札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『発見』カテゴリーの投稿一覧

やっぱり海の噴水は素晴らしい~モエレ沼公園

久し振りに訪れた、札幌市東区にある【モエレ沼公園

P1450300

ちょうど13:15の回の“海の噴水”も見ることができました^^

P1450286

前回はチラ見だったのであんまり気が付かなかったのですが、よく見ると噴水の周りのコンクリートに草が生えている

P1450293

それがかえって“南国の海”っぽく見えて、しばし見とれてしまいました。。。

P1450294

それにしても、水の動きが生き物のよう・・・

P1450297

虹も見えました^^

P1450287

ちなみに今回の写真の順番は、実際の動きとは違いますので、ご注意ください(この画像が一番最初かな)

 

P1450247

久し振りにプレイマウンテンにも上りました

P1450250

改めて見渡すと、モエレ沼公園って見る場所や角度によって、表情が変わるんだなぁと思う

P1450251

ミュージックシェル

P1450253

実はこの裏にトイレがあるということ、意外に知られていないような・・・(と、今は故障中で使用不可)

P1450265

あ、ちょうどプレイマウンテンの頂上が見える(人もいる!)

P1450256

いつも遠巻きにしか見ていなかった、テトラマウンド

P1450257

近くで見ると、すごい迫力

P1450261

風で波打つ水面もアート風

P1450270

札幌市中心部から30分、誰もが無料で利用できるイサムノグチ設計のアートパーク

インバウンドの方も結構多かったなぁ^^

 

でもって、先日もこちらでお知らせしておりましたが、そんな世界に誇れるモエレ沼公園の魅力を改めて知ることができるイベントがあるんです^^

9765c6d25c9d5f44e0642e64992719b4ECek4wHUcAEF6Cy

ちなみに今回のツアー、安藤麻実さん(13日)と、三谷真理子さん(14日)が説明員(司会進行)を務めてくれるとのことで、より盛り上がりそう♪

募集期間は8月28日(水)だったのですが、札幌市民はギリギリで申し込む方が多いとのことで、ちょっぴり延長されたようですよ!

申し込み方法、詳しくはこちらにて♪

 

と、今回モエレ沼公園に行く前に、オープンしたてのパン屋さんに寄りました^^

P1450240

【パンのなる木】

苗穂・丘珠通り沿いの、中沼西の住宅地

P1450234

朝8:00から開いているそうですが、11:00過ぎに行くとこんな感じでパンが並んでいました

P1450235

オープンして2日目にして、すでにリピーターとなっていた、ご近所のおばさま曰く、昨日はクロワッサンがなかったから、焼き上がり時間めがけてまた買いに来たのよ~とのこと

P1450237 P1450238 P1450236

ハード系も食事系も、スイーツ系もバランスよく揃っている感じです^^

P1450277

ということで、モエレ山を眺めてパクッ!!

何だかものすごく、シアワセな気持ちになりました^0^

 

 

 

 

 

江丹別までの立ち寄り先、そして久しぶりの北見焼肉・鳥源!!

いつも旭川方面向かう時は、高速に乗ってしまうのですが、今回は少し時間に余裕があったので、久し振りに275号線を走りました^^

江丹別のキャンプ場で食べる、アルコールのおつまみ&朝食用にパンを購入しようと立ち寄ったのが、当別の【パン屋きみかげ

010e1d8ea96ba9cde026922b00f64c2f3f8b187bf501ee7aa4e3b90fe86ca963a9e93480b9029e48c388

お店のことは前から知ってはいたのですが、今回初めて立ち寄りました^^

普通の家の一角がパン屋さんでした

写真はないけど、“いちじくとくるみのパン” “フルーツ入りロデヴ” “ボストック”などのハード系パンをキャンプ場で食しましたが、ウィスキーにピッタリ♪

P1450080

そしてこちらは“クロワッサン”

自宅で軽く焼き直してから頂きましたが、バターの香りが高くて、こちらもすごく美味しかった!

