札幌100マイル

オサナイミカのPICKUP INFORMATION

オサナイミカがオススメの新商品や新店舗を紹介するブログ

『NEW OPEN』カテゴリーの投稿一覧

12年ぶりのゾウに癒される~札幌市円山動物園・ゾウ舎誕生!

2019年3月12日(火)、札幌市円山動物園にオープンした【ゾウ舎

P1370662

すでに多くの方が12年ぶりのゾウの姿に癒されたことと思いますが、ワタシも取材とはいえ、大いに癒されてきました!!!!

写真は親子の“シュティン”と“ニャイン”

まだ、お母さんのおっぱいを欲しがる姿に、癒されまくり><

P1370640

 

P1370632

こちらが今回、4頭のアジアゾウのために新設された“ゾウ舎”

入口に等身大のゾウのイラスト

P1370634

暖かくなれば、円山の原生林を眺めるこちらのスペースにも登場予定

P1370636

入口は、ミャンマーの森の奥へ向かう道をイメージした、少し薄暗いトンネルになっています

P1370638

トンネルを抜けて、一段上がった場所に向かうと、人間にとっても快適な室温の空間が!

P1370649

さらに奥に進むと、このようなシアター上の見学スペースがあり、座ってアジアゾウを眺めることができます^^

P1370637P1370641

施設内には、これまでの歴史や、ゾウの生態系など、環境問題等も含めて、しっかり学べるパネルも展示されています。

P1370645P1370646

足元をよく見ると、ゾウの足跡があったり^^

P1370675P1370676

ゾウのこと、こうしてみると全然知らなかったかも・・・

勉強になります!!

P1370673 P1370681

皮膚の感触がリアルは模型もあります!(触ってOK)

P1370677P1370680

一段下がったところに行くと、咲くほどの模型のゾウの足が!

なかなか細部までこだわった施設です^^

P1370683

ゾウさんのタッチシアターというのもあり、お子様はもとより、逆にオトナがハマりそうです(笑)

P1370685

 

P1370686

下には水中が見えるスペースがあります。

 

P1370689P1370687

が、アジアゾウは、水に入るのが大好きというわけではないそうで、そこまで頻繁には見ることはできないそうです。。

そんな時は、横に設置してあるモニターで、水浴びした時の様子もチェックできます^^

と、ゾウがなぜ水を浴びるかというと・・・なんと、砂にまみれたいからなんですって!!

P1370768

と、今回その姿も見ることができました!!

ご、豪快~^0^

P1370760

そしてこの日、取材されているのが分かったかのように、水中で岩にゴシゴシ体をこすりつけるシーンまで披露してくれました!

が、こうなると水が濁って意外に見えません^0^;

P1370757 P1370762

水の中も、可愛すぎるっ!!!!

P1370691

そして今回改めて、ゾウの!!鼻ってスゴイ!!と思うシーンが・・・

P1370698

飼育員さんがエサを与えに来ると、すぐさま近づくシュティンとニャイン

P1370695

枯草よりやっぱり人参の方がいいらしく、嗅覚で人参を見つけ、その鼻で口元まで人参を持っていくわけですが、その動きが別の動物のようで、思わずガン見(笑)

ちなみに裏側はこんな感じ

P1370667

P1370700

P1370753P1370751

そうそう、館内にこんなスペースがあるのですが、ココにゾウのフンの模型があります。

当然ながら重いです!

ちなみにゾウって、起きている間はほとんど食べているそうです。

なので、フンの量も結構なことになるわけで・・・

飼育員さんはかなりの重労働!

あっという間に腕がムキムキしてきたそうですよ~

P1370655

ちなみにエサは、この天井からぶら下がっている草の入った網がタイマーで降りてきて、木から食べるような状態にしているそうです

P1370654

それから、穴を掘ってエサを隠したりもするので、この砂をいつも快適な硬さにしておくことも重要で、見えないところで飼育員さんがものすごく頑張っていることを知りました!

ゾウは立って寝るものだとばかり思っていたら、地面が快適だと、ちゃんと横になって寝るそうです^^
(最初は、何かあったのかと、かなり焦ったようですが^^;)

P1370712

それにしても、子どもは本当に動きがカワイイ

P1370711P1370705P1370706

木の枝を鼻でヒョイと背中にのせて、それが落ちたらまた鼻で拾って・・・の繰り返し(笑)

P1370730

そうそう、今回飼育員さんが、プールにリンゴを投げ込んでくださいまして、それをいかにプールにあまり入らず取ろうかと、一生懸命鼻で波を立ててリンゴを引き寄せる姿も見ることができました^0^

P1370735P1370743

結構、頭がいいんです^^

 

自分で撮った中でもお気に入りのショット(笑)

P1370653

P1370779

 

札幌市円山動物園の開園時間は、9:30~16:30までですが、ゾウ舎の見学は11:00頃~15:30まで!

