札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ほっと一息』カテゴリーの投稿一覧

1月22日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~パティスリーフレール

1月22日(木)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、昨年秋に36号線沿いにオープンした、【パティスリーフレール

P1530451

パティスリーフレールは、スイーツ好きの方ならほとんどの方がご存知かとは思いますが、“焼肉徳寿”のデザート部門として誕生し、焼き肉店なのにスイーツが美味しすぎる!と話題になり、さっぽろスイーツコンペティションで2回もグランプリを受賞しているパティシエの古田さんのいらっしゃるお店です。

P1530445

そのフレールさんが、カフェ常設の大型路面店としてオープンしたわけです!

P1530409

なが~いショーケースには遠くから見ても、美しくて美味しそうなケーキが並んでいます^^

P1530411

P1530407

どれも美味しそうっ!!

P1530436

奥には、カフェスペースがあります。

P1530396 P1530398

ケーキセットや、カフェでしか味わえない苺ショートなども^^

P1530423

今回はオススメのケーキをいくつか出して頂きました。

P1530428

どれも素材の良さを生かし、丁寧に作っているのが伝わる味!

P1530427

意外な組み合わせのアイデアに、古田さんのセンスが光っています^^

道産素材を使用するのはもちろんですが、ケーキがよりおいしくなる素材を日々研究し、商品開発につなげているそうです。

P1530432

そして今回のオープンにあたり、フランスや東京などのスイーツ店を視察し、それぞれの良いところを取り入れつつ、札幌らしさが出るような、ケーキを届けたいと思っているそうです^^

P1530393

実は個人的に記憶に残ったのが、コーヒーなのです!

古田さん曰く、フレールのケーキが美味しく味わえるようなブレンドにしてもらっているとのことなのですが、まさにその通りで、コーヒーを飲むとケーキを一口食べたくなりまして、食べるとまた飲みたくなるという、永遠のループ(笑)

 

P1530403

それから気になったのが、こちらのマドレーヌ

見た目はほとんど変わらないけど、3種類並んでいます。

よく見ると、安平町や大通高校と書いてあるのですが、これは“はちみつ”の産地なのです!

マドレーヌはハチミツを変えると全く違う味わいになるそうです^^

食べ比べが大好きなオサナイとしては、こういう商品開発がすごくうれしいのです^^

 

今まではずっと地下の工房でケーキ作りをしてきたという古田さん

いつも明るい路面店になったことで、これからのケーキ作りにも、良い影響が出てきそうな予感がします^^

 

1月8日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~焼鳥ひげぼうず

寒中お見舞い申し上げます。

1月がスタートしてすでに1週間以上たっておりますが、改めまして2020年もよろしくお願い致します。

ということで、2020年最初のブログは、1月8日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息に掲載いたしました、【焼鳥ひげぼうず】のご紹介です!

P1510625

名前もさることながら、行燈と暖簾のインパクトがすごい焼鳥屋です!

P1510626 P1510646

イラストはオーナーの村上さんの似顔絵です

うん、間違いない(笑)

P1510631

店内はコの字型のカウンター10席のみ

P1510634

メニューはこんな感じ

P1510636

手前のカウンター前には焼き鳥の入ったショーケースがあるのですが、最初に思ったことは“美しい!!”ということ

P1510638

焼鳥って串打ちが大事な仕事と前に聞いたことがありますが、その仕事をちゃんとしている感がショーケース越しにも伝わってきます!!

P1510639

早速焼いてもらうことにしたので、焼き場に近づいて撮影させていただきました。

P1510650

なんと!炭も美しい!!!

思わず見とれてしまいました・・・

P1510664

当たり前だけど、焼いても美しい

P1510655P1510656

この秘伝のタレらしき壺に串を入れる姿も、美味しさの演出と化しています!!

