札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『フレンチ』カテゴリーの投稿一覧

思いがけずな新店探訪 obternir K(オプトゥニール ケイ)

先日、思いがけず立ち寄ることになった、obternir K(オプトゥニール ケイ)

店構えは正統派フレンチですが、アラカルトメニューも充実していて、2軒目でお邪魔したこともあり、初めてなのにちょい飲み使いをしてしまいました^^;

P1070971

グラスでシャンパンをいただき、アミューズ・ブーシュのクロワッサンをパクリ

美味しい・・・一気にシャンパンが進んでしまいました^^;

P1070970

 

コチラのお店を教えてくれた方が、他ではあまり見かけないという、フランス産の美味しいラム肉があると教えてくれまして、ハーフサイズでお願いすることに

P1070973

ナイフがカワイイ!!

そしてなんと美しいラム肉!!

P1070975

もともとラムは好きですが、これは本当に美味しい羊肉です!!

食べ始めると、身体が喜んでいるのが伝わってきますっ

P1070976

ワインもワタシ好みで、いつも以上のペースで飲み進んでしまいます^^

 

すごく上質な空間なのに、肩の力を抜いて楽しめるフレンチレストラン

今度は1軒目でゆっくり行ってみたいお店デス^^

 

それにしてもこのビルに入っている飲食店は、先日アップした“うぉんたな”といい、クオリティが高い!!

 

 

フレンチとブーランジュリ、カフェ&ブラッスリーが融合した新店舗が、大通東3に誕生!!

P1070295

地下鉄バスセンター前駅5番出口から歩いて少しの場所に、4月27日(木)新たな名店が誕生します。

ひとつは、レストラン ル・プルコア・パ・・・

そしてもうひとつは、ブーランジュリ カフェ&ブラッスリー ア・トン・コテ

01ac06acc9a6c968a339675344d3f22a8c5904e0c7

札幌の美味しい物好きなら、こちらの写真を見ればお分かりかと思いますが、札幌市東区元町で18年フレンチを続けてきたシェフの久保田氏、そして札幌の中でも上位を競う名ブーランジェの竹内氏

この二人が、一日限りの夢の饗宴ではなく、共にこの場所で展開するお店なのです^^

P1070294  P1070297

向かって左側がア・トン・コテ。 そして右側の奥にはル・プルコア・パ・・・の入り口があります。

P1070283 P1070284

ル・プルコア・パ・・・はレストランウェディングも可能な、正統派フレンチレストランの佇まい

 

P1070282

 

シェフズカウンターを挟んで奥にあるのが、真っ赤なソファと壁が眩しい、ア・トン・コテのカフェスペース

P1070271 P1070272

そしてその奥にはブーランジュリ(パン屋さん)

P1070293

もちろん、コチラにも入り口がありまして、朝8:00から焼き立てパンを販売予定だそうです^^

 

 

そんな気になりすぎるお店に先日、一足先に足を運ばせていただきました!!P1070263

この日は見た目もキュートなフィンガーフードとパンを、ワインともに堪能させていただきました^0^

P1070269 P1070268

01d8b4d690b43e5361b91c059bab4a342984b2ad01

P1070273

P1070276

 

P1070280 P1070277

 

P1070292

噛みしめるたびに小麦の香りがじんわり広がる、素晴らしく美味しいバゲットたち。。

シャンパンが進みます~~~><

P1070287 P1070289

クリームパンに合わせて飲みたいと言ったら、レセプションでもちゃんとセレクトしてくれる鎌田ソムリエール

015b2130c52faa521c485cfa3a00a32ef08792509f

デザートに合わせて赤もチョイスしてくれて、最後の最後まで居座り続けて、堪能してしまいました。。。

それほど居心地の良い空間でした!!

 

ランチなどの内容は、まだ公式サイトが立ち上がっていないようなので詳細は不明ですが、

とりあえず、アドレスは下記に記載しておきますね^^

★ル・プルコア・パ・・・  http://www.le-pourquoipas.com/

★ア・トン・コテ  http://www.a-ton-cote.com/

 

DATE

■住所■

札幌市中央区大通東3-1-1トルチュビル1F

■電話

プルコアパ 011-215-0381

アトンコテ 011-215-1191

 

■営業時間■

プルコアパ 18:00~21:00(LO※コース)カウンターはラストオーダー22:00

土日祝は11:30~13:30(LO)のランチ営業あり

アトンコテ 8:00~19:00(パンがなくなり次第終了)

