札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『甘いもの』カテゴリーの投稿一覧

6月12日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~パレフォセット

6月12日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、地下鉄麻生駅の並び&バス停前に4月にオープンした、【パレフォセット

東区にある“フォセットフィーユ”の姉妹店です

P1410691

本当に目の前です(笑)

P1410708

そんな立地なので夕方は学生、そして21:00までの営業ということで、手土産を求めて立ち寄る仕事帰りや飲み会帰りの会社員の方の利用も多いそうです^^

 

真っ赤な外観も目を引きますが、中もとってもキュート♪

P1410680

それほど広くはないのですが、両サイドにはカウンター席

P1410681

P1410713

カウンター席には携帯やPCが充電できるコンセントも完備♪

P1410682

 

さて、ショーケースをのぞかせていただきます^0^

P1410704

ケーキ屋さんのショーケースって、どうしてこんなにウキウキするんでしょう^^

P1410702

ウキウキだけじゃなく、見ているだけですごく元気になれます!

でもやっぱり、見ているだけでじゃなく、食べたい・・・(笑)

P1410719

ということで、人気の苺タルトを出していただきました

店内でいただくときは、ケーキによっては、こんな感じで飾りつけしてくれるそうです

それにしてもこの壁、使えます(笑)

P1410718

ケーキが美味しかったのはもちろんなんですが、個人的にハマったのがコーヒー!!

P1410694

イタリアNo.1コーヒーの、【ラバッツァ】を使用しているそうなのですが、アイスもホットも美味しくて、何よりパレフォセットのケーキに合います!

P1410731P1410725

その、ラバッツァのエスプレッソを使った、ティラミスなんかもあります^^

P1410695

ショーケースのケーキ以外にも、イートインで食べられるメニューが色々あります^^

attachment00

みんな大好き、苺パフェ

attachment01attachment03

これからの季節にオススメな、練乳かき氷そして、今大人気のタピオカミルクティーも!

P1410696 P1410697

やっぱりスイーツって、癒しのアイテムだなぁ^0^

 

こんなタイ知らなかった!!【サコンナコン県&ナコンパノム県を訪ねるメディアツアー】その5

5月18日(土) タイ・イサーン地方取材3日目・午後の部

この日は一生の思い出に残るようなランチタイムでした!!

畑1

 

畑12

やってきたのは、のどかな田舎町

畑1 (2)

農業組合のような場所で、収穫できる農作物の一覧がありました(読めないけど・・)

畑15畑9

そしてなんとも味のあるトラクターが2台

え?!これに乗るんですか??

P1400733P1400734P1400739

寺院の送迎で乗った車もタイらしい乗り物でしたが、こちらはさらにインパクトのある乗り物でした^0^

P1400740P1400749

右折すると、畑の看板が見えました

P1400745

こちらはゴムの木

P1400742

一面の緑に見えますが、色々なものが栽培されています。

P1400747

ちなみにこの小屋は農作業の途中で休憩するためのもの

のんびり気分で数分間トラクターに揺られてこちらの小屋に到着

畑8P1400773

入口に巨大な木の根っこが・・・
昨年、強風で倒れてしまい、テーブルも割れてしまったそうです。。

角度が少しずれていたら、小屋も倒壊していたところ・・・

自然災害には逆らえないけど、やはり怖いです

P1400736

タイは水害も多いので、このような高床式の住居が多いのです

 

P1400754P1400753

トラクターでの移動は、正直暑かった^0^;

ということで、まずはこちらのウェルカムドリンクで歓迎していただきました^^

P1400756

お、美味しすぎるっ~~~

こちらのベリーは自家製ではないのですが、この周辺の畑はとにかくいろいろなものが生っています!!

P1400775P1400779

タイ料理に欠かせない、チリ

P1400807P1400808

同系色だから、よくよく見ないとなっていることに気が付かない・・・^0^;

P1400800P1400797

こちらは生姜

P1400806

こちらの畑はオーガニックなので、ローズマリーやレモングラスなどがところどころに植えられていました

P1400789P1400788

 

P1400802P1400803

さて、こちらの野菜やお花を使って、お昼ごはんを用意します^^

P1400809

まずはこちらで手を洗って・・・

P1400811P1400816

P1400767P1400814

ソムタム作りです!

