札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『小樽・キロロ・積丹』カテゴリーの投稿一覧

小樽に常設店が出来た、UNGA↑(うんがぷらす)のラインナップが面白い!

2月16日(日)まで雪あかりの路を開催中の小樽

数々の光に照らされる小樽運河沿いの旧小樽倉庫本社跡に昨年オープンした、【UNGA↑

P1530371

P1530368

以前、何度かポップアップショップでのラインナップなどをブログでも紹介しておりましたが、さすが本拠地小樽の常設一号店!

商品ラインナップがかなり増えていて、見応え満点!P1530367

ただ増えただけでなく、本来のコンセプトである、小樽の歴史にちゃんと寄り添っているところが素晴らしくて、つい一つ一つの説明を読み込んでしまいます。

P1530345

日本郵船旧小樽支店の華やかさを表現した、小樽ハニーガレット

P1530348

 

 

P1530349

和三盆は以前からありましたが、パッケージがさらにステキに♪

パッケージに描かれたアオバトは小樽市の鳥、ツツジは小樽市の花なんだそうです!

P1530354

こうして小樽の歴史を知ることもできるので、ショップでありながら小樽歴史展示室のようでもあります^^

P1530356

P1530357

北前船でご縁がある土地のモノも色々並んでいて、これがまた楽しい!!

P1530360

P1530358

P1530359

これは道産子も買いたくなるものばかり!!

 

クラフト商品も見応え満点のラインナップ

P1530343P1530342

P1530344 P1530340 P1530341

P1530338

お土産やプレゼントってその人のセンスが問われるので、なぜこの商品を選んだのかというコンセプトが大事だと思うのです

コンセプトがしっかりしている商品は、自信をもって贈ることができる^^

P1530363

そうそう、この最中はすごく分かりやすいコンセプトで好きです(笑)

P1540677

この最中の皮を作る職人が小樽にいらっしゃるそうです

最中の皮を意識して食べることってこれまで少なかったけど、パリッとした食感、とても印象に残りました^^

P1540674

P1530372P1530369

建物自体もじっくり楽しんでほしい場所です^^

 

2月8日(土)13:30からHBC〜世界へ羽ばたけ!〜 『LOVE ALL HOKKAIDO』に出演します^0^

ご縁がありまして、2月8日(土)13:30から放送される、HBC(北海道放送)の特番に、北海道のオイシイモノの案内人として出演します!

IMG_2738

このロケを行ったのは、昨年10月末

3日連続のロケで、札幌をはじめ、十勝、仁木、登別と駆け巡りました^0^;

01b05c583bdec5b184dc0478131e115f182f7f19bb

外ロケは、雲の動きでも左右されるので、空とにらめっこだったり

IMG_2791

朝早くに札幌を出発したご褒美に、撮影終了後は美味しくワインをいただいたり^^

010c5197e7b776163189b2fb25a1e12c6c51a4b98f017679d7cf5fcb5b2b58eb3fdde94d210884337b57

01cc3879fbec14843d82e9f6f48820f69c7541e5b7

余市のかくと徳島屋旅館のロケ弁がものすごく美味しくて、幸せな気持ちになったり^^

013c8259e6829f64137a03854327a89be08ff72cde

午前中からジンをたくさん味見したり・・・(笑)

0171312f27b3777adb08ed7edd249743dd099aeb68 01b5ee34736ef2f9d07af9bb85d448b65fb58ccba4

十勝のロケでも、収録後になぜか当たり前のようにワインが出てきたり・・・(無言の圧力なんじゃないのとつっこまれる・・・)

011664cad91db174f30bfa4dd942eec7a38d027a33

わさび園では雨に降られてしまい、みんなびしょ濡れで大変だったのに、ずっと笑顔だった町田亜土さんに惚れました・・・

物知りで、腰が低くて、お話も面白くて・・・本当に素晴らしい人でした!!(日本語はペラペラ)

それにしても、ヒロ福地さんと3日間もご一緒することになるとは・・・ずっと番組リスナーだっただけに、不思議な気分でした(笑)

とにかく楽しくて思い出に残るロケでした!

