札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『LIVE』カテゴリーの投稿一覧

札幌市民交流プラザレポート!~札幌文化芸術劇場hitaru

今年、10月7日(日)アイーダのこけら落とし公演でグランドオープンした、札幌文化芸術劇場hitaru

P1320424

札幌市民交流プラザの4Fにあります

事務所の前からもよく見えますし、近くもよく通っていたのですが、なかなか劇場に入る機会がなく・・・

そんな時、ようやく初入場する機会に恵まれました!

01d5e9c45dec8a08e7549ae43dd2030bbf3402f279 011c298ce4fa29ab0cc70e8669f369e02dcd0bfdd8

しかもあっという間にチケットが完売になった、【新国立劇場バレエ団 白鳥の湖】の鑑賞でしたっ!!!

P1320445

今回、ワタシが鑑賞した席は1Fの一番奥だったので、こうしてみると旧厚生年金会館の雰囲気ですが・・・

P1320441

ちょっと前に行って上を見上げると、圧巻の客席!!

P1320442

総席数は2302席と、旧厚生年金会館とほとんど変わらないのですが、全く雰囲気が違います!!

そしてそして、札響の演奏が始まると、ホール全体に響き渡る音を全身で感じられることができました。

上の階の席に座っていらっしゃた方の会話から、音がものすごく響くし、オーケストラも上からの方が見えるので、それはそれで楽しめるそうです^^

そう、後から知ったのですが、今回の“白鳥の湖”は、一糸乱れぬ白鳥たちの踊りを鑑賞するために、逆に上の席を希望される方も多いそうです。

46764430_333175200844305_6798778292917764096_n

撮影:ワイズフォトセレクション木本忍

 

確かに、今回の公演を鑑賞してそう思いました!

途中から生身の人間ではなく、CGの映像を見ているような、まさに一体となって踊っているのです・・・一瞬、本物の白鳥に見えます!!(嘘じゃありませんっ)

そして色のないこのシーンは、本当に鳥肌が立ちます・・・

こちらも息を止めてしまうほど引き込まれていきました

 

約1時間ほどの上映の後、20分間の休憩

P1320430 P1320425

興奮冷めやらぬ状態で、シュワシュワをいただき、抜けるような青空と、テレビ塔を眺めながら、ランドマークホールが出来たんだなぁ~と、しみじみ思うのでした

P1320438P1320439

それにしても、日差しがタップリと注ぎ込む、ステキな空間・・・

思わずもう1杯と、ここに居座ってしまいたくなる(笑)

が、後半の開幕です!

白鳥の湖の後半は、前半とは打って変わっての華やかな舞台!

一瞬、違う舞台が始まったのかと思うほどの変わりようです!!!

11年前、熊川哲也の海賊を観に行った時のブログにも書いてありましたが、バレエダンサーの素晴らしさはもちろん、衣装や舞台美術にも目を奪われるのがバレエの素晴らしいところです^^

久し振りにバレエの世界に触れて、忘れていた感動が目覚めてしまいましたっ!!

ちなみに、2019年11月9日(土)・10日(日)に新国立劇場バレエ団が、ここ札幌文化藝術劇場で【くるみ割り人形】を上演してくれることが決定しているようです!!

チケットの買い忘れがないよう、札幌市民交流プラザメンバーズ会員に登録しておくことをお勧めします^^

 

hitaruにがっつり浸った後、さらに余韻に浸れる場所をご紹介します!   ・・・つづく

 

 

 

 

オペラとバーボンに酔いしれた小樽の夜~Whisky Live 2017 The AMERICA

日曜日の夜、オーセントホテル小樽11Fレストラン「カサブランカ」で行われた、Whisky Live 2017 The AMERICA

P1150511

洋食調理長の金木氏が、今宵のお料理のコンセプトを説明

Whisky Live 2017 The AMERICAというように、メインは“バーボン”

P1150516

ウェルカムスパークリングワインで乾杯した後は、クラフトバーボン・メーカーズマークのハイボールをいただきました

P1150524 P1150525

オレンジの香りに誘われて、いつも以上にゴクゴク飲んでしまいました^0^;

早速お料理コーナーもチェック !