畑2

※包丁があまり切れなかったので、ちょいと気合入っている図(笑)

パパイヤなどの材料はあらかじめカットされていたので、ベースのソースを自分たちで味付け

にんにくやナッツ、チリ、そしてナンプラーと、見よう見まねでこの壺の中で棍棒を使用してブレンド

P1400826

先ほど摘んだお花も添えて完成!

ハッキリ言って、どこのお店よりも美味しくできました(笑)

P1400766

他にもおばあちゃんが煮込んでくれたトムヤムスープやタケノコなど、

P1400762P1400763

P1400771P1400770

畑7

自分で作ったのはソムタムだけですが、何とも豪華なお昼ごはんに!!

P1400835

P1400831P1400832

それにしても、タイ料理はいろんな味のソースがあって、そして全部オイシイ!!

P1400828

さっき採ったキュウリっぽい野菜

畑11

しかもこの雰囲気の中でいただくんです><

もう、美味しいに決まってますっ

心の中で、『最高かよっ!!』!!って、何度も叫んでましたっ

P1400829P1400834

こちらの農園は米がメインなのですが、オーガニックということも含め、高評価のお米を栽培しているそうです。そしてこちらの白っぽい方のご飯

収穫できる時期が限られていて、とても貴重なお米だそうで須賀、遠慮なくいただきました^^

P1400837

全部美味しかったけど、デザートのマンゴーが今まで食べたマンゴーの中でも3本の指に入るほどの甘さでしたっ!!

まさか、タイで農園ランチを堪能するとは思ってもいなかったけど、これぞこの地方ならではのおもてなしだなと、満足度の高いランチタイムになりました^^

畑19

倒れた木の根元に誕生した小さな命にも癒され、次の目的地へ

 

● ● ● ● ● ● ● ●

P1400860

次は、午前中に行ったお店とは違う場所で、クラーム染め体験!

上の写真は、完成した図(ワタシのは左から2番目)

これが、思いのほか大変でした^0^;

P1400839P1400843

この綿から作った、白い布をクラームと言うマメ科の植物の色素で染めるわけですが、そう簡単には染まりません^^;

P1400846

こちらが染める壺ですが、泡は藍色でも中は赤茶色と言うか、銅色なんです!

でも、浸した布をもむと、藍色になっていくんですよ~

何度も何度も・・・

あれ?みんなのは染まっていくのに、なぜかキレイに染まらない^^;

P1400851

もう、白くてもいいやと、諦めたところ、お母さんが『貸しなさい』と言わんばかりに取り上げて、染め直し^^;

言い訳のように聞こえますが、ワタシが使っていた壺の染料があまり状態が良くなかったようで、違う壺に移動してました^0^;

P1400848P1400849

最後に水洗いして、乾かして完成

P1400845

ちなみに模様は中に綿を入れて輪ゴムで巻いたり、フォークで渦巻にしたり、折りたたんだりという形で付けます

ということで、デザインはワタシ、染はお母さんというコラボ作品となりました(笑)

 

P1400852P1400854

ちなみにすぐ近くに商店がありまして、ドリンクを購入したのですが、小学生の時、田舎のおばあちゃんちで過ごした夏休みのようでワクワクしちゃいました♪

P1400855P1400859

※ただし、飲んでも飲んでも減りません(笑)

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

01fce14650ccf191446517d13eb70dfa4017cb1d230180dc1d5afdb3fcf0195faa5fa8050a5ec9f121a2

その後、“ムウ”というベリーのような果物を使用したジュースやワインを販売するお店 【Chateau de Phunphan】へ

P1400869

こちら、“GI”制度(地理的表示保護制度)をとっている商品ということで、北海道のワインの取組みと重ねて試飲しました^^

P1400866P1400879

いかにも目に良さげな100%ジュース

P1400867P1400875

ちなみにウェルカムドリンクは、ワインとジュースをブレンドしたものを出していただきました

P1400880P1400876

期待以上の美味しさだったのが、こちらのケーキ

スポンジのフワフワ感と、表面のゼリーの程良い酸味、勝手にものすごく甘そう!と想像していただけに、かなり高評価!

P1400881

P1400885P1400886

プラス、センスがイイ!!

どこで買えるんですか?と聞いたら、今回のために作ってくれたそうで・・・

空港で販売したら間違いなく売れると思う!!!

北海道もそうですが、地方都市に行くとまだまだ知られていない名品ってあるものですよね^^

 

そしていよいよ、お祭り見学へ!

