札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ワイン』カテゴリーの投稿一覧

【スパイスの穴ムジナ】で、ちょっと面白いイベントあります!!

スパイスの穴ムジナ

お店の名前です!

ちなみに下記の写真、店の入り口です!!

P1110444P1110447

かなり暗いです!!!

住宅街の、さらに奥まった場所で、MAPなしでは確実にたどり着けない。。。

P1110442

 

 

そんな場所にある、まさに隠れ家的古民家飲食店。

個人宅をオーナー自らがリフォームしたそうです。

P1110428

カウンターの椅子が、囲碁盤!!

P1110426P1110431

私が座った席は、元押し入れ!!

とまぁ、色んな意味でテンションの上がるお店なわけです^^

 

P1110438

その、【スパイスの穴ムジナ】で、“札幌酒祭(ビール対ワイン)”と題した、30名様限定のイベントが、8月25日(金)に開催されます!!

この日のために用意される4種類のスパイス料理に合うのは、クラフトビールなのか、オーストラリアワインなのか!

参加者の投票で決まります^0^

 

ちなみに通常のメニューはこんな感じ

P1110411 P1110412

 

 

P1110406P1110407

 

トムヤム白菜漬けに、鶏と昆布のピクルス

どっちもビールの進むおつまみ♪

P1110409

生春巻きにはバジルマヨネーズ。う~ん、白ワインにも合いそう。。。

 

P1110414

牡蠣の米粉揚げ卵とじ

ヤバイ・・・ビール止まらん(笑)

P1110415 P1110417

と、この日はワインはお預けだったので、後は25日(金)に確認しますっ

 

そんなわけで、ただいま下記にて参加者募集中!!

https://www.facebook.com/events/120825665219892/

先着30名様ですので、お早めに~~~

 

 

 

 

8月9日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~Dining Bar綱

8月9日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、札幌駅北口向かいの高層マンションの裏のビルの1Fにある、Dining Bar綱(TSUNA)

P1110195P1110191

実はココ、先日こちらで紹介した“カモシヤ”があった場所。カモシヤが移転したのち、4月24日(月)にオープンした、中華メインのダイニングバーなのです^^

 
P1100647
 
スペースや席などはそのままですが、壁紙やカウンターに手を加えたので、雰囲気が以前とは少し違います
 
P1100667 P1100664
 
 
オーナーシェフの渡辺さんは札幌出身ですが、昨年まで東京の中華料理店で働いていたそうで、久し振りの札幌なんだそうです^^
 
P1100655 P1100653
 
早速、自慢の料理を用意してもらうことにしました。
 
カウンターには色々な種類の箸置きが並んでいて、好きなモノをどうぞと言われたので、なんとなく急須をセレクト^^
“お目が高いですね”と言われて、上機嫌(笑)
 
 
P1100689
 
手前・大きいエビのクリーミーエビマヨ
左側・自家製焼き餃子
奥 ・チューリップのジューシー唐揚

実はこちら、すべて1個からオーダー可能なんです!

P1100670

大きいエビのクリーミーエビマヨは1本450円

かなり、食べ応えあります!

疲れた体を癒してくれる、ほんのり甘いハチミツマヨネーズのソースにハマりましたっ

キャベツじゃなくて、レタスの千切りというところもポイントだったりします^^

 
 
P1100682
 

自家製焼き餃子は1個150円。写真映えを考えて2個にしていますが、本当に1個でもオーダーは可能です!

醤油と辣油を用意していただきましたが、個人的にはこのまま食べるのがオススメ!!

肉より野菜がたっぷりで、その野菜の甘みが口の中を占領しちゃう系の餃子^0^

 
P1100686
 

そしてこちら、昭和40年代生まれなら、誰もが“なつかし~~”と呟いてしまう、チューリップのジューシー唐揚 1本280円

小学校の運動会のお弁当には、必ず入っていたといっても過言ではない(笑)

やっぱり手羽元より、チューリップですよね^^ 柔らかさとジューシーさ、全然違います!

中華って、1皿がボリューミーなお店が多いので、おひとり様で行くと、そんなにたくさんの種類をオーダーできないことが多いけど、これなら色々ちょっとずつ楽しめます♪

 

ドリンクはビールはもちろん、焼酎は芋・麦・黒糖など15~20種が600円~

P1100676

そして、スパークリングワインがグラス600円・ボトル3500円で楽しめます!特に写真のロゼが中華にピッタリでオススメ♪

 

ちなみに通常メニューはこんな感じ

P1100657 P1100659 P1100660

お食事メニューもあるし、いろんな使い方が出来そう♪

P1100693

冷製キャベツのペペロンチーノ
 
中華と言っても、こんなサッパリ系のおつまみも♪
つい、フラリと立ち寄ってしまいそうなある意味キケンなお店デス^0^;
 

※8月11日(金)~13日(日)はお盆休みとなります!!

