札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『小樽・キロロ・積丹』カテゴリーの投稿一覧

ますます積丹から目が離せなくなりそう~積丹スピリット&海森計画

P1820097

以前、こちらで紹介した北海道発のクラフトジン【積丹スピリット

施設のお隣にある、絶景がウリの【岬の湯しゃこたん】が今年の1月末日で閉鎖され、その行く末が気になっておりましたが、積丹スピリットさんも携わっていくこと(株式会社SHAKOTAN GO)が決まったそうで、今後の展開を個人的にもとても楽しみにしております!!(詳細はこちら

 

と今回は、昨年BAR一慶さんで開催された『ENJOY CRAFT GIN』の第2弾が、【kinoole】さんで行われた時の様子をご紹介

P1820054

kinooleさんはジン専門のBARで、極狭のお店の中には世界のジンが揃っています

そこでバーテンダーをされている寺川さんに、“火の帆”のKIBOU / BOUQUET / BOUQUET LIQUEUR HAMANASUを使用したオリジナルカクテルを作っていただき、実際に味わえるという、なんとも素敵なセミナー(笑)

P1820073

まずはこちら、KIBOUで作ったジンフィズ

定番のカクテルではありますが、Suzeという甘みの中にほろ苦さがあるハーブリキュールでシロップを作って混ぜているので、KIBOUの特徴でもある、アカエゾマツの香が引き立ちます^^

喉が渇いていたので、一気に飲み干したくなってしまいました(笑)

 

P1820089

そしてこちらは、BOUQUET LIQUEUR HAMANASUを使用した、ネグローニ風の1杯

P1820081

元々赤い色合いのHAMANASUに、スイートベルモットとカンパリを入れて作った、深紅のカクテル!!

P1820083

P1820090

これはインパクトあります!!

ほんのり甘いので、ちょっと疲れた一日の〆に飲むのにもピッタリかと^0^

P1820096

実は今回、3種類のカクテルの中から2種類をセレクトするシステムだったのですが、もう一つがBOUQUETを使用したこちらのカクテルもありまして、ゼラニウムウォーターでトワイスアップしたものということで、これがまた見た目も美しくて、究極の選択となりました^^;

積丹スピリットのジンは、積丹のボタニカルの特徴を生かした積丹らしさを前面に出した製品を展開していますが、どのカクテルもその特徴が良く伝わる1杯だったと思います^^

 

P1820071

特にこのUMIは特徴的で、ストレートで飲むと積丹の海を連想させる塩味と、春を告げるふきのとうの苦みが感じられて、北海道・積丹らしいジンだなと思うのです^^

P1820058

今回、UMIの塩味に合わせて作ったという、ケッパーの塩漬けを使用したチョコレートも登場

ちなみにチョコレートは、【キフェ・ラ・メゾン】作

こちらのチョコレートは通常では販売しておりませんが、積丹ジンに漬けこんだ“ジンレーズン”のチョコレートを販売しています♪

 

2回に渡ってクラフトジンの楽しみ方を教わり、ジンの世界が広がりました!

そして積丹スピリットの想いも、さらに確認することが出来ました

safe_image

前回ブログをアップした時は、まだ公式サイトが立ち上がっておりまんでしたが、【海森計画】も無事始動中!

クラフトジンブームにのっかるのではなく、未来の北海道・積丹のための活動を続けていく・・・

↑堂々と飲める、なんとも素敵な言い訳にもなると思いませんか?(笑)