 

P1510658

持論ではありますが、美しいものは間違いなく美味しいのです

P1510672

P1510683

P1510684

こんなに美しい串打ちが出来て、美味しくて、その上希少部位まで仕入れできるとは、さぞかし業過が長いのかと思いきや、村上さんの前職は銀行員!!(ちなみに34歳)

いつしか焼鳥屋を開業することが目標となり、奥様以外ほぼ全員が反対する中、銀行を辞め、市内の焼鳥店などで修業

昨年の11月に、“焼鳥ひげぼうず”を開店する運びとなったそうです

ひげぼうずのステキなところは、焼き鳥がオイシイだけじゃなく、お通しや一品料理も完璧なこと♪

P1510667

完璧にのん兵衛仕様です!!

P1510677

P1510686

そしてコの字型のカウンター、座ると他のお客様と目線が合わないので、女性がおひとりさまで来ても、心地よく飲食できるような感じがしました^^

P1510641

ドリンクラインナップはこんな感じで、ワインなども揃っています。

個人的に黄金色のまんこいが目に留まりまして眺めていると、“うちのレモンサワーはこの焼酎で作るのですが、キケンなほど美味しくて、開店して3週間くらいですでに3本空になったんです”と、村上さん

P1510675

確かにレモンサワーは流行っているけど、そこまで言うならぜひ!と、味見させていただくことに。。。

あっという間に飲み干してしまいました^0^;

その危険なほど飲まさるレモンサワーの味を、ぜひ一度確かめてみてください^0^

 

ちなみに村上さん、YouTubeもやってるんです~

めちゃくちゃ忙しそうなのに・・・さすがは元銀行マン(笑)

12月18日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~なみきSPICE

018927ea5e5fc4a28cf44cd6b0346274e2fe79dd10

12月18日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、11月にオープンしたばかりの【なみきSPICE】

場所は北大病院前。調剤薬局が多く立ち並ぶ場所ですが、実はここも以前は調剤薬局だったそうで、中はかなり広いです!

P1510576

1階は21席

おひとりさまでも利用しやすい、カウンタータイプの席もあります。

P1510582

2階席はさらに広くて35席!!

P1510584

サークル仲間とかで行っても大丈夫!

 

こちらのカレーは、自分で組み合わせ出来るルーカレー

まずは、ルーのサイズをセレクト

そしてライスのサイズをセレクト

そしてお肉の種類&量をセレクト

もちろん、ルーだけでもOKなのです^^

P1510586

決まったら、券売機でチケットを購入

P1510609

ちなみにこちらは、ルー・ライスともに普通サイズ

そして、やわらかとりもも肉(50g)をセレクトしたもの

女性だと、ちょっと多く感じるくらいのボリューム

ただ、“カレーは飲み物”的なタイプなので、思いのほかスルスルと胃袋に収まっていきます

まずはルーのみで、食べてみてください!

40種類のスパイスと、13種類の野菜と果物のペーストを20時間以上煮込んで完成させたルーは、食べた瞬間は優しく柔らかい味わいですが、じわ~っとスパイスが表に出てくる感じ!(ちょい辛タイプ)
P1510595
ルーを仕込むときは、こちらの大きな鍋に、400㎏ほどの食材を入れてじっくり煮込むのですが、仕上がり時には80㎏くらいになっているそうです!
ちなみに添加物はもちろん、小麦・砂糖・トランス脂肪酸は一切不使用という、“融合薬膳カレー”とのこと
ん?どんな意味だろう??
79361412_435950817280641_2407474803159072768_n
コチラを読んでいただけれな分かるかもですが、“体にいいものを食べてもらいたい”という思いを人一倍持っているオーナーの鶴岡さんが、その思いを形にしたカレーを作りたい!と、春まで近くで「土みそ」という飲食店で料理を提供していた、本田さんとタッグを組んで、約5ヶ月間、試行錯誤の上に完成したのが、“融合薬膳カレー”というわけです。
P1510618
ちなみにオーナーの鶴岡さんは、あの【板そば なみ喜】のオーナーです。
ということでご存知の方は、鶴岡さんの味のこだわりをよく、ご存知かと!!
P1510615
個人的にそのこだわりを一番感じたのは、鶏肉と一緒に食べた時!

