札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ワイン』カテゴリーの投稿一覧

12月13日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~Meat Stamp KENT,S

12月13日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、11月16日(木)にオープンした、Meat Stamp KENT,S です

P1150615

こちらの場所、以前一度ブログで紹介しておりますが、トワ エ モアというお店でした。

とても良いお店だっただけに、その後どんな雰囲気になったのかって、結構気になりますよね

P1150578

赤いチェアーは健在!

そして全体的にスッキリした感が!!

P1150610

以前の雰囲気を生かしつつ、とても居心地の良い空間になっていて、個人的に嬉しい気持ちになりました^^

P1150579

黒板メニューを見ますと、バラエティに富んだおつまみが記載されておりますが、店名からして、ウリは“肉”ということで、まずはイチ押しのメニューを用意してもらいました^^

 

P1150588

ケントスサラダ~厚切り自家製ベーコン 1580円

メニュー名を見るとサラダなんですが、思いっきりベーコンを楽しむ1皿です!ワタシ的にはちょっとパンチあるかも・・・と、まずは焼き立てのベーコンを頂いてみることに。

カトラリーがラギオールなので、すごく切れ味が良くて嬉しくなる^^

おっ!!かなり厚切りのベーコンなのに全然重くない!!そして塩加減が優しい!!

彩りも美しい野菜たちとのバランスもすごくイイッ

と、脂っこいお肉がだんだん食べられなくなっている年頃のワタシでもハマる味わいに、素直にビックリ

P1150616 P1150603

そしてもう一品のオススメ・しっとり鶏ハム700円

鶏ハムが美味しいのはもちろんなんですが、ニンジンのラぺが絶品!

もともとお肉はダイスキだけど、添えられているちょっとしたサイドディッシュが美味しいと、より満足度が高くなりますよね^^

と、お店に入って壁面を見た時からずっと気になっていたのですが、盛られている木皿がなんともフォトジェニック!!

実はこちら、オーナーの山口賢人さんの手作りだそうです!!

と、山口さんはこちらのお店には基本おりません。

タヌキスクエアに9月にオープンした、“Tanuki Grillee KENT,S”にいらっしゃいます。

Meat Stamp KENT,Sで腕を振るっているのは、店長・井川直人さん。

お二人は同級生とのことで、必然と言ってもいいような再会を果たし、こちらのお店が誕生することになったそうですよ!!

取材をしてそのお店の誕生秘話などを聞くと、いつもタイミングなんだなぁって思うのです^^

そしてもう一つ驚いたのは、井川さんがフルールド オリーブで4年ほどお世話になっていたということ!

なので、この時もいらっしゃったそうです~

なるほど!だから全体的に優しい味なんだなぁって、納得したのでした^^

 

P1150596

こちらは人数に合わせてボリュームを選べる、骨付き子羊の優しい火入れ 1580円~

ふと、どうしてお肉に特化することになったのですか?と聞いてみたら、“お肉が大好きだからです”と即答(笑)

好きなモノだからこそ、扱いも上手!そんな気がしました^^

 

P1150620

井川さんは甘い物もお好きだそうで、こんなものまで作っていました!

その名も〆パフェならぬ、“升パフェ”

手に取ると、どっしり重く、2,3人前はあるそうです!!

この時は試作段階とのことでしたが、Meat Stamp KENT,SのFacebookページを拝見すると、無事に本採用されたようですね^^

ワタシは上の酒かすアイスをいただいてみましたが、酒好きにはたまらないアイスクリームでした♪

ほかに、日本酒シャーベットやトマトシャーベットなども300円で提供しているようですよ^^

 

P1150581P1150580

まだオープンして1ヶ月に満たないお店なのでドリンク含め、メニューはどんどん進化するかもしれませんが、居心地の良さは既に根付いている感を受けました^^

P1150582

ちなみにノーチャージで深夜2:00(ラストオーダーは翌1:00)まで営業中なので、タクシー難民になったときも、フラリと立ち寄れてしまうお店です♪

年内は無休、1月1日のみお休みとのことで、年越し肉祭も可能とのことでした(笑)

