札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『レポート』カテゴリーの投稿一覧

さらに進化していたニセコ その1~ニセコ蒸留所

013045ca304b2cab9ef12f97d1629bc5f2f6e24384

進化し続けるニセコ】のブログを綴ったのは2018年

昨年から新型コロナウイルスの影響で、インバウンド需要がストップしてしまい、現在のニセコがどうなっているのか純粋に気になっていました

そんな中、いつも様々な食の情報を届けてくれる友人に誘われ、先日1泊2日でニセコ研修旅行へ

あまりに内容の濃い2日間で、写真と情報の整理が追いついておりませんが、まずは2021年10月1日(金)にグランドオープンする【ニセコ蒸留所】をご紹介します!

ニセコ蒸留所19

こちらがニセコ蒸留所

P1770355

全員、初めて行く場所なので無事にたどり着けるかかなり不安だったのですが、グーグルマップを頼りに森の中を車を走らせていたところ、こちらの看板を見つけました!

その看板の横の坂道を登りきったところに、美しい建物が現れたので、しばし口を開けて眺めてしまいました

こちらは2020年12月に完成したそうです

P1770302

このサインを見ただけでワクワクが止まらなかったのに、さらに進んでいくとこんな素敵な看板が!

P1770303

さらに奥を覗くと、とてつもなく素敵な空間が広がっていました!!

ニセコ蒸留所33

入口からは想像できない、天井の高さ!!

ふんだんに使用されているのは地元のカラマツ

ニセコ蒸留所22

左手には2台のポットスチル

ニセコ蒸留所9

右手の大きな窓からは、緑と白い砂利が美しい庭が目に飛び込んできます(写真は外から撮った図)

ニセコ蒸留所3

グランドオープンに向けて絶賛作業中でしたが、組み木のカウンターもステキ過ぎます(≧▽≦)

ニセコ蒸留所7

そしてこちらのショーケースに目を向けると・・・

P1770317

P1770305

P1770306

P1770307

P1770312

見たら全部買いたくなってしまうような道具や器がズラリと並んでいます!!

『外国人観光客が多く訪れる立地を活かし、酒類に加えて日本の伝統技術や職人技を感じ、ウイスキーのように “時間の経過とともにさらなる価値が深まる” 逸品を揃え、世界へ紹介していきたい』という想いのもと、世界に誇れる製品を展示販売しているそうです

中にはものづくりの町としても知られる新潟・三条&燕三条の製品も!

ニセコ蒸留所の代表は、八海山酒造の代表でもありますので、新潟繫がりとなります^^

P1770311

ということで、店内奥の棚では、八海山酒造をはじめとする日本酒や、八海山酒造が手掛けるクラフトビールなどの販売も予定しているそうです

ニセコ蒸留所22

今回は事前に取材のお願いしをしておりましたので、この金網の向こう側、ポットスチルの上部まで見学させていただきました!

ニセコ蒸留所15

う、美しい・・・

P1770338

蒸留は終わっていたので中身は空でしたが、ライトを当てていただき、中をのぞかせてもらいました

この黒いのはヒーターで、これで熱を入れて蒸留させているそうです

P1770326

ちなみにこの巨大な袋の中には1トンの麦芽が 入っているそうなんですが、この1袋で約500Lのウィスキーが出来るそうです

というか、500Lしか出来ないんですね・・・

ちなみに今年の3月末にい回目の蒸留が行われて、すでに樽に詰めて寝かせているところです

ニセコ蒸留所26

工程の順番が逆になってしまいましたが、麦芽にお湯を入れてお粥状態にし麦汁にしたたものを、こちらの樽に入れて発酵させています

P1770332

少しだけ蓋を開けてのぞかせてもらいましたが、フツフツと発酵中でした!

