札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『フレンチ』カテゴリーの投稿一覧

4月10日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~wineman

4月10日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、【wineman

P1380882

初めて店内に足を踏み入れた時、真っ先にこちらの風景写真に心を奪われました・・・

 

場所は、すすきの都通りにある第5グリーンビル

P1380931P1370910

ココって住所で言うと南4条になるから一瞬迷ってしまうんですよね^^;

築年数を感じさせるビルの入り口&エレベーター

そのエレベーターが5階に到着して扉が開くと、目の前に飛び込んでくるのがこちらの看板

なんだか、すごくギャップが・・・(笑)

P1380879

ものすごく落ち着いたトーンの、カウンターのみのお店

P1380884

と思いきや、奥はテーブルが動くようになっていて、パネルを出すと個室になるような造りになっていました^^

さらに個室用の入口もあるので、カウンターを通らずに出入りすることができるそうです!

“お忍びにも使えるんですね!”と、つい、口に出してしまいました(笑)

P1380892

winemanは、aki nagaoの系列店

aki nagaoの世界観をそのままに、だけどaki nagaoよりは気軽に使ってもらえるような、そんなお店を目指して昨年の9月にオープンさせたそうです

aki nagaoでは使用できなかった食材の一部なども無駄にせずwinemanでしたり(なので、いい食材を少しリーズナブルに味わえるそうです^^)、店を作る際の資材も、札幌軟石や廃材などを再利用したり、いわゆる“サスティナブル”がコンセプト

そういわれると、妙にしっくりくるのはその思いを身体で感じ取っていたからなのかと思ってしまいました^^

 

P1380900

お料理は、仕事帰りにふらりとおひとりさまで来ても、美味しいものがちゃんと味わえるようにという思いを込めて用意しているそうです。

写真は、前菜を盛り合わせにしたもの

ピーク時はできないこともありますが、少しずつ色々つまみたいというワガママにも対応してくれるそうです^^

P1380922

ワインも料理に合わせて提案できるよう、グラスワイン(800円~)が豊富とのこと

P1380913

エゾ鹿のロースのカツレツ、カシスマスタードのソース

お料理は2人分のボリュームがあるのですが、ハーフサイズにも対応してくれるそうです

そしてコース料理(5200円~)もおひとりさまから対応してくれるとのこと!(コースは前日までに要予約)

P1380917P1380920

『お店に色がない分、お料理で彩りを添えるようにしています』という説明に、大きくうなずく

それにしても、器も素晴らしい・・・

P1380886

遅い時間はBAR感覚で気軽に利用するのも全然OKとのこと^^

そしてゲリラ的に、aki nagaoの長尾シェフが店に立つこともあるそうですよ!!

 

 

P1380887

どこを写しても美しいので、つい趣味に走る^^;

P1370914 P1370913

グラスの影まで美しい・・・

P1380927

このさりげない、“open” “clause”のお知らせも、いちいちステキ・・・

 

 

食べて飲んで復興支援!札幌のシェフ達が元気を届けるチャリティーランチByRICCI

Facebookで知った、【札幌のシェフ達が元気を届けるチャリティーランチ】RICCIで行われることを知り、本日足を運んできました♪

P1360543 P1360541

ワタシは事前に予約していきましたが、飛び込みもOKという、応対の良さ!

そして本日のチャリティーランチは、RICCI川崎シェフの1皿他、Locandino Zio Vittorio Restaurant obtenir K

3店舗の料理が一度に味わえるスペシャルランチ!

P1360545 P1360547

しかも税込2000円!!

当然のようにワインをオーダー(別料金)します(笑)

P1360552

前菜は、Locandino Zio Vittorio・纐纈シェフの1皿、“ひこま豚のプロシュートコット カポナータ”

とろけるような柔らかさと、ランチタイムにピッタリな塩梅のプロシュートコット!

葉野菜の下に隠れていたカポナータがまた完璧なオイシサでして、サスガの前菜^0^

P1360557

パスタはRICCI・川崎シェフによる、“藤谷水産の水タコのラグー 菜の花スパゲッティ”

水タコは、オプトゥニールK・藤谷シェフのご実家のもの!

ほど良い辛さのラグーソース、ワインが進みます(笑)

パスタの茹で加減が完璧でした♪

 

P1360561

そしてメインディッシュは、オプトゥニールK・藤谷シェフによる、“ジビーフとひこま豚のと特製ハンバーグ デミグラスソース”

1皿目のプロシュートに続いて、お肉の優しい柔らかさをハンバーグにも感じます!やっぱりひこま豚のおかげなのかな?

そしてこのデミグラスソース、個人的にドハマりなオイシサでしたっ!!

深味はあるけどくどくなくて、ふくみがあるんです^^ まるで飲み干したくなるようなソース!!