そして番組を通して改めて、北海道ってものすごく可能性のある場所だと思いました!!

(ハードロックだけにハードなロケでしたが^0^;)

ひとつ不満があるとすれば、フロリダには連れて行ってもらえなかったこと・・・パスポートもESTAもあったのになぁ(笑)

 

IMG_2850

それにしても、編集作業は大変だっただろうなと思います!

なので、正座してじっくり観たいと思います(笑)

 

〜世界へ羽ばたけ!〜『LOVE ALL HOKKAIDO』

2月8日(土)午後1時30分〜 @HBC

出演:ヒロ福地氏
Sapporo100miles編集長・オサナイミカ
ハードロック・ジャパン社長・町田亜土氏
北海道コンサドーレ社長・野々村芳和氏
サツドラホールディングス株式会社代表取締役社長・富山浩樹氏
石屋製菓株式会社代表取締役社長・石水創氏
十勝品質事業協同組合理事・十勝ナチュラルチーズ協議会会長・林克彦氏
株式会社NIKI Hillsヴィレッジ総支配人・舟津圭三氏
北海道自由ウヰスキー株式会社紅櫻蒸留所所長・越川明征氏
登別「藤崎わさび園」4代目店長・藤崎一夫氏

 

告知動画はこちら

12月4日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~N.CREA

内観2

12月4日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、張碓町にあるイタリアン【N.CREA

013a38e20ddca99e6833a0458c77813b9825a31839

オーナーのお母さまの実家を改装し、今年の9月にオープンしました^^

012c93441c101c7e54fef34b57305f572e4339a0fe

国道5号線を小樽方面に車を走らせると、脇坂工務店の看板が見えてきまして、そこを海側に入るとまず、“N.CREA”と描かれたガレージが目に留まりまして、その奥に白壁の一軒家があります^^

01f10ce7f426cd35c414e0ea3da2f9048f63121d7b

庭にさりげなく置いてあったこちらのオブジェを見た瞬間から、どこか普通じゃない雰囲気を感じてはいたのですが、中へ入ると想像以上の空間でした!!

01b8170384d0f30458e860150b8584ab64a9cb1f1c

まず目に飛び込んでくるのがこちらのカウンター&厨房

P1500018P1500017

何ですか?!このギャラリーのような照明たちは!!

P1500004P1490988

店全体より、照明が気になって仕方がない(笑)

そうして改めて店内を見渡すと、どこもかしこも気になってしまい、色んな所からバシャバシャ撮影してしまいました^0^;

01037792578eb6f37a5bcc0aa9fdad7b2001841eec 01a520d4aadf9b0f810d7a165dd238e85dcb004527

01a520d4aadf9b0f810d7a165dd238e85dcb004527 01b2edbf46a14b7ba7ff5a5b38b01dff6054b0e88d

あ!2階もあるんですね!

お客様がいないうちに、2階にも上がらせていただきました^^

0126f488eca0ce63093f1b87272b2aa60c11d56457 0174c9d6e39fb383ffdee776805fd6c3a56e23477e

どこに座っても、会話が弾みそうです♪

01d54454447819b1c0646f386e20b23b07cc29adca 012d49d24386b8544b576933824571339e1b508161

てな感じで、ややしばらく撮影タイムとなりました(笑)

P1500006

気を取り直して、お料理のご紹介に移ります^0^;

まずは、ランチタイムで味わえるパスタorピッツアのセット

P1500015

サラダから既にテンションアップ!

実は裏庭で自家菜園をやっておりまして、お邪魔した11月上旬でも青々とした葉野菜やハーブが生っていました

012f1be17d2483287efe2f189f81d9ef14b00c924a 0191296834a824ccfaa28148dab1a58a4ea3be9cf0

01bf786b698ad497dcf210760e68312749238a0199

大きな栗の木もあって、ここで収穫した栗を使ったスイーツなども作っているそうですよ!

