札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ほっと一息』カテゴリーの投稿一覧

5月16日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~NO CHARGE BAR Fennel

本日、5月16日(水)に北海道新聞夕刊“ほっと一息”で紹介したのは、4月9日にグランドオープンした、【NO CHARGE BAR Fennel(フェンネル)

すすきので9年営業している、【BAR CALAWAY】の2号店になります

 

P1220774P1220773

場所は札幌駅北口・北海道通信ビル(通称:道通ビル)の地下1階

昔からこのビルの地下を知っていたワタシとしては、え?道通ビルにBAR??と、驚きました。

黒い壁面からして、道通ビルの中ではひと際目立ちます。

P1210638

中をのぞくと、確かにBARです!

P1220783

カウンターは8席

P1220769

他にソファ席と、真ん中にもテーブル席があります

P1220764

思っていたより席数が多いです!

何より特徴的なのは、15:00から開いていること!

この辺りで15:00から飲めるBARはあまり聞いたことがありません。

 

P1220777P1210644

ノーチャージ(サービス料10%)ということもあり、0次会利用のお客様も多いようです^^

メニューはウィスキーやカクテル、ワイン、そしてタップマルシェが入っているので、クラフトビールも4種類楽しめます

P1210645P1220776

P1220787

ちなみにスタッフは、全員とっても気さくな女性で、男性の方に喜ばれているのはもちろんですが、お一人様の女性も安心して立ち寄れる雰囲気です^^

 

011eeb59a0a76cb0c3826d2653375caf531191bbf4

と、食事メニューはそれほど多くはありませんが、カレーライスや気まぐれのおつまみなどもあり。

また、 ウィスキー入りの大人のフレンチトースト、リキュール入りのバーパフェなどもあります^^

3名以上で利用できる2時間3000円飲み放題プラン(+500円でクラフトビールもOK)もあり、結婚式の2次会会場としてもおススメです♪

 

 

 

 

 

 

 

5月2日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~醸造酒と天ぷらのお店 plur(プラー)

5月2日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”でご紹介したのは、住宅街の仲通にひっそりと行燈が灯る、【醸造酒と天ぷらのお店 plur

P1210693

カウンター7席と、4名掛けのテーブル席が一つ、ただしオーナーシェフの吉田さんがほぼ一人で営業しているので、テーブル席はほぼ使用していないそうです。

実はかなり前から気になっていて、一度紹介したいと思ってはいたのですが、あまり忙しくなってしまうとかえってお客様に迷惑が掛かってしまうかもしれないので・・・と、遠慮されていたのですが、このたび、お手伝いしてくださる方が入られたようで、今回の掲載となりました^^

 

その名の通り、日本酒やワインなどの醸造酒と、天ぷらをはじめとしたおつまみが気軽に(ちなみにノーチャージ)楽しめるお店です

P1210697

日本酒は基本、ワイングラスでの提供。そしてワインは日本ワインのみ

P1210698

 

とにかく飲ん兵衛大歓迎のお店でして、1500円以上飲む方は、料理を“会員価格”で味わえます!

P1210680

 

P1210688

そしてアルコールは、飲みたい量が選べます

P1210700

こんな風に飲み比べしてみたり、気になっていた銘柄などを、色々試してみることもできます^^

日本酒のほとんどが四合瓶で、入れ替わる頻度も早いので、まめにplurのSNSをチェックすると良いかもです^^

P1210703

P1210708

 

天ぷらの提供にはどうしても時間がかかってしまうので、その前にアルコールと一緒に楽しめるおつまみもあります^^

image1

 

こちらは人気の野菜の天ぷらの盛り合わせ

image2

4種類の塩があるので、お好みで♪

P1210722

 

と、メニューを眺めていたら、気になるものが・・・ P1210685

 

P1210713

ほたるイカの天ぷらって初めて見ました!!

揚げるとき、油跳ねないんですか??って聞いたら、『先日、お客様にも同じこと聞かれました』って、吉田さんが笑ってました^0^;

それにしても、このほたるイカの天ぷら、ずるいほど日本酒が飲みたくなる味!!

P1210717

そして2Lのアスパラ!!

アスパラって、揚げた方が甘みとみずみずしさが増すと思うんです^^

そしてこれは、白ワインが欲しくなる~~~~

 

と、この日はアルコールはお預けだったので、近日中にアルコールを堪能しながら、再度天ぷらを味わいたいと思ってます!!

 

 

 

image3

ちなみに月・水・木の12:00~14:00は、ランチ営業もしています

こちらはとある日の天丼♪

 

住宅街なので、遅い時間はそんなにお客様が来ないのでは?と、勝手に思っていたら、逆に遅い時間が混んだりすることが多いようです。

どちらにしてもカウンター7席のお店なので、事前に電話を入れてから行くのが確実です!

