札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『宅飲み』カテゴリーの投稿一覧

南小樽でサルディーニャに触れる~樽ラボ

先日、小樽にある【樽ラボ】さんにお誘いを受けて、サルディーニャのワインと料理を堪能してきました!

P1450303

クアルトモロ・ディ・サルデーニャ  Qメトド・クラシコ ブリュット

ヴェルメンティーノという、サルディーニャの代表的な白ブドウでシャンパンと同じ製法で造られた泡です

雨上がりでちょっと蒸し暑かった夕暮れに飲むのにピッタリな、繊細な泡と蜜感のある葡萄の味わい

一気飲みしたいところを、若干躊躇してみる(笑)

P1450305

久し振りに食べたヤギのチーズと、ミルキー感のあるスペインのチーズ

美味しくてとまらない~

P1450310

サフランとチーズたっぷりのリゾット

お米もサルディーニャのものとのことで、食感が違います。

イタリアとかのサフランって、色付けだけじゃなくて、しっかり味があるんですよね^^

P1450313

トレスリゾス ビオ エクストラバージン オリーブオイル

リゾットにもたっぷり使われているのですが、このオイルがゴクゴク飲みたいくらい美味しかった!!

最近大人気で、生産者にお願いして分けてもらっているそうです~

 

P1450306 P1450316

2本目はロゼだったのですが、このロゼの生産者のファミリーがつくっているというオリーブ(チーズの横にチラッと移っているヤツです)

このオリーブが、よく食べるのとは違う、イイ感じの苦みがあってハマってしまいました!

それでもって、ロゼに合わせるとやっぱり美味しさ倍増するのです^^

そのあとはお肉料理とさらに赤もいただきました^^

P1450319

サルディーニャもよく、豚肉を食べるそうです^^

付け合わせのイモやズッキーニも美味しかったなぁ~

と、お料理は樽ラボのご主人、Manolo氏が用意してくれました! !

女性陣、ずっと座りっぱなし(笑)

P1450322

あ、デザートの準備は奥様の朝子さんもしてくれてたかな^^

リモンチェッロのソースがかかったパンナコッタ、お腹いっぱいでもペロリと食べられる危険なスイーツ♪

そしてもっと危険なものが・・・

P1450324

まさに、大人のデザートです(笑)

個人的に、サフランのリキュールにハマりまくりました!!

P1450325

 

で、本当の〆がこちら・・・

P1450327

こちらはサルディーニャには全く関係ありませんが、Manolo氏が大好きとのことで、色々揃えているそうです^^

P1450328 P1450329

テンション上がりまくって、小樽なのに時間を忘れて飲んでしまいました^0^;

でも線路が近いので、電車の音が現実に引き戻してくれます(笑)

 

イタリアといっても、色んな町や造り手さんがいて、全然知らない土地もまだまだいっぱいあって、小規模で作っているから、全然表に出てこないアルコールや食品もいっぱいあるんだろうなぁ~と、初めてサルディーニャに触れて実感

いつか、サルディーニャに行ってみたいなぁ

でもしばらくは難しいだろうから、とりあえずまた南小樽に行きます(笑)

 

 

 

 

働く母の味方!~キムカツ北海道

昔の同僚から、『ミカさん、キムカツって知ってますか?』と聞かれ、『知らないです~』と即答

『ミルフィーユカツで有名なんですよね』と言われて、『あ!昔東京行ったときに食べたかも!!』と思い出す

P1430803

そのミルフィーユカツが、北海道で宅配を始めたんですと教えてくれて、早速【キムカツ北海道】をチェック

残念ながら我が家の配達地域外・・・

と、妹宅は配達可能地域!!

これは、今度遊びに行くとき注文してみよう!ということで、先日試してみました^0^

P1430790

時間通りに宅配いただきまして、さっそく袋から出すと紙製の容器。持つとまだ温かい

P1430792P1430793

蓋を開けると、こんな感じで蓋の後ろに箸とからしがセットされていました(もちろん、ビニールポケットになっていて、汚れないようになっています)

P1430791P1430788

今回は、プレーンとチーズのキムカツ膳をセレクト。

P1430808

見た目はそんなに違いありませんが、持ち上げるとチーズたっぷり入っていました

P1430806

※柔らかいので、崩れてしまう^0^;

P1430811

ソースは2種類あって選べますが、今回は特製ソースで

中濃ともウスターとも違う、フルーティでミルフィーユカツの味を殺さないソース

普段はソースをあまり使わない派なので、こうして食べてみると、特製ソースの存在価値がよく分かりました!