 

 

 

オペラとバーボンに酔いしれた小樽の夜~Whisky Live 2017 The AMERICA

日曜日の夜、オーセントホテル小樽11Fレストラン「カサブランカ」で行われた、Whisky Live 2017 The AMERICA

P1150511

洋食調理長の金木氏が、今宵のお料理のコンセプトを説明

Whisky Live 2017 The AMERICAというように、メインは“バーボン”

P1150516

ウェルカムスパークリングワインで乾杯した後は、クラフトバーボン・メーカーズマークのハイボールをいただきました

P1150524 P1150525

オレンジの香りに誘われて、いつも以上にゴクゴク飲んでしまいました^0^;

早速お料理コーナーもチェック !

P1150519

眺めているだけで元気になれそうな、フルーツカクテル♪

P1150520

ウィスキーを意識しているお料理が多くて嬉しくなります^^

P1150521

ミニサイズだと、つい手が伸びてしまいます^^  それにしてもカワイイ♪

P1150522

 

オーセントホテル小樽は、2階のキャプテンズバーと、1階のベーカリーオンディーヌは利用したことがあったけど、今回の会場であるカサブランカはお初

ビュッフェ形式のお料理でも、全部が期待以上の美味しさで、ハイボールも飲まさりました^0^

P1150527

そんなわけで、メーカーズマーク以外のウィスキーもハイボールでいただく♪

バーで飲んだら1杯いくらだろう・・・って、つい考えちゃう^^;

個人的にはカネマラのほんのりスモーキーな味わいにハマりました^^

P1150534

ウィスキー以外にも、アメリカワインがずらり

そして18:30からは、歌劇弾による、オペラがスタート♪

P1150533

オペラと聞いて、普段それほどなじみがあるモノじゃないしなぁと、若干構えて伺ったのですが、ゴリゴリのオペラな曲ばかりではなく、ジャズとクラシックをミックスしたようなオペラとか、今回のテーマに合わせてアメリカ映画の聴きなじみのある曲などが中心だったので、あっという間に歌劇弾の世界に引き込まれてしまいました^0^

P1150539

休憩をはさんでセカンドステージは、一足早いクリスマスを思わせる衣装で登場一段と華やかなステージに♪

それにしてもこんなに間近で、しかも大好きなアルコールを飲みつつ聴けるなんて、なんと贅沢なイベント!

P1150542

途中ででしゃっくりまで入る、酔っ払いの歌

ちなみに彼は、一滴も飲めないようです(笑)

 

P1150548

クリスマスソングもあったり、最後は会場のお客様と乾杯しながら歌うシーンがあったりと、本当にLIVE感溢れるイベントでした!!

これからちょっとハードスケジュールになりそうな自分への前倒しのご褒美的な夜となりました^^

 

P1150546P1150517

それにしてもメーカーズマークの小物は、いちいちお洒落です!

今回、初めて知ったのですが、赤い封蝋って手作業で付けていたんですね!!だから、世界に一つと同じ形はないそうですよ~

まさに、“クラフトバーボン”

 

ひこま豚食堂が大通に誕生!夜の酒場メニューが飲まさって大変っ

昨年、こちらで紹介した【ひこま豚食堂】が、11月6日(月)に2号店がオープンすることになり、先日試食会へ行ってきました^^

場所は中央区南2西3、ティアラドゥB1になります。

P1140960P1140962

入口には見覚えのあるイラストが・・・

P1150009

入ってすぐのところに個室、奥にはカウンター席があります。

P1150011 P1150014

 

P1140969

お通し(300円)が、食べ応えのあるハムが3枚も♪これでジョッキ1杯空けられます^0^

 

P1140966

ベーコンと韓国海苔のチョレギサラダ

この韓国海苔が美味しいと盛り上がる昭和女子3名

 

P1140976

カレーなレバカツは、クミンがいい塩梅で効いていて、アルコールのアテにピッタリ!!

