札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『甘いもの』カテゴリーの投稿一覧

10月10日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~コーヒー屋さん 月祭

10月10日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、今年の6月にオープンした、【コーヒー屋さん 月祭(つきさい)】

P1470798

場所は、北区北13条西3丁目

スープカレーピカンティの並びと言うと、分かりやすいかな?

P1470799P1470796

コーヒー屋さんと言うより、お茶屋さんという感じの雰囲気ですが、黒板には『新鮮なコーヒー豆を売ってます。』と描かれています^^

豆を売るだけではなく、カフェとしても営業中です!

01bbf56485ece9d50a52a1e6102bb4930c19246fe3

店内はやっぱり少し。和風な感じです^^

P1470775

奥のカウンター席、何だかホントの月が輝いているみたい^^

P1470760

お店の一角には、焙煎機もあります。

P1470779

早速、コーヒーを淹れていただくことにしました^^

コーヒーを淹れているのが、オーナーの岡本さん

こちらのお店はその岡本さんが、お一人でやられています。

P1470783

こちらが本日の自家焙煎珈琲

P1470786

金平糖が付いてくるのが、なんだかほっこりします^^

学生時代からカフェを持ちたかったという岡本さん。森彦で修業したのち、縁のあったこの場所で開業することに。

『北国のコーヒーは少し濃い目の味と言うのが、私の認識なんです。』ということで、中深煎りな味わいになっています^^

ちなみにカフェラテは、逆に浅煎りなんだそう。

『せっかく自分のお店を持ったので、自分のやりたいことを形にしています』と、岡本さんは語ります。

P1470793

管理栄養士の資格も持つ岡本さんが作る、ずんだサンドも好評なんです^^

3つのサンドすべてに栗が入っていて、ボリューム感ありますが、口当たりは軽くて、コーヒーと一緒だっとあっという間に食べきれちゃいました!

『月祭はあくまでコーヒー屋なので、甘味もコーヒーと一緒に味わってもらいたいです。』とのこと。

なので、セットでの提供になります^^

P1470795

その際は、金平糖ではなく黒豆が付いてくるところもまた、ほっこりさせてくれます^^

今のところ夕方に多少混み合う時以外は、お客さんが重ならないところが魅力でもあるようで、学生さんからご高齢の方まで幅広年齢層の方がそれぞれのペースでコーヒータイムを堪能してくださるそうです^^

 

ちなみにコーヒーはテイクアウトも可能です。

 

P1470789 P1470769

個人的にお水が美味しいとより満足度が上がるのですが、月祭がまさにそんな感じ♪
(お水はセルフサービス)

P1470782P1470770

まさに『ほっと一息』入れたくなった時に、フラリと立ち寄ってもらいたいお店です^^

 

食べ比べ・飲み比べも楽しめる、BAKERY&COFFEE Festa~大丸札幌店

本日10月9日(水)から大丸札幌店7F催事場で始まりました、【BAKERY&COFFEE Festa~ベーカリーコーヒーフェスタ

P1480112

初開催で、さらに数量限定で話題のパンも多数並ぶので混雑が予想されたため、開店前の準備時間から潜入させていただき、取材開始!

皆様、ギリギリまで慌ただしく準備されておりました^0^;

 

注目は話題の“高級食パン”

P1480133

ベーカリー ワンカラット1ct角食や、高級食パン専門店 嵜本極美“ナチュラル”食パンノーザンホースパーク金時豆のパン・ド・ミ乃木坂な妻たちかぐやひめなど!

P1480148

P1480141

P1480125

こちらは各日10:00から会場で整理券を配布する形でして、初日は15分くらいで整理券の配布が終わっていたかと・・・^0^;

P1480129

が、時々14:00までに引き取りに来られない場合の“キャンセル”が出ることがあるので、タイミングが合えば、14時でも購入出来ることもあるかも!!

P1480128

こちらが、会場全体図

ベーカリーの他、5店のコーヒーショップも出店

そしてイートインスペースもあるので、お好みのパンとコーヒーでランチも楽しめちゃいます^^

P1480169

ランチにオススメなのが、京都・仕出し かわ瀬だし巻き玉子サンド

もしお友達と一緒なら、乃木坂な妻たち僕の衝動なたまごと、食べ比べるなんて言うのもオススメ!!

