札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

2010年10月 の投稿一覧

アート三昧

芸術の秋ですね~
街中の木々も日に日に色が鮮やかになってます

爽やかな秋晴れの本日、姪っ子を引き連れ、お散歩気分でまずは紀伊國屋へ


本日より開催のさっぽろアートステージ2010に併せて2Fで開催中の
アートブックフェアを見学  いろんなジャンルの本がずらり!

宇宙大好きな姪っ子姉・動物大好き姪っ子妹、
それぞれに堪能していたようで、気がつけば1時間はいたかも^^;



さらに歩いて札幌市役所へ こちらでもさっぽろアートステージの一環で
【ART!MEET!MART!】というイベントが行われてたのです

手作り作品のフリーマーケットやステージなど、所狭しと催されておりました
その中でも大人気だったのが、地下で行われていた、暗闇美術館
かなり並びましたが、なかなか楽しめましたよ

暗闇だからこそ楽しめる作品、アートの奥深さを改めて実感




その後、明日から本格スタートする
500m美術館も一足先に見学してきました



  
かなりリアル~
思わず触りたくなりましtが、作品に触れてはいけないようで残念^^;


  
うわ~!!近くで見ると細か~~~いっ

  
  
すっかり500m美術館の顔になっていると、勝手に思っている、切り絵作家・佐藤隆之氏の今年の作品
ホントに芸が細かいです!!



この他にも、かなり幅広いジャンルの作品が通路に展示されていますので、皆様もぜひ♪



おまけ・・・
20101031-09.JPGバスセンター前駅に貼ってあったこのポスターに釘付け

『これは、もらえますか?』とリンゴの芯をもっているところが
妙にカワイイ・・・

デザインスイーツ By マトゥーロ

先日こちらで紹介したデザインスイーツ、
たまたまマトゥーロさんにお邪魔する機会に恵まれ、
しっかり頂いてきましたよ!

と、こんなタペストリーまで制作したんですね~
ホントに妥協を許さないイベントだ(笑)




マトゥーロさんのデザインスイーツは【Piccola festa】
美術家の千葉有造氏とのコラボレーションだそうです

イタリアでのドルチェの位置付けは、
味覚の祭典を締めくくる大切な時間だそう

甘いパンナコッタの周りには濃厚なエスプレッソ
そしてワイン漬けした食べ応えのあるレーズン
華やかなゴールドのラインは飴細工

見た目も味わいも華やかで、まさに締めくくるに相応しいドルチェでした




しかも今回、ワイン会のおこぼれにあずかりまして
こんな素敵なデザートワインも堪能

と、マリアージュとしては、スイーツがかなり主張のある甘味なので
別々に頂く方が美味しさを実感できるかも^^;


ちなみにデザインスイーツはおひとつ800円
特に数量限定ではないようですが、確実に頂くなら、事前にご連絡しておくのが無難かも





と、そのワイン会で並んでいたワインたち  一口づつ、味見させていただきました

    
最初の白2本、どちらもムルソーだけど、
味わいは全然違うんですよね~
2本目はミネラルが強い感じ

しかも、時間が経つと味わいがどんどん
変わっていく
ファーストは1本目の方が
良かった気もするけど、
時間が経つにつれ、2本目の方が
好きになっていったかも

そして眺めているだけでも豪勢な3本!
やっぱりブルゴーニュって味が美しい・・・





20101030-08.JPGもちろんお料理も頂きました
イシガキ鯛のカルパッチョ
サフラン風味

イシガキ鯛って、石垣でとれる鯛なのかな?
ものすごく脂のノリがイイ感じ!
しかもサフランの味わいとの
相性もバッチリ!!

鯛にこんなに反応したこと
今まであんまりなかったかも~




20101030-09.JPG今回、一番ハマってしまった
砂肝!下に敷いてあるのは
白いんげんのピューレ

この砂肝の食感はかなりスゴイです
表面はサクサク・中はちょうど良い柔らかさ

もう何個でも食べられそうでした



20101030-10.JPG白身魚とドライトマトのパスタ
淡白な白身魚と、ドライトマトの甘みの
絶妙なバランスが、かなり癖になります

そしてこの麺の茹で加減が
たまらなく好きです




20101030-11.JPG    20101030-12.JPG
メインは牛肉!バルサミコ?の酸味が効いていて、全然くどくないのです
グラスでこちらのイタリアワインを出して頂いたのですが、コレがまた、ベストなマリアージュ!!


