札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ほっと一息』カテゴリーの投稿一覧

10月18日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~TRATTORIA DA OKUMURA

10月18日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、8月にオープンした【TRATTORIA DA OKUMURA

P1130483P1130487

個性的な飲食店が並ぶ、乙井ビル飲食店街の一番奥にあります。

P1130474

ドアを開けて左側に、オーナーシェフ奥村さんの調理風景を眺めながら飲食できるカウンター席、そして右側にはテーブル席

P1130480

「お客様との距離感が近いお店にしたかった」とのことで、全16席のこじんまりしたお店をご夫婦で切り盛りしている、アットホームなイタリアン。女性のお一人様も多いそうです^^

 

奥村さんは、イタリアで修行(一番長かったのはトスカーナ)していたこともあり、お客様にお出しする料理は“ちゃんとイタリアにある料理”を提供することがモットー

イタリアといっても場所や気候によって、さまざまな料理があります。なので、その日入荷した食材をみてひらめいた料理を、気候などに合わせてメニューに落とし込むそうです。

「だから当店には、定番メニューというのがあまりないんです。」と、奥村さんはおっしゃっていましたが、逆にいつ行ってもちゃんと美味しいイタリア料理が食べられるという安心感があるなぁと思いました^^

この日は撮影用にボンゴレビアンコ(1200円)を作っていただきました。※以下、すべて外税

P1130494

写真でも分かるくらい、モッチリした麺!

「僕が太めのパスタが好きなんです」と奥村さん。

ちなみにパスタは常時10種類程度はオンリストされているそうです。これからは手打ちの自家製麵なども提供する予定とのことで、ますます楽しみ!

撮影後にしっかり食させていただいたのですが、これがまた、のん兵衛のハートをくすぐる味付け!!

P1130498P1130497

「うちのハウスワインはちゃんと美味しいので、ぜひ味見していって下さい」

地下鉄で来てよかった~~~!!と、遠慮なくいただきました^^

ハウスワインは安いけど味は微妙・・・という印象がありましたが、奥村さんの言う通り、ホントにちゃんと美味しい!

ちなみにグラス500円。デキャンタは250㏄/1000円、500㏄/2000円、1000㏄/3000円とのこと。デキャンタで飲むとなんだか地元民が足繁く通うイタリアの食堂みたいな雰囲気で、すごくテンションが上がっちゃいます^^

残念ながらイタリアには、行ったことはないんですけどね^^;

ほか、ボトルワインは3500円~ありまして、100%イタリアワインとのこと。

ワインも季節の料理に合わせて揃えているそうです。(画像には一部、開店祝いにお客様から頂いたワインがあります)

P1130479

ちなみに日替わりのカルトメニューは800円~2500円。1皿は2名で食べてちょうど良いボリュームで、お一人様の場合はハーフサイズも応対可能だそうです。

また、当日でもOKな、おまかせコースは4500円~、のん兵衛的に嬉しい前菜コースは2500円、そして前菜盛り合わせは1500円とのこと。

16:00から営業しているので、0次会にも使えるお店♪

今のところ、定休日は設けていなく、日曜日も営業しているそうです。

 

P1130490

カウンターに飾られていた、イタリアの名所のフィギア

お店をオープンする前に、奥様とイタリアへ行ってきたときにゲットしたそうです。

「妻は初めてのイタリアだったので、王道の観光地を回ったのですが、僕も働いていたころは逆に行くことがあまりなかったので、新鮮でした」

なんだかいいお話しが聞けました^^

 

 

 

10月4日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~やまびこ酒店

10月4日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息のコーナーで紹介したのは、【やまびこ酒店

P1130184P1130187

酒店という名称ですが、酒屋ではなく飲食店です。

今年の5月に、同じビルの2階にある【風味や】に勤めていた鴫原さんが独立し、日本酒をメインに楽しませてくれる店としてオープンさせました。

エレベーターを降りると目の前に山小屋のような雰囲気の扉があり、開けると中もまさに山小屋(笑)

薪まで置いてありました!