P1360553

ということで、ラグーソースもデミグラスソースも、こちらのパンでキレイにぬぐいました^0^

P1360565P1360570

デザートも藤谷シェフによる1皿

“しんむら牧場のヨーグルト・シャーベット”

しんむら牧場の美味しさが、まさにそのままシャーベットになっていました!

〆に相応しいデザートでした~

シェフ達は、『僕たちは作ることしかできないから』とおっしゃっていましたが、作ることでたくさんの人を幸せにできるなんて、本当に尊敬です。。

そしてワタシはその思いを食べて応援し、そしてたくさんの人に知ってもらいたい!と素直に思いました^^

 

と、実はランチの前にもう一つ復興支援してきました~

P1360524

16~18日の3日間、札幌三越10階催事場で開催されていた、【北海道ビアトピア

P1360522 P1360526

厚真町のハスカップを使用し、月と太陽BREWINGの森谷さんが造った“あつまみらい”

午前中から飲むのにピッタリな爽やかさ!!

これ、春になったら厚真町にある古民家パン屋さん・此方で、此方のパンと一緒に飲みたいかもっ

P1360540

午前中だし、2杯くらいでやめておこうと思っていたのに、帰り際に昨年取材した、湯の川のエンデバーの親会社でもある、乙部追分ブリューイングのホワイトビールがつながってしまい、チケットをもう一枚買いに走ったのでした(笑)

P1360536 P1360538

ちなみに左は、この時に初めて飲んでハマった、アサヒビールの“琥珀の時間”

久し振りに飲んだけど、やっぱりオイシイ♪

でもって、乙部追分ブリューイングのホワイトビールは、クラウドファンディングで購入した方のグラスをお借りして飲んだのですが、やっぱりグラスで飲むと格段に美味しいですね♪

 

P1360546

と、どちらも本日で終了してしまいましたが、3月3日(日)には、カプリカプリで本番?の、チャリティーランチが開催されます!

1・2部とも24名限定なので、気になった方はお早めにご予約下さい^0^

 

 

今、道産チーズを食べるなら、cantine SELが間違いない♪

ミルク&ナチュラルチーズフェアが終わって、ちょっぴり寂しい気持ちになっている今日この頃・・・

本能の赴くままに購入(散財)した道産チーズを、ちびりちびりと自宅で食しております^^;

でもって、フェア中全然いけなかった方や、もっと食べておきたかった~という方に、この時期お薦めのお店があります!!

cantine SEL

P1350576

こちらは、先日道外の方をお連れした時にオーダーした盛り合わせ

P1350572

この中から、お好きなのを選んでくださいとテーブルに運んでもらったのですが、はっきり言って決められません^0^;

オーナーシェフの黒滝さんは、直接やり取りしている道内のチーズ工房も多いので、普段からマニアックなチーズもちらほら味わえるのですが、この時期は特にスゴイです!

だってほぼ毎日、フェア会場に足を運ぶのですから(笑)

ちなみに全種類盛り合わせっていうのも、オーダーは可能です(結構な金額ですが・笑)

 

P1350564 P1350563

SELは何度かブログで紹介していますが、いつ行っても、今の自分にちょうどイイものを提供してくれるお店なので、すごく楽ちんなのです^^

なので、一人でも行きやすい!

P1350567

ちなみにこちら、“前浜”のわかさぎ

『札幌にとって、前浜ってどこだかわかりますか?』という話になったり、もちろんチーズの知識も豊富なので、とても勉強になります^^

 

P1350569

お任せで出てくる料理もワインもホントにちょうどよく秀逸!

この大根と牛肉、メチャメチャ美味しかったなぁ~

P1350578

そんなわけで、初対面飲みも大いに盛り上がってあっという間の4時間半だったのでした^0^

 

 

 

 

 

食べるスープ しりべしコトリアードって知ってる?

先日、2月1日(金)から始まる【しりべしコトリアードフェア】のメディア向け試食会がありまして、参加してきました!

P1350223 P1350257

会場は、参加店舗の一つであります、“オステリア・イル・ぴあっと・ヌォーボ

ちなみに“しりべしコトリアード”については、これまでも何度かブログで紹介しておりましたが、後志地方の特産品を生かした名物料理を作ろう!という取り組みのもと、2011年からスタートした企画で、フェア自体は今回が3回目だそうです。

P1350231

改めて、「しりべしコトリアード」とは、フランス・ブルターニュ地方の郷土料理「コトリアード」をヒントに、北海道後志地域で獲れた魚介類、野菜、果物、北海道産乳製品など地元食材を使用した「食べるスープ」のこと。

基本ルールはこちらにも記載しておりますが、後志近海で穫れた魚介、そしてすり身が1種類以上使用されていたり、スープには後志産のシードルかワインを使用するなど、後志の食材に特化しているわけですが、それが全て揃ってしまうのが後志!

