札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『自分磨き』カテゴリーの投稿一覧

北海道はおいしいモノにあふれてる

P1690745

今宵は北海道産酒を飲む夜にしよう!ということで、前々から気になっていた【うぉんたなーDELIー】の酒肴セット(白)をオーダー

●穴子のクリームチーズ
●竹の子と赤貝の酢の物
●海老と枝豆のさつま揚げ
●白身の南蛮漬け
●ブリの吟醸粕味噌焼き
●ガリのジュレ寄せ
●おつまみ卵
●中札内鶏の生姜醬油焼き~セロリマヨネーズ~
●生本マグロの洋風つくね

なんとも酒飲みの心をくすぐるモノばかり!

そして、ちょうどいいボリューム^^

 

と、早速道産酒を並べます^^

P1690739 P1690737

この時期は、新酒・しぼりたて系の日本酒が各メーカーから出るので、同銘柄でも全然タイプの味わいが楽しめるのもイイ^^

こうして改めて道産しぃを飲むと、本当に味が豊かになってワクワクするお酒が増えたなぁと思います

P1690750

例えば国士無双

ノーマルなものに比べると、すっごくフレッシュで、ブラインドで飲んだら当てられる自信ゼロ^0^;

ちなみに2021年2月26日(金)まで、道産酒が当たるキャンペーンをやっているので、運試しで応募して、この機会に自宅でじっくり道産酒を味わってみませんか?

嬉しいことに、新酒と熟成酒の2本がセットとのことなので、自動的に飲み比べが出来るのがステキ♪

 

でもって道産酒を飲むときは、おつまみ必須!

ココでもう一つ、道産子として知ってもらいたい、ものすごく贅沢なアテを教えちゃいます!

P1690747

これ、何だか分かりますか?

なんと、ウニの佃煮なんです!!

P1690749

小樽家族】というサイトのリニューアル業務にかかわっていて、“王様のうに”を作ってる三浦水産にもお邪魔したのですが、これホントすごいです!

あの水分の多いウニを佃煮にするんですよ?!

社長自らが作るそうなんですが、ちょっとでも目を離すと焦げてしまうそうなので、すごく大変な作業だそうです・・

道産子なのでウニは何度も食べてきましたが、佃煮は人生初

手間暇かけた分の美味しさは当然伝わってきますが、その想像以上の贅沢感があります!!

 

こうしてまとめているうちに、北海道のオイシイモノの溢れ具合が半端ない!!と、再度認識した夜なのです^^

 

今のワタシにピッタリな食品に出会う~豆葉(TOYO)

P1680843

豆葉(とうよう)という、北海道産大豆100%で作った食品の試食会に参加しませんか?』というお誘いを受けまして、大豆の日でもある2月3日に足を運んできました!

最初に字面を見た時は、“まめは?”と思い、“とうよう”と聞くも、“豆苗”と勘違いしたり^^;

とにかく、全く持って認識のない食品だったのですが、中国では“干豆腐”としてメジャーな食品なんだそうです。

P1680845

袋のサイドをよ~く見ると細かい網目が見えますが、これは加熱した豆乳をにがりで固め(要は豆腐)、シート状に圧縮する際につくあと

P1680873

右のシート状のものが豆葉になりますが、一枚が豆腐一丁分なんだそうです!

そんなわけで、豆葉は大豆=イソフラボンがたっぷり摂取できるし、良質でヘルシーなタンパク質もたくさん摂取出来ちゃうので、何かと気になるアラフィフのワタシにとっては、まさに願ったりかなったりな食材なわけです!

