからね。

作業スタートとはいえ、最初は1つ20キロもある氷を運ぶので、子どもたちは危ないので

違うことを…。

滑り台の周りに雪だるまを作っちゃおう!

20522059

 

小さな雪玉を転がすだけで今日はすぐ大きくなっちゃう。どんどん大きくなっていくと、

「誰か手伝ってよ~」

そうするとわらわら子どもが集まり一緒によいしょ。

この上に作っちゃおうよってことで巨大雪だるまができあがっていくのです。

1486285506378

 

2053

 

ちょんまげを付けた雪だるま、ベレー帽をかぶった「マンガさん」の雪だるま(漫画家風ということらしい)など。

そうこうしているうちに、いよいよ滑り台に着手。

2054

 

2055

2056

 

大きな氷を水平におく。氷を両側に立てる。

スキマがあったら雪と水をまぜた雪のセメントで埋め込む。

滑り台の上のゴミをとるなどなどの作業が地道に続きます。

2057

 

お昼過ぎには完成~

試し滑り~

2058

 

ご協力いただいたお父さんお母さん、そして子どもたち、ありがとうございました!

今週のここいくは氷の滑り台でまず遊ぼうね~

スタッフ:キナコでした!

 

pageTop