ちなみに後志=しりべしって、皆さんどのあたりか知ってます??

Hokkaido_Shiribeshi_Br_16cl

こちらより画像をお借りしてます

海・山があり、お米もそしてフルーツも、さらにはワイン・日本酒・ウィスキー、ホントに何でもそろってます!!!

と、改めてコトリアードの説明を^^

P1350239P1350241

魚介類は日によって変わることもあるようですが、この日は鱈・タチ・ホタテの稚貝、海老などがゴロっと入り、まさに“食べるスープ”

でもって、必ず入れなくてはいけないすり身(右のオレンジっぽい丸いモノ)が、鰊とスケトウダラにトマトを混ぜたものだったのですが、このすり身がまさに魚のすり身!!という存在感のある味わいで、印象に残りました^0^

P1350242

こちらはドライプルーン

このほかに、リンゴもスープに入っていて、ほのかな甘さと酸味があるんです^^

だからワインと一緒に食べたくなります~!!

この日は試食会ということでワインは出てきませんでしたが、各店舗ほぼ後志管内のワインを用意しているそうです^^

P1350234

そうそう、ルールにはヴィネグレットソースを添えることも明記されていますが、このソースを少しかけて頂くとまた、ニュアンスが変わりまして、1食で2度楽しめるんです♪

P1350225

スタンプラリーを行うのは今回が初めてだそうですが、1食につき1スタンプということで、6人で行って6食オーダーしたら、その時点でワイン(北海道ワインケルナー)が1本もらえちゃうそうです!!

でも6人で1本じゃ足りないし(←ワタシだけ?)、他のお店のも食べてみたいから、1店舗じゃ終われないと思うけど(笑)

 

P1350251

全店ではないですが、今回の参加店舗のシェフの皆様

一番左が、しりべしコトリアード推進協議会・会長の兼崎さん。ホテルノイシュロス小樽の総支配人であり、総料理長でもあります。

小樽=寿司という印象が強い中、より地域の食材を生かした料理を広めたいという思いと、“北のウォール街”として栄えた小樽に洋食文化を!!という思いの元、生まれた“しりべしコトリアード”

小樽から余市や黒松内と、徐々にほろがっているわけですが、今や外国と化している倶知安でも広がるんじゃないかと、個人的には読んでいます!

改めて、後志地方の食の魅力は本当に素晴らしい!!と思ったのでした^-^

P1350246

そうそう、こんなTシャツもあるそうですよ!

それにしても、イルぴあっとヌォーボの三輪さんの決め顔がステキ過ぎます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

NIKI Hillsヴィレッジ初のメーカーズディナーへ

気が付けば1ヶ月も経っていましたが、11月2日(金)仁木町にありますNIKI Hillsヴィレッジで行われた、meli melo×KOYAMA WINES×NIKI Hillsヴィレッジ “一夜限りのスペシャルディナー” に参加してきました!

P1310399

というのも、こちらの模様を12月5日(水)に発売になりました、【WINE-WHAT!?】で紹介させていただくための“取材”というお仕事の一環です^^

45844-WINE-WHAT26_H1

ちなみに19ページに掲載されています♪

P1310315

ですが、今思い出してもウットリしてしまうほど、スペシャルな内容でした!

ちなみにNIKI Hillsヴィレッジは2019年7月にグランドオープンする予定なので、本当に一夜限りなディナーだったわけです。

 

NIKI HillsヴィレッジまではJRで向かいました。

01fb823ce833d38ef38ff666a77136ce23098d968e 01373adad6e89e99d5d44e23731178b4555116c27d

小樽で倶知安行き(一両編成!)へ乗り換えて晩秋の景色を眺めながらの電車旅

生まれた時から北海道に住んでいながら、仁木駅で降りたのは初めてでした^^;

送迎バスに乗り込んで、NIKI Hillsヴィレッジへ!

P1310246

6月にも取材に来たので、季節の移り変わりを実感します^^

P1310236

ディナーの前に、ただいま絶賛造成中のナチュラルガーデンを、ヘッドガーデナーである福森氏のガイド付きで見学させていただきました^^

NIKI Hillsヴィレッジは、たくさんの方にこの場所に集まってもらいたいとう思いから、ワインを飲まない方にも楽しんでいただけるような空間造りをコンセプトにしています^^

ちなみに福森氏の後ろにある砂利道が、駐車場からレストラン棟へ向かうメインストリートになるのですが、その脇にはリンゴの苗木が植えられました。

数年後には、仁木町の名産品でもあるリンゴのアーチでお出迎えしてくれるとのことです^^

P1310242

この石壁は、一つ一つ積み上げて造ったそうです!!