この時点では、まだほんのり甘い香りなんです^^

ニセコ蒸留所8

樽に詰めたウィスキー原酒は、こちらの貯蔵庫で寝かせています

P1770344

まだ新しい樽

ニセコ蒸留所21

そしてこちらはバーボン樽

ニセコ蒸留所6

数年後には、この貯蔵庫が樽でいっぱいになる予定だそうです!

楽しみすぎます(≧▽≦)

ニセコ蒸留所16

と、ウイスキーが製品になるまでにはまだまだ年月がかかります

そこで、10月の開業に合わせてジンの製造を行っているそうです

P1770322

見学者はカウンターで有料試飲も行えるそうです!

今後見学は、人数制限を設けて完全予約制で行うそうですので、興味のある方はこちらでご確認ください。

ニセコ蒸留所36

そうそう、試飲したいから車は置いていきたい!という方に朗報!

貯蔵庫の奥にあるこちらの階段を上がると、【いこいの湯宿 いろは】があるんです!

そこまで高速バスが走っているので、実はすごく交通の便がよかったりします^0^

個人的には泊まりでじっくり、合宿してみたいものです(≧▽≦)

 

P1770353

お忙しい中、わざわざ顔を出してくれたニセコ蒸留所の総支配人・林さん

生まれも育ちもニセコの林さんの名刺には“Master of  Niseko”と書かれています!

なんと心強い総支配人!!

次回はジンを傾けながら、じっくりお話し聞かせてください^0^

 

モニターツアーで訪れた平取町のこと

012f9ae2916971de3122c76b28299fce8e29190be6

もう一ヶ月も前のことになってしまいますが、平取町で募集していたモニターツアーに参加してきた時の備忘録です

画像は、【平取町立二風谷アイヌ文化博物館

平取町には、大昔にスズランを見に行った記憶はありますが、ここ数年は訪れたことがなく・・・

今回のモニターツアーで、平取町の魅力を存分に体感することが出来ました!!

01ad4b992e056bcc70ff9359994b2d3676ea3bd34d

今回のツアーは、札幌観光バスが運行している“セタプクサ号

P1750096

そのブルーの方のバスで、感染予防のため関係者を入れても10人以下という贅沢な状況で、平取町を巡りました!

その模様については、最近お出かけの記事を書かせていただいている【CAR-LINX】さんのブログにアップ()させていただいておりますので、併せてご一読いただければと思います^^

そこに書ききれなかったことを、アップします~

01c73dcf841dedf29c3d5f0f7b59d7f5d7dbe7532b

こちら、日高道を移動しているときにバスの中から撮影した景色

この日はずっと快晴でかなり暑い日だったのですが、急に視界が悪くなってきました

よく見ると、海側からモクモクと雲が流れてくるのが分かりました

これは海霧という現象で、ここまでキレイに流れてくる海霧を見られるのも珍しいと、ガイドさんがおっしゃっていました!

本当に幻想的でした^^

0158ad74c994b86342499c2f12b99045bf4646690c

そして、この季節の北海道ならではの牧草ロールの景色も楽しめ、普段は運転手の立場なので、こうしてバスで巡るのはとても新鮮♪

0163d381820a84cf75815503f37bf0d3cd491953c6

平取町に入ると、ビニールハウスがたくさん!

P1740966

平取町と言えば“ニシパの恋人”というトマトが有名

昔、減反政策で田んぼからトマトの栽培に転換し、今や町の名産品となったそうですよ

P1740811

そして初めて訪れた、二風谷アイヌ文化博物館

P1740837

期待以上の見応えで、さらに、居心地がすごくイイんです^^

P1740847

とにかく美しいのです!

P1740843

アイヌ民族が異国と交流を行っていたことがわかる調度品もたくさんあり、それがまた美しい

P1740853

チプサンケという、 古来から伝わる技法で作られた舟の進水の儀式で使う舟には、実際に座ってみることもできました^^

現在も沙流川で行われているチプサンケを体験しようと、多くの観光客が訪れているそうです(残念ながら今は一般公開していません)

P1740885

こちらは沙流川

今回気が付いたのですが、平取町は飛行機雲がよく見えるんです^^

青い空に白い飛行機雲、そして深い緑の森とキレイな沙流川

 

P1740891

この日は暑過ぎていなかったのですが、普段は競走馬もこの風景の中にいるのです!