P1500046

冬はこうして室内にもミニガーデンが♪

 

P1500032

こちらはパスタ

“ワインの用意もありますが、いかがですか?”と、天(店?)からのささやきが・・・

車じゃなかったのでつい、ワインもいただいてしまいました^0^;

何を言っても言い訳ではありますが、美味しいイタリアンにはワインが必要だと思うのです(笑)

P1500028

こちらはピッツア

P1500019

ピッツアは店内の釜で焼き上げています^^

P1500023

P1500039

こちらは単品料理の一つ、“道産鶏と地場ハーブのオーブン焼き”

P1500042

鶏肉がパリッパリで美味しいのはもちろんなんですが、とにかく野菜が美味しい(≧▽≦)

やっぱりワインが必要です(笑)

P1500010

実は一部料理の監修を、ビストロポワルの早貸シェフが行っているので、あのコンソメスープも飲めちゃったりします!!
(店舗プロデュースも早貸シェフ!)

 

 

P1500048 P1500052

そして、食後のコーヒーにもこだわりが・・・(なにせ、サイフォンとエスプレッソマシーンどちらも完備)

こだわりはお店でご確認を^^

 

スイーツメニューも充実しているので、カフェ使いも出来るお店です^^

 

P1500037

これから冬になると、木の葉が落ちて見通しが良くなるので。海が見渡せるようになるようですよ!

 

 

 

 

南小樽でサルディーニャに触れる~樽ラボ

先日、小樽にある【樽ラボ】さんにお誘いを受けて、サルディーニャのワインと料理を堪能してきました!

P1450303

クアルトモロ・ディ・サルデーニャ  Qメトド・クラシコ ブリュット

ヴェルメンティーノという、サルディーニャの代表的な白ブドウでシャンパンと同じ製法で造られた泡です

雨上がりでちょっと蒸し暑かった夕暮れに飲むのにピッタリな、繊細な泡と蜜感のある葡萄の味わい

一気飲みしたいところを、若干躊躇してみる(笑)

P1450305

久し振りに食べたヤギのチーズと、ミルキー感のあるスペインのチーズ

美味しくてとまらない~

P1450310

サフランとチーズたっぷりのリゾット

お米もサルディーニャのものとのことで、食感が違います。

イタリアとかのサフランって、色付けだけじゃなくて、しっかり味があるんですよね^^

P1450313

トレスリゾス ビオ エクストラバージン オリーブオイル

リゾットにもたっぷり使われているのですが、このオイルがゴクゴク飲みたいくらい美味しかった!!

最近大人気で、生産者にお願いして分けてもらっているそうです~

 

P1450306 P1450316

2本目はロゼだったのですが、このロゼの生産者のファミリーがつくっているというオリーブ(チーズの横にチラッと移っているヤツです)

このオリーブが、よく食べるのとは違う、イイ感じの苦みがあってハマってしまいました!

それでもって、ロゼに合わせるとやっぱり美味しさ倍増するのです^^

そのあとはお肉料理とさらに赤もいただきました^^

P1450319

サルディーニャもよく、豚肉を食べるそうです^^

付け合わせのイモやズッキーニも美味しかったなぁ~

と、お料理は樽ラボのご主人、Manolo氏が用意してくれました! !

女性陣、ずっと座りっぱなし(笑)

P1450322

あ、デザートの準備は奥様の朝子さんもしてくれてたかな^^

リモンチェッロのソースがかかったパンナコッタ、お腹いっぱいでもペロリと食べられる危険なスイーツ♪

そしてもっと危険なものが・・・

P1450324

まさに、大人のデザートです(笑)

個人的に、サフランのリキュールにハマりまくりました!!

