札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

2019年11月 の投稿一覧

【ジンギスまん】誕生きっかけ飲み会~北海道ジンギスカン 蝦夷屋

以前、こちらで紹介したことのある【北海道ジンギスカン 蝦夷屋

P1500070

その蝦夷屋で、【ジンギスまん】が販売されているのはご存知でしょうか?

71755662_773262603126735_4785981550850211840_n

↑ 画像は蝦夷屋さんのFBページより

P1500073

ピリ辛の白と、旨さの黒ということで2種類販売されています(お店でもオーダー可能)

蝦夷屋の代表・青木君のFB投稿で、ジンギスまんが誕生したのは知っていたのですが、まさかワタシもちょっぴりかかわっていたとは・・・!!

010d2dfe456582ae461b89d4ce61c58dc79e3e3f28

というのも、ジンギスまんを製造しているのが、釧路の食肉工房よしやすさんなのですが、HUGマートでイベント販売していた時、「よしやすのぶたまんがHUGで買えるよ~!」と投稿したのを見た青木くんが足を運び、よしやすの2代目・前君と意気投合

そこからジンギスまんを開発する運びになったそうです!!

そんなわけで、よしやすの前君、HUGマートの菅原君、そして青木君の4人で飲んだ時の記念の一枚^^

ちなみによしやすのぶたまんを一番最初に紹介したのは、2014年1月

こうして繋がっていくことに思いを馳せ、感慨深い夜となりました^^

でもってジンギスまん、さすがの美味しさでした!!

モッチリふんわりな皮に負けないくらい、ラム肉タップリ!

辛いモノ好きとしては、このピリ辛加減がたまらなくイイ!!

これは新しい北海道のお土産としていろいろな方面に配りたい(≧▽≦)

 

P1500068

もちろんジンギスカンも食べたのですが、相変わらずラム肉がちゃんと美味しい~~

P1500066

菅原君が2回もお替りしてた、なまら厚切りジンギスカン(笑)

P1500054

焼いてくれれば、いくらでも食べます!!って、つい宣言しちゃそうです(笑)

P1500058P1500061

ジンギスまんにも使用してるやみつき七味とか、辛みネギとか山ワサビとか、味変で楽しめるから食べ飽きしないんですよね~^^

P1500060

ワタシは今回食べなかったけど、卵入りのタレもヤバいやつです!(前君お替りしてたし^0^)

P1500081

そして今回初めて食べた、“焼きラーメン”がさらにヤバかった!!!

P1500094

ジンギスカンのタレで味付けしてのあえてのマトン、そしてバターが決め手♪

P1500096

 

P1500086

青木君が自ら焼いて、味付けまでしてくれたこともあるけど、本当に美味しかった~~~

自宅ではたいてい焼きそばでしたが、これからは焼きラーメンにしようと思います^0^

 

天下糖一プロジェクトで製糖工場見学へ♪

P1490902

こちらのブログでもアップ済みですが、【Sugar Seminar 2019】の一連のイベントに参加させていただき、先日は伊達市内にあります北海道糖業㈱道南製糖所にて行われました、工場見学へ行ってきました!

 

014bfcfae2fc28414d78b167fafa208614a38d7ad2

場所は伊達市

モクモクと煙が出ているところが工場です。

01bdac79b836b60bbe2b41b5f9ae5cfa18d40a299501bfa761f6c0ac86f557931741fab19fa530a351cb

入口に、こんな額縁が飾られていました。

あ!ほのぼの印の砂糖の会社なんですね!!小さいころからお世話になっている砂糖です^^

P1490903

こちらは、北海道糖業㈱になる前の模型

P1490907

明治にはすでに製糖所があったんですね!

ちなみに明治3年にクラーク博士がてん菜の栽培を指南し、明治13年に紋別の工場が稼働。

それから現在のサッポロビール博物館は、もともとは製糖工場として建てられたそうです(何回も行っているのに知らなかった^0^;)

011ab6888caa8b5804e7d0238329b5e1bd5e9d82da

現在の工場は、昭和34年から稼働しているそうです。

ちなみに北海道内には、3社・8工場があり、北海道糖業㈱はここ伊達の他、北見と本別にも工場がありまして、北海道内で作られる砂糖の3割(90万トン)を製造しているそうですよ!

ちなみに砂糖の作り方って、皆さん知っているものなのでしょうか?

01885113f467ed4bd1ea51854d49038a189eb9c4cc

ワタシ、全く知らなかったのです・・・

P1460024

よくよく考えたら、このカブのような、大根のようなてん菜(ビート)という作物が、何でサラサラの粉になるのか・・・今まで考えたことがなかったかも^0^;

ということで、子どものようにワクワク感を持ちつつ、工場内へ!

