札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『洞爺・登別・苫小牧』カテゴリーの投稿一覧

天下糖一プロジェクトで製糖工場見学へ♪

P1490902

こちらのブログでもアップ済みですが、【Sugar Seminar 2019】の一連のイベントに参加させていただき、先日は伊達市内にあります北海道糖業㈱道南製糖所にて行われました、工場見学へ行ってきました!

 

014bfcfae2fc28414d78b167fafa208614a38d7ad2

場所は伊達市

モクモクと煙が出ているところが工場です。

01bdac79b836b60bbe2b41b5f9ae5cfa18d40a299501bfa761f6c0ac86f557931741fab19fa530a351cb

入口に、こんな額縁が飾られていました。

あ!ほのぼの印の砂糖の会社なんですね!!小さいころからお世話になっている砂糖です^^

P1490903

こちらは、北海道糖業㈱になる前の模型

P1490907

明治にはすでに製糖所があったんですね!

ちなみに明治3年にクラーク博士がてん菜の栽培を指南し、明治13年に紋別の工場が稼働。

それから現在のサッポロビール博物館は、もともとは製糖工場として建てられたそうです(何回も行っているのに知らなかった^0^;)

011ab6888caa8b5804e7d0238329b5e1bd5e9d82da

現在の工場は、昭和34年から稼働しているそうです。

ちなみに北海道内には、3社・8工場があり、北海道糖業㈱はここ伊達の他、北見と本別にも工場がありまして、北海道内で作られる砂糖の3割(90万トン)を製造しているそうですよ!

ちなみに砂糖の作り方って、皆さん知っているものなのでしょうか?

01885113f467ed4bd1ea51854d49038a189eb9c4cc

ワタシ、全く知らなかったのです・・・

P1460024

よくよく考えたら、このカブのような、大根のようなてん菜(ビート)という作物が、何でサラサラの粉になるのか・・・今まで考えたことがなかったかも^0^;

ということで、子どものようにワクワク感を持ちつつ、工場内へ!

P1490889P1490890

“製糖課”って、口に出すとちょっと面白い・・・(正当化)

019e650f5b7f63ee1c5585d92d699a4fce41083e3f

入ってすぐに大きな機械だらだけ。しかも昭和の香りが漂う感じで、工場見学好きにはたまらない雰囲気

実際の香りは、何とも不思議なんです。

なぜか珍味のような香りもするし、少し甘い香りもするけど、穀物の香りもしたり。。

そして、ちょっと蒸し暑いです

 

P1490892

一番奥まで行くと、千切りにされたビートがベルトコンベアで運ばれていきます。

その前の過程である、土のついたビートを水だけでキレイにする、“ビートウォッシャー”も見られる予定だったのですが、雨のため見学できず・・

P1490894P1490895

特別に、千切りにしたビートを味見させてもらいました。

ちなみにこの状態を、コセットと言うそうです。

ほんのり甘い!このままサラダでも悪くはないかも

01e4d76042fecde6d768e5f0ff2efa9c8051224b6e

コセットを、約70℃の温水が入った巨大タンクに送り込んで1時間40分くらいかき混ぜるそうです。

そうすると温水の中に糖分が溶け込み“液糖”ができます。

01973c39170244d4af1a2076563e945c929b5d3551P1490896

液糖は最初はドロドロで、かなり濁った色。

これに石灰やCo2を入れて不純物やにおい吸着させ、機械でろ過をした後、煮詰めていくそうです。

010370bbc399adbc2a00a9875752273b2fea9ac44a

そうすると、どんどん透明になっていくわけです!

その液糖を真空状態で濃縮し、結晶化させて遠心分離機へ

P1490897

この辺りの行程は衛生面的に、近づけません。

工場内でも限られた人が全身を清潔にしたうえで入る場所

出来上がった砂糖は少し湿っているので、100~120℃の熱風が出る“ドライヤー”で乾かして、最後に冷風(クーラー)で乾燥させて出来上がり♪

ビートから砂糖になるまでは、焼く16時間かかるそうです!!

 

ということで、砂糖は漂白なんてしておりません。

じゃぁなんで透明な糖液が結晶になると白く見えるのかと言いますと、雪と同じで光が乱反射しているからなんですよ!

 

P1490899

こちら、全ての行程をチェックできるモニター室

工場はビートが収穫される10月~1月まで稼働するのですが、その間は24時間体制なんだそうです。

01693e5cf7ab4fa442b76763e4cbef37590071e14f

ちなみに稼働していない半年以上のはどうしているかと言うと、すべての部品をばらして洗浄やメンテナンスをしているんですって!!

考えただけで私には無理!!と思ってしまいました^0^;

 

P1490910P1490911

見学が終わってから、グラニュー糖を使用したマフィンをいただきました^^

P1490912

そして、上白糖を2kgもいただいてしまいました!