Niki Hills Wineryでクリスマスを満喫☆彡

P1810737

↑まるで本物のサンタさんのようなシチュエーション

こちら、先日のクリスマスにお邪魔した【Niki Hills Winery】での一コマ

12月24日と25日に開催された、“ワイン好きのためのクリスマスイベント”に参加してきたのです^^

016cb65d801fac992f0d8b7cdefe1e39e4538163a6

まずは札幌駅からJRで仁木駅まで

小樽までは青空が広がり、海もきれいに見えていたのですが、余市を越えたあたりから真っ白に

01528e77f033e841988295f56cebbcbaab2eee6545

そんな風景も余裕をもって楽しめるのが、JR移動の良いところ^^

01a771fd7039022f440f59949aa6cfaa191957aca6

仁木駅からは、送迎バスでNiki Hills Wineryへ向かいます

01e9832d43478375c501f74ba6dc1b0bff0dd28443

Niki Hills Wineryにはもう何度も訪れていますが、実は一番最初に訪れたのは冬でした

この、ぶどうの苗木が雪に埋もれている風景も、北海道ならではッて感じで、個人的には好きなのです^^

P1810726

店内には大きなクリスマスツリーが飾られ、暖炉には薪がくべられ、そして大きな窓から見える雪のぶどう畑の景色も含めて、クリスマスムードが漂っています^^

P1810683

P1810670

今回のイベント、3種類のワインがフリーフロー!

P1810724 P1810679

もちろん、全種類飲みます(笑)

P1810685

奥の特別室に行くと・・・

P1810676

なんと、醸造家の麿さんが自ら生ハムをカットしているではありませんか!

P1810673

慣れない作業に悪戦苦闘していましたが、お替り自由ということで遠慮なく頂いちゃいました(笑)

P1810686

他にも、円山にあるエクレレさんのチーズも好きなだけ♪

P1810711

さらにはワインにもピッタリな贅沢デザートプレート付♪

P1810728

何せ居心地ががいいので、ワインもクピクピ進んでしまいます^^

P1810695

P1810702

別料金ですが、発売前のロゼスパークリングも頂きました!

これがまたすごく美味しいではありませんか~(≧▽≦)

P1810705

そして300本しか作っていないというピノ・ノワール!

こういう特別なワインがいただけちゃうのが、ワイナリーイベントの良いところですよね^^

P1810718

今回は小5男子も連れて行ったのですが、途中で早く帰りたいって言いだすのではと思っていたのに、意外にも堪能している様子

P1810697

飲んでいるのはもちろんジュースですが、Niki Hills Wineryで作られているスパークリングぶどうジュースやりんごジュースなど4種全部制覇して、俺はこっちの方がスキかなと、テイスティングしながら飲んでいました(笑)

P1810708

今回は、Niki Hills Wineryのモチーフでもある北斗七星にちなんで七つの空間があり、外にはかまくらテントも用意されていました

P1810714

が、“大人の隠れ家”が居心地良すぎて、かまくらテントも地下のショップ見学も出来ないまま、帰路についてしまいました^^;

P1810739

帰るころには晴れ間も見え、その風景が美しい!!

P1810741

サンタさんは、私たちが送迎バスに乗り込むまで、ずっと見送ってくれていました^^

P1810693

最後にはお土産まで!

P1810765

 

今回は、クリスマスの特別企画ではありましたが、1月末日まで、ものすごくお得な日帰りバスツアーがあるんです!

thumbnail_thumbnail_300_250_v1

ランチも付いて5100円とは、かなりお得かと♪

一度は冬のワイナリーを実際に見てもらいたいなぁ^^

【2021備忘録シリーズ・その1】小樽の名店・バリロット

P1780619

気が付けば2021年も残すところ半月を切りました

え?!半月もないの???って改めて焦っているところです・・・

改めて振り返ったら、アップしきれていないものが色々あります(T-T)

そんなわけで、季節はすっかり変わってしまい、お料理に関しては今はないメニューが含まれていると思いますが、お蔵入りするには忍びないのでアップさせていただきますm(__)m

0198183d2a5fb34ff8b6e9c941e25339e711c15634

こちらは、おたる屋台村・レンガ横丁にある【バリロット】さん

この日の夜、貸切で立ち寄らせていただきました^^

私は2019年4月以来、久し振りの来訪♪ ←しかもこの時は3軒目で行ってるし^0^;

P1780595

最初の1杯は、 Domaine ICHI(ドメーヌ・イチ)さんの蝦夷泡

五臓六腑に染み渡る美味しさ(≧▽≦)

P1780597

さらに染み渡ったのはスープ

既に何のスープだったかは失念してしまいましたが、美味しかったのは間違いありませんっ

P1780600

シマエビ他、カルパッチョ

ワインがグビグビ進む味わい

P1780604

もうメニュー名は諦めよう・・・^^;

美味しさ、画像で伝わりますか?

