札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『発見』カテゴリーの投稿一覧

La Fête des Vignerons à YOICHI 2022~ラ・フェトデ・ヴィニュロン・ア・余市 の記録

P1000798

9月4日(日)、3年ぶりに開催された【La Fête des Vignerons à YOICHI 2022~ラ・フェトデ・ヴィニュロン・ア・余市】

詳細レポートはSitakkeでアップさせていただきましたが、載せきれなかった画像も含めて、今回飲んだワインを備忘録的にアップ!

 

●1ブース目 ドメーヌユイで3杯

ワイン1

ワイン2

ワイン3

 

●2ブース目 ル・レーヴ・ワイナリーで1杯

ワイン4

 

●3ブース目 リタファーム&ワイナリーで2杯

ワイン5

ワイン6

 

●4ブース目 山田堂管理農園で3杯

ワイン7

ワイン8

 

ワイン9

 

●5ブース目 MARUMEGANEで2杯

ワイン10

ワイン11

 

●6ブース目 ドメーヌ・ICHIで2杯

ワイン12

ワイン13

 

●7ブース目 ドメーヌ タカヒコで2杯 

ワイン14

ワイン15

 

●8ブース目 ドメーヌ アツシ スズキで1杯

ワイン16

 

●9ブース目 Misono Vineyardで1杯

ワイン17

 

●10ブース目 Cave d’Eclatで1杯 

ワイン18

 

●11ブース目 木村農園で1杯

ワイン19

 

●12ブース目 ドメーヌ モン&長谷川ヴィンヤード で1杯(ピンぼけ・・・)

ワイン20

 

●13ブース目 藤澤農園で3杯

ワイン21

ワイン22

 

ワイン23

 

●14ブース目 ランセッカ/ソウマファームヴィンヤードで2杯

ワイン24 

ワイン25

 

●15ブース目 中井観光農園で1杯

ワイン26

 

 

●16ブース目 ル・レーヴ・ワイナリーに戻って1杯

ワイン27

あれ?ずっと26杯だと思っていたけど、27杯だったかも(笑)

 

P1000994

“幸”という文字を眺めながら、幸せな気持ちで締めくくりました(≧▽≦)

 

ウニと海だけじゃなかった【積丹課外授業】の思い出~SHAKOTAN海森計画

345809

少し前の話しになりますが、夏休み期間中に小6男子の息子と一緒に参加した、【第2回ウニの学校】に参加した時のことを綴ります♪

P1890172

早朝に自宅を出て、自家用車で積丹町にある『B&C海洋センター』へ

そこで受付を済ませた後、歩いてすぐの場所にある“美国川”へ向かいます

朝から夏の日差しがジリジリと降り注ぐ青天で、川面がキラキラして、その景色を眺めるだけですでに癒される^^

P1890169

ここで最初の体験プログラムである、“川遊び”が始まりました

川の中には色んな水生昆虫が生息しているので、みんなでそれを見つけようという企画です

その前に、川遊びの約束事を確認

夏になると必ず悲しい水難事故がありますが、こうしてしっかりと危険性を伝えることも大切ですよね。特に都会に住んでいると、自然と戯れること自体が少ないので、私自身も勉強になります・・・

P1890173

どんな水生昆虫が生息しているのかも教えてもらった後、早速スタート!

最初は川に入るのも恐る恐るでしたが、いざ入るとかなり気持ち良かったようで、あっという間に水生昆虫を探すモードに

P1890175

お借りした水中眼鏡と網を持って、石の影を探索

ちなみに石をひっくり返すと、たいてい小さな水生昆虫がいます

最初は息子が探している様子を撮影したり、眺めていただけだったのですが、その場にいると探したくなるものなのですね・・・気が付けば石をひっくり返して、誰よりも真剣に探していました(笑)

虫はどちらかと言うと苦手です・・・が、なぜか水生昆虫は触れるのです(笑)

P1890179

水生昆虫だけでなく、こんな小さな魚にも出会えましたよ!

こちらは“かじか”の幼魚

それにしても夢中になると時間が経つのが早い!

