札幌100マイル

オサナイミカのPICKUP INFORMATION

オサナイミカがオススメの新商品や新店舗を紹介するブログ

『映画』タグの付いた投稿

やっぱり大森立嗣監督の世界観がスキ★映画【星の子】

202006260000054-w1300_0

©2020「星の⼦」製作委員会 配給:東京テアトル、ヨアケ

 

2020年10月9日(金)より、全国の映画館で上映される、【星の子

主演は芦田愛菜ちゃん。ではなく、もう芦田愛菜さん。ですね^^;

そして監督・脚本は大森立嗣さん

個人的に大森監督の作品が大好きで、過去にもこちらこちらこちらに感想書かせていただいております^^

公開間近になって、オンライン試写会で視聴

大森監督らしさが全シーンから溢れまくっていた!!

らしさって何ぞやって感じですが、観る人のその時の感情で受け止め方が変わる感じだったり、多くを語らなくともジワジワと心にしみわたる感じだったり、

もしかしたらその、モヤッとした感じが苦手な方も多いのかもしれないけど、私はそこがスキなんです

今の自分が、どういう状態なのか・・・

大森監督の映画を見た後は、客観的に考えられる時間が出来て、すごく腑に落ちることが多いのです。

それにしても、芦田愛菜さんの演じる“林ちひろ”のリアル感たっぷりの中学3年生役が素晴らしかった

本当に素でやっているかのように、自然だったんです!

そして、林ちひろの家族(永瀬正敏さん・原田知世さん・蒔田彩珠さん)や同級生なんかも本当に自然体

演者が素晴らしいのももちろんありますが、それこそが大森監督の手掛ける作品のカラーなんですよね^^

私は今村夏子氏の原作を読んだことはないのですが、書評を見ると作品自体も読み手に委ねるような終わり方をするらしいので、一度読んでみなくてはと思いました。

もともと映画も小説も大好きでしたが、最近は時間に追われることも多く、あまりゆっくり見る時間が取れない状況なのですが、そんな時にタイミングよく見れた映画や小説って、“必然性”を感じることが多いです。

星の子、まさに今見てよかった!

 

映画の感想を一言で表すなら、

誰にも迷惑をかけないで幸せに生きるのって、やっぱり難しいものなのですね・・・

映画『とんかつDJアゲ太郎』がアゲアゲでスゴイ!!

640

(C)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

 

2020年10月30日(金←フライデイ)に全国の映画館で上映される【とんかつDJアゲ太郎】の業務試写会に先日出席させていただき、さらに公式サイトにコメントを寄せさせていただきました!

最初にこのお話をいただいた時は、北海道限定のサイトでアップされるものだと思い込んでいたら、全国の本当に著名な方々のコメントが並んでいる中に、下記の顔写真入りでアップされていて若干焦りました(;’∀’)

IMG_2651 IMG_2650

これ、“アガるTDAカメラ”という映画専用の撮影アプリで撮影したもの

全国にさらされるなら、もう少しメイク直してから撮ればよかった(笑)

 

と映画の方は、コメントにも寄せたように、とにかくアゲアゲ!!

さらに笑いどころ満載!!

アホアホなことをまじめに取り組む姿って、ホント気持ちよく笑えるものですね(≧▽≦)

 

元々クラブミュージック好きなので、映画館なのに踊りたくなってしまい、足が勝手にリズムとり始めて焦りました(笑)

最初にこの映画のことを聞いた時は、確実に若者向けと思いこんでいたので、寝ちゃったらどうしよう・・・なんて思っていた自分はどこへ??というほど、たぶんその場にいた誰よりも全身で楽しんでいたと思いますっ

なので、世代的に一緒でクラブミュージック好きな方は、絶対観て損はありません!

そして、必ず映画館で見てください!!

あの音は、大音量で聴いた方が楽しさ倍増しますっ

 

そしてもう一つ大事なことは、映画の後に行くとんかつ屋さんを決めておくこと(笑)

確実にオイシイとんかつが食べたくなるので!

 

ところでこの映画は漫画が原作で、私は読んだことはないのですが、エンドロールで漫画の挿絵が出てきた時、登場人物がメチャメチャ忠実に再現されている!!と、驚きました~

なので原作のファンの方も純粋に楽しめるハズ^^

 

こうして、改めて思い出すとまた観たいと思う映画だなぁ

そして次は、音楽好きな小4の息子と一緒に行きたいかも♪

 

pageTop