札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『その他』カテゴリーの投稿一覧

広大な土地がある北海道だからこその栽培方法!~!【Jファーム】

先日こちらで紹介したRJ

一度、トマトを栽培している工場を見たいと思い、先日Jファームの苫小牧の工場へ行ってきました!

P1210199

苫小牧に行く前に、丘珠の直売所に立ち寄りました

 

P1210180

こちらの直売所は10:00~15:00までの営業で、年中無休とのこと!

P1210195

なので、いつでも高濃度トマトが購入できます^^

P1210187

トマトは2種類ありまして、試食も可能

早速2種類いただきましたが、やっぱりオイシイ・・・個人的には浅野のけっさくがスキでした^^

P1210181  P1210182

P1210183  P1210184

パッケージもサイズに合わせて色々ありまして、ギフトにもピッタリ

P1210194

このトマトを使用して作ったトマトジュースやトマトジャムもありました

P1210188

このトマトジュース、塩分は添加していないのですが、水耕栽培の際の栄養分がそのままジュースに生かされている感じで、程よく塩味を感じてバランスがすごく良くて美味しい!!

P1210190

ジャムは砂糖は添加していますが、凝縮したトマトの果実をそのまま食べている感じで、クラッカーにのせたら立派なおつまみとして出せる感じです^^

P1210201

もちろん、丘珠にも工場があります。1.6hだそうです!!

 

P1210240

と、ハウス内の見学自体は苫小牧の工場へ

場所はいわゆる苫東地区というところでして、まったくもって野菜を栽培しているような雰囲気ではありません

P1210214

そこに丘珠でも見た、高さ5.5mのハウスがずら~~~~~っと並んでおります。ちなみに2h!!

トマトの前に、ベビーリーフのハウスを見学

P1210218

ひ、広いっ!!!!

ハウスに入る前に、研修センターでVTRを見せてもらったのですが、小学生が見学した際『鏡に映っているのかと思った』と言っていた感想、まさにそう思いました~

P1210215

ちなみにベビーリーフの収穫は、茶摘みの時に使われている機械を使用しているそうです!

 

P1210225

そしてこちらが、トマト棟

P1210224

なんだか、ものすごく機械化されています!

ちなみに真ん中の作業台のレールになっているところに温水が流れているそうです。

P1210236

通年で栽培していますが、やはり季節によって収穫量や生育状況などは変わるそうで、その辺りはコンピューター管理しているそうです

P1210233

それにしてもオイシイ・・・

なってるの、全部食べたくなってしまいました^0^;

 

P1210222P1210239P1210242

Jファームのスマートアグリシステム、天然ガス・バイオマスボイラ・温泉熱をエネルギーにしているそうです。

この仕組みだと、農作物の栽培に不向きな土地でも、こうしてオイシイ野菜を生産することが出来るのですね!

 

同じ敷地内にはカフェもあります♪

P1210243P1210244

月~金の11:00~14:00(LO13:30)の営業で、Jファームのトマトやベビーリーフを使用したランチが味わえるそうです^^

P1210202

が、この日は日曜日でお休みでしたので、また機会を作ってお邪魔したいと思います^^

P1210206P1210207

と、店内で気になるものを発見!!

トマトのアクセサリー!!  カワイイ~^^

 

と、念願の工場見学が終わった後向かったのは、美味しいワインを飲みながらJファームのトマトが味わえる、沼ノ端のイタリアン・レガーロ・ダ・Jファームです♪    ・・・つづく

 

 

 

 

 

北海道シードルコレクション2018in札幌、チケット売れ行き好調です!!

特認シードルアンバサダーでもあります、オサナイより、北海道シードルコレクション2018in札幌についてのお知らせです。

(アンバサダーについてはお恥ずかしくも名ばかりではありますが・・・)

23755399_810757449109057_4358127863313255143_n

昨年の11月12日(土)に北海道では初めての開催となった、【北海道シードルコレクション

第2回は2018年2月4日(日)に、クロスホテル札幌2F・ミートラウンジで開催されることが決まっているのですが、昨年より人数に制限があるため、チケットの残数が思いのほか少なくなっております!

気になっていた方は、お早めにチケットをお買い求めいただければと思います。

なお今回は2部制になっておりまして、1部では生産者の方々もお招きし、よりプロフェッショナルなセミナーとなっておりますので、酒販店・飲食店関係者の皆様もぜひ、ご覧いただければと思います。

参加申し込み方法など詳細は、こちらでご確認を!!