あっという間に終了予定時刻が来てしまい、その場にいた全員が名残惜しそうに美国川を後にしました・・・

ちなみに積丹町には他に、積丹川・余別川などもあるのですが、こちらは保護水面となっているので、足を踏み入れることはできないそうで、美国川だけが唯一入っても大丈夫な川なのだそうです

そういう知識もこの年にして初めて知る・・・^^;

 

P1890185

川遊びを終えて向かったのは、【岬の湯しゃこたん

018dd587aa0dbd2359f63043197d511cc39b9e0f42

以前は団体客用だった部屋の前のこちらのスペースを、今回のベースキャンプ地として利用したのですが、ここでお昼ごはんタイム

※実は途中からデジカメの調子が悪くなり、色々慌てて撮ったりしていたら、ブレた画像しかなかった・・・( ;∀;)

P1890190

事前に準備して下さっていたカレーを自分でよそって頂きました^^

こういう課外活動とかで食べるカレーって、いつもの10倍は美味しく感じますよね~

息子は調子に乗って大盛りをお替りして、流石に2杯目はギブアップしてワタシが少し食べるの手伝いました^^;

お腹が満たされたところで、次は森遊びタイム♪

P1890193

岬の湯しゃこたんから車で札幌方面に少し戻って、山道を上がった場所にある“たんたん山”

積丹グリーンという任意団体が管理している約21hの森で、森田さんと運野さんが“先生”として、森のことを教えてくれました^^

P1890203

まずはこの辺りに映えている木々の種類を教わりました

パッと見で分かるのは白樺と桜、松くらいかな?^^;

P1890209

言われればそうだった!と思うのですが、すぐには名称が出てこない・・・

そしたらこんな素晴らしいキッドが!!

形は本物の葉と同じとのことで、これは北海道の小学校全部に置いておいたらいいと思う!!

P1890204

そして、木によって重さが違う事や、アイスの棒は何の気で作られているかとか、この巨大は実は何でしょうか?なんて、子どもより大人の方が身を乗り出して聞いてしまうことをたくさん教えていただきました^^

P1890200

広場から少し降りたところには、小さな川があります

実は“たんたん山”というのは、水が流れる場所と言う意味のたんたん、積丹の“たん”などから名付けたそうですよ

この辺りの川も保護水面ですので、足を踏み入れては行けません

近くで眺めるだけ

P1890201

と言われて、ギリギリまで来てとどまる息子

それにしても癒される空間!!確実にマイナスイオン効果ですね^^

でも、この辺りは熊だって生息していますので、人間の存在を知らせるべく、音を鳴らすための缶が吊るされていたりするのです

P1890195

熊の足跡ではないですが、エゾシカの足跡を発見!

探索の間、子どもたちの表情がワクワクしっぱなしでした^^

P1890210

さらに目をキラキラさせて夢中になっていたのが、スラックラインとブランコ

P1890214

自宅にいると公園にも行かず、ゲームばかりしている息子も、親が思っていた以上に楽しんでいました

積丹グリーンさんのブログを見ると、スラックラインは急きょ準備したとのことでしたが、大成功でしたね^^

P1890216

森に癒されたあとは、今回のテーマでもあります、“学び”の時間です!

模造紙を広げて、皮で麻奈bbだこと・森で学んだことを書いていきます

飾りつけ用の小枝や葉っぱも準備されていて、これがまた、子どもも親も予想以上に夢中になる時間!

実は最近の小学校は自由研究を提出する義務がないので、今日作ったものはお披露目できない・・・というオチがついてはしまったのですが、思い出としてはしっかり焼き付き、かなりの学びにもなったので、結果オーライ♪

 

P1890218

学びが終わったら、次は晩ご飯タイム♪

すでに炭が準備され、野菜やお肉がジュージュー焼けていきます

P1890230

ワタシのお楽しみはもっぱらこちら!

敷地のお隣の積丹スピリットさんで造られている、ジン♪

いつかこの場所で飲みたい!と思っていた夢がかなった瞬間です^^

P1890237

気が付けばあたりは真っ暗

焚き火を囲んで、子どもたちは焼きマシュマロを

そして大人は飲む(笑)

P1890243

朝も炭をおこしてくれまして、ホットサンドで朝ごパン♪

P1890249

朝ごはんを食べる羊たちを眺めながら味わうなんて、実に清々しいモーニング^^

片付けが終わった後は、帰る前にもうひと学び!

P1890262

美国の方にある、“海森スタジオ”で、ウニ博士からウニについて学びます!

013ca0f6dbaa5ea6c45e9670eb9b38888c92e8b09d

積丹町のウニのこと、そしてウニが生育するのに大切なことはなどを学び、最後に検定試験がスタート

01158789a71f8807101451f05588ca698ff9efd534

見事、ウニ博士に認定されました!!