P1150519

眺めているだけで元気になれそうな、フルーツカクテル♪

P1150520

ウィスキーを意識しているお料理が多くて嬉しくなります^^

P1150521

ミニサイズだと、つい手が伸びてしまいます^^  それにしてもカワイイ♪

P1150522

 

オーセントホテル小樽は、2階のキャプテンズバーと、1階のベーカリーオンディーヌは利用したことがあったけど、今回の会場であるカサブランカはお初

ビュッフェ形式のお料理でも、全部が期待以上の美味しさで、ハイボールも飲まさりました^0^

P1150527

そんなわけで、メーカーズマーク以外のウィスキーもハイボールでいただく♪

バーで飲んだら1杯いくらだろう・・・って、つい考えちゃう^^;

個人的にはカネマラのほんのりスモーキーな味わいにハマりました^^

P1150534

ウィスキー以外にも、アメリカワインがずらり

そして18:30からは、歌劇弾による、オペラがスタート♪

P1150533

オペラと聞いて、普段それほどなじみがあるモノじゃないしなぁと、若干構えて伺ったのですが、ゴリゴリのオペラな曲ばかりではなく、ジャズとクラシックをミックスしたようなオペラとか、今回のテーマに合わせてアメリカ映画の聴きなじみのある曲などが中心だったので、あっという間に歌劇弾の世界に引き込まれてしまいました^0^

P1150539

休憩をはさんでセカンドステージは、一足早いクリスマスを思わせる衣装で登場一段と華やかなステージに♪

それにしてもこんなに間近で、しかも大好きなアルコールを飲みつつ聴けるなんて、なんと贅沢なイベント!

P1150542

途中ででしゃっくりまで入る、酔っ払いの歌

ちなみに彼は、一滴も飲めないようです(笑)

 

P1150548

クリスマスソングもあったり、最後は会場のお客様と乾杯しながら歌うシーンがあったりと、本当にLIVE感溢れるイベントでした!!

これからちょっとハードスケジュールになりそうな自分への前倒しのご褒美的な夜となりました^^

 

P1150546P1150517

それにしてもメーカーズマークの小物は、いちいちお洒落です!

今回、初めて知ったのですが、赤い封蝋って手作業で付けていたんですね!!だから、世界に一つと同じ形はないそうですよ~

まさに、“クラフトバーボン”

 

楽器の経験がなくてもキタラの大ホールに立てる!!【さっぽろコレクティブ・オーケストラ】

8月6日(日)に開幕した、【札幌国際芸術祭2017

20374706_1785300724817826_9072807017578979715_n

2014年に第1回目が開催された、SAPPORO INTERNATIONAL ART FESTIVAL(通称SIAF)

今回は2回目ということになります^^

10月1日(日)まで札幌市内のあちこちで、アート作品が展示されていたり、アートなイベントが開催されているのですが、会期も長く、色々なところで、それこそ色んなジャンルのプログラムがあるので、公式サイトを見ても、そしてパンフレットを見ても、正直“???”な方も多いのではないかと思うのです。(私も実際、1回目の時はよく理解できていなかった。。)

札幌市民としてそれではいけないと思いまして、今回は時間を見つけて、色んなところに足を運んでみようと思っています^^

今回紹介するのは、私の中でかなりヒットしたプログラムがこちら!

sapporo_collective_omoteさっぽろコレクティブ・オーケストラ

コレクティブ=集合的な・集団的な

楽器演奏経験者でなくても、小学3年生~18歳までの方なら誰でも、オーケストラの一員としてキタラ大ホールで演奏出来るイベントなんです!

P1110374

先日その、演習(ワークショップ)が市内の小学校でありまして、ワタシものぞいてきました^^

P1110365

熱心に指導する、札幌国際芸術祭のゲストディレクターである、大友良英さん

 

P1110382

見覚えのある楽器ももちろんありますが、中にはお手玉とか、“それもいいんだ!”というような、音のなる楽器を持った子どもたち

そして、タップダンスを楽器として披露する子も!!