P1780606

料理が美味しいと、自動的にワインが飲まさります

そしてワインが美味しいと、食も進みます(≧▽≦)

P1780608

何度食べても美味しい、北島豚のカツレツ

P1780609

添えられている、ジャムとキャベツの酢漬けも良いんですよね♪

P1780611

さ、もう1杯!(笑)

P1780614

ここでタチ登場~~~

悶絶・・・

P1780615

ヨルトノさんのパン

実はこの日の収穫の後、時間があったら立ち寄りたいと思っていたのですが閉店時間に間に合わず断念していただけに、バリロットさんで出てきた時は、小躍りしちゃいました(≧▽≦)

いつか、ヨルトノさんにも行ってみたいなぁ~

P1780617

ここでお肉料理

P1780620

そしたら赤頼むしかないですよね(≧▽≦)

ここまですべて、後志地方のワイン!相変わらずバリロットさんのグラスワインのラインナップは素晴らしいです!

P1780623

〆はツマミにもなる、リゾット

完ぺきなコースでしたっ!!

バリロットさんは、カウンターだけの小さなお店ですので、事前予約必須です

 

 

余市がますます魅力的に♪ その2~リキュールファクトリーとLOOP

P1710372

先日、オープン前のエルラプラザの取材を行った後、複数の知人のSNS投稿で気になったていた【余市リキュールファクトリー】

P1710374

場所は柿崎商店の斜め向かい

余市駅からニッカウヰスキー工場方面へ向かって歩き、左に曲がってすぐのところにあります

P1710391

元々冷蔵保管庫だったということで、入口が冷蔵庫の扉なんです!!

P1710378

入って左手に、リキュールらしきボトルがずらり

P1710376

オープン当初はぶどう1種類のみでスタートしたそうですが、つい先日りんごも出来上がったようです^^

P1710375

試飲が可能ということで、早速頂いちゃいました^^
(こんなこともあろうかと、公共機関で来たわけです・笑)

P1710382 P1710379

まずはりんごリキュールをいただきました

アルコール度数5%ということで、オサナイにとってはジュースではありますが、りんごそのものの甘みが楽しめて、アルコールは大好きだけど年齢的にも度数の低い甘いお酒を好む母とかにオススメしたい味わい^^

そしてキャンベルという品種で作った黒ぶどうリキュール、こちらもアルコール度数は5%

りんごよりはアルコールを感じます

優しいワインという感じかな

これから地元の農家さんの、味に問題ないけど出荷出来ない果物をリキュールにしていきたいと、店主の寺尾さんはお話ししていました^^

P1710387

この日は製造はしていなかったのですが、雰囲気が知りたくて、寺尾さんに半ば無理やり、作業風景を再現してもらいました^0^;

このタンクに果汁を入れてアルコールを添加し、瓶詰めするそうですが、今はお一人で作業されているので、業務が渋滞を起こしていると、苦笑いされていました^^;

ちなみに寺尾さんは、小樽にある田中酒造の元杜氏

余市出身ということで余市リキュールファクトリーを設立されたそうですが、これからが楽しみです!!

ちなみに平日は主に製造業務に徹していて、週末にお店を開けるような形にするそうです^^

 

InkedP1710401_LI

せっかくなので、ランチも楽しんでいくことにしました

P1710393

お店は、余市駅前にあるホテル&レストラン【Loop

P1710392

昨年10月にオープンしたそうです^^

P1710398

とっても開放的な内観

よく見ると、コンセントも付いていました

P1710396

肉好きとしては、北島豚のローストをオーダー

ワンプレートになっていて、野菜もたっぷり♪

そして全部美味しい!!

P1710397

こちらはクロソイのフリット

う~ん、ワインが飲みたくなります(笑)

P1710400

というのも、横を見ると美味しそうなワインがずっりと並んでいるワインセラーがあるものですから(≧▽≦)

P1710399

次回は、もっとゆっくりお邪魔できるときに来たいと思いますっ

ちなみにランチは週末のみの営業とのことなので、ご注意を・・・

 

駅前には【Y’n】もあるし(こちらも週末限定営業)、かくと徳島屋(要事前予約)もある!