ただ、使い慣れていない食材は、手にしたところでどう食べていいかわからなかったりするので、家庭でも簡単に美味しく食べられるレシピで作ったお料理を食べてもらい、身近に感じてもらおうというコンセプト^^

P1680842

最初の一皿は中華風サラダだったのですが、本当に簡単なので、その場で実際に調理

P1680850P1680852

豆葉は通常、冷凍で販売されているので、自然解凍して切りやすくなったところを細切りしてぬるま湯につけておきます

この時、熱湯を使用すると、大豆の風味が少し飛んでしまうそうです&乾燥するとパサパサした食感になってしまうので、直前までつけておく方が良いみたい

P1680849P1680853

今回は人参、キュウリ、白菜の千切りと混ぜあわせましたが、もちろん使用する野菜はお好みで

ただ水分の多い野菜を使った方が、豆葉をより美味しく味わうことができるみたいですよ!

味付けはニンニク、塩、砂糖、酢、ゴマ油そして大葉も入りました

辛いのがお好きな方は辣油を入れたり、あとご自宅にあるドレッシングで和えたってOK♪

ちなみに和えていらっしゃるのは、豆葉の販売会社(プレミアム北海道)のCEOであります、張さん^^

P1680855

ホントにあっという間に完成しました!

早速食してみましたが、豆葉は嫌な癖とかは全くなくて、モリモリ食べられます♪

冷蔵庫に余っていた野菜なんかでチャチャッと作れちゃうのに満足感のある1皿になるお料理かも^^

P1680863

こちらは野菜炒め

豆葉は、豚バラ肉のような形にカットして炒めます

今回は実際に豚肉も入れてありますが、もちろん豆葉だけでもOKだし、野菜もそのときあるものでOK!

P1680864

さらに今回は、熱した油に漬けた唐辛子も入れて、辛めに仕上げました^^

と、今まで唐辛子は乾燥したものをそのまま使うことが多かったけど、この方が食材になじんで良いかも!

さっそく試してみようっと^^

P1680866P1680867

ここで酸辣湯も登場

しっかり豆葉入り^^

癖のない食材だから、何にでも合います!

P1680868

こちらはスーパーで手に入る、キューピーの和風カルボナーラの素(ふりかけみたいなもの)で味付けしただけのパスタ風の豆葉

しっかり食べた感があるから、こんにゃく麺より満足度が高い!

糖質制限などで麺がNGの人には、この使い方が一番いいかもです^0^

P1680870

さらに、麻婆豆腐ならぬ、麻婆豆葉!

これは誰もが好きなヤツ(笑)

しかもこちらもスーパーで売っている麻婆豆腐の素(に、少々ひき肉を加えたそうです)で作っているので、またまた簡単♪

出来るだけ簡単に作れて、ちゃんと美味しくて、出来れば身体にいいものを食べさせたいという母目線でも、かなり嬉しい食材!!

我が家の冷凍庫のストック食材に決定(笑)

P1680847

ちなみに今回出してくれた中で一番美味しかったのは、竜田揚げ!

目の前にあったら、永遠に食べ続けたくなる、キケンなつまみ(≧▽≦)

味付けのアレンジで、子どものおやつにもできます^^

ちなみに詳しいレシピはこちらに掲載中

 

P1680875

そうそう、最初の料理画像のこちらのみそのようなものは、これから発売予定の“麻辣醤”とのこと

これがまた、野菜をモリモリ食べられる味付けでして(≧▽≦)

ちなみに、豆葉の製造元は豆腐好きなら一度は聞いたことがあると思われる“豆太”さん

そして麻辣醤は、福山醸造で製造しているそうです^^

オール北海道の美味しい食品がまた一つ増えてくれて、本当にうれしい!!

 

 

 

暴飲暴食をなかったことに!?~むらおか研究所 

2021年、あけましておめでとうございます。

世の中、まだまだ心からおめでとうと言えない状況ではありますが、こんな時こそ心身共に健康でいられるよう、気合を入れて過ごしていきたいと思います。

そのような状況でしたので、年末年始は自宅で美味しいものを食べて飲んでの生活が続きました・・・

その時はものすごく楽しかったので、心身共に健康にはなったのですが、時々我に返って、本当にこれで大丈夫か??と、ドキドキすることも・・・^0^;

そんなことになるのではないかと、事前に用意しておいたのがこちら!