今回の参加者は小学3年生以上ですが、昨年ワークショップに参加している子であれば、年齢不問ということで、小1・2年の子も数名いたのですが、その子たちに自由に歩いたり飛んだりしてもらって、それに合わせて楽器を鳴らすというシーンがあり、これがまた面白くて、そしてちゃんとまとまりのある音楽になっていくんです!

P1110384

時に身体を張って指導する大友さん

P1110386

サスガに疲れを隠せない様子でしたが、最後までとにかく楽しそうに指揮をとる姿に、音楽で一つになるって素敵だなぁと思ったのです^^

P1110389

それにしても、ホントにこれでオーケストラとしてまとまるの??と思っていたのに、最後の方は自然に体がリズムに乗っているくらい、まとまりが^0^

これは当日、8月27日(日)の演奏会も楽しみです!!

 

P1110398

最後に記念撮影。

その後、8月が誕生日の大友さんにサプライズでバースデーソングの演奏が^^

本番に向けて、心が一つになっている雰囲気が伝わってきました♪

 

ちなみに参加メンバーはまだ募集中だそうです!

次のワークショップは8月17日(木)~8月19日(日)、全てに参加できなくても、本番前日・8月26日(土)13:00~17:00のリハーサルに参加できれば、当日出演が出来るそうです!!

世界の一流アーティストが立つ、あのキタラ大ホールで演奏できるなんて、小学3年生~18歳の子たちは、絶対参加すべきです!!

最初はバラバラだった音が一つの音楽になった時の“ゾクッ”と鳥肌が立つ瞬間の感動は、間違いなく素晴らしい経験になると思います^0^

 

 

札幌演劇シーズンキックオフステージと稽古風景

いよいよ7月22日(土)から、札幌演劇シーズン2017-夏がスタートします!

P1100100

それに先駆け先週、チカホでキックオフステージが開催されました^^

P1100098

秋元市長も応援に駆けつけてました~

そして、今回出演する5劇団のパフォーマンスがスタート

P1100102

トップは7月22日(土)~29日(土)までコンカリーニョで上演される、忘れたいのに思い出せない】のyhs

実はキックオフステージの前に、稽古風景も見学させてもらいました。

 

P1090991 P1090993 P1090994 P1090997 P1100003

この日は夜になっても気温の下がらない蒸し暑い日で、黙って座っているだけでもジワ~ッと汗浮かんでくる中、1つのシーンを繰り返し演じていました。

yhs代表で脚本・演出を手掛けている、南参氏が、演技を見て細かく指示すると、より心に響く演技になっていく様を見ていると、ワクワクしてきちゃいました!

そうそう、演劇って本番が始まってもどんどん進化するから、何度か見ても面白いんですよね^^

その時会場にいるお客さんの空気感とか、あと2回目だと、前回見逃していたシーンが目に留まったり。

だから、出来ることなら何度か見たい。。

 

 

と、キックオフステージのお話に戻りますが、1劇団7~8分くらいかな?とにかくそれぞれの個性が出ていて、かなり楽しかったんです!

P1100106 P1100107

こちらはパインソー 【extreme+logic(S)】

何かスゴイパワーで、目が離せませんでした(笑)

今回の作品は、異なる結末が存在する“マルチエンディング”なんだそうです!

★7月29日(土)~8月5日(土) 会場:BLOCH

 

P1100109 P1100111

ミュージカルユニットもえぎ色 【Princess Fighter

ミュージカル仕立てで、私たちの良く知っている童話のプリンセスが登場

こちらもすごい存在感!

★8月5日(土)~12日(土) 会場:コンカリーニョ

 

P1100112 P1100116

イレブンナイン 【あっちこっち佐藤さん

最初は演出家の納谷さんと、オクラホマの藤尾さんの対談だけかと思ったら、まさかの結末!!

会場が大盛り上がりでした(笑)

★8月12日(土)~19日(土) 会場:かでる2・7

 

 

P1100118 P1100121

intro 【わたしーTHE CASSETTE TAPE GIRLS DIARY

こちらはちょっと不思議感覚

正直、どんな内容なのかが掴みきれない部分があり、逆に気になる存在!!