まったく、正反対の味わいなので楽しめると思います^^

P1480170

ちなみに乃木坂な妻たちは、フルーツサンドもありまして、果実倶楽部のフルーツサンドと食べ比べるなんて言うのもアリかも^^

P1480127

他にイートインでおススメなのは、小樽・フロマージュデニッシュ デニルタオ北海道コーンクリーム

P1480180

以前、こちらで紹介したことがありますが、コーンクリームは初めて!

甘くてしょっぱいのは間違いないです^^

そしてペンギンベーカリーカレーパンフォンデュ

P1480178

たっぷりチーズとカレー、これはアツアツで食べるべき^^

P1480175

こちらはぜひ、テイクアウトして軽くトーストしてから食べるとより美味しいという、順風堂のメロンパン

P1480159

特にいよかんは、温めるとフワッといよかんの香りが漂うそうです!

P1480153

こちらはお土産にもぴったりな、グランマーブル京都三色

P1480177

デニッシュだけどあっさり目なので、アラフィフには嬉しい^^

P1480156

他のも気になる!!

 

それにしてもパンって見ているだけでもワクワクします!

P1480166

こちらは宮城・KIKUCHIYA BAKERY

P1480164

スイカパンも気になるけど、個人的にはチョコバナナのパンが気になりすぎる!!

P1480163

 

P1480131

栗好きとしては、限定のマロンも気になるし・・・

P1480139

そして見つけるたびに目がいってしまう、定山渓ミリオーネかっぽんのパン(笑)

P1480142

 

それからパンのお供にピッタリの、川島旅館のバターも!

P1480136

そうそう、嵜本のジャムも販売してます!

P1480147

 

そして今回、個人的に一番印象に残ったのが、パッセージコーヒーの“エアロプレス”

P1480182 P1480183

P1480185 P1480186

空気圧で抽出したコーヒーをお湯で割るという方式は初めて知りました!

飲んだのはエクアドルのコーヒーだったのですが、酸味は感じるけどまろやかな味わいのコーヒーにハマってしまいました^0^

P1480135

そこで販売していたこのコーヒーカップも可愛かったなぁ~

ワイングラスと同じ原理で、香りを楽しむためのカップだそうですよ^^

P1480162

それにしてもコーヒーショップってどこもステキなデザインですよね~

P1480119

つい、グッズを購入したくなります^^

P1480124

それに合わせて、カフェスペースもしっかり映え系になっています^^

P1480117

ちなみに富良野の森の時計も出店♪

そして今回、コーヒーにピッタリなパンに出会いました^0^

P1480264

ことにサンドのティラミスサンド!

厚さ7cmcもあるのに、カカオの苦みが効いているのでペロリといけます!

そして間違いなくコーヒーに合う!!

というか、コーヒーが必須(笑)

 

P1480108

ちなみに週末にはこんなイベントも!!

ということで、この後丸井今井の催事事情で開催中のまるい珈琲マルシェ2019へ向かいます^0^   つづく

9月25日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~素麺No.(そうめんナンバー)

9月25日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、火~金の昼間だけひっそりと営業している【素麺No.】です。

P1460638

店名の通り、素麺が味わえるお店です。

015994cfe83065769a940df604ad2584c013cd99e8P1460614

ちなみになぜ日中だけかと言いますと、夜は“日本酒バルowl”として営業しているお店をいわゆる“間借りスタイル”で営業しているからなのです。

そんなわけで階段入口に、見落としてしまいそうな小さな看板があるだけ^0^;

P1460617

3階まで上がると、念のための看板がもう一つ

そんな感じなので、電話も日本酒バルowlの番号です^^;

 

P1460627

と、夜は何度か来たことがあるオサナイですが、さすがに昼の雰囲気は初めて!

ココって、昼もステキなんですね!!

P1460633P1460632

思わず、写真撮りまくってしまいました(笑)

P1460635

さて、メニューの方はと言いますと、素麺は素麺でも、生麺と乾麺の2種類を楽しむことができます!

P1460623

生そうめんは、西山製麺に特注で作ってもらった道産小麦100%の麺

P1460645

食べ方のスタイルはかけ素麺・つけ素麺(温・冷)から選べます。

今回は、お店にお任せを致しまして、生そうめんを“かけ”で味わいました。(750円)

メニューに記載されていた通り“モッチモチ”の食べ応え!

麺以上にハマったのが“ダシ”

優しくてもしっかり記憶に残る、飲み干したくなるダシですっ(≧▽≦)

P1460661

P1460642 P1460643

“素”で食べた後は、お好みで薬味アレンジ♪

これはちょっとクセになるかも~^0^

ちなみにかけ素麺は今のところ冷たいのですが、今後温麺も予定しているそうです。

P1460646

そして乾麺はつけ麺(冷)で味わいました。(700円)

P1460649

のど越しの良い、ツルッとした昔から食べているそうめん!