P1450325

 

で、本当の〆がこちら・・・

P1450327

こちらはサルディーニャには全く関係ありませんが、Manolo氏が大好きとのことで、色々揃えているそうです^^

P1450328 P1450329

テンション上がりまくって、小樽なのに時間を忘れて飲んでしまいました^0^;

でも線路が近いので、電車の音が現実に引き戻してくれます(笑)

 

イタリアといっても、色んな町や造り手さんがいて、全然知らない土地もまだまだいっぱいあって、小規模で作っているから、全然表に出てこないアルコールや食品もいっぱいあるんだろうなぁ~と、初めてサルディーニャに触れて実感

いつか、サルディーニャに行ってみたいなぁ

でもしばらくは難しいだろうから、とりあえずまた南小樽に行きます(笑)

 

 

 

 

小樽ハシゴ酒でおもてなし

20代からの付き合いとなる、前職の先輩(現在は神奈川在住)が来道することに。。

“この時期に北海道の今的なものと、田舎的なものをみておきたい”との要望があり、車のない先輩でもサクッと行けて、自分も仕事が終わり次第、駆け付けられる場所!ということで、小樽を提案

P1380300

ちょうど先日行ったばかりだった【石と鉄~STONE AND IRON】のことなどを教えたら、“自分が知っている小樽と全然違う~”とのことで、無事に小樽に決定!

ワタシも仕事が思ったより早く終わったので、半ば強引にもう一人の先輩も引き連れて夕方、札幌駅から小樽行きのJRに乗り込みました

ベンチシートだったので写真は撮れなかったけど、その時の車窓があまりに美しく、30分強の移動が素晴らしい癒しの時間に・・・

それは、神奈川から来た先輩もそうだったらしく、さっそくsの画像がSNSにアップされていました^^

P1390064

石と鉄には、前回の訪問から1ヶ月も経たないうちの再訪だったのですが、初訪問の二人は外観・内観ともにステキ!と、ワタシが初めて行った時と同じ反応^^

ドリンクとともに、アルコールのアテになりそうな前菜プレートをお願いしてみました^^

サスガのセンス!

こちらで長居するのも良かったのですが、せっかくなので久し振りの小樽を見てもらいたい!と、少し歩いて、酒商たかのの本店へ

P1390067P1390068

ワタシも本店に行くのは久しぶり!

やっぱこの、本店ならではの雰囲気、たまりません^^

“今日はちょうど、最強のしめ鯖があるよ!”と出してくれたのが、発寒にある【かねしげ鮮魚店】のしめ鯖!

これは、なんと大当たりな日^0^

P1390070P1390072

いつものお通しも美味しくて、飲まさる・飲まさる(笑)

P1390074

追加したニシンの切込み

先輩は、久し振りに飲んだ道産酒がものすごく美味しくなってる!と、驚きの表情^^

さて、終電まではまだまだ時間はあります!

ということでおたる屋台村・レンガ横丁にある【バリロット】へ

 

P1390075P1390079

ちょうど“くまコーラ”があったので、ぜひ!と薦めると、二人とも気に入ってくれた様子^^

まだ寒い夜だったので、温かいじゃがいものスープに感激♪

P1390081 P1390083

ホタルイカの梅醤油

これはどう見ても日本酒でしょ!と思ったら、ちゃんと赤に合うのが素晴らしい

ということで、余市の赤ももちろんお薦めしておきました^^

P1390085

個人的にも大好きな、余市・北島農場の豚肉を使用したミラノ風カツレツがあったので、これは食べてください!!と、若干強制的にオーダー(笑)

結構お腹は膨れていたけど、これなら食べられる!と、またまた喜んでいただけた♪

P1390089P1390092

お腹いっぱいと言っているのに、あまりに美味しそうなニョッキを見つけてしまい、3人なら食べられるよね!と、いただいちゃいました^0^

P1390095P1390097

 

おもてなしといいつつ、自分が行きたかったところ・知ってほしかった北海道のオイシイモノが中心

だけどそれで相手が喜んでくれた時って、心底ウレシイ!!

 

 

 

 

 

pageTop