もう、癒しの空間でしかありません!!

 

P1740921

平取町アイヌ工芸伝承館ウレㇱパでは、ストラップ作り

P1740949

こういうのって、いくつになってもついつい真剣に選びすぎちゃうんですよね^0^;

P1740955

当初はセタプクサ号のストラップだけの予定だったのですが、職員の方が急きょ、平取町のゆるキャラ“ビラッキー”も用意して入れて、参加者全員大喜び♪

01029cf6b4b52cf9dd279a57aa02edd166641d4a93

物作りは2日目にも♪

北の工房つとむさんで、木彫体験!

P1750018

貝澤徹さんが、やり方を教えてくださいました^^

P1750019

彫刻刀を持つのは中学生以来?!

それにしても、カーブが難しい(;’∀’)

P1750023

全然、見本のようになりません~~

それはそうですよ、そんな簡単に出来たら、弟子にスカウトしますよと、貝澤さん(笑)

P1750033

作業後、貝澤さんのアトリエをチラッと見学させてもらったら、道具の数が半端なかった!!

P1750015

ちょうど製作途中の作品が店内にありました

1本の木を削って作り上げていく作品、既に魂がこもっておりました・・・

P1750825

ちなみに札幌駅地下に展示しているふくろうは、貝澤さんの作品です!

 

食べ物も全部美味しかったなぁ~

 

P1740980

びらとり温泉ゆからの夕食でいただいた、びらとり和牛のすき焼き

P1750117

Shikerpe Farmでいただいたアイヌ料理のお昼ごはん

P1750114

 

01f77a63944c3f0e6fffd350328ddc75eb6f212709

Shikerpe Farmの貝澤さん(ちなみに平取町は貝澤姓が多いのです)のお母さんが造ってくれた、自然の恵みてんこ盛りのお昼ご飯

P1750112

イナキビご飯のおにぎりも美味しかったし、おかずも全部、身体が喜ぶ味わい!

P1750119

P1750121

デザートまで♪

もちろん、ハスカップのジャムも自家製

P1750109

Shikerpe Farmでは無農薬でトマトを栽培しているのですが、こちらのもぎたてもその場でいただいちゃいました!

P1750147

食後には、フプチャチセという、狩りの時にその場で作る小屋作りも!(プは小さいプ)

P1750145

木の枝も全部、自分たちで伐採しました!!

P1750133

照りつける太陽のもと、アラフィフ頑張りました(笑)

 

1泊2日の旅でしたが、お天気に恵まれたこともあり、ものすごく濃厚で心に残るモニターツアーでした^^

モニターツアーは、あと3回行われる予定ですが、9月11日(土)はまだ募集中とのこと

興味のある方は、こちらをご確認ください♪

010fba107449babc9f43c0fe4d173e97f8bac69d66

↑ びらとり温泉ゆからのお部屋から見た、黄昏時の風景

 

017937e9088f0d40db8998148cebebb0afa214c93d

↑ 早朝、宿から少し散歩した時の風景

また行きたい!!

 

あべ養鶏場のある、下川町にハマる!!

P1750681

JR札幌駅構内に直営店舗のある、【あべ養鶏場えっぐぷりん

pages-contents-stores-photo02

下川六〇酵素卵は先日こちらでもいただきましたが、とてもキレイで旨味がしっかり楽しめる卵で、ずっとどんなところで育った卵なんだろうと気になっていて、そういえば下川町ってちゃんと行ったことがないかも!ということで、先日あべ養鶏場の取材を兼ねて下川町へ初潜入!

