札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『イタリアン』カテゴリーの投稿一覧

イタリア料理 イルピーノの美人ランチ

ヘルシーDo応援企画・美人ランチ第4弾は【イタリア料理 イルピーノ

P1230005

健康数の子とバジルのパスタ(サラダ・フォカッチャ付き

P1230010

これまで食した、教文キッチンVistaホテルエミシア札幌テラスレストランキタラは“バラ子”だったので、今まで味わった美人ランチの中では一番数の子感があります

数の子のほかに、おくらや大根、トマトなど、野菜もたっぷりで思っていたより食べ応えあり。

そしてバジルソースがこんなにも数の子と合うということを初めて知りました!!

ちなみにバジルにも、代謝UP効果があるそうです~

P1230004P1230012

パスタのほかに、サラダとフォカッチャが付いているので、野菜不足気味なときにも進めたい美人ランチ♪

イルピーノさんのランチタイム、かなり久しぶりにお邪魔しましたが、男性の比率が高いお店ですね~

ここなら、男性の皆さまもより気兼ねなく、美人ランチを堪能できそうですよ^0^

 

“健康数の子とバジルのパスタ”は980円(税込み)

5月31日(木)までのランチタイムで味わえます^^

 

31357906_199101690701193_4469571116880363520_o

 

 

 

美人ランチ第2弾は、ホテルエミシア札幌【ラ・ステラ】

31357906_199101690701193_4469571116880363520_o

先日は、“教文キッチンVista”の美人ランチをご紹介しましたが、今回は新さっぽろにあるホテルエミシア札幌31階のイタリアンレストラン【ラ・ステラ】の美人ランチを食してきました♪

 

P1220743

健康数の子とグレープフルーツ ナッツのパワーサラダオリゴノール入り黒酢ドレッシング

バラコと呼ばれる数の子がさりげなく添えられていて、言われないと数の子って分からないのですが、食べると食感が数の子!

前回もサラダに添えられていたけど、やっぱりこの使い方は良いかも!!

そして黒酢ドレッシングとグレープフルーツとのバランスがいい感じ^^

何より、新緑を眺めているような一皿に眼精疲労が癒される気分♪

 

P1220749

じゃじゃ麺風ミートソースパスタ 自家製オリゴノール入りタリオリーニ

見た目はじゃじゃ麺ですが、麺がタリオリーニなので食べるとイタリアン!

その、なんとも言えないギャップにハマりました~

それにしてもこのタリオリーニの食感、ものすごくいい塩梅!!道産小麦のルルロッソを使っているとのことですが、麺職人さんの腕がかなり良いと思う!!!

この麺は定番にすべきです!!と、アツく押しておきました^^

 

P1220752

色々野菜と鶏もも肉 天使海老 ココナッツ トマトのアイタルシチュー風

なんでもジャマイカ風の料理なんだそうですが、トマト風味の中にココナッツが入ることによってまろやかな食感になって、食べていくうちにハマってしまう味わい!

食べ応え抜群な具(天使海老美味しすぎ!!)がたっぷりなので、出来ればもう少しスープが飲みたいかも~~

と、感想を述べたので、もしかしたら今後は少し増えているかも(笑)

 

P1220757

きな粉と米粉のシフォンケーキ オリゴノール入りジンジャージェラート

前回食べた時もすごく美味しかった、ジンジャージェラート

P1220760

さらにジンジャーが効いていて、ますます美味しくなっていました^0^

P1220746

毎回美味しくてつい、食べすぎてしまいそうになるところをグッと我慢するチャバタ(じゃじゃ麺のソースとスープの時に大活躍!)とコーヒー(or紅茶)がついて2000円

 

美人ランチは5月末日までの期間限定ではありますが、全体的にものすごく暑い日に食べたらもっと美味しいだろうなぁ~と感じたので、好評なら延長して提供する可能性もあるようです!

 

 

大通の路地裏が賑やかになりそう♪【Source】

昨日4月24日(火)に、グランドオープンした【Source

P1220189P1220190

場所は同じく24日(火)に中)南1西1にオープンした、東急ステイホテルの1F

ジュンク堂横の地下鉄の出入口からすぐの仲通りに、いつの間にかこんな大きな建物が出来ていてビックリ!!

