札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

2018年03月 の投稿一覧

2日目もお天気に恵まれた、旬感!オホーツクえさしモニターツアー

【旬感!オホーツクえさし旅モニターツアー】2日目♪

朝は少し雨も降りましたが、歌登を出てオホーツク海方面に向かうと一転、素晴らしい青空!

P1200872

波一つない海がキラキラと輝いていて、一気に目が覚めました^^

 

P1200873

まず最初に訪れたのは、水産加工所(株)オホーツク活魚さん

P1200904P1200875

こちらで生け簀や新鮮さを保ったまま“パーシャル製氷”などを見学

P1200891

P1200876

と、生け簀の広さが半端ない! 中はもちろんすべて海水です。

 

P1200879

 

P1200885

ホタテやツブ、そして毛ガニまでわんさかいらっしゃいました^0^

01568dafc3020b755920c9217ce96c318202e800e6

昨日の毛ガニも食べ応えあったけど、1キロモノを見るとさすがにデカい!!

ちなみに大漁の帽子をかぶっているのが社長の藤本さん。良い笑顔^^

P1200893

こちらが、オホーツク活魚さん自慢の“パーシャル製氷機”

P1200902P1200903

真水と海水をブレンドしているので、食べてみると少ししょっぱい(キレイなので口に含んでもOK)

P1200900

手に乗せてみると、軽くて不思議な感覚。でもすごく冷たい^0^;

この氷が、魚介類の鮮度をより保ってくれるそうです!

 

新鮮な魚介類を見て、「欲しい・・・」と思っていた人はワタシだけじゃなかったはず(笑)

P1200911

その心理を見抜いてか、次に向かったのは地元スーパー「たきげん」さん

P1200906

実は海明け毛ガニは、昨日の夕食時にも会場で出張販売に来ていただいていたのですが、毛ガニ以外の海産物や珍味などをじっくり品定め!

P1200908

 

P1200910

どれもモノが良くて安いっ!!

枝幸の人は毎日こんなおいしそうなものを食べているの??? うらやましすぎますっ!

 

たきげんさんでお買い物を楽しんだ後は、【オホーツクミュージアムえさし

P1200927

体長7mを超える国内最大級のシャチ骨格が天井に展示されたこちらの博物館、無料とは思えないほど見応えがあるのです!!

P1200926

P1160179

デスモスチルスという恐竜の化石

P1200925

オホーツク文化のことがよくわかる、竪穴式住居

ちなみに北海道には弥生時代はないんです! 縄文時代から続縄文時代になるそうです。

12月にもかなりじっくり見ましたが、見応えがあるので2回目でも楽しめる博物館^^

P1200921

中でも大好きなのが透明標本!!

01931ff8f0a8be71c5ae3e110bf5d8b51806a9b2bf

その何とも言えない美しさにすっかり魅了されてしまい、購入したい!!と駄々をこねていたのですが、造るのにかなり手間がかかるようで、その時は展示物だけだったのですが、これから販売を予定しているそうですよ^0^

 

その後、道の駅・マリーンアイランド岡島

P1200934

陽気に誘われて、雪解け水で路面がかなり濡れています

それにしても良いお天気!12月に来たときは吹雪に近い降雪だったもので・・・^^;

P1200929

こちらでも毛ガニが販売されていまして、購入したものをレストランスペースで食べることも出来るそうです。

P1200932

P1200928

オホーツク海を眺めながら毛ガニを食べたら、さらに美味しいんだろうなぁ~

ただこの時、レストランメニューのカレーの匂いにやられて、頭の中がカレーモードだったのは、ここだけの話・・・^0^;

カレーにかなり心が揺れ動きましたが、お昼にはかにめしが待っています!!

P1200935

「きたや」さんは、7月に行われる【枝幸かにまつり】にも出店しているお店だそうです。

P1200941

その際に販売しているかにめしを特別に用意していただきました^^

蟹の場合、剥いてあっても食べると無言になることが分かりました・・・(笑)

まだまだ枝幸町の魅力を教えてほしかったのですが、枝幸町観光協会の皆さまとはここでお別れ

 

帰路は、美深の道の駅と、剣淵の道の駅に立ち寄り

01dd461f258b6c939557a4d7e2540dd098fc1a1437 0132a356881524a963001f10b2b96c1ee6b341cd2e

美深、さすがに雪が多い!!