はぁ~、まさに至福の時でし^-^

マザーウォーター・合同インタビュー

10月30日から札幌シネマフロンティアで公開になる、
マザーウォーターの合同インタビューに先日行ってきましたよ!


左から、市川実日子さん・小林聡美さん・加瀬亮さんです


マザーウォーターは、かもめ食堂/めがね/プールに続くプロジェクトの最新作。
監督は、今回が初作品となる松本佳奈さん。1981年生まれの29歳。
めがねやプールではメイキングを担当されていたそうです。


市川さん曰く、『初の年下監督でした』とのこと

小林さんは『今までの映画の現場にもいた方だけど、初長編ということで、私たちも新鮮な気持ちでした。とても良い現場でした

加瀬さんは『このチームの事は誰よりも知っている。監督としては初めてでも、一番しっかりされていました

と、3人揃ってしっかりした監督だったとおっしゃってました




映画についてのコメントもいただきました

小林さん『このプロジェクトは、いつも台本を読んだ段階ではすべては分からなくて、いったいどんな映画になるのかしら・・・と楽しみに思うのですが、現場でみんなと話していくうちに、だんだん感じて、理解できてくる事が多いです。今回もそういう気持ちで仕上がった作品です

加瀬さん『僕も台本を読んですぐにピンとくるという訳ではないのですが、今回は、自分の中でのんびりした気持ちになった時に、なんとなくこの雰囲気が理解できたかなと思いました。自分の中が豊かな感覚の時にチューニングを合わせないと、つかめない役どころでした


市川さん『ハツミは私の中にはない人物像でした。今回、私が働いているお店の現場は、本当に営業されているお豆腐屋さんで、とても気持ちの良い場所でした。

だからお豆腐が大好きで、豆腐屋で働くハツミ役がとてもナチュラルだったのかもしれません





さて今回の映画の舞台は京都なんですが、長いロケだったこともあり、それぞれに思い出があるようです


小林さん~『私は夜の現場(BARのオーナーという設定のため)が多かったので、みんなで過ごすことがあまりなかったのですが、逆に昼間の京都でのんびり過ごせました


加瀬さん『京都にいる友人と遊んだり、気になった神社へお参りに行ったりして、楽しい時間を過ごせました


市川さん『喫茶店に行ったり、京都だからという遊びではなく、日常的なことをして過ごしていました


と、全員で過ごしたのはあまり多くなかったそうですが、それぞれが京都にすっかり溶け込んで
まるで生活していたかのような感覚でお話しされていました

マザーウォーターから滲み出る全体の雰囲気、だからこそなんだなぁ~と、妙に納得したりして




そして、今回新たに加わったメンバーの一人・小泉今日子さんについては

改めて映画を見ると、小泉さん特有の女性らしさがとても良い感じにまとまっていた感じがします。現場では姉御っぽいのに、映画に写ると、とっても艶っぽいように感じました。小泉さんのおかげで今までのプロジェクトになかった雰囲気が出ていると思います。』と、小林さん


確かに!
小泉さんの出てくるシーンは妙に色気があるんです
でも、決していやらしい色気ではなく、まさに『艶っぽい』と言う言葉がピッタりなんです




それから今回のお話ではポプラ君と言う、一歳くらいの男の子が
物語のキーパーソンになっているのですが、みなさん相当癒されたようですよ

ポプラ君と出演している時のみなさんのあの笑顔は
演技ではなく、本物の笑顔だったのだと思います




北海道道民へのメッセージも頂きました
小林さん『今までのプロジェクトを続けて観ている方はもちろんですが、観たい気持ちになったらぜひとも観て頂きたい作品です

加瀬さん『男性陣は女性の裏にいる感じではありますが、ぜひともご覧ください・笑』 

市川さん『ロケ地は京都だけど、こののんびりした感じを、北海道のどこかの街に合わせて観て頂けたら嬉しいです



本当はウィスキーについてとか、まだまだ聞きたいことがあったのですが、
かなり盛り上がりまして、そこまでたどり着く前に時間切れ

でも、映画だけではなくこのインタビューでもとても癒されちゃいました^-^
※映画の感想はこちらをご覧ください

レトロの風情あふれるレストランでランチ会Byのや

先日、苗穂駅近くにあります、レストランのやさんでランチをしてきました

ちなみにのやさんは、北海道新聞社から発行されている、
千石涼太郎氏・著 『店にレトロの風情あり』の、
最後の方に掲載されているお店です

と、実はその著者の千石先生もご一緒でした^-^

   

