札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『自分磨き』カテゴリーの投稿一覧

南十勝取材・帯広編~これからの酒蔵の在り方が学べる碧雲蔵

P1640755

帯広で立ち寄りたかったところの一つが、今年帯広畜産大学構内に新設された酒蔵【碧雲蔵

P1640759

上川大雪酒造の帯広支部的な存在

P1640762

まだ一般的には解放されていないので、入口も殺風景

P1640783

ショップになる予定のこのスペースも冷蔵庫も空っぽ

そのような状況ではありますが、上川大雪酒造の総杜氏である川端さんが、蔵を案内してくれました^^

ある意味、貴重なショットかも!!

P1640768

ちょうどスタッフさんが洗米を終えて、道具を洗浄しているところでした

あれ?女性ばっかり!

P1640764

昔は酒造りの場は“女人禁制”と言われていましたが、そもそも酒は女性が作っていたという歴史があるのです。

その辺りの話しは触れると長くなるのですが、 川端杜氏曰く、最近は昔のような重さの米俵もなく、女性の力でも作業が出来るようになってきたこともあり、蔵も女性の働き手を歓迎しているようです^^

P1640773

それにしても、スタイリッシュな蔵です!

いい意味で、酒蔵らしくない(笑)

P1640776

前出の黒いタンクは水を貯蔵するタンク、そしてこちらは酒を絞る“やぶた”

タンクは特注で黒いカバーを作ってもらい、やぶたは中古品を塗装し直して使用しているそうです。

それだけで、“魅せる”蔵になるのです!!

古い歴史ある酒蔵ももちろん魅力的ですが、働く側にとっては、働きやすい環境の方が嬉しいに決まってますし、特に女性は見た目が大事!

P1640774

中でもステキ過ぎる!!と思ったのが、仕込みタンクの作業場がバリアフリーになっていること!!

通常は狭くて急な階段を上り下りしなくては行けなくて、結構危険なんです。

そしてこのフラットになった理由が作業の効率化だけでなく、十勝の冬はものすごく凍れるので、地下に埋めることによって凍結防止にもなるのです!

ちなみに麹室のみ、2階にあるそうです

P1640780

こちらはプレートヒーター

最後の火入れ処理に使用するものですが、加熱殺菌処理が早くて品質の劣化が少ない酒が造れるそうです

 

必要な部分には惜しみなく設備投資し、より効率よく美味しくて売れる酒を造る

そのモデルが成功すれば様々な場所で酒蔵を新築することが可能になるということで、いわば実験的な要素もあり、そして実際に函館でも酒蔵を建築中なのです^^

123647873_189706332660126_6508268634549068715_o

こちらの画像は、碧雲蔵の公式Facebookページの画像をコピーさせていただきましたが、瓶詰めの作業がスタートし、11月13日(金)より、十勝管内で販売がスタートされるそうです!

まずは純米酒からとのことですが、川端杜氏曰く、十勝管内には農業などに関わる方が多いので、日常でグビグビ飲めるようなお酒も作っていきたいということで、本醸造も販売予定があるそうです!

P1640208

ちなみにこちらは、先日の【外で飲もうよ!道産日本酒日本酒プロフェクト】で出して頂いた、碧雲蔵仕込み第1号の日本酒

今回の取材で初めて知ったのですが、酒米自体は上川にある緑丘蔵で使用しているものと一緒で、仕込み水のみ違うそうです。

その仕込み水ですが、この辺りは中硬水なので、ミネラル感があり骨格がしっかりしているとのこと!

しまった~

飲んだはずなのに、アウトドア飲みでおだっていたので、記憶が曖昧だ~(;’∀’)

次に飲むときは、意識して飲んでみることにします^0^;

 

P1640781

それにしても、ますます目が離せない上川大雪酒造!

函館も取材に行かなくちゃ!!

 

「外で飲もうよ!道産日本酒プロジェクト」モニターツアー Vol.3

こちらこちらからの続きです

【2日目】

P1640264

朝9:00に新しのつ・たっぷの湯をでて、向かった先は新十津川町にあります【金滴酒造

以前、金滴酒造まつりで何度か足を運んでおりましたが、ものすごく久しぶりに来ました!

