札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

2013年12月 の投稿一覧

本州の方をお・も・て・な・しする最強コース~かま田別邸 蝦夷風花からの道産酒BARかま田

  
先日、仕事の打ち合わせで東京からお客様が急きょいらっしゃいまして、
しかも連休ど真ん中の日曜日、イタリアンやフレンチは間違いなく、クリスマス仕様・・・

ここはやはり、北海道の酒を堪能してもらうしかないということで、かま田別邸 蝦夷風花さんへ
日曜日だったけど、開いてました!

まずは二世古からのスタート お通し撮るの忘れていたけど、この日は冬至ということで
ちゃんと南瓜が出てきました^^

そして飯寿司と木耳の山わさび和え  と、こんなオシャレな飯寿司、初めてだ(笑)


エゾシカのローストも、もちろん外せません 
たいていの方は、え?!こんなにクセないの??と、驚きます


そしてツブ刺し  本州の方に喜ばれる刺身のひとつ



ここで金滴コンビ登場。別々にオーダーして飲み比べしてもらいました^^
普段、そんなに日本酒を飲む方ではないようなのですが、これはオイシイと喜んでくれました^-^

ホントに美味しかったなぁ~(しみじみ)



たらこの天ぷらって初めて食べましたけど、これ最強の酒の肴ですね
恐ろしいほど、酒進みますよ。。。



普段自分からはあまりオーダーしない焼き魚
本州の人とご一緒すると、定番の道産モノをオーダーしてくれるから、ご相伴に預かれます^^

それにしても肉厚でフワフワな宗八でした!!久し振りに美味しい焼き魚を食べた気がします^^


個室ということもあり、すっかり話が盛り上がってしまい、予定の時間より軽く1時間オーバー(笑)


そして本来の目的地でありました、
道産酒BARかま田

もう、主要なのは飲んできたんでしょ
と、レアなお酒を出してくれました!
金滴ではありますが、南幌町の米で作ってます
これもオイシイ!!

そてこちらもお通しが南瓜(笑)
でも、料理はかぶってなかったです

入ってちょっとするとあっという間に満席
サスガです


ご一緒した方の従妹さんが福司で杜氏をしてるとの事で、またまた話が盛り上がりまして
大変満足していただけて、アテンドしたワタシとしても大満足な夜となりました^-^




    
そうそう、行った日がクリスマス前だったこともあって、蝦夷風花にこんなリースがありましたよ!
これ、来年自宅に飾りたいかも(笑)

いつくか道産酒以外が混じってます~と言われ、真剣に探してしまうのは仕方ないよね^^;
(花垣は見つけました!)







ということで、気が付けばあっという間に2013年も終わりを迎えますね
今年は編集長に復帰するという、自分にとっては大きな節目を迎えた一年でした
(ちなみにアプリ開発は進んでいるのですが、うちのGMの一声で若干、手直し中・・・
ただし、アンドロイド版はすでにリリースはされております)

来年は本格的に札幌100マイルが生まれ変わりますが、皆様これからもどうぞよろしくお願い致します


多分明日はブログの更新ができないと思いますので、2013年〆のブログとさせていただきます

皆様、良いお年をお迎えください
2014年もよろしくお願い致します

今年最後の伝えるを考える会~旬彩酒肴 吟遊酒家

もう4回くらい参加させていただいている、
小林酒造プレゼンツ・『伝えるを考える会』
やけどするほどアツいトークセッションに、
違う意味で酔ってしまう、別名・細胞活性化飲み会なのです

今回も1ヶ月以上前からスケジュールを押さえ
心待ちにしての参加

会場は吟遊酒家。またまたお初のお店です





  
お通しからして酒飲みのための居酒屋ということが見受けられるラインナップ
一同、干し柿バターに夢中

今宵の小林酒造のラインナップは
 純米大吟醸無ろ過生原酒 冬の隠し酒
 山廃純米
 純米大吟醸 耕人
 蔵出し原酒 無ろ過生原酒 本醸造

ちなみに一本目は絞ってまだ4日目!元気すぎて口の中ではしゃいじゃってる感じです
これでますます脳が活性化したかも(笑)

    
刺身盛り合わせと焼き魚
居酒屋のコース料理の定番っちゃ定番なんですが、一つ一つがちゃんと美味しいんです!

実は場所からして、勝手に大手チェーンの居酒屋だと思い込んでいたのですが、
ご夫婦でやっている、個人店でした!