ウニが育つためにはキレイな海が必要

だから、海の源となる山と川も美しくなければなりません

2日間で海・川・山のことをすべて勉強できました^^

01c8f1a40008801a82358b964456e64ed3c9fcaa43

それからウニの殻で“ウニランタン”も作りました

016ae77615bbc3565ddd78dd70df810cc4835f9f27

ホントは子どもたちだけの予定だったのが、大人も作りたいということで、急きょ全員参加

最後まで、子ども以上に親が楽しんでいたかも(笑)

ここで無事に終了し、最後に海森スタジオの向かいにある、“ヤマシメ番屋”に立ち寄りました

0116f011b5c0b46c5162f6486296ba1045f809d007

01e4f9dbf71063bc878fa094190c32c5d46226fbff

明治時代の生活が分かる、レトロカフェ

01ff0582a6a24b7c8bfc6c20a6aee606adbecd093c

急に日差しが強くなり、喉がカラカラだったので積丹ブルーソーダをいただきました^^

014efa260a741a19ab1c15b0291646477690fc30be

実は夕日も積丹ブルーも見れなかったし、ウニも食べていないけど、そんなことは全く気にならないくらい心が満たされた2日間となりました^^

 

積丹町は、実は80%が山林

そしてウニのシーズンより、秋冬が長い

そんな積丹町の持続可能なことを見つけるべく、今後も様々な企画が予定されているんですよ!

ちなみに次は神威岬ナイトハイク&朝SUP

こちらは中学生以上が対象とのことですが、かなりレアなツアーかと思いますっ

 

 

 

01ea69c622f4b3b769c78201faedca3ddf1fbce633

帰り道は、積丹ブルーに負けないキレイな海を眺めることが出来ました^^

そして帰宅後・・・

01ce466c65b5aa99869b508716c7474a7bb8e6eb35

ウニランタンに、期待以上に癒されました~~~(≧▽≦)

オリジナル商品を作る想いとは~BAR Ignis@Unwind HOTEL SAPPORO

P1880971

ビールやワイン、日本酒など、お店のオリジナル商品を作ってもらうことは昔からあることですが、今回初めて飲んだ“BAR Ignis”のオリジナルジンは、そのお店のコンセプトそのもののような味わいがして、すごく心に残りました^^

01fcea9af79886883cc299244d881f6d73601028d5

BAR Ignisがあるのは、中島公園の近くにある【Unwind HOTEL SAPPORO

014b5044981c15b6e134c0484bf4f9c8834cb8b1cf

ホテルの最上階にあり、宿泊者以外でも利用できるBARです

01de50431999379870bdac0a2320cbb0e05fa2d0c2

屋上には焚き火を眺めながら楽しめるスペースも♪

014b6b816985f9fb385f1f4366fa7b2c1610a36814

初めてお邪魔したのですが、暮れていく空がすごくキレイですごく癒されました^^

P1880979

と、今日はこの場所で、積丹スピリットで蒸溜されたBAR Ignisのオリジナルジンを飲みながら、誕生秘話を聞く会でした^^

01ad47043dd0c90ab58094cbfb67337185ea2f3cbf

積丹スピリットについてはブログでも紹介済みですので、こちらも合わせてご覧ください^^

P1880974

まずはドリンクをオーダー

オリジナルカクテルも用意されていたのですが、味の違いを確認したくて、ストレートの飲み比べセットをセレクト

P1880976

セットは“BOUQUET” “KIBOU BLUE” そして“Ignis”

P1880978

やっぱり“炎”を見ながら飲むのって、気持ちイイ(≧▽≦)

と、ストレートでジンを飲むと速攻で酔っぱらってしまいそうだったので、最初の一口をストレートで味見した後はロックにしておきました^0^;

P1880982

こちらはご一緒した方がオーダーした、Ignisオリジナルジンを使ったカクテル“サウスサイドヒル”

レモンジュースやシトラスシロップ、そしてミントなどを使っているので、夏の午後にゴキュッ~!と飲むのにピッタリな味わい♪

そう、まさにこの屋上の開放感ある席で飲むのに相応しすぎるカクテル!!

と、肝心のオリジナルジンの味の説明をしていませんでしたね^^;

01f8641729df5f2eb7d567173a9f0a405b8ab3ec27

こちらが、BAR Ignisさんの味わいに対する依頼

木の質感や煙、ロッジでの温もりなどを表現したいという依頼に沿って、仕上げたそうです

この、コンセプトを聞く前に飲んだのですが、まさにその通りの味!!と思いました^^

というのも、ジン独特のツンとしたアルコール感以上に、まろやかなコクのある味わいがまさる感じで、個人的には好みだったりします^^

このコンセプトを味で表現できるってすごい!