 

また、前日の2月3日(土)には、 【第6回シードルアンバサダー講義付き認定試験】 が、札幌で初めて開催されることになりました!

24796749_926391324179762_8439350839696012277_n

日本シードルマスター協会の主催で、世界各国のシードルやリンゴの文化を正しく理解し、情報提供をおこなえる人材を「シードルアンバサダー」として認定しています。

飲食店・酒販店等にお勤めの合格者の方には、「シードルアンバサダーがいるお店」ステッカー(12cm×12cm)も、合格証とともにいただけるそうです!

この機会にぜひ!!

 

 

 

 

 

客室がギャラリーに!art fair sapporo2017~CROSS HOTEL SAPPORO

11月25(土)・26(日)の2日間、クロスホテル札幌の13・14階の客室に、国内外の18のギャラリーが集結する【art fair sapporo2017

24日(金)のオープニングプレビューに行ってきました!

P1150439

2階で受付を済ませてから、13階へ

入場料は1000円ですが、情報アプリ「Domingo」をインストールすると入場無料になるそうです!

P1150403P1150408

それぞれの客室がギャラリーになっており、あらゆる場所に作品が展示されています。

ベッドの上もギャラリーです!

P1150428

 

P1150410

部屋のミニバーのスペースも立派なスペースに

 

P1150429

バスルームだって展示スペースです

P1150425

 

P1150424

ちなみにこちら、キャンドルなんです!

どう見てもガラスにしか見えません・・・

P1150419

展示の仕方もそれぞれの個性が出ていて面白い

P1150417

ちなみにこれ、陶土の豆腐

ものすごく気になる存在・・・

P1150414

タイトルは「裸婦」

分かるかな?

 

 

P1150434

粘土で作ったというこちらの作品

ホテルの客室に並ぶと、すごく存在感を増しているような気がしました。

P1150435

すでに部屋の一部になっているかのような作品がかなりあって、そこはクロスホテル札幌ならではだなぁと思いました。

P1150430

見学するだけでも楽しめますが、ギャラリーですので、気に入った作品は購入が可能です。

それぞれの部屋に作家も在室しておりますので、直接お話を聞くことも出来ます。

ちなみにフロア内の客室を活用した、無料託児スペースもあるそうです!(11:00~16:00まで、最大1時間)

 

art fair sapporo2017は、11月25日(土)は11:00~20:00、26日(日)は、11:00~19:00まで

 

 

 

ゆめぴりかコンテスト2017 最高金賞は【留萌管内】でした!!

今年で3回目となる、北海道のブランド米【ゆめぴりか】のコンテストが、先日札幌グランドホテルで行われました。

_DSC5349

実は今回、審査員(兼ブログレポーター)として、初めて参加させていただきましたので、その時の模様を詳しくご紹介します!

P1150348P1150350

会場入口では、ゆめぴりかのたすきをかけた、ミス北海道米のお二人がお出迎え

そして会場では、コンテストが始まるまで、マツコ・デラックスのCMメイキングムービーが流れていました。

今年から、寺田心君も加わってますます面白くなったCM

「ななつぼしって、星の名前じゃないんだ…」っていう心君が可愛すぎます^^

こちらのサイトでも公開中です

 

P1150386

道内でお米を生産している7地区で事前に地区コンテストが行われまして、その参加者が紹介されます。

_DSC5338

 

その後、審査員は別会場に移り、同じ条件で炊いたゆめぴりかを生産地を隠した状態で試食

P1150357P1150360

皆さん、真剣な面持ち・・・かなり緊張感が漂っていました^^;

_DSC5441

スタッフの方に撮っていただいた画像を見ると、ホントに緊張してたんだと、改めて思います^^;

_DSC2520 _DSC2572 _DSC2604

それにしても白米を、こうして味わうのは初めての体験!

確かに食べ比べると、同じゆめぴりかでも甘さ・香り・食感が、微妙に違います!!

炊飯ジャーから茶碗によそっった瞬間と、時間が経った状態で食べても、もちろん違います。

制限時間20分の中で、どこに照準をあてるのが良いのか、やっぱりファーストインプレッションが大事なのか、それとも何度も確認して印象に残ったものがいいのか・・・悩みだすとキリがありません。

究極で言うと、それぞれの好みもあるともうので、1種類に集中することもないと思うのです。

今回は7種類あったうち、JAしずないはコンテストで決められていたロット数に満たなかったので、審査の対象ではなく参考商品でしたので6種類の中から、審査員それぞれが1位2位3位を選ぶ形です。

P1150368

集計、審議が終わったのち、会場に戻りまして、審査委員長であります北海道大学 特任教授 川村周三氏より、最高金賞の発表です!!