さらにつづく・・・

 

こんなタイ知らなかった!!【サコンナコン県&ナコンパノム県を訪ねるメディアツアー】その3

5月17日(金)の午後の部

舞踊2

この日は本当に頑張りました^0^;

イサーン地方にはプータイ族が多く住んでいるそうなのですが、そのプータイ族の伝統舞踊を正装を着て体験!

まずは、衣装を借りにお店へ

P1400547

所狭しと伝統舞踊の衣装や小物が並んでおります(店内がものすごく暑いです・・・^0^;)

P1400550

そこで、いきなりの着替え

特に更衣室もないので、皆さんそれぞれ場所を確保してって感じです(笑)

とにかくものすごく暑いので、汗が滝のように流れてきて、着替えどころではありません^0^;

舞踊17 舞踊5

取材なので、それでも着替えなくてはなりません

汗拭きシートをバンバン使い、ようやく着替えたのち、ピーターのようなメイクさんに髪を結ってもらいます

どんなに短くても、アップにお団子です(笑)

さらに、少し重みのある白い紐のようなものを巻くので、若干顔が傾いています(笑)

舞踊4舞踊11

全員着替え終わったところで、おもむろに舞踊のレッスンが始まりました

大先生の動きを見ながら見様見真似で踊ろうとするも、暑さのせいなのか年のせいなのか、全然頭に入ってきません^0^;

本レッスン(?!)は後ほど行うので、とりあえずワット・プラタート トーンチェムという寺院へ行き、記念撮影

018d018c1558ef94582e05d80e04b0a0f626e37417舞踊15

が、これがまた大変な修行でして・・・

舞踊16

基本、寺院の敷地には靴を脱いで上がるのですが、昼下がりの一番太陽がじりじりしている時の床って、想像を絶する暑さなのですっっ

なぜみんな、平然と歩けるの??????

写真を撮っている時も、とにかく早く終わって~~と言った心境^0^;

と、撮影が終わったのち、本日宿泊するマジェスティックホテルへ行き、プータイ族舞踊の本格的指導がスタート

舞踊12

この舞踊は、激しい動きはないのですが、とにかく手先の細かな動きが重要でして、しかも足でリズムをとりながらとなると、そりゃぁもう、頭の中がパニック^0^;

舞踊7

それでも何とか指の装飾を付けるお許しを、大先生から頂きまして、早速ステージに上がって実践

舞踊20

装飾を付けると、指先の動きが重要ということがよく分かります!

でもって、さらに難しい~
(何度か飛んでいきました^0^;)

あまりに出来ない自分に、悲しくなってきました・・・

ちなみにプータイ族の舞踊を大先生から習った日本人は、私たちが初めてだったようで、こんな貴重な体験をさせていただけたことに感謝ですm(__)m

 

この後が分刻みスケジュールでして、 まるで売れっ子アイドルグループ並みの動きで部屋に戻りシャワーを浴びる

なんと、ドライヤーがない!!

全員洗いざらしの髪でロビーに集合^0^;

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

ハスキー1

向かったのはこちら、Sonata’s sberian Cafe

ハスキー2 ハスキー4

なんでも、シベリアンハスキーと触れ合えるカフェなのですが、その時間が決まっているため、バタバタしちゃったわけです^^;

P1400563

店内は普通にキュートなカフェと言った感じで、女子が好きそうなパフェとか、お食事系のメニューもありました

P1400564

その奥に行きますと、ドッグランスペースがあります

ハスキー10 ハスキー12

で、時間になると20匹くらいのシベリアンハスキーが一斉に部屋から出てくるわけです

ハスキー7 ハスキー5

こんな間近で触れ合えます

がしかし、ワタシはなぜかいきなりマーキング(しかも2回も!!)されてしまい、テンションダダ下がり^^;

ハスキー8

↑冷風機の前で涼むハスキーたち

そもそもなんで、暑いタイでシベリアンハスキー??と思ったのですが、オーナーが大のシベリアンハスキー好きで、大会などでも優勝しているくらいの優秀なハスキーを50匹ほど飼っているそうです

最初は、お店ではなかったのですが、見学に来る人が多すぎて困ってしまい、逆に時間制で触れ合えるようにしたのだそう

P1400569 P1400571

ワタシは動物アレルギーが少々あるのであんまり触れ合えなかったけど、このドリンクがすごく美味しかった!!