P1640267

通常は見学を受け付けていないようですが、今回はモニターツアーということで特別に、金滴酒造の室岡杜氏にご案内いただきました。

室岡杜氏は30歳ということで、道内はもとより全国でも相当若手です!

P1640273

もやしもんに影響されて、オリゼーの研究をしていたというところに、勝手に親近感をもってしまった(笑)

P1640277P1640279

金滴酒造は全量道産の酒造好適米で日本酒を作っていますが、室岡杜氏のオススメは新十津川とのこと

若いけど、そして色々あったけど、おじいさまが日本酒造りにかかわっていたこともあって、その志は高く、強い気持ちが伝わってきて、なんだかとても安心しました^^

P1640266

金滴酒造の酒蔵のことは、ほとんど表面しか知りませんでしたが、こうしてみるとすごく大きかったのですね!

P1640265

金滴酒造の誕生は、奈良の十津川村から移住してきて誕生した、新十津川町の歴史とリンクしているのですが、(こちら) 金滴酒造に限らず、酒蔵がどうしてできたかを知ると、日本酒の存在意義を知ることができます^^

やっぱり、アルコールって生活必需品なんです!!(笑)

P1640272

仕込みは11月中旬を予定しているそうですが、室岡杜氏一人で準備をしているので、まだ掃除が追いついていないそうです^^;

P1640278 P1640281

ちなみにこちらのラベルは、あのさだまさしさんが書いたものなんですよ!

なんだか、愛くるしいラベルですよね^^

P1640283

売店ではお酒はもちろんですが、食品やグッズも豊富に販売していて、買い物好きの女子たちが大喜び(笑)

ここ数年、金滴酒造に対して何だかすっきりしない気持ちがあったのですが、今回立ち寄ることが出来て、本当に良かったです^^

 

さて、ココでも試飲ができなかったので、私は早くも飲みたいモード(笑)

01550945df8f1d88aeed52c7539a0804963c0c78cd P1640299

ということで、ランチタイム会場の“蛇の目”さんでも、もちろん日本酒、いただきましたよ(笑)

次に行く予定の、“国稀酒造”のスタンダードな日本酒

え?まるでお冷のように酒が入っていますが。。。^0^;

P1640298

さすがに飲みきれないかと思っていたのに、この海鮮ちらしを食べ始めると、自分でも驚くほどスルスルと喉を通っていくではありませんか(笑)

逆に、酢飯の方を少々残してしまいました^0^;

P1640305

お腹も気分も満たされた後に向かったのが、日本最北の酒蔵、国稀酒造

あれ?最後に来たのいつだったけ??

というほど久し振りの訪問

思っていた以上に観光客がいてビックリ!

売店も充実しているし、展示物も見応えあります^^

P1640307

P1640313

国稀酒造は、最初から酒蔵だったのではなく、呉服商からスタート(詳しくはこちら

P1640314

海運業など様々な商売をしていたので、酒蔵だけでなく旧商家丸一本間家にも立ち寄ると、より深く知ることができます^^

(今回は時間の関係で立ち寄らなかったけど)

P1640322

ここに来て、今までのおさらいのように、製造工程が貼ってありました^^

P1640318

普段はこちらまでは見学できないそうですが、今回は特別に見せていただきました

このタンクが奥の方にもずらりと並んでいるようで、180本(だったかな?)あるそうですよ

P1640319

ところでタンクに描いてある数字が、全部バラバラなんです

パッと見は同じ大きさに見えるのですが、このタンクは手作りなので、実は大きさが一つ一つ違うそうです

P1640321

ちなみにこちらは新しいタイプのタンク

古いタンクは製造してからかなりの時間が経っているものばかりですが、割と長持ちするんですね~

今は同じものを作ることはできないそうですが、残念ながら廃業する蔵が全国にあるので、そのタンクを譲り受けたりすることもあるそうです。

今回のモニターツアーの目的でもある、北海道産酒の販売拡大

少し前にこちらでも書きましたが、 飲む量が増えないと酒蔵はどんどん減ってしまいます。。

道産酒に限らず、日本人の主食である米と日本の美味しい水から出来る、日本が誇れるアルコールを、少しでも多くの人に楽しんでもらいたいと、心から思う今日この頃・・・

 

P1640324

と、かっこよくまとめようとしておりますが、試飲コーナーが稼働していたので、当然のように最後の最後まで飲みます(笑)

この3本を飲んでビックリ!