暫くはお砂糖に困ることは無さそうです^^

数回に渡って参加した、Sugar Seminar2019

砂糖に関して正しい情報を知ることが出来て本当に良かったです!

家族が美味しいと言って食べてくれる料理を作るためにも、砂糖をフル活用しま~す^^

 

おまけ

P1490901

モニター室のデスクにあった専門誌が気になりすぎる!!(笑)

 

 

 

 

 

カワイくてオイシイ洞爺町

P1380979

先週末、洞爺湖温泉銘酒まつりに参加すべく、洞爺湖へ

久し振りの参戦におだってしまい、すっかり日本酒に溺れてしまいました・・・^0^;

次の日は少しでも心を浄化させようと、温泉街の対岸にある、とうや水の駅に立ち寄ってみました

01b7936655f0394a2f0c079599f0d9c7525408a5a6

正面からと、湖側からの図

P1380981

あれ?もしかしたら初めて立ち寄ったかも。。。

 

実は朝ご飯を食べ損ねてしまっていたので、まずは讃岐うどんをいただくことに

P1380977

というか、何で洞爺で讃岐うどん?と思ったら、洞爺町(旧洞爺村)は香川県から入植していたのですね!

くぅ~、出汁が胃に沁みますぅ(≧0≦)

 

胃も落ち着き、お隣りの物産コーナーへ立ち寄ってみると、春菊やネギなどの青物野菜がたくさん売っていたので購入。もちろん洞爺産

そして水の駅の向かい側が楽し過ぎました!!

 

P1380994

まずはパン好きなら必ず立ち寄りたい、ラムヤート!!

P1380982

店内に足を踏み入れた瞬間、心奪われるエジプトパン!!

か、かわいずぎる・・・

P1380992

エジプトパンは、こちらのエジプト塩で作っているので、エジプト塩ファンにはたまらない味わいですっ!

薄くスライスして、軽くトースト

結構な重さのパンなのに、あまりにハマってしまい、あっという間になくなってしまいました^0^;

P1380990

そうそう、エジプト塩をモチーフにして焼いてもらったというこちらの塩入れも可愛すぎ♪♪

 

P1380985

それにしても眺めているだけで心が満たされるパンたちです^^

P1380983

このあんぱんも美味しかったなぁ~

もっと買えばよかった~~~

P1380987

店員さんに、これが凄いんです!!と、強くお勧めされたので、こちらも購入

確かにすごい!(笑)

と、一度食べるといろんなものにかけたくなってしまう、病みつき調味料デス

 

P1380999

あとはこちらのお豆腐屋さん

0179e3d04ca138915a69001d1042ec64c2708d905e 012154c693d85c25332caca2dd41fd8b01ddebbad6

自宅に戻ってから、水の駅で購入した千本ネギと一緒に食べた寄せ豆腐

同じく水の駅で購入した春菊と、お豆腐屋さんの油揚げ

美味し過ぎでノンストップでしたっ!!

 

P1380997

こちらはラムヤートの道路を挟んでお隣にある、雑貨や調味料などの販売をしている【Toita】さん

今回、中には入りませんでしたが、この外観だけでいいモノしか置いていないんだろうなぁということが伝わってくる!!

 

そしていつか行きたい!と思っていた【yucana

P1390005

12:00オープンで、開店後10分くらいで行ったのですが、私たちで満席でした!

P1390014 P1390012

それにしても可愛すぎますっ

何時間でも居れる!!

P1390010

1時間半くらい前にうどんを食べたばかりですが・・・

評判のグリーンカレーをどうしても食べてみたく^^;

P1390007

そしたらやっぱり、フォーも食べてみたく・・・

まぁ、うどんは軽めだったしねと、自分に言い訳しつつ味わいましたが、やっぱり美味しかった!

というのも、ゆかちゃんのお料理は、札幌のフーコック時代で何度となく味わっておりまして、数年前に偶然イベントで再会して、湖畔でカフェをやっていると聞いていたのです^^

札幌時代も周りのみんなをホッコリさせてくれる笑顔だったけど、ますます磨きがかかっていたなぁ~

またゆっくり行きたいです♪

01b289cde538780321ec64b76096ffff462fb74d0d

最後に気になって購入した、“ニョロニョロのクッキー”
(ケーキなどはテイクアウトも可能なのです)

可愛いだけじゃなく、美味しいところがサスガですっ!!

 

P1390004P1390003

yucanaが開店するまで少し時間があったので、洞爺湖芸術館にも立ち寄ってみました

砂澤ビッキさんの作品と、洞爺村国際彫刻ビエンナーレの作品がずらりと並ぶ展示室

期待以上に見ごたえありました!!