018925bea8a75227b50b4bbc0f2821dcef58154500

でも、ソフトクリームを外で食べられるほど、ポカポカ陽気でした♪

それにしてもこの牧場ソフト、美味しかった~~♪

 

01a9a6a1fd97e9bfbbf7a4a68dd840f6956c1db2c0

剣淵の道の駅ではスモークドチキンにハマり、お買い上げ~

011f6df4fa720da5b6f7552ad62645edaa80310517 010e3b8fe1f8f85dfe365bc0251199d55e91c65d67

道の駅って、立ち寄れば必ず買い物しちゃうから、手荷物が増えて大変です^0^;

017ad2efb029edcee391fcf1ba8f77eefd60cfdfa101be3122c110feaaf684991ff1d7309a439e984f69

その後、旭川空港で東京組とお別れ

東京の知人に、ぜひ江丹別の青いチーズを知ってもらいたいと、売店に立ち寄りました^^

行きは大量にあったので安心していたら、帰りには最後の1個になっていて焦る^^;

その後、札幌には19:00過ぎに無事、到着!

 

オホーツク枝幸町

道産子でもなかなか行くことのない町

だからこそ、行くと色々な感動に出会えます!

何より美味しいものがあるだけで、幸せな気持ちになれるものです^^

今はどこにいても新鮮な魚介が食べられる時代にはなりましたが、やっぱり旬のものを、その場で味わうのは最高のごちそうだと思いました^^

そして地元の人のお話を聞きつつ食べることは、さらに美味しさをアップさせてくれることも実感した旅となりました^^

 

枝幸町ツアーは5月にも予定があるようです! 詳しくはこちら

この季節は今回行けなかった岬や展望台などにも行けるようなので、さらに枝幸町の魅力が伝わる旅になりそうですね♪

 

 

 

 

カニの水揚げ量日本一の町・枝幸町で海明け毛ガニを堪能!!

3月24(土)・25日(日)クラブツーリズムが催行した、【旬感!オホーツクえさし旅モニターツアー】に参加!

018fafa86a90c2a6d7720e31db8f1164f70883edbc

一番美味しいと言われている、海明け毛ガニ(しかも自分でキャッチした毛ガニ)を1人で1杯堪能するという、豪華な旅でした^0^

 

0143488998245d645cc46ed8c81da3485bd87d04cd01ea5881538babf748a20f1ef10bb5e64c10a7b5e8

集合は、札幌駅北口に朝7:00

絶好の旅日和に恵まれ、出発♪

高速のSAでトイレ休憩をはさみつつ、9:30くらいに旭川空港に到着

0195d4502aa9ffae1fdc9508ea913c57eede77de45

ココで、東京から参加の皆さまと合流

満席で枝幸町へ向かいます。

ちなみに「えさし」という町、北海道に2つありまして、大抵の人は最初に道南にある「江差」を思い浮かべます。&今回お邪魔したの枝幸町に行ったことのある人って、札幌市民でもかなり少ないかも。

かくいうワタシも、昨年の12月に下見で行ったのが人生初の枝幸町でした^0^;

なので、今回は2回目ということになります。

013b35eacbeb7a914d418b3ac0010374021dc49f0c

東京から1人、知人が参加していたので、旭川空港でゲットしたサッポロクラシック春の薫りをプレゼントして乾杯♪

ワタシはビッグマンなまらしょっぱいウメを初めて飲んでみました。日の高いうちから飲むのにちょうどいい味わいでした(笑)

と、バスツアーはこうして飲みながら目的地に迎えるところも魅力です^^

016873c5c25db8270c8f040f9fcf19a1728b133cc801496dff6bacd6fe544baff79b5cf8a7e55de765bb

枝幸町まではかなりの移動距離ですので、なよろの道の駅でトイレ休憩

ココでお昼ごはん用のつまみを購入

01bfe529c0289042e0ba866c012575e231a9abe3350122d517b8123a978635871cebe038a340b3acbf7a

今回のツアーは、事前にお弁当を予約することも出来たのですが、鼻から飲む気満々だったので、お弁当ではなく、酒のアテをアテにしておりました(笑)

メンチカツともち米すりみコロッケ、かなり満足度高めでした♪

そしてココで酒を愛する者同士が時々起こす奇跡が・・・(笑)

東京の知人が道の駅で購入した日本酒が、ワタシが2年前に沼田町で購入して寝かせていた日本酒と同じ銘柄!!