カウンターの雰囲気もステキだし、今回利用した掘りごたつの小上がりも使い勝手良いし、
すっごいイイお店に出会えました^-^


そんな感じで、最初から気持ちよくなっているところに、
今回のテーマ『人にどうやったらより伝わるの?』について真剣トークスタート

なにせ、特に伝えることを生業にしている人たちの集まりですから、
お酒が入る前から、アツいトークがさく裂です!!
何度も心にズド~ンと落とし込まれる言葉が飛び交います


    
もう、食べるのも忘れるくらいの盛り上がりでしたが、(なぜか飲むのは止まらない)
次のお料理登場~。この炊き合わせがまた、手が込んでいると言いますか、丁寧なお仕事してます!
ヒートアップした心にホッと一息♪的な、やさしい味



居酒屋のコース料理って、酒飲みにはちょっとボリューミーすぎることも多いのですが、
ここで酒の肴セットが出てきました!コレなんです!!こういうのが嬉しいんです^-^


もちろん話は止まりません
他の方の話しも聞きたいけど、今その言葉に自分の言葉ものせたい!!
そんな感じでずっとウズウズしっぱなし(笑)



    
天ぷらとお寿司。これも定番と言えば定番なんですが、
天ぷらはサックサクだし、お寿司はちゃんと握りたてでエンガワなんかもあるし
一つも残したくないと思うほど、大満足の内容でした^-^




〆のリンゴのシャーベット^^

今回、ワタシの心に一番響いたのは『行間』
最近、FBやLINEの普及で会話が画面上になることも多く、
自分自身もこうして文字で伝えることが多いのですが、
ちゃんと会って、相手の気配を感じて伝えなくては、
伝わらないことが多い

そんな中、行間というのは相手に考える時間を与えてくれる
大事なものなのではないかということ


ラジオなんかもそう
テレビと違って姿が見えないまま相手に語りかけるので、
ちょっと間違えると違うニュアンスでとらえられがち

今は情報が溢れていて、さらにそれが多様化している時代
人に伝えることを生業としているなら、そこを忘れてはいけないなぁと
改めて感じさせてくれた夜でした

まだまだ試行錯誤なところもたくさんですが、大好きな北海道の良いものを
より多くの人に正しく伝えていきます!!


いやぁ。。。気持ちよ~~~~く酔っぱらいましたっ^-^


専務、今回もお疲れ様でした!!

当別の魅力を改めて感じたバスツアー


先週末の事ですが、当別町の魅力探しツアーというものに参加しました
当別町は高校生の時、友人が住んでいたこともあり、すごく身近な町だけど、
今は北に向かう途中の町って感じで、素通りすることが多いかもなぁ^^;

なので、どんな魅力があるのかちょっとだけ期待も込めて参加しました

ちなみにこちらの写真は自動車のCMで有名になった、木造の校舎・弁華別小学校
今も実際に使用されており、この日も普通に授業中でしたので、外から眺めてました

そっか、案外札幌から近い場所にあったのね



札幌を出て最初に向かったのは当別ダム
2012年10月に完成したばかりのダムらしく、建設途中で当初の計画より縮小化となり、
日本でのみ建設されている、台形CSGダムという形式だそうです

なろほど、ダムって色々な形式があるのね
これはダムマニアがいることにも納得だわ

   
冬の間は通行止めになっているのですが、特別にダムの歩道(正式名称はなんていうんだろ)を歩くことに

さすがに風が強くて寒いです^^;
でも、冬のダムって凛としていて嫌いじゃないかも・・・
なんでも紅葉の季節はかなりステキな光景らしいですよ!

20131225-04.JPG   20131225-05.JPG
向かって左が静、右が動
じっと見ていると、吸い込まれそうになってちょっと怖かった^^;
暖かくなったら子どもを連れて遊びに来たいなぁ

20131225-06.JPG   20131225-07.JPG
その後、JR当別駅の横にある、ふれあい倉庫というところへ

20131225-08.JPG   20131225-09.JPG
20131225-10.JPG当別町の特産品や野菜を販売しています
さすがにこの時期は根野菜が主ですが、
夏は色んな野菜が手に入りそう^^

でも野菜以外の魅力的な商品もたくさんあって、
ついオトナ買いしてしまいました^^;

20131225-11.JPG    20131225-12.JPG
いろいろ美味しかったけど、中でもこのレンジで作るラーメンが予想外に美味しかった(笑)

20131225-14.JPG    20131225-13.JPG
それとぜひリベンジしたいのが、倉庫の中で木曜日と土曜日に焼いているフォカッチャ
そしてお蕎麦屋さん!これは気になります!!