そして4月は、4月8日(月曜日)~12日(金曜日)& 4月24日(水曜日)が休園です!!

 

アマノ フリーズドライステーション札幌店 3月1日(金)に待望のOPEN!!

初めてアマノフーズのフリーズドライ商品を知ったのは、2015年11月

その時、札幌にも店舗を作ってほしい!!と、ラブコールを送るもその後、音沙汰はなく・・・

すっかり忘れかけていたら、なんとパセオに【アマノ フリーズドライステーション】が期間限定でオープンするとのこと!!

P1360934

オープン前日の2月28日(木)に、メディア向けの説明会がありまして、(たぶん)誰よりもウキウキな思いで駆け付けました!!

P1360943

お~~!テンション上がります~~つ

P1360950

 

P1360945

3年ちょっと見ないうちに、色々増えている気がする!!

P1360948P1360951

 

P1360954

ひな祭りにもピッタリな商品もありました^0^

P1360952

甘酒におしるこも♪

 

P1360938P1360940

今回、試食会もありまして、少しずついただきました

やっぱりクオリティ高すぎる!!

シチューはもう、自分で作らなくてもイイかも・・・^0^;

 

P1360944

商品はネットでも購入できるのですが、フリーズドライステーション限定の商品もいくつかあります

中でもすごかったのはこちら!

P1360936P1360970

蟹のみそ汁!

お値段、1袋540円!!

P1360971

ですが、食べたら納得のむき身~

そうはいっても、さすがに540円は日常使いできません^^;

P1360947

安心してください!こちらもあります^^

北海道の文字が入っているのが嬉しい~

 

P1360942

オープンを記念して、1500袋限定の特別価格商品もあるので、この機会にアマノフーズのフリーズドライのすごさを体感してみてください^0^

間違いなく、ストックしておきたくなります♪

 

P1360955

ちなみにこちらは、アマノフーズのフリーズドライ商品にピッタリなマグカップ

ワタシは右側のを持っていますが、ホントに使いやすいんです^^

P1360957

と、限定商品もちょっとほしいかも・・・

 

気になるネーミングばかり!コルネの専門店【ハッピーコルネ専門店 こるね~どぅ?】

P1360423

2月15日(金)にオープンしたばかりの【ハッピーコルネ専門店 こるね~どぅ?

最近のベーカリーショップは専門店が多いようですが、こちらは空洞がある円錐形のパン“コルネ”の専門店

甘い系だけではなく、食事系のコルネもあるとのことで、早速行ってきました!

場所は中央区大通西14 大通の北側になります。

マンションの1Fで少し奥まっているため、正直素通りしてしまうほど目立ちません^^;

お隣りにコインランドリーがあるのですが、もしかしたらそちらの方が目立つかも

P1360437

店内も正直、質素

P1360426

でも、カウンターの上にずらりと並ぶコルネには目を奪われます!

そして何より、ネーミングが気になりすぎます(笑)

P1360427

P1360428

 

P1360429

P1360430

P1360431

昭和生まれなら、あぁ、あれをモチーフにしているのねと、小さくうなずくネーミング

スタッフさん曰く、夜な夜な真剣に考えて付けたネーミングとのこと^0^;

その努力、伝わってきました(笑)

 

P1360443P1360442

今回は、ちょこっとホイップ・あんホの革命・大根役者を食してみました^^

P1360445

あんホは中に、白玉も入っているので、見た目以上にお腹いっぱいになります!

P1360447

そして誰もが気になっているであろう、“大根役者”

刻んだたくあんと塩昆布、そしてマヨネーズ!

これ、かなり癖になります(笑)

 

 

コルネは注文を受けてから中身を詰めるので、ちょっぴり待つこともあります。

待つのが苦手!という方は、事前に電話で注文しておくことも可能だそうです~

そして、近隣の会社などには配達もしてくれるそうですので、詳細はお店にご確認を^^

 

と、個人的に気になったのが、カウンター横の棚にあったバターシフォンケーキ

P1360433

その昔、親戚のおばさんが良く焼いてくれていたケーキに似てる!!

大きいドーナツのようなリング型で焼いてくれていたのですが、まさにこんな感じだった気がします^^

今度改めて味の確認をしなくてはっ

 

 

 

 

メロンの香りにメロメロ・・・まるやまめろん

1月23日(水)にオープンした、【まるやまめろん

先日、メディア向けの取材がありまして、足を運んできました!

近づくにつれて、パンではなくメロンの香りが漂ってきます!!