ほんのり味わいが変わるのが分かります!

店長の本田さんに聞いたところ、実は豚の時と牛の時も、まったく味が違うんですよ!とのこと。

 

完食してからの感想としては、身体がずっとポカポカして、疲れが少し癒された感覚^^

オープンしてからも、日々進化させているというルー

そう聞くと、しばらく通ってしまいたくなっている自分がいます^^

【なみきSPICE】
札幌市北区北14西4(南向き)
011‐556‐2266
11:00~21:30 LO.21:00
日休
全席禁煙

 

 

 

12月4日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~N.CREA

内観2

12月4日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、張碓町にあるイタリアン【N.CREA

013a38e20ddca99e6833a0458c77813b9825a31839

オーナーのお母さまの実家を改装し、今年の9月にオープンしました^^

012c93441c101c7e54fef34b57305f572e4339a0fe

国道5号線を小樽方面に車を走らせると、脇坂工務店の看板が見えてきまして、そこを海側に入るとまず、“N.CREA”と描かれたガレージが目に留まりまして、その奥に白壁の一軒家があります^^

01f10ce7f426cd35c414e0ea3da2f9048f63121d7b

庭にさりげなく置いてあったこちらのオブジェを見た瞬間から、どこか普通じゃない雰囲気を感じてはいたのですが、中へ入ると想像以上の空間でした!!

01b8170384d0f30458e860150b8584ab64a9cb1f1c

まず目に飛び込んでくるのがこちらのカウンター&厨房

P1500018P1500017

何ですか?!このギャラリーのような照明たちは!!

P1500004P1490988

店全体より、照明が気になって仕方がない(笑)

そうして改めて店内を見渡すと、どこもかしこも気になってしまい、色んな所からバシャバシャ撮影してしまいました^0^;

01037792578eb6f37a5bcc0aa9fdad7b2001841eec 01a520d4aadf9b0f810d7a165dd238e85dcb004527

01a520d4aadf9b0f810d7a165dd238e85dcb004527 01b2edbf46a14b7ba7ff5a5b38b01dff6054b0e88d

あ!2階もあるんですね!

お客様がいないうちに、2階にも上がらせていただきました^^

0126f488eca0ce63093f1b87272b2aa60c11d56457 0174c9d6e39fb383ffdee776805fd6c3a56e23477e

どこに座っても、会話が弾みそうです♪

01d54454447819b1c0646f386e20b23b07cc29adca 012d49d24386b8544b576933824571339e1b508161

てな感じで、ややしばらく撮影タイムとなりました(笑)

P1500006

気を取り直して、お料理のご紹介に移ります^0^;

まずは、ランチタイムで味わえるパスタorピッツアのセット

P1500015

サラダから既にテンションアップ!

実は裏庭で自家菜園をやっておりまして、お邪魔した11月上旬でも青々とした葉野菜やハーブが生っていました

012f1be17d2483287efe2f189f81d9ef14b00c924a 0191296834a824ccfaa28148dab1a58a4ea3be9cf0

01bf786b698ad497dcf210760e68312749238a0199

大きな栗の木もあって、ここで収穫した栗を使ったスイーツなども作っているそうですよ!

P1500046

冬はこうして室内にもミニガーデンが♪

 

P1500032

こちらはパスタ

“ワインの用意もありますが、いかがですか?”と、天(店?)からのささやきが・・・

車じゃなかったのでつい、ワインもいただいてしまいました^0^;

何を言っても言い訳ではありますが、美味しいイタリアンにはワインが必要だと思うのです(笑)

P1500028

こちらはピッツア

P1500019

ピッツアは店内の釜で焼き上げています^^

P1500023

P1500039

こちらは単品料理の一つ、“道産鶏と地場ハーブのオーブン焼き”

P1500042

鶏肉がパリッパリで美味しいのはもちろんなんですが、とにかく野菜が美味しい(≧▽≦)

やっぱりワインが必要です(笑)

P1500010

実は一部料理の監修を、ビストロポワルの早貸シェフが行っているので、あのコンソメスープも飲めちゃったりします!!
(店舗プロデュースも早貸シェフ!)

