札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『飲食店』カテゴリーの投稿一覧

夏の終わりと秋の始まりのコース~RJ

私の中では、どちらかというとBAR使いが多いRJですが、先日「美味しいものをちょっとずつコース」でお願いしたら、期待以上に素敵なお料理ばかりで、飲み過ぎた夜の備忘録

P1470897

まずは、ファットリアビオのブッラータを3人で切り分けた1皿

ミルクがもったいないので、フォカッチャでぬぐいまくっていただく

P1470898

定番のJファームの甘いトマトとシャインマスカットも添えて

P1470900

真タチのフリット 銀杏の潰し焼き

もうタチの季節なんですねぇ・・・

と、銀杏の潰し焼きというものを初めて食べたのですが、これがまたたまらなくオイシイ!

ちょっと日本酒が欲しくなる(笑)

P1470901

宗谷産活タコと福岡産クエのカルパッチョ キャビア添え

見るからに鮮度の良い活タコ!そしてクエをカルパッチョで食べるのは多分生まれて初めて!!!

しばし無言になった一皿

P1470908

苫小牧さんホッキ貝、松茸の直火焼き

運ばれてきたときの香りが脳裏に焼き付いている・・・

そしてホッキがものすごく立派なサイズ!! また悶絶

P1470911

ウニのペペロンチーノ

夏の名残りを惜しむ一皿

このくらいのボリュームがまた、イイんです!!

P1470916

ニュージーランド産三つ葉放牧牧草牛のビステッカ 五四〇とポルチーニ添え

ちょっと暗くて分かりにくいので、もう一枚

P1470918

このお肉、ビックリするほど柔らかい!

そしてポルチーニ

P1470920

現物こんな感じ!!!!

もう、至福の一皿って感じでしたっ><

そして五四〇(倶知安の熟成じゃがいも)

私は何度か食べているので、そのおいしさは知っていますが、初めて食べた面々の感動する姿をみて、嬉しくなる^^

立派な栗も添えられていたのですが、やっぱり五四〇は最高に甘い!!

P1470923

巨峰のソルベが、怪しく美しかった・・・

 

P1470906 P1470912

そんなわけで、泡を1杯いただいた後、こちらの白と赤をいただき、2軒目に向かったのでした♪

 

 

全種類制覇したくなった、【お酒と中華 おいる】

これは先週末のこと

一人一人は知っているけど、4人で飲むのは初めてという女子会

お店選びは当然のようにワタシがすることになったので、色々ピックアップ

通常は、一度は行ったことのあるお店からピックアップするのですが、全員のん兵衛とのことだったので、気になっていた【お酒と中華 おいる】に行ってみることに・・・

011968706a1415c76a27e36e95390416f59576b2b4 011b6c11f4a64a2b75f70b7a3504c674b5459119fb

場所は北専プラザ佐野ビルの地下

このビルの地下に入るの、いつ以来だろう・・・

たぶん、記憶にないくらい久しぶり

金曜の20時ということで、ほぼ満席

そして入った途端、むせる・・・

私だけじゃなく、店内にいるお客様が一斉に^0^;

どうやら麻婆豆腐が相当辛いらしい(笑)

ある意味、楽しくなってきました!!

P1470739

さて、まずは乾杯しましょう!

なんと、SORACHI1984が飲み放題(1990円)にラインナップされている!

他、焼酎や紹興酒なども充実していたので、普段はあまり飲み放題にしない派ですが、のん兵衛4人の意見も一致したことで飲み放題に♪

そしてメニューを見る

ど、どれも美味しそうで決められない~

P1470741

まずは定番人気メニューから、よだれ鶏(四川)を

ちなみに酸味のある上海と言うのもあったのですが、のん兵衛なのでこちらにしてみました

パクチーもたっぷりで、女子大喜び!

ビールが進む~~^0^

P1470742

こちら、パクチーの白和え!

いやぁ、パクチー好きにはたまらない1品♪

P1470743

飲み放題となると、ついいつもよりピッチを上げてしまう昭和生まれ

麗blackをソーダ割で

そしたらジョッキで登場!!