あ、けっしてウィスキーではありません(笑)

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

そして今宵のディナーへ

015ec5569f9aad95332c3b6cd2ecfb524cc22a6701

0124fd915fd9d9180d397d6640bfb66f69a1e8db06

この看板を見ると、熟成肉ということなのかな?

P1400583P1400590

テーブルにつくと、お肉が入った薄い重箱のようなものがやってきまして、広げてみると、いろんな部位のお肉が!

今日はタイの焼肉です~

P1400592

なんと、牛脂のほかにバターを塗ります!

P1400594

真ん中にスープが入っていて、こちらの野菜を入れてスープ的な感じでいただきます

P1400582P1400599

これがまた、美味しくて止まりません!故障をかけるとより美味しいという城野さんアドバイスに従い、全員こちらのコショウを少々(みんな従順・笑)

P1400580 P1400578

そうそう、サコンナコンにもキャンギャルがおりまして、もちろんビールをオーダーしました(笑)

 

出来る限り残さないように食べてホテルへ戻ったのですが、なんとここからまだ食事が・・・^0^;

メディアナイト5

この日はバンコクなどからメディアを呼んでの、“Cool Isan Night”が開かれておりまして、こちらにも参加する事になったのです

メディアナイト1

 

P1400605

ここで、イサーン地方の伝統料理が入った籠が!!

絶対食べられないと思ったのですが、みんなが美味しいっていうものですから、つい一口・・・

P1400607

スープを飲んだら一気に胃袋が動き出しまして・・・

P1400610

結局あれやこれやと一口ずつ食べちゃいました(笑)

P1400616

そうそう、この見た目はちょっとアレなココナッツミルクのデザートが美味しいんです!!

P1400615

そしてステージでは、先ほど熱心に指導してくれた大先生のところのメンバーがプータイ族の舞踊を披露

当たり前だけど、美しい(笑)

メディアナイト8 メディアナイト12

現地の方と同じように、腕に紐を巻いてもらったり

メディアナイト9

抽選会なんかもあって、日本同様盛り上がりました。

と、なぜか私の名前が呼ばれて、トートバッグもらいっちゃいました(笑)

01594fc4e48c89e5f983fb5d471ff6cb225c931180

 

部屋に戻る前に、ホテル向かいのナイトマーケットへ(そこにセブンイレブンもある)

P1400619

P1400621

お腹ははちきれそうだけど、パッタイなら食べられそうと思っている自分が怖い^0^;

P1400620

あ!さっきの怪しいけどおいしいデザートだ!

ちなみにこのグリーンは、天然由来だそうです

 

さて、明日は7:00集合です・・・       つづく

 

 

 

 

 

【道の駅あびら D51ステーション】レポート

平成から令和への大型連休が終わりました。。

ブログの更新もすっかり、しっかりお休みしてしまいました^^;

普段、バタバタとせわしなく動いているワタシとしては、連休は混雑を避けて引きこもりになるタイプ

とはいっても、相変わらず飲んではいたんですけどね(笑)

ということで、4月19日(金)にオープンした【道の駅 あびらD51ステーション】に行ったのは連休前のことですが、改めてアップ

P1390479

北海道の道の駅登録Noは124のようですが、123番目の“北オホーツクはまとんべつ”より、少し先にオープンしたようですね

P1390461

道の駅の中に、“駅”があります

P1390473

北海道の鉄道の歴史には興味はあるのですが、全くと言っていいほど疎いので、安平町(旧追分町+早来町)が鉄道のまちだったことを全然知らず・・・

P1390471

そんな鉄道の歴史を肌で感じることの出来る、道の駅です^^

P1390465

この空間には、D51(蒸気機関車)が展示されているはずなのですが、昨年発生した北海道胆振東部地震の影響で、展示が遅れているようです。

P1390470P1390467

ちなみに展示は6月中旬を予定しているとのことで、そればで特別パネル展を展開中

P1390469

時間がなくてゆっくり閲覧できなかったのですが、やぱり北海道の鉄道の歴史は深いです

D51が展示されたら、またゆっくり訪れたいと思います^^

 

さて、小腹が空いてきました

P1390475

館内には、カレーやコロッケなどの軽食と、焼き立てパンを販売中

行ったのは平日でしたが、オープン直後だったので焼き立てパンは、焼けるたびに空っぽになるほどの売れ行き

 