   
のやさんは2回目の利用となりますが、その時は店内の見学なんてしなかったので、
こんなに広いと思ってなかった・・・しかも、その空間によって雰囲気が全然違うんです!
それにしても、どこもかしこも絵になります

1階のメインフロアはサラリーマンのおじさまでいっぱいでしたので
(しかも喫煙OKだから、若干煙モクモク気味でした^^;)
向かって右手の蔵の2階へ



   
画像ボケボケですけど、よく見たらSAPPORO BEERのパレットがテーブルになってました!
手作り感テンコ盛りです




さて、何を食べようかなと・・・
メニュー表が懐かしの出席簿!!

これの角で叩かれたら痛いよね~
今なら虐待扱いだよね~~と、昔話に花が咲く・・・

実はこの日は著者繋がりランチってことで
最近さっぽろおさんぽ日和2を出したすずきももさん
そして、おいしい札幌出張小西由稀さんもご一緒でした

このお三方に肩を並べるのはおこがましいとは思いますが、
一応オサナイもグルメ・メルクマールBOOK2010
発行している身ですので、著書仲間と言うことで^^;

※ちなみにグルメ・メルクマールBOOKは現在も書店で販売中です^-^




日替わりランチもありましたが、
なんだか無性にカレーモードになったので、
野菜とソーセージのカレー700円

運ばれてきてビックリ・・・
学生食堂並みのボリューム(汗)

がしかし、カレーってどうしてか、
食べられちゃうんですよね~

これがスパイス・マジックなのか・・・



  
こちら、小西さんがオーダーした、正式メニュー名は忘れちゃったけど、おじや(雑炊?)
おひとり様用の土鍋がカワイイ
が、こちらもスゴイボリュームで、さすがにつらそうでした^^;



    
最後は全員の著書を並べて撮影会(笑) ノンアルコールの会でしたけど、
なんだかんだと盛り上がったランチ会でした^-^



【レストラン のや】
札幌市中央区北2条東11丁目23-14
011-210-5105
11:00~22:00
無休
P有

本日グランドオープンのbenbeya本店レポート

20101028-15.JPG      20101028-16.JPG
20101028-17.JPG本日グランドオープンした、べんべやさん
昨日、レセプションに行ってきました!

店内はスタート時から関係者がぎっしりで
ゆっくり撮影している場合じゃなかったので、
ステキ写真を押さえられてませんが、
雰囲気だけでも^^;

入口を抜けるとすぐ、ケーキのガラスケースが
お出迎え

向かって左手奥にパンコーナーになります

20101028-18.JPG   20101028-19.JPG

20101028-20.JPG   20101028-21.JPG

20101028-22.JPG反時計回りに店内奥へと続きまして、
焼き菓子やチョコレート、窓際には季節のコンフィチュールなど
まるでインテリアの一部のようにオシャレに陳列されております
洗練されてはいるけれど、ちゃんと温かみのある雰囲気


ちなみに今回の店舗デザインを手がけたのはT-sizeの塚本氏。
なんとなく、らしさが出ているなぁと思いました^-^



20101028-23.JPGで、一番奥がカフェスペースになってます
確かではないけど、30席ほどのスペースかな?
中庭から差し込む日差しでとても爽やかな感じです
フロアが段違いになっているし、壁などを上手く利用した席配置で
それぞれ、居心地のよい空間になってました



20101028-25.JPG   20101028-24.JPG
その中庭に面した席がこちら。白を基調としたなんとも落ち着く空間
壁にはシェフパティシエの土井君がパリで一目惚れしたと言うイラストが、見事にマッチ!

なんだか、何時間でもいられそうなスペース


20101028-27.JPG      20101028-26.JPG
以前のお店同様、店内で使用してる食器も販売しているのですが、それもまたセンスの良い展示
そしてパリのイラストの逆サイドには、壁に直接描かれたなんともオシャレな時計!

