札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『発見』カテゴリーの投稿一覧

サッポロスマイル いいとこ発見&発信ウォーク ~札幌の夜景~ 参加レポート その1

こちらで募集しておりました【サッポロスマイル いいとこ発見&発信ウォーク~札幌の夜景~】

12月6日(金)と7日(土)の夜に開催されまして、オサナイも“記録係”として参加させていただきました^^

P1510336

こちらはさっぽろテレビ塔展望室からの景色!

1日目の12月6日(金)は、ほぼ無風&冷え込んだので、夜景を見る&撮るには最高のコンディション!!

P1510287

集合場所は、JRタワー6Fの展望室インフォメーション

P1510288

札幌市民だと、逆に行ったことがないという方も結構いるのではないでしょうか?

このスペース、ものすご~くリラックスできる音楽が流れていて、ココ自体は入場料もかからないので穴場です!

P1510290 P1510291

でもって、誕生日は無料で展望室に行けるのですよ^^

P1510294

参加者の皆さまより少し先に上がってしばし撮影していたのですが、本当に絶好の夜景日和!

P1510293

これは楽しい~^0^

P1510306

18時に全員集まりまして、主催者からの挨拶そして今回のナビゲーターであります、“夜景プロデューサー”という肩書を持つ、丸々もとおさんの解説が、早速始まりました^^

P1510305

北国の街灯はナトリウム灯が多いので、オレンジが多いのが特徴ということを言葉で言われると、今まで何となく見過ごしていたこともなるほど!確かに!!と、改めて実感。

札幌市は碁盤の目だから夜景も特徴的で、ところどころ斜めに直線に延びる道をが飛行場の滑走路のようにも見えると言われると、そんな気がしてくる

そして丸々さん自身は、中心部を望む南側より北側の方が好きとのことだったのですが、確かに夜景としてのバランスは、遠くに行くとぽつらぽつら灯りがともっている方が、奥行きがあって美しいかもと感じたり^^

P1510297

P1510310

プロの解説付きだと見方が変わって、ますます楽しい!

P1510308

今回はプロカメラマンも同行してくれたので、夜景の上手な撮影方法なども聞きながら、JRタワー展望室T38を見学しました^^

P1510318

まだまだゆっくりしたい気分でしたが(個人的にはBARで一杯ひっかけたかったりして・・・^0^)、今回のツアーは盛りだくさんなので、名残惜しくもJRタワーを後にして、バスに乗り込みさっぽろテレビ塔へ!

P1510320

移動中もキラキラな街並みを眺めながら、丸々さんの解説が入ります。

全国から見た札幌のイルミネーションの特徴とか、歴史とか・・・札幌のホワイトイルミネーションはもちろん大好きだけど、他の都市も行って比べたくなる!

P1510324

いやはや、今宵は本当にどこを撮っても美しいなぁ~

P1510327

P1510329P1510333

さっぽろテレビ塔も、実は展望台まで登ったことがないという方、結構いるのでは??

ホワイトイルミネーションやさっぽろ雪まつりの時期は、やっぱりキレイです!

P1510340

近くで観るとの上から見るのとでは、感じ方も変わるので、すごく楽しめます^^

P1510342

やっぱり雪が積もるとより雰囲気が出ますね♪

イルミネーション側が美しいのかもちろんですが、実は東側も神秘的な美しさがあります!

P1510334

これもまた、道路に雪があるおかげでより美しい!

 

P1510353

北側にはHitaruも出来たので、以前より見ごたえが!

久し振りに上ると、札幌の変化が感じられて楽しいです^^

P1510351

そうそう、テレビ塔内でレーザーショーもやっていて、夜空にスターウォーズが浮かんだりするんですよ^^

P1510348

さっぽろテレビ塔を満喫した後は、クリスマスまで開催中の、ミュンヘンクリスマス市へ

P1510366

こちらでホットチョコレートタイム!

