札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ほっと一息』カテゴリーの投稿一覧

1月16日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~COFFEE STAND 28

1月16日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息でご紹介したのは、白石区栄通18丁目にある、【COFFEE STAND 28

P1340088P1340091

コープさっぽろルーシー店の裏手の仲通りに面した、こちらのビルの1Fになります。

中に入ると、この場所にこんな素敵なカフェがあったなんて!と、失礼ながらビックリ!

P1340100

入口すぐのソファ席の横に、目を引く焙煎機があります。(焙煎は2017年からスタート)

P1340086P1340085

お店の雰囲気に合わせて、黒く塗ってカスタマイズしたそうです^^

P1340081

こうして店内を眺めると、要所・要所にこだわりを感じます。

オーナーで、国際的なコーヒー鑑定士「CQI認定Qグレーダー」の資格を持つ山口江夏さんは、老舗コーヒー店で修業していた際、海外のカフェを特集した記事を見て『高い専門性』と『気取らないカッコよさ』に感銘を受け、自分の思い描いていた店を作ってくれる建築事務所を探します。

いい出会いがあり、それから物件を探していたところ、その事務所がリノベーションを手掛けることになったこのビルの1階が空いていることを教えてくれ、2013年にオープンする運びとなったそうですよ!

お店の取材をしていると、“縁”や“タイミング”ってホントに大事だし、運命的なものだよなぁと、感じることが多いです。

P1340080

それにしても、どこから撮影しても絵になるし、どこの席も居心地が良い!

P1340076

ちなみにこの右奥にも、隠れ小部屋のような席があります^^

 

P1340077P1340071

店内の壁にはスペシャリティコーヒーについて詳しく、だけど分かりやすい説明書きが^^

実はワタシもよく分かっていなかったので、思わず立ち止まって読み込んでしまいました(笑)

ドリップコーヒーは1杯Mサイズが410円、Lサイズが520円で、テイクアウトもOKです。

もちろん、豆の販売もしています^^

取材中も、豆だけ購入して帰っていくお客様(年齢層が幅広い!)が入れ替わりでやってきまして、ファンが多いんだなぁと言うことを実感

そしてこちらのお店のもう一つのウリが、自家製の焼き菓子です

P1340064P1340070

実はワタシ、COFFEE STAND 28のことを、昨年の11月に丸井今井で開催された“珈琲マルシェ”で初めて知ったのですが、その時コーヒー以上に記憶に残ったのが焼き菓子だったのです!!

その時に、コーヒーを美味しく飲んでいただくための焼き菓子を手作りで用意していると聞き、これは一度お店に行かなくては!と思ったわけです^^

P1340055

念願かなって、イートインでのコーヒー&スイーツ

この日頂いたのは、“リングのタルトタタン風マフィン”

たっぷり目のコーヒーとマフィン

それを眺めているだけでも美味しい(笑)

早速マフィンを一口

これは間違いなく、コーヒーが飲みたくなる味!!

コーヒーがないと、オイシサ半減です(断言!)

ちなみにこちらは気まぐれお菓子なので、いつもあるとは限りませんので、悪しからず。。

FBページで“今日の焼き菓子”も紹介しているようですので、チェックしてみてください^^

P1340068P1340066

と、こちらのチョコブラウニーが、ワタシが珈琲マルシェでドはまりしたお菓子!

テイクアウトも出来るので、知人の手土産にと、買い占めてしまいました^0^;

 

COFFEE STAND 28 は、平日はAM7:30から営業中

お店をオープンする際、朝から営業するのは必須だったそうです^^
(オープン当初は一人なのに、7:00から営業していたそうです!)

 

雰囲気も味も、そして山口さんの人柄もすべてが心地良く、ご近所の方が羨ましい~

 

 

 

12月26日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~MORIHICO.藝術劇場

12月26日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、札幌市民交流プラザの1Fにある、【MORIHICO.藝術劇場

P1310573

この看板の通り、ハンドドリップコーヒーと本を存分に楽しめるカフェ

P1310575P1310580

というのも、お隣にあります図書・情報館の本を持ち込んで、読むことが可能なのです^^

逆にMORIHICOのコーヒーをテイクアウトして、情報館に持参することも可能!

 

さてお店の中はと言いますと、札幌の芸術と文化のランドマークタワー内ということで、その施設にふさわしい雰囲気!

P1310600

まずは天井が高い!

