札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『フレンチ』カテゴリーの投稿一覧

NIKI Hillsヴィレッジ初のメーカーズディナーへ

気が付けば1ヶ月も経っていましたが、11月2日(金)仁木町にありますNIKI Hillsヴィレッジで行われた、meli melo×KOYAMA WINES×NIKI Hillsヴィレッジ “一夜限りのスペシャルディナー” に参加してきました!

P1310399

というのも、こちらの模様を12月5日(水)に発売になりました、【WINE-WHAT!?】で紹介させていただくための“取材”というお仕事の一環です^^

45844-WINE-WHAT26_H1

ちなみに19ページに掲載されています♪

P1310315

ですが、今思い出してもウットリしてしまうほど、スペシャルな内容でした!

ちなみにNIKI Hillsヴィレッジは2019年7月にグランドオープンする予定なので、本当に一夜限りなディナーだったわけです。

 

NIKI HillsヴィレッジまではJRで向かいました。

01fb823ce833d38ef38ff666a77136ce23098d968e 01373adad6e89e99d5d44e23731178b4555116c27d

小樽で倶知安行き(一両編成!)へ乗り換えて晩秋の景色を眺めながらの電車旅

生まれた時から北海道に住んでいながら、仁木駅で降りたのは初めてでした^^;

送迎バスに乗り込んで、NIKI Hillsヴィレッジへ!

P1310246

6月にも取材に来たので、季節の移り変わりを実感します^^

P1310236

ディナーの前に、ただいま絶賛造成中のナチュラルガーデンを、ヘッドガーデナーである福森氏のガイド付きで見学させていただきました^^

NIKI Hillsヴィレッジは、たくさんの方にこの場所に集まってもらいたいとう思いから、ワインを飲まない方にも楽しんでいただけるような空間造りをコンセプトにしています^^

ちなみに福森氏の後ろにある砂利道が、駐車場からレストラン棟へ向かうメインストリートになるのですが、その脇にはリンゴの苗木が植えられました。

数年後には、仁木町の名産品でもあるリンゴのアーチでお出迎えしてくれるとのことです^^

P1310242

この石壁は、一つ一つ積み上げて造ったそうです!!

P1310247

この池は、駐車場からは見えないのですが、ここから眺めて初めて目に飛び込むような作りになっているそうです。

P1310248

池に映り込む仁木町の美しい空が、景色に一部になっていました^0^

P131023901aa5db62ae7b098fa3dfb605508893c9d694e99b6

晩秋ですので、ほとんどの花は枯れていましたが、この寒空の下でも元気な草花も^^

P1310251P1310253

こちらは“ハンカチの木”

ガーデンのシンボルツリーなんだそうです^^

 

P1310262

ガーデンの見学が終わったのち、レストラン&宿泊棟へ

P1310259

ちなみにまだまだ建設中な感じです

P1310263

そうそう、この壁の素材は、ワインのコルクを加工したものなんだそうです!!

P131026501e81787c4dc297737d11c7db332bda28fbe5c1f6f

少々冷えましたので、こちらでコーヒーブレイク

P1310271

窓から見える仁木町と葡萄畑、そして空に癒されまくり・・・

P1310269

P1310268

 

一休みしたところで、醸造所の見学へ

P1310283

醸造家である麿さんが案内してくれました^^

いい香り~~~♪

樽に詰められたケルナーが、コポコポと元気に発酵していました^^

P1310290

P1310282

樽熟成中の赤ワイン

P1310301 P1310303

数年前まで、まったくワインとは関係のない仕事をしていたとは思えない・・・

P1310279

ちなみに地下にはこのようなスペースもありまして、将来的にはココでもワインを楽しめるようにする予定なんだそうです^^

 

P1310310

気が付けば外は暮れ始めていました

P1310313

ディナーの準備も着々と・・・

P1310327

グラスの準備も着々と・・・お腹が鳴ってのどが渇き始めてきました^0^;

P1310331

最初に、今宵のディナーを用意してくれた、札幌のフレンチの名店・meli meloの佐藤シェフがあいさつしたのちに厨房へ

そして、ニュージーランドでワインづくりを行っている日本人醸造家の小山氏(KOYAMA WINES)も、本日のワインについて説明

P1310337

乾杯はKOYAMA WINESのリースリングスパークリング

P1310341

アミューズに、NIKI Hillsヴィレッジの葡萄で作ったコンフィチュールのタルト

酸味が食欲を掻き立てます!