P1490889P1490890

“製糖課”って、口に出すとちょっと面白い・・・(正当化)

019e650f5b7f63ee1c5585d92d699a4fce41083e3f

入ってすぐに大きな機械だらだけ。しかも昭和の香りが漂う感じで、工場見学好きにはたまらない雰囲気

実際の香りは、何とも不思議なんです。

なぜか珍味のような香りもするし、少し甘い香りもするけど、穀物の香りもしたり。。

そして、ちょっと蒸し暑いです

 

P1490892

一番奥まで行くと、千切りにされたビートがベルトコンベアで運ばれていきます。

その前の過程である、土のついたビートを水だけでキレイにする、“ビートウォッシャー”も見られる予定だったのですが、雨のため見学できず・・

P1490894P1490895

特別に、千切りにしたビートを味見させてもらいました。

ちなみにこの状態を、コセットと言うそうです。

ほんのり甘い!このままサラダでも悪くはないかも

01e4d76042fecde6d768e5f0ff2efa9c8051224b6e

コセットを、約70℃の温水が入った巨大タンクに送り込んで1時間40分くらいかき混ぜるそうです。

そうすると温水の中に糖分が溶け込み“液糖”ができます。

01973c39170244d4af1a2076563e945c929b5d3551P1490896

液糖は最初はドロドロで、かなり濁った色。

これに石灰やCo2を入れて不純物やにおい吸着させ、機械でろ過をした後、煮詰めていくそうです。

010370bbc399adbc2a00a9875752273b2fea9ac44a

そうすると、どんどん透明になっていくわけです!

その液糖を真空状態で濃縮し、結晶化させて遠心分離機へ

P1490897

この辺りの行程は衛生面的に、近づけません。

工場内でも限られた人が全身を清潔にしたうえで入る場所

出来上がった砂糖は少し湿っているので、100~120℃の熱風が出る“ドライヤー”で乾かして、最後に冷風(クーラー)で乾燥させて出来上がり♪

ビートから砂糖になるまでは、焼く16時間かかるそうです!!

 

ということで、砂糖は漂白なんてしておりません。

じゃぁなんで透明な糖液が結晶になると白く見えるのかと言いますと、雪と同じで光が乱反射しているからなんですよ!

 

P1490899

こちら、全ての行程をチェックできるモニター室

工場はビートが収穫される10月~1月まで稼働するのですが、その間は24時間体制なんだそうです。

01693e5cf7ab4fa442b76763e4cbef37590071e14f

ちなみに稼働していない半年以上のはどうしているかと言うと、すべての部品をばらして洗浄やメンテナンスをしているんですって!!

考えただけで私には無理!!と思ってしまいました^0^;

 

P1490910P1490911

見学が終わってから、グラニュー糖を使用したマフィンをいただきました^^

P1490912

そして、上白糖を2kgもいただいてしまいました!

暫くはお砂糖に困ることは無さそうです^^

数回に渡って参加した、Sugar Seminar2019

砂糖に関して正しい情報を知ることが出来て本当に良かったです!

家族が美味しいと言って食べてくれる料理を作るためにも、砂糖をフル活用しま~す^^

 

おまけ

P1490901

モニター室のデスクにあった専門誌が気になりすぎる!!(笑)

 

 

 

 

 

CHICCAで女子トークからの、一人赤ワインハシゴ

実はドラマ好き

新たに始まったドラマの7割くらいは1話目をチェック

そして毎回、勝手に今クールドラマ評をFBでアップしていたりします

それを見たドラマ好きの友人から、ドラマトーク飲み会をやろう!という話になりまして、昨夜決行!

P1490943

場所は【SALON de CHICCA

ここのソファ席は宅飲み感覚で楽しめるので、トークも弾みます♪

P1490945

ていうか、このイチジクバター、盛りが良すぎです!

ワインぐいぐい飲まさっちゃいました^0^;

P1490946

パッと見だと分からないけど、エビとアボカドが思っていた以上にたっぷり入っていたサラダ

P1490949

クレソンタップリなのが嬉しい、豚肉のロースト

P1490951

カジキマグロのスパイシー煮込み

 

話が盛り上がってくると、料理を食べるのもままならない^^;

だけど、ちょこっとつまみが欲しい・・・

P1490952

そんな時にピッタリだった、根セロリチップス!

これはビールも進むし、トークの合間にイイ感じです~

普段は炭水化物までたどり着けない派なのですが、絶対食べたほうが良いですよとオススメされた、『泡パスタ』

P1490957

ん?泡??

泡と言うより、ホワイトソース的な山の上に、チーズをたっぷりかけていただきまして・・・

P1490963

一見地味なんですが、中が凄いことになっていました!

P1490965

まずはハンバーグ!しかも超が付くほど肉肉しいやつ!!

P1490969

そしてさらにパスタが!!!