P1510361

普段はそんなに飲みたいと思わないけど、ミュンヘンクリスマス市で飲むとものすごく沁みる~~~~

ホントはホットワインが飲みたいんでしょ?と言う声が聞こえてくるのは気のせい??・・・^0^;

P1510365

場内もいたるところがキラキラしていて、見るのも撮影するのも楽しい♪

P1510359

 

さらにそこからもう少し西へ向い、ホワイトイルミネーション会場へ

P1510368

「目線を変えて撮影すると、いつもと違う景色が広がりますよ」というアドバイスの元、参加者の皆さん素直にしゃがんで撮影(笑)

P1510369

P1510370

もちろんワタシも!(笑)

確かに幻想的な1枚になりました^^

P1510379

ツートンカラーになったテレビ塔を眺めながら、またまたバスに乗り込み、最終目的地の藻岩山へ!

 

P1510383

月もくっきり見える!

P1510386

ロープウェイ&もーりすカーに乗って山頂展望台へ

札幌市民はさすがに藻岩山ロープウェイは1回くらいはのったことがあると思いますが、もーりすカーが出来たことを知らない人も、結構多そうですね~

P1510388

山頂駅でも丸々さんの解説が^^

ちなみに札幌市は“夜景サミット2018”で、日本新三大夜景に認定されているのは知っていますか?

他の2都市は、長崎と北九州です!

P1510389

何度か藻岩山山頂から夜景を見たことはありましたが、これほど無風なのはホントに珍しいんじゃないかな?という日で、確かに寒いけど、キラッキラの夜景を前にすると、時間を忘れて見入ってしまいました!!

P1510394

あ!テレビ塔がオレンジになってる^^

P1510408

18:00にスタートして、札幌駅に戻ってきたのが22:20頃

一度にこんなに地元の夜景を満喫したのは、生まれてからずっと札幌に住んでいるワタシも初めての体験でしたが、やっぱり札幌の街並みはステキだなぁと思いました^^

そんなわけで、1日目のレポートはこちらで終了ですが、2日目も同じ行程なのに新発見が色々あったので、改めてレポートします^0^

 

 

 

 

 

 

北海道の食の可能性を知る【たべLABOマルシェ】

先日、道総研(北海道立総合研究機構)が主催した【たべLABOマルシェ】に参加してきました。

P1500427

どんなイベントかと言いますと、北海道の食に関わる最新の技術や情報を展示したり、発表したり、そして試食も出来る内容でした!

P1500488

研究発表は6つ

【レアフル】という、道産果実の新しい加工技術

P1500429

果物って旬の時期が限られているから、フレッシュな状態だと年間通して安定して販売できないというデメリットがありますが、この技術だと、お土産でもイケるし、お菓子作りにも利用しやすかったり^^

P1500430

 

P1500486

【とうきび粉(コーングリッツ)】という、国内初のトウモロコシ加工技術の発表

P1500438

P1500440P1500441

北海道とうきび茶、個人的に大好きです!

“ポンタベール”に関しては、以前こちらでも紹介したことがありますので合わせてお読みいただければ、詳細が分かります^0^

P1500444

今回は、パティスリーアパレイユのグルテンフリーなガトーショコラ・クラシックも試食しましたが、これがかなり美味しいんです!

P1500443

とうもろこし粉、可能性大です!!

 

P1500485

そして、北海道の様々なキノコの紹介や、十勝産の農産物の紹介

P1500454

以前、こちらで紹介したヘルシーDo商品でもある、乾燥まいたけ“華の舞”

P1500445

 

P1500448

半田ファームさんが作った、まいたけラクレットチーズなんかもありました!

P1500487

P1500431

先日、製糖工場でてんさいに触れたばかりなので、かなり親近感が・・・^0^

P1500433P1500434

ポテチとは全く違う、甘くて少し土の香りがする味わい^^

 

P1500469

MA包装と言う、鮮度を保つ機能を持った袋の紹介だったり

P1500467

この袋に入れて保管すると、野菜などの劣化を防ぐことができるらしいのですが、例えば10月に収穫したメロンを12月まで保管しておいてクリスマスの時期に販売できて、付加価値を高めることが出来るようになるなど、色んなメリットが考えられるわけです^^

P1500465

実際に10月に収穫したものを試食しましたが、超食べごろでしたよ!