 

 

 

 

4月4日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~Osteria Parco Fiera (オステリア パルコフィエラ)

4月4日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、JR稲穂駅の目の前に3月5日(月)にオープンした、オステリア パルコフィエラ

P1200767

店の前には駐車場もあります。

P1200732

ちょうどお店の入り口から駅方面を見た図

ちなみに、JR稲穂駅前唯一の飲食店だそうです!!

 

P1200763

バリアフリーの店内は、カウンターをメインとした明るい雰囲気

スケルトンだったこちらの物件を、オーナーシェフの中條大輔さんと奥様が大好きな北欧調の内装に仕上げたそうです。

P1200734

ランチは奥様にお手伝いに入ってもらっているようですが、ディナータイムはお一人のことが多いので、どこに座っていただいても、目と声が届くような造りにしたそうです^^

 

 

P1200762

早速、お店のウリでもあります、余市・北島農場の豚肉を使用したパテを用意していただきました。

ものすごいボリューム!!

オイシイ豚肉だからそこの甘みと旨みが、じんわり伝わるパテ

パテに感動したのはもちろんですが、手作りの粒マスタードとニンジンラぺがパテに劣らない美味しさで、

思わずこっちに集中してしまったほど!(笑)

※粒マスタード、瓶に詰めて販売してください!と、お願いしておきました^0^

P1200729P1200722

ワインは北イタリア系で、中條さんの作る料理に合うと思ったものを数本置いているそうです。

実はオープン前は、もっとたくさんの種類のワインを置く予定だったそうですが、信頼しているシェフに、『ワインは自分の料理に合うと思うもの1本でも良いんだよ。』と、言われ、すごく納得したそうです。

P1200774P1200775

ちなみに中條さんは昨年まで、以前こちらでご紹介したお店にいらっしゃいました。

その時から、生産者の想いをお客様に伝えるのが自分の仕事ということをおっしゃってはいましたが、独立したことによってその思いがより一層強くなったように感じました!!

と、こちらは自家製ハムとサラミの盛り合わせで出しているモノを少し味見させていただきました。

間違いなく、盛り合わせだけで3杯は行けそうだ・・・

 

以前から手打ちパスタがウリではありましたが、こちらのお店でも健在です♪

P1200721

テーブルの上にはパスタの説明が^^

 

P1200778

ということで、自信作という【アスパラひつじのアニョロッティ・デル・プリン】を用意してもらいました。

見た目は少々地味なのですが、このパスタの一つ一つに、煮込んだアスパラ羊が詰まっています。

一つ食べると口の中がものすごい旨みに包まれまして、一つしか食べていないのにものすごい存在感!

見た目とのギャップがすごい!!

実はこのパスタ、完成するまでに3日間もかかるんだそうです。

 

P1200788

こちらはボネという、ピエモンテの郷土料理

なんと濃厚な味わい!

聞くと、アマレッティというお菓子を一度作り、それを砕いて使用するそうです!!

どの料理も見た目以上に手をかけていることが分かります。。

『夜は一人なので、出来るだけお客様をお待たせしないよう、仕込みに時間をかけ、すぐ提供できるような状態にしているのです。』と中條さん。

ランチも営業しているし、お店にいる時間がかなり長いのでは?と聞いたところ、

『自分の大好きな空間に仕上げたので、。ずっとお店にいることが全く苦じゃないのです。』

まだ30歳なのに、本当にしっかりしていらっしゃいます。。

『料理というより、生産者たちの想いを届けたい』

中條さんはそんなことも話していらっしゃいました。

ちなみに店名の“パルコフィエラ”というのは、“公平な場”という意味だそうです。

生産者も料理人もそしてお客様も、公平な立場で楽しんでいただける店を目指しているそうです^^

 

P1200718

と、カウンターに並んでいたこちらのポット

P1200720

角砂糖をハーブ酒に漬けたもので、イタリアではよくあるそうで、〆に口に入れていくそうです!

と、実はこの日、車で取材に行ってしまったばっかりに、アルコールを頂けずに、3つのお料理をいただいてしまいました・・・><

こんなに飲まさる味わいなのに・・・と、かなり後悔しておりますので、改めてJRでお邪魔したいと思っております!!

(ちなみにランチタイムでも、ワインを楽しむことが出来ます~)

 

3月14日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~世界の料理とお酒 ハヤシ商店

3月14日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、2月3日(土)に札幌駅北口近くにオープンした、【世界の料理とお酒 ハヤシ商店

P1200104

オーナー&料理長の林兄弟のご実家を改装して完成させたこちらのお店は、空間で世界を感じてもらえるように、カウンター、店内の奥・手前と、様々な国の内装を施しているので、座る場所によって全く違う印象を受けることができるのです^^

P1200108

それなのに全く、違和感がないのです!!