そして煌々と輝く、ガラス張りの素敵空間

何だか一気に、ココの通りが明るくなった感じがします^^

 

オープン初日ということで、店内ほぼ満席

P1220192

お客様が引けてからちょこっと撮影

P1220218

壁側はソファ席

P1220220

カウンターも含め、どこに座っても落ち着く感じです^^

P1220195 P1220197

今回は中央のロングテーブルへ

お通しはグリッシーニ バーニャカウダーソースもついてきます

オランダのビール、グロールシュヴァイツェンの樽生があったのでオーダー

このグラス、すごく手のおさまりが良くって、飲み進んでしまいました(笑)

もちろんグラスの形だけじゃなく、ちょっと酸味を感じる味わいが、ワタシの苦手なビールの味とは少し違って、クピクピいけるのです^^

 

P1220199

まずは前菜5種おまかせ盛り合わせをオーダー

P1220201

この、チェリーチリとグリーントマトと玉ねぎのピクルス、食べ応えがあって、しかもビールに合う酸味!ちなみに単品だと380円♪

 

P1220203

サラダの中からセレクトしたのは、店長さんイチオシの“ロメインレタスの焼きシーザーサラダ”

野菜って、軽く焼いた方が確実に箸が進みます!!

 

P1220204

こちらもオススメしていただいた、“ブッラータチーズを使ったカプレーゼ”

写真映えしますね~^^

2種類のソースで楽しめて得した気分♪

 

P1220207

ソフトシュリンプとブロッコリーとアボカドのアヒージョ & 北海道産サルシッチャとミニトマトとインゲンのアヒージョ

どちらもまたまた、グロールシュヴァイツェンが進む美味しさ!!

P1220209

油がもったいなくって、パン3種盛り追加オーダー

P1220211

 

オススメはサーロインだったのですが、のん兵衛&アラフィフにはラム肉の方がしっくりくるわけで・・・(笑)

P1220213

うん!やっぱり正解でした^^

お肉食べたらワインが欲しくなって、ロゼを1杯♪

P1220216

 

夏には外にもテーブルが出るみたいなので、ますますにぎやかになりそう♪

モーニングとランチはビュッフェ形式で野菜をたっぷり楽しめるようなので、女子でいっぱいになりそうですが、夜は思っていたよりオトナな空間として使えそうなので、男性にもオススメかも^^

 

 

 

 

沼ノ端の飲まさるイタリアン♪【Regalo da Jfarm~レガーロ・ダ・Jファーム】

Jファームの見学後向かったのは、JR沼ノ端駅近くにある、【レガーロ・ダ・Jファーム

P1210294

沼ノ端という地名は知っていましたが、初めて来たかも・・・

新興住宅街なのかな?すごくキレイに整備された街でした^^

そこで、(特に夜になると)ひと際目立つ建物が、Regalo da Jfarm

P1210295P1210297

 

P1210247

札幌のお店を取材したとき、『苫小牧のお店もすごく素敵なんですよ』とは聞いていたのですが、その言葉通り、すごく居心地の良い空間でした^^

P1210246

失礼ながら、沼ノ端にこんなに素敵なイタリアンがあるとは・・・というのが、第一印象

 

P1210249P1210252

さっそく泡からいただきました^^

1品目に出てきたのはミネストローネ

さきほどのトマトが使われていて、甘みと酸味がしっかり味わえるスープ♪こういう美味しいスープを食べると、一気に食欲が増します!!

 

P1210256

イタリア産ブッラッティーナとキャビア Jファームのトマトとサフランのジュレ

なんだか食べるのがもったいない・・・

でも食べ始めると、一気に頬張りたくなってしまう・・・^0^;

トマトのジュレが、さすがにおいしかった!!

 

P1210258

滝川産の鴨胸肉のスモークとフォアグラのテリーヌ キンカンのマルメラータ

一瞬、キンカンがトマトかと思いました^0^;

間違いなく、ワインが進む一皿!

P1210265

真鯛とホタテのアクアパッツア

札幌店で食べた時も思いましたが、魚介の使い方がすごく上手!(苫小牧だから??)

じわ~っと体中に染み渡る美味しさなのです^^

 

P1210269

ホタルイカと茎ブロッコリーのスパゲッティ

出た~~

飲まさるパスタ!!!

のん兵衛なんでと伝えておいたので、量も控えめにしていただき、まさにいい塩梅のパスタでした^^

 

P1210275

フランス産モリーユ茸のニョッキ 黒トリュフがけ

さらに飲まさるやつが登場!

この香りは本当にズルいっ!!! ペロリとたいらげてしまいました^0^;

 

P1210281

仔羊のカツレツ Jファームのベビーリーフとトマトのサラダ

もうお腹がいっぱいでカツは厳しいかも・・・と思っていたのに、ビックリするほどくどくない、ラム肉のカツレツでした!

そしてトマトがやっぱりオイシイ♪

 

P1210283

コチラのお料理、 こんなパフォーマンスもあったり!!

各テーブルでも巨大なミルの登場に盛り上がり、お店の雰囲気もイイ感じでした^^

 

P1210299

カッサータ グレープフルーツとはるみオレンジのカンパリゼリー寄せ

大人のドルチェはワインにも合うので。お腹がいっぱいでも美味しく頂けちゃいます^^

 

何度も言いますが、ココは沼ノ端

一瞬、どこにいるのかわからなくなってしまいました^0^;

 

毎度のことですが、料理がおいしくて雰囲気が良いと、必然的に飲まさりますよね~

P1210261 P1210263

P1210280

沼ノ端なので、飲む人間としてはそう簡単には来れないけど、最近美味しいものを食べるためのJR旅も悪くないなぁ~と思い始めているので、そんな風に思ってくれる飲み仲間と、改めて訪れたい!!