P1500463P1500460

もう一つは、コンブと魚の研究室

P1500459

骨があるからと敬遠されがちな魚も、骨まで食べられればお子様からお年寄りまで安心して食べられるし、収穫量は全国トップクラスなのに、全然消費されていない昆布も色々な加工品にして、もっと身近に感じてもらったり

P1500464

ちなみにこちら、海苔じゃなくて昆布シートなんです!!

P1500461

味付け海苔風に味付けしたものを試食しましたが、食感が海苔よりしっかりあって、個人的には海苔より好き!!

これはおにぎりに使いたいっ

 

P1500470

そして今回は、研究発表商品を使用した、ビュッフェランチも楽しむことが出来ました^^

P1500481

贅沢!!

P1500483P1500455

鹿肉のジンギスカン、ビックリするほど柔らかかったなぁ

P1500482

先ほどのレアフルのりんご、バラ科のアレルギーがあるワタシでも食べられました^0^

でもって、加糖やシロップ漬けしていないのに甘い!!

P1500484

まいたけ、相変わらず食感が凄かった!!

 

P1500472

そして面白いお茶もありました!(デザインもカッコイイ~)

P1500473

ワイン用ブドウの葉のお茶が原料とのことですが、通常のお茶とは全く違う味わいで、最初はビックリするのですが、

飲んでいるうちに、ジワジワハマる感じなのです^^

 

広い北海道には、まだまだ活用しきれていない素材が眠っている気がします。

そしてまだまだ可能性があるということを実感できた発表会でした^^

 

気になったモノたち

P1500490

新しのつで販売中の米麹のおまんじゅう

P1500493

糀好きにはたまりません^^

 

P1500498

ななえきびだんごチョコ

P1500497

見た目はホワイトチョコレートなのですが、中はきびだんごなので、思った以上に食べ応えあります!

登山とかのお供にもイイかも♪

 

 

 

天下糖一プロジェクトで製糖工場見学へ♪

P1490902

こちらのブログでもアップ済みですが、【Sugar Seminar 2019】の一連のイベントに参加させていただき、先日は伊達市内にあります北海道糖業㈱道南製糖所にて行われました、工場見学へ行ってきました!

 

014bfcfae2fc28414d78b167fafa208614a38d7ad2

場所は伊達市

モクモクと煙が出ているところが工場です。

01bdac79b836b60bbe2b41b5f9ae5cfa18d40a299501bfa761f6c0ac86f557931741fab19fa530a351cb

入口に、こんな額縁が飾られていました。

あ!ほのぼの印の砂糖の会社なんですね!!小さいころからお世話になっている砂糖です^^

P1490903

こちらは、北海道糖業㈱になる前の模型

P1490907

明治にはすでに製糖所があったんですね!

ちなみに明治3年にクラーク博士がてん菜の栽培を指南し、明治13年に紋別の工場が稼働。

それから現在のサッポロビール博物館は、もともとは製糖工場として建てられたそうです(何回も行っているのに知らなかった^0^;)

011ab6888caa8b5804e7d0238329b5e1bd5e9d82da

現在の工場は、昭和34年から稼働しているそうです。

ちなみに北海道内には、3社・8工場があり、北海道糖業㈱はここ伊達の他、北見と本別にも工場がありまして、北海道内で作られる砂糖の3割(90万トン)を製造しているそうですよ!

ちなみに砂糖の作り方って、皆さん知っているものなのでしょうか?

01885113f467ed4bd1ea51854d49038a189eb9c4cc

ワタシ、全く知らなかったのです・・・

P1460024

よくよく考えたら、このカブのような、大根のようなてん菜(ビート)という作物が、何でサラサラの粉になるのか・・・今まで考えたことがなかったかも^0^;

ということで、子どものようにワクワク感を持ちつつ、工場内へ!