 

P1390002

温泉も良いけど、洞爺町にも立ち寄る価値大です^0^

 

 

 

沼ノ端の飲まさるイタリアン♪【Regalo da Jfarm~レガーロ・ダ・Jファーム】

Jファームの見学後向かったのは、JR沼ノ端駅近くにある、【レガーロ・ダ・Jファーム

P1210294

沼ノ端という地名は知っていましたが、初めて来たかも・・・

新興住宅街なのかな?すごくキレイに整備された街でした^^

そこで、(特に夜になると)ひと際目立つ建物が、Regalo da Jfarm

P1210295P1210297

 

P1210247

札幌のお店を取材したとき、『苫小牧のお店もすごく素敵なんですよ』とは聞いていたのですが、その言葉通り、すごく居心地の良い空間でした^^

P1210246

失礼ながら、沼ノ端にこんなに素敵なイタリアンがあるとは・・・というのが、第一印象

 

P1210249P1210252

さっそく泡からいただきました^^

1品目に出てきたのはミネストローネ

さきほどのトマトが使われていて、甘みと酸味がしっかり味わえるスープ♪こういう美味しいスープを食べると、一気に食欲が増します!!

 

P1210256

イタリア産ブッラッティーナとキャビア Jファームのトマトとサフランのジュレ

なんだか食べるのがもったいない・・・

でも食べ始めると、一気に頬張りたくなってしまう・・・^0^;

トマトのジュレが、さすがにおいしかった!!

 

P1210258

滝川産の鴨胸肉のスモークとフォアグラのテリーヌ キンカンのマルメラータ

一瞬、キンカンがトマトかと思いました^0^;

間違いなく、ワインが進む一皿!

P1210265

真鯛とホタテのアクアパッツア

札幌店で食べた時も思いましたが、魚介の使い方がすごく上手!(苫小牧だから??)

じわ~っと体中に染み渡る美味しさなのです^^

 

P1210269

ホタルイカと茎ブロッコリーのスパゲッティ

出た~~

飲まさるパスタ!!!

のん兵衛なんでと伝えておいたので、量も控えめにしていただき、まさにいい塩梅のパスタでした^^

 

P1210275

フランス産モリーユ茸のニョッキ 黒トリュフがけ

さらに飲まさるやつが登場!

この香りは本当にズルいっ!!! ペロリとたいらげてしまいました^0^;

 

P1210281

仔羊のカツレツ Jファームのベビーリーフとトマトのサラダ

もうお腹がいっぱいでカツは厳しいかも・・・と思っていたのに、ビックリするほどくどくない、ラム肉のカツレツでした!

そしてトマトがやっぱりオイシイ♪

 

P1210283

コチラのお料理、 こんなパフォーマンスもあったり!!

各テーブルでも巨大なミルの登場に盛り上がり、お店の雰囲気もイイ感じでした^^

 

P1210299

カッサータ グレープフルーツとはるみオレンジのカンパリゼリー寄せ

大人のドルチェはワインにも合うので。お腹がいっぱいでも美味しく頂けちゃいます^^

 

何度も言いますが、ココは沼ノ端

一瞬、どこにいるのかわからなくなってしまいました^0^;

 

毎度のことですが、料理がおいしくて雰囲気が良いと、必然的に飲まさりますよね~

P1210261 P1210263

P1210280

沼ノ端なので、飲む人間としてはそう簡単には来れないけど、最近美味しいものを食べるためのJR旅も悪くないなぁ~と思い始めているので、そんな風に思ってくれる飲み仲間と、改めて訪れたい!!

 

P1210310P1210305

つい親心で応援したくなる、素直でカワイイスタッフたち^^

エスプレッソカップも可愛かった~♪

大満足な苫小牧遠征でした!!

 

 

 

 

 

 

 

苫小牧2軒目はインパクト大の、港町トマコマイ ゴーゴー食堂

サントリー北海道エリア情報 【オサナイミカの飲み食べ探訪記

詳細はこちらでご覧ください!!

P1030625

港町トマコマイ ゴーゴー食堂

P1030628

P1030629 P1030630

 

P1030632

P1030633

 

P1030634

P1030638 P1030642

 

P1030640P1030641

 

P1030636

 

P1030643

P1030648

P1030654

 

P1030656

01b152f6991b3fb4ce7ba75cb3cc0a3c06cc2623d3

P1030653 P1030652

 

P1030661

 

初・苫小牧飲み!ディープな飲み屋街にドはまり!!

サントリー北海道エリア情報 【オサナイミカの飲み食べ探訪記

第11回目に訪れたのは“苫小牧”

記事の内容は、サントリー北海道エリア情報ページをご覧下さい^^

P1030624

鮨としゃぶしゃぶ honoka

 

P1030584 P1030583

 

P1030581

 

P1030590

 

P1030593

 

P1030596

 

P1030599

 

P1030601

P1030602 P1030606

P1030605

 

P1030615 P1030616

P1030618

pageTop