と言っても、家で食べているのよりはかなり上品な味わいです^^

P1460656P1460658

そして、つけ麺の一番の特徴は“油”での味変!!

P1460660

アボカド油を少し垂らして味わうと、先ほどとはまた違った風味に!!

辛いのがお好きな方には、唐辛子油もあります^^

と、どっちも気になって選べない~~と言う方にオススメなのが、+100円でハーフサイズの麺を追加するスタイル♪

これなら、一度に2種類の麺を味わえるので、違いが楽しめます^^

他に、炙りじゃこやあまから牛肉などもあるので、あなたのお好みの味を見つけてください^^

P1460663

こちらは“本日のミニ丼(250円)”

そうめんだけじゃ、ちょっと物足りないかも・・・という男性陣もご安心を^^

 

そしてそして、素麺No.に行ったら、絶対食べてみてもらいたいメニューがこちら!!

P1460652

白玉団子(250円)です!

色々な味わいで楽しめるのもそうですが、この白玉の食感がすごいんです^0^

なんでも水の代わりに“絹ごし豆腐”を使っているそうなんですが、いやはやそれだけでこんな感じになるの??と、ずっとうなりながら完食しました(笑)

どんな感じかは、ぜひ食べて確認を~~

 

==========

【素麺No.】

札幌市中央区南4条西1丁目パーキングとわ3F(日本酒バルowl)

011-839-3392

火~金 11:30~15:30 ※月休、土日は不定休

 

 

砂糖は悪モノじゃなかった!!~天下糖一プロジェクト~

『上白糖は漂白しているから、身体によくない』

いつだったかそんな言葉を耳にして、上白糖を購入するのをやめていました。。甘みが必要な時は、きび糖とかあえて茶色い砂糖を使用していたのです。

P1460026

それが先日、Sugar Seminar2019に参加して、まったくの間違いだったことが判明!

これは、たくさんの人に伝えないと!!ということでつづらせていただきます^^

 

P1460025

上白糖の後ろに鎮座しているのは、大根ではなく“砂糖大根=てん菜”です

P1460024

日本の砂糖は、このてん菜もしくはさとうきびから作られていて、てん菜を栽培してるのは北海道だけなんですって!

&国内の砂糖生産量の8割がてん菜から作られているとのこと。。

改めて北海道は、いろんな作物のNo.1があるんだなぁと思いました。

P1460029

そんなお砂糖のなるほど話をじっくり聞いたのち、上白糖を使用したお料理もいただけるというセミナーだったのですが、こちらは光塩学園調理製菓専門学校 日本料理教授 田安氏のレシピで作った“かしわ”稲荷寿司

寿司酢にも稲荷の炊き地にも砂糖が使われています。

田安氏いわく、料理に上白糖は絶対かかせない調味料

今は手軽に使える甘味料などもありますが、甘味料では出せない味があるそうです。

味だけではなく、食材そのものに働きかけるしくみもあり、例えば酢飯は、砂糖の“保水性”がご飯をふっくら仕上げてくれるのだそうです!

ということでさっそく、かしわ稲荷寿司を食しましたが、これがビックリするほど甘くない!

甘くないけど、すごくオイシイ~~~

市販の稲荷の皮はものすごく甘くてべたべたするけど、今回のはちゃんと甘みはあるけどさっぱりしていて、いくらでも食べられそうでした^0^

 

P1460047

次は、cake&cafeコレットのオーナーパティシエ 園田氏による“クリスタライズ”の実演

P1460032 P1460033 P1460034

こんな細かい作業、しかもたくさんの人に囲まれてうやるなんて絶対無理~~~~^0^;

P1460039

ところでクリスタライズって言うのは、花びらなどを卵白そしてグラニュー糖にまぶして乾燥させたもの

P1460049

こんな感じでマフィンに飾りつけたりして、味わいます^^

P1460056

こちらの作業は上白糖よりグラニュー糖の方がキレイに仕上がるそうです^^

 

P1460055

もちろんマフィン地にも砂糖が使用されていますが、上白糖とグラニュー糖を3:1の割合で混ぜて使用しています。そうすることで“むっちり”した食感”になるそうです!

たしかに“むっちり”として、食べ応えはあるのに喉が詰まらないタイプでした^0^

 

ところで、上白糖はなぜ白いかと言いますと、雪と同じ原理だから!