P1490889P1490890

“製糖課”って、口に出すとちょっと面白い・・・(正当化)

019e650f5b7f63ee1c5585d92d699a4fce41083e3f

入ってすぐに大きな機械だらだけ。しかも昭和の香りが漂う感じで、工場見学好きにはたまらない雰囲気

実際の香りは、何とも不思議なんです。

なぜか珍味のような香りもするし、少し甘い香りもするけど、穀物の香りもしたり。。

そして、ちょっと蒸し暑いです

 

P1490892

一番奥まで行くと、千切りにされたビートがベルトコンベアで運ばれていきます。

その前の過程である、土のついたビートを水だけでキレイにする、“ビートウォッシャー”も見られる予定だったのですが、雨のため見学できず・・

P1490894P1490895

特別に、千切りにしたビートを味見させてもらいました。

ちなみにこの状態を、コセットと言うそうです。

ほんのり甘い!このままサラダでも悪くはないかも

01e4d76042fecde6d768e5f0ff2efa9c8051224b6e

コセットを、約70℃の温水が入った巨大タンクに送り込んで1時間40分くらいかき混ぜるそうです。

そうすると温水の中に糖分が溶け込み“液糖”ができます。

01973c39170244d4af1a2076563e945c929b5d3551P1490896

液糖は最初はドロドロで、かなり濁った色。

これに石灰やCo2を入れて不純物やにおい吸着させ、機械でろ過をした後、煮詰めていくそうです。

010370bbc399adbc2a00a9875752273b2fea9ac44a

そうすると、どんどん透明になっていくわけです!

その液糖を真空状態で濃縮し、結晶化させて遠心分離機へ

P1490897

この辺りの行程は衛生面的に、近づけません。

工場内でも限られた人が全身を清潔にしたうえで入る場所

出来上がった砂糖は少し湿っているので、100~120℃の熱風が出る“ドライヤー”で乾かして、最後に冷風(クーラー)で乾燥させて出来上がり♪

ビートから砂糖になるまでは、焼く16時間かかるそうです!!

 

ということで、砂糖は漂白なんてしておりません。

じゃぁなんで透明な糖液が結晶になると白く見えるのかと言いますと、雪と同じで光が乱反射しているからなんですよ!

 

P1490899

こちら、全ての行程をチェックできるモニター室

工場はビートが収穫される10月~1月まで稼働するのですが、その間は24時間体制なんだそうです。

01693e5cf7ab4fa442b76763e4cbef37590071e14f

ちなみに稼働していない半年以上のはどうしているかと言うと、すべての部品をばらして洗浄やメンテナンスをしているんですって!!

考えただけで私には無理!!と思ってしまいました^0^;

 

P1490910P1490911

見学が終わってから、グラニュー糖を使用したマフィンをいただきました^^

P1490912

そして、上白糖を2kgもいただいてしまいました!

暫くはお砂糖に困ることは無さそうです^^

数回に渡って参加した、Sugar Seminar2019

砂糖に関して正しい情報を知ることが出来て本当に良かったです!

家族が美味しいと言って食べてくれる料理を作るためにも、砂糖をフル活用しま~す^^

 

おまけ

P1490901

モニター室のデスクにあった専門誌が気になりすぎる!!(笑)

 

 

 

 

 

イオン北海道・東北フェア・事前取材レポートアップしました!

11月8日(金)~10日(日)まで全道のイオンで開催する【東北フェア】の事前取材レポートが【こちら】にアップされました!

750x300

食べて・・・

P1490388

食べて・・・

P1490021

食べて・・・

P1490268

食べて・・・

 

01033b428729355a7ea55e7b9b69f043a7b0fa85c2

食べまくりました!!

と、ただ食べて終わったわけじゃぁ、ありませんよ(笑)

取材して、食べて、文章にまとめたわけです!

自分で言うのもなんですが、今回もかなり読み応えのあるレポートになっています^0^

今回は東北ということで、震災の被害にあった企業もあったわけで、感慨深い取材となりました。

01c769ce0ba59df23bc8ac478085cb4708ad9998f8

被災した後も、たくさんのお客様の支援で続けてこられたわけで・・・

それはやっぱり、これからも商品を造り続けて欲しいという思いがあるからなわけで・・・

そんな商品だから、美味しいに決まっています!!

ということで、8日(金)~10日(日)まで全道のイオンで開催する【東北フェア】に行く前に、【こちら】をご一読いただけたら嬉しいです!!