017b48267f92316f6d22cdc3c74d3a4f2b7b21d92f

そもそもなぜBAR Ignisさんが、積丹スピリットさんにオリジナルカクテルの制作を依頼しることにしたかと言うと、Ignisはラテン語で“篝火、炎”という意味なんだそうです!

そう、偶然にも“炎”繫がりだったわけです!!

その話を聞いて、一人で興奮してしまいましたっ

偶然と言う名の必然、そしてだからこその仕上がり・・・

これはもう、飲まずにはいられなくなったでしょ?(笑)

ぜひお天気の良い日に、屋上で“炎”を眺めながら飲んでみてもらいたいと思います^^

 

01f1f052e79f26c45f5dbe0d32c506471ea6fdf589

ところで、積丹スピリットさんの圃場は、ワタシが足を運んだ時よりはるかに整備されてきているようです!

01fcd0b9e743778aa5278e66f40ca0f20bb39953e6

生アブサン!!

気になりすぎますっ

今回もオイシイ発見が盛りだくさん!!イオン神奈川・関東フェアは7月22日(金)~24日(日)の3日間♪

banner_w750 x h300

7月22日(金)から、一部店舗を除く、全道のイオン・イオンスーパーセンターで開催される【イオン神奈川・関東フェア

神奈川・関東、身近すぎて気になるモノもそこまでないんじゃないかと思っていた自分が恥ずかしくなるくらい、またまた発見の嵐でした^0^;

P1870752

まずは小田原と言えばの鈴廣さん=鈴廣かまぼこの人気商品、【鈴廣のあげかま】

P1870754

5種・5枚入りで、お買い求めしやすい価格なのが嬉しい!!

暑いし疲れてるし、晩ご飯の準備がちょっと面倒~って時にこのあげかまが冷蔵庫にあると、助かります(≧▽≦)

詳しいレポートはこちら

 

P1870620

もはやステーキ!なハム!!

鎌倉ハム富岡商会さんの【ステーキハム】

P1870628

ハムの歴史が鎌倉にあったとは、正直まったく知りませんでした^^;

こちらのレポートを読んでいただければ、誕生秘話を知ることが出来ますっ

 

重慶飯店2

中国にはない、中国菓子【番餅~バンピン】

商品を見た時は、絶対食べきれない自信があると思っていたのに、食べ始めたらペロリだったことに衝撃!!

重慶飯店1

一個食べたくなったら間違いなくもう一つ食べたくなるので、2個以上の購入をおススメします(≧▽≦)

重慶飯店さんの工場レポもあり→詳しくはこちら

 

宝製菓1

戦後からビスケット造り一筋!の宝製菓さんの【横濱バターサンド】

宝製菓2

横濱の風景をモチーフにした絵柄が19種類もあるのですが、個包装なので開けるまで何が出るかお楽しみっ♪

でもってこのサックリな食感とバターの風味、結構癖になっちゃいます(≧▽≦)

工場の取材が楽しすぎましたっ!レポートはこちら

 

P1870837

ご飯のお供はもちろん、お酒のアテにもなる味付け海苔

P1870439

こちらの海苔は、出川哲朗さんのご実家・つた金さんの商品で、その名も【元気のりのり 味付け海苔】

今回の取材で、哲朗さんのお兄さんの声に惚れてしまいました(≧▽≦)

詳しいレポートはこちら

 

P1880007

レンチンするだけで食べられる、味のちぬやさんの【よこすか海軍カレーコロッケ】

しっかりスパイシーで、食感のアクセントに“福神漬け”が入っているのがイイんです!!

P1870548

ちなみによこすか海軍カレーコロッケを持ってくれているのは、“スカレー”くん

横須賀のあちこちにいて、可愛かった~^^

詳しいレポートはこちら

 

P1870417

かぼちゃ好きなら一度は食べてみてもらいたい!まさに今が旬の【完熟特濃こふき】

P1880062

選ばれた農家さんが手間暇かけているだけあって、とにかく美味しい!!

そのご苦労は、こちらのレポートでご確認を♪

 

ご紹介した商品以外にも、魅力的な商品が色々揃っています^^

イオン神奈川・関東フェアは、7月22日(金)~24日(日)までの3日間限り!

お買い逃がしなく~

北海道の皆さんに、北海道のものをもっと届けたい~22%MARKET 6月22日(水)オープン!