 

P1210310P1210305

つい親心で応援したくなる、素直でカワイイスタッフたち^^

エスプレッソカップも可愛かった~♪

大満足な苫小牧遠征でした!!

 

 

 

 

 

 

 

4月4日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~Osteria Parco Fiera (オステリア パルコフィエラ)

4月4日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、JR稲穂駅の目の前に3月5日(月)にオープンした、オステリア パルコフィエラ

P1200767

店の前には駐車場もあります。

P1200732

ちょうどお店の入り口から駅方面を見た図

ちなみに、JR稲穂駅前唯一の飲食店だそうです!!

 

P1200763

バリアフリーの店内は、カウンターをメインとした明るい雰囲気

スケルトンだったこちらの物件を、オーナーシェフの中條大輔さんと奥様が大好きな北欧調の内装に仕上げたそうです。

P1200734

ランチは奥様にお手伝いに入ってもらっているようですが、ディナータイムはお一人のことが多いので、どこに座っていただいても、目と声が届くような造りにしたそうです^^

 

 

P1200762

早速、お店のウリでもあります、余市・北島農場の豚肉を使用したパテを用意していただきました。

ものすごいボリューム!!

オイシイ豚肉だからそこの甘みと旨みが、じんわり伝わるパテ

パテに感動したのはもちろんですが、手作りの粒マスタードとニンジンラぺがパテに劣らない美味しさで、

思わずこっちに集中してしまったほど!(笑)

※粒マスタード、瓶に詰めて販売してください!と、お願いしておきました^0^

P1200729P1200722

ワインは北イタリア系で、中條さんの作る料理に合うと思ったものを数本置いているそうです。

実はオープン前は、もっとたくさんの種類のワインを置く予定だったそうですが、信頼しているシェフに、『ワインは自分の料理に合うと思うもの1本でも良いんだよ。』と、言われ、すごく納得したそうです。

P1200774P1200775

ちなみに中條さんは昨年まで、以前こちらでご紹介したお店にいらっしゃいました。

その時から、生産者の想いをお客様に伝えるのが自分の仕事ということをおっしゃってはいましたが、独立したことによってその思いがより一層強くなったように感じました!!

と、こちらは自家製ハムとサラミの盛り合わせで出しているモノを少し味見させていただきました。

間違いなく、盛り合わせだけで3杯は行けそうだ・・・

 

以前から手打ちパスタがウリではありましたが、こちらのお店でも健在です♪

P1200721

テーブルの上にはパスタの説明が^^

 

P1200778

ということで、自信作という【アスパラひつじのアニョロッティ・デル・プリン】を用意してもらいました。

見た目は少々地味なのですが、このパスタの一つ一つに、煮込んだアスパラ羊が詰まっています。

一つ食べると口の中がものすごい旨みに包まれまして、一つしか食べていないのにものすごい存在感!

見た目とのギャップがすごい!!

実はこのパスタ、完成するまでに3日間もかかるんだそうです。

 

P1200788

こちらはボネという、ピエモンテの郷土料理

なんと濃厚な味わい!

聞くと、アマレッティというお菓子を一度作り、それを砕いて使用するそうです!!

どの料理も見た目以上に手をかけていることが分かります。。

『夜は一人なので、出来るだけお客様をお待たせしないよう、仕込みに時間をかけ、すぐ提供できるような状態にしているのです。』と中條さん。

ランチも営業しているし、お店にいる時間がかなり長いのでは?と聞いたところ、

『自分の大好きな空間に仕上げたので、。ずっとお店にいることが全く苦じゃないのです。』

まだ30歳なのに、本当にしっかりしていらっしゃいます。。

『料理というより、生産者たちの想いを届けたい』

中條さんはそんなことも話していらっしゃいました。

ちなみに店名の“パルコフィエラ”というのは、“公平な場”という意味だそうです。

生産者も料理人もそしてお客様も、公平な立場で楽しんでいただける店を目指しているそうです^^

 

P1200718

と、カウンターに並んでいたこちらのポット

P1200720

角砂糖をハーブ酒に漬けたもので、イタリアではよくあるそうで、〆に口に入れていくそうです!

と、実はこの日、車で取材に行ってしまったばっかりに、アルコールを頂けずに、3つのお料理をいただいてしまいました・・・><

こんなに飲まさる味わいなのに・・・と、かなり後悔しておりますので、改めてJRでお邪魔したいと思っております!!

(ちなみにランチタイムでも、ワインを楽しむことが出来ます~)

 

pageTop