オホーツクのアルコールと美味しい食べ物たち

ありがたいことではありますが、10月は色んなお仕事が重なりまして、中々ブログを更新できないまま気が付けば11月(;’∀’)

えぇぇぇ、2019年もあと2ヶ月しかないのか・・・

今さらながら焦ってきました。。。

そんなわけで、皆様にお伝えしたかったのにアップできていなかった情報を、今さらながらなものもあるかもしれませんが、綴ります!!

 

P1490733P1490734

こちらは10月30日(水)にホテルオークラ札幌で行われた、【オホーツクの夕べ】の備忘録

11月はホテル内のレストランで【オホーツクフェア】を開催中ですが、その前段の一夜限りのイベントとして行われました^^

P1490728

ウェルカムドリンクは、“菩提樹のミード

はちみつのお酒なので甘くて飲みやすい、ウェルカムドリンクにピッタリの1杯

P1490737

テーブルには、網走ビール流氷ドラフト桜桃の雫

美しい色のビール!そしてカラーのイメージのそのものな味わいで、流氷ドラフトは爽やか系・桜桃の雫はほんのり甘い系

P1490730 P1490729

そして焼酎たち!

じゃがいも焼酎は知っていたけど、韃靼そば焼酎とまつたけ焼酎は初めて知りました!

P1490731

何となく、お湯割りの方がより味の特徴が分かるかなと思い、まず韃靼そば焼酎からオーダー

ん??どう飲んでもそば焼酎っぽくない。どちらかというと、まつたけ焼酎のような・・・

なので、飲み終わる前にまつたけ焼酎をオーダー

やっぱり!さっきのは間違いだったのか!

P1490746

結果、ものすごい酒豪のような絵になってしまいました(実際、酒豪でしょ!というツッコミが聞こえそうだけど・・・)

と、それくらいまつたけ焼酎はインパクトあります!

分かりやすく言うと、松茸のお吸い物的な味わい

韃靼そば焼酎は、普通のそば焼酎より茎っぽい味がしました~

お湯割りで、すっかりポカポカ♪ これからの季節にオススメです^^

そして、オホーツクの特産品をホテルオークラ札幌のシェフがアレンジした、今夜限りのメニューたち

P1490739

美幌とまポン酢入り秋鮭の南蛮漬け

冷蔵庫に常備しておきたい一品

P1490740P1490742

帆立貝とマッシュルームの香草バター焼き

今や世界に名をはせている、“北海道のホタテ”

そんな話を聞いたばかりだったので、改めて味わうとやっぱり美味しいと思う

P1490743

大豆ミートと玉ねぎの麻婆あんかけ

肉に見えるけど、大豆!

でも、普通に肉っぽい!!

そして、北見と言えばの玉ねぎ! こうして食べると甘さが直に伝わります^^

P1490745

これは色んな意味で印象に残る一皿でした^0^

P1490748

白身魚のソテー チコリソース

ほんのり苦みが残るチコリのソース、ちょっとクセになる味わい!

P1490750

かにしゅうまい キノコあんかけ

メチャメチャ食べ応えのあるかにしゅうまい。本来はそのままでも十分な味わいなのでしょうが、こうして味わうとよりリッチな気分(笑)

P1490752

たまコロのチリソース仕立て 昆布酢入り

こちらもまさに、コロッケだけでも十分美味しいのですが、シェフの手によってホテル仕様に!

たまコロは全国的にも有名ですが、玉ねぎたっぷりで甘みしっかり♪

ついもう一つ・・・と手が伸びる味わい^^

P1490754

サロマ黒牛のロースト 和風ソースと山わさび バターライス添え

P1490756

普段は牛肉にあまり重きを置かない方なのですが、サロマ黒牛、美味しい!!

でもって、山わさびが合う!!

さらに個人的感想ですが、添えられていたバターライスのジャガイモも全部好きっ^0^

P1490758

おからクランブルチーズタルト 秋のフルーツとバニラアイス添え

結構なボリュームだったので、おからのデザートは嬉しい!

こんな感じで、オホーツクの様々な企業の商品を、オークラアレンジのアイデア料理で楽しんだ夜でした^^

 

 

今回はいただきませんでしたが、ラウンジプレシャスで販売中のコチラが、気になって仕方ありません~

201910_19

 

 

pageTop