その後、町内の商店街を散策しつつ、当別神社まで向います
決して活気あふれると言った雰囲気ではないのですが、それが逆に昭和ノスタルジックな感じ

20131225-15.JPG   20131225-16.JPG
と、ちょっと気になる地元のお菓子屋さんを発見
ふらりと入ってみると、この日が賞味期限だった生シュークリームが半額の50円で販売中!
ツアー参加者、ほぼ全員購入~
たぶん、このツアーで買い占めたんじゃないかな(笑)
もちろん私も買いました^^ 生クリームとカスタードのダブルシュー
なんだか懐かしい美味しさ^-^
20131225-17.JPG   20131225-18.JPG



20131225-19.JPG   20131225-20.JPG
その後、伊達邸別館や当別神社の境内社・聖徳神社などを見学
20131225-23.JPG   20131225-22.JPG


それからバスに乗り込み、ランチをいただきにスウェーデンヒルズへ

20131225-24.JPG   20131225-25.JPG
その前に、交流会の中へ。スウェーデンヒルズは分譲住宅地ですが、その中心部に
交流館があり、レストランやガラス工房があるんです

その雰囲気が何だかスウェーデンっぽい感じなんです(行ったことないけど・笑)
ちょうどクリスマス前だったので、クリスマスっぽい小物もいろいろありました^^
20131225-26.JPG   20131225-27.JPG


20131225-28.JPG  20131225-29.JPG
そしてランチは交流館の横にあります、レストラン Ari
すみません、ここにレストランがあることを初めて知りました^^;
手打パスタと地中海料理のお店だそうです
20131225-30.JPG  20131225-31.JPG

外国の片田舎の家のようなアットホームな雰囲気のレストラン
さすがはスウェーデンヒルズ内のレストランです


サラダとフォカッチャ。このフォカッチャがかなりフワモチで美味!!
20131225-32.JPG  20131225-33.JPG

20131225-34.JPG  20131225-35.JPG
メインはラザニア。当別町特産の大豆がたっぷり入っていました
そしてメチャメチャボリューミー! さすがに全部食べられなかった・・・^^;

それでも焼き立てアップルパイは完食(笑)
ちなみにアップルパイやフォカッチャはテイクアウトでの販売もしているみたいです

レストランの詳細は、この日のツアーに一緒に参加していた、この方のブログにて^-^


20131225-36.JPG  20131225-38.JPG
腹ごしらえをした後は、隣のガラス工房でグラス作り体験
ちなみに吹きガラス体験はこの時以来の2回目

最初にカラーを選んで、師匠のお手本を見た後、さっそく体験へ
20131225-39.JPG   20131225-40.JPG
お手本を見た後、今回の参加者の一人、写真家の古賀絵里子さんの体験を見ていたら、
大雑把なワタシには無理っぽい…と諦めていたのですが、その諦めが大胆さに繋がりまして、
思いのほか、筋がイイと褒められまして、褒められるとまた、その気になって・・・の状況で、
中々ステキなグラスが完成しましたよ^-^
20131225-41.JPG   20131225-42.JPG
ちなみに工房の詳細などはレストラン情報同様、こちらを参照ください^-^

20131226-00.JPG左が今回親切に指導してくれた
ガラス作家の甲斐裕士さん
それにしてもノセ上手だったなぁ(笑)




20131226-01.JPG最後はレクサンド公園というところに
立ちよりましたが、さすがの気温
そして、天候も崩れ始めまして、長くは見学できず

でもこちらはお天気が良ければ、かなりヨサゲな雰囲気
札幌市内も一望できるんです♪^^!!

一通りの見学が終わり、ふとみ銘泉へ
道外から参加していた方などはこちらで下車

札幌組はそのままバスで帰路につきました


札幌の隣町、当別町
こうしてみると、スウェーデンヒルズが核となっているのですね
もう一度訪れてみたいところがいくつかできましたので、
またゆっくり遊びに来たいと思います

シュトーレン食べ比べ!


シュトーレンって一つのお値段はそんなにお安くないし、
一度にいろんなお店のものを食べ比べるなんて、なかなかできないよなぁ~って思っていた時、
パンコーディネーターの森さんから、食べ比べる会があるのよ~と、教えていただき、
即申し込んだ、シュトーレンとチーズとワインの会

会場は、ワインバーピノ  定休日のお店を貸し切ってのイベントでした
女性率98%って感じでした(笑)


今回のシュトーレンは
 ブーランジェリー・アンシャンテ
 エグヴィヴ
 ブーランジェリー・コロン
 ブーランジェリー ジン

という、パン通ならヨダレが出ちゃいそうな豪華ラインナップ!
ちなみにアンシャンテさんはすでに閉店してしまっているのですが、
シュトーレンだけはピノさんでも売っていたようです