まさかの飲み比べを楽しむことに♪

寝かせた方はとんがりが消えていて、個人的に好みでした^^

 

気が付けばあっという間に歌登に入りまして、ここで枝幸町観光協会の方と合流

ちなみに枝幸町は、2007年に山間にある歌登町と合併して、現在の枝幸町になり、海と森の町になりました^^

015b055a2bd2a4c47010ee321511d293ef3afe0f40P1200793

まずは、オホーツク海に面した、【ウスタイベ千畳岩】へ

P1200796

今年は例年より雪が多かったようで、残念ながら千畳岩が半分ほど雪に覆われており、下りることができなかったので、景観のみ堪能。

P1200802

日差しには最高に恵まれたのですがかなりの強風で、ある意味北海道らしい洗礼を受けました(笑)

 

早々とバスに乗り込み、次に向かったのは歌登にあるコミュニティーセンター

P1200803P1200806

ココで、ホタテの殻剥き&毛ガニキャッチャー体験デス

P1200807

ホタテはその場で味わいまして、毛ガニは釣ったものを夕食会場でいただく形になります。

P1200809

なので、参加者の皆さまの品定めする目がかなり真剣でした(笑)

P1200825

 

P1200816P1200819

枝幸町の名物ガイド・丸山さんから殻剥きのレクチャーを受けまして、さっそく殻剥きへ

017c8a3152ecac574a82512e52a150fba79b5efc1a

新鮮なので時々水を吹かれて、辺りが水浸しに^^;

P1200820

コツさえつかめば、誰でもキレイに剥くことが可能です^^

ちなみに貝柱自体はオス(白い方)の方が、味が濃くて美味しいそうです。

P1200822

とは言いましても、鮮度抜群なのでメスの方でも全然美味しいですが^^

今回は大事をとって、卵は食べず貝柱と希望者にはミミもいただきました。

塩水で洗っているので、そのままでも十分オイシイ!!

 

01dc2a7b40a5457fc0abd4e681a29e334801001dd9

お次は毛ガニキャッチャー

独自に生み出した、毛ガニ専用の竿で簡易いけすの中にいる元気な毛ガニを吊り上げるのですが、早い人は10秒くらいでつれちゃっていたのに、ワタシは40秒以上かかってしまいました^^;

途中何度も、助け舟(ゴム手袋)を差し出されましたが、それだけはプライドが許さないので、最後まで頑張りました(笑)

P1200831

番号札を受け取りまして、記念撮影もしたのち、いったん観光協会の方々に返却

P1200828P1200834

 

夕食会場&宿泊先であります、【うたのぼりグリーンパークホテル】に向かう途中、東京からの参加者もいらっしゃるので、急きょ町内唯一のコンビニ・セコマ(3軒あるそうです)に立ち寄り、しばし買い物

01f18bbe32f1ff50ae61bc75a972d51b3e47cbcabd 01a53b667d4fbf216c718d43d4a269e4c3173a4700

レジ大行列の図、思わず撮影してしまいました^^;

セコマの店員さんも、かなりビックリしたんじゃないでしょうか??

P1200836

夕食の時間は18時

それまで小一時間、温泉に浸かったり、部屋でのんびりしたりと自由にくつろぎ旅の疲れを癒します

窓の外を見ると、ちょうど夕日が沈むところでした^^

 

P1200841

旧体育館のようなスペースに設けられた夕食会場

照明とじゅうたんの影響で、何を撮っても少し緑ががっておりますが、ご了承下さい^^;

P1200839

ここで、先ほど自分で吊り上げた海明け毛ガニが茹でられておりました^^

P1200845

番号を呼ばれ順に受け取りに行きまして、自分で捌きながら食べる形です

P1200848

今までは、贅沢にも剥いてもらったものを食べるばかりだったので、1匹丸ごと剥きながら食べるのは初めてかも^0^;

P1200867

黙々と頑張って剥きました!!

自分で剥いた蟹って美味しさ倍増ですね(笑)

それもそうですが、身の味わいが濃くてしかもぎっしり詰まっておりました~

さすがは海明け毛ガニ><

P1200852P1200854

茹で上げの海明け毛ガニ以外にも、毛ガニの刺身やズワイの天ぷら、毛ガニの味噌汁などなど・・・

P1200862

P1200865

 

毛ガニはもちろん感動的だったのですが、個人的にニシンにも感動しまくりでした!

