札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『フレンチ』カテゴリーの投稿一覧

砂糖は悪モノじゃなかった!!~天下糖一プロジェクト~

『上白糖は漂白しているから、身体によくない』

いつだったかそんな言葉を耳にして、上白糖を購入するのをやめていました。。甘みが必要な時は、きび糖とかあえて茶色い砂糖を使用していたのです。

P1460026

それが先日、Sugar Seminar2019に参加して、まったくの間違いだったことが判明!

これは、たくさんの人に伝えないと!!ということでつづらせていただきます^^

 

P1460025

上白糖の後ろに鎮座しているのは、大根ではなく“砂糖大根=てん菜”です

P1460024

日本の砂糖は、このてん菜もしくはさとうきびから作られていて、てん菜を栽培してるのは北海道だけなんですって!

&国内の砂糖生産量の8割がてん菜から作られているとのこと。。

改めて北海道は、いろんな作物のNo.1があるんだなぁと思いました。

P1460029

そんなお砂糖のなるほど話をじっくり聞いたのち、上白糖を使用したお料理もいただけるというセミナーだったのですが、こちらは光塩学園調理製菓専門学校 日本料理教授 田安氏のレシピで作った“かしわ”稲荷寿司

寿司酢にも稲荷の炊き地にも砂糖が使われています。

田安氏いわく、料理に上白糖は絶対かかせない調味料

今は手軽に使える甘味料などもありますが、甘味料では出せない味があるそうです。

味だけではなく、食材そのものに働きかけるしくみもあり、例えば酢飯は、砂糖の“保水性”がご飯をふっくら仕上げてくれるのだそうです!

ということでさっそく、かしわ稲荷寿司を食しましたが、これがビックリするほど甘くない!

甘くないけど、すごくオイシイ~~~

市販の稲荷の皮はものすごく甘くてべたべたするけど、今回のはちゃんと甘みはあるけどさっぱりしていて、いくらでも食べられそうでした^0^

 

P1460047

次は、cake&cafeコレットのオーナーパティシエ 園田氏による“クリスタライズ”の実演

P1460032 P1460033 P1460034

こんな細かい作業、しかもたくさんの人に囲まれてうやるなんて絶対無理~~~~^0^;

P1460039

ところでクリスタライズって言うのは、花びらなどを卵白そしてグラニュー糖にまぶして乾燥させたもの

P1460049

こんな感じでマフィンに飾りつけたりして、味わいます^^

P1460056

こちらの作業は上白糖よりグラニュー糖の方がキレイに仕上がるそうです^^

 

P1460055

もちろんマフィン地にも砂糖が使用されていますが、上白糖とグラニュー糖を3:1の割合で混ぜて使用しています。そうすることで“むっちり”した食感”になるそうです!

たしかに“むっちり”として、食べ応えはあるのに喉が詰まらないタイプでした^0^

 

ところで、上白糖はなぜ白いかと言いますと、雪と同じ原理だから!

というもの、砂糖は一粒一粒がキレイな結晶になっているので、光が乱反射しているからなんだそうですよ^0^

他にも砂糖は太りやすいとか、かなり誤解されていることが多いのですが、詳しくはこちらでご確認を!!

 

このセミナーを受けたのちに、No.2のセミナーとして、フレンチレストランmeli meloでランチセミナーに参加!

P1460485

リニューアルしてからよりステキになったとうわさを聞いていたので、かなりワクワクな気持ちで挑みました^^

P1460494

前回同様、いかに砂糖が料理にとって大切かを語る、オーナーシェフの佐藤氏

今回は、砂糖が決め手となる“ガストリックソース”で味わう、望来豚のソテーを作っていただきました^^

P1460500

グラニュー糖を強火で火にかけ、少し焦がして煮詰める

P1460502

ワインビネガーやメイプルビネガー、シェリービネガー、バルサミコ酢、白ワインなどを入れ、1/3になるまで煮詰めるそうです

P1460514P1460518

お店全体に、食欲をそそる香りが^0^

P1460522P1460523

じっくり30分かけて焼いた望来豚

P1460524

そこにたっぷりのガストリックソース!!