■定休日■

水曜日※カフェのランチは土日祝休み

 

 

 

 

大原美術館展Ⅱに魅せられた【憧れの巴里ランチ】に魅了された午後

センチュリーロイヤルホテル ・スカイレストランロンドにて、5月31日(水)まで開催中の、【憧れの巴里(パリ)ランチ

P1060628

こちらのランチは、北海道立近代美術館で4月22日(土)~6月11日(日)に開催される、“大原美術館展Ⅱ”とコラボしたランチということで、今回展示される予定の作品からインスパイアされた料理とデザートが楽しめるコースなのです^^

 

P1060637

北海道産飲むフルーツ酢とプティアミューズ

ロイヤルブルーのお皿にも映える、鮮やかな紫いものピューレとザクロ!!

一気に食欲全開モードにしてくれる飲む酢は、いちご♪

 

P1060639 P1060641

テーブルフラワーまでカラーコーディネートされていて、一気に目がトロ~ンとしてしまいましたっ

アミューズですでにトリコにさせられてしまい、この後の料理内容を見ると、水じゃ無理!!と、判断し、春のランチにピッタリなロゼワインをグラスでオーダー

P1060633  P1060635

ほんのり甘さも感じるロゼ、ランチタイムにピッタリでつい、クイクイと。。。

メインまで持つかなぁ^0^;

 

P1060642

北海道産桜鱒と海の幸のガトー 雲丹 イクラ サラダ添え お皿をキャンバスに
 ~児島虎次郎《朝顔》に見立てて

まさにお皿がキャンバス!!

あまりの美しさに、一瞬食べるのをためらってしまったほど。。

“ほしのゆめ” “にんじん” “梅” “アボカド” “シャドークイーン” のソースが白いお皿を彩ります^^

P1060646

パンフレットの作品を確認してからお料理を眺めると、よりワクワク感が高まります^^

 

P1060648 P1060649

美しいだけじゃなく素晴らしく美味しいっ

サクラマスとカニに隠れていたのは海老!!なんと贅沢なガト・・・

野菜も味が濃くて、ソースとの相性も抜群!どの素材の味も楽しめるのです^^

そして食べている途中でもアートを感じるのが楽しくて、つい写真に収めてしまいました^0^

ロゼを頼んで正解でした!

 

P1060653

クロックムッシュ エッフェル塔のピクルス添え

~佐伯祐三《パリ街景》をイメージして

パリ街景のくすんだ色合いを見事に再現した、クロックムッシュ!ちなみにほうれん草の色だそうです^^

エッフェル塔のピクルス、どうやって作ってるんですか??と突っ込みたくなる細かさ!

P1060654 P1060659

歯触りの良いパンの中には、イベリコのベーコンとベシャメルソース

見た目以上に食べやすく、味がしっかりしています^^ そしてこちらもロゼにピッタリ♪

 

P1060658

本日のスープ パリソワール風

う、美しすぎます。。。

P1060657 P1060662

パリの夕暮れをイメージしたきたあかりの冷製スープは、食べるスープといっても過言ではないほど、コンソメのジュレがたっぷり!

P1060664

本日の白身魚のボンヌ・ファム風

~藤田嗣治《舞踏会の前》のエッセンスのソース

回転するレストランロンド、こちらのお料理が運ばれてきたころ、ちょうど南西の窓に差し掛かり、春の日差しが料理を立体的に映し出してくれました!!

本日の魚はシマゾイ

玉葱をたっぷり使用し、ほんのり甘みを感じるアーモンドミルクの濃厚なソースとの相性が抜群!!

P1060672

と、かろうじて残っていたロゼも日差しを受けて美し~~~っ!!

 

P1060667 P1060674

作品の仮面をかたどったパイ♪

ちなみに目は竹炭・口はパプリカ。パイの下にポテサラが一口なのに存在感がすごい!

 

P1060676

ショコラフランボワーズ バーニュー

岸田劉生《童女舞姿》に見立てて

ある意味、今回のコラボランチのメインといってもおかしくない、素晴らしすぎるデザート

P1060682

この再現力、ホンキです!!

P1060679  P1060684

美しすぎるので、モデル並みに色んな角度から撮影してしまいました。。

そしてショコラとベリーのバランスが完璧!!

個人的に、この組み合わせのバランスって、どちらかに偏ってしまうものが多い気がするのですが、これは理想のバランスでしたっ

オーガニックコーヒーとの相性も抜群!

いつもは紅茶派の方も、この時だけは、コーヒーをオススメします!!