もちろん、ニッカウヰスキー余市蒸留所も!!※現在は事前予約のみ受け入れ

やっぱり、余市には自家用車より、公共機関がオススメです♪

余市がますます魅力的に♪ その1~エルラプラザリニューアルオープン

P1710402

以前、こちらのブログでもご案内していた。余市駅併設のエルラプラザが4月10日(土)にリニューアルオープンするということで、前日の9日(金)に事前取材させていただきました^^

P1710370

ギリギリまで、色々手直し中^^;

P1710342

商品ラインナップがガラリと変わったわけではないのですが、スッキリ見やすくなった感じで、改めてじっくり見ると、余市りんごを使用した商品ってホントに色々あるんですね!

りんごジュースだけでも数種類あります!

P1710341

P1710355

ファーム夢の森のりんごじゅーすを、少し試飲させていただいたのですが、まんまりんご果汁!!

地元の幼稚園が出がけているとのことですが、まさにお子様に飲ませたいりんごジュースって感じですっ

P1710343

他にもりんご煎茶やりんごのほっぺカレー(特にお子様にオススメなカレー♪)、お菓子も色々揃ってました

P1710344

P1710346

P1710348

P1710347

そうそう、このりんご飴、ずっと青森のお土産だと思っていたのですが、作っているのが小樽にある飴谷製菓さんだって知ってました??

P1710368

地元のワインコーナー

P1710362

なかなか余市のすべてのワイナリーのワインは揃いませんが、地域限定のものなども取り扱い中

P1710367

 

 

 

489d28e5eb5fa75affe6cf70b49971d2

そうそう、エルラプラザ一番人気のアップルパイ、実はパイ生地とリンゴの甘煮という状態で仕入れ、店内の調理スペースで挟んで焼き上げているそうです!!

P1710371

そう聞いてよく見てみると、店内に調理スペースがありました!

だからいつも、焼きたての香りが漂って、つい買いたくなるんですね^^

それから、人気のジェラートの中で、特に人気の高い、りんごとワインのジェラート

いまでこそ外注で作ってもらっているそうなのですが。登場した平成8年頃は、なんとこちらで作っていたそうです!

な、なんと!!

てっきり、どこかの人気のジェラートを販売しているだけかと思っていました^0^;

なので、レシピはエルラプラザのスタッフさんが開発したそうです

今日はオープン前だったので、アップルパイもジェラートも食べられなかったから、改めて行かなくちゃです!

P1710404

アップルパイとジェラートに続く看板商品になりそうなのが、地元の小学生が開発した【あっぷりん】

P1710403

同じく地元にあります、Sugar Gardenさんが監修&製造し、3月26日に発売となったようで、今まではお店と余市川温泉でのみの販売だったそうです

エルラプラザのリニューアルオープンを記念して、とりあつかうことになったそうです!

そんな話を聞いたら、絶対食べたいじゃないですか~!!

これはお店まで足を運んだ方が良いのか?

でも、今日は車じゃないしなぁ・・・

と話していたら、なんとタイミングよく商品が納品されたのです!

P1710409 P1710411

ということで、一足先に販売していただきました(≧▽≦)

蓋を開けると、生クリーム

その下に余市産りんごの果肉が!

P1710416

生クリームもプリンも甘さは控えめ、でもリンゴがとっても甘いっ!!

プリンだけど、ちゃんとりんごも主役になるようなバランスになっているという、地元愛を感じるプリン

小学生たちの熱いプレゼンシートを見た後だけに、何だか目頭が熱くなってしまいます・・・

エルラプラザでは、これからも地元のお店や地元の素材にスポットを当てた商品を、どんどん取り扱っていく予定とのこと!

余市駅周辺にも魅力的なお店が増えてきたし、余市に良く楽しみが増えて嬉しい限り♪

 

P1710369

そうそう、ワインコーナーの横に、ちゃんとソムリエナイフが販売されているんです。

これはJRの中で飲んで帰ることも出来て、さすが気が利いている~♪思ったら、コップがない・・・

至急、販売してもらう様にお願いしておきました(笑)

 

その2で、余市駅周辺の魅力を紹介します~

pageTop