 

 

P1500048 P1500052

そして、食後のコーヒーにもこだわりが・・・(なにせ、サイフォンとエスプレッソマシーンどちらも完備)

こだわりはお店でご確認を^^

 

スイーツメニューも充実しているので、カフェ使いも出来るお店です^^

 

P1500037

これから冬になると、木の葉が落ちて見通しが良くなるので。海が見渡せるようになるようですよ!

 

 

 

 

11月20日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~ニシジルシ

11月20日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、ものすご~く目立たない場所に9月にオープンしたばかりの【ニシジルシ

P1500149

石山通を一本、中に入った通りで、完全なる住宅街

P1500151

暗くなって照明が灯ったら逆に目立つかもしれませんが、正直『よくこんなところに飲食店を出したなぁ』と、思ってしまうレベル^0^;

P1500129

でも窓に、“鶏煮込カレー” “クラフトビール” “樽生コーヒー”と描かれているので、何屋さんかは一発で分かります^^

P1500109

店内は、テーブル6席&カウンター4席

P1500116

カウンターの上の黒板に、メニューが記載されています。

P1500115

カレーは1種で、トッピングが色々ある感じ

P1500117

後は、クラフトビール、ハードサイダー、焼酎や自家製サワー、そして樽生コーヒーもあり、カフェ感覚でBAR感覚でと、時間帯によって使い分けできる感じ。

 

P1500133

 

まずは早速、看板メニューの“鶏煮込カレー”をいただいてみることに

P1500135

パッと見カレーと言うより、洋風茶漬けもしくはスープリゾット

これは・・・食べる前から気になりすぎる形状!!

P1500139

添えられている漬物を、思い切り混ぜて食べるのがオススメとのことで、思い切って混ぜる!

P1500141

見た目がすでに、カレーじゃありません(笑)

でもしっかりスパイスが効いているので、食べたらカレーなんです!!

そしてそして、1口食べるごとにハマっていくこの感覚!!

全体的にはスープだけど、漬物の食感が生かされてちゃんと食べている感があるし、ライスもななつぼし・発芽玄米・ジャスミンライスの3種類をブレンドしているので、プチプチ感と旨みの融合と言うか、とにかく色んな味わいが次から次へと押し寄せてくるんです!!

これは・・・究極の“カレーは飲み物です”系カレーかもっ

P1500146

こんなすごいカレーを作るんだから、相当カレー店とかで修業したのかと思いきや、『このスペース&場所で、僕一人で営業するとなると、居酒屋は厳しいし・・・』と、出来ることを考えた時にカレーと言う選択枠になったそうで、それからオリジナルレシピで鶏煮込カレーを考案したそうで・・・

西脇さん!ある意味天才ですっ!!

P1500143

と、この日は車だったので、残念ながらクラフトビールと合わせることが出来なかったのですが、『樽生コーヒーとも合うんですよ』と、一口味見させていただきました。

いやいや、そうでもないでしょ、きっと。と、疑い半分で飲んだら、樽生コーヒーのクリーミーさがものすごくしっくりきて、なんだか西脇さんの手中にハマってしまった感な取材でした(笑)

P1500142

ちょうど、仕込み中のカレーも見せていただいたのですが、ものすごいコラーゲンで、プルップルでした!!

ということで、こんなに汁なのに、テイクアウトも出来るそうですよ~

 

P1500113

ただし歩道が狭いので、テイクアウトの際はくれぐれもお気を付けくださいとの表記が・・・

色んな意味で味のある店ですっ(≧▽≦)

 

 

pageTop