ミルフィーユカツはもちろん、白米もキャベツの千切り(&ドレッシング)も、きんぴらごぼうもちゃんと美味しい^^

 

P1430820

美味しいは、息子の食べっぷりをみるとよく分かります^^

『まだそんなにお腹減ってな~い』と、言っていた姪っ子も、息子の食べっぷりを見てとりあえず食べ始めると、そのあとは黙々と食べ続けていました(笑)

P1430823

妹も最近仕事を始めて、時々遅くなることもあって、夕食の用意をするのが大変なこともあるようで、『これは便利かも!』って喜んでいました^^

これから働く母たちが憂鬱になる『夏休み』もやってくるし、時々はこんな『手抜き』をしても罰は当たらないと思うのです^^

疲れてイライラごご飯の準備&後片付けをするよりは、一緒に美味しいご飯を食べて、今日あった出来事を会話する方がきっといい!

ちなみに、出前館経由で購入すれば事前決済もOKです!

早く、我が家方面にも出来ないかなぁ^0^

 

のん兵衛に嬉しいクリスマスケーキとおせちが登場!大丸札幌店&丸井今井札幌本店&札幌三越

昨日、そして本日と2日間連続でクリスマスケーキ&おせちのお披露目会がありまして、足を運んできました!

 

P1290320

まずは【大丸札幌店】のお披露目会で個人的に気になったもの!

P1290330

P1290328

吉田類さん監修の、“おつまみ玉手箱”

朝から晩までだらだら飲み続けるお正月に相応しいおせちではないですか!!(笑)

 

P1290322

北海道命名150年記念として初のコラボとなった、【すすきの浪花亭×帯広六花亭】の“北加伊道おせち”

P1290323P1290324

おせちって、もともとは5重で、一つは空にして神様の為の箱として用意していたというお話を初めて聞きました!

今回はその部分に神様の遊び道具などに見立て、六花亭のお菓子を詰めたそうです^^

ちなみに抹茶も付くそうですが、こちらは玉翠園さんが、このおせちの為に用意してくれたものなんだそうです

おせちに詰められている料理の1つ1つに意味があることは知っていたけど、肝心の伝統的な部分を知らないなんて・・・食の歴史も改めて勉強しないとだなぁ

P1290326

今回は煮しめの鶏肉と椎茸を試食。椎茸は王様椎茸だそうです

煮しめって、本来は一つ一つの食材を別々に味付けして、最後に一緒にするんですよね。家族が一つになるように。。

この鶏肉、親鳥なので、噛めば噛むほどにジワ~ッと味が広がります!

ゆっくり・じっくり時間をかけて味う。。おせちに相応しいなぁと思いました^^

 

それにしても最近のおせちは多種多様

P1290315 P1290316

色んな世代が集まる年末年始ですから、それぞれの好みでセレクトするのも楽しいですよね^^

P1290317P1290337

と、カレーやもつ鍋、鶏の炭火焼きまでありました!

このカレーは、かなりコラーゲンなカレー!

『おせちも良いけどカレーもね』

このフレーズ、平成生まれの子たちは知っているのだろうか。。。

P1290341P1290338

いやぁ、普通に飲まさるでしょ(笑)

大丸札幌店のケーキは、北海道命名150年記念を意識し、北極星=STARがテーマ

P1290311

コチラのケーキは見た目だけで3度も楽しめてしまう!

P1290309P1290310

ISHIYAの代名詞、ホワイトチョコレートのスポンジが紅白!絶対自分では作らない細かさ!!

P1290298P1290297

そして、時代を反映た“ギルティフリー”のクリスマスケーキもいくつかありました。

ちゃんと甘いけど、低糖質だったりグルテンフリーだったり。

P1290301P1290303

宮の森フランセスのミネラルスノーは、まさに純白のウェディングっぽいオトナなクリスマスケーキ♪

個人的に今回試食した中でアルコールに合う!と思ったのは、“ルタオのリュエール”

カラメルのほのかな苦みが、アルコールを欲するのです(笑)

 

大丸札幌店のおせちは10月1日(月)~受付スタートだそうですが、一部はこちらで先行予約受付中

そしてクリスマスケーキは10月5日(金)~、昨年もやっていた、ミニクリスマスケーキの販売会も、28日(金)~30日(日)の3日間、地下1階で開催しているそうです~

そうそう、洞爺湖ブルーをほうふつさせる12960円の《Black&White Truffle 波紋de TOYA》 今年も販売するそうですよ!