 
 
 
 
 
 
 

TANTO時計台通店で夏の限定メニューを味わってみた

P1100936 P1100940

先日TANTO駅前通り店に初めて行き、時計台通り店も気になるなぁ~と思っていたら、タイミングよく、“TANTOの夏限定メニューを味わう会”にお声がけいただき、参加!

まずはシュワシュワ♪ ボトルがステキなスペインのCAVA

P1100949P1100942

ワインが進む、前菜盛り合わせ

P1100944P1100943

見た目以上に美味しくて先日も喜んだチャームが今回も出てきました^^

 

P1100946

こちらが期間限定メニューのローストビーフのカルパッチョ

カルパッチョというのには厚すぎるローストビーフ!

でも、柔らかいっ!!

 

P1100948

同じく、限定メニューの“TANTOステーキ” そして、ガーリックライス

予想以上の食べ応えっプリに、ちょっと驚く

P1100954

 

P1100955 P1100957

脱皮したてのエビということでかなり柔らかい!

 

P1100960 P1100965

こちらは定番メニューから、マッシュルーム豚巻きと、プチトマト豚巻き^^

P1100962

まさに夏の限定メニュー、“スパイシーカレーピッツア”

見るからにスパイシーそうなので、赤をオーダー

P1100964

グラスワインメニューもなかなかの品揃えで、スパイスに合いそうなの3種バラバラでオーダーして飲み比べ

スパイスには少し甘めのワインが合います^^

 

P1100967

〆はカタラーナ

 

宴の後。。。

P1100969

TANTOに来るのがお初の方が多かったのですが、皆さんかなりご満悦だった模様^^

何かと使えるTANTOでした^0^

 

 

7月26日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~RESTAURANT obtenir K

7月26日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”で紹介したのは、先日こちらで一度ご紹介した、RESTAURANT obtenir K (オプトゥニール ケイ)

週末のみランチを始めたとのことで、改めて取材させていただきました^^

P1100334

エレベーターを降りると黒い布のような壁があり、良~く見ると店名が、かなり小さめに刺繍されています。

実は前回伺った時も撮影したのですが、ブレブレで使えなかったので改めて。とはいっても、かなり見えにくいですね^^;

P1100327

入ってすぐ、オープンキッチンのカウンター席

P1100325

そしてその向かいと奥にテーブル席があります。

P1100315

この店内の一番奥の席は、仕切りがあって個室になるのですが、個室になってもシェフの動きが見える造りになっていて、個人的に素敵な造りだなぁって、ときめいてしまいました^^

P1100320

壁のように備え付けられている、ワインセラーのなかもちょっと覗かせてもらいました^^

P1100338

前回来た時、私好みだなぁと思ったけど、改めて眺めてみたらホントに好みでした(笑)

と、ワインが豊富なのは一目瞭然ですが、実は日本酒や焼酎なども扱っているそうですよ!そして、グラスワインも豊富とのことで、お一人様でも利用できるフレンチなのです^^

『前菜だけで飲みたいという方も大歓迎なんですよ』と、藤谷シェフ。

店構えがかなりクラシカルで重厚な雰囲気だから、コースでしっかり系なのかと思いきや、飲兵衛に嬉しいお言葉!!

ということで、おひとり様に人気のカウンター席は、まさに目の前で藤谷シェフの仕事ぶりを堪能することが出来るんです!

P1100348

カウンターは5席しかないので、絶対カウンターがイイ!という方は、要事前予約です!

 

と、今回作っていただいたのは、ディナーはもちろん、ランチのおまかせコース(4000円)でも味わえる、“上ノ国町天の川で取れた、天然鮎のフリット”

P1100351

まずこのお皿の色に目を奪われてしまったのですが、こちら、有田焼のオーダー品だそうで、魚介料理を提供する際に使用するべく、“海”をイメージして作っていただいたそうです。

まさに“海”です!!

江差町出身で、ご実家が漁業を営んでいるということで、幼少のころから魚が身近な食材だったことも、この感性に影響を与えているかもですね^^

P1100356

あまりに美しいので、いろんな角度で撮影してしまいました^0^;

それにしても、お高そうなお皿です^^

『非日常を楽しんでもらうのがレストランという空間だと思うのです』とおっしゃってましたが、まさにそうなんです!