P1310343P1310342

 

P1310347

ゆり根 ホッキ ハマグリ

見た目は非常にシンプルなのに、旨みの主張が半端ない!

そして一つ一つの素材の味も楽しめるのに、ちゃんと一つの味わいにまとまっている・・・

思わずうなってしまった・・・

P1310344P1310352

ワインは飲み干さなくとも、新しいグラスで次々出してくれるので、色々な組み合わせでペアリングを楽しめるのが、とても贅沢でした^^

そして、造り手がそれぞれのワインを説明してくれます^^

P1310353P1310355

 

P1310358

バターナッツカボチャ フォアグラ 青りんご

P1310359

ワタシはアレルギーでリンゴが食べられないので事前に抜いてもらいましたが、味のバランスはまったく問題なく、というかまさにワインのためのモンブラン!というの味わいに、一口でやられてしまいました・・・

P1310365

ホタテ 真だち 根セロリ

P1310367

どの素材も何度も食べているのに、今までで一番おいしい状態で味わったといっても過言ではないほど、素材の味わいが生きていました・・・

P1310360

同席された皆様から賞賛を受けていた、パンの横に添えられていたハーブバター

そういうところにも、妥協がない

P1310373

鮮魚 ホウズキ ハーブフラワー

う、美しい!!!!!そして美味しいっ

ホウズキのソースがワインとのペアリングを確実なものに仕上げてくれているような、とても存在感のあるソースでした

 

P1310383

白老牛 レッドキャベツ 赤ワイン

まさに、赤ワインのための1皿

P1310379

だんだんワインもきつくなってきたかなぁと、一瞬でも思った自分にツッコミを入れたほど、ワインがスルスルと進みました

 

P1310387

お口直しのシャーベットはNIKI Hillsのナイアガラを使用

甘い香りに癒されました~

 

P1310392

マロン ショコラ カシス

デザートもまた、ワインが進む味わいでした><

 

P1310351

ワインに寄り添った料理を提供したと佐藤シェフが語ってくれましたが、まさにその通りの1皿ばかりでした・・・

 

P1310402

今回いただいた10種類のワインたち

普段なかなか飲むことができないワインと、この日のために札幌から駆け付けた佐藤シェフの料理、

初めてのメーカーズディナーは、贅沢すぎるほどの最高の一夜となりました

 

グランドオープン後はどのような形態になるかまだ分かりませんが、次回は宿泊もして、朝もやの葡萄畑を眺めながらモーニングをいただいてみたいデス!!

 

とある日の会食~RESTAURANT MINAMI

9月13日(木)に、リストランテ イル・チェントロ ひらまつからリニューアルした、【レストランMINAMI

P1290343

シェフ・南大輔氏の冠が付いた、フレンチレストラン

P1290342

先日、昼の会食でお邪魔してきました^^

P1290345P1290350

会食のお相手がお飲みになるのであれば、もちろんワタシもお供させていただきます!!

P1290349

こちらのアミューズなら、ワインがないと美味しさが半減してしまいます!(飲んでいることを正当化しようとする能力)

P1290352

温かいカボチャのスープ

ついこの前まで、冷製スープが出ていたと思ったら・・・

こういうところで、さらに秋を実感

P1290353

帆立貝の瞬間スモーク サラダ仕立て フォアグラの ムースと共に

P1290355

皆さまお察しの通り、白をグラスでいただきました^^;

P1290361

スパゲッティーニ ・アラビアータ 自家製リコッタチーズと 山わさび添え

アラビアータに山わさび!!

たぶん、初めての組み合わせです。。

これがまた、合うんです!きっと、自家製リコッタチーズとの相性も良いんですね^^

P1290363

姫鶏もも肉のコンフィ シェリー酒風味のソース

鶏肉も美味しかったのですが、個人的にキノコたちの深みのある味わいに感動!

キノコだけでも飲めますっ!