P1200857

身はフワッフワ、立派な数の子~~~
こちらも夢中で食べてしまいました^0^

 

しばらく毛ガニはいらないかも。。。と、なんとも贅沢な思いで、部屋に戻りました
(相当満腹だったはずなのに、部屋でおつまみをいただきつつワインを堪能していたのは、ここだけの話です・・・笑)

 

2日目に続く・・・

 

 

ビュッフェのマナーも学べた、中島公園倶楽部・ボタニカルフードパーティ

main_bg01

先日、札幌パークホテルで行われた【ボタニカルフードパーティ】に参加

こちら、2014年から年4回にわたってライフアップセミナーを開催している“中島公園倶楽部”の企画です。

P1200416 P1200420 P1200421

最初に、札幌パークホテル 総料理長:江本 浩司氏から、今回のお料理や、ボタニカル&マクロビオテックのお話や、ビュッフェでのテーブルマナーなどの話を聞きました。

今回は、乾杯で飲むカクテルを自分たちで作ることになっていて、食堂部門副支配人の近藤氏からレクチャーを受けました。

P1200426

レクチャー後、早速実践

今回作ったのは、【Park club cooler】

ボタニカルパーティらしく、ベルローズやミントの葉も使用しています^^

P1200430P1200431

ダークラムとホワイトミントを使用しているので、スッキリ系のカクテル

 

ちなみにボタニカルなスピリッツやリキュールも紹介していただきました^^

P1200435

消化促進効果が期待できるカンパリ、利尿作用があるビフィータージン、滋養強壮と言わているシャルトリューズ、写真にはないけど、冷えや眼精疲労イエガーマイスターもありました。

 

今回のお料理はブッフェ&セミコース

野菜を中心とした見た目にも美しいブッフェは、画像に残せませんでしたが、こんな感じで盛ってみました^^

P1200441

ブッフェは美しく盛ってなんぼ!と、常日頃思っていたので、今回のセミナーでその辺りのお話があったので、すごく嬉しくて、いつも以上に気を使いました(笑)

よく、ブッフェ会場でてんこ盛りにしてる方を見かけますが、味も混ざって料理の良さも半減してしまうと思うんです。。

何度お替りしても、皿も何枚か使ってもいいわけなので、次からはそこのところを少しだけ意識してくれたらうれしいのです^^

 

こちらはセミコースの料理

P1200440

グリーンピースのスープ【温・冷】

メニュー名に、温と冷と書いてあるので、セレクトするのかと思いきや、一つのグラスの中でその2つが楽しめるようになっていたのです!

これはなかなか、斬新でした~~

それにしても、美しいグリーン♪

P1200448

牛フィレ肉のポワレ 温野菜添え 山わさび和風ソース

ソースがさっぱりしているのと、野菜が多めなので、食べていても疲れない^^

 

P1200450 P1200452

P1200460

この日はホワイトデーだったので、“ホワイトドーム”という、素敵なデザートが♪

『誰からもチョコレートはいただいておりませんが、私からのホワイトデーのお返しです』と、お茶目な江本総料理長でした^^

 

P1200456

もうひとつ、甘~いカクテルも♪

 

P1200445

インカのめざめが入ったパンと、昆布入りのバターも美味しかったなぁ~~

 

中島公園倶楽部は今年も、5月・7月・11月・そして2019年3月にも開催が予定されているそうです。

 

 

 

北海道食材を生かしたタイ料理・SOI Maruyama Re:Open

以前、パクチーまつりで盛り上がったこともある、SOI Maruyamaが、リオープンしたと聞いて、女子会してきました!

P1200555

まずはシュワシュワで乾杯♪

P1200502

ビールじゃないところが女子会っぽい(と、勝手にこじつける)

 

白身魚のカルパッチョ

P1200508

前に食べた時も思いましたが、鮮度がいいんです^^

パクチーが苦手な友人がいたので、2皿中一皿は抜いてくれました♪

 

道産豚挽き肉のサラダ

P1200510

想像以上に辛くて、テンションが上がる(辛い物を食べるとなぜか笑いが止まらなくなる性分^^;)

ただ、辛い物の後にスパークリングワインを飲むと余計に辛くなってしまうので、慌ててタイのビールとワインをオーダー

P1200511

くぅ~~~、美味しいっ!!