オイシイに決まってます(≧▽≦)

P1460529

結果、添えられていたパンでココまでキレイにいただきました(笑)

ちなみに人参のグラッセにも当然砂糖が使用されていました^^

そして面白い実験も!!

P1460512

こちら、パンケーキなんですが、砂糖を入れないと真っ白に焼けるのです!

砂糖は“香ばしく焼く”要素があるので、こんな風にこんがり焼き上げてくれるのです。

そして砂糖には“保湿性”もあるので、記事がふっくらでしっとりに仕上がります

P1460540

そんなわけで、一応砂糖を入れてないパンケーキも添えていただき、食べ比べ

P1460541

語るまでもなく、砂糖を入れた方が美味しいです^^

P1460542

最後にこちらのイベントを取りまとめている『HERB & Cookingroom KINA』のハーブティーを味わいつつ、改めて砂糖のありがたみを実感したのでした^^

糖分を適量摂取すると精神的にも満たされて、この日は一日気持ちよく仕事ができました!!

 

セミナーを受けて以来、我が家の料理に上白糖を使用した一皿が続々登場中♪

ちなみに砂糖には賞味期限がないんですよ!!

 

疲れた時こそのcantine SEL

ものすご~く疲れているけど、どうしても飲んで帰りたい

オイシイモノをちょっとつまみたい。出来れば野菜多めで・・

カウンターで気を遣わず、でも時々かまってほしい(笑)

cantine SELは、ワタシにとってそんな店

P1430316P1430319

と、先日は一人ではなく2名で行ったのですが(笑)

お得で美味しい泡があると聞いての来店です

泡と言えば本当ならシャンパンが飲みたいのですが、そう毎度、飲める身分ではないので^0^;

でも、この泡はホントにお手頃価格なのに美味しかった!

夏にピッタリ・食中酒にもバッチリ!!

ただ、飲みやすすぎてあっという間に1本空けてしまうのが玉にキズ・・・(笑)

そんな泡に合わせて登場したのがアンコウのゼリー寄せ

アンコウが石狩湾で獲れたものと聞いてビックリ

先日行った、Gapaouで食べた渡り蟹も石狩産だったけど、案外色んな魚が揚がっているんですねぇ

P1430321

料理は基本、黒滝シェフにお任せしますが、今日はちょうどパテドカンパーニュがあると言われたので、即オーダー

いつもより上品な味わいで、どこか夏のパテって感じで、これまた泡にピッタリ!!

P1430323

温野菜盛り合わせ

これが毎度、嬉しいんです^^

P1430325

ものすごく豪勢にチーズが振りかけられてます!

しかもチーズはニセコチーズ工房の椛

さすが、札幌で(たぶん)一番、道産チーズを在庫している店!

P1430327

ヒラメのウニのせ 道産山椒入りクリームソース

ちょっと、これは反則でしょう!

クリームも全部食べたいから、バゲットちょーだい!

でもって、白もちょーだい!!

P1430329

すっかり飲まさってしまいましたよ(笑)

いつ来ても、いつ会ってもひょうひょうとしているのに、サラッとすごいことをしちゃう黒滝シェフから目が離せません~

 

4月10日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~wineman

4月10日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、【wineman

P1380882

初めて店内に足を踏み入れた時、真っ先にこちらの風景写真に心を奪われました・・・

 

場所は、すすきの都通りにある第5グリーンビル

P1380931P1370910

ココって住所で言うと南4条になるから一瞬迷ってしまうんですよね^^;

築年数を感じさせるビルの入り口&エレベーター

そのエレベーターが5階に到着して扉が開くと、目の前に飛び込んでくるのがこちらの看板

なんだか、すごくギャップが・・・(笑)

P1380879

ものすごく落ち着いたトーンの、カウンターのみのお店

P1380884

と思いきや、奥はテーブルが動くようになっていて、パネルを出すと個室になるような造りになっていました^^

さらに個室用の入口もあるので、カウンターを通らずに出入りすることができるそうです!

