札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ランチ』カテゴリーの投稿一覧

こんなタイ知らなかった!!【サコンナコン県&ナコンパノム県を訪ねるメディアツアー】その7

またまた時間が空いてしまいましたが、こちらからの続きで、タイ取材4日目・5月19日(日)の備忘録

01cd1633d25e7a6a66d91141c2bd46a89cbaca8647

今回の行程は、朝食が全て外のお店だったので、唯一ホテルでの朝食(ブッフェ形式)

バタフライピーを添えるだけでタイな朝ごはん♪

P1410043

ホテルの向かいに市場があったので、フラリと見学

 

P1410051

ソムタムがすぐ作れる~

P1410052

P1410050

P1410041

相変わらずカラフルなスイーツたち

P1410046 P1410045 P1410040

何かはよく分からないのですが、ちょっと食べてみたくなる。。

試食に頂いた、揚げパン?が美味しかった^^

P1410056P1410055

プラニン(テラピア)がビチビチ飛び跳ねてました^0^;

P1410048

ベトナム文化が根付いているので、ベトナムコーヒーも売っていました。

そこから車で移動し、向かった先は サコンナコンのターレー地区

P1410063

何やら素敵なチャペルが見えます!

P1410065

タイはほとんどの方が仏教徒ではありますが、ベトナムやラオスに近いこの場所は、タイ最大のカトリック信徒の町なんだそうです

P1410069P1410070

この日は日曜日ということもあり、たくさんの方が祈りを捧げていました

P1410066

こちらのチャペルは何度か建て替えられてるそうなんですが、この形は移民する際に使用した船をモチーフにしているそうです。

P1410075

チャペルを出て町をぶらり

P1410073

タイだけど、タイじゃない風景

P1410076

P1410078

この建物は、その昔ベトナムを追われてタイにたどり着いた軍人さんの家(現在は使用していません)

P1410080

あまりに映える建物なので、モデルになりきって撮影を楽しみました(笑)

018220cbd5eb57a36bfafd10fd00b902b1d5cf46e5

それにしても思わずシャッターを押したくなる風景ばかりです^^

01cbe580a352d87a86eb61d2586ec78f74c4ae71f1

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

次に向かったのが、蓮の公園

 

P1410099

 

P1410092

なんだかすごい数に圧倒されっぱなし^0^;

P1410096

P1410088

癒される風景なのですが、何せ暑い・・・^0^;

さて、車はサコンナコンをでて、ナコンパノムへ向かいます。

睡蓮2

それにしても、iPhoneがストレスなく使えるって、すごく便利で不思議な感じ!

向かったのは、プラタート・パノム寺院

P1410107

これはまた、ド派手な寺院!!

ちなみにタイの寺院は、世界遺産登録はあえてしないそうです。

と言うのも、自由に修復しながら、いつまでも美しく輝かせたいというのが理由だそうで・・・

妙に納得した瞬間(笑)

P1410105P1410106

ちなみに入口には狛犬ならぬ、タイガー!!

P1410110P1410109

中にはぐるりと十二支の像があったので、自分の干支を探す

あれ?イノシシがいない!

そういえばアジア圏ではイノシシではなくブタなんですよね

P1410103P1410104

この寺院がある場所はメコン川のほとり

地元民が多く訪れるいわば、観光地的な場所

P1410101

寺院の周辺には、屋台もたくさんでていました

P1410113 P1410100 P1410112

ん?? この暑い場所で、観賞用の魚が売られている!!

なんでも闘魚とのことで、1匹ずつ袋に入れて売っているんだそうです

 

P1410132

ちなみにもう一つ行った寺院は、ラブリーなピンク!

生まれた曜日のカラーを意識している国なので、県内にはそれぞれのカラーの寺院があるそうです

 

その途中で立ち寄った、キャラメルのお店

P1410114

 

P1410122P1410123

笹の葉に包まれた、べっこう飴のようなスイーツ

食感はモチモチ、そして黒糖のような程良い甘さ、素朴で懐かしい味わいは、暑さで疲れている身体に染み渡ります~

10個以上入って300円くらいだったかな?