やっぱりその土地のアルコールが合うようになっているんだなぁと、しみじみ思う

 

P1200517

小海老のから揚げ

揚げたみかんの葉がポイント♪

 

P1200518

個人的にも、タイ料理の中で3本の指に入るほど好きなガイヤーン♪肉は知床鶏

 

P1200522

一度食べたら無言で食べ続けてしまう、タラバ蟹のカレー玉子炒め

 

P1200537P1200545

器が特徴的な、トムヤムクン

スッパ辛いこの味、いつからこんなに好きになったんだろうなぁ~

 

P1200548P1200547

カレーは3種ありまして、一番辛いグリーンカレーと、一番辛さ控えめのマッサマンカレー

 

P1200550

辛い物を食べた後のジェラートは、すごく嬉しいと実感する女子たち♪

 

辛い、けど美味しい! 飲もう飲もう!! いつもより笑い声が絶えなかったなぁ~

改めて、タイ料理って女子会向きだなって思った夜でした^^

 

 

 

想いの詰まったシンプルな美味しさに感銘を受ける~椿サロンの北海道ほっとけーき

『無添加でぷるぷるのホットケーキを開発したんだよ』と、アトリエテンマの長谷川氏からお話を聞いたのは2月上旬

それからさらに試作を重ねて完成した、【北海道ほっとけーき】が、3月19日(月)に、椿サロン銀座店と、赤れんがテラス店でお披露目されました。

北海道ほっとけーきは2種

P1200603

【北海道ほっとけーき ボロネーゼ】

食事にもなる、しょっぱい系のホットケーキ♪

だけど、北海道てんさい糖蜜もついているので、半分はスイーツとしても楽しめるという、個人的にかなりうれしいパターン!!

それにしても、まるでショーウィンドウにある、食品サンプルのような完璧なフォルム

お好きなだけどうぞと言わんばかりの、理想的なバター

ナイフを入れて崩してしまうのが、申し訳ないと思うほどの存在感でした・・・

 

P1200606

今、“SNS映え”を狙ってド派手な盛り付けが多い中、かなりシンプルな見た目なわけですが、実は材料も超が付くほど、シンプルなのです。

材料:北海道産小麦・道産卵・ 有機コーンスターチ・道産ビート糖・塩のみ

ちなみに銀座店ではすでに、有機コーンスターチを道産の小麦でんぷんに変えて、このぷるふわ感を出すことに成功しているので、札幌でも近々ALL北海道食材で提供するそうです^^

 

P1200593

ちょうど、焼き上げているところを見せていただきました。

なんか、ものすごくカワイイ!!

と、こちらの鉄板は18枚焼けるので、2枚重ねなので一度に9セットが出来上がります。

焼き上がるのに25分くらいかかるそうなので、タイミングが合わないとかなり待つことにはなりそうですが、それだけ手間暇かけているのです。

シンプルなものほど、時間がかかる法則がココにありました。。

 

 

P1200598P1200612a

と、ほっとけーきが美味しいのはもちろんですが、サラダやボロネーゼのクオリティの高さにまたまた感動!

ドレッシングはもちろん自家製、ひき肉も当然、北海道産^^

 

P1200610

そしてこちらが、【北海道ほっとけーきプレミアム】

生クリーム・バター・あずき・てんさい糖蜜・・・もちろんすべて北海道産

P1200594P1200597

このバターとあずきの入っている入れ物、板が滑り落ちないような造りになっている優れものなのです!!

実はほっとけーきがのっている皿やカトラリー、コーヒーカップもすべて椿サロンオリジナル!

P1200588

オシャレすぎる・・・

コーヒーカップなんて手になじみすぎて、思わず握りしめてしまいました^^;

P1200591

オリジナルだからこその調和感が、心地良すぎました~

カトラリーなどは、販売もしておりましたよ♪

P1200581

ちなみに【北海道ほっとけーき】が味わえるカフェタイムは20:00(ラストオーダー19:30)までなので、少し遅い時間に行けば、BARの雰囲気を楽しみながら、味わうことができます^^

P1200622

P1200613

※20:00以降のBARタイムはチャージがかかりますが、カフェタイムはノーチャージ

 

P1200583

今回誕生した【北海道ほっとけーき】に対する思いや経緯を語ってくれた、アトリエテンマ代表の長谷川演氏

今回のネーミング、なぜパンケーキにしないのかと、大多数の方に反対されたそうです。

パンケーキとホットケーキの使い分けに関してはあいまいな部分もあるようなのですが、ホットケーキは家庭の味という認識があるらしく、“昔、家庭で食べた、お母さんの味”を思い出してホッとしてほしいという思いが込められているそうです^^

実はその昔、不二家でホットケーキを焼いていた経験もあるという、長谷川氏。

そして銀座店の出店から、赤れんが庁舎の目の前のこの場所に出店する経緯まで、すべてが運命だったようなエピソードを聞いて、ますます長谷川氏から目が離せなくなった夜でした^^

 

 

新さっぽろで、一足先に桜を堪能♪~ホテルエミシア札幌

本州の友人・知人のSNSには、桜の画像がちらほらとアップされていて、やっぱり北海道は北国なんだなぁと、しみじみ思ってしまう今日この頃・・・

P1200464

札幌の開花予想は4月28日ごろとのことですが、厚別にあるホテルエミシア札幌で、一足先にお花見ができます^^

P1200462

P1200466P1200468

そのロビーで、ちょうど桜スイーツが提供される日だったので、ちゃっかりいただいちゃいました♪

P1200494

サービスのスイーツなのに、ここまで凝っていてビックリ!!