P1130144

カウンター7席、奥のテーブルは4席×2ですが、ベンチシートなので、詰めるともう少し座れます^^

P1130147P1130146

初めてでも、“おかえりなさ~い”という雰囲気で迎えてくれる、女性お一ひとりさまにも人気の店です^^

 

P1130149P1130148

日本酒は常時、60種以上の品揃え。料金は648~864円ほど。冷酒はワイングラス、そして燗酒も適温で提供してくれます^^

P1130158

こちらはこれからの季節に特におすすめしたい酒たち・・・インパクトありすぎ(笑)

P1130175P1130170

おつまみはもちろん、“酒のアテ”が中心♪

ささみの葉わさび和え648円や、「風味や」仕込みの漬物盛り合わせ702円などなど。。個人的に、永遠に飲まっちゃう系^0^;

しっかり食べたい方にはどっしり系の豚肉料理があります!

P1130162

上から見ると、かなりのボリュームです!

P1130156

鴫原さんが知床・斜里町の出身ということで使用している、同町のブランド豚・サチク麦王のやわらかスペアリブ1404円

ほかに、角煮やカレーなどにも使用しています^^

それにしても、料理まで山小屋の雰囲気にピッタリ^0^

 

実は鴫原さん、飲食店に勤める前は、アウトドア専門店で働いていたことがあり、その道の知識もかなり豊富なんです!

なので店内の会話は酒だけでなく、山登りやキャンプなどの話も飛び交うそうですよ^^

鴫原さん曰く、『これからどんどんアウトドアとアルコール融合した大人の遊びを提案&発信していけたらと思って言います!』とのこと^^

焚火を見ながら飲むアルコールって、いつも以上に気持ちよ~く酔わさるんです(笑)

経験者として、そんな遊び方を多くの方に知ってもらいたいなぁ~^^

 

P1130181

こちらメニュー

お通し代(300円)を、入山料と書いているあたりにセンスを感じます♪

20席弱のお店ということで、事前に電話で確認してから行くことをお勧めします~

 

 

9月6日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~Lani Kau(ラニ カウ)

9月6日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、今年の7月にオープンした、札幌中心部の商業施設のビルの地下にありながら、リアルなハワイを感じることが出来ると評判の“THE Lani Kau

P1110982

地下とは思えないほど明るくて、開放的な店内♪

ちなみに店名のラニ・カウには、“天国のような季節”という意味があるそうです^^

P1110979

その昔、勤務先がアスティ45で毎日のように通っていたので、正直アスティ45とは思えない雰囲気とも思ったり(笑)

P1110968

店内の真ん中がバリアフリーのテーブル席、向かって右の一段上がった席には仕切りもあって個室風に使用可能♪

ちなみにこのベンチシート、元サーフボードだそうです!

P1120015

左手奥がカウンター席。アルコールも扱っているので、BARとしてふらりと立ち寄ることも可能^^

P1110965

 

コンセプトは“リアルハワイ”ということで、ハワインアンなメニューが揃います。

P1110998

こちらはガーリックシュリンプ(800円、ランチタイムはプレートライス&スープ付きで1000円)

P1110987

食材は主に道産を使用しているのですが、ドレッシングや調味料などはハワイのものを使用しているので、ハワイスキの方は、食べた瞬間“現地の味だ!”って思うかもしれません^^

P1110985 P1110988

P1120008

日本で食べるガーリックシュリンプって、ものすごくニンニクが効いている印象が強かったけど、ラニ・カウのはニンニクがかなり控えめで、1皿食べても持たれません!

爽やかな酸味もあり、フルーティーなブルームーン生との相性も抜群♪

ブルームーン生も、札幌ではあまりお目にかかれないのではないかな?