またまたテンションが上がるのん兵衛(笑)

P1470746

アボカドと青ザーサイ

実はこのほかにノーマルの青ザーサイもオーダーしていたのですが、全く違う味わい!だけどどっちも飲まさる~~~^0^

P1470747

炙り〆サバ山椒ソース

これはズルイ・・・

ズル過ぎるほど飲まさる・・・

 

P1470749

ここは、定番のエビチリも食べてみましょう♪

やはり定番の中華がちゃんと美味しい^0^

 

P1470753

ラム肉の湖南風 豆鼓炒め

一緒に炒めている長芋がまた、イイ感じ♪♪

P1470756

あさりと春雨の辛い煮込み

いやぁ、飲め!と言われているかのような味付けにやられまくりました・・・

炭水化物系も全部美味しそうだったのですが、アラフィフはこの辺でセーブしておかないと!!ということで、今回のところはここで終了!

あ!むせかえる麻婆豆腐頼むの忘れてた(;’∀’)

 

9月25日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~素麺No.(そうめんナンバー)

9月25日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、火~金の昼間だけひっそりと営業している【素麺No.】です。

P1460638

店名の通り、素麺が味わえるお店です。

015994cfe83065769a940df604ad2584c013cd99e8P1460614

ちなみになぜ日中だけかと言いますと、夜は“日本酒バルowl”として営業しているお店をいわゆる“間借りスタイル”で営業しているからなのです。

そんなわけで階段入口に、見落としてしまいそうな小さな看板があるだけ^0^;

P1460617

3階まで上がると、念のための看板がもう一つ

そんな感じなので、電話も日本酒バルowlの番号です^^;

 

P1460627

と、夜は何度か来たことがあるオサナイですが、さすがに昼の雰囲気は初めて!

ココって、昼もステキなんですね!!

P1460633P1460632

思わず、写真撮りまくってしまいました(笑)

P1460635

さて、メニューの方はと言いますと、素麺は素麺でも、生麺と乾麺の2種類を楽しむことができます!

P1460623

生そうめんは、西山製麺に特注で作ってもらった道産小麦100%の麺

P1460645

食べ方のスタイルはかけ素麺・つけ素麺(温・冷)から選べます。

今回は、お店にお任せを致しまして、生そうめんを“かけ”で味わいました。(750円)

メニューに記載されていた通り“モッチモチ”の食べ応え!

麺以上にハマったのが“ダシ”

優しくてもしっかり記憶に残る、飲み干したくなるダシですっ(≧▽≦)

P1460661

P1460642 P1460643

“素”で食べた後は、お好みで薬味アレンジ♪

これはちょっとクセになるかも~^0^

ちなみにかけ素麺は今のところ冷たいのですが、今後温麺も予定しているそうです。

P1460646

そして乾麺はつけ麺(冷)で味わいました。(700円)

P1460649

のど越しの良い、ツルッとした昔から食べているそうめん!

と言っても、家で食べているのよりはかなり上品な味わいです^^

P1460656P1460658

そして、つけ麺の一番の特徴は“油”での味変!!

P1460660

アボカド油を少し垂らして味わうと、先ほどとはまた違った風味に!!

辛いのがお好きな方には、唐辛子油もあります^^

と、どっちも気になって選べない~~と言う方にオススメなのが、+100円でハーフサイズの麺を追加するスタイル♪

これなら、一度に2種類の麺を味わえるので、違いが楽しめます^^

他に、炙りじゃこやあまから牛肉などもあるので、あなたのお好みの味を見つけてください^^

P1460663

こちらは“本日のミニ丼(250円)”

そうめんだけじゃ、ちょっと物足りないかも・・・という男性陣もご安心を^^

 

そしてそして、素麺No.に行ったら、絶対食べてみてもらいたいメニューがこちら!!

P1460652

白玉団子(250円)です!