P1390453P1390447

何とかカレーと、町の特産品を使用した長芋フライ、そして菜の花コロッケを購入

P1390454P1390457

コロッケは菜の花独特の苦みもしっかり感じられて、個人的には好みの味わい^^

カレー含めテイクアウトも可能なので、店内が混んでいるときは、持ち帰って別の場所でゆっくり堪能するのもアリかもです

P1390458

こちらも町の特産品を使用した、“カンロソフトクリーム”

カンロの味わいが結構しっかりしているので、甘めです

個人的にはもこもこソフトより、普通のソフトクリームで食べてみたいかも^^

 

公式サイトによると5月13日(月)は、商品入れ替えのため、臨時休業だそうですが、5月18日(土)には、“復興感謝フェス”があるみたいですよ^^

fkkkoufes

この機械にぜひ♪

P1390480 P1390483

売店で購入した“ガラナ”

ガラナは“小原”ばかり思っていたのですが、同じ胆振管内で製造しているものなのですね!

 

 

令和元年5月1日グランドオープン!【SALON de CHICCA CHEESE&SWEETS】

いよいよ元号が変わります

と、周囲があまりに平成最後・令和幕開け記念的に盛り上がりすぎて、何となく1歩引いている自分がいたりするのですが^^;

でもこのブログが、平成最後の投稿となります

もちろん、令和になってもバンバン発信していく所存でございますっ!!

 

ということで今回は、令和元年にグランドオープンする【SALON de CHICCA CHEESE&SWEETS】のご紹介♪

0161e9be07f7f3b5fc80adbf173c986e5bf9c5672e

先日、オープン前の試食会にお邪魔させていただきました^^

場所は、メルキュールホテルの飲食店街・レコルトサッポロB1F

サロンと言っても、美容室ではございません

P1390245

アリゴフォンデュをはじめ、魚&肉料理にリゾットやパスタなど、見た目にも楽しめるフレンチ&イタリアンが楽しめる飲食店です^^

看板メニューのアリゴフォンデュは、運ばれてきた瞬間テーブルが華やかになります^0^

P1390252 P1390254

アリゴフォンデュってたぶん、初めていただきましたが、チーズフォンデュよりも軽くて、最後まで飽きずに食べられるので、アラフィフにはピッタリかも!!

P1390270 P1390235

と、内装が女子大喜びな雰囲気で、まさにフォトジェニック的空間!

奥には個室もあって、つい話が盛り上がってしまう女子会には最適かと(笑)

P1390234P1390242

注文は、タブレット!

令和はもはや、この方が普通になってくるんでしょうかねぇ・・・

まだまだ慣れないアラフィフですが、思いのほか使いやすく、何より写真がキレイなので、オーダーをセレクトするのも盛り上がります♪

 

エーデルピルスがあったので、さっそくオーダー

1杯目のビールもすっかり板についてきました(笑)

 

P1390260

こちらはマグレ鴨ロースト キノコのソース

失礼ながら、見た目重視のお店なのかと思っていたのですが、この一皿でその考えは覆されました

本格的ではないですか!!

お肉料理が美味しいのって、ポイント高いと思うのです^^

 

他にも気になるメニューは色々あったのですが、どうしてもデザートが食べたかったので、今回は控えめに(笑)

P1390239

というのも、入り口を入ってすぐ、こちらのショーケースが目に飛び込んでくるのです!!

ということで、入った瞬間から、頭の中がデザートモード(笑)

P1390257 P1390255

デザートにも合わせられると思い、こちらをボトルでいただきつつ、悩みに悩んでセレクトしたのがこちら

P1390265

チョコエッグ 洋梨!!

ショーケース内でもひと際、目を引いたけど、目の前に運ばれてきたら、さらに存在感!

洋梨なので、勝手に酸味があるのかなと思っていたら、チョコレート系の甘さで、これはアルコールが進む味(笑)

 

P1390269

そしてこちらはマロンとカシスのムース

食べる前は、マロンとカシスってどうかなぁ~、個人的には別々に食べた方が好きかも~なんて思っていたのに、一口食べてビックリ

この組み合わせって、最高の黄金比なんじゃないの??と。少々大げさに聞こえるかもしれませんが、ご一緒したスイーツにうるさいSさんも、大納得の美味しさでした^0^

個人的には、スイーツを引き立てるウィスキーやリキュール系のアルコールも充実してくれると嬉しいなぁと、個人的意見を言っておいたので、そのうちそうなっているかも(笑)

ということで、つい盛り上がりすぎてしまうオトナ女子会を、近日中に個室で開催しようと思っております(笑)

 

pageTop