 

P1290421

そして、本日の午前中に行ってきた、丸井今井札幌本店・札幌三越合同のクリスマスケーキ&おせち試食会

P1290422

やはりこちらも、北海道命名150年記念ということで、北海道をより意識したおせちが登場

P1290447P1290442

こちらは北海道出身・脇屋シェフ監修の特製おせち

サーモンと数の子以外はすべて道産食材だそうです!

今回はエビチリを試食したのですが、驚きの美味しさなんです。。

何が驚きかというとすごく表現が難しいのですが、たまたま会場に違うお店のエビチリがありまして、食べ比べた時、どちらも美味しいけど、脇屋シェフのエビチリはいつも食べているエビチリと全然違うんです!!

優しいのにしっかりした味わい・・・にんにくに頼っていない味わいなのかな?

エビチリ一口で、すっかり魅了されてしまいました^^;

 

P1290452

ものすご~く、インパクトのあるこちらの試食は、“コチニージョ”の特製スペインおせちの1品

スペインでは伝統的な料理とのことで、黒い部分はライスなんです!

P1290453

こちらの、濃厚な蟹味噌のクレープ含め、飲まずにはいられないおせちって感じです^^;

P1290449P1290450

飲まずにいられないと言えば、こちら!

“ノーザンキッチン”の、イタリアンオードブルおせち!

あれ?ワインもあるじゃないですか!!

ということで、みなさんが遠慮する中、真っ先に開けてもらったワタシです・・・^^;

だって、間違いなくワインと合わせて食べたほうが美味しいと思ったんです!

でもって、大正解でした^0^

 

どうしてもお酒中心に話しが行ってしまいますが、ヘルシーなおせちもありましたよ^^

P1290445

丸井さんの地下にある【四季菜vegeco】の、“からだにやさしいDELIおせち”

野菜たっぷり!味付けは最小限で、素材そのものの美味しさが味わえます^^

ボリュームお値段含め、まさにすべてが“優しい”おせち♪

 

そして、クリスマスケーキの方はSNS映えするケーキが多かったかも!

P1290432

パティスリーフレールの“クリスマスさっぽろ抹茶チーズ~ストロベリーレアチーズとともに~”

かなりのインパクト!でもって、味もかなり濃厚でインパクト大!!

一口で満足できちゃうほどでした^0^

 

P1290438

こちらも同じく、抹茶です^^

和と洋のイイトコドリって感じで、すごくクセになる味わいでした^0^

P1290437

タレントの三好絵梨香さんと、伊藤沙菜さんとのコラボということで、まさに見た目重視!

そして味もさらに重視!!

P1290439

やっぱり、キラキラ女子のワガママにはかないません^0^

 

P1290424

こちらは、石山にあるエリソンさんのケーキ2種

P1290423

P1290427

各ケーキには、このように細かい説明書きも添えられているので、確認しながら食べると、さらに美味しさが伝わってきます^^

見た目以上に爽やかな、ノエル・エキゾチックはシャンパン、エグランティーヌ・マロンには赤ワインもウィスキーも合いそう♪

あ、またアルコールの話にしてしまった・・・^0^;

 

P1290425

こちらはお子様も喜ぶクリスマスケーキ♪

【スイートハーツナンポ】の、“パンダのナンポンクリスマスedition”

どこか懐かしい味わいの生クリーム、だけどちゃんと「プロ」の味わい!

 

でもやっぱり最終的に、ワタシの心に焼き付いたのはこちらでした・・・^^;

P1290458

【ケイク&カフェ コレット】と【小林酒造】のコラボ商品!!

P1290429

 

P1290431 P1290457

このブラン・フラボリッシュは、中にパインやマンゴー、そしてバナナジュレが入っているのですが、これがまた日本酒の香り=吟醸香と驚くほど合うんです!!

これほどまでに日本酒に合うケーキは中々ないと思いますっ!!

 

P1290459

そしてこちらの熟成シュトーレンは、20年熟成の酒粕を使用して、まさに酒トーレン!!