P1120009 P1110978

他にもハワイの瓶ビールや、ハワイの焼酎・波花など、ハワイ通にはたまらないラインナップ♪

P1110991P1100138

ほかに、ワインもグラス・ボトルで用意していて、営業中はいつでも気軽に楽しめます♪

もちろん、アルコール以外もしっかりハワイ♪

P1110962P1110966

ハワイ産のコーヒーや紅茶、マンゴーやパッションフルーツのジュースも♪

嬉しいのはお水が日替わりのデトックスウォーターで、水素還元水とのこと^^

 

P1110953 P1100129  P1100132

一番人気は、トヨニシファームの牛100%で作ったロコモコ

私はオープン時のレセプションで少し試食させていただきましたが、肉好きにはたまらない肉々しさがあるのに、こちらもガーリックシュリンプ同様、くど過ぎないのでペロリとイケちゃう感じなのです^^

他にもふわもち邸が、ラニ・カウのためにブレンドした粉で作るパンケーキや、ピタヤボウルにアサイーボウルなども♪

飲んべえのつまみ・アヒポケという、まぐろの漬けなんかもあるんです。

ランチタイム・カフェタイム・バータイム・・・すべての時間がリアルハワイ!!

 

P1110981P1110960

と、お店に立ち寄る時間がない~~という方には、テイクアウトメニューもあるんですよ!

また事前に相談すれば、予算に合わせてパーティなども行ってくれるそうです^^

 

 

8月23日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~and AM italiana

8月23日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、大通西20丁目・大通り沿いに建つZONEビルの地下にある、and AM italiana

P1110567 P1110563

地下だけど、とっても明るい雰囲気で、初めてでも入りやすい印象をうけます^^

P1110531

店内もとても明るい^^

P1110538

簡単に動かせるテーブル&椅子なので、人数に合わせてレイアウト変更出来ます^^

 

P1110540

4席のカウンター

テーブル席の方がゆっくり食事出来そうですが、このカウンター席が常連のお客様に人気で、一杯のことも多いようです。

というのも、オーナーシェフの大喜多さん&ホールを担当する奥様の雪絵さんとの会話を楽しみにしている方も多いのです。

実は私、この取材の前に貸切のイベントでお店を訪れたのですが、初めてでも肩肘張らずに楽しめる、すごくアットホームな雰囲気で、特に奥様の明るさが印象的でした^^

『最初に思い描いていた雰囲気とは全然違うんですけどね』と、オーナーシェフの大喜多さん。

市内のイタリアンで修業し、いつか自分で店を開く時も、少しかしこまった雰囲気のお店にしようと思っていたようですが、飲食店で働くのは初めてという奥様に、そこまでを求めるのは・・・と、言うことで今の雰囲気になったようですが、逆にそれが、and AM italianaの良さとなり、お客様に受け入れられているんだろうなぁと、感じました^^

 

さっそく大喜多さん自慢の料理を、いくつか用意してもらいました。

P1110543

トマトと焼き茄子のテリーヌ、秋刀魚のマリネとハーブサラダ添え

夏の名残り、そして少し秋の気配を感じる、まさに今食べたい前菜

スライスした焼きなすを丁寧にテリーヌ型に成型・・・絶対自分で作らない一皿!

なんとも幸せな気分にさせてくれる一皿・・・

 

P1110547

イタリア産からすみとツブ貝のスパゲッティ、大葉の香り

基本、メニューは旬の食材を使用したものが多いので、季節によって入れ替わるのですが、開店以来の大人気メニューということで、定番にしているそうです。

と、これ1人前ですか??かなりボリューミーです!
1品料理は全体的に多めなので、シェアして食べるとちょうどいいそうです^^

ハーフサイズで提供出来る料理は、応対してくれるそうですよ

味の方ですが、一口食べて定番にしているのに納得!!これは一度食べたら、記憶の残る美味しさですっ><

そして私の最大の誉め言葉、“飲まさる1皿!”

これはアルコールなしではやってられません(笑)

and AM italianaは、料理に合わせたグラスワインも豊富で、お値段も500円~と、お手頃価格(しかもノーチャージ!!)