P1870921

2022.6.22(水)10:00にグランドオープンする【22%MARKET

日本の国土の占める北海道の割合が「22%」と言うところから、この店名が付いたそうです

P1870929

チカホ大通駅側入口の、元ISHIYA CAFEだった場所です

昨日、メディア関係者に向けてお披露目会が行われたので、足を運んできました^^

P1870866

向かって左側が、カフェスペース【菓子と喫茶SHIROYA】

P1870887

“白”をテーマとしたカフェとのこと

P1870874

なのでウリは北海道のフロマージュブランを使用した、クレームダンジュ『フロマージュプレート SHIROYAのクレームダンジュ』

P1870884

賞味期限は10分とのことで、まさにここでしか食べられないスイーツ

自家製のいちごソースをお好みでかけて、急いで頂きます!

クレームダンジュの回りあるのは、サクサクのチーズグラノーラ

フワフワで、口の中に入れると一瞬で溶けてしまうようなクレームダンジュのアクセントになります^^

P1870877

そしてこちらが、『ダッチクラフティ【いちご&ダンジュ】』

P1870879

こちらにもウリのクレームダンジュがセットになっています

P1870885

アッツアツのフルーツクラフティ(フランスの伝統菓子)に、クレームダンジュをお好みでのせていただきます^^

もちろんこちらにも、自家製いちごソース付

どちらもフワフワ食感ですが、かなり食べた感があって満腹状態^0^;

あ、ひとりで二つ食べたわけではないですよ(笑)

P1870869

こちら、奥のテーブル席に座ってからの目線ですが、ココってこんなに天井高かったのですね~

以前のカフェの時には気が付きませんでした^^;

暫くは混雑しそうですが、市民の憩いの場所になることは、間違いなさそうです^^

 

P1870915

向かって右側は、ベイクショップ【Over the moon】

私、英語にめっぽう弱いので、月を超えるという直訳しか思いつかなかったのですが、“非常に幸せ”という意味があったのですね!

P1870916

北海道の素材を使用した、デニッシュ系のパンやケーキが並びます

P1870918

これは見ているだけでもワクワクしてしまう、映えるショーケースです♪

P1870939

今回、店名のOver the moonをイメージした“ムーンクリームデニッシュ”をお土産で頂いたのですが、これが見た目以上に爽やかな味わいで、結構なボリュームなのにペロリと食べてしまいました^0^;

P1870943

中がチーズクリームで、パッションフルーツの酸味も効いているし、何よりデニッシュがサクサクで、バター感が前面に出過ぎていないところが個人的にスキかもです!

これはクロワッサンも買ってみないと^^

 

P1870924

そして真ん中が、グロッサリーショップ

P1870891

北海道に縁のある食品やクラフト、そしてアルコールが並びます!

P1870890

 

 

P1870895

クラフトビール

P1870897

道産ワイン

P1870901

道産チーズ!!

P1870894

最近、中心部にも北海道のステキなモノを取り扱っているショップ、増えましたよね!

地元にいるのに意外と情報が入ってこず、全然知らなかった!初めて見た!!というステキ商品ってまだまだ結構あるんですよね~

そんな商品をどんどん発掘して、ココに並べて欲しいなと思いました^^

 

そしてセンターの、ドセンターにあるのがこちら・・・

P1870913

丸美珈琲さんです!

丸美珈琲さんは、この界隈に店舗がいくつかありますが、今回個人的にそそられるシステムがあることを知りました!!

P1870904

“珈琲の味わい巡り”

所要時間15分程度?

実はただの飲み比べではありません!

P1870910

その珈琲の特徴を一つ一つ丁寧に教えてくださる、いわばプチセミナーなのです!

今回は焙煎技術日本大会で優勝したこともある、オーナーの後藤さんがいらっしゃっていたので、まさにスペシャルな15分を体験することが出来ました(≧▽≦)

産地の情報やそれぞれの味の説明を聞きながら少しずつテイスティングできる、コーヒー好き・コーヒーを知りたい方にたまらないこのシステム!

毎日、後藤さんが立つわけではないのですが、丸美珈琲各店舗の店長さんが入れ替わりでいらっしゃるとのことなのでご安心を^^

P1870922

ちなみに裏側にはカウンター席もあり、こちらで1杯をゆっくり堪能することも可能

もちろん、気に入った豆を購入することも可能です!

P1870926

個人的には、Over the moonさんで販売しているカヌレと、丸美珈琲さんのコーヒーを一緒に堪能してみたい(≧▽≦)

pageTop