でもって、今回初めて食べ比べというものをして、シュトーレンって
こんなに個性豊かなものなんだなぁと、実感・・・

個人的感想を言うと、エグヴィヴとジンがスタンダードな感じで
ジンはより優しい味わいを感じるシュトーレン

そしてアンシャンテとコロンはさすが、攻めてるなぁ~って感じの個性を感じる味わい
もちろんどれも美味しくて、ホントに食べ比べで来て良かった!!
来年はもっと種類を増やして食べ比べしてみたいデス^0^




 20131224-06.JPG
と、今回諸事情があり小一時間遅れて参加したものですから、
他の料理は綺麗に撮れなかったのですが、
温野菜やピクルス、パテなどもあり、すごく女子ウケしそうな内容^^

さすが、ピノさんです


20131224-07.JPG 20131224-08.JPG
ワインも泡・白・赤・甘口と、一通り飲めました^^


20131224-09.JPG 20131224-04.JPG
チーズはブリー・オ・グランマルニエ、アッペンツェラー、スティルトン
そしてラクレット(バケットはブーランジェリー・コロン)

今回のチーズはどれも好みだったけど
特にブリー・オ・グランマルニエにハマりました!!

グランマルニエの香りがしっかり楽しめて、ワインも良いけどブランデーに合わせて食べてみたいなぁ~

そして、クリスマスの時期にもピッタリかも^0^


20131224-05.JPG
そしてもう一つハマったのが、コロンのコンプレというパン
実はこれ、通常では販売していないようで、30個単位(1個80円)で予約販売してくれるそうです

表面は弾力があって、中はフワモチ
全粒粉のパンだそうですが、噛むとほんのり甘みが広がって、とにかく香りがイイんです!!
さっそく、昨日友人の家で行われたクリスマスパーティにも持っていきました^^

そしてコロン内でも販売している、アビコさんのシャンピニオンのパテとの相性が抜群!



実は急な函館取材が入り、一人で運転して帰宅した足でこの会に向かったのですが、
疲れも吹っ飛ぶほど充実の内容で、すごく勉強になりました^^




ということで、本日はクリスマス・イヴ♪ 皆様、ステキな夜になりますように☆

 




さらにパワーアップしている北海道産のチーズたち

   
2014年1月に帯広と札幌で開催される【ミルク&ナチュラルチーズフェア2014】
を応援する会が、先日茶月斎で行われました

1部はマスコミ向け、2部はメディア女子会
   

1部のマスコミ向けは、ワタシの中では予想以上の集まりようで、道産チーズの注目度の高さを実感
そして2部、日中の開催だったのにも関わらず、多くの女性陣に集まっていただきました

ちなみにワタシは応援団員の一員として、ミルク&ナチュラルチーズフェア2014を盛り上げております^^




フェアの説明やミルクと道産チーズの現状などの説明のあと、
なぜか葡萄酒倉庫の太田シェフが登場

今回の試食会は実際に道産チーズを使用した料理を
数種類食べていただく形だったのですが、
茶月斎の小蕎シェフが諸事情があり厨房に立てず
小蕎シェフ推薦の元、太田シェフが担当することに!


本当にこの日のためだけのスペシャル的な料理たちが並びました!!

ちなみに司会は竹本アイラさん
アイラさんも応援団員の一人として、フェア当日も参加予定


さてさて、太田シェフ渾身の料理たちのご紹介

   
フレッシュなカマンベール(十勝野フロマージュ)、金柑のジュレ、大根のポタージュ
エゾシカ低温ロティのカルパッチョ仕立てに薄切りのカリンパ


チーズ(レラヘミンタル)乗せ穴子の炊き込みピラフ


ブルーチーズと干し柿のパート ブリック包み、根セロリのクーリ

   
寒玉キャベツと自家製ベーコンの生パスタ、たっぷりのすりおろした酪佳

焼きチーズケーキとチーズムース、林檎の赤ワイン煮のパルフェ
(チモシー&NEEDSのクリームチーズ)


ワタシもイベントの合間にしっかり試食させていただきましたが、
いやはや、目からうろこ的な組み合わせに脱帽しました!!
さすがは太田シェフ

ワタシも時々チーズを料理に使用することはありますが、こんな組み合わせは想像したこともなく、、、
そして当たり前ですが美味しいんです!!