あと、一袋200円弱のココナッツキャラメルも購入

小学生の息子の野球チームの男子たちに大好評でした^^

 

P1410136

それから、寺院の近くにあった“OTOP”という、地元の特産品などを売るお店へ

ここは布製品が特産品のようで、お手頃なポーチをまとめ買い♪

素材も価格もピンからキリまであるので、しっかり品定めして、掘り出し物を見つけるのも大事です^^

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

さて、そろそろランチの時間です

ランチ2ランチ

遠くからでも目を引くこちらのお店が本日のランチ会場♪ やはりベトナム料理でした^^

P1410169

1Fは地元のお客さんでびっちり!

私たちは、宴会場のような2階の席へ

P1410148

こちらでいただいたのは、自分でまいて食べる、生春巻き!

P1410155 P1410158

レクチャーを受けてから、好みの具材を入れて巻き巻き♪

P1410153

この中に青いバナナがありまして、ちょっと渋かったりするところも、アジアっぽい~

P1410167

この葉は、ベトナムのローカルハーブpew

P1410161P1410154

ホントの生春巻きの他、揚げ春巻きまで!!

P1410165

相変わらずのボリューム^0^;

でも、野菜が多めなので、罪悪感なくたっぷり食べられました^0^

P1410173P1410171

帰りに人気のドリンクをテイクアウト

タピオカならぬ、カメゼリー的なものがたっぷり入ったココナッツミルク

クセになります!!

そしてここで、ガイドさんから日傘のプレゼントが~~!!

このあと、かなり使わせていただきました^0^/

 

ということで、午後もモリモリ予定が詰まっておりますので、続きは改めて・・・つづく

 

 

 

昼飲み推奨店がまた1軒♪【大衆酒場 富士山】

少し前のことになりますが、以前ブログで紹介したことのある、“ミートボールファクトリー”が、【大衆酒場 富士山(FUJIYAMA)】に業態変更したとのことで、メディア向けの試食会が開かれました。

P1400052P1400002

以前の雰囲気を知っているだけに、若干の違和感を感じつつ入店

P1400001

あ、なんだかイイ感じで富士山がハマっている!!

P1400014

椅子を替えると、大衆酒場な感じになるものですねぇ

P1400016

P1400011

やっぱり、大衆酒場にはこの手のポスターが必須アイテム

P1400015

なるほど、チンチロもやっているのですね

P1400019

まずは、ランチタイムのメニューの試食

P1400018

寿司ランチ(756円)※ネタは日替わり

ランチタイムだけあって、シャリ大き目で女性としてはかなり食べ応えあります!

もう少し、ボリューム少な目でお手頃な価格帯のメニューがあると嬉しいなぁと思っていたら、最近はバラチラシランチ500円)や、日替わりランチ(648円)なども数量限定で登場したようです!詳しくはこちらにて

 

そして夜の部のメニューも試食

P1400030P1400032

大衆酒場の定番、ハムカツにもつ煮込み

P1400024

お店で一本一本串打ちしているという焼き鳥は、継ぎ足しで使用しているタレ押し

P1400028

漁師さんとのルートを持っているということで、刺身の鮮度は期待以上に良い!

この日は特にホタテが素晴らしかった

P1400036

おでんは、カツオ出汁がしっかり沁み込んでる系

もうですね、どれをとってもウーロン茶じゃ収まりきらないのん兵衛の味付けなんですっっ

なので思わず『今日の試食会は、料理だけでしょうか?』って聞いてしまいました^0^;

P1400037

なかば強引(?)にお出しいただいた、金黒タンサン

うん!やっぱり飲んだ方が、料理がより美味しい(笑)というか、芋焼酎との相性がイイ料理ばっかり!!