もう少しおいてから食べたほうが、より熟成感が増して、ダラ燗にも合いそうですっ~~

 

P1290461

素晴らしいコラボを企画いただき、本当にありがとう!!と、声を大にして三越さんにお礼を言いたい(笑)

 

丸井今井札幌本店と札幌三越のおせち予約開始日は10月2日(火)~

そしてクリスマスケーキは10月17日(水)~

 

全て数量限定ですので、気にな商品はお早めに予約することをお勧めします!

各店舗、他にもスペシャルな商品が盛りだくさんでしたので、カタログをゲットして、じっくり悩むのも楽しいかもですっ^0^

 

函館・湯の川がアツい!!~La Cashette&Endeavor

2ヶ月ほど前のことですが、WINE-WHAT⁉という雑誌の取材で函館に行ってきました!

01eaf54b74352dd5f64e8af561e71dee1391cd28fc0151dd995d84371e85bd9db04ca2493266df98c74c

3月に続いての函館。

1年のうちに2回も函館に行けるなんて、今年は函館にご縁があるんだわ♪なんて思ってしまいます^^

メインは“のまサルーテ”の取材でしたが、そのおかげで新たな函館の魅力を知ることが出来ました!

それが“湯の川”

P12409200126732f39ab6a2d8504bb4480766e8f9985ee0d76

湯の川といえば温泉街。もちろん、過去に泊まったこともあります。

どちらかというと、定山渓的な存在?

でも今回、湯の川地区の印象が大きく変わった施設が2つありました!

それが【La Cashette~ラ・カシェット】

018525c60ac6370daa874d1d39b69d727685bf18ffP1240927

1400坪という広大な敷地の中に、3部屋+リビング&ダイニングの貸別荘が1棟という、なんとも贅沢な空間!

P1240890

あまりの素敵さに入った瞬間から、『うわぁぁぁぁ。。。』と、口を開けたままウロウロしてしまうありさま^0^;

P1240889P1240891

2階から撮影した図

P1240899

雑魚寝なら何人でも泊まれそうですが、定員は大人6名

P1240896

こちらが主寝室で、お隣にはジャグジー付きのUT

 

P1240897

 

 

他の2部屋は、シャワールームと洗面台を挟んで繋がっている感じ

P1240900

P1240894

 

でもって、広大なお庭には別棟で温泉ジャグジーが!!!!

P1240926

窓を開ければ、まるで森の中で湯船につかっている感覚♪

P1240929

湯の川のお湯は少し熱め

ちなみにすぐお隣に朝からやっている銭湯がありまして、友人はそっちにもわざわざ行ってました(笑)

 

P12409550135c2639e3c06483534c4b483155853d88a753f59

明るいうちもステキですが、夜がまたいい雰囲気♪

エタノールガスの暖炉もあり、これからの季節はこの炎を眺めながらまったりアルコールを楽しむことも出来ます♪

今回は使わなかったのですが、お庭にはBBQを楽しむスペースもありまして、事前に伝えればそちらを利用することも可能デス

次は息子や姪っ子たちも連れて、ワイワイ楽しんでみたい!
と、今回も大人だけで相当ワイワイ楽しみましたが・・・^0^;
(近くにコンビニがあるので、アルコールが切れる心配がない・笑)

 

01e6235fcfd1a4782e386888c3a531410e07ca262e

カシェットには、こちらのミネラルウォーターがセットされているのですが、このお水を販売している乙部町の「命水乙部ボトラーズ」が、つい最近湯の川にオープンさせた、「函館湯川ブリュワリー」併設の飲食店が、カシェットから歩いて10分弱のところにあります^^

P1240918P1240917

それが【Endeavor~エンデバー

P1240913

17時ごろ行きましたら、すでにビールを楽しむお客様が!

012eb26dfa6ce328a84cd12698ae75fdf36307d6b3P1240915

壁にタップがたくさんありますが、お邪魔した際に用意されていたのは、

Green Light(ペールエールベース)、The day(ヴァイツェンベース)、Hydrangea(ホワイトエールベース)の3種類(580円+tax)でした

乙部町の水・ガイウォーターと、大麦を一部使用して醸造しているそうです^^

_DSC7365
※撮影:photographer 浦島英希氏

こちらまマイクロブルワーですが、今後、乙部町の工場では大量生産する予定とのことで、各地で飲めるようになるかもです^^
(乙部町にも取材に行きたい!!)

 

そしてエンデバーは、モーニングもやっているんです^^
※ビールの提供は12:00~

P1240959

パンまで自家製!

クラフトビールも美味しかったけど、モーニングもイイ!!