聞くところによると、べんべやさんには専属のデザイナーさんがいらっしゃるそうで、
ロゴやパッケージデザインなどを始め、こちらの時計も彼の作品だそうです

ホント、センスのいい人って羨ましい・・・


20101028-28.JPG中庭からは白樺も眺めることができまして、
さらには住宅などが全く見えないため、北海道らしい堪能できます
こういう風景って、そう簡単に手に入るものではないですよね

正直いうと、星置(しかもほぼ銭函より)という、札幌市民でも
そう気軽には行けない場所にはなりますが、
この雰囲気を堪能できるなら、車を飛ばしていく価値はあると思いました




20101028-29.JPGさてさて、ここからはケーキの試食レポート(笑)
今回は、この方この方そしてこの方など、
4名でお邪魔したので、一人2個
(あ、私は3個だったか・笑)
計9個も試食することができました^-^

北海道米のリゾットのケーキや
定番のガトーショコラ、
ハロウィン仕様のプリンアラモード
そして、さっぽろスイーツでグランプリを獲った
コーンヴェリーヌ
などなど・・・


20101028-30.JPG  20101028-31.JPG
20101028-32.JPG  20101028-33.JPG
どれもまず、見た目に美しい。そしてくどくない甘さ
一つ一つ、味の特徴がしっかりしていて、フルーツ系もチョコレート系も、どちらも甲乙つけがたい

しっかり(ちゃっかり?)パンも試食させていただきましたが、
相変わらずバケットは美味しかったし、個人的にはチャバタが気に入りました^-^


20101028-34.JPGそうそう、本日はレセプションだからだと思うけど、
コップやお皿はペーパー式だったのですが、
それがまた、全然カッコイイのです
紙コップや紙皿にまで気を使うところがぬかりない!

ちなみにカフェの営業はサイトによると、11月中旬からだそうです
そのころには雪景色を楽しみながら、シアワセ気分に浸れるのかな?



もちろん丸井今井のお店でお馴染のソフトクリームも販売しているみたいですよ!
※関係者のおじさまたちが、並んで試食している光景が、なんともキュートでした(笑)



シェフパティシエの土井君は2代目と言うことになりますが、
地域密着型のご近所のケーキ屋さんという位置付けも大事にしながら、
2代目ならではの新しい風を上手に融合させているなぁと、感心してしまいました

これからもみんなを幸せにするスイーツをどんどん産み出して下さいね!

デザインスイーツ By ファビュラス

昨年初めて開催されて好評だった、SAPPORO DESIGN SWEETS 
今年も本日28日~11月3日まで、市内8店舗で展開

それぞれのお店がデザイナーの方々とコラボレーションして仕上げた、
デザインやコンセプトにこだわりのあるスイーツたちが楽しめるイベント
これは、甘党の方なら見逃せないイベントです^0^



   
そのうちの一店舗である、ファビュラスさんで一足先にその、デザインスイーツを試食させていただきました^-^



ファビュラスさんとコラボしてるのは、空間デザイナーの妻倉慎司さん
ファビュラスのデザインを手掛けた方だそうです

で、作品名は『ドーナツ?』  @490円

クエスチョンマークが付いているところからも分かるように、え?ドーナツ??という感じです


と、中はこんな感じになってるんです!

言わば、生ドーナツ最中?
小豆入り・抹茶風味のババロアと
真ん中がアイスクリーム
それを最中の皮でサンドして頂く訳ですが、
コレが今までにない食感でして・・・

最初の一口は明らかに和菓子
で、真ん中に到達すると、一気に洋菓子に!
まさに和と洋のコラボスイーツといった感じ

ちなみに最中の皮はアイス最中用の皮なので
和菓子用よりサクサクしています



20101028-04.JPG   20101028-05.JPG
この、コースターのようなものが、今年のデザインスイーツのパンフ的なものなんですが、
コレがまたステキ!さすが、デザイン重視なイベント!!

で、コンセプトを読むと、和の中の『輪』を日本のテイストで具現化と書いていありました
さすがは空間デザイナーさんのアイデア。。

期間中でもなくなり次第終了なようなので、気になった方はお早めに!!

ドリンクなど、Caféメニューの詳細はこちらでご確認を^-^





20101028-06.JPG   20101028-07.JPG
それにしても、どこを写しても絵になる空間です

20101028-08.JPGせっかくなので、ショップの方も見学
ヴィンテージものなど、こだわりの一点モノが
和洋折衷的に販売中

なので、見ているだけで結構楽しいです^-^



20101028-09.JPG   20101028-10.JPG
個人的にヒットしたのがコレ!ブタの貯金箱パズル?  ちゃ~んと接着剤も付いているみたい
こういう発想、好きだなぁ~


20101028-11.JPG   20101028-12.JPG
ハンドメイドのバッグや、何に使うってわけじゃないんだけど、なんか欲しくなってしまった、懐かしい椅子!!