でもって、キケンなほど飲まさる~

大衆酒場だから、やっぱり金額を気にせず飲みたい人が多いんじゃ・・・この時の時点では飲み放題はやっていないとのことだったのですが、オープン記念で飲み放題プランやっているそうです♪

と、気になるドリンク発見!

P1400041 P1400042

コダマバイスサワー

北海道で言うところの鍛高譚的な味わいですが、程良く甘酸っぱくてハマります♪

P1400047 P1400045

こちらも良かったらどうぞと言われましたが、さすがにこの後の仕事に影響を及ぼしそうだったので、撮影のみ

この出し方は、映えるし、何を飲んでいるのか覚えられるし、すごくイイ!

12:00からアイドルタイムなしで23:00まで営業(ランチセットは14:30まで)とのことで、昼から居酒屋使いも出来るそうです^0^

そんなわけで、帰る頃にはすっかり、冨士山の雰囲気になじんでおりまして、次はしっかり飲める時に来ようと思ったのでした^0^

 

こんなタイ知らなかった!!【サコンナコン県&ナコンパノム県を訪ねるメディアツアー】その5

5月18日(土) タイ・イサーン地方取材3日目・午後の部

この日は一生の思い出に残るようなランチタイムでした!!

畑1

 

畑12

やってきたのは、のどかな田舎町

畑1 (2)

農業組合のような場所で、収穫できる農作物の一覧がありました(読めないけど・・)

畑15畑9

そしてなんとも味のあるトラクターが2台

え?!これに乗るんですか??

P1400733P1400734P1400739

寺院の送迎で乗った車もタイらしい乗り物でしたが、こちらはさらにインパクトのある乗り物でした^0^

P1400740P1400749

右折すると、畑の看板が見えました

P1400745

こちらはゴムの木

P1400742

一面の緑に見えますが、色々なものが栽培されています。

P1400747

ちなみにこの小屋は農作業の途中で休憩するためのもの

のんびり気分で数分間トラクターに揺られてこちらの小屋に到着

畑8P1400773

入口に巨大な木の根っこが・・・
昨年、強風で倒れてしまい、テーブルも割れてしまったそうです。。

角度が少しずれていたら、小屋も倒壊していたところ・・・

自然災害には逆らえないけど、やはり怖いです

P1400736

タイは水害も多いので、このような高床式の住居が多いのです

 

P1400754P1400753

トラクターでの移動は、正直暑かった^0^;

ということで、まずはこちらのウェルカムドリンクで歓迎していただきました^^

P1400756

お、美味しすぎるっ~~~

こちらのベリーは自家製ではないのですが、この周辺の畑はとにかくいろいろなものが生っています!!

P1400775P1400779

タイ料理に欠かせない、チリ

P1400807P1400808

同系色だから、よくよく見ないとなっていることに気が付かない・・・^0^;

P1400800P1400797

こちらは生姜

P1400806

こちらの畑はオーガニックなので、ローズマリーやレモングラスなどがところどころに植えられていました

P1400789P1400788

 

P1400802P1400803

さて、こちらの野菜やお花を使って、お昼ごはんを用意します^^

P1400809

まずはこちらで手を洗って・・・

P1400811P1400816

P1400767P1400814

ソムタム作りです!

畑2

※包丁があまり切れなかったので、ちょいと気合入っている図(笑)

パパイヤなどの材料はあらかじめカットされていたので、ベースのソースを自分たちで味付け

にんにくやナッツ、チリ、そしてナンプラーと、見よう見まねでこの壺の中で棍棒を使用してブレンド

P1400826

先ほど摘んだお花も添えて完成!

ハッキリ言って、どこのお店よりも美味しくできました(笑)

P1400766

他にもおばあちゃんが煮込んでくれたトムヤムスープやタケノコなど、

P1400762P1400763

P1400771P1400770

畑7

自分で作ったのはソムタムだけですが、何とも豪華なお昼ごはんに!!

P1400835

P1400831P1400832

それにしても、タイ料理はいろんな味のソースがあって、そして全部オイシイ!!