これはかなりボリューミー~

ディナーも良いけど、ランチタイムにも喜ばれるかも~と思ったら、時々ランチタイムにも登場するそうです!

とくに男性陣の皆さん、必食な1品です^0^

まだまだ話したりなかったのですが、皆さんおいそがしい身なので今日のところは名残惜しくも解散

が、久し振りの女子トークでエンジンがかかってしまったワタシは、まだまだ飲みたいモードに突入してしまい・・・P1490972

一人でも行ける、【Au Grenier】へ

一人で行ったけど知人に遭遇し、これまた大いに盛り上がる
(おっさんずラブは、ちょっと期待はずれだったよねぇなんて話をしたり)

 

そんなわけで、ますますエンジンがかかってしまいまして・・・

P1490973

これまた一人でも行ける【RJ】へ

赤ワインが飲みたいと言ったら3種類出してくれて、選べずにいたら結局3種類全部飲んでしまった(笑)

P1490977

チーズもおまかせで盛っていただく

P1490981

久し振りにロマーノ・レヴィなんかもいただいてしまった・・・

飲めるってシアワセだけど、飲め過ぎるのも考え物です^0^;

 

 

イオン北海道・東北フェア・事前取材レポートアップしました!

11月8日(金)~10日(日)まで全道のイオンで開催する【東北フェア】の事前取材レポートが【こちら】にアップされました!

750x300

食べて・・・

P1490388

食べて・・・

P1490021

食べて・・・

P1490268

食べて・・・

 

01033b428729355a7ea55e7b9b69f043a7b0fa85c2

食べまくりました!!

と、ただ食べて終わったわけじゃぁ、ありませんよ(笑)

取材して、食べて、文章にまとめたわけです!

自分で言うのもなんですが、今回もかなり読み応えのあるレポートになっています^0^

今回は東北ということで、震災の被害にあった企業もあったわけで、感慨深い取材となりました。

01c769ce0ba59df23bc8ac478085cb4708ad9998f8

被災した後も、たくさんのお客様の支援で続けてこられたわけで・・・

それはやっぱり、これからも商品を造り続けて欲しいという思いがあるからなわけで・・・

そんな商品だから、美味しいに決まっています!!

ということで、8日(金)~10日(日)まで全道のイオンで開催する【東北フェア】に行く前に、【こちら】をご一読いただけたら嬉しいです!!

11月6日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~ワインとおばんざい 白檀

11月6日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、9月26日(木)にプレイタウンふじ井ビル5階にオープンしたばかりの、【ワインとおばんざい 白檀】です。

P1490708

カウンター7席&テーブル席が2×4×2(画像は繋げている状態)&窓側に、ちょっと特別な感じの4人掛けテーブル席があります^^

P1490700

壁の色が、まさに白檀の花びらのような濃いローズ系の色合いで、個人的にすごく落ち着く雰囲気なのです^^

そして置いてある器なんかも、いちいち気になるものばかりなんです^^

P1490723

P1490724

P1490717

細部にこだわりを感じる・・・

さすがは和田さん!

と、実はこちはオーナーの和田聖子さんとは10年来の知り合いでして、というのも和田さん、前職が映画関係(23年間!)のお仕事で、試写会のご案内などをいただいていたのです。

その和田さんが、第2の人生を飲食店でスタートさせるとは、正直想像もしていなかったので、かなり驚きました。

が、いざお店に入ってカウンター越しに和田さんを見ると、すごくしっくり来ていたのです^^

何より『長年の夢だったの!』と語った時の表情がすごく素敵で、同じ女性として羨ましくもありました。

P1490696

そんな和田さんが大好きという、ロゼワインを中心としたアルコールと、その日仕入れた食材で一つ一つ丁寧に作るおばんざいが楽しめるお店なのです。

特にロゼワインは、以前はグラスで提供してくれるお店があまりなかったので、グラスでも数種類楽しめるようにしたそうです。

73080127_413962819529999_7246560472118329344_n

メニューは日替わりなので、写真のお料理があるとは限りませんが、イメージで^^

73078637_1013333272345762_7331204510766858240_n

74447423_558738238216208_9156995559268024320_n

73212177_473458653265147_1484602029077692416_n

価格は500円~だいたい1000円以下

どれもどこか懐かしく、ほっこりさせてくれるおばんざいばかり

ほぼお一人で営業しているので、混雑時は少し待つこともあるかもしれませんが、和田さん含め、お店全体の雰囲気がいつもより優しい気持ちにさせてくれるのか、待ち時間も楽しくなってしまうようなお店です♪

営業時間が16:00からということで、0次会ならぬ、00次会的に使う方もいらっしゃるそうですよ。

特に同世代の女性に、行ってみてもらいたいお店です♪

 

P1490714P1490713

ちなみに扉が、鮮やかなオレンジ色なんです。

中が見えないと入りにくいということで、最近は扉を少し開けてあるそうですよ

でも、寒くなってきたら閉めるのかな?