その天井を素敵に演出する、ライト

P1310581

その日の気分で自分好みの場所を見つけてリラックスできるような、様々なテーブル席

P1310620

 

 

そして象徴的なカウンター!

P1310588

置いてある道具すら、計算されつくされているように溶け込んでいるのです^^

P1310607

この蛇口的なもの、何だろうと思っておりましたら、エスプレッソマシンでした!

P1310608

色々進化しているんですね~

ふと、カウンターの側面にサインを見つけました

P1310593

こちら、札幌文化芸術劇場hitaruのこけら落としで指揮者を務めた“アンドレア・バッティストーニ”氏のサインなんだそうです!

そのサインすら、デザインの一部になっていました~

 

P1310605

ちなみに撮影したこの日は、すべてのテーブルにマルメロが・・・

オーナーがこの香りをお客様にも楽しんでもらいたいと、置いていったそうです^^

本当に癒しの香りが漂ってました!

 

ちなみにコーヒーの他、ケーキや姉妹店・マリピエールの焼き菓子なども楽しめます

P1310584P1310585

 

48416763_289725668554948_4573355054513258496_n

オススメはフルーツサンド♪

P1310595

また平日は8:00から営業しているので、モーニングセットなどもあります

 

 

それにしても、一つ一つの小物なんかもが見逃せないものが多い

P1310594P1310603

古いドアをテーブルにしている席もあるんですよ♪

 

夜は22時まで営業しており、劇場で公演がない日などは比較的ゆったりとした時間が流れているそうなので、自宅に戻る前にリラックスしたいときなどにもオススメです♪

 

 

 

12月12日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~澄川麦酒醸造所/ビアパブ・ひらら

12月12日(水)の北海道新聞夕刊【ほっと一息】で紹介したのは、澄川麦酒醸造所/ビアパブ・ひらら

P1320815

地下鉄澄川駅からは徒歩3分くらいですが、住宅街の、しかも道路から奥まった建物にあるので、かなり目立ちません!

実は以前、まだ“ばぁる ひらら”だったころにこちらでも紹介しているのですが、2年前にこちらの物件を借りることになりました。

というのも、ビール好きが高じて、どうしても自分で作ってみたくなり、なんと醸造免許を取ってしまったのです!!

P1320811

こうしてみると、最近流行りのビアパブのようですが、実はこの壁の向こうでビールを醸造しているんです!!

P1310623

醸造する日を事前に伺いまして、ビール造りを見学させてもらいました!

あれ?思ったより普通の厨房・・・ラーメン屋さんみたい?

P1320739

『ラーメン屋という表現は間違っていないですよ、この寸胴もガスコンロもまさにラーメン店で使用しているものですから』と、オーナーブルワーの齋藤 泰洋氏

P1320700

 

P1320703

ちなみに麦芽を麦汁にする作業中でした

暫くの間、かくはんしなくてはいけないそうです。

P1320728P1320729

麦芽(ドイツ産)は冷蔵庫で保管されていました。色が濃いのはローストしてある麦芽

P1320733

少しつまませてもらいましたが、これがまた、美味しいのです!ビールのアテになると思う(笑)

 

さて、しばらくかくはんして麦汁が出来上がりました

P1320713 P1320725 P1320726

最初はかなり濁っています

ココで漬物をつけるときに使う落し蓋が登場!

なんと、これでろ過してます!!

「お金がないから、いかにお金をかけず、そして身近にあるものをどう使うかがポイントなんですよ」

いやぁ、、、感心しきり

 

P1320755 P1320736

ろ過した後、ビールの“苦み”の元、ホップを投入します

アメリカ・ドイツ・イギリス・チェコなどのホップを組み合わせているそうです

P1320762P1320764

だんだんビールらしくなってきました^^

この辺りで、ガサガサとビニール袋を出し始める齋藤さん

P1320765 P1320708

「ビールは漬物袋に入れて、この冷蔵庫で発酵させるんですよ」

え?また、漬物用品??

しかも、このホームセンターに売っていそうな置き型冷蔵庫が醸造タンクになるんですか???

P1320767P1320770P1320771

頭の中がクエスチョンマークだらけになり始めたころ、酵母を漬物袋の中に投入。ここで雑菌が入ってしまうと酵母が死んでしまうこともあるので、特に慎重に行っていました

 

その後、もう1種類の香りの高いホップを投入し、今回はゆずの皮と果汁も投入

P1320774 P1320776

P1320778P1320780

いやぁ、香りだけで癒されます~~

このぐつぐつ煮立った100℃近い液体を、少し冷ましてから漬物袋に入れるわけですが、手作りのホースがまた、すごかった!