今回は、“ついで”の立ち寄りだったけど、もう一度パンを購入するために行きたいお店です^-^

 

014df3a69c33b0725ff5c1dc251a77bd760a64c78e

お昼ご飯は、浦臼にある“しいたけ飯店”へ

十数年ぶりに立ち寄って、しいたけラーメンのほかにあんかけ焼きそばも初オーダー

P1450007

思いのほか野菜が多くて、緑が鮮やかなあんかけ焼きそば♪

 

そしてアルコールの調達に、滝川の“地酒屋 小林酒店”へ

01179f44b57c7e0a2a526f9f77a880be3fa79f16e101d270a691542d0d84d8359b2ac7e326369f317ae9

小林酒店に関しましては、こちらのブログでもアップ済みですが、空知管内を始めとする道産ワイン、そして日本ワインぼ品揃えが豊富なのです!

ということで、写真の4本のうち端の2本が小林酒店で購入したワイン

美味しくてあっという間に空っぽになってしまいました^0^;

 

 

翌日は北見で1泊することになっていたので、旭川紋別自動車道で丸瀬布へ

本当は旭川紋別自動車道の現在の終点地点・瀬戸瀬の温泉に行きたかったのですが、残念ながら定休日でして、丸瀬布温泉やまびこへ

01d59bb2aee79369ae63d2b77de611dc2ceee20eb9

久々に行きましたが、向いを走っている“雨宮21号”の汽笛が聞こえる、相変わらず気持ちの良い温泉です^^

よく見ると、街灯が汽車いなっている!

 

お天気にも恵まれ、あっという間に北見市に到着!

01969dfda988f6bf3a994e0533a2330f0ae1728600

友人と合流する前に駆け付け1杯!と、オホーツクビールに立ち寄るも、残念ながら貸切営業中で、飲むことができず・・・

 

北見のメインイベントにしていた【鳥源】は、2回転目じゃないと入れそうにもなかったので、繁華街をブラブラ

がしかし、お盆の19時はどこもかしこも満席・・・

かろうじて個室が空いていた、“ななしぐれ別邸”へ

P1450061

さすが、北見!玉ねぎがオイシイ~~

P1450055

ちなみに餃子にも玉ねぎ入り♪

P1450059

P1450058

ホルモンの唐揚げも美味しくて、もっともっと食べたかったのですが、鳥源のために腹8分ならぬ、腹半分以下にグッとガマン^^;

019a5eda3737dc597afd292e120b5645deb905d7a5P1450065

そうして、念願の鳥源へ!!!!!

相変わらずな、自分で作る濃い目のハイボールで乾杯♪

P1450067

まずは牛舌!! こんな立派な牛舌、そうお目にかかれません!!

P1450069

そして初めて鳥源に行った2012年から、値段据え置き!!

前身で喜びを表現しつつ、黙々と食べ続けました^0^

P1450068

あぁ、、、また食べたくなってきました~~

P1450074

 

P1450077

P1450072

メニューに出ていなかったけど、竹の子ありますか?って聞いたら出てきました!!

そしてやっぱり、一人当たり2000円!鳥源で2000円以上払ったことがない(笑)

 

最近、お休みしていることも多いので、開いていただけで運が良い!とのことでした^^

 

帰りは、石北峠経由で札幌へ向かいました

01c7045d9cf412f4f0fba9c68e4a9b77f69ba4848001e6aaa87dbbe3bfaf271df954f8bb489cf59431a2

これまたお天気に恵まれまして、本当に気持ちよかった!!

と、いつの間にか売店がなくなっていたのですね^0^;

 

01f934d8038c3c0de4113357025800e7013bb14424 01ab0ddae834cb76847ea87b83b5cc00c08a351837

ショップが出来てからはお初で立ち寄った、上川大雪酒造

疲労回復にと、あまざけを購入して車内でゴクリ

これがまた、美味しいのですっ!!

そうして、上川で必ず立ち寄る“上川ラーメン”

01448dc2cff070b34360ecd30bc5a82160f504289d

今回はお初の“あかし”へ

015aea01918acd7036e7f370f944698a901e9096f7

やっぱり、上川ラーメンが個人的に好きですっ!!

 

 

今、一番アツい北海道の町・江丹別!!