“お忍びにも使えるんですね!”と、つい、口に出してしまいました(笑)

P1380892

winemanは、aki nagaoの系列店

aki nagaoの世界観をそのままに、だけどaki nagaoよりは気軽に使ってもらえるような、そんなお店を目指して昨年の9月にオープンさせたそうです

aki nagaoでは使用できなかった食材の一部なども無駄にせずwinemanでしたり(なので、いい食材を少しリーズナブルに味わえるそうです^^)、店を作る際の資材も、札幌軟石や廃材などを再利用したり、いわゆる“サスティナブル”がコンセプト

そういわれると、妙にしっくりくるのはその思いを身体で感じ取っていたからなのかと思ってしまいました^^

 

P1380900

お料理は、仕事帰りにふらりとおひとりさまで来ても、美味しいものがちゃんと味わえるようにという思いを込めて用意しているそうです。

写真は、前菜を盛り合わせにしたもの

ピーク時はできないこともありますが、少しずつ色々つまみたいというワガママにも対応してくれるそうです^^

P1380922

ワインも料理に合わせて提案できるよう、グラスワイン(800円~)が豊富とのこと

P1380913

エゾ鹿のロースのカツレツ、カシスマスタードのソース

お料理は2人分のボリュームがあるのですが、ハーフサイズにも対応してくれるそうです

そしてコース料理(5200円~)もおひとりさまから対応してくれるとのこと!(コースは前日までに要予約)

P1380917P1380920

『お店に色がない分、お料理で彩りを添えるようにしています』という説明に、大きくうなずく

それにしても、器も素晴らしい・・・

P1380886

遅い時間はBAR感覚で気軽に利用するのも全然OKとのこと^^

そしてゲリラ的に、aki nagaoの長尾シェフが店に立つこともあるそうですよ!!

 

 

P1380887

どこを写しても美しいので、つい趣味に走る^^;

P1370914 P1370913

グラスの影まで美しい・・・

P1380927

このさりげない、“open” “clause”のお知らせも、いちいちステキ・・・

 

 

食べて飲んで復興支援!札幌のシェフ達が元気を届けるチャリティーランチByRICCI

Facebookで知った、【札幌のシェフ達が元気を届けるチャリティーランチ】RICCIで行われることを知り、本日足を運んできました♪

P1360543 P1360541

ワタシは事前に予約していきましたが、飛び込みもOKという、応対の良さ!

そして本日のチャリティーランチは、RICCI川崎シェフの1皿他、Locandino Zio Vittorio Restaurant obtenir K

3店舗の料理が一度に味わえるスペシャルランチ!

P1360545 P1360547

しかも税込2000円!!

当然のようにワインをオーダー(別料金)します(笑)

P1360552

前菜は、Locandino Zio Vittorio・纐纈シェフの1皿、“ひこま豚のプロシュートコット カポナータ”

とろけるような柔らかさと、ランチタイムにピッタリな塩梅のプロシュートコット!

葉野菜の下に隠れていたカポナータがまた完璧なオイシサでして、サスガの前菜^0^

P1360557

パスタはRICCI・川崎シェフによる、“藤谷水産の水タコのラグー 菜の花スパゲッティ”

水タコは、オプトゥニールK・藤谷シェフのご実家のもの!

ほど良い辛さのラグーソース、ワインが進みます(笑)

パスタの茹で加減が完璧でした♪

 

P1360561

そしてメインディッシュは、オプトゥニールK・藤谷シェフによる、“ジビーフとひこま豚のと特製ハンバーグ デミグラスソース”

1皿目のプロシュートに続いて、お肉の優しい柔らかさをハンバーグにも感じます!やっぱりひこま豚のおかげなのかな?