コーヒーも美味しい~~

P1240962P1240957

雰囲気含めて、とっても癒された時間でした^0^

P1240910P1240909

ちなみに雑貨も販売中♪

またゆっくりお邪魔したいデス^^

 

おまけ

0152cf8b92562fd16c06d7d4ed60bd18e42d7d944f011536af02591b436d81770616e5c51998b03279d6

endeavorに行く途中に偶然見つけた【やきだんご銀月】

あとから地元出身の方に聞いたら、すごく有名なお店でした!

そして、ものすごく餡がたっぷりで美味しかった~~~~

 

他にも素敵な飲食店が色々あると伺いましたので、出来ることならもう一度カシェットに宿泊し、次は湯の川ハシゴを堪能したい^0^

 

 

北海道自慢をまた一つ・・・美唄・西川農場の素敵すぎるBBQ

先日、素敵なお誘いを受けまして、美唄の西川農場さんへ行ってきました^^

P1220687

ものすごく贅沢なラインナップ!!!!!!!

美唄は特急だと35分くらいで着いちゃいます!プチ大人の遠足♪(ちなみに出発前にアピアで軽く1杯ひっかけてます(笑))

 

昨年、一昨年と、11月に行われている【謝肉祭】に参加しているので、西川農場さんに来るのは今回で3回目

P1220623

西川農場の羊(サフォーク種)は、“アスパラひつじ”と呼ばれてまして、エサにアスパラの根っこの部分を与えています^^

P1220619

P1220618

ちょうどアスパラ最盛期!!

P1220635

ということで、モグモグタイム!!

すっごい勢いで食べてますっ!

P1220632

見てたらワタシもアスパラ食べたくなってきました^0^;

 

倉庫には素敵な調理器具が♪

P1220615

 

P1220673

じっくり調理中^^

ちなみに5歳の羊だそうです。

 

P1220667P1220669

そしてこちらは鹿肉!

P1220676

こんな素敵な一皿になりました!!

アスパラはもちろん美唄産。あまりのみずみずしさに悶絶・・・

そしてゆり根の甘さもパンパないっ

P1220678

鹿肉も羊肉も何もかもが美味しすぎる・・・と、まるでカニを食べているときのようにしばし無言になる・・・

 

と、今回はメインディッシュの前の料理もどれもすごかった

コチラはストウブのパン

P1220646

その、ストウブのパンを使った、1皿

P1220664

モッツアレラチーズをかけてオーブンで焼いたそうですが、ベーコンとトマトの旨みがパンに全部しみ込んでいて、これがもう・・・と、言葉を失う

P1220666

ちなみにサニーレタスも美唄産ですが、これが驚くほどサクサクした食感でして、食べるたびに『美唄スゴイ!!』と心で叫んでいたのでした^0^;

 

P1220647P1220653

羊のソーセージとアスパラ&椎茸のアヒージョ  そしてカリフラワー

北海道の野菜万歳~~~!!ってくらい美味しい

P1220656P1220652

こちらの2品は以前ブログでも紹介した、シャルキュトリーテールのパテとピクルス♪

 

P1220650

そして絶品がもう一つ!

参加者のTさんが新十津川のヴルストよしだまで行って仕入れてきてくれた、上川大雪酒造の酒粕を使用して作った上川渓谷美豚のハム!

そして冷蔵庫で寝かせていたという、上川大雪・彗星の生酒

これ以上の組み合わせなんてないでしょう!というほどのペアリング><

ハムは、ほんのり酒粕の香り、そしてとろける柔らかさ・・・

 

と、ワインの方もあり得ないラインナップで飲み比べることが出来ました(T^T)

P1220614 P1220654

10Rワイナリー 宵の明星 MIRUTO

KONDOヴィンヤード ブラン

千葉農園 ヒノデダンケ

どれも10Rワイナリーで醸造したものなのです!(しかも同じ日に瓶詰したそうで・・・)

そしてそのワインを開けてくれているのが、千葉農園の千葉さん!!

まだまだこれからとおっしゃってはいましたが、可能性を感じる白でした♪

 

P1220683

最後にバナナブレッドをいただき、タクシーで美唄駅へ

札幌駅に到着したのは22:30過ぎ

まだ飲める!!ということで、ついススキノへ・・・

オイシイモノの価値を分かち合える人との飲み会は、どうしても長くなってしまいます(笑)

 

 

pageTop