色々な味わいで楽しめるのもそうですが、この白玉の食感がすごいんです^0^

なんでも水の代わりに“絹ごし豆腐”を使っているそうなんですが、いやはやそれだけでこんな感じになるの??と、ずっとうなりながら完食しました(笑)

どんな感じかは、ぜひ食べて確認を~~

 

==========

【素麺No.】

札幌市中央区南4条西1丁目パーキングとわ3F(日本酒バルowl)

011-839-3392

火~金 11:30~15:30 ※月休、土日は不定休

 

 

9月11日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~炭焼 逢叶(あいと)

9月11日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、今年4月にオープンした、【炭焼 逢叶

aito

雰囲気は小料理屋風

ですが、炭で焼く焼鳥が味わえるお店です^^

広めのカウンター席、そして4名掛けのBOX席

半個室風のテーブル席が1つ

P1450362P1460160

そしてこちらのお店、女性二人で営業しているのです^^

P1450384

P1450386

なのでなおさら、焼き鳥のお店に見えません

実は女将のあゆみさんと焼き手の香菜さんは、誰もが知っている焼鳥店で一緒に働いていました

今回ご縁があって独立し、2人でお店をはじめることになったそうです^^

P1450370

ビールは450円、焼酎やハイボールは380円。ちなみに税込!

P1450373

飲まさるお通しは350円で、2品登場

P1450376P1450377

焼鳥は150円~、個人的に気に入ったのがカブの豚巻き!!

いろんな豚巻きは食べてきたけど、カブはなかったかも~~

 

P1450374

お料理は焼鳥だけではありません!

“逢叶の気まぐれMENU”たるものがありまして、これがまた外せないメニューばかりなのです!

ちなみに写真は“ちょっとおしゃれなあさりの酒蒸し”

酒蒸しにトマトとは、今まで考えたこともなかったのですが、これがまた美味しいのです!!

オリーブオイルがポイントなんだそうです^^

P1450364

気まぐれMENUはその日の食材で変わるのですが、こちらは人気メニューとのことで、しばらくは定番で置くそうです♪

P1450378

鳥もも麹漬けに豚の塩麹串

醤油麹と塩麹はトモエのもの^^

どっちも飲まさる~^0^

P1450379

 

ところで店名の“逢叶”には、このお店に来れば出会いたい人に出会えるお店にしたいという思いがあったそうです。

といっても、出会い系ではないですよ(笑)

どちらかというとお仕事系の繋がりです。

ワタシもいつも、人と人を繋げたいと思って活動しているので、この気持ちがよく分かります!

まだ30代の若いお二人なのですが、どこか安心感があるというか、すごく信頼できるオーラをはなっているんです!

だからこそ、このお店に来ているお客様も、きっと信頼のおける方々ばかりなんだろうなと思いました^^

 

 

 

あの“つっこ飯”をコース仕立てで楽しめる、アラフィフの理想形~【八饗】

P1460260

食の宝石~いくら

そのいくらを、(たぶん)世界一提供する【はちきょう】に、ワンランク上のカウンター店が出来ました!

その名も【八饗~ハチキョウ

P1460163P1460162

海味はちきょう いくら御殿の奥にひっそりと、天井の低い洞窟のような入口があります。

P1460165

01ed5b3879623380b1b7844c62aed2e30d1698a05a

入口左側には水槽

P1460166

そして店内はカウンター12席のみのフルオープンキッチン

P1460273

小菅シェフの姿が、どこに座っても眺められます^^

 

P1460174

八饗は12,000円おまかせコース1本のみ

そして座席には、お品書き

ん?よく見ると、お品書きではなく“素材書き?!”

八饗では料理名はあえて書かず、今日使用する素材のみを記載し、お客様にあれこれ想像してもらうところから楽しんでいただこうという、コンセプトなんです^^

P1460178P1460171

と、その前にドリンクをオーダー

ビール各メーカー、ワイン、焼酎、ウィスキー、北海道物を中心に、そして幅広い価格帯で揃っていました^^

ワタシはすっかり定番となりつつある、芋ソーダで乾杯

グラスが手馴染みがよくて、より美味しく感じる^^

P1460185

最初にお出しいただいたのは、活毛ガニ&ムラサキウニ&いくらの一口手巻き寿司

P1460180 P1460182

いきなり、贅沢食材3つまとめてきちゃうんですね!!

P1460190

ウニは大好きだけど、たくさん入らないワタシとしては、いきなり理想形な1品が出てきて、すっかり心奪われました><

P1460195

次に登場したのは、羅臼の時しらず、そして“ジャガイモ540”を使用した、椀物

ほんのりと生姜の香る餡が、胃に沁みます~

P1460197

そしてやっぱり、540の存在感が凄い!