先日、久しぶりに遠出をしてきました^^

向かった先は、“江丹別”

江丹別の青いチーズのFBで、江丹別に素晴らしいレストランができたと、ブルーチーズドリーマーの伊勢君がアツく語っていたので、気になっていたのです。

01a93af0f42bdfe82cbe1fdee68898d96cf8c16ad7

お店の名前は、Chirai-チライー

8月11日(日)に、グランドオープンしたばかりの出来立てホヤホヤのレストランカフェ!

と、ディナーで行くなら当然、飲みたい

宿泊地はどうしよう・・・

そうだ!キャンプにしよう!!と、グーグルマップで見つけたのが、江丹別若者の郷グリーンパーク

01a1b3aeb0c84895e1527e8a3c3ef758dc580612cd

なんとキャンプ場は無料で利用できるうえに、ものすごく美しい!!

ギリギリで問い合わせたので、さすがに空いていなかったけど、コテージもあるんです^^

これは素晴らしいキャンプ地を見つけた~~と、友人一同、大盛り上がり♪♪

ただし近隣にコンビニやスーパーなどはないので、鷹栖で購入してから向かうことをオススメします

01a3b1d3fe45696778f771942e12039312e4d5dba8011fda2039d2c5c21f6acb96f5b56f96992bd59ac2

レストランまでは、ゆっくり目に歩いて15分ほど

下りなので、子どもでも楽々

蕎麦畑などの美しい風景に癒されながらなので、あっという間でした^^

0135ba3ed06d6e153f8c73201f7abdc9500175d2e7

 

017d2aeb7cb44207c8a68335767507cba28c808a0f 01985d2fa94a3db779c3389566a8cc235cf8c0b429

ちょうどイイ感じでお腹も空いてきて、期待度はMAXに!

013e79bd613789067df4e703b8de79ed5b121bcddd

店内は、一枚板の白樺のカウンターと、4人掛けのテーブル席が3つ

窓側はベンチシートになっています

子どもを入れて8名で行ったので、2つのテーブル席をくっつけた状態でのテーブルセッティングでした^^

P1450020P1450015

カトラリー置きも白樺♪

テーブルの上の照明もステキでした^^

 

レストランにはもちろん初めて行ったのですが、ブルーチーズドリーマーの伊勢くんを介して、事前にメールでやり取りをし、かしこまったコースではなく、“のん兵衛仕様”のコースにしていただきました(笑)

P1450022

最初に運ばれてきた、サーモンとタコのカルパッチョ

どちらもぶつ切り状態でものすごく食べ応えがあって、さらに下に隠れていたマッシュポテトもちゃんと美味しくて、まさに“のん兵衛仕様”な前菜に、すっかりご満悦^0^

そして自家製シャルキュトリーの盛り合わせで、イチコロ状態・・・

P1450029

こちらもお皿が、立派な白樺です!

P1450028

この日は、伊勢ファーム乳のみ豚の自家製ハムもあり、そのほか鴨や牛タンなどなど、一つ一つが全部オイシイ!!

正直、江丹別でココまでのシャルキュトリーを出すなんて!!と、かなり驚きました

P1450033

こちらはトリッパの煮込み

さすがはのん兵衛仕様(笑)

P1450039

焼いている時から甘い匂いに誘われまくっていた、スペアリブ

P1450042

そして魚介のトマトソースパスタ

P1450035

ちなみに子どもたちには、こちらのカルボナーラを用意してもらったのですが、これがまた飲まさる系で、ついつまんでしまいました(笑)

P1450044

せっかくだから、江丹別の青いチーズも食べたい!と言ったら、スライスして出していただきました^^

食べてビックリ!

ものすごくミルキー!!

江丹別の青いチーズは何度も食べておりますが、ココまでミルキーなのは初めてかも!

何でもこの時期だけの味わいだそうで、そんな江丹別の青いチーズに地元で出会えたことに感動~~

 

ちなみにワインは白3本・赤1本を6人で完飲

まだまだ飲めるメンバーですが、キャンプ場に戻ってからも飲む気満々だったので、今回はこの辺で(笑)

失礼ながらワインもそこまで期待はしていなかったのですが、ビックリするほどお安いのに、ちゃんと美味しいワインばかりで大満足!

 

P1450048

そして驚いたのが、江丹別の青いチーズを使用しているチーズケーキ

そのままチーズを食べるより、ブルーチーズを感じることのできる、チーズ好きにはたまらない大人スイーツ!!

