札幌100マイル

オサナイミカのPICKUP INFORMATION

オサナイミカがオススメの新商品や新店舗を紹介するブログ

『もりもと』タグの付いた投稿

もりもと・春の復刻まつりを食べ尽くす!~パン編~

先日、こちらで紹介したもりもとの『春の復刻まつり

スイーツだけじゃなく、パンの方も色々あるのです^^

P1570475

もりもとと言えばの、はかり売りパン♪

こくとうさん・チョコパイ・チョコチップスコーン

個人的感想ですが、発売当初より断然美味しくなっている気がする!

しっかり食べた感が増したというか^^

特にこの3つはそう思いました♪

P1570497

サンドフライ

これもまた、食べ応えのあるパンです

朝ごパンにもランチにもオススメできるっ!

 

P1570483

キャベツのパニーニ

良い意味でもりもとぽくない、オトナ味のパン!

いつもと少し違う表情のもりもとを見た気がしました^^

P1570492

意外にもハマったのがこちらの、見た目が地味なスイートブラン!

なんだろう、一口食べるとすぐもう一口食べたくなる、甘さも食感も優しい味わい

1個食べ終わって、少し時間が経つと『あのパン美味しかったなぁ』って思い出す味!

 

P1570485

ちなみにこちらは第2弾(4月17日~30日)から発売予定のプチマルゲリータ

特別に、先行試食♪

これもまた、キャベツのパニーニと同じくオトナ味なパンピザでした^^

 

2004_復刻_春ギフトチラシ_表_0228ol-1024x728

というわけで、第1弾の商品は4月16日(木)までなので、買い逃しなくっ

 

もりもと・春の復刻まつりを食べ尽くす!~お菓子編~

2004_復刻_春ギフトチラシ_表_0228ol-1024x728

3月30日(月)から、もりもと各店で開催中の【春の復刻まつり

北海道に、いつもより少し早い春がやってきて、パ~っと盛り上がっていきたいところですが、まだまだ先が見えず不安なことだらけ・・・

そんな時に見つけた“春の復刻まつり”

気になる商品がいくつもあったので、食べ尽くしてみました(≧▽≦)

P1570581

こちらはミニ中華饅頭

創業時、終戦後で食糧が不足しているとき、甘いもので元気になってもらおうと、一枚一枚手焼きで焼いて配ったこともあるという、歴史ある中華饅頭

中華饅頭というと、大きすぎて食べきれないという不安から、買うのを躊躇してしまうこともあるのですが、こちらの中華饅頭、一人でも食べきれる、理想のミニサイズなのです^^

P1570585

ぎっしり詰まったこし餡の甘さもちょうどイイ♪

頭使い過ぎて、ちょっと疲れてしまった時につまむと元気になれるおやつって感じです^^

P1570589

もうひとつ和菓子部門から、くるみ餅棒♪

P1570586

見た目はかなり地味(笑)

ムニ~っとのびる、柔らかいお餅の中に、程良く入っているクルミ

これまた、サイズ感がちょうどよいのです^^

P1570478

そしてこちらは、もりもとモンブラン

通常は千歳本店限定商品で、昭和63年から愛され続けているケーキ

一言でいうと、“懐かしい!!”

今や色んな味のモンブランも登場している時代ですが、昭和のモンブランはこれだよなぁ~と、一人タイムスリップしてしまう、定番のモンブラン♪

いつもチョコレートケーキにしか興味のない平成生まれの息子が、“うまそ~!”と言って、奪う様にして食べられてしまった^0^;

P1570482

こちらは、絶品!焼きチーズ

世の中バスクチーズケーキがブームだったりしますが、フォークを入れた時の密度の濃さを感じる焼きチーズケーキ、個人的に好きです!!

今こそ食べたいチーズケーキだ!!って感じです←伝わるかな?(笑)

P1570666

そしてそして、のん兵衛のオサナイが喜ぶスイーツもありました^0^

フロランタンです~~♪♪

この一枚でウィスキー2杯は飲めてしまう、小さくても食べ応え満点のフロランタン

 

やっぱり甘いものって人を幸せな気持ちにしてくれます(≧▽≦)

↑最後、少々アルコールも含まれてますが・・・(;’∀’)

この贅沢を知ってしまったら、後戻りできないかも・・・【もりもと・黒の贅沢】予約受付中!

昨年は早々に完売してしまったという、もりもと・ハスカップジュエリーの限定品【黒の贅沢~ブランデー仕立て~

黒の贅沢トピックス用

先日、試作品を分けていただきまして、試食させていただきました。

P1310420 P1310426

※パッケージは昨年のもので、今年は変わるそうです
もりもとのスイーツでは珍しい、オトナな味わい!

しっかりブランデーが香ります^^

思わずブランデー入りの紅茶が飲みたくなってしまい、さっそく用意したのは言うまでもありません(笑)

実はその前後に、通常のハスカップジュエリープレミアムブラックも食べてみました。

P1310416P1310415

もちろんこちらも、美味しいのですが、黒の贅沢を食べてしまうと、やっぱり物足りなさを感じでしまいます><

あぁ、知ってしまった、黒の贅沢の世界・・・

知ってよかったのか、悪かったのか・・・^0^;

 

と、販売は12月1日(土)からですが、確実に入手できるよう、予約受付をしているそうです!

また、今回の売り上げの一部は、厚真産ハスカップの復興支援として寄付するそうです^^

★予約受付フォームはこちら

 

 

19年目の挑戦【太陽いっぱいの真っ赤なゼリー】がリニューアル

もりもとの代表商品・“太陽いっぱいの真っ赤なゼリー”が、4月26日(木)にリニューアルしました!