じゃがいもなのに、美味しい鮭よりも目立つ!

目立つけど、全体のバランスは良い!!

ちなみに540は、提携している飲食店でした味わえませんので、かなりプレミアモノ!

P1460198

“普段はあまりお見せしないのですが、せっかくの機会なので、今日は好きな牡蠣を選んでください”と、立派な仙鳳趾の牡蠣が登場!

P1460199

選んだ牡蠣はこんな感じでやってきました^0^

半分はライムで。そして半分は土佐酢のジュレとともに味わいます!

P1460203

牡蠣のサイズが大きいだけに、味変で楽しめるのはすごくうれしい!!

P1460206

お刺身3点盛り

ヒラメ・ボタン海老、活ツブ、もちろんすべて道産!

ツブはホタテからの予定変更だったのですが、ホタテより良い状態だったので、変更したそうです^^

P1460209

醤油とポン酢、お好みで。当然ながらワサビもちゃんと美味しい^^

でも、それ以上に美味しかったのが、“レモン塩” ←これだけで飲める(笑)

 

P1460213

そしてこちらが、メヌキ。上にはウニ!!

メヌキに塗っている味噌にもウニを練り込んでいるとう、ちょっと贅沢な魚料理

そして手前のソースはにんにく醤油。すこしずつ、色んな味わい方ができるのがウレシイ^^

P1460218

来た~っ!活鮑!!

鮑の下にある大根が透き通ってる~~~~~

しばし、無言の時間

 

P1460226

ここで箸休め的なお口直しの1皿

P1460222

ファットリアビオのリコッタチーズに、新篠津のフルーツトマト

P1460223

添えられていた梅ソースがまた美味しくて、岩塩と共に、色んな組み合わせでそれぞれを楽しみました^^

P1460228

そして、メインディッシュの富良野産黒毛和牛~藻塩・塩昆布・山椒だれ・特製卵黄醤油

1切ずつ、4種の味で楽しませてくれるという、これまた理想形の食べ方が!!

P1460231

そう、お肉はこれくらいの方が最後まで美味しく味わえます^0^

P1460239P1460242

そして、〆のご飯もの

お米が見えないくらいのキノコたちの上には秋刀魚!

P1460250P1460254

混ぜると湯気と共に喉が生るほど美味しそうな香りが漂います~~

普段はお腹がいっぱいでご飯モノまでたどり着けないのですが、これは1口でも食べておかないと!!

P1460258

お、美味しいです><

がしかし、1口では終われないのです・・・

ここで“つっこ飯”が登場します!

P1460259P1460261

はちきょうと同じく、あの威勢の良い掛け声が!

3回かけ放題!ですが、食べきれないので2回でストップ^^;

P1460265

 

↓ ちなみにこちらは3回かけたもの

P1460271

いやぁ、やっぱりオイシイです><

そしてそして、最後は出汁をかけていただきます!!

P1460281

いくらにお戦い出汁をかけたら白く固まっちゃうんじゃないかと思ったのですが、さらに美味しく味わうことができました!!

そんなわけで、少なめに盛ってもらいつつ、3杯味わった方が良いです!!

P1460284

デザートはプルーンソースがけのバニラアイスと、完熟プルーン

プルーンは大好物だけど、白樺花粉症なので躊躇したのですが、完熟と聞いて食べてみたら大丈夫でした^0^←感動の美味しさ!

そしてソースがプルーン特有の苦みも少しだけ残るオトナの味わいで、甘いバニラアイスとピッタリ♪

 

 ★量は食べられないけど、本当に美味しいものを少しずつ味わいたい

 ★肩ひじを張らず、だけど居心地の良い空間で味わいたい

 ★道外の人を喜ばせたいけど、自分もしっかり楽しみたい

 ★料理の説明はしっかり聞きたい

そんな欲求が見事に叶えられた1店でした!!

北海道の美味しいものを食べたい・食べさせたい!という方に自信を持ってお勧めできるお店です^0^
※事前予約をお勧めします

 

 

pageTop