これは、お土産で販売したら絶対売れると思う!と、一同アツく推す(笑)

P1450050

こちら、オーナーシェフの嵯城さんと、ブルーチーズドリーマーの伊勢君

ちなみに嵯城さんんは、旭川のホテルの結婚式の料理を担当していたそうです

その時から腕のいい料理人がいると評判で、ブルーチーズドリーマーの伊勢君の熱意もあり、江丹別にレストランを作ることになったそうです!

 

そのブルーチーズドリーマーの伊勢君は、仕事が終わってから顔を出してくれました^^

伊勢ファームに初めて訪れたのが、6年前

その前にランスさんで、こんなイベントにも参加していました

 

その時から、若いのにというか、若いからこそ、アツい思いを持った青年だなぁと思っていましたが、最近は若いからだけではない、さらなる情熱を感じるようになりました。

その思いが、今回(失礼ながら)何もない江丹別に、こんな素晴らしいレストランをオープンさせるまでになったのだと、改めて思いました。

0198c558e52e6429bc9c781aecdfae3426eea18dc4

そんな彼が今年出版した本

ここ数年、年に何度か会う機会があり、その際にも話を聞いてはいたのですが、改めて読むと、年下なのに尊敬する事ばかり

ポジティブシンキングという言葉だけではない、マイナスをプラスに変える行動力、今回同席した息子にも感じて欲しいなって、素直に思いました^^

 

ちなみにキャンプ場までの帰路は、嵯城さんにピストン輸送していただきました^0^;
(なにせ、タクシーが走っていないもので^^;)

“それくらいのことは地域をあげておもてなししますよ!” と伊勢君

今、彼が取り組んでいる“熱中小学校江丹別分校”も含めて、これからの江丹別から、目が離せません!!

 

 

翌日は、伊勢ファームの敷地内にあるカウ&カーフにも立ち寄り、久しぶりにソフトクリームも味わいました^^

01ee5f877d1bfb1fd1b335ef9db6ad1a3b094be105  01682aede3c921af36710248a576d476ae5ed60fb7

↑最近、中田翔キャップをかぶって色々な場所で写真を撮ることにハマっております(笑)

と、子どもたちは砂利で何やら怪しい行動を・・・

昨夜レストランで、伊勢君がチーズと江丹別の話しと同じくらいアツく語ったUFO&宇宙人話にすっかり魅了されてしまったようで、しばらくUFOのトリコになっていました(笑)

子どものハートもわしづかみにする伊勢君、やっぱりすごいわ(笑)

 

 

長靴のミツウマがアパレルのミツウマに!~Mitsuuma Authentic&刺繍屋McQueen

ミツウマ

北海道民なら、一度は聞いたことのある名前かと思います。

そして、実家や祖父母の家には、長靴があったのではないかと・・・

小樽に本社&工場を構える、大正8年創業のゴム長靴のメーカーで、今年の10月10日に100周年を迎える老舗

そんな長靴のミツウマのブランドロゴをあつらえたキャップやTシャツがあることをSNSで知りまして、ず~っと気になっていたのですが、先日ご縁がありまして、取材させてもらいました!

P1430655

ブランドを展開しているのはこちらの会社なのですが、この刺繍を施しているお店で待ち合わせすることになり、東札幌に向かいました!

P1430679P1430640

工房の名前は【刺繍屋McQueen

P1430677

壁に、いきなりこんな造形物があったり、すごい刺繍のジャケットがあったりと、色んな意味で気になる空間

P1430671

P1430670

店内の奥の方で、機械に向かって作業をしている小林さん

あ、もしやそのキャップは??

P1430669

ちょうど、ミツウマのロゴを刺繍しているところでした!

P1430659

ほぼ独学で刺繍工房を始めたという、小林さん

こちらのPCに希望のロゴやイラストをセットすれば、どんな刺繍も施せるそうです!

P1430667P1430665

精巧な機械の動きに、しばし心を奪われてしまいました・・・

 

P1430646

と、Mitsuuma Authenticのキャップを一堂に並べてもらいました!

P1430647

よく見ると、キャップのカラーに合わせて、刺繍のカラーもそれぞれ違うんですね!