P1400828

さっき採ったキュウリっぽい野菜

畑11

しかもこの雰囲気の中でいただくんです><

もう、美味しいに決まってますっ

心の中で、『最高かよっ!!』!!って、何度も叫んでましたっ

P1400829P1400834

こちらの農園は米がメインなのですが、オーガニックということも含め、高評価のお米を栽培しているそうです。そしてこちらの白っぽい方のご飯

収穫できる時期が限られていて、とても貴重なお米だそうで須賀、遠慮なくいただきました^^

P1400837

全部美味しかったけど、デザートのマンゴーが今まで食べたマンゴーの中でも3本の指に入るほどの甘さでしたっ!!

まさか、タイで農園ランチを堪能するとは思ってもいなかったけど、これぞこの地方ならではのおもてなしだなと、満足度の高いランチタイムになりました^^

畑19

倒れた木の根元に誕生した小さな命にも癒され、次の目的地へ

 

● ● ● ● ● ● ● ●

P1400860

次は、午前中に行ったお店とは違う場所で、クラーム染め体験!

上の写真は、完成した図(ワタシのは左から2番目)

これが、思いのほか大変でした^0^;

P1400839P1400843

この綿から作った、白い布をクラームと言うマメ科の植物の色素で染めるわけですが、そう簡単には染まりません^^;

P1400846

こちらが染める壺ですが、泡は藍色でも中は赤茶色と言うか、銅色なんです!

でも、浸した布をもむと、藍色になっていくんですよ~

何度も何度も・・・

あれ?みんなのは染まっていくのに、なぜかキレイに染まらない^^;

P1400851

もう、白くてもいいやと、諦めたところ、お母さんが『貸しなさい』と言わんばかりに取り上げて、染め直し^^;

言い訳のように聞こえますが、ワタシが使っていた壺の染料があまり状態が良くなかったようで、違う壺に移動してました^0^;

P1400848P1400849

最後に水洗いして、乾かして完成

P1400845

ちなみに模様は中に綿を入れて輪ゴムで巻いたり、フォークで渦巻にしたり、折りたたんだりという形で付けます

ということで、デザインはワタシ、染はお母さんというコラボ作品となりました(笑)

 

P1400852P1400854

ちなみにすぐ近くに商店がありまして、ドリンクを購入したのですが、小学生の時、田舎のおばあちゃんちで過ごした夏休みのようでワクワクしちゃいました♪

P1400855P1400859

※ただし、飲んでも飲んでも減りません(笑)

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

01fce14650ccf191446517d13eb70dfa4017cb1d230180dc1d5afdb3fcf0195faa5fa8050a5ec9f121a2

その後、“ムウ”というベリーのような果物を使用したジュースやワインを販売するお店 【Chateau de Phunphan】へ

P1400869

こちら、“GI”制度(地理的表示保護制度)をとっている商品ということで、北海道のワインの取組みと重ねて試飲しました^^

P1400866P1400879

いかにも目に良さげな100%ジュース

P1400867P1400875

ちなみにウェルカムドリンクは、ワインとジュースをブレンドしたものを出していただきました

P1400880P1400876

期待以上の美味しさだったのが、こちらのケーキ

スポンジのフワフワ感と、表面のゼリーの程良い酸味、勝手にものすごく甘そう!と想像していただけに、かなり高評価!

P1400881

P1400885P1400886

プラス、センスがイイ!!

どこで買えるんですか?と聞いたら、今回のために作ってくれたそうで・・・

空港で販売したら間違いなく売れると思う!!!

北海道もそうですが、地方都市に行くとまだまだ知られていない名品ってあるものですよね^^

 

そしていよいよ、お祭り見学へ!