レバーの臭みも全くないので、普段は苦手であまり食べないという方も、一度試してもらいたいかも!

 

P1140978

前菜いろいろ盛り合わせ

大丸の催事で気になっていたどさんこカルパスも入っていました!!

 

P1140972

ガツの酢モツ 飲まさり過ぎるヤツ・・・

スペシャルピリ辛モツ煮込み またまた飲まさり過ぎるヤツ・・・

P1140974 P1140985

小林酒造のまる田があったので、思わずオーダー

そして、ワインもグラス&ボトル、どちらもあります。ハウスワインがちゃんと美味しくて、ついお替り・・・^^;

P1140979P1140981

ひこま豚食堂の看板メニュー、メンチカツがこんなにお洒落な1皿で登場♪ 女子を意識した一品

P1140988P1140990

美しが丘の食堂で人気のカットステーキもあります^^

 

P1140996

こんなに食べてもものすごく美味しかったザンギ 豚肩肉を使用していて、脂っこくないので冷めても美味しく頂けて、つまみとしてバッチリなザンギ♪

 

P1140991P1140994

写真で大きさが伝わるか不安ですが、普通のコロッケの2倍はありそうな、でっかい南瓜コロッケ

森町みよい農園の南瓜を使用しているのですが、これがまた超が付くほど甘い南瓜!!

そして思いのほかひき肉もったっぷり入っていて、肉々しいのです^^

 

P1140997

豚タンシチュー デミグラスソースを一滴も残したくない!! 豚タンもゴロッと入っています^^

他にも気になる単品メニュー(飲まさるメニュー)がたくさんありすぎっ!!

23231718_1612949588768591_171332385_n

 

P1150001P1150005

もちろん、ひこま豚のしゃぶしゃぶも楽しめます^^

それにしても食べたなぁ~^0^;

ひこま豚はくどくないから食べ疲れしないんです!!

23283546_1612949555435261_1835336535_n

ランチはもちろん、テイクアウトもあるので近隣で働く方の御用達的なお店になりそう^^

 

 

 

P1150017

トイレの暖簾が何気にカワイイ♪

 

 

市内唯一の回転レストランを堪能した、“夜景が煌めくプレシャスディナー” Byスカイレストラン ロンド

topics_170825

日本新三大夜景都市に認定されて2年目を迎える札幌市が、12月31日(日)まで開催中の、【SAPPOROごちそう夜景

そのキャンペーンの一環で、11月30日(木)まで、札幌市内9ヶ所のホテルで開催されているのが、【夜景がきらめくプレシャスディナー

先日、そのホテルの中のひとつ、センチュリーロイヤルホテル23階にある、スカイレストランロンドの“アニバーサリーロイヤルペアディナー” を堪能してきました!

 

取材でランチタイムに訪れることは時々ありますが、ディナータイムは超がつくほど久し振り!!

P1140379P1140370

やっぱり、夜景が見えるといつも以上にワクワクしちゃいます!
※素人の撮影技術だと、手持ちでは夜景がちゃんと撮れないのですが、こういう幻想的な写真、案外好きなんです^0^;

今回のディナーの特典の一つである、スパークリングワイン(ハーフボトル)を、やけに色っぽいワイングラスに注いでもらうと、完璧に“女子”に若返った気分です(笑)

ただし、今回ご一緒したのは女子なんですけどね^^;

『こういうシチュエーションに、キラッキラときめいていた時代に戻りたいよねぇ~』と、会話はすっかり40代後半・・・

 

と、盛り上がっていたところに最初の1皿が。。。

P1140382 P1140383

【液体窒素で仕上げたアミューズ(ユリネのピューレ、キャビア、南瓜のスープ)】

液体窒素をかけて少しすると、表面が少し固まった状態に

液体窒素をかけず、このまま食べても美味しいとは思いますが、こういう演出が、夜景ディナーのムードをさら盛り上げてくれるんですよね^^

P1140386

少量でも一つ一つの味がしっかり楽しめるので、食べた感がしっかり楽しめます^^

P1140391

【本日野菜のプティスープ 黒トリュフの香り】

本日はメークイン。こちらもアミューズ同様、濃厚!! 目を閉じて体に染みわたるのをじっくり堪能しましたっ

 

P1140394

【平目と海の幸のロンド風 雲丹 イクラ サラダ添え 夜のノルベサ見立て】

偶然だとは思うのですが運ばれてきたときに、ちょうど窓の外にノルベサの観覧車が見えてきました!!