P1430650

そもそも、なぜミツウマのロゴを使用した商品を作ることになったのか、仕掛け人の竹田さんにお話を伺ったところ、本業でもあるTV番組の制作でミツウマさんを訪問した際、すごく惹かれるものがあり、さらにミツウマをあまり知らない若いスタッフに、このロゴがカワイイ!長靴以外の商品があってもいいのでは?という意見に動かされて、ミツウマに相談。

『ゴム製品以外なら、構わないよ』というお言葉をいただき、キャップやTシャツ、トートバッグなどを作ってみたそうです。

イベントで販売すると、世代問わず反応があったそうです!

そして、イベント販売の第2弾が確定しているそうです^0^

67798735_446014455988963_7597436322126495744_n

Mitsuuma Authenticの全プロダクトはもちろん、秋冬向けの一部新プロダクトもこのイベントでお披露目する予定だそうです!

ということで、公式FBページもcheck!

 

 

すっかり心奪われた、カラヴァッジョ展

IMG_3701

本日、8月10日(土)~10月14日(月祝)まで、北海道立近代美術館で行われる【カラヴァッジョ展

開幕前日の昨日、メディア内覧会があり足を運んできました。

P1440936P1440937

カラヴァッジョ。正直、今までそれほど興味はなく、道新の日曜版で連載していた記事を読んで初めて知ることが多かった画家

絵の雰囲気もダークな感じだし、きっと心底好きなタイプではないだろうなぁという、大変失礼な気持ちで観に行ったのです

P1440949

が、1枚1枚観ていくうちに、最初に感じていた感情とは全く別のモノが沸き上がってきて、会場を回り終えるころにはすっかり、魅了されておりました!!

まさに、“神か、怪物か”というコピーが、頭の中を支配した感じ!(と言ったら、少し大げさか^^;)

P1440945P1440944

今までの絵画展って、近づきすぎるとその魅力が減少してしまうことが多かったけど、カラヴァッジョに関しては、出来るだけ近づいてみたくなる!

近づけば近づくほど、その技術力に圧倒されると言いますか・・・

いまや、加工写真なんかでリアル写真を絵画風にしたものも見慣れている時代ですが、16、7世紀にこのリアリティのある画って、すごいと素直に思います!!

でもって、このヤマザキマリさんのイラストが描かれた解説がとても分かりやすくて見やすくて良い!

P1440934

併せて音声ガイドも聞いたので、よりカラヴァッジョの世界観を知ることができました!

いつも迷って借りないことが多いけど、やっぱりガイドはあった方が、作品の背景が分かってより、楽しめますね

P1440948

“病めるバッカス”のモデルが自分自身だったとか、そういうエピソードを知ってから眺めると、また奥深いものがあるし

P1440950P1440947

それにしてもリアル・・・

P1440964

毎回思うけど、展示スペースの構成をプロデュースされる方のセンスって、嫉妬するくらい素晴らしい

この“ブルー”の空間は、一瞬にして引き込まれてしまいました・・・

P1440972

そしてこの“法悦のマグダラのマリア”

P1440968

やっぱり、近づけば近づくほど素晴らしい・・・

 

P1440943

道新にも記載されておりましたが、今回8点の作品の到着が遅れていて、展示開始時期が未定です。

が、作品が揃ったときにもう一度観覧できるような措置をとってくれるそうです。

詳しくはコチラ

先に音声ガイドだけ聞いたら、ますます観たくなりました!!

今回は、カラヴァッジョに影響を受けた画家たちの作品も展示されていますが、その作品たちもまた、強烈

P1440974P1440973

 

P1440976

それだけ、影響力のある人物だったんだなと思いました。。

P1440982P1440983

 

 

P1440954

かなりインパクトのある作品

P1440951P1440952

この作品の顔ハメパネルが今日から入口に設置されるそうで、個人的にかなり気になっております!

そして売店で販売する商品の一部(また布がかかっていたのですが、お願いして一部見せてもらいました^^;)

P1440996

なんと!田辺画伯とヤマザキマリさんの今回のイラストをモチーフにした商品があるではありませんか!

P1440997

これは、顔ハメと商品を購入しに行くだけでも行かなくちゃ(笑)

と、作品が全部揃ったら、もう一度行きたい!!

 

pageTop