P1320783

P1320743P1320779

ホースの中にはエアコンなどに使用されている銅管が入っていて、ここにビールを流し、ホースに流すわけです

P1320785P1320781

水はビールの熱を取ってお湯になるわけですが、これを洗いものに使用するという、無駄のない設計!!

P1320787 P1320789

ちなみにこの鉄板は寸胴の底に敷いているものですが、もちろん手作りです~

P1320791

こうして発酵タンクならぬ、漬物袋をセットした冷蔵庫にビールを入れていきます

P1320795  P1320796

齋藤さん曰く、この揉みこみも大事な作業なんだとか。。

しかし、どう見てもビールの仕込みに見えません(笑)

P1320748 P1320746

ちなみに冷蔵庫の中には、冷たくなり過ぎないようヒーターが付いています

これが、“亀ヒーター”とのこと!

液体にも強いし、よくぞ思いついたものです!!

こうして醸造タンクならぬ漬物袋+冷蔵庫にビールを貯蔵し、出来上がったものは銅管に医療用ポンプを繋げてくみ上げ、樽へ

業務用冷蔵庫に穴をあけ、壁の向こう側のタップにつながっているわけです^^

P1320742

実はこちらの設備、お手本になった醸造所があるのだそうです

島根にある石見麦酒

齋藤さんが師匠と慕っている石見麦酒の山口夫妻に出会い、これなら自分でもビールが造れるかも!と、想ったそうです^^

 

P1320714

2017年4月に醸造を始めて、11月30日の時点でNo,76 にまでなった澄川麦酒

大きな失敗は特になく、少量だからこそ様々な味わいにチャレンジしているそうで、本当に楽しんで取り組んでいるんだなと思いました^^

P1320804

ちなみにこちらは、専用グラス(450ml)

販売もしていますよ!

P1310631

個人的にはSサイズを一度にオーダーして、飲み比べるのがオススメ♪

これだと味の違いがよくわかるし、自分の好みの味が明確になります!

P1310626

ちなみに料理メニューは日替わりで、サクッとつまめるものから、お腹を満たしてくれるものまで揃っているので、いろんな使い方ができます^^(最後の1時間はビールだけの提供となります)

 

P1310634

女性一人でも気軽に入れるところもイイ感じ♪(深海晶になった気分で飲めます・笑)

 

P1320753

とりあえず試してみたい!という方にお勧めな、ハッピーアワーや、月一お客様感謝デーなんかもやってます^^

個人的には、中心部にサテライト店ができてくれることを期待しています!

 

 

11月28日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~時計のない喫茶店

11月28日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”で紹介したのは、約1年前に北大通り沿い・北17条にオープンした、【時計のない喫茶店

P1320012

実は看板はつい最近ついたようなので、何屋だろう?と思っていた方もいらっしゃるかもしれません^^;

P1320014 P1320010

店の名の通り、“喫茶店”になります

P1310955

カウンター7席と、4席のテーブルが1つ、2席が2つのお店です

P1310962

こちらのメニュー表にも書いてあるように、とてもシンプルだけどすごくセンスの光る喫茶店

P1310970

さりげなく置いてあるオーディオセットまで、店内に溶け込んでいる感じ

P1310969P1310967

このスピーカー、好きです!!

と、お一人で店を切り盛りしている村上さんが、音楽や映画再好きとのことで、店内にもそのこだわりが溢れています^^

 

P1310961

コーヒー豆はこちらで焙煎しておりまして、取材した日のスペシャルコーヒーはこのようなラインナップでした

P1310963

それにしても、メニューの字体も雰囲気にあっているなぁ~

P1310980 P1310990

せっかっくなので、コーヒーを淹れていただきました

この、ドリッパーの台、すごく素敵!!