ホントによりどりみどりな感じ^-^


20101028-13.JPG   20101028-14.JPG
たくさんある中でもイチオシってどれですか?と、尋ねたところ、こちらのワンコを紹介されました
これもヴィンテージ(60年代と言ってたかな?)ものだそうで、
ずっと見ていると、すごく愛着が沸いてきちゃう表情&癒しのフォルム
特に後ろ姿に哀愁があるんです!!ぜひ、実物を見に行ってみて下さい^-^

身体に優しい、おひとりさま晩ご飯

先日、遅い時間にシアターキノで業務試写会があり
さすがにご飯食べてから行かねば~と思い、
狸小路5丁目のウォーターマークホテル1Fにある、
オーガニックレストラン キッチンポランへおひとりさまで立ち寄りました

存在は知っていたけど、立ち寄ったのはお初です
ホテルの朝食会場にもなっているので、ちょっとオープンな席配置

でも、パーテーションもあるので、座る席によっては他のお客様の視線は感じません


さて、メニューを一通り眺めまして、1500円のディナーセットにしようか、単品にしようか悩みました



何となく汁モノが恋しくなり、単品で本日のスープ630円をオーダー

なんとも具沢山な本日のスープ
覚えているだけでも、大根・トマト・パプリカ・ズッキーニ・
百合根・さやいんげん、そしてなめこ

なめことトマトの組み合わせって、自分では思いつかなかったけど、
全然イケるんですね

野菜、たくさん摂取できて、なんとなくシアワセモード^-^




そしてメインディッシュに本日のピザ1050円をオーダー
トマトと舞茸、無添加ベーコンのピザでした

『食べ切れなかったら持ち帰りもできますか?』と最初に聞いたところ、
『宜しいですよ』との返答だったので、安心してオーダーしたのですが、
見た目より軽い食感で、サイズも程よい感じだったものですから、気がつけば完食してました(笑)


やっぱりカラダに良いもの食べて後って、たくさん食べても、なんとなく楽なんですよね~
最近、ものすごく実感することの一つです




    
ちょうど良い時間となりましたので、キノに向かって歩いていく途中、ついショーケースに目を奪われ・・・

シュークリームとシフォンを買ってしまいました
どちらも100円

とっても懐かしい味でした

続・白老にて・・・白老牛ランチ

   
あべ牛さんを後にし、白老町でランチをいただいてから帰札することにしたのですが、
あべ牛は食べられなくとも、せめて白老牛は食べて帰りたい!!
ということで、向かった先は天野ファミリーファーム



犬かと思いきや、ヤギが入口でお出迎え(笑)
この日は平日+ランチタイム後だったのでお客様も数組でしたが、
土日ともなると満席の事も多いそうです

オサナイ、名前は聞いたことがありましたが、
利用するのは初めてです^-^

  
本日はライスやスープも付いている、お得なファミリーセットをオーダー
色んな部位の白老牛が堪能できます^0^



  
そのほかに、本日の盛り合わせと、ソーセージの盛り合わせもオーダー
天野ファミリーファームは一頭丸ごと使用しているので、珍しい部位のお肉も楽しむことができるそうです


昼から炭火焼肉って、なんか贅沢~~

それにしても白老牛って改めて食べるとすごく赤身しっかり系で
全然くどくない!
最近、牛肉はちょっと・・・とバリバリアラフォー胃袋なので
全部食べられるかなぁって心配してたけど、普通に完食してました
※お肉が思ったより多いので、ご飯がちょっぴり足りないくらいでした^^;




ちなみにソーセージの盛り合わせには
1本だけ白老牛100%のソーセージが入っていたのですが、
せっかくだから一人ずつ食べてみ見ようと言うことになり、
さらに追加オーダー

改めて思ったのは、ソーセージには豚肉の方が向いていると言うこと
牛の脂は融点が低いので、ソーセージにすると
なかなか難しいようですよ(見た目も黒くなっちゃうし)


まぁ、せっかくの美味しいお肉なので、ソーセージにしなくとも普通に焼いて食べるのが一番ですよね




しっかり堪能して満腹ではありましたが、お肉を食べると、どうもサッパリした甘いモノが欲しくなる・・・
天野ファミリーファームにもソフトクリームはあったのですが、せっかく白老に来たので・・・

20101026-09.JPG    20101026-10.JPG
マザーズに立ち寄りました^-^
牛乳風味のサッパリソフトクリーム(原料は長沼産らしいですが・汗)
こちらも平日とあって、ゆったり利用できたので、改めて店内を見ると、あんなところに目玉焼きがあったのね!