P1670471

むらおか研究所】のドライフルーツを使ったデトックスウォーター!

年末、『オサナイさん、むらおか研究所という会社の、ドライフルーツを使ったデトックスウォーターを知っていますか?』とご連絡をいただきまして、まぁ、デトックスウォーター自体は知ってはいるけど、むらおか研究所という名称は初めて聞きたのと、なんだかとっても興味が湧いてきたので、お話を聞くことに。

010a84db0a325f2b73f14c2adc98d0b2191837fd65

研究所は、苗穂駅の向かいにあります。

ワタシのような酒飲みの方なら、“小飼商店”さんに行かれたことがある方も多いかと思いますが、そのお隣の少し奥まったところにある建物です。

P1670582

こうしてみるとカフェか雑貨屋さん、もしくはオシャレな美容室のようにもみえますので、目に留まった方は、入口まで近づき、フラリと引き寄せられるようにドアを開ける方もいらっしゃるそうです

P1670581

そんな方のために、ひっそりとカフェメニューも用意しているようですが、あくまでも“研究所”

01340c48749155f58b5774cc0b260e79deb84f4e68

所長の村岡さんが、カウンターの奥でドライフルーツを作る作業を、ほぼお一人で行っています

P1670575

こちらは野菜をカットする機械

ただ、柔らかい果物はこちらでカットすると崩れてしまうので、そんな時は手作業なんだそうです

P1670580

ちょうど乾燥が完了したフルーツが並んでいましたが、こちらのみかんのカットは手作業とのこと!

P1670577

もちろん、パッキングも手作業

P1670571

こんな感じで1パック分を詰めていくそうですが、無添加で乾燥剤も不使用なので、ドライフルーツでも冷蔵庫で保存しているそうです。

と、このドライフルーツが、ワタシが考えていたようなドライフルーツとは全然違ったわけです!

01014659655f1fc18ef75b7b26fcbc4b3720d8e060P1670576

シルバーの巨大な冷蔵庫のように見えるのが、特殊な低温熟成乾燥で果物をドライにする機械なのですが、この機械でないと村岡さんが求めていたドライフルーツは作れないそうです

ちなみにフルーツは北海道産のものを中心としつつ、各地の旬のフルーツを使用とのこと

フルーツも何でもよいわけではなく、例えばそのまま食べて美味しいものが、ドライフルーツで美味しくなるとは限らないようで、村岡所長はそのあたりもしっかり吟味しつつ、仕入れをしているそうですよ!

それから完全無農薬のフルーツというのは難しいので、こちらもまた特別な浄水器を取り付け、洗浄しているそうです

P1670569

さらにドライにしたフルーツの組み合わせも、何でもいいわけでもないらしく、ワタシは一番最初に画像の手前に映っている、イチゴが入ったものを飲んでみたのですが(最初の画像のもの)、他にもいろいろなフルーツが入っているのに、たった1枚のイチゴの存在感が凄かったのです!

なので入れすぎると、主張が強すぎたりすることもあるので、村岡所長が研究したうえで、パッキングしているそうです^^

014a3b99e04567799fe42124c94a878315641d5357

飲みかけの画像ですみません^^;

こちらは柑橘多めのスッキリ系

研究所に買いに行くと、どんなのが好みか聞いてくれて、村岡所長がオススメしてくれます^^

P1670568

が、一度購入すると1週間セット、1ヶ月セットと色々詰まったものを購入する方が多いそうです

でも、その気持ちよく分かります!

最初は半信半疑で飲んだのですが、とにかくグビグビ飲めるのです!!

でもって、本当に砂糖不使用なの??というくらい甘い!

特殊なドライ製法のおかげで、フルーツ本来の甘さが凝縮し、それがそのまま水に溶け込んでいるのです!

なので何度か飲み終えたあとのフルーツ(味は薄くなるけど、500mlで3回くらいはイケます!)を食べてみると、無味無臭状態!!