012fe84e98552c0d49427979978998eb797369a366

この日は最高気温が35℃近くだった下川町

ちょうど、小麦の収穫が終わったばかりの畑の奥に、あべ養鶏場がありました

P1750619

下川町は、札幌からは高速道路で名寄まで行き、西へ向かったところです

旭川のお隣に上川町がありますが、下川町は上川の北にあるんですよね

P1750614

9割が森林のまちというとこで、道中ずっと緑を眺める形になるので、とても目に優しい(笑)

01054f6123c148c19aff2dfc67e0b0cca9ac7c3d6b

1964年からこの地で養鶏を営んでいるそうです

P1750625

下川六〇酵素卵は、ほんのり薄いピンク色の殻で、君はレモンイエローなのが特徴

P1750678

 

P1750636

ニワトリはソニア種という、気密性に優れた羽毛を持つ種類とのこと

夏と冬の寒暖差が60℃にもなる下川町の厳しい環境でも元気に卵を産んでくれるニワトリに出会えたからこそ、この場所で養鶏場をはじめたそうですよ^^

長年飼い続ける中でエサの改良や環境整備なども行い、特にエサへのこだわりは深く、詳しくはこちらにも書かれていますが、安心・安全を最優先に考え、昆布酵素や発酵飼料(乳酸菌)を特徴とした17種類の素材からなる、あべ養鶏場オリジナルのエサなんだそうです!

014a687731889631b217aa2321a0239ba2f29e2602

10,000羽以上の鶏を飼っているので、この大きなタンクに入っているエサは1週間持たないそうです(;’∀’)

01c11fc2c6ccceb538cc16f969775f74a98df7312a

毎日生まれる卵はこちらの機械で洗浄・選別されて出荷しているそうですが、そのすぐ隣にえっぐぷりんを製造する場所があるのです

P1750626

この日は製造がすでに終了しておりましたが、思いのほか小さなスペース

ほとんど手作業で作っていることが見受けられました!

P1750630

実はこの日、8月10日(火)から発売される予定のハスカップぷりんの試作品があり、一足先に試食させていただことに^^

P1750631

蓋を開けるとプレーンタイプのようですが、スプーンを底の方まで入れて取り出すと・・・

P1750635

思った以上にたっぷりのハスカップジャム!

そして、このハスカップジャムの酸味と甘味が絶妙なのです!!

ハスカップって、ブルーベリーに比べるとちょっと渋みがある印象だったのですが、その渋みが全然ないので、ほんのり甘いぷりんにピッタリなんです(≧▽≦)

この日同行した、普段あまり甘いものを食べない先輩も、ランチ後なのにペロリと平らげてましたよ^0^

01c9fef02e1f09dfbc5149c0e86a0a9f57631d408d

実はハスカップ農園(及川農園)にも足を運んできました

何とも癒される場所!!(ただこの日は、ものすごい熱風が吹いていましたが^^;)

P1750567

この小さな実を手摘みしてジャムにするって、かなり大変ですよね(;’∀’)

0114206b88aef8f36e484724468fa78b0c1265144501ea08cab24f988bf7cac729967bac23db79be81d4

ちなみにこのハスカップは、町内にある矢内菓子舗さんでも販売していて、さらに期間限定でシェイクでも楽しめます♪

P1750566

灼熱の下川町で飲んだら最高に美味しかったわけです(≧▽≦)

010ebfb9c7e65ca522f3d4787b7732bb4f4fa60fb7

他に、五味温泉でも冷凍のハスカップの実を販売していました

P1750599

もちろんこちらの売店でも、あべ養鶏場の卵やえっぐぷりん、そして燻製卵も販売中♪

P1750586

P1750600

と、五味温泉に映画・リスタートのポスターが!