P1140410

これには、かなりテンション上がりました!!

でもって、バシバシ写真を撮るも、わたしのカメラでは限界が・・・^0^;

お料理の方はと言いますと、ヒラメの中に毛ガニ・ホタテ・海老と、かなりふんだんに海の幸が隠れています^^

観覧車に見立てた、紅しぐれ大根の上のいくらとウニの存在感が素晴らしかった・・・><

 

P1140413

【北海道産豚のパテ・ド・カンパーニュと黒トリュフ入りユリネのピューレ 札幌テレビ塔の夜景仕立て】

わ~!!コーンがテレビ塔になってる!!

そしてまたまたいい感じで、窓の外にはテレビ塔が♪

P1140412

※またまたブレブレですみません^^;

P1140418

思わず、窓際に置いて撮影していまいました^0^;

撮影が終わりましてさっそくいただいたのですが、このコーンと黒トリュフ入りのユリネのピューレの相性が抜群に良いのです!なんでもこちらのコーン、愛すようではありますがオニオン味なんだそうです!!

パテドカンパーニュはもちろん美味しかったのですが、このコーンに結構ハマってしまいました!

P1140408P1140406

そして今回、パンとともに運ばれてきた、バターとヨーグルト

このヨーグルトがすごく濃厚で、パンに塗って味わうのにぴったりな味わいだったので、どこのものか尋ねたところ、鹿追町“カントリリ―ファーム風景”のヨーグルトでした^^

美味しくて景色にも癒されて、会話も大いにはずみます

そしてさらに夜景ディナーを盛り上げる演出が!

P1140434

【本日鮮魚のポワレ鬼手長海老とパーナ貝 蛤 のパピヨット】

昭和生まれの私たちは、この電飾にテンション上がりまくり(笑)

P1140433

上から見ると、こんな感じで紙包み蒸しのようになっています。

留め金のモールがハート型♪

今宵の鮮魚は鯛。どの魚貝もかなり食べ応えがあって、さらにスープがたまらなく美味しい・・・お腹はいっぱいだけどパンを浸して食べないわけにはいきません!

 

P1140446

【北海道産牛ホホ肉のシチューとフォワグラのベニエ 焼きナスのピューレ 夜景をイメージして】

見るからに食べ応えのありそうな、それでいてファンタジーな一皿!!

P1140448

一つ一つよく見ると、星だったりハートだったりと、本当に手が込んでいます^^

間違いなく自分ではやらない演出に、シアワセを感じます

それにしても本当にボリューミーでして、牛ホホ肉が3つにフォアグラ・・・のん兵衛の胃袋には収まりきらない・・・

 

ココでハッ!と気が付きました・・・

カップルで来ると、『私は食べられないから食べてっ』と、彼に食べてもらうのか!!

また、しばし遠い目・・・

 

話しを本題に戻しまして、最後の一皿です!

P1140453

【2種のムース「藻岩夜景仕立て」 きらきらジュレとフルーツ】

本当にキラキラ!!

そして、まさに“デザートは別腹!”モードに(笑)

P1140457

こちらもとにかく芸が細かくて、ロープウェイに見立てたチョコレートとか、月には星がちりばめていたり。。。

メロンのジュレと森の周りにあるフルーツは、濃厚なチョコレートムースとのバランスが抜群でした^^

P1140454

そしてオーガニックコーヒーと小菓子も付いてきます^^

 

ふと気が付くと、3時間超え

ランチでは回り切れないで終わってしまうのですが、札幌の夜景をぐるり360度、堪能することが出来ました^^

今回の特典である、プライベートシート(カップルシートはさすがに女性同士だと照れる・笑)は、周りはまったく気にならないけど、適度に開放感があって、すごく心地良く会話が出来るんですよね^^