こういうところにもこだわりを感じます^^

P1310999

ケニアのカグモイニ

と、このコーヒーカップ、メチャメチャ好みなんですけどっ

P1320008

こんなにコーヒーカップがあるのに、どうしてワタシが好きなカップが分かったんだろう~

P1310979

コーヒー豆については、こんなカードまで用意されていて、最近コーヒー豆に興味を持ち始めているワタシにとっては、とても嬉しい^^

ちなみに来年から、250の農園と契約しているという、ノルウェーの豆会社と取引が始まるそうなので、札幌ではなかなか飲めないコーヒーが楽しめそうです^^

 

ドリンクは、アイリッシュコーヒーやカクテル、自然はワインなどのアルコールメニューもそろっていて、金土は24時まで楽しめます

46837050_543655192713625_6368520125745725440_n

 

そしてスイーツ、東区にある霜月堂さんのケーキを楽しめるそうです^^

46853175_2220298824920907_4956338263255154688_n

う~ん、やっぱりどれもこれもセンスがいいっ!

 

P1310975

火・水・木は、モーニングも営業中

 

その日の気分で、色々な使い方が出来そうな喫茶店

そして、時間を忘れて楽しみたい喫茶店♪

 

 

そうそう、村上さんは時計のない喫茶店を始める前は、札幌市内に数店舗ある老舗の喫茶店で働いていたそうで、
そののちに、こちらのお店を構えることになったのですが、よっぽどコーヒーが大好きで始めたのかと思いきや、『ゆったりした雰囲気の中で働けそうだから』というのが、最初のきっかけだったそうです!

ただ、実際に働いてみると全然そんなことはなかったらしく、特に今は小さな機械で焙煎をしているため、開店前や閉店後に3時間もかけて焙煎を行っているそうです^^;

まぁだけど、それでも辞めずに続けているということは、もうすっかり、コーヒーの世界にハマってしまったのでしょうか^^

 

 

 

11月14日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~caffè&trattoria ORZO

本日の北海道新聞夕刊・ほっと一息のコーナーでご紹介したのは、今年9月にオープンした、【caffè&trattoria ORZO~オルゾ

P1310224

入口からして、ほんわかした空気が漂っている感じ♪

P1310193

店内に入ると、さらにホッコリした気分になれる空間!

全17席と、決して広いとは言えないお店ですが、どこに座っても収まりがいいというか、1名できても2名できても、グループできても、ちょうどいい場所がある感じです^^

P1310189

奥のテーブル席は、半個室風

 

P1310199

ちなみに奥から入口を写すとこんな感じ

P1310196

ORZOの一番の売りは、3種の道産小麦を独自にブレンドして作った、手打ちパスタ

パスタ

『春よ恋』 『ゆめちから』 『ルルロッソ』をブレンドしているそうです。

全粒粉も使用しているので、ちょっと茶色に仕上がっております^^

P1310213

さっそく、シラスと檸檬のパスタをいただいてみることに

パッと見はさっぱり系のパスタかと思いきや、ピリッとスパイスも効いているんです!

こ、これは・・・確実にワインが欲しくなるやつ!!(笑)

P1310211 P1310203

ちなみにワインはボトルもグラスも、お手頃な価格帯のものを用意しているとのこと^^

そしてパスタは通常サイズのほかに、ハーフサイズの用意もあるので、夜はあまり炭水化物に走りたくないけど、やっぱり少し食べたい・・・という、ワタシのようなのん兵衛はかなり嬉しい!!

 

P1310214

もう一つ、ぜひとも味わっていただきたいお料理があるのでぜひに!と、オーナーシェフの町屋さんにお勧めされていただいたのが、道産牛ホホ肉の赤ワイン煮 かわいファームのビーツ

 

P1310217

じっくり時間をかけて火を入れた牛肉がホロッホロで美味しかったのは言うまでもないのですが、牛肉以上に感動したのが、ビーツ!

こんなに甘くてホクホクのビーツ、初めて食べたかもっ!!

ちなみにかわいファームは西区小別沢にあるそうです

P1310207

町屋さんはORZOをオープンする前は、『ブラッスリーコロン』で働いていたのですが、ブラッスリーコロンと同じく、生産者との繋がりを大切にしたお店にしていきたいとのこと。

北海道はこれからしばし、野菜が採れない季節にはなってきますが、来年には軒先マルシェなんかも出来たら・・・と思っているようです^^

そうそう、ORZOは店名に“caffè”と記載されているように、ランチタイム(14:30まで)終了後は、カフェとしても営業中♪

545A2434

ドリンクはもちろん、自家製のドルチェも楽しめますよ!

 

P1310202

個人的に一番食いついたのが、ランチセット(パスタセットorグラタンセット・各1500円)のドリンクで、タップマルシェのクラフトビールがセレクトできるところ!!

これは、お得すぎですっ^0^

 

pageTop