P1200497P1200495

桜湯までついてました^^

ちなみに、3月22日(木)と29日(木)の15:00からも、先着30名にサービスしてくれるそうです^^

そして桜のパウンドケーキは、1Fベーカリーショップ ノースクレストで200円で販売中です♪

 

 

と、レストランでも桜フェアを開催中♪

中国料理 仙雲の特別コース 桜華

P1200473

春の前菜盛り合わせ

タケノコ、梅で煮たタコ、うるいなどなど、眺めているだけでウキウキししてしまう盛り合わせ^^

と、なんとも日本酒が飲みたくなる味わい!!(しまった、車で来てしまった・・・と、軽く後悔^0^;)

 

P1200477P1200480

蟹肉入りフカヒレスープ 翡翠仕立て&野菜のフリット

緑とピンクの組み合わせに、またまたウキウキ♪

ちなみに緑色は、ほうれん草。そして野菜のフリットはタラの芽とインカの目覚め

 

P1200482

鯛と豆腐の蒸し物

ふわっふわの鯛と豆腐の組み合わせ、そしてナンプラーが程よく効いたダシがたまらなく美味しかった~~

 

P1200485

桜姫鶏と花切烏賊の三升漬の炒め

見た目はちょっと地味ですが、メニュー名は春満開です^^

そして三升漬けの味がズルいほど飲ませたくなる味わい・・・(あぁ、どうして車で来たんだろう・・・2回目の後悔)

 

P1200487

桜海老入り汁そば

かなりの満腹感をココで感じております・・・

が、ダシが美味しすぎて、やめられません~~

 

P1200490

桜香るなめらか杏仁豆腐とココナッツ団子

ホントになめらかな杏仁豆腐、そして蒸したてのもっちもちの団子

お腹いっぱいなはずなのに、ペロリと食べてしまった・・・

 

こちらのコースは3500円で、ランチはもちろん、ディナーでも楽しめるそうです♪

 

 

 

ジンギスカンじゃないラム肉料理を堪能する

015bcc41712168b7d4aadf8e172ecca0140d6ab677

先日、アンズコフーズ株式会社が主催した、【北海道民の次世代羊肉料理を考える会】に参加してきました。

道産子にとっては、羊肉=ジンギスカン

そのジンギスカンは、最低でも月1回食べていたといっても過言でないほど、日常なお肉料理でした。

ただ、ジンギスカン以外の羊肉料理となると、あまり食べる機会がなかったので、すごく参考になるイベントでした!

016f96836090e4bd622d1e8522f134749730f41585

016db0f965072d3561aed194465e7042242089df8f 01dd3c83ce669d6fbf5d20dc23ce6b79ae6c186b7a

※会場の照明の影響で、ちょっと色味が青っぽくなってしまっております。

016fd5ccf946e57992a4f3f50d2064a5f1ebf9df02 016933e41b280a10706c9f6760ea778733625edc4c

ラムチョップ・ミラネーゼ(骨付き背ロース)
ラム肉のもも厚切りステーキ オリエンタルソース(レッグ)
ラムスペアリブ ケイジャンライス添え(スペアリブ)
ラムのパワーサラダ(レッグ)

アンズコフーズのラム肉は、月齢3ヶ月~6ヶ月未満のニュージーランド産仔羊で、“旬”を大事にしているそうです。

仔羊の旬とは、11月~3月にと畜されたものということを、今回初めて知りました!

 

もともと、羊肉に慣れ親しんでいるワタシとしては、匂いは気にならない方ではありますが、今回のお料理、どれを食べても全くと言っていいほど気になりませんでした!!

そして何より、肉が柔らかいっ!

特にレッグの柔らかさには驚かされました~~

010f7fe71b7f22a4c0a1c22f8f81feeba7568902bf 0156863c69238c67f476ff9a6c6901e7d6b92d09c0

ラムのスープカレーもレッグを使用していましたが、お肉がホロホロと崩れるほど柔らかかったです!!