いつの間にか、国稀酒造さんも旨みたっぷり系の日本酒を作っていたのですね!!

私の中では、スッキリ系の味で記憶が止まっていたので、またまた今回のツアーのおかげで、道産酒の美味しさがアップデートされました^0^

P1640328

帰路はオロロンライン経由だったのですが、お天気にも恵まれ、美しい日本海の景色にも癒されまくり

元々日本酒好きで、北海道好きだけど、今回のツアーで前より自信をもって、北海道の日本酒を自慢できるようになりました^0^

そんなわけで、まずは北海道全域の飲食店さん!北海道産酒をもっともっとラインナップしてくださ~い!!

たくさんの人に飲んでもらえるよう、仕掛けますっ

 

 

「外で飲もうよ!道産日本酒プロジェクト」モニターツアー Vol.1

01f54a68105985182d0ff501a836a651bfb54a17a3↑グランピング施設にて、ずらりと並んだ道産酒。もちろん写すだけじゃなく飲みました(笑)

先日、米どころ・酒どころ北海道振興事業 道産日本酒販売拡大業務の一環で、“キャンプで楽しむ道産日本酒と酒蔵巡りモニターツアー”に参加

1泊2日で4つの蔵を巡り、昼も夜も道産酒漬け!!

新たな学びもたくさんあり、ますます北海道の日本酒のファンになりました(≧▽≦)

その行程を、2回に分けてご紹介します^0^

 

【1日目】

P1640103

朝9:00過ぎに札幌駅北口に集合し、(新幹線に向けてのホーム拡張工事のため、いつのまにか鐘の広場が使えなくなっていてビックリ)バスで日本清酒(株)・千歳鶴酒ミュージアムへ

P1640106

P1640107

新型コロナウイルスの影響で、仕込み水そして日本酒の試飲コーナーが無くなっていたのは残念でしたが、昔のポスターなんかもあって、楽しめる場所です

P1640109

もちろん、限定酒なんかも変えます^^

P1640114

道内でただ一人の女性杜氏でいらっしゃる市澤さん

仕込み前のバタバタな時期だったのでご挨拶だけでしたが、10月12日(月)から仕込みが始まると言っていたので、これからしばらくはお忙しいと思います

美味しい日本酒を世に送り届けるために頑張ってくださいね!!

そしてお隣は、道産酒と言えばの鎌田孝さん(通称・親びん)

今回のツアーの仕掛け人でもあります^^

P1640137

今回は酒ミュージアムではなく、日本酒を作っているこちらの棟の見学がメインです!

P1640119

こちらは事前予約のみ見学ができるのですが、仕込み時期に入ると見学はしばらくお休みということで、ギリギリのタイミングで見学することが出来ました^^

ところでこの場所(中央区南3東5)で、明治5年から日本酒を醸造していることを、札幌在住の方でもまだ知らない方も多いかもしれませんね。

P1640120

それにしても、重厚感のある建物です

P1640121

酒造りは、上の階からスタートして、下の階へ行くほどに完成していくようになっています

3階と言っても天井が高いので、その分階段の傾斜もキツイですが、当然階段で上に向かいます^^;

P1640122

こちらは精米機。千歳鶴ともなると、規模が大きい!

P1640123

ただ、特別なお酒はこちらの樽を使用して、手作業で行うそうです

P1640128

蒸したお米はこちらの“麹室”で米麹にするのですが、この作業が日本酒造の要であり、温度や湿度管理を夜通し行ったりするのです

P1640133

それにしても、一つ一つの規模が大きいです!!

P1640136

そうそう、よくよく見ると天井に小さな穴が開いているのですが、上で作った日本酒はここにホースを繋げてタンクに注入されるわけです^^

P1640129

ちなみに特別なお酒はタンクの保管場所もやっぱり特別でした!

P1640131

 

あっという間に出発時間になりまして、ココでは試飲ができなかったので、若干心残りな状態で、次の目的地・栗山町の小林酒造へ!