あ、すみません。。結局赤もグラスで飲んでしまいました。。

P1290366

4人全員がワインを手放さないものですから、追加でチーズはいかがですか?とおススメされ・・・

結果、盛り合わせでお願いすることに^0^;

 

P1290373

あっという間の2時間30分越え

次がなければいつまでも話題が尽きなさそうな面々でした^^;

P1290377P1290376

 

リストランテ イル・チェントロ ひらまつ改めレストランMINAMI、昼からじっくり会話を楽しむのにピッタリな空間でした。

P1290369

あ、〆にロゼスパークリングもいただいてしまったことがバレてしまう画像でした。。。^0^;

 

新幹線に乗らなくとも立ち寄りたい、北斗

こちらに続き、WINE-WHAT⁉の取材時に立ち寄り、仕事を忘れてホンキ買いしたお店を紹介

P1250044

新函館北斗駅に隣接する『ほっくる』という、複合商業施設の1階にある、【酒舗 稲村屋

P1250030P1250027

こちらに北海道では2台しか導入されていないというラウンド型のワインサーバーがありまして、希少な道産ワインもはじめ、常時16種類のワインが有料(80mlで100円~800円)で試飲できます!

P1250031

いやぁ、車じゃなかったら飲んでみたいのが色々ありました~~><

 

P1250034

試飲してお気に召したものは、購入も可能^^

札幌でもココまで揃っているお店はそんなにありません!

 

P1250039

ワインだけではなく、シードルや日本酒、そして地ビールまで♪

新幹線で繋がっている、東北のものも色々ありました~

P1250036

ココでしか入手できないとなると、購入するしかありません(笑)

車だったこともあり、そしてクーラーバッグも持参していたこともあり、迷わずチーズも購入^0^

P1250041P1250042

その昔、出来たばかりのころに取材させてもらった、七飯町の山田農場さん!

この、「Garo」を自宅で熟成させていただきましたが、これがもう、のん兵衛にはたまらないヤギの熟成香で・・・

もう一つ買っておけばよかった~~!!と、思うほど美味しかったです><

 

P1250023P1250053

店内では、ワインのほかにビールや日本酒の飲み比べセットなんかもあります!

なんといっても酒屋なのでお安い!

新幹線利用の方は、絶対に立ち寄った方が良い場所です^0^

もちろん車でも、わざわざ立ち寄っても損はさせないお店です!(飲むのはドライバー以外の方が担当してください~)

 

そして北斗で立ち寄った方がイイお店がもう一つ・・・

01258339348f23b1e9e33fed6963e96604841c30f8 P1240851

住宅ショールームとカフェ、そしてフレンチレストラン・クリマが同居する、tete hokuto

P1240849

函館・元町にあったクリマが、北斗市に移転していたのは伺っておりましたが、ようやく足を運ぶことが出来ました!!

P1240874P1240864

関川シェフは現在、TRAIN SUITE四季島の料理人も務めており、営業日は限られているのですが、La Cashetteで出張シェフをやっていただくことはできないだろうかと相談したところからご縁が出来まして、今回立ち寄らせていただきました^^

今回はタイミングが合わず、実際に出張していただくことはできませんでしたが、一例ということでお料理を作っていただきました!(出張シェフは事前相談で対応していただけます!)

P1240862P1240866

P1240865P1240869

撮影後にサクッと撮らせていただいた状態ではありますが、どれもアートでした!!

それでいて、しっかりオイシイ!!!

地元の素材を生かした、眼と舌で楽しませてくれる郷土フレンチ・・・

P1240845P1240857

お皿や小物もいちいちキュートで、とにかく撮りたくなるものばかり♪

P1240858

さすが地元ならではのラインナップ!

次はお店でゆっくり堪能したいデス~が、運転手が必要だわ^0^;

 

さすがにフレンチはふらりと立ち寄ることはできませんが、同じ建物内にはカフェがあります

P1240853P1240855

でもって、気軽にジェラートが味わえます^^

ワタシは取材中でゆっくり食べる時間がなかったのですが、同行していた友人がオーダーしたものを一口いただいいたところ、

ピスタチオがすっごくオイシかった!!

ピスタチオがちゃんとオイシイジェラート屋さんはホンモノだと言うのが、ワタシの独自基準!!

P1240856

店内もすごくカワイイ♪

函館までのドライブの途中、もしくは札幌に帰る途中に、休憩がてら立ち寄るのにオススメのスポットです^^

 

 

おまけのもう一店!