 

ちなみにショコラフランボワーズ バーニューは限定でテイクアウト用のサイズも販売しているようですよ^^

ph03

詳しくはこちらで♪

 

そして【憧れの巴里ランチ】コースは、鑑賞券(半券)提示で、5%割引になりますす^^※通常価格3780円(税込)→3591円(税込)

ランチを堪能して俄然、大原美術館展Ⅱが楽しみになりました!!

出来れば、鑑賞した後にもう一度堪能したいデス

P1060631

その時は、シュワシュワもいいなぁ~^0^

 

 

羊蹄山麓の食材を食べ尽くす2ヶ月~ホテルオークラ札幌

vis_201704

ホテルオークラの、北海道の食・応援企画、4・5月は羊蹄山麓町村長会(蘭越町、ニセコ町、真狩村、留寿都村、喜茂別村、京極町、倶知安町)の美味しい食材を使用したお料理が、和洋中各レストランで味わうことができます^0^

 

P1060165

先日、関係者やマスコミへのお披露目試食会が行われまして、私も行ってきました^^

それにしても羊蹄山麓ってズルすぎる!

一町村でも結構おいしいものがあるというのに、タッグを組まれたら、いわゆる“鬼に金棒”ってやつですよね^0^

P1060195

今回の試食は和洋中の代表的な料理をビュッフェ形式でいただく形です^^

総料理長の生方シェフから各お料理の説明を聞いたのちに、実食タイム♪

 

まずは中国料理・桃花林から、

P1060166

ニセコ町産男爵いもの五目包み焼き

じゃがいもそのものが美味しいからこそ、この味わいが出ると言える1品。。ここ最近、本当に北海道のじゃがいもは美味しいと思うことが多くなりました^^

 

P1060169

「羊蹄山十割そば」入り 春巻 わさびの香り

P1060211

春巻きなのに和を感じる、絶妙なわさび!これ、ハマりました!!

 

P1060171

“ニセコ町産玉葱”と海老・つぶ貝の豆板醤炒め

P1060208

ニセコ町産黒千石とルスツ高原豚スペアリブの蒸しスープ

これ、出来れば毎日いただきたい!!というくらい美味しいスープでして、黒千石や具がかなりゴロンゴロンと入っているので食べ応えアリアリなんです^Q^

 

P1060174

海老とからし菜入り らんこし米「ゆめぴりか」の炒飯

ちなみに今回らんこし米は、京極の水で炊いているというこだわりが!!

 

次はレストランコンチネンタルの、4月のサンデーブランチブッフェから

P1060176

 “ニセコ町産キャベツ”とペンネの爽やかピストソース和え

 

P1060178

ニセコ町産人参のムース

実際は下記のような形でして、羊蹄山をイメージしています^^

P1060200

人参臭さではなく、上品な人参の甘みがふわっと広がるムース♪

 

P1060180

ニセコ町産じゃが芋「とうや」のクリームグラタン 「きもべつ味噌」をアクセントに

またまた、美味しいじゃがいもをたっぷり味わえるグラタン♪

しかも名前の通り味噌がアクセントになっていて、じゃがいもの甘みがさらに増すんです^^

 

P1060182

羊蹄山麓 春の芽吹き 香草をまとった「真狩ハーブ豚」のグラタン風

ハーブ豚、柔らかい!

香草ソース、飲みたくなる!!(笑)

P1060209

「ルスツ高原豚」バラ肉と野菜入りカレー

ハーブ豚も良かったけど、こちらのバラ肉も負けないくらい柔らかい!! そしてそして、“カレーは飲みもの”を実証するかのようなカレー^0^

P1060187

京極の「名水珈琲」使用 ティラミス

こちらが見た目に反してすごくスッキリしていて、これだけ料理を食べていても、1つ目もいただいちゃおうかなぁ~と、思わせてくれるほどです^^

 

ラウンジプレシャスでは、ニセコ町産ゆり根のタルトが、イートインでもテイクアウトでも味わえます^^

P1060206

P1060185

思っていた以上にゆり根がたっぷり入っていて、ゆり根好きとしてしては、かなり贅沢感ありなタルト♪

レモン入りの豆乳クリームチーズなので、かなり軽い食感で楽しめます^^

 

こちらは5月からベーカリーショップで購入できる、ニセコ町産男しゃくいも入りパン

P1060205

倶知安町産小麦「春よ恋」「きたほなみ」使用しています

信州のおやきのような、具だたっぷりのもっちりパン、食べ応えありました!!