個人的に特に気に入ったのは、ブルーチーズと干し柿のパート ブリック包み、根セロリのクーリ
これは・・・酒がススム料理です! 特に燗酒に合うはず>0<

   
そして今回はフェア会場にて【おもてなしマルシェ】として、イートインできるブースが登場
なんと東京からあの神田新八さんが出店したり、京都や札幌の謎の料理人・谷村田月監修のおつまみ、
そしてマルヤマドリルのチーズバーガーなどが出店します

今回はマルドリが3種類のチーズバーガーを持ってきてくれました
肉々しいマルドリのバーガーにはチーがよく合います^^
私は小林牧場のブルーチーズを使用したバーガーを試してみましたが、
カンペキ、アルコールが欲しくなる味わいでした(笑)



そして今回生産者とともにやってきた道産チーズ
初出店の工房を中心に来ていただきました



   

   
うわぁぁぁぁ、また美味しいチーズが増えた気がします!!完成度高っ!

20131219-54.JPG中でも記憶に焼きついたのが、
“緑のチーズ”

旭川あらかわ牧場合同会社のものなのですが
今や全国区となった、江丹別の青いチーズ
と同じ地区にあるんです!

青に対抗して緑!!

と、この緑のチーズはワインのように
自宅で熟成して味わうチーズらしく
今回は出来立てのものと
2ヶ月熟成のものを食べ比べ


まず、色が全然違います!  もちろん風味も違います!!
これは勉強になりました~。。そしてぜひ、熟成させてみたいと思いました
(が、途中で待ちきれなくて食べちゃいそうだけど・・・^^;)


今回もものすごい数のチーズが販売されるわけですが、(詳細はこちら
どれを買っていいかほとんどの方が迷ってしまうと思いまう
そんな時は今年も会場に張り付いてくれる、チーズプロフェッショナルの石川尚美先生に相談です!!



それにしても生産者が皆さんお若い!&イケメン(笑)

     
ニセコチーズ工房の近藤 裕志氏、チーズ工房チカプの菊地亮太氏
ありがとう牧場の本間 幸雄氏、旭川あらかわ牧場合同会社の荒川求氏

   
今回、紅一点だったASUKAのチーズ工房の北川 飛鳥氏
さけるチーズメインで持参いただきましたが、個人的にシシャモ醤油味がヒット!
カノジョの工房は鵡川にありまして、特産品であるししゃもをダシ醤油&粉末にして使用しているそうです
これは酒の肴に最高です!!


㈱十勝加藤牧場の加藤賢一氏は
今回はジャージー牛の牛乳を持参してくれました
この牛乳、ほのかに甘くて
だけどゴクゴク飲めちゃう
濃厚というのとは違う濃さがあり
個人的にかなり好きな味わいでした

ただ今、チーズを絶賛製造中で、
フェア時にはチーズを出展する予定です



20131219-55.JPG   20131219-62.JPG
そして先ほど、この料理は日本酒に合う!って断言しておりましたが
実は会場には燗酒のブースも出展していたのです
お燗番はあの、マルカ商店の田名部氏
いやはや、さすがのラインナップでやってくれました・・・
(といいつつ、ワタシはこの日は飲めなかったんですけどね・涙)

参加舎の皆さんも、最初はワインを飲んでいたのですが、恐る恐る燗酒を手にした後、
かなりビックリした表情で、喜んでくれました^^

個人的にはワインより日本酒、特に燗酒に合うと思っています
騙されたと思って、一度は試してください^-^



   
そして今回のもう一つの目玉的ブースがこちら、ラテアート
ミルクをたっぷり使用するラテアートをフェア会場で楽しめちゃいます
しかも今回、このイベントのために集まっていただいた面々がスゴイんです!

通称STB~サッポロトップバリスタ

20131219-58.JPG   20131219-59.JPG
   

この日は代表して、スタンダードコーヒーラボの大磯氏に立っていただきました
(アシスタントで徳光珈琲の竹内氏に入っていただきました^^)
紙コップでも難なくラテアートを作ってしまう大磯氏の職人魂に感動

ラテに合う豆を各店用意していただき、会場でとっておきの1杯が楽しめるんです
お子様向けにはココアも用意する予定

これはもう、コーヒー好きにはたまらないブースですよね^0^


と、ミルク&ナチュラルチーズフェア2014は見逃せない内容で
お客様をお・も・て・な・しする予定です




そしてそして、道産チーズを誰よりも愛している
カチョカバ郎さん、今回も身も心も捧げて頑張ってます!!
FBページブログツイッター
カチョカバ郎さんなしでは成り立ちません!!

皆様、応援宜しくお願い致しますっ
FBページのいいね!も、宜しくお願い致します^0^


ミルク&ナチュラルチーズフェア2014は、2014年1月16日~21日は帯広・藤丸百貨店
2014年1月26日~29日は札幌・東急百貨店にて開催

皆様のご来場、心よりお待ちしております!!