そのことにまず。ビックリ~

P1350631

場所は裏参道沿いの、元あんかけ焼そばやさんだったところ。

取材が終わってから外観を撮影したのですが、この日はすでに完売でした~

P1350625P1350626

それほど広い厨房ではないので、1度に焼ける量も限られてしまうのです。。

オープン間もないということもあり、この棚に並ぶ前に次から次へと売れておりました~

P1350629

と、狭いお店ではありますが、10名ちょっと座れそうなカンター席があるのです!(この日はラジオの生中継のため、全容が撮れませんでした^^;)

P1350601

狭いけど、色合いとかがすごく心地よい空間^^

P1350593 P1350588

こちらでパンケーキやドリンク(アルコールも!)を楽しめます^^

P1350585

こちらは数量限定の生メロンパンケーキ

試食用なので、実際より少なめです。

改めてメロンの香りに癒されます♪

そして見た目にも! ほんのりグリーンのパンケーキって初めて見ました~

P1350590

パンケーキはふわっふわで、口に入れるとふわっと溶けていく感じ

そしてメロンの香りが広がります!

生クリームも甘さ控えめなので、全くくどくない!

これなら3枚くらいペロリとイケそう~

今は九州のメロンですが、北海道産のメロンが出回れば、道産ものを使用するそうです^^

 

P1350606

そして看板商品のメロンパンとメロンクロワッサンもいただいてみました!

P1350619

厚皮めろんぱん 310円

P1350621

中までグリーン!!そしてクッキー部分が厚いっ

これはメロンパン好きにはたまらないバランス!!

持った時から重量感あるなぁとは思っていましたが道産小麦ゆめちからを使用しているとのことで、モッチリ感があります

P1350610

そしてこちらは めろんクロワッサン 360円

いやぁ、個人的にドハマりしました!!

クロワッサンそのものが、とにかく美味しい!

バターはしっかり使っているけど、カリカリ系ではなく、シットリ系

そのクロワッサン生地と、メロンパンのクッキー生地とのバランスが、絶妙にイイんです♪

こちらもかなりボリュームがあります

パンも空いていれば、カウンターで味わうことが可能だそうです。

P1350605

その際はコーヒーもいいけど、やっぱりホットミルクが合います^^

北海道産の牛乳を産地を変えて提供しているそうですよ♪

 

P1350598

そしてのどが渇いている時には生メロンサイダーもぜひ!

果肉はサイダーの中にも入っていて、飲み物だけど食べた感もありました^0^

ちなみに生メロンサワーもあるそうですよ♪

しばらくは混みあうと思いますが、一度完売しても、夕方もう一度焼いて販売していることもあるようなので、時間をずらして足を運ぶのも手かもしれません!

 

 

 

 

江別蔦屋書店のKALDIは北海道愛がアツい!!

こちらこちらで紹介済みの江別蔦屋書店

その数ある店舗の中でも、注目なのがKALDIです!!
P1320231

え?KALDIなんて、いろんなところにあるでしょ?って思ったあなた、江別蔦屋書店のKALDIでしか販売していないものが色々あるんですよ!!

P1320236

まっさきに目に入ってきたのはコチラのワイン!

余市にある【キャメルファーム】のワインがこんなに並んでいるのは、かなりレア♪

P1320234

おまけにこの日は、限定60本で2019年1月発売のレンベルガースパークリングも開店記念ということで特別に販売しておりまして、お察しの通り、3種類とも購入したのでした^^;

 

と、こちらの“もへじ”という暖簾がかかった場所、KALDI内にありますが、より素材にこだわったMADE IN NIPPONの商品を取り扱っているブランド

P1320242 P1320247

天井に櫓まで組んで、空間を演出

そしてよく見ますと、【北海道から】のマークが入った商品が色々ありました!

P1320240

 

P1320241

 

P1320288

最初に紹介した、キャメルファームのワイン製造の際に出来る、葡萄由来の食材を使用したソフトキャンディー

最近は、ワインの搾りかすにつけたチーズやチーズを作るときに出るホエイを生かした食品など、色々なコラボ商品が出ていますが、こういう取り組みはどんどん活性化してほしいと思います^^

P1320252

そして冷蔵・冷凍商品の取り扱いも多く、見たことがあるようでなかった道産品がちょいちょい販売してますので、店内くまなくチェックしてみてください^0^

P1320251

ファットリアビオ北海道のチーズも取り扱っていました^^

P1320248P1320249

なんでも、このトンデンファームのニラソーセージがキャメルファームのロゼワインに合うそうですよ^^

その話を聞いてからなぜか、“ニラロゼ” “ニラロゼ”と、頭の中で呪文のようにぐるぐる回っています(笑)

 

 

pageTop