20101026-11.JPGこれはレジ横にありました
あまりの可愛さに思わずパシャリ^^;

そうそう、お土産にシュー皮ラスクを買っていったのですが
女性陣はもちろん、男性陣にも大好評
一袋140円とは思えないウケの良さ(笑)

シュー皮ラスクにブルーチーズをちょこっとのせて食べたら
甘いのとしょっぱいのがイイ感じでまとまりました!

あべ牛の阿部社長に会いに白老まで

先日ご縁がありまして、白老町にある
あべ牛の社長にお会いしてきました

白老牛と言えば、今や全国的にも有名な黒毛和牛ですが
その中でもさらに美味しいと言われているあべ牛

そんなブランド牛を育てている阿部社長、
聞くところによると、かなり聞き応えのある
エピソードをお持ちとかで、お会いするのがとても楽しみでした^-^


社長室に通されて、最初に社長が『俺、インタビューとかテレビとか苦手なんだよね』とおっしゃったのですが、
気がつけば3時間以上の時間が過ぎておりました・・・
しかも、まだまだエピソードは続く・・・といった状態^^;

でも、話の内容があまりにも楽しくて、ためになって、時間を忘れて聞き入ってしまったほど


阿部社長はもうすぐ80歳、しかも数年前に病気で倒れたとのことですが、
正直、そんなことは感じさせないほどお元気でした
16人兄弟の15番目としてここ、白老で生まれた阿部さんは
幼いころから食べるものにも着るものにも大変苦労したそうです
父親に、学校に行くより実践で覚えろ!的な育てられ方をしたので、
幼少のころから家業を手伝っていたそうです

子供たちの栄養の足しにと乳牛を飼っていたので、酪農はそのころに体験


で、そのまま酪農関係のお仕事に就いたのかと思いきや、なんと棟梁になったそうです!
若い頃、センスがあると見染められて家出同然で師匠の家へ行ったこともあったそうで・・・
でも、やるからには親に許しを得てから来なさいと言われ、一度ご実家に戻ったりと、
かなり行動派なタイプだったと思われます

35歳で身体を壊して大工を引退したそうですが、手先の器用さを生かして、木彫りの熊を作成


それが飛ぶように売れたそです
地元はもちろん、阿寒や川湯からもオーダーが入るほど・・・

この画像の熊も阿部さんの作品だそうですが、
ホントに手先が器用なんだなと思いました

しばらくして、プラスチック会社の社長とたまたまご縁があり、
プラスチックで型を作ったら大量生産できるのでは・・・ということになり
これがまた、大当たり


と、阿部さんは商売のセンスが良いようです^^;

その後、羽田空港で購入した角煮が目にとまった阿部さん、
自分もこういう加工品が作りたい!と、ちょうどご兄弟が牛を飼っていたこともあり
早速スタートさせるも、全然売れず・・・

やはり商売は一から始めなくては駄目だ!!と言うことになり、
まずは牛よりも利益率の高い豚を2000頭購入し、畜産をスタートさせたそうです

その後、相場の変動が少ない牛に切り替えることに・・・
最初は6、7頭ほどの肥育からスタート



現在は、黒毛和牛の雌のみを400頭飼育している阿部さん
牛舎も全て手作りだそうです(さすがは元棟梁!)

とにかく牛舎が清潔で、
このプロパンガスの側を使用した水飲み場も、
毎日キレイに清掃しているので、
清潔な美味しいい水を与えることができるそうです

牛舎はホントに臭いがしなくて
牛たちもすご~くリラックスした様子


   
そしてものすごく人懐っこい!!カメラを向けるとゾロゾロと近寄ってきます(笑)

   
何より阿部社長に懐いているのが良く分かります

毎回A4~A5ランクの牛を育てるのはそう簡単なことではありません
阿部さんが力を入れているのは『飼料』
毎年サンプルを保管しておき、相場や牛の状態に合わせて配合したり・・・
さらに牛をより大きく育てるために、最後の方の餌に南蛮を入れる事を思いついたそうです。