P1250055

こちらでもご紹介済みの、おぐにビーフの直売所です!

ココで冷凍のメンチカツを購入したのですが、これがまた200円とは安すぎる!といったクオリティでして・・・

こちらももう少し多めに購入すればよかった~~と、軽く後悔。。

ちなみに事前に予約すればBBQ用のセットも用意してくれますので、ココで肉を購入し、道の駅なないろ ななえで野菜を購入して、【La Cashette】の庭でBBQを堪能するという手もあります!

ワンランク上の函館旅行のご提案でした^0^

 

 

★ SNS映えポイント★

0107e205265d8cbcacdd0492177dcc89a45fec24c4

とりあえず横に並んで、ずーしーほっきーと同じポーズで撮影しておいてください。。 (笑)

 

おおば比呂司の世界を食で堪能する~ホテルオークラ札幌

先日、こちらのブログでもチラリと触れていた、“おおば比呂司”さんのこと。

201808_2_L

8月からホテルオークラ札幌で、そのおおば比呂司さんの想い出の味を食すフェアが始まりまして、オープニング試食会に先日足を運んできました。

P1270113

ご挨拶されているのは、おおば比呂司さんのご子息であります、大場伸之氏

お父様とのヨーロッパでの思い出など、とても優しい目で語っていらっしゃっていて、すごく仲の良いご家族だったんだなぁということが、伝わってきました。

ちなみにおおば比呂司さんは、晩年オランダ・アムステルダムに移住し、ホテルオークラアムステルダムに足を運んでいたそうです。

食べることが大好きで、食に関する多数の著書があり、没後30年を記念して、ホテルオークラ札幌の味で再現することに。

P1270123

なので、ところどころにこのような料理のイメージイラストがのっていました^^

P1270122

ちなみに再現したものはコチラ

おおばも描いたオランダ風コロッケ“ビターバレン”(コンチネンタル・サンデーブランチブッフェより)

01524dbfe0bdb08b32898e5bae0b0a43b81794d5b0

このイラスト、ホントに癒されます~~

そして再現したメニューたち

P1270115

にしんの白ワイン漬け マヨネーズマスタードソース
サツラクピュアブランと胡瓜の和え物を添えて(コンチネンタル)

P1270118

北海道産平牧三元豚の釜焼き叉焼(中国料理 桃花林)

 

P1270140P1270143

エル・テンスープは、新しくホテルオークラ札幌の総料理長就任した中井氏自らサーブ

グリーンピースがたっぷり入っていて美味しかった><

P1270144

豚バラ肉のトマト煮込み カスレ風(レストラン コンチネンタル)

カスレは何度か食べたことがありますが、このカスレ風、全体的に大豆の風味がしっかりのっていて、食べ応えはあるのに優しい味で個人的にハマる

皿の奥にあるのが、北海道産ズッキーニと甘長とうがらしの衣揚げ 豆鼓風味(中国料理 桃花林)

P1270126

これが思ったより辛味が効いていて、パンチありました!

辛いといえばこちら

P1270141

辛い麻婆茄子のあんかけ炒飯
思わずてんこ盛りにしたくなるくらいご飯がススム味だったなぁ~
そしてもう1品、北海道産豚肉ともやしのあんかけ焼きそば
どちらも中国料理 桃花林のメニューですが、安定の美味しさ♪
P1270132
そしてこちらが、「エビスプレミアムブラック」使用した胡桃とドライフルーツのパウンドケーキ
ラウンジプレシャスで味わえるのですが、1本丸ごと購入して、時間をかけてゆっくりくなる、もっちり&ねっとり感が何とも癖になる美味しさでしたっ
ちなみに、18時以降にラウンジプレシャスでスイーツをオーダーすると、ハッピーアワーで100円引きなんだそうです♪
詳細はコチラ
P1270133
そして思わず、赤ワインかブランデーお願いします!!と、言いたくなった、濃厚さが素晴らしすぎる
おおばも描いたチョコレートケーキ“ザッハトルテ”
コチラのメニューはサンデーブランチで登場するそうですが、出来ればBARでも出してほしい!!と、個人的なお願いをココで叫んでおきます^0^;
P1270151
ちなみに、地下1階ではおおば比呂司ギャラリーも開催中
P1270152
ホントに和む~!!
P1270153
P1270155
改めてみると、ホントに身近なところで使用されているのが分かります^^
おおば比呂司「味のある旅」は、ホテルオークラ札幌で8月31日(金)まで各レストランにて開催中