色々ビックリしまくり(笑)

ちなみにその状態で食べても、繊維質が摂れるので、それはそれで問題ないそうです

01d17b050c87ab1c2d712b7a2fe23a72e69b1cd8ba

こちらは、むらおか研究所の公式Instagramからお借りした画像ですが、もともと村岡さんご自身が別のお店からこのドライフルーツを購入して愛飲していたそうなのですが、そこがなくなってしまい、本当に困って自分で作る決意をされたとのこと!

水分を摂ることは大事だということは知ってはいたけど、そのまま2ℓって、頑張らないと飲めないことが多いんですよね^^;

だけどこのデトックスウォーターならゴクゴク飲めるし、何より見た目も可愛くて、テンションが上がるんです!

ココ、女子は結構大事(笑)

017e0c47bb5821344a90ccc2fd0ae305fba240ce66 011f792ab5448243ecb968a3d0aaea6ac3eca0c306

こちらの画像も公式Instagramからお借りしたものですが、使っているフルーツごとに見た目も楽しめて、持っているだけで絶対注目浴びますよね^^

そんなわけで、年末年始の暴飲暴食をこのデトックスウォーターでチャラにしたわけです(と思いたいけど、まだ足りない気がする・・・^^;)

 

今は村岡所長がほぼお一人で手作業しているため、大量生産が出来なく、早々に売り切れてしまうこともあるようですが、在庫状況や在室時間などを公式Instagramで確認して、一度ゲットしてみてください^^

テイクアウトも凄いボリュームだった、KIYOHACHI CHOPPED SALAD

新型コロナウイルスの影響がまた猛威を振るっており、まだまだ外食を心から堪能できない状況ですが、食べることは大事

その大事な食事は、美味しくて、楽しい気持ちで味わいたい!!

そんな時にオススメしたいのが、【KIYOHACHI CHOPPED SALAD

P1590634

実は今年の7月に、どさんこワイド179でワタシが案内人としてご紹介したお店の一つなのですが、ブログにアップするタイミングを失ったまま気が付けば11月も終わりに(;’∀’)

P1590615

コンセプト含めてすごくイイお店だったので、改めてご紹介♪

01ee7d9d5fbb0acabc702d52e95b4866472693247d

というのも、先日テイクアウトを初体験してみたんです^^

018de87d8e5fca4b603b8037b103fbf57be3cbcf72

こちらは、女性に人気のSBサラダ~ステイビューティーサラダです

P1590641

お店での器はこんな感じで、とにかくボリューミーだったのですが、テイクアウトの器でもびっくりするほど重くて驚きました^0^;

P1590646

1日分の野菜をこの1皿で摂取出来ちゃうという、せっかく食べるなら体にいいモノがイイ!(出来れば美容方面にも・・・)という女性の心を読まれたサラダです(笑)

P1590647

サラダが美しくて美味しかったのはもちろんなんですが、個人的にはお店で働いているこちらのお二人の女性スタッフの志に感動!

自分たちが食べたいサラダを出してくれるお店があまりなく、それなら自分たちで理想のお店を造ったらいいんじゃないか!と思ったのと、新型コロナウイルスの影響を受け、自分たちが働いていく場所は、自分たちで作るしかないのではないかという思いから、クラウドファンディングなどを活用し、店を作ることにしたんだそうです!

20歳そこそこで、 そんなにしっかりした子がいるんだ・・・

と、すっかり親戚のおばちゃん気分で話を聞いておりました(T-T)

ちなみに清八というお店の名前は、この場所(東区元町)で営業することを支援してくれたおじいちゃんのお名前とのこと!

すっかり高齢化してきてしまった元町地区を若い力で活性化して欲しい!という願いがあったようです^^

色々大変な時代だからこそ、見えてくるものってあるんだなぁ・・・

 

P1590640

P1590633P1590637

いちおう、全種類のサラダを試食させていただきましたが、どれもそれぞれにオススメ!!