12/18の北海道新聞・夕刊 こたえて!リクエストは「忘年会の締めにお薦め、深夜営業の店」~sapporo washu dokoro林家

20131219-17.JPG3軒目はこちら、sapporo washu dokoro林家
小さなお店がいくつか入っている乙井ビルの地下にあります

と、何とも入りにくい雰囲気(笑)
実は向かいのペーデー3兄弟の一人
林大輔くんが独立して一人で切り盛りしているお店なんです

20131219-18.JPG   20131219-19.JPG
看板同様、黒を基調とした雰囲気で、カウンター4席・テーブル席8席ほどの小さなお店です
ただここのビルの地下は天井が高いので、それほど圧迫感はないんですよね



20131219-20.JPG      20131219-21.JPG
こちらのコンセプトはアルコールがALL和酒、国産オンリーなんです(500円~)

20131219-22.JPG   20131219-23.JPG
そして、他ではあまり見かけない珍しい銘柄が多いのです
20131219-24.JPG 20131219-28.JPG
カクテルも国産のリキュールで作っちゃうんです!ある意味すごいです!!

実は林君はペーデーを抜けてから一人で全国の酒蔵やワイナリーなどを回ったそうです
最後に鹿児島にたどり着いたとき、焼酎の製造にも携わったそうですよ!
※芋掘りもやったんだとか・・・
なかなか芯のある男児です!そんな大輔君の話を聞きに行くのが目的でも、相当楽しめます



で、鹿児島で素晴らしい出会いがたくさんあったようで、枕崎から鰹を入手しているんだとか


20131219-25.JPG
こちら、鹿児島でレシピを教えてもらったという、呑べえ焼き750円
鮮魚を酒盗で味付けし、アツアツの石焼プレートに乗って運ばれ来る感じなんですが、
これは確かに呑兵衛にウレシイ一品かも!!

20131219-26.JPG   20131219-27.JPG
そして林家に行ったら絶対オーダーした方が良いのが林農園のフライドポテト600円
実はただのフライドポテトじゃあありません、じゃがポックルとおんなじ原料のイモで作ってます
しかもレシピ聞いたら、結構手間かけてます
ただの素揚げじゃぁこの味は出せないよね^^;

他にもカツオのいろんな珍味盛り合わせとか、とにもかくにも飲みたくなります^^;


20131219-31.jpgそして〆に炭水化物を食べたい人には
こちらがオススメ!

枕崎カツオめし800円

これは確実に〆に相応しいでしょう!!

林家さんはなんとノーチャージ!
ホントに軽く飲んで帰りたい人には
ありがたいシステムです^^

ただし、気になるものばっかりで、
どんどん飲みたくなっやいますけどね^^;




20131219-29.JPG    20131219-30.JPG
そうそう、ここのメニュー巻物になっているんだけど、なんだか忍者屋敷っぽい感じで気に入ってます^^

12/18の北海道新聞・夕刊 こたえて!リクエストは「忘年会の締めにお薦め、深夜営業の店」~酒肴や 伸


2軒目はこちらでも紹介済みの酒肴や伸(しん)

札幌の日本酒好きな方なら男女問わず、一度は訪れているのではないでしょうか?
ワタシもすでに何度か行ってますが、客層が幅広いなぁって思いました
&朝の4時まで営業中なので、深夜に行くと飲食店関係者によく会います(笑)

前にも書きましたが、おひとり様でも行きやすいし、BOX席もあるからグループでもOK
ただし、基本一人で営業しているので、人数が多い時は事前に電話した方が確実かと思われます


    
それにしても、1人でやっているお店としては
多すぎるくらい日本酒があります
(ちなみに1杯600~1500円)

そんな話をしていたら、
『実は年末に向けてすごいお酒、ガッツリ買っちゃいました』
って言ってたので、今行ったらかなり大変なことになっちゃうかも(笑)





ちなみにお通し代は600円で
2合は飲まさる感じで小鉢が来ます^^

私にとっては、2軒目に困った時は
酒肴や 伸に行けば間違いない!って感じの存在です^^



   
そうそう、最初に行った時はなかった暖簾、ちゃんとかかってました^^


【酒肴や 伸】
札幌市中央区南3西5三条美松ビルB1
011-215-1319
19:00~翌4:00
不定休※1/1は休み

12/18の北海道新聞・夕刊 こたえて!リクエストは「忘年会の締めにお薦め、深夜営業の店」~炭々酒肴 ケイハチロウ

皆様、忘年会もドピークといった感じでしょうか?
ワタシも今月はかなり飛ばしてます
栄養ドリンクのお世話にもなってます・・・

でも最近、栄養ドリンクを飲んでから飲み会に出ると、元気が出過ぎてもう一軒行きたくなるので
それもどうなんだろうと思っております(苦笑)