すっかりフルコースが完食出来なくなってきた今日この頃ですが、フルコース料理は会話を楽しむものなんだと、改めて実感できた夜でした^^

 

夜景がきらめくプレシャスディナーは、札幌市内9ホテルで、11月30日(木)まで開催中★

 

※ちなみに取材にご一緒した、フォトライター・市之宮さんのブログは、夜景もキレイにアップされています^^

 

 

10月18日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~TRATTORIA DA OKUMURA

10月18日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、8月にオープンした【TRATTORIA DA OKUMURA

P1130483P1130487

個性的な飲食店が並ぶ、乙井ビル飲食店街の一番奥にあります。

P1130474

ドアを開けて左側に、オーナーシェフ奥村さんの調理風景を眺めながら飲食できるカウンター席、そして右側にはテーブル席

P1130480

「お客様との距離感が近いお店にしたかった」とのことで、全16席のこじんまりしたお店をご夫婦で切り盛りしている、アットホームなイタリアン。女性のお一人様も多いそうです^^

 

奥村さんは、イタリアで修行(一番長かったのはトスカーナ)していたこともあり、お客様にお出しする料理は“ちゃんとイタリアにある料理”を提供することがモットー

イタリアといっても場所や気候によって、さまざまな料理があります。なので、その日入荷した食材をみてひらめいた料理を、気候などに合わせてメニューに落とし込むそうです。

「だから当店には、定番メニューというのがあまりないんです。」と、奥村さんはおっしゃっていましたが、逆にいつ行ってもちゃんと美味しいイタリア料理が食べられるという安心感があるなぁと思いました^^

この日は撮影用にボンゴレビアンコ(1200円)を作っていただきました。※以下、すべて外税

P1130494

写真でも分かるくらい、モッチリした麺!

「僕が太めのパスタが好きなんです」と奥村さん。

ちなみにパスタは常時10種類程度はオンリストされているそうです。これからは手打ちの自家製麵なども提供する予定とのことで、ますます楽しみ!

撮影後にしっかり食させていただいたのですが、これがまた、のん兵衛のハートをくすぐる味付け!!

P1130498P1130497

「うちのハウスワインはちゃんと美味しいので、ぜひ味見していって下さい」

地下鉄で来てよかった~~~!!と、遠慮なくいただきました^^

ハウスワインは安いけど味は微妙・・・という印象がありましたが、奥村さんの言う通り、ホントにちゃんと美味しい!

ちなみにグラス500円。デキャンタは250㏄/1000円、500㏄/2000円、1000㏄/3000円とのこと。デキャンタで飲むとなんだか地元民が足繁く通うイタリアの食堂みたいな雰囲気で、すごくテンションが上がっちゃいます^^

残念ながらイタリアには、行ったことはないんですけどね^^;

ほか、ボトルワインは3500円~ありまして、100%イタリアワインとのこと。

ワインも季節の料理に合わせて揃えているそうです。(画像には一部、開店祝いにお客様から頂いたワインがあります)

P1130479

ちなみに日替わりのカルトメニューは800円~2500円。1皿は2名で食べてちょうど良いボリュームで、お一人様の場合はハーフサイズも応対可能だそうです。

また、当日でもOKな、おまかせコースは4500円~、のん兵衛的に嬉しい前菜コースは2500円、そして前菜盛り合わせは1500円とのこと。

16:00から営業しているので、0次会にも使えるお店♪

今のところ、定休日は設けていなく、日曜日も営業しているそうです。

 

P1130490

カウンターに飾られていた、イタリアの名所のフィギア

お店をオープンする前に、奥様とイタリアへ行ってきたときにゲットしたそうです。

「妻は初めてのイタリアだったので、王道の観光地を回ったのですが、僕も働いていたころは逆に行くことがあまりなかったので、新鮮でした」

なんだかいいお話しが聞けました^^

 

 

 

pageTop