というもの、砂糖は一粒一粒がキレイな結晶になっているので、光が乱反射しているからなんだそうですよ^0^

他にも砂糖は太りやすいとか、かなり誤解されていることが多いのですが、詳しくはこちらでご確認を!!

 

このセミナーを受けたのちに、No.2のセミナーとして、フレンチレストランmeli meloでランチセミナーに参加!

P1460485

リニューアルしてからよりステキになったとうわさを聞いていたので、かなりワクワクな気持ちで挑みました^^

P1460494

前回同様、いかに砂糖が料理にとって大切かを語る、オーナーシェフの佐藤氏

今回は、砂糖が決め手となる“ガストリックソース”で味わう、望来豚のソテーを作っていただきました^^

P1460500

グラニュー糖を強火で火にかけ、少し焦がして煮詰める

P1460502

ワインビネガーやメイプルビネガー、シェリービネガー、バルサミコ酢、白ワインなどを入れ、1/3になるまで煮詰めるそうです

P1460514P1460518

お店全体に、食欲をそそる香りが^0^

P1460522P1460523

じっくり30分かけて焼いた望来豚

P1460524

そこにたっぷりのガストリックソース!!

オイシイに決まってます(≧▽≦)

P1460529

結果、添えられていたパンでココまでキレイにいただきました(笑)

ちなみに人参のグラッセにも当然砂糖が使用されていました^^

そして面白い実験も!!

P1460512

こちら、パンケーキなんですが、砂糖を入れないと真っ白に焼けるのです!

砂糖は“香ばしく焼く”要素があるので、こんな風にこんがり焼き上げてくれるのです。

そして砂糖には“保湿性”もあるので、記事がふっくらでしっとりに仕上がります

P1460540

そんなわけで、一応砂糖を入れてないパンケーキも添えていただき、食べ比べ

P1460541

語るまでもなく、砂糖を入れた方が美味しいです^^

P1460542

最後にこちらのイベントを取りまとめている『HERB & Cookingroom KINA』のハーブティーを味わいつつ、改めて砂糖のありがたみを実感したのでした^^

糖分を適量摂取すると精神的にも満たされて、この日は一日気持ちよく仕事ができました!!

 

セミナーを受けて以来、我が家の料理に上白糖を使用した一皿が続々登場中♪

ちなみに砂糖には賞味期限がないんですよ!!

 

イオン北海道 北陸:信越フェア事前取材レポート!!

本日・9月20日(金)~22日(日)までの3日間、全道のイオンで開催される【北陸・信越フェア】

750_300[15619]

前回は、スマホアプリに登録したのちに読めるような形でしたが、今回よりこちらでも読めるようになりました^0^

※スマホアプリでも引き続き読めます

 

取材で北陸・信越に行ったのは8月末の週でした

新千歳空港から小松空港へ向い、福井・金沢・長野・新潟と、今回の移動距離も半端なかった~^0^;

そして、今回も色んな体験もさせていただきました!!

01f1e8c6ff0ca040c4fa6294a3c5bbb1d6e366d5b9

福井が恐竜王国だったことを初めて知り、金沢おでんのネタは北海道とは全然違うということを知り、

P1450679

01191f22e78eb77dde037bed112e597866494fb6f2

長野はとにかくいたるところにりんごの木があったし、コンビニに超手作りなおやきが売られていたり、

01c50f5b3fc8d11ed24dd17e001b15547a0c97ba61

※大きさがかなりバラバラだった(笑)

 

 

010943b1a1d06a9b976fbe191e08a13cc0b124aa9a

長野の居酒屋では、野沢菜の漬物の食べ比べにハマったり

P1450772

金沢のB級グルメをハシゴするがために、カレーはルーだけでオーダーしたら、明らかにハーフサイズより多かったり

P1450773

 

 

P1450905

新潟村上市の塩引き鮭は、北海道産の鮭だったことを知り、そして新巻き鮭とは全く違う製法で作っているこの鮭が、悔しいくらい美味しくて、目からうろこだったり・・・

P1450921

今回のフェアの商品も、前回同様、買いたい!!と思うものばかり♪

ということで、渾身のレポートを読破してから、お近くのイオン北海道へ向かってくださいね^0^

 

★金沢おでんレポートはこちら

★塩引き鮭のレポートはこちら

★長野のりんご“シナノドルチェ”のレポートはこちら

★福井の五月ヶ瀬煎餅のレポートはこちら

★DHC酒造のレポートはこちら

 

 

 

pageTop