P1200106

どこに座っても居心地がいい・・・

P1200110 P1200113

ちなみに、天井は“チベットの空”で繋がっています。

お兄様の林成樹さんは海外に関心があり、20代前半にバックパッカーで、世界各国を回ったそうです。

 

その時に出会った各国の美味しい食べ物や空気感を、多くの人に伝えたいと思い、世界の料理とお酒を提供することにしたそうです!

IMG_6923a

 

IMG_6870a

まだオープンしたばかりなので、メニューやドリンクはこれからまだまだ変わっていく予定とのこと。

例えばウユニ湖の塩を使ったカクテルなど、ハヤシ商店ならではのメニューも検討中なんだそうです^^

DSC_0642a DSC_0672a DSC_0654a

IMG_6828a

ちなみに火・木はランチタイムも営業中♪

店名にちなんだハヤシライスや月替わりメニュー(3月は鶏肉のフォー)を750円で楽しめます^^

 

ランチタイムの後のディナータイムまでは、カフェタイムとしても営業

DSC_0479a

ちなみにコーヒーは、藻岩にある蔵人の豆を使用

IMG_6938a

コーヒーやデザートは、もちろんディナータイムでも楽しめます^^

 

28828220_10156033223176093_6578167442945619653_o

林兄弟のおじい様は、この場所で林商事という大工道具の店をやっていたそうです。

お父様も地域活動をしているそう。

林兄弟も地域密着型で、息の長~いお店にしていくのが目標だそうです^^

周囲は年々マンションが増え、子どものころより随分と都会になり、だからこそ、“都会のオアシス”のようなお店でありたいと、アツい思いを語ってくれた林さんでした^^

 

 

2月28日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~肉ほるす

2月28日(水)の北海道新聞夕刊『ほっと一息』で紹介したのは、昨年11月11日、大通西15丁目にオープンした、旭高砂牛専門店・肉ほるす

P1180589

以前はお蕎麦屋さんで、その時の雰囲気を生かしつつ、落ち着きのある空間となっております^^

P1180574P1180587

家具がお好きな方なら、まずはカウンターの椅子に目が行くのではないかと思いますが、旭高砂牛のふるさと・旭川製の椅子になります^^

カウンター・テーブル席他、5名までの個室も1つあり。

 

P1190929 P1190932

初めて訪れたこの日は、おまかせコースでいただくことになりました^^

P1180558  P1180560

スタッフが元・円山バルクロということで、ワインの品揃えはなかなか♪

まずは、いい具合に熟成が進んだシャンパンを^0^

P1180562

まずは串モノから

串には刺さっておりますが、通常はステーキで食べるような牛の赤身肉

口に入れると、牛の贅沢な旨みが広がりました^0^

 

P1180564

次に野菜

ほるすのコースはこうして、肉・野菜を交互に提供するスタイルなんだそうです^^

 

P1180571

レバー♪

美味しいお肉があると、ワインも進みます♪♪

P1180570P1180575

ということで、泡の後は白を・・・

これまた、いい塩梅の熟成感~~  P1180577

ワインにも合うように、アレンジされた牛串

個人的にはステーキより、串で食べる方が食べやすいし、肉のおいしさをかみしめられる感じで好き♪

 

P1180579

この季節にウレシイ、カラフル野菜!

暖かくなると、当別やあいの里の自社菜園もスタートするので、野菜がますます充実するそうです^0^

P1180581

普段は牛肉にそこまで重きを置いていないワタシですが、赤身肉で、しかも少しずつ味変で登場するので、最後まで飽きずに楽しめました!!

P1180584P1180586

美味しいワインのおかげというのも大きいかも^^

〆のデザートも、のん兵衛向けで嬉しかったなぁ~♪

 

P1190936P1190939

ちなみにワインだけでなく、日本酒のラインナップもステキです!!

もちろん旭高砂牛に与えている、高砂酒造の日本酒も♪

 

 

そして肉ほるすは、ランチタイムもすっごいデス!!

牛肉丼

ほるすハンバーグ

カレー

旭高砂牛煮込み丼(味噌汁・漬物・温泉卵)800円や、旭高砂牛みすじ焼肉丼1300円、旭高砂牛とスマイルポークハンバーグ定食 850円などなど、数量限定ではありますが、かなりお得な価格で提供しているそうです^^

ちなみにライス大盛り無料とのことで、近隣の会社の男性客の来店も多いそうですよ!

そして、昼飲みも大歓迎とのこと!!

 

旭川の新ブランド牛・“旭高砂牛”を、ぜひ一度、味わってみてください♪♪

 

pageTop