P1750602

五味温泉の敷地内にある、美桑の家で撮影が行われたそうなのですが、この美桑の家がまたステキすぎる建物でして(≧▽≦)

01456ea89efdf75dbd504727445f4dcfd9be5c31e7

週末はほぼ予約で埋まっているほど人気の宿のようですが、いつか絶対泊まって下川町を改めて堪能したいと、思ったのでした^^

 

他にもまだまだ下川町の魅力がたっぷりありますので、改めてアップします!!

 

 

余市がますます魅力的に♪ その1~エルラプラザリニューアルオープン

P1710402

以前、こちらのブログでもご案内していた。余市駅併設のエルラプラザが4月10日(土)にリニューアルオープンするということで、前日の9日(金)に事前取材させていただきました^^

P1710370

ギリギリまで、色々手直し中^^;

P1710342

商品ラインナップがガラリと変わったわけではないのですが、スッキリ見やすくなった感じで、改めてじっくり見ると、余市りんごを使用した商品ってホントに色々あるんですね!

りんごジュースだけでも数種類あります!

P1710341

P1710355

ファーム夢の森のりんごじゅーすを、少し試飲させていただいたのですが、まんまりんご果汁!!

地元の幼稚園が出がけているとのことですが、まさにお子様に飲ませたいりんごジュースって感じですっ

P1710343

他にもりんご煎茶やりんごのほっぺカレー(特にお子様にオススメなカレー♪)、お菓子も色々揃ってました

P1710344

P1710346

P1710348

P1710347

そうそう、このりんご飴、ずっと青森のお土産だと思っていたのですが、作っているのが小樽にある飴谷製菓さんだって知ってました??

P1710368

地元のワインコーナー

P1710362

なかなか余市のすべてのワイナリーのワインは揃いませんが、地域限定のものなども取り扱い中

P1710367

 

 

 

489d28e5eb5fa75affe6cf70b49971d2

そうそう、エルラプラザ一番人気のアップルパイ、実はパイ生地とリンゴの甘煮という状態で仕入れ、店内の調理スペースで挟んで焼き上げているそうです!!

P1710371

そう聞いてよく見てみると、店内に調理スペースがありました!

だからいつも、焼きたての香りが漂って、つい買いたくなるんですね^^

それから、人気のジェラートの中で、特に人気の高い、りんごとワインのジェラート

いまでこそ外注で作ってもらっているそうなのですが。登場した平成8年頃は、なんとこちらで作っていたそうです!

な、なんと!!

てっきり、どこかの人気のジェラートを販売しているだけかと思っていました^0^;

なので、レシピはエルラプラザのスタッフさんが開発したそうです

今日はオープン前だったので、アップルパイもジェラートも食べられなかったから、改めて行かなくちゃです!

P1710404

アップルパイとジェラートに続く看板商品になりそうなのが、地元の小学生が開発した【あっぷりん】

P1710403

同じく地元にあります、Sugar Gardenさんが監修&製造し、3月26日に発売となったようで、今まではお店と余市川温泉でのみの販売だったそうです

エルラプラザのリニューアルオープンを記念して、とりあつかうことになったそうです!

そんな話を聞いたら、絶対食べたいじゃないですか~!!

これはお店まで足を運んだ方が良いのか?

でも、今日は車じゃないしなぁ・・・

と話していたら、なんとタイミングよく商品が納品されたのです!

P1710409 P1710411

ということで、一足先に販売していただきました(≧▽≦)

蓋を開けると、生クリーム

その下に余市産りんごの果肉が!

P1710416

生クリームもプリンも甘さは控えめ、でもリンゴがとっても甘いっ!!

プリンだけど、ちゃんとりんごも主役になるようなバランスになっているという、地元愛を感じるプリン

小学生たちの熱いプレゼンシートを見た後だけに、何だか目頭が熱くなってしまいます・・・

エルラプラザでは、これからも地元のお店や地元の素材にスポットを当てた商品を、どんどん取り扱っていく予定とのこと!