 

 

豊西牛・かみこみ豚・五日市・加藤牧場・・・十勝満喫ランチ! レストラン コンチネンタル

今年の冬は帯広に行けなかったので、何となくスッキリしないまま春を迎えました。。

そんな時、ホテルオークラ札幌で【とかつ帯広フェア】が開かれていたので、さっそくランチへ♪

P1210391

こちらは、ヒーリングランチ
スープ勝(かつ)~かみこみ豚バラ肉とラザニアのミルフィーユ 加藤牧場ジャージー牛のホエー入りトマトスープと共に~

運ばれてきたとき、この後パンかライスがやってくるのかと思いきや、この一皿のみ

よく見るとミルフィーユカツの間に、ラザニアがサンドされています!!なので、一切れでも食べ応えがあります!

ただ、このスープがものすご~く美味しくて、残さず全部さらってしまいたくなるので、パンを追加オーダーする方もいらっしゃるそうです。(結局食べきれず残ってしまう方も多いようですが^^;)

とにかく見た目からは想像できない味わい、そして言葉ではなかなか伝えきれない美味しさなので、出来れば一度食べてみてもらいたいかも!

 

もう一つは、帯広レジヨンランチ

P1210389

テーブルの上が花畑になったような、華やかな1皿ばかり♪

こちらは魚料理(この日は鯛) エディブルフラワーが野菜に映えます^^

P1210373

十勝産白いんげん豆のクリームスープ

見た目はいたってシンプルですが、いんげん豆の美味しさがしっかり伝わるスープ

オークラに来るといつも思うのですが、スープが美味しすぎてそれだけでも満足なので、スープ&サラダランチがあったら嬉しいのに~

 

P1210375

十勝産大豆と豊西牛のハーモニー  加藤牧場ヨーグルトのソースをアクセントに

昼から1杯飲みたくなる前菜・・・

P1210378P1210384

添えられていた加藤牧場のヨーグルトソース、濃厚~~!!

 

P1210385

かみこみ豚ロースのやわらかロースト マスタードソース

かみこみ豚って、なんでこんなに甘くて柔らかいのでしょう!

 

P1210407

クレームダンジュ 十勝ワインのゼリーとデリスソレイユのソルベと共に

思わず真上から撮りたくなるキュートな1皿

P1210409

ソルベの酸味でスッキリ!

そして十勝ワインのゼリーが甘すぎなくて、クレームダンジュと一緒に食べるとすごくいい感じでした^^

 

と、生方総料理長がチーズの塊とともに、テーブル近くまでやってきました

P1210397

実はこちら、毎週日曜日のみ開催している【サンデーブランチブッフェ】のライブキッチンメニューで提供している、

八千代牧場チキンウインナー入りクリームスパゲッティ 加藤牧場ゴーダチーズの器であえて 

どうしても味見してもらいたいとのことで、実演いただきました。

P1210405

イタリアンでよく見かけるのは、パルメジャンチーズが多いですが、ゴーダは溶けやすいので麺に絡まりやすく、食感が全く違います!

そしてちょっぴりしか入っていなかったのに、強烈に印象に残った、チキンウインナー!

粗挽きチキンのウインナーは今回のために、帯広の精肉店・五日市さんにお願いして作っていただいたそうです。

ベーコンよりあっさりしているので、チーズソースの味わいの邪魔をしないのに、食感が楽しめるので、バランスが良いのです!

一般にも販売してもらいたいウインナーです^^

よい子の日

と、次の日曜日、4月15日(日)が語呂合わせで【よいこの日】ということで、4歳以上~小学生以下のお子様が415円でサンデーブランチブッフェを堪能できるそうです^^

日に日に食べる量が増えている息子にピッタリだけど、良い子じゃないからなぁ・・・^0^;

とかち帯広フェアは4月末日まで、ホテルオークラ札幌各レストランにて開催中♪

 

pageTop