料理が美味しくても、使っているお皿やグラスが日常だと、ちょっとだけガッカリしてしまうのです。。

 

そしてこちらは、白老阿部牛ビーフカレー

20403682_138481243409106_499741008_n

白老阿部牛の頬肉をスパイスと野菜、赤ワインで2日マリネし、 その後、焼き色を付けて赤ワインと自家製デミグラスで約8時間煮込むそうです!そしてソースはこの煮汁を煮詰め、カレー粉と色々なスパイスで仕上げた1皿!!絶対自分では作れないカレーです><

昼も夜も藤谷シェフ自身が美味しいと思う食材を、丁寧に料理した1皿が楽しめる上質な空間。

上質だけど、どこかホッと出来る空気感がまた、お店の魅力なんだなぁと思いました^^

 そうそう、個人的にホッとしたスポットがあります!
P1100344 P1100326
この、カウンターの上の棚にある、芸術的な黒い物体は何だろう。。。と、気になって聞いてみたところ。。。なんと、達磨でした!!!お客様から開店祝いにいただいたそうなんですが、黒い達磨を送るその方のセンスも素晴らしいし、いつでも見守っていてもらいたいと、この場所に何の違和感もなく設置したことにも感心したのでした^^

 

 

 

 

オイシイ低糖質&グルテンフリーデリカテッセン~Cloud Kitchen

駅前通り沿いにある、“イビススタイルズ札幌”の1階奥に、6月30日(金)にグランドオープンした、Cloud Kitchen

P1090653 P1090877

以前は花カフェだったところです。

そのころからホテル名も変わっていたのですね~

普段はあまり通らない場所なので、全然知りませんでした^^;

以前に比べるとものすごくシックな雰囲気に

P1090878

こちら、手前がテイクアウト&イートイン利用が可能なデリカテッセン

奥は“Bar&Lounge OZ coexist Nakajimapark

P1090852

CloudKitchenは11:00~翌2:00(不定休)まで、そしてBar&Lounge OZ coexist Nakajimaparkは、18:00~同じく翌2:00(火休)まで営業しているそうです

P1090638

低糖質やグルテンフリーは最近よく耳にするキーワードですが、その手の食べ物ってどこか物足りなくて、必要に迫られていない分、そんなに意識していなかったのですが、今回色々食べてみてビックリしたのが、言われなければ普通に(というか普通以上に)オイシイお総菜ばかりなんです!

P1090642

ショーケースに並んでいるお料理は、どれも彩りも豊かで食欲をそそります^^

P1090640 P1090641

正直、どれも食べてみたくて選べない^0^;

P1090644P1090643P1090651

 

ということで、3人でお邪魔したこの日は、お任せで盛っていただきました^^

P1090868

野菜が多いのはもちろん、肉料理も豊富で、味付けも思っていた以上にしっかり目。

辛い系もあります!

のん兵衛としては最高のおつまみばかり^^

P1090866 P1090861

欧米でで流行っているという、“クラウドブレッド”も、もちろんグルテンフリー

軽い食感で、味の邪魔をしないので、好きな総菜をのせて食べたりすると、すごく食べた感があるんです^^

P1090858 P1090871

CloudKitchenのドリンクはノンアルコール飲料のみですが、Bar&Lounge OZ coexist Nakajimaparkでアルコールをオーダーすることも可能^^

当然のごとく、飲みます(笑)

北海道にしては蒸し蒸しな夜だったこの日、“マジコール”で冷やしたシャルドネに超が付くほど感動!!

というのも、最初はこんなに冷えていたらワインの味が分からないんじゃ・・・と思って飲んだら、適温時に感じる味わいがちゃんとあるんです!!

でも、温度は冷え冷えのマイナス8度

“マジコール”で冷やすからこその味だそうで、だけどすべてのワインがそれで美味しくなるわけでもないようで、その辺りは色々試して、提供してくださっているようです^^

P1090874

そんなわけで、白はあっという間に空きまして、赤ワインまでいただいてしまいました^^

スタート時間が遅かったので深夜の食事となってしまったのですが、低糖質&グルテンフリーとわかっているから、気持ち的に後ろめたさがなくて、より楽しめたわけです♪

 

CloudKitchenのオーナー牧さんは、自らも低糖質&グルテンフリーの生活で体質改善したことがあり、『ススキノで働いている人たちの食事って、どうしても栄養バランスが偏りがちだったりするので、CloudKitchenのお総菜で健康管理のお手伝いが出来たら・・・』と、おっしゃってました^^

個人的には、2号店・3号店が札幌駅方面にもできてくれたら・・・と願っているところです^^

 

〆に試作品のスイーツをいただきました

P1090880

甘いものも大好きなワタシとしても、大満足な〆スイーツとなりました♪♪

 

 

pageTop