_DSC2763

見事金賞に輝いたのは、留萌管内でした!!

_DSC5498

留萌管内は、他地区に比べて生産量が少ない(全道の4%だそうです)ため、3つのJA(JA南るもい・JA苫前町・JAオロロン)が協力しての出品

なので、最高金賞となったことが本当に励みになると、声を震わせて感想を述べていらっしゃいました。

_DSC2673

そのアツいお話を聞いて、もらい泣きしそうになってしまい、少々こらえていたところを写されていました・・・^0^;

実際、日本海沿いの、それほど米の栽培に向いているとは思えないこの地区で、こんなに美味しいゆめぴりかを生産していたことにはかなり驚きました。

ちなみにこれまでの受賞地区は毎年違うそうで、今回食べ比べしても思いましたが、どこの地区のゆめぴりかもちゃんと美味しいお米であることは間違いありません!!

 

ゆめぴりかが販売されるようになって来年で10年

初めて食べた時の「なにこの、甘くてもっちりした北海道産米はっ!!」という感動は、今でも覚えています

基準に少しでも満たないものは、ゆめぴりかと名乗れないということで、大々的にPRした次の年、収量が極端に少なくてクレームになったことも、記憶に残っています。。

そんなゆめぴりかは、米の品質基準である、『特A』を7年連続で獲得し、今や全国区の美味しいお米!

生まれも育ちも北海道の私、北海道のお米が本州のお米に劣らず美味しいと思える時が来るとは、正直思ってもみませんでした。。

そして今回、審査員に関われたことで、ゆめぴりかが美味しいお米と認知されてからもなお、もっと美味しいゆめぴりかを作ろう!と、生産者の方がプライドと責任をもって携わっているんだなぁということを実感できました。

 

_DSC2836_DSC2844

ちなみに最高金賞を獲った“留萌管内”のゆめぴりかは、このようなシールを貼って、12月10日ごろから数量限定で一般発売されるそうです!

_DSC2853

北海道外でも、12月中旬から、こだわりの米穀店やどさんこプラザ有楽町店で、このような化粧箱に入って販売されるそうですよ!!

運よく見かけたら、一度試してみてくださいね^^

そして出来れば、最初の一口は何もつけずに白米のまま、じっくり味わってみてください!

 

P1150384P1150389

そうそう、資料で頂いたこの冊子がかなり充実の内容で、機会があったらぜひ見てもらいたい!!(ホクレンに行ったらあるのかな?)

ちなみに表紙の色、少し飛んじゃってますが、実際は小麦色です~

 

==================

★北海道米LOVE FBページはこちら

==================

 

11月27日(月)札幌で【フードスタジアム会長兼編集長】佐藤こうぞう氏と【串カツ田中】貫社長の特別講演あります!

11月27日(月)14:00より、札幌エルプラザ3F 大ホールにて、飲食店にまつわる無料セミナーがあります!

d17760-7-159206-1 22688546_1847724248588578_4576280108914962504_n

第一部は、昨年【イートグッドー価値を売って儲けなさいー】という著書も出版した、フードスタジアム会長兼編集長である、佐藤こうぞう氏による、飲食トレンド解説

北海道にいるとなかなか届かない、東京界隈のリアルな飲食情報も多いので、飲食店に従事している方はもちろん、これから東京グルメを堪能しに行く予定のある方にも、参考になる思います!

 

22406326_1472982429486419_6440303678055257622_n

そして第2部は、【串カツ田中】ブランドを全国157店舗(2017年9月現在)展開し、2016年9月に東証マザーズに上場した株式会社串カツ田中の代表・貫 啓二氏の特別講演
※ちなみに札幌店は平岸にあり

FC展開~株式上場までの様々な実例や、今後多店舗展開化を目指している飲食店経営者の方へのアドバイス等が聞けるチャンスです。

お二方とも、札幌で講演する機会はそう多くはありません(しかも今回は無料!)ので、この機会にぜひ足を運んでみてください。

他、店舗ビジネスで使える助成金アドバイス等の講習もあり

 

★申し込み方法はこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

pageTop