もし扉が閉まっていても、とにかくあったか~いお店なので、安心してお入りください^0^

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

【ワインとおばんざい 白檀】

札幌市中央区南3条西3丁目プレイタウンふじ井ビル5階

011‐252‐0111

16:00~22:30

日休※ほか、不定休

電子タバコのみOK

 

 

 

オホーツクのアルコールと美味しい食べ物たち

ありがたいことではありますが、10月は色んなお仕事が重なりまして、中々ブログを更新できないまま気が付けば11月(;’∀’)

えぇぇぇ、2019年もあと2ヶ月しかないのか・・・

今さらながら焦ってきました。。。

そんなわけで、皆様にお伝えしたかったのにアップできていなかった情報を、今さらながらなものもあるかもしれませんが、綴ります!!

 

P1490733P1490734

こちらは10月30日(水)にホテルオークラ札幌で行われた、【オホーツクの夕べ】の備忘録

11月はホテル内のレストランで【オホーツクフェア】を開催中ですが、その前段の一夜限りのイベントとして行われました^^

P1490728

ウェルカムドリンクは、“菩提樹のミード

はちみつのお酒なので甘くて飲みやすい、ウェルカムドリンクにピッタリの1杯

P1490737

テーブルには、網走ビール流氷ドラフト桜桃の雫

美しい色のビール!そしてカラーのイメージのそのものな味わいで、流氷ドラフトは爽やか系・桜桃の雫はほんのり甘い系

P1490730 P1490729

そして焼酎たち!

じゃがいも焼酎は知っていたけど、韃靼そば焼酎とまつたけ焼酎は初めて知りました!

P1490731

何となく、お湯割りの方がより味の特徴が分かるかなと思い、まず韃靼そば焼酎からオーダー

ん??どう飲んでもそば焼酎っぽくない。どちらかというと、まつたけ焼酎のような・・・

なので、飲み終わる前にまつたけ焼酎をオーダー

やっぱり!さっきのは間違いだったのか!

P1490746

結果、ものすごい酒豪のような絵になってしまいました(実際、酒豪でしょ!というツッコミが聞こえそうだけど・・・)

と、それくらいまつたけ焼酎はインパクトあります!

分かりやすく言うと、松茸のお吸い物的な味わい

韃靼そば焼酎は、普通のそば焼酎より茎っぽい味がしました~

お湯割りで、すっかりポカポカ♪ これからの季節にオススメです^^

そして、オホーツクの特産品をホテルオークラ札幌のシェフがアレンジした、今夜限りのメニューたち

P1490739

美幌とまポン酢入り秋鮭の南蛮漬け

冷蔵庫に常備しておきたい一品

P1490740P1490742

帆立貝とマッシュルームの香草バター焼き

今や世界に名をはせている、“北海道のホタテ”

そんな話を聞いたばかりだったので、改めて味わうとやっぱり美味しいと思う

P1490743

大豆ミートと玉ねぎの麻婆あんかけ

肉に見えるけど、大豆!

でも、普通に肉っぽい!!

そして、北見と言えばの玉ねぎ! こうして食べると甘さが直に伝わります^^

P1490745

これは色んな意味で印象に残る一皿でした^0^

P1490748

白身魚のソテー チコリソース

ほんのり苦みが残るチコリのソース、ちょっとクセになる味わい!

P1490750

かにしゅうまい キノコあんかけ

メチャメチャ食べ応えのあるかにしゅうまい。本来はそのままでも十分な味わいなのでしょうが、こうして味わうとよりリッチな気分(笑)

P1490752

たまコロのチリソース仕立て 昆布酢入り

こちらもまさに、コロッケだけでも十分美味しいのですが、シェフの手によってホテル仕様に!

たまコロは全国的にも有名ですが、玉ねぎたっぷりで甘みしっかり♪

ついもう一つ・・・と手が伸びる味わい^^

P1490754

サロマ黒牛のロースト 和風ソースと山わさび バターライス添え

P1490756

普段は牛肉にあまり重きを置かない方なのですが、サロマ黒牛、美味しい!!

でもって、山わさびが合う!!

さらに個人的感想ですが、添えられていたバターライスのジャガイモも全部好きっ^0^

P1490758

おからクランブルチーズタルト 秋のフルーツとバニラアイス添え

結構なボリュームだったので、おからのデザートは嬉しい!

こんな感じで、オホーツクの様々な企業の商品を、オークラアレンジのアイデア料理で楽しんだ夜でした^^

 

 

今回はいただきませんでしたが、ラウンジプレシャスで販売中のコチラが、気になって仕方ありません~

201910_19

 

 

pageTop