そしてこのデミグラスソース、個人的にドハマりなオイシサでしたっ!!

深味はあるけどくどくなくて、ふくみがあるんです^^ まるで飲み干したくなるようなソース!!

P1360553

ということで、ラグーソースもデミグラスソースも、こちらのパンでキレイにぬぐいました^0^

P1360565P1360570

デザートも藤谷シェフによる1皿

“しんむら牧場のヨーグルト・シャーベット”

しんむら牧場の美味しさが、まさにそのままシャーベットになっていました!

〆に相応しいデザートでした~

シェフ達は、『僕たちは作ることしかできないから』とおっしゃっていましたが、作ることでたくさんの人を幸せにできるなんて、本当に尊敬です。。

そしてワタシはその思いを食べて応援し、そしてたくさんの人に知ってもらいたい!と素直に思いました^^

 

と、実はランチの前にもう一つ復興支援してきました~

P1360524

16~18日の3日間、札幌三越10階催事場で開催されていた、【北海道ビアトピア

P1360522 P1360526

厚真町のハスカップを使用し、月と太陽BREWINGの森谷さんが造った“あつまみらい”

午前中から飲むのにピッタリな爽やかさ!!

これ、春になったら厚真町にある古民家パン屋さん・此方で、此方のパンと一緒に飲みたいかもっ

P1360540

午前中だし、2杯くらいでやめておこうと思っていたのに、帰り際に昨年取材した、湯の川のエンデバーの親会社でもある、乙部追分ブリューイングのホワイトビールがつながってしまい、チケットをもう一枚買いに走ったのでした(笑)

P1360536 P1360538

ちなみに左は、この時に初めて飲んでハマった、アサヒビールの“琥珀の時間”

久し振りに飲んだけど、やっぱりオイシイ♪

でもって、乙部追分ブリューイングのホワイトビールは、クラウドファンディングで購入した方のグラスをお借りして飲んだのですが、やっぱりグラスで飲むと格段に美味しいですね♪

 

P1360546

と、どちらも本日で終了してしまいましたが、3月3日(日)には、カプリカプリで本番?の、チャリティーランチが開催されます!

1・2部とも24名限定なので、気になった方はお早めにご予約下さい^0^

 

 

今、道産チーズを食べるなら、cantine SELが間違いない♪

ミルク&ナチュラルチーズフェアが終わって、ちょっぴり寂しい気持ちになっている今日この頃・・・

本能の赴くままに購入(散財)した道産チーズを、ちびりちびりと自宅で食しております^^;

でもって、フェア中全然いけなかった方や、もっと食べておきたかった~という方に、この時期お薦めのお店があります!!

cantine SEL

P1350576

こちらは、先日道外の方をお連れした時にオーダーした盛り合わせ

P1350572

この中から、お好きなのを選んでくださいとテーブルに運んでもらったのですが、はっきり言って決められません^0^;

オーナーシェフの黒滝さんは、直接やり取りしている道内のチーズ工房も多いので、普段からマニアックなチーズもちらほら味わえるのですが、この時期は特にスゴイです!

だってほぼ毎日、フェア会場に足を運ぶのですから(笑)

ちなみに全種類盛り合わせっていうのも、オーダーは可能です(結構な金額ですが・笑)

 

P1350564 P1350563

SELは何度かブログで紹介していますが、いつ行っても、今の自分にちょうどイイものを提供してくれるお店なので、すごく楽ちんなのです^^

なので、一人でも行きやすい!

P1350567

ちなみにこちら、“前浜”のわかさぎ

『札幌にとって、前浜ってどこだかわかりますか?』という話になったり、もちろんチーズの知識も豊富なので、とても勉強になります^^

 

P1350569

お任せで出てくる料理もワインもホントにちょうどよく秀逸!

この大根と牛肉、メチャメチャ美味しかったなぁ~

P1350578

そんなわけで、初対面飲みも大いに盛り上がってあっという間の4時間半だったのでした^0^

 

 

 

 

 

pageTop