★8月16日(水)~23日(水) 会場:コンカリーニョ

 

 

と、この時の模様はこちらで観ることが出来るので、お時間のある時にぜひ!

きっと笑っちゃうと思うので、職場で観るのはお勧めしません(笑)

 

各作品のチケット入手方法はこちら

ネット予約もできますよ^^

※ミュージカルユニットもえぎ色とintroは、未就学児入場OK(無料)だそうです!

 

 

 

 

 

感性を高める夏にする~札幌演劇シーズン2017・7月22日(土)よりスタート!

演劇って、人によっては一生縁のないまま終わる方も多いのかもしれません。

演劇・舞台・ミュージカル・落語・コンサート・スポーツ観戦・・・様々なLIVEが日々どこかで行われているわけですが、“娯楽”にあたるこれらのものって、確かに観なくても生きてはいけるわけで、“興味がない”となると、目にも耳にも情報が入ってこないモノなのだと思います。

P

札幌演劇シーズン】という言葉を聞いたことがある方はどれくらいいるかなぁ。。

2012年の冬からスタートしたこちらの取り組み、ワタシは聞いたことはありましたが、ちょうどまだまだ手のかかる子育て真っ盛りで、演劇などのLIVEモノから遠ざかっている時期でもあり、なかなか足を運べずじまいでした。。

昨年、こちらでアップし、アツ~く語らせていただきましたが、本来LIVEと名の付くものはかなり好きな方なので、観だすと閉じていた扉が開いた感じで、タイミングさえ合えば行きたい!!と思っております^^

今回ご縁があって、札幌演劇シーズン2017で各舞台の感想を綴らせていただくことになり、今から演劇モードになっているわけですが、そんな時に、札幌市中央図書館で、「札幌演劇シーズンを知っていますか?」展が開催されていることを聞きつけ、先日足を運びました!

P1090803P1090804

入口のすぐ左側に、過去のポスターも含む、各資料が展示されています。

P1090790

P1090793

「100人の演劇人が活躍する街」づくりを目指す演劇創造都市札幌プロジェクト~それが、札幌演劇シーズンの取り組みなわけですが、その内容も分かりやすく記載されております

P1090792

演劇だけで生活していける方がまだまだ少ない中、演劇だけで生活し、そしてより演劇に集中できるような環境を目指した札幌の取り組みは、演劇だけに限らず、芸術全般に必要なことなのかもしれません

 

と、図書館の奥には、今まで上演された作品の台本や、演劇関連の書籍が並ぶコーナーがあります

P1090800

※許可を取って撮影しております

P1090794

 

P1090795P1090796

その場で閲覧はもちろん、中には貸出ししているモノもあるんです!!

P1090798

7月22日(土)の開演作品であります、【忘れたいのに思い出せない

観る前に全部読んでしまうと、もったいないなぁという気がして、この作品の脚本家であります、南参氏のあとがきを読みました

それだけでウルウルしてしまったので、とりあえずタオルハンカチ持参していきますっ

台本って普段手に取ることがないし、小説とは違うその形式にも興味津々で、もう少し時間に余裕をもっていけばよかったと、軽く後悔^^;

 

P1090799

あ!亀屋ミュージック劇場って、単行本?になってたんですね!!
その際のイナダ氏の寄せ書きがまた、面白かったです^^

 

 

中央図書館、最後に来たのっていつだったかなぁ。。

P1090805

オープンした時はものすごく話題になって、まだ小学生だった姪っ子を引き連れて言った記憶があります^^

改めて見ると、ステキな空間です

P1090801

地下にはこんな素敵な食堂もあったんですね!

P1090806P1090809

と、実は中央図書館は8月7日(月)から改修工事でしばらく休業するそうです。

P1090802

開館してからもう26年も経っていたんですねぇ

お色直しが完了したら、またゆっくり遊びに行こうと思います^^

 

 

 

 

pageTop