さらにつづく・・・

 

こんなタイ知らなかった!!【サコンナコン県&ナコンパノム県を訪ねるメディアツアー】その2

2日目・5月17日(金)はいよいよ、タイ東北部・サコンナコン県へ向かうべく、ホテルを4:00(!)に出発し、国内線の主要空港・ドムンアン空港へ向かいました

ちなみに、20数年前にタイに行ったときはこの空港が入口でした

0185e082664808ef74a2e68aa1cf49a877dba800c8

こちら、バンコク~サコンナコン間で利用したノックエアーの飛行機

013e31b29b9f1fe8684aa94fba4f3128a4551669c2

なんだか、ものすごくカワイイ!

018dd5f5b59d8549d3d7566ea6df0b614c1ce4fc01

そして色んなデザインがありました!

01e6a5eed3c1731755f4b21ea2bd1d99afb203beb3 019b4add7b24eb030c406d2a7d59529f70c5be280d

それにしても、朝5:00前なのに、人が多い(;’∀’)

そうそう、こちらの空港は、カウンターで荷物を預ける前の検査がないので、搭乗手続きが終わったあと、すぐに保安検査口までいかず、このモニターで自分の荷物をcheckしてもらったのを確認してから、向かう形なのです。

今回同行していたサロンさんが、バッテーリーを入れていたことをすっかり忘れていたようで、ここでひっかかって、少々焦っておりました^0^;

その場でスーツケースを開けられます。。

01f0ca32fbcb0ab6903c2111be68770e67d6d269cd

中に入ると、5:00前なのにもうお店が開いている!!

012706d02b2b71cf9f64055b53440c9135338d3a76

一瞬、時間の感覚を失います^0^;

もちろんまだ朝食は食べていないので、つい何かしら買いたくなってしまいますが、サコンナコンに到着したら朝ご飯が待っているので、ここはガマン

01899bd7596227d21fe7eefa1d40c73e0fc56fe9a0 013c822ad35780712fd21ddcc651c20317170c4d42

ここの商品が、リーズナブルなのに物がしっかりしていていいのよ!と、Sabbai Sabbai! Thailandの城野さんに言われ、一同お店へ(笑)

ホントにリーズナブルで可愛くて、丈夫で機能性がしっかりしているものばかり!

お土産に購入したファスナーポケット付きのティッシュケースなんて80バーツ!

早速タイに魅了されておりました(笑)

01d95dcb771c32a5cddacd7200d7dc7303bc38483b01383cbb27f0f8862bd2f92197b0c2b0ee2831f8ba

機内誌をチラリとめくってみる

当然ですが、読めません(笑)

そして機内で配られた水がカワイイ♪手のひらサイズなので、中身入れ替えて数日タイで持ち歩いてました^^

0147931ef4772f4621939e4c810d1c7df38880d6160113ff39d56ec88fa8d641061ab050396774c7b7a5

約1時間で、サコンナコン空港に到着

今回のツアーをコーディネートしてくれた現地スタッフの皆様がお出迎え

そうそう、タイのトイレは男女のカラー分けがされていないので、一瞬迷います^0^;

早速ワゴン車に乗り込み、朝食会場へ

P1400447

サコンナコンで一番大きなバスターミナル(バンコクからバスで着た場合もここに止まるそうです)の真向かいにある、【Green Cornet】

P1400448

 

P1400445

Aセット(150バーツ)に、コーンスープを追加した感じです

P1400439

イサーン地方では、朝によく卵料理を食べるそうです

ちなみにタイ語で卵は“カイ” 鍋は“ガタ” ということでこの1品は“カイガタ”

それにしてもこの“ガタ”すごくイイ!キャンプとかで使えそう!! どこかで入手できないだろうか・・・

と、海外に来るとすぐ買い物モードになってしまう^^;

P1400442

卵には、右側の玉子を美味しくする醤油?がオススメよ!と、城野さんがおっしゃるので、素直にかける

ホントだ、美味しい!!

どこかで買えたら買おう^0^

P1400430P1400437

こちらのホットドック的なパンにも、チリソースをかけてみる

すると、さらに美味しくなるのです^^

P1400443 P1400434

フルーツは、やっぱり甘さが違う!