余市駅周辺にも魅力的なお店が増えてきたし、余市に良く楽しみが増えて嬉しい限り♪

 

P1710369

そうそう、ワインコーナーの横に、ちゃんとソムリエナイフが販売されているんです。

これはJRの中で飲んで帰ることも出来て、さすが気が利いている~♪思ったら、コップがない・・・

至急、販売してもらう様にお願いしておきました(笑)

 

その2で、余市駅周辺の魅力を紹介します~

おにぎりアイデアコンテストの大賞作品が、商品化されました!

P1690859

先日こちらのブログでも紹介した、北海道アグリ・フードフォーラム2020内企画『道産食材使用 おにぎりアイデアコンテスト』で大賞を獲った静内農業高校の“食彩の秋!チェプオハウ風おにぎり”が、北雄ラッキー(稚内店を除く26店舗)と、いただきコッコちゃん北1条店&新道東店で味わることになりました!

本日その発表会が開催され、私も参加してきました^^

P1690869

静内農業高校の佐藤君と福原君初め、商品化に携わった、国分北海道(株)、(株)イーストン、北雄ラッキー(株)の担当者が一堂に集まり、記念撮影

P1690867

先日はリモートでの商品説明だったので、静内農業高校のお二人には初めてお会いし、改めて大賞作品に対してのプレゼンテーションを聞きましたが、何度聞いても、今どきの高校生ってここまでしっかりしているのか!!と思う素晴らしい説明に、ついウルッととしてしまうのは母心ってやつでしょうか・・・

P1690856

今回は、静内農業高校のカリキュラムなどの説明も学生のお二人からありましたが、思わず自分も入学したくなるような、完ぺきなPR!

自分が高校生のときって、とりあえず入れる高校に入っとこ~といった軽い気持ちで入学したので、若干反省したほどです^^;

P1690857

静内農業高校のレシピを出来るだけ忠実に再現した、2社の商品。

最初から商品化した際の対象者や販売場所、粗利率などもしっかり算出していたので、商品化するのも割とスムーズだったと、(株)イーストン&北雄ラッキー(株)の担当者が褒めちぎりながらおっしゃっておりました。

P1690861

そして今回は、2社の商品の試食も用意されていました!!

先日の審査会に続いて2回目の試食ですが、やっぱり美味しいっっ

持ち帰り不可なので、記者会見を聞きつつも黙々と食べ尽くしましたが、まだ食べたいと思うほど、じわじわと旨みが広がるおにぎりなのです^Q^

特に鮭ではなく、鮭とばを使用しているところが最大の味の決め手なのではないかと!!

P1690864

どちらも、米と鮭とばはもちろん、出来る限り北海道の食材を使用して作られています。

具だくさんなので、食べ応えも満点!

P1690883

いただきコッコちゃんでは、チェプ オハウ(汁物)付きでの販売なので、栄養バランスがものすごくよさそう!

ちなみに北1条店・新道東店ともに、1日5食(418円・税込)の限定提供、期間は2021年3月1日(月)~14日(日)まで。

P1690888

そして北雄ラッキーでは、このようなポップを掲げて店頭で、本日2月25日(木)~3月31日(水)まで数量限定で販売しているそうです!

 

P1690876

アイヌ文化に関わりの深い、静内という場所にいながら、あまりアイヌ文化について知らなかった男子高校生が、今回の取り組みを通してアイヌの食文化について知り、多くの人に知ってもらいたい!と純粋に思ったそうです。

『飽きるまで何度でも食べてもらいたい』という気持ち、しかと受け止めました!!

でもきっと、このおにぎりは飽きないと思う!!

この機会にぜひ、チーム美俺の考案したおにぎりを、味わってみてくださいね♪

P1690882

たくさんの報道陣とおじさん・おばさんに囲まれて、終始緊張気味だった男子高校生、少しだけ緊張が途切れた瞬間の絵(小学生男子の母として、ほほえましくもあった瞬間です^^)

 

pageTop