P1110557

からすみのパスタは日本酒にも合いそうだなぁ~と思ったら、あるんです!!

P1110562

日本酒だけじゃなく、焼酎も^^

お客様に心から喜んでいただけるおもてなしをしたいとのことで、イタリアンの枠を超えた料理やアルコールを用意してくれています。

ちなみに私がこの前に参加したイベントというのが、“たこシャン会”(たこ焼きとシャンパンを楽しむ会)

関西出身の大喜多さんの、イタリアンたこ焼き、須増を超える美味しさでした!(その話しは改めて!)

 

ランチはパスタセットが1000円。

昼も夜も、ふらりと立ち寄れるイタリアンです^^

 

 

 

8月9日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~Dining Bar綱

8月9日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、札幌駅北口向かいの高層マンションの裏のビルの1Fにある、Dining Bar綱(TSUNA)

P1110195P1110191

実はココ、先日こちらで紹介した“カモシヤ”があった場所。カモシヤが移転したのち、4月24日(月)にオープンした、中華メインのダイニングバーなのです^^

 
P1100647
 
スペースや席などはそのままですが、壁紙やカウンターに手を加えたので、雰囲気が以前とは少し違います
 
P1100667 P1100664
 
 
オーナーシェフの渡辺さんは札幌出身ですが、昨年まで東京の中華料理店で働いていたそうで、久し振りの札幌なんだそうです^^
 
P1100655 P1100653
 
早速、自慢の料理を用意してもらうことにしました。
 
カウンターには色々な種類の箸置きが並んでいて、好きなモノをどうぞと言われたので、なんとなく急須をセレクト^^
“お目が高いですね”と言われて、上機嫌(笑)
 
 
P1100689
 
手前・大きいエビのクリーミーエビマヨ
左側・自家製焼き餃子
奥 ・チューリップのジューシー唐揚

実はこちら、すべて1個からオーダー可能なんです!

P1100670

大きいエビのクリーミーエビマヨは1本450円

かなり、食べ応えあります!

疲れた体を癒してくれる、ほんのり甘いハチミツマヨネーズのソースにハマりましたっ

キャベツじゃなくて、レタスの千切りというところもポイントだったりします^^

 
 
P1100682
 

自家製焼き餃子は1個150円。写真映えを考えて2個にしていますが、本当に1個でもオーダーは可能です!

醤油と辣油を用意していただきましたが、個人的にはこのまま食べるのがオススメ!!

肉より野菜がたっぷりで、その野菜の甘みが口の中を占領しちゃう系の餃子^0^

 
P1100686
 

そしてこちら、昭和40年代生まれなら、誰もが“なつかし~~”と呟いてしまう、チューリップのジューシー唐揚 1本280円

小学校の運動会のお弁当には、必ず入っていたといっても過言ではない(笑)

やっぱり手羽元より、チューリップですよね^^ 柔らかさとジューシーさ、全然違います!

中華って、1皿がボリューミーなお店が多いので、おひとり様で行くと、そんなにたくさんの種類をオーダーできないことが多いけど、これなら色々ちょっとずつ楽しめます♪

 

ドリンクはビールはもちろん、焼酎は芋・麦・黒糖など15~20種が600円~

P1100676

そして、スパークリングワインがグラス600円・ボトル3500円で楽しめます!特に写真のロゼが中華にピッタリでオススメ♪

 

ちなみに通常メニューはこんな感じ

P1100657 P1100659 P1100660

お食事メニューもあるし、いろんな使い方が出来そう♪

P1100693

冷製キャベツのペペロンチーノ
 
中華と言っても、こんなサッパリ系のおつまみも♪
つい、フラリと立ち寄ってしまいそうなある意味キケンなお店デス^0^;
 

※8月11日(金)~13日(日)はお盆休みとなります!!

 
 
 
 
 
 
 
pageTop