01137856f317c7c4c63a0e6c54d828d9526fc2a6cf 018cad3ef12690aa029f45594c0190e8b7c21f2d58

今回はニュージーランド産ワインも提供いただいたのですが、これがまた羊肉料理にピッタリ!!

特に、甘さを感じる口当たりの良いメルローは、羊肉の脂の甘みを包み込んでくれる感じで、ついお替りしてしまいました^0^;

 

ちなみにアンズコフーズさんは【ANZCO仔羊クラブ】というFBページがありまして、レシピなども掲載中です^^

 

今回は試食だけではなく、今の羊肉の現状や、道民の羊肉料理についてのパネルディスカッションなどもあったのですが、実は世界的にも羊肉の消費量が下がっていたり、生産量も上がっていなかったりと、危機感を感じる部分もあるそうなんです。

確かに、ワタシ自身も自宅でジンギスカンをする機会も子供の頃よりは減ってしまっている。。

 

何より、こんなに北海道=ジンギスカンなのに、道産のラム肉はほとんどお目にかかることができません。

羊肉は“最強の美容肉”と言われているほど、女性にとってもありがたいお肉なので、もっと手軽にジンギスカン以外の部位の羊肉が買えたり、味わえたりしてくれると嬉しいです!

そうそう、4月29日は“ヨウニク=羊肉の日”ということなので、この日は意識して羊肉を味わうことにします!!

 

 

 

3月14日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~世界の料理とお酒 ハヤシ商店

3月14日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、2月3日(土)に札幌駅北口近くにオープンした、【世界の料理とお酒 ハヤシ商店

P1200104

オーナー&料理長の林兄弟のご実家を改装して完成させたこちらのお店は、空間で世界を感じてもらえるように、カウンター、店内の奥・手前と、様々な国の内装を施しているので、座る場所によって全く違う印象を受けることができるのです^^

P1200108

それなのに全く、違和感がないのです!!

P1200106

どこに座っても居心地がいい・・・

P1200110 P1200113

ちなみに、天井は“チベットの空”で繋がっています。

お兄様の林成樹さんは海外に関心があり、20代前半にバックパッカーで、世界各国を回ったそうです。

 

その時に出会った各国の美味しい食べ物や空気感を、多くの人に伝えたいと思い、世界の料理とお酒を提供することにしたそうです!

IMG_6923a

 

IMG_6870a

まだオープンしたばかりなので、メニューやドリンクはこれからまだまだ変わっていく予定とのこと。

例えばウユニ湖の塩を使ったカクテルなど、ハヤシ商店ならではのメニューも検討中なんだそうです^^

DSC_0642a DSC_0672a DSC_0654a

IMG_6828a

ちなみに火・木はランチタイムも営業中♪

店名にちなんだハヤシライスや月替わりメニュー(3月は鶏肉のフォー)を750円で楽しめます^^

 

ランチタイムの後のディナータイムまでは、カフェタイムとしても営業

DSC_0479a

ちなみにコーヒーは、藻岩にある蔵人の豆を使用

IMG_6938a

コーヒーやデザートは、もちろんディナータイムでも楽しめます^^

 

28828220_10156033223176093_6578167442945619653_o

林兄弟のおじい様は、この場所で林商事という大工道具の店をやっていたそうです。

お父様も地域活動をしているそう。

林兄弟も地域密着型で、息の長~いお店にしていくのが目標だそうです^^

周囲は年々マンションが増え、子どものころより随分と都会になり、だからこそ、“都会のオアシス”のようなお店でありたいと、アツい思いを語ってくれた林さんでした^^

 

 

キュートな姿にイチコロ・・・円山動物園の新施設・ホッキョクグマ館誕生!

札幌円山動物園に3月13日(火)、待望の【ホッキョクグマ館】が完成!!

P1200408

そのセレモニーが行われました!

P1200340

秋元市長をはじめ、新施設や円山動物園に携わってる方々が寒い中、コートも着ずに挨拶やテープカットをこなしまして、宮の森幼稚園の代表の子どもたちが、くす玉を割りました

P1200342 P1200343 P1200346

ハプニングもなく、無事に終了

P1200337

一般のお客様、30分以上ここで待ちつつ、11:00に施設内へ

 

 

無題

ちなみにホッキョクグマ館の全貌はこんな感じ
※円山動物園より拝借

まずは奥まで行き、階段を上って上段へ

 

P1200389P1200390

すでにすごい人だかり!