P1310247

この池は、駐車場からは見えないのですが、ここから眺めて初めて目に飛び込むような作りになっているそうです。

P1310248

池に映り込む仁木町の美しい空が、景色に一部になっていました^0^

P131023901aa5db62ae7b098fa3dfb605508893c9d694e99b6

晩秋ですので、ほとんどの花は枯れていましたが、この寒空の下でも元気な草花も^^

P1310251P1310253

こちらは“ハンカチの木”

ガーデンのシンボルツリーなんだそうです^^

 

P1310262

ガーデンの見学が終わったのち、レストラン&宿泊棟へ

P1310259

ちなみにまだまだ建設中な感じです

P1310263

そうそう、この壁の素材は、ワインのコルクを加工したものなんだそうです!!

P131026501e81787c4dc297737d11c7db332bda28fbe5c1f6f

少々冷えましたので、こちらでコーヒーブレイク

P1310271

窓から見える仁木町と葡萄畑、そして空に癒されまくり・・・

P1310269

P1310268

 

一休みしたところで、醸造所の見学へ

P1310283

醸造家である麿さんが案内してくれました^^

いい香り~~~♪

樽に詰められたケルナーが、コポコポと元気に発酵していました^^

P1310290

P1310282

樽熟成中の赤ワイン

P1310301 P1310303

数年前まで、まったくワインとは関係のない仕事をしていたとは思えない・・・

P1310279

ちなみに地下にはこのようなスペースもありまして、将来的にはココでもワインを楽しめるようにする予定なんだそうです^^

 

P1310310

気が付けば外は暮れ始めていました

P1310313

ディナーの準備も着々と・・・

P1310327

グラスの準備も着々と・・・お腹が鳴ってのどが渇き始めてきました^0^;

P1310331

最初に、今宵のディナーを用意してくれた、札幌のフレンチの名店・meli meloの佐藤シェフがあいさつしたのちに厨房へ

そして、ニュージーランドでワインづくりを行っている日本人醸造家の小山氏(KOYAMA WINES)も、本日のワインについて説明

P1310337

乾杯はKOYAMA WINESのリースリングスパークリング

P1310341

アミューズに、NIKI Hillsヴィレッジの葡萄で作ったコンフィチュールのタルト

酸味が食欲を掻き立てます!

P1310343P1310342

 

P1310347

ゆり根 ホッキ ハマグリ

見た目は非常にシンプルなのに、旨みの主張が半端ない!

そして一つ一つの素材の味も楽しめるのに、ちゃんと一つの味わいにまとまっている・・・

思わずうなってしまった・・・

P1310344P1310352

ワインは飲み干さなくとも、新しいグラスで次々出してくれるので、色々な組み合わせでペアリングを楽しめるのが、とても贅沢でした^^

そして、造り手がそれぞれのワインを説明してくれます^^

P1310353P1310355

 

P1310358

バターナッツカボチャ フォアグラ 青りんご

P1310359

ワタシはアレルギーでリンゴが食べられないので事前に抜いてもらいましたが、味のバランスはまったく問題なく、というかまさにワインのためのモンブラン!というの味わいに、一口でやられてしまいました・・・

P1310365

ホタテ 真だち 根セロリ

P1310367

どの素材も何度も食べているのに、今までで一番おいしい状態で味わったといっても過言ではないほど、素材の味わいが生きていました・・・

P1310360

同席された皆様から賞賛を受けていた、パンの横に添えられていたハーブバター

そういうところにも、妥協がない

P1310373

鮮魚 ホウズキ ハーブフラワー

う、美しい!!!!!そして美味しいっ

ホウズキのソースがワインとのペアリングを確実なものに仕上げてくれているような、とても存在感のあるソースでした

 

P1310383

白老牛 レッドキャベツ 赤ワイン

まさに、赤ワインのための1皿

P1310379

だんだんワインもきつくなってきたかなぁと、一瞬でも思った自分にツッコミを入れたほど、ワインがスルスルと進みました

 

P1310387

お口直しのシャーベットはNIKI Hillsのナイアガラを使用

甘い香りに癒されました~

 

P1310392

マロン ショコラ カシス

デザートもまた、ワインが進む味わいでした><

 

P1310351

ワインに寄り添った料理を提供したと佐藤シェフが語ってくれましたが、まさにその通りの1皿ばかりでした・・・

 

P1310402

今回いただいた10種類のワインたち

普段なかなか飲むことができないワインと、この日のために札幌から駆け付けた佐藤シェフの料理、

初めてのメーカーズディナーは、贅沢すぎるほどの最高の一夜となりました

 

グランドオープン後はどのような形態になるかまだ分かりませんが、次回は宿泊もして、朝もやの葡萄畑を眺めながらモーニングをいただいてみたいデス!!

 

pageTop