と、12月18日の北海道新聞夕刊・こたえて!リクエストは、
『忘年会の締めにお薦め、深夜営業の店』
ということで、3軒ご紹介しております

まずは一度こちらで紹介済みの、ケイハチロウ

   
靴を脱いで上がりまして向かって右側がカウンター、左側がテーブル席、
そして奥には半個室もございます^^

お二人で切り盛りしているお店でして、広すぎず狭すぎずな、居心地の良い空間^^



20131219-02.JPG
20131219-03.JPGケイハチロウさんは“燗酒”がウリ
個人的にも日本酒は燗酒で飲んだ方が
次の日が楽です^^
〆の一杯ということであれば、
やっぱりお燗がイイと思います^^

ケイハチロウさんは酒器に趣があるので
お好きな方はその辺りでもテンションが高まります

ちなみにチャージは400円
日本酒は500円~980円



20131219-07.JPG   20131219-08.JPG
炭火で丁寧に焼いた焼鳥 店内に漂う美味しそうな香りにやられてしまい、
お腹がいっぱいでもつい、オーダーしてしまうことでしょう(笑) 1本120円~


20131219-04.JPG   20131219-05.JPG
枝豆も炭火で炙るとこんなに甘くなるんですね!!と、やめられない止まらない^^;
と言った感じで、燗酒も進んでしまいます
あ、これじゃぁ、〆にならないか(笑


20131219-09.JPG個人的に感動したのが、
タコさんウィンナー
これもまた炭火で焼くと、
いつもと味が全然違うのです

いやぁ。。。
飲まさりました(笑)

それにしてもこうしてみると
何だかアートを感じます



【炭々酒肴 ケイハチロウ】
札幌市中央区南3西4カミヤビル3F
011-207-0115
18:00~翌2:00
月休※12/31&1/1はお休み

冬はニセコ・花園にお引越し~アスペルジュHANAZONO


12月20日~3月10日のみニセコ・花園にオープンする、アスペルジュHANAZONO
美瑛のアスペルジュが冬の間だけ、完全お引越し
なので店内に置いてある小物は、美瑛のお店に行ったことのある方には、
どこか見覚えのあるものばかり
   


この日は4500円(サービス料10%)のランチコースを試食

   
野菜スープ ミネストローネ
うわぁ、美しい~~ 食べるのがもったいないっ!!
と、実際どうやって食べて良いか分からず困っていたら、真ん中にスプーンを入れて
崩してお召し上がりくださいとの事

カップの上にふたのように乗っていたバケッドは、花弁のように置かれていたので、
スプーンを入れると簡単にカップに入っていきました

そして具だくさんのミネストローネとともに味わうと・・・
まずは野菜の味が濃い!!この季節にこんなにフレッシュで濃厚な葉野菜、ちょっと感動
そしてほんのり香るチーズ・・・

見た目以上にインパクトがあり、一皿目からサスガ、アスペルジュ!!と、唸る



    
店内に入った時から、カウンターにセットされていたこの台
何かなぁ~と思ったら、なんと生牡蠣でした!正式名称は生牡蠣のプラトー盛り


    
しかもぜひ、胡椒で味わってくださいとのこと
個人的にはレモンもかけずにそのままいただくことが多いのですが、
胡椒をかけるとより、磯の香りが際立つんです!これにはハマりました><

山の中で牡蠣・・・と思いましたが、この鮮度ならまったく文句はありません
そして、逆に贅沢感な気分になれました^^

それにしても・・・シャンパンが飲みたいっ><
この日は残念ながらペリエだったのですが、シャンパンと思い込んで飲み干しておりました(笑)




   
北海道産牛頬肉の赤ワイン煮込み
牛肉の上にのっているのは何だろう??と思ってたら山わさび!
ガラスの破片のような鋭利な刃物で削ることによって辛味が抑えられて、逆に風味がでるそうです

確かに! 辛すぎないのでタップリのせて食べても、すごく美味しくいただけました^^
そして牛肉の柔らかいこと…ホロホロと崩れていきます
ソースもキレイに食べたくなる味わい

ちなみにパンは忍路のエグヴィブのパンを用意するそうですよ!
(この日は試食会ということで、違うパンだったんですが^^;)



出来立てのマッシュポテトは
鍋ごと席まで持ってきてくれて、好みの量を取り分けてくれます

実はこの日の次の日が試食会だったのですが、
マッシュポテトもこうして食べ比べると
ちゃんとメインの肉料理が引き立つ味付けに
なっているんだなぁって思いました!
それにしても滑らか~~~~><