P1060190

 

ぐるっと羊蹄山麓フェア】は5月末日まで

5月になると食材がますます充実するので、2ヶ月連続で楽しまないとですね^0^

 

 

江別市民必見!えべつ割りがある、ホテルオークラ札幌の江別フェア

vis_201703

毎年好評の、ホテルオークラ札幌の江別フェア

今年も江別市民がお得に楽しめちゃう、えべつ割りもあるんですよ!

そのえべつ割りが適用になると、通常2600円が1954円で味わえる、コンチネンタルの“ファリナージュランチ

P1050335

菊水江別小麦生麵使用ラーメンサラダ 町村農場ヨーグルトと“貴婦人”の青じそジュースをアクセントに

もっちもちだからこれくらいのボリュームでも満足できるラーメンサラダ

ヨーグルトにしそのジュースが少量入っているのですが、このジュースがものすごく濃厚なので、香りと味わいがとっても高いのです^^

春を感じる爽やかな1皿でスタート♪

P1050332 P1050337

サラダはサラダテーブルからお好みで^^

運が良ければ、千歳・箱根牧場のモッツアレラが味わえます!

そしてほっと一息つける、身体が喜ぶ味わいのミネストローネ♪ 

P1050342

本日の白身魚 江別の大豆で作った絹豆腐のソースと共に

豆腐のソース??

見た目がオレンジのがソースなんですが、ベースが豆腐なんです!&トマトなんです!!

ほんのり大豆の香りが漂うのは、美味しい大豆を使っている豆腐ならではです!

 

P1050353

北海道江別アースドリームポークバラ肉の煮込み 岩田醸造味噌「田園江別」の香りと共に

フレンチに味噌ですか??でも、全然違和感ありません!というよりこのソースで色んなお料理を食べてみたいっ!

それくらい、記憶に残る味わいのソースでした^0^

 

そして初めて聞きました、“江別アースドリームポーク”

とろける豚肉、どこかで食べたことのある味わいと思いましたら、沖縄の豚との交配種ということで、ちょっと沖縄で食べた角煮を思い出します^^

北海道の豚肉の美味しさは、とどまるところを知りませんね^0^

 

P1050362

江別産大豆の豆乳アイス いちごのスープに浮かべて

結構お腹がいっぱいになっていたので、運ばれてきたとき、食べきれるかなぁと心配になったのですが、豆乳のアイスがすごく軽い食感で、全体的なバランス含め、見た目より重くないのであっという間に完食しちゃいました!

この豆乳アイス、定番にして欲しい!!

こちらに、パンORライス、そしてコーヒーOR紅茶も付いて2600円

そして江別市民は1954円♪

 

ちなみに江別市民じゃなくてもお得に味わえる方法もあるんですよ~

13:30以降の利用でオンライン予約すると、20%引きになるのです!

詳しくはこちらにて^^

 

あまり、ゆっくりランチを楽しむ時間がないという方にお勧めなのが、ヒーリングランチ!

P1050345

菊水江別小麦生麺使用クリームオムラーメン~トマトスープ仕立て~

一見、オムレツORオムライスですが、中身は江別産小麦生麵使用の麺がたっぷり!!

P1050351

とにかくものすごい重量で、それでいて普通の麺よりモッチモチなので、男性でも十分に満足できるボリューム!

女性はシェアして食べるくらいがちょうどいいかも^^;

こちらは+500円でサラダテーブル&コーヒー&デザートをつけることが可能

さらに13:30以降のネット予約なら、20%OFF!!

 

P1050365 P1050366

そして江別フェア利用者には抽選会も♪

これって、かなりの確率で当たりそうですね^0^

 

と、江別フェアでもう一つ紹介したいのが、こちらのクロワッサン!!P1050357

江別産小麦「はるゆたかブレンド」使用した3月限定のクロワッサン

とにかくバターの香りが高いので、バター多めなタイプかと思いきや、生地の味わいをしっかり楽しめる系で、個人的に好きなタイプのクロワッサンでした!!

ホテルオークラ札幌にはベーカリーの設備はなく、パティシエが作っているので、パン職人が作るクロワッサンとはまた、違うと思いますが、江別産小麦の絶妙なブレンドのおかげでこの味わいが出せたとおっしゃってました^^

これは3月のオススメとは言わず、定番化してほしいなぁ~

クロワッサン好きの方、必食です^0^

1個270円で、ラウンジプレシスで販売中!(店内で飲食する場合はサービス料10%かかります)

 

 

 

 

pageTop