と、朝から結構な量をいただいてしまいました^0^;

P1400449P1400450

朝食後、ワゴン車へ

すぐ近くにあった、サコンナコン県の門を見学

上の塔には、一番偉いお坊さんの像がいらっしゃるそうです

門よりも気になってしまったのが、ド派手は観光バス

そして向かいにあった、HONDAのバイクショップ・・・

 

P1400455P1400452

そして向かったのは、プーパーン博物館

まずはこちらで、サコンナコンについてのお勉強です!

P1400459

2016年に崩御されるまで70年間、国王だったラーマ9世

P1400457

お恥ずかしながら、前国王の功績などはほとんど知らず・・・

P1400460

いかに国民のためにご尽力されていたかが、この部屋全体から感じられます

といっても、もちろん読めるわけではないので、通訳できるガイドさんのお話を聞いて知ったのですが^^;

大麻を栽培して生計を立ててた農村には、ただ止めさせるのではなく、それに代わる産業を提案し、責任をもって軌道に乗せる活動とか、この年になると、そういうお話を聞いただけでウルッとしてしまう・・・

P1400462P1400461

そしてものすごく多彩な才能の持ち主だったようで、音楽もスポーツも万能だったそうです。
なんと、CDも出しているんです!

海外に行くときは、その国のことを少しでも知ってから行く方が、いい!

知らなければ、その国についてから、郷土資料館とか博物館に足を運ぶとイイ!!と、感じた瞬間
(ただ、日本語訳がほとんどないのが現状なので、最低でも英語が分からないと難しいですが^^;)

 

P1400468

↑今回、女子旅に同行してくれた、日本語がすごく達者なガイドさん

 

この博物館、思いのほか広くて、恐竜や遺跡のゾーンから、僧侶のゾーン、タイに住む多くの民族を紹介するゾーンなどなど、かなりの充実ぶり

P1400467

が、とにかくガイドさんがいないと全然分からないのが難点^^;

まだ、日本人はもとより、欧米人もがほとんど足を運んでいない地方なので仕方ないと言えばそうなのですが・・・

P1400475P1400478

国民の生活を豊かにするための、一村一品運動~OTOPというのがありまして、イサーン地方の様々な郷土品がありました

P140048401bb4ec200c7d9bd5f6475d5e6397815830d25cb0e

それにしても、ろう人形がリアルで売店はホンモノかと思ったほど^0^;

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

01c41ca523634b14c57d913b52565bc3bcd38b15bd 01d75007871119c400f094478d7bfdbb1fd358a86f

次に訪れたのは、藍染めのお店【Mann Craft

失礼ながら、サコンナコンは全体的に田舎町だと思い込んでいたので、入口からオシャレ感漂うショップにちょっとびっくり!

しかもFacebookページもあるし!!

P1400490

す、ステキ過ぎる!!

P1400488

P1400489P1400491

暑い場所で藍染め製品を見ると、体感温度が下がる気がします!

P1400494 P1400495

こちらは藍染の行程!そのセンス、好きです!!

P1400487

行程を考えると、藍染め製品ってお高くて当然だなと思うのですが、こちらのショップはかなりお手頃!!

男女兼用で使えそうなストールを購入し、ダンナへのお土産と言いつつ、ワタシが使おうかという魂胆で購入(笑)

P1400492

購入した商品を入れる袋も可愛すぎっ!!

と、早起きと暑さで少々疲れていた参加者一同の表情が心なしか明るくなっている

やっぱり女子ってshoppingが絡むと急に元気になるなぁ(笑)

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

さて、お次はランチタイム!

P1400498P1400502

ん?フラワーショップ??