デザートはミニトマトとなすびのコンポート
野菜がちゃんとデザートになってました。アスペルジュらしいスイーツ^-^


   20131218-15.JPG
そして小菓子はギモーヴ(マシュマロ) スタッフさんがその場でカットしてくれるパフォーマンス付き







20131218-16.JPG

20131218-17.JPGアスペルジュは北海道のフレンチのシェフを代表する
中道氏プロデュースのレストラン
最初にニセコでやってくれないかと声がかかった時は
ニセコを若干、毛嫌いしていたことも有り、
全然、受ける気がなかったそうなんですが、
実際に足を運んで、この景色を見た時、
なんて贅沢な環境なんだろうと、心が動いたようです

確かにゲレンデを滑降するスキーヤーを見ながら
フレンチとワインを堪能するなんて、ニセコでしかできない贅沢・・・





日常のランチとはいきませんが、本州や海外の方をおもてなしするときなどに
相応しい場所かもしれません
ちなみにこちらのレストランに宿泊施設は併設されていませんが、
ヒラフなど、近隣の宿泊施設の送迎はあるそうです

それにしてもこんな贅沢なランチを堪能しちゃったら、スキーは無理だな^^;
出来れば、日中がっつりスキーを堪能した後、ナイターのスキーヤーを見ながら
ディナーでじっくり堪能したいかも・・・もちろんワイン付きで^Q^

念願の夜カマラードでニクまつり!!

この時からず~っと、今度は絶対、ワインとともに楽しもう!と心に誓って早、半年・・・
先日その念願が叶いました!! しかも最強メンバーのイノシシ女子会のメンバーで(笑)




人数は7名+途中参加2名
最初に予約した時、コースにしますか?
と聞かれたのですが、オーバー40歳女子、
コースだと全部食べられないのではないか
ということで、
『酒飲みなので、それに合いそうな盛合せを
用意しておいていただけますか?』
と要望し、運ばれてきたのがこちら
豚&鹿のハムやリエットなどなど!!

う~~~ん、理想的♪ 
初めて来た友人たち、アイドルに
会ったかのようにキャピキャピです(笑)


話しも弾みまくり、さてあとはどうする?と、メニューを見て
『私はこれが食べた~い』  『私はこっち~』
『私は全部おまかせするので宜しく~』なんて会話が飛び交いつつ、出てきたのがこちら!


やっぱりカマラードに来たらパテ・ド・カンパーニュは外せません!!
またまた悲鳴にもにた雄叫びが・・・(笑)



ホルモン好きなら確実に頼んでほしいトリッパの煮込みは、新鮮さが伝わる歯応え!!




豚と鹿のソーセージ+ベーコン
これ、運ばれてきたときの香りがたまらなく美味しかったんです
普通のソーセージと全然違います><





本日のメインと言っていいでしょう
けっしてフランスパンではありません

この断面を見て下さい!!

アンドゥイエットという料理法を
考えてくれた人に
心から感謝いたします・・・

そんな風にありがたくなった夜・・・



アンドゥイエットに添えられていた
マッシュポテトがまた美味しくて
お替りありませんか~
と、お願いしたら
ちょっとお時間いただければ・・・と、
追加で作ってくれました><

全員ワントーン高い声で
でありがと~~~~~~~
と、言いました(笑)




お腹はいっぱいだったけど、
今日は特別なたまごで作ったプリンがあると言われ、
それじゃ下さい!と、瞬時に全員でオーダーするイノシシ女子

てっきりひとり分ずつ来るかと思ったら????
バケツプリン並みのサイズに一同ビックリ
名刺を出して大きさ比較しつつ撮影する人たち(笑)

すみません、一人分ずつカットしてもらえますか
と、スタッフに甘えるイノシシ女子・・・



女子女子とは言いますが、現実はオ○サン。。。そんな口うるさい私たちのハートを
完全に射止めたカマラード!帰りはテイクアウト用のパテなどを買い占めていきました(笑)



と、こちらが本日飲んだワインたち。やっぱりワインがあるのとないのでは、美味しさが全然違います~

最後にデザートに合わせてデザートワインも用意してくれました
カマラードさんは道産ワインも色々取り扱っているんですよ^-^






20131213-12.JPG    20131213-13.JPG
20131213-14.JPGそうそう、いつも素敵なお土産を
持参してくれるAっちゃん

今回はLA帰りということで、
今は渋谷でしか販売していない石鹸や
石臼でカカオを挽いて作る、
メキシコ製法のチョコレートなど、
今回もさすがのセンスを発揮!
チョコレート、お店の方にお断りして
その場で少しいただきましたが、
ワインにものすんごく合いました!
札幌で販売して欲しい~~

pageTop