と、一番上まで行くと、今まで使用していた施設も見渡すことができます。

P1200398

 

P1200396

今は雪が積もっていますが、ホッキョクグマが生き生きと暮らせるよう、外放飼場は今までの約5倍になったそうです。

P1200402 P1200403P1200399

と、そこにホッキョクグマの姿が!!

パッと見て、デナリなのかララなのかリラなのかキャンディなのかは全くわからず・・・^^;

今朝の道新を読むと、ララ&リラ親子だったみたいです。そして今後は、交代でメイン放飼場で展示するようです。

P1200400P1200401

たぶん、お母さんに続いてリラがどぼ~~んと、プールへ潜っていったのかな?

P1200393

あ、こちらが噂の国内最長・水中トンネルですね!!

早速、下の施設内へ

P1200410

トンネル手前でも、見学することができます

P1200368

壁には環境について学んでもらえるように、サイン看板も。

ちなみに今回の施設は、アメリカやカナダなどの世界的な施設基準を満たす獣舎を建設。

今後、海外から新規個体を導入して、世界的に減少傾向にあるホッキョクグマの繁殖を推進していく予定なんだそうです。

 

そしてトンネル内へ!

P1200353

!!!

いきなりこんなカワイイ姿でお出迎えっ

この姿だけでノックアウト状態!

 

P1200383

見学のお客様も一斉にシャッターを押します

 

P1200355

それにしてもよく動き回ります!

と、視線がいつも、こっちを向いている・・・

P1200357P1200358

実はここに透明な仕切りがありまして、その先にはホッキョクグマが大好きなゴマフアザラシがいるのです!

P1200381

出来るだけ、自然な環境で展示するということで、仕切りはあるとはいえ、南極の海の中を再現しているわけです。

P1200377

ホントに、めっちゃ見てました^0^

 

P1200361

かわいく見えるホッキョクグマですが、やはり獲物を見るときの目線は猛獣なんだなぁって思います。。

P1200369

そんな視線を感じていないはずはないのですが、『俺には関係ないもんね~』といった感じでスイスイ自由に泳ぎ回るゴマフアザラシにくぎ付けになってしまいました(笑)

P1200360

それにしても、飽きないカワイさでした^^

 

P1200372

※時々どつきあう・・・(笑)

 

P1200388 P1200406

こちら、施設内に合った自販機

ちょっとカワイイ^^

P1200414

そして、年間パスポートのデザインがホッキョクグマになりました^^

P1200411

そうそう、セレモニーの時、隣のヒグマがかな~りこっちを見ていて、かなり存在感アピールしてました^0^;

 

※3月14日(水)は定休日です

 

 

西11丁目駅直結・15時から営業!【大衆酒場くろべゑ】

札幌市民にとってこの季節の飲食店選び、いかに外を歩かないで済むかは大事なポイント!

ということで、地下鉄駅直結の飲食店は、かなりポイント高めですっ!!

P1200168

先日お邪魔した、【大衆酒場くろべゑ】は、地下鉄西11丁目駅直結!しかも定休日の日祝以外は毎日15:00から開いてます♪

P1200169P1200174

大衆酒場くろべゑは、大通本店に続く2店舗目となりますが、名物のレモンタワーがこちらでも健在!!

P1200172 P1200171

もちろん、オーダーしました^0^

と、奥に写っている“レモンタワー”は、店長にお願いして、他のテーブルから借りてきました^0^;

ちなみにレモンを刺してタワーを作っている“串”は、特注なんだそうです!

P1200176

こちらは名物の厚岸直送の生ガキ♪

いつでも1個100円!!

蒸しガキ&焼きガキは120円

カキが食べられる身体で良かった~~と思う瞬間です^^

P1200182

『今日は特に脂がのっているので!』とおススメされた国産のサバは炭火焼きデス!!

ホントに脂ノリノリでしたっ^0^♪

 

P1200180

そしてこちらが、何を置いてもオーダーしてほしい、もつ鍋!

半熟卵が美味しいのは写真からも伝わると思いますが、豆腐がなんと自家製~~~

上の写真では隠れちゃってますので、別角度から

P1200179

もともと好きなのでよくオーダーするけ、今まで食べた中でもかなり記憶に残るもつ鍋でした^0^

 

P1200184

“大衆酒場”の名に相応しい雰囲気が、かなりいい感じ^^

この界隈で働いている人たちがちょっとうらやましい!!

 

 

pageTop