【JAI SAI】という、ベジタリアンのお店で、フラワーショップでもあります

P1400518

ちなみにこちらが、ベジタリアンのお店にある印だそうです

P1400505

結構大きなフラワーショップで、見ごたえあります

P1400508

P1400506

思わず買って帰りたくなる

P1400516P1400514

飲食店と言うより、ショップという感じの雰囲気で、ちゃんとした食べ物が出てくるんだろうか・・・と一緒ん不安がよぎります

ちなみにこのシャンプー、かなりオススメだそうです(城野さん情報)

P1400522

ウェルカムドリンク的に、これからお店のウリにしたいというドリンクが

原料は、棗・オクラの実・マドゥー・木の幹?!

ちゃんと美味しいので、ご安心を(笑)

美容や目にもいいドリンクとのことで、女子(とくにアラフィフチーム)大喜び

P1400531

そして料理が素晴らしかった!!!

ベジタリアンということですが、そういわれなければ、そんな事ちっとも思わせない食べ応えと味付けで、これが全て野菜系なんて、最高!!と、またまた女子(特にアラフィフ)、大喜び!!

P1400523

P1400524

P1400529

P1400535

P1400532

ちなみに揚げ春巻きはメニューを見ると70バーツ

P1400536

こちらのサラダにかかっていたのは、お茶の葉のドレッシング

いやぁ、またまた自分の画像見て、お腹なっちゃいました(笑)

 

こんな感じで、午前中だけでネタ満載になってしまったので、さらに濃ゆいネタが満載の午後の部は、次へ続きます・・・

 

 

 

 

【道の駅あびら D51ステーション】レポート

平成から令和への大型連休が終わりました。。

ブログの更新もすっかり、しっかりお休みしてしまいました^^;

普段、バタバタとせわしなく動いているワタシとしては、連休は混雑を避けて引きこもりになるタイプ

とはいっても、相変わらず飲んではいたんですけどね(笑)

ということで、4月19日(金)にオープンした【道の駅 あびらD51ステーション】に行ったのは連休前のことですが、改めてアップ

P1390479

北海道の道の駅登録Noは124のようですが、123番目の“北オホーツクはまとんべつ”より、少し先にオープンしたようですね

P1390461

道の駅の中に、“駅”があります

P1390473

北海道の鉄道の歴史には興味はあるのですが、全くと言っていいほど疎いので、安平町(旧追分町+早来町)が鉄道のまちだったことを全然知らず・・・

P1390471

そんな鉄道の歴史を肌で感じることの出来る、道の駅です^^

P1390465

この空間には、D51(蒸気機関車)が展示されているはずなのですが、昨年発生した北海道胆振東部地震の影響で、展示が遅れているようです。

P1390470P1390467

ちなみに展示は6月中旬を予定しているとのことで、そればで特別パネル展を展開中

P1390469

時間がなくてゆっくり閲覧できなかったのですが、やぱり北海道の鉄道の歴史は深いです

D51が展示されたら、またゆっくり訪れたいと思います^^

 

さて、小腹が空いてきました

P1390475

館内には、カレーやコロッケなどの軽食と、焼き立てパンを販売中

行ったのは平日でしたが、オープン直後だったので焼き立てパンは、焼けるたびに空っぽになるほどの売れ行き

 

P1390453P1390447

何とかカレーと、町の特産品を使用した長芋フライ、そして菜の花コロッケを購入

P1390454P1390457

コロッケは菜の花独特の苦みもしっかり感じられて、個人的には好みの味わい^^

カレー含めテイクアウトも可能なので、店内が混んでいるときは、持ち帰って別の場所でゆっくり堪能するのもアリかもです

P1390458

こちらも町の特産品を使用した、“カンロソフトクリーム”

カンロの味わいが結構しっかりしているので、甘めです

個人的にはもこもこソフトより、普通のソフトクリームで食べてみたいかも^^

 

公式サイトによると5月13日(月)は、商品入れ替えのため、臨時休業だそうですが、5月18日(土)には、“復興感謝フェス”があるみたいですよ^^

fkkkoufes

この機械にぜひ♪

P1390480 P1390483

売店で購入した“ガラナ”

ガラナは“小原”ばかり思っていたのですが、同じ胆振管内で製造しているものなのですね!

 

 

pageTop