P1640139

通常ですと酒蔵見学が先ですが、嬉しいことにまずはランチタイム!

P1640141

酒蔵の向かいにある、錦水庵へ

P1640144

さっき飲めなかった分、一升瓶で登場しました(笑)

P1640148

日本酒が出てきたので、つい塩をお願いして、田舎蕎麦は酒のアテとしていただきました(笑)

P1640161

心もお腹も満たされた後は、酒蔵見学

国の登録有形文化財にも指定されている小林酒造の建物は、日本酒に興味がなくても一度は見る価値のある建造物です

ちなみに小林酒造が日本酒を作り始めたのは栗山町ではなく、札幌だって知ってましたか?

明治11年に札幌市の中心部で酒造業を初めて、明治33年に栗山町に移転したそうです

 

P1640163

私のブログではもう何度も登場している、小林専務のアツいトークショーが始まりました!!

何度聞いても飽きることはないし、何回行っても新しいお話しが聞けるんです^^

明治から酒造りを営んでいる小林酒造の歴史は本当に深すぎて、ココですべてを書くことは不可能ですので、ぜひ一度足を運んで直接聞いてもらいたい!

P1640173

途中で南杜氏も顔を出してくれました

千歳鶴同様、これからが本番なので、最後の点検作業を行っていた感じです

P1640178

小林酒造はその昔、炭鉱夫のための普通酒を大量に作っていたので、酒造りの道具が半端なく多いのですが、今はすべて純米酒に切り替えたので、今は使用していない設備も多いそうです・・・

P1640165

それにしても、絵になる場所が多いなぁ

P1640168

古い建物を維持していくのは莫大な費用が掛かって大変なのですが、(しかも有形文化財なので勝手に改装とかできないのです)なんとか保存していってほしいものです・・・

P1640188

そうそう、こちらのお酒がフランスで開催されている日本酒の品評会【kura master】の純米大吟醸酒部門でプラチナ賞を獲得したんですよ!

試飲があったので、ありがたく頂戴いたしましたが、華やか過ぎず、食中酒としてもイケる味わいで、フランスでこの手の味わいが評価されるのが、ちょっと驚いたそうです。

P1640191

暖簾シリーズは、デザインの誕生から知っておりますので、親戚のおばちゃんの気分です^^

P1640195

まだまだゆっくりしていたいところでしたが、このあと今回のツアーのメインイベント・キャンプで日本酒を楽しむ会が待っておりますので、バスに乗り込み新しのつへ向かいます!! ・・・つづく

 

発酵食品ランチ~BISSEキレイ計画

2月8日(土)から大通ビッセの各レストランでスタートしてる【BISSEキレイ計画】

81ca3e2d013be3145da7edb0129f96b8bafe4b80 5553ca4ae5f31e3ea4d238df8501ae03c5c6a8b0

今年は【発酵ライフ~この冬はビッセで発酵グルメ】というテーマで発酵食品を用いたランチが3月13日(金)まで楽しめるそうです^^

先日、メディア向けの試食会があったので、参加してきました♪

P1550057

まずはウェルカムドリンクから

3Fにある二ホンドウ漢方ブティックから“カガエ香巡茶”

和漢植物とハーブ、どっちの味もしっかりするので、身体に良いもの飲んでいる感が凄い

この時点で、プラシーボ効果的に気分が上がります(笑)

P1550061

4F 鮨 棗の“からだキレイ寿司セット”の中の握り3貫

使用している発酵食品は、納豆・しょうゆ・酢、他ランチセット内では、みそやヨーグルト、つけものなども付いているそうです。

私、栄養学とかにはそこまで明るくないので、“レジスタントスターチ”という言葉を初めて知りました^0^;

これでいつもよりついつい食べてしまう寿司も、少し安心して食べられます(笑)

ちなみに1日10食限定なのでご注意ください

P1550068

4F 中国料理 孝華の“エビと北海道産長芋の豆鼓炒め・麻婆豆腐のセット”

豆鼓、チューニャン、豆板醤、ザーサイが発酵食品

こうしてみると、中華も発酵食品の使用頻度高いんですね!

P1550076

でもってその中の、メインを一口試食しました~

まず、冷めていても美味しいことに感動!