ワタシも野菜不足を実感したらまたお願いしちゃおうっと!

どうやら、時々LINEで割引サービスなんかもあるみたいです~^0^

 

南十勝取材・帯広編~これからの酒蔵の在り方が学べる碧雲蔵

P1640755

帯広で立ち寄りたかったところの一つが、今年帯広畜産大学構内に新設された酒蔵【碧雲蔵

P1640759

上川大雪酒造の帯広支部的な存在

P1640762

まだ一般的には解放されていないので、入口も殺風景

P1640783

ショップになる予定のこのスペースも冷蔵庫も空っぽ

そのような状況ではありますが、上川大雪酒造の総杜氏である川端さんが、蔵を案内してくれました^^

ある意味、貴重なショットかも!!

P1640768

ちょうどスタッフさんが洗米を終えて、道具を洗浄しているところでした

あれ?女性ばっかり!

P1640764

昔は酒造りの場は“女人禁制”と言われていましたが、そもそも酒は女性が作っていたという歴史があるのです。

その辺りの話しは触れると長くなるのですが、 川端杜氏曰く、最近は昔のような重さの米俵もなく、女性の力でも作業が出来るようになってきたこともあり、蔵も女性の働き手を歓迎しているようです^^

P1640773

それにしても、スタイリッシュな蔵です!

いい意味で、酒蔵らしくない(笑)

P1640776

前出の黒いタンクは水を貯蔵するタンク、そしてこちらは酒を絞る“やぶた”

タンクは特注で黒いカバーを作ってもらい、やぶたは中古品を塗装し直して使用しているそうです。

それだけで、“魅せる”蔵になるのです!!

古い歴史ある酒蔵ももちろん魅力的ですが、働く側にとっては、働きやすい環境の方が嬉しいに決まってますし、特に女性は見た目が大事!

P1640774

中でもステキ過ぎる!!と思ったのが、仕込みタンクの作業場がバリアフリーになっていること!!

通常は狭くて急な階段を上り下りしなくては行けなくて、結構危険なんです。

そしてこのフラットになった理由が作業の効率化だけでなく、十勝の冬はものすごく凍れるので、地下に埋めることによって凍結防止にもなるのです!

ちなみに麹室のみ、2階にあるそうです

P1640780

こちらはプレートヒーター

最後の火入れ処理に使用するものですが、加熱殺菌処理が早くて品質の劣化が少ない酒が造れるそうです

 

必要な部分には惜しみなく設備投資し、より効率よく美味しくて売れる酒を造る

そのモデルが成功すれば様々な場所で酒蔵を新築することが可能になるということで、いわば実験的な要素もあり、そして実際に函館でも酒蔵を建築中なのです^^

123647873_189706332660126_6508268634549068715_o

こちらの画像は、碧雲蔵の公式Facebookページの画像をコピーさせていただきましたが、瓶詰めの作業がスタートし、11月13日(金)より、十勝管内で販売がスタートされるそうです!

まずは純米酒からとのことですが、川端杜氏曰く、十勝管内には農業などに関わる方が多いので、日常でグビグビ飲めるようなお酒も作っていきたいということで、本醸造も販売予定があるそうです!

P1640208

ちなみにこちらは、先日の【外で飲もうよ!道産日本酒日本酒プロフェクト】で出して頂いた、碧雲蔵仕込み第1号の日本酒

今回の取材で初めて知ったのですが、酒米自体は上川にある緑丘蔵で使用しているものと一緒で、仕込み水のみ違うそうです。

その仕込み水ですが、この辺りは中硬水なので、ミネラル感があり骨格がしっかりしているとのこと!

しまった~

飲んだはずなのに、アウトドア飲みでおだっていたので、記憶が曖昧だ~(;’∀’)

次に飲むときは、意識して飲んでみることにします^0^;

 

P1640781

それにしても、ますます目が離せない上川大雪酒造!

函館も取材に行かなくちゃ!!

 

pageTop