無題

先日発表会があり、ワタシも足を運ばせていただきました。

P1220280P1220269

今までとどこが違うかと言いますと、使用する原料がすべて仁木町産のミニトマトになったのです。

ちなみに今までは、砂川や千歳のミニトマトを使用していたそうです。

もりもとと仁木町は2年前に、“地域連携包括協定”を結んでいて、『北の散歩道(さくらんぼ)』や『チェリージュエリー』、そしてこちらでも紹介した『北海道珠玉の果実ゼリー』などでも、仁木町産のミニトマトやフルーツを使用した商品を販売していました。

P1220268

 

P1220270

そんな中、もりもとの主力商品である太陽いっぱいの真っ赤なゼリー(ちなみに2000年に発売され、2015年には累計2000万個を達成しているそうです!)を、仁木町産の高品質トマト「キャロル7」「シンディスイート」の2種類を使用して、これまで以上にトマトの風味と酸味が楽しめるゼリーに仕上げたそうです。

P1220276

発表会の場で、試食させていただきました。

0194d041e4e8c926ffc2c476272a1d5706961fed21 010ab019dc2921c16c66e2a0845d4b6d65b030abb4

以前、北海道珠玉の果実ゼリーのキャロル7を食べた時の味を思い浮かべて比べてみると、すごく爽やか

爽やかだけど、ジワ~ッとトマトの甘さがやってきます。

商品説明を聞くと、このコクと酸味のバランスを出すために、2種類のミニトマトを使用したそうです。そしてこのゴールデンバランスを出すために、構想から2年くらいかかったそうです!

個人的には、濃厚なトマトそのものの味わいを楽しめるスイーツというよりベジタブル系のゼリーも好きですが、この爽やかさはより、老若男女に受ける味わいかも!!と思いました^^

 

 

P1220272

会場ではトマトジュースの飲み比べも♪

飲み比べると、明らかに味が違う!!

酸味とコク、よく理解できました^^

 

P1220273

ちなみに仁木町はミニトマトの全国作付けNo.1なんだそうです!

フルーツ王国・仁木町というのはよく聞いていたけど、ミニトマトもそんなに生産していたとは!

まだまだ知らないことがたくさんです^^;

 

 

美味しい十勝清水町の食材で作る、野菜カレーパン&パンプキンパイByもりもと

先日、十勝清水町農業協同組合が取り組んでいる、【とれたんと】の野菜を使用したもりもとの新商品試食会に参加。

P1130465P1130467

【とれたんと】でも扱っている十勝若牛に関しては以前、こちらこちらでも紹介しておりますが、今回は“野菜”にスポットをあてて新商品を開発したそうです。

P1130463

野菜のカレーパンには、食感が伝わるように大きめにカットされた、ホクホクのじゃがいもやかぼちゃ、にんじんなどがたっぷり入っているというコンセプト。

もちろん十勝若牛も使用しており、隠し味にはにんにくも♪ すべて十勝清水町の食材です!

 

P1130464

パンプキンパイもとれたんとのホクホクかぼちゃをたっぷり使用。

そしてカレーパン同様、北海道産小麦を使用。

P1130445

こちらは、JA十勝清水町 代表理事組合長の串田氏

昨年は、台風の影響で農作物の収穫量が大幅に減ってしまいましたが、今年は平年並みの収穫となったそうです。

ちなみに【とれたんと】は、『とれたて』と『たんと~たくさん』を組み合わせた十勝清水町農業協同組合の登録商標なんです。

酪農と畑作、どちらもバランスよく在住している十勝清水町だからできる、元気な土を作り続けられる取り組み。元気な土があるから、たくさんの美味しい野菜が育つという意味合いですね^^

 

P1130447

そんな十勝清水町の大地の恵みをふんだんに使用して、美味しいモノを届けようと奮闘したのが、(株)もりもとのパン部次長の足立氏と洋菓子部課長の今氏

今回は、北海道の食に携わる面々が参加していたので、少々辛口な意見も多々出ました。

P1130460

例えば、カレーパンはじゃがいもがゴロッと入っているいいのだけど、パンの中心に入っているわけではないので、一口目で味わえるようにした方がより、入っている感を感じるのではないか・・・とか、もう少し油で揚げた感がない方が嬉しいなどなど。

もりもとのカレーパンはもともとリーズナブルで美味しくて人気の商品なので、既存のものよりもさらに美味しい!!と思えるようなカレーパンでないと、意味がないのではないかと個人的にも思ったので、意見させていただいたり。。

 

P1130452

パンプキンパイは、女性にはちょっと大きすぎる、かぼちゃあんがちょっと甘すぎるなど、こちらも辛口なコメントが。。

でもそれは、よりおいしい商品を届けてほしいという期待の元の意見ですので、みなさんすごく、真剣に回答しておりました。

そんな意見の元に、足立氏と今氏が改良をし、現在『とれたんと』の野菜カレーパン1個200円(税込)

そして、『とれたんと』のパンプキンパイ1個390円(税込)で販売中だそうです!

※カレーパンは、本店・恵み野店・山の手店・苫小牧柏木店・厚別ひばりが丘店・ミュンヘン大橋店・北15条店・長崎屋室蘭中島店・南郷通り店

パンプキンパイは、新千歳空港店のぞく27店舗での販売。

 

カレーパン・パンプキンパイ好きの方はもちろん、十勝清水町を応援したい!!という方も、ぜひ【もりもと】へ足を運んでみてください^^

 

 

 

 

 

 

pageTop