長いものシャキ&ホク感、たまりません~

これはちゃんと温かいうちに食べてみたい^^

 

P1550088

試食会場でもあった、4Fリストランテ メロ “道産食材のラクレットチーズプレート 自家製ティラミスのセット”

発酵食品は、ラクレットチーズ&マスカルポーネチーズ

そうそう、塩分には注意しないとですが、チーズを毎日食べているといつもに比べて元気な気がします^^
(ここんとこ、いつもより食べる頻度が高いので、実感してます)

P1550071P1550074

今回は試食用に、ラクレットチーズをブレンドしたフォンデュソースでいただきました^^

まずは野菜一つ一つが甘くておいしい!!

色どりも豊かな野菜を眺めているだけでも元気になれます♪

身体に良いものを食べるのって、見た目や雰囲気も大事だよなぁと、つくづく思いました

P1550093

ちなみにメロさんでは道産チーズの販売も行っているので、自宅でラクレットを楽しむことも出来ますよ!

 

P1550084

最後はデザート!

1Fビッセスイーツ・きのとやのプリンチーズケーキ

きのとやさんのケーキは食べ応えがあるから今日は厳しいかなぁと思いつつも食べてみたら、あれ?見た目と反してすごく軽い食感!!

チーズのおかげなのか、それとも原料が変わったのか、とにかく上品な甘さでビックリするほどペロリと完食(笑)

P1550086

さらにステキだったのがコーヒーとの相性♪

こちらのコーヒーは2F徳光珈琲で限定販売している“ミュシャブレンド”

芸森で開催中の【みんなのミュシャ展】とのコラボ企画だそうです

P1550154

そしてビッセスイーツからもうひとつ

お土産でいただきました、月寒あんぱんのチーズが香る芳醇チーズあんパイ

これ、個人的に大好きです^0^

 

 

発酵食品を食べて改めて思ったこと

昔から日本人が食べている食事には間違いなく発酵食品が使われていて、毎日ちゃんと食べていれば体にいいということ

それは発酵食品だけでなく、最近よく聞く、“温活”や“腸活”も同じで、特別なものを取り入れなくてもちょっと気にするだけで体が喜ぶ食事になるということなんですよね^^

そんな風に、食について考えるきっかけになるフェアなのかなぁと思いました!

BISSEキレイ計画・発酵ライフランチは2020年3月13日(金)まで開催中♪

 

 

 

 

サッポロスマイル いいとこ発見&発信ウォーク ~札幌の夜景~ 参加レポート その1

こちらで募集しておりました【サッポロスマイル いいとこ発見&発信ウォーク~札幌の夜景~】

12月6日(金)と7日(土)の夜に開催されまして、オサナイも“記録係”として参加させていただきました^^

P1510336

こちらはさっぽろテレビ塔展望室からの景色!

1日目の12月6日(金)は、ほぼ無風&冷え込んだので、夜景を見る&撮るには最高のコンディション!!

P1510287

集合場所は、JRタワー6Fの展望室インフォメーション

P1510288

札幌市民だと、逆に行ったことがないという方も結構いるのではないでしょうか?

このスペース、ものすご~くリラックスできる音楽が流れていて、ココ自体は入場料もかからないので穴場です!

P1510290 P1510291

でもって、誕生日は無料で展望室に行けるのですよ^^

P1510294

参加者の皆さまより少し先に上がってしばし撮影していたのですが、本当に絶好の夜景日和!

P1510293

これは楽しい~^0^

P1510306

18時に全員集まりまして、主催者からの挨拶そして今回のナビゲーターであります、“夜景プロデューサー”という肩書を持つ、丸々もとおさんの解説が、早速始まりました^^

P1510305

北国の街灯はナトリウム灯が多いので、オレンジが多いのが特徴ということを言葉で言われると、今まで何となく見過ごしていたこともなるほど!確かに!!と、改めて実感。

札幌市は碁盤の目だから夜景も特徴的で、ところどころ斜めに直線に延びる道をが飛行場の滑走路のようにも見えると言われると、そんな気がしてくる

そして丸々さん自身は、中心部を望む南側より北側の方が好きとのことだったのですが、確かに夜景としてのバランスは、遠くに行くとぽつらぽつら灯りがともっている方が、奥行きがあって美しいかもと感じたり^^

P1510297

P1510310

プロの解説付きだと見方が変わって、ますます楽しい!