普通は育ってくるとどんどん水を飲まない&餌を食べなくなってしまうので、
辛い物をあげて食欲増進させてみたところ、上手く行ったようですよ


いつもどんな時でも、研究熱心で追求心を忘れない阿部さんだからこそ、
最高品質の『あべ牛』ブランドを作り上げることができたのですね

阿部さんは『人に恵まれたからここまでこれたんだよ』とおっしゃってましたが、
阿部さん自身に魅力がなければ、人に恵まれることもなかったと私は思います

あまりに内容が濃かったので、かなり端折って書いてしまいましたが、
あべ牛の魅力が少しでも多くの人に伝わったら嬉しい限り







20101025-10.JPG    20101025-11.JPG
ところで敷地内には手作りの温泉もあるんです!!
白老の温泉はお湯がすごく柔らかくて、美肌効果抜群なんですよね~
阿部社長、『俺と一緒に入ったらもっとツルツルになれるよ』って、かなりお茶目さんです(笑)



20101025-12.JPG    20101025-13.JPG
そして原木しいたけも栽培しておりまして、こんなBIGなしいたけを
お土産に頂いちゃいました^0^
帰宅してからバター醤油焼きにして食べましたが、肉厚でホントに美味しかった~~





20101025-14.JPG一般開放はしていないようですが、
事前予約で企業などの団体向けに
貸し出しもしていると言う、
BBQハウスもありました

ここであべ牛と原木しいたけ焼いて食べたら・・・
想像しただけでヨダレが・・・

来年はここでキャンプします!!
と、社長に宣言してきました(笑)



20101025-15.JPG   20101025-16.JPG
お天気に恵まれたのもありましたが、心から気持ちイイ~~と思う、素晴らし環境でした
これは牛たちもストレスなく、育つわけだ^-^


残念ながら、白老町内ではあべ牛を堪能できるお店はないようなのですが、
札幌市内のいくつかの飲食店では取り扱っているそうですので、近々、行ってみたいと思います^-^


20101025-17.JPG   20101025-18.JPG
ちなみに加工場にはちょこっとだけ、加工品を小売しています
※白老町石山323-5  TEL 0144-83-2941



それからこちらのサイトで通販も行っているみたいです^-^

食卓処 味とで持ち込み会

先日、色んな?お祝いを兼ねた飲み会が、食卓処 味とで開かれ、私も参加
というか、私は祝っていただくメンバーの一人だったんですが^^;
(何のお祝いかは、またの機会に・・・)


味とさん、このブログを見ると、約3ヶ月ぶりか~   3ヶ月って早っ(汗)



   
お祝いなので、しゃぶしゃぶがちょっと豪華版
キンキに鯛にタコ!

先日に続き、キンキ堪能~~  

   
生のタチに天塩のシジミの酒蒸し

   
ユッケに牡蠣の酒蒸し

一つ一つ、素材の良さがしっかり届く、贅沢な味わい



さてさて、以下が本日の持ち込みラインナッップ

   
お祝いですからやっぱりまずはシャンパン!ってことで^-^
そしてしっかり熟成されたアルザス   久し振りのアルザスに、改めて惚れる


   
赤も素敵な2本が登場!!なんと贅沢なラインナップ・・・



   
味とさんの料理ですから、日本酒も^-^
三井の寿、いつの間にかこんなかわいらしいラベルのお酒を出すようになってたんですね

能鷹は、香りをかいだ瞬間、『燗につけたらもっと美味しいかも!』と思い、
忙しいところ、燗に付けてもらいました(ありがとうございます!)

うん!思った通り!!米の風味が格段にUP
でも、味はキリッと引き締まってたりして・・・やっぱり日本酒って面白いわ

20101024-13.JPG塩焼きの銀杏
これにはやっぱり、ワインより日本酒です^-^

それにしても銀杏、美味しいッ!!




20101024-14.JPGお酒が進むにつれて、小腹が空いてきた面々
炭水化物が食べたいと、リクエスト

急きょ、こちらを用意してもらいました
生姜で和えた酢飯~先ほどのしゃぶしゃぶの残りをのせて・・・
半分食べたところでしゃぶしゃぶの残り汁をかけ
お茶漬け風にして頂きました!

これがまた、美味しいのなんのって・・・ここで新メニューの誕生です(笑)




しっかり食べて飲んだ後は腹ごなし=カラオケ(笑)




20101024-15.JPG
で、またまたこんな素敵なシャンパン登場~
ホントにありがとうございました^0^




楽しい仲間と美味しいお酒、そして月がとってもキレイだった、ステキな夜でした

pageTop