P1510308

今回はプロカメラマンも同行してくれたので、夜景の上手な撮影方法なども聞きながら、JRタワー展望室T38を見学しました^^

P1510318

まだまだゆっくりしたい気分でしたが(個人的にはBARで一杯ひっかけたかったりして・・・^0^)、今回のツアーは盛りだくさんなので、名残惜しくもJRタワーを後にして、バスに乗り込みさっぽろテレビ塔へ!

P1510320

移動中もキラキラな街並みを眺めながら、丸々さんの解説が入ります。

全国から見た札幌のイルミネーションの特徴とか、歴史とか・・・札幌のホワイトイルミネーションはもちろん大好きだけど、他の都市も行って比べたくなる!

P1510324

いやはや、今宵は本当にどこを撮っても美しいなぁ~

P1510327

P1510329P1510333

さっぽろテレビ塔も、実は展望台まで登ったことがないという方、結構いるのでは??

ホワイトイルミネーションやさっぽろ雪まつりの時期は、やっぱりキレイです!

P1510340

近くで観るとの上から見るのとでは、感じ方も変わるので、すごく楽しめます^^

P1510342

やっぱり雪が積もるとより雰囲気が出ますね♪

イルミネーション側が美しいのかもちろんですが、実は東側も神秘的な美しさがあります!

P1510334

これもまた、道路に雪があるおかげでより美しい!

 

P1510353

北側にはHitaruも出来たので、以前より見ごたえが!

久し振りに上ると、札幌の変化が感じられて楽しいです^^

P1510351

そうそう、テレビ塔内でレーザーショーもやっていて、夜空にスターウォーズが浮かんだりするんですよ^^

P1510348

さっぽろテレビ塔を満喫した後は、クリスマスまで開催中の、ミュンヘンクリスマス市へ

P1510366

こちらでホットチョコレートタイム!

P1510361

普段はそんなに飲みたいと思わないけど、ミュンヘンクリスマス市で飲むとものすごく沁みる~~~~

ホントはホットワインが飲みたいんでしょ?と言う声が聞こえてくるのは気のせい??・・・^0^;

P1510365

場内もいたるところがキラキラしていて、見るのも撮影するのも楽しい♪

P1510359

 

さらにそこからもう少し西へ向い、ホワイトイルミネーション会場へ

P1510368

「目線を変えて撮影すると、いつもと違う景色が広がりますよ」というアドバイスの元、参加者の皆さん素直にしゃがんで撮影(笑)

P1510369

P1510370

もちろんワタシも!(笑)

確かに幻想的な1枚になりました^^

P1510379

ツートンカラーになったテレビ塔を眺めながら、またまたバスに乗り込み、最終目的地の藻岩山へ!

 

P1510383

月もくっきり見える!

P1510386

ロープウェイ&もーりすカーに乗って山頂展望台へ

札幌市民はさすがに藻岩山ロープウェイは1回くらいはのったことがあると思いますが、もーりすカーが出来たことを知らない人も、結構多そうですね~

P1510388

山頂駅でも丸々さんの解説が^^

ちなみに札幌市は“夜景サミット2018”で、日本新三大夜景に認定されているのは知っていますか?

他の2都市は、長崎と北九州です!

P1510389

何度か藻岩山山頂から夜景を見たことはありましたが、これほど無風なのはホントに珍しいんじゃないかな?という日で、確かに寒いけど、キラッキラの夜景を前にすると、時間を忘れて見入ってしまいました!!

P1510394

あ!テレビ塔がオレンジになってる^^

P1510408

18:00にスタートして、札幌駅に戻ってきたのが22:20頃

一度にこんなに地元の夜景を満喫したのは、生まれてからずっと札幌に住んでいるワタシも初めての体験でしたが、やっぱり札幌の街並みはステキだなぁと思いました^^

そんなわけで、1日目のレポートはこちらで終了ですが、2日目も同じ行程なのに新発見が色々あったので、改めてレポートします^0^

 

 

 

 

 

 

pageTop