札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『イベント』カテゴリーの投稿一覧

オサワイナリーで道産チーズを堪能する

先日、オサワイナリーで行われた、【アナタの知らない道産チーズの世界】というイベントに参加すべく、小樽へ

P1380267

これだけの道産チーズを一度に楽しめるだけでも贅沢!(盛るの、結構大変だし^^;)

P1380256

そして全国を駆け巡る、道産チーズの売り子?足立唯さんが今回のナビゲーター

P1380259

イラストも足立唯さん作!

ちなみに『知ってるかも』と追記したのは、この回(すぐ満席になったので、急きょ2部制にしたのです)のメンバーが、ちょっと詳しそうだったからだそう(笑)

P1380266 P1380258

そして今回のもう一つのスペシャル?

オサワイナリーの長くんの生演奏付き!
(長くんは、JAZZLIVEとかでも時々弾いているピアノマン)

TVで聞いたことのある音楽のおかげで、どこか番組っぽい(笑)

P1380272 P1380275

今回のワインのラインナップ

ワインの色に合わせてチーズを合わせるとイイと言われて試してみると・・・

ホントだ!!

すごく合う~~^0^

P1380277P1380278

途中でファットリアビオのリコッタも登場

唯ちゃんがNYからハンドキャリーしたというオリーブオイルも^^

当然のようにワインが足りなくなって、追加オーダー(笑)

P1380280 P1380285

ツヴァイゲルトのロゼ!

そして、この時はまだ、発売前だったtabi2018♪

P1380287

結局4種類も飲んでしまいました^0^;

チーズ、おそるべし(笑)

P1380282P1380284

今回、奥様の真子ちゃんお手製のパンも出していただいたのですが、実はこのパンの中にワインの搾りかすの粉末が使われていたのです。

その粉末というのが、ビックリするくらい美味しくて、色んなものに活用できそう!!

今、製品化に向けて動いているそうです~

楽しみっ♪

01370f2c13e9db9d1f374f2289e409eb95c93f47dd P1380253

オサワイナリーのショップ&BARは、金&土の13:00~19:00しか開いていないのですが、時々こんな面白いイベントを開催してるので、要チェックです!

 

と、実はこのイベントに参加する前に、立ち寄った場所があります!

そのお話は改めて!

 

北海道の可能性がまた一つ!!~Ecole Botanical 「森を飲む」

先日、【Ecole Botanical 「森を飲む」】というイベントが、菊水にある“HOTEL POTMUM/MORIHICO.STAY&COFFEE”にて行われまして、ワタシも参加してきました^^

P1380074

 

P1380042

定員80名があっという間に埋まり、急きょ10席増やした状況だったので、本当にぎゅうぎゅうな会場内

P1380046

まずは、林業試験場農学博士の脇田陽一氏による、森の香りブレンドについてのワークショップを聴講

北海道の生育している木樹木のお話や、香りにはそれぞれ効能があることなどなど、知っているようで知らなかったお話が聞けました^^

P1380047

P1380048

P1380049

言われてみると、確かに!!って思うのですが、いつもは意識していないので、どの匂いがどの植物かなんて全く分かりません^0^;

 

P1380050

P1380052

ちなみに今や全国で人気の、新得町・共働学舎のチーズ・さくらとさくらのアフィネは、今現在は道産の桜の葉ではないようですが、今後チシマザクラのものが登場するかもです^^

と、最後に10種類の樹木の香りをブレンドして、プレゼントしてくれるとのこと!

P1380041

P1380055

下記の画像の蒸留器(?)で取り出した香りは、香水のようにきつくなく、自分の周辺のみをその香りで包んでくれる(しかもすぐ消える)ので、周囲に気を使わなくてもよいという優れもの!

しかも水溶性だからシミなども付かないのです

P1380056P1380058

と、アツく語ってくれた脇田さん

今回は人数が多かったこともあり、一瞬の感性で好みを見極めなければいけなかったのですが、一番印象に残っていたのはやチヤナギかな^^

P1380059

そして水なので、そのまま飲むことも出来ちゃうのです!

これはホテルとかにあると、すごくいいかも!!

 

P1380067

その後、東京・新宿にあるBar Benfiddichのバーテンダー鹿山博康氏による、ボタニカルを使ったカクテルのデモンストレーション

P1380072

ちなみに鹿山さんは、かなりの変態(誉め言葉です・笑)のようで、自分でニガヨモギを栽培しているそうです!

P1380071P1380076

その場でも一つボタニカルカクテルを作ってくれましたが、さすがに90人分はデモンストレーションでは難しいので、予めお隣のテーブルに用意いただいた、最初の画像にも登場した、まさに「森を飲む」に相応しいボタニカルカクテルを試飲

ハーブや柑橘系の独特の苦みって、子ども舌の時は絶対NGだけど、オトナになるといつの間にか好きになりますよね~

それにしても、見た目にも癒されました^^

 

今回はカクテルとともに、元旅する料理人 テントウムシ石川進之介氏監修のおつまみも楽しめました^^

P1380062

白花豆のボールコロッケ 白雪わさびを散らして

コロッケの中にも山ワサビが入っているのですが、甘めな白花豆とのバランスが絶妙

P1380079

と、山ワサビ好きなので、追い山ワサビしてもらいました(笑)

P1380060

3種きのこのブルスケッタ ハーブ香るオリーブオイルと共に

P1380061 P1380081

パンプキンクールスープ(現代風ラタシケプ風)ローストスパイスオイルを添えて with クッキーポット from ニューヨーク

側はかなり甘いけど、中は甘さ控えめのパンプキンスープ

ちなみにMORIHICO.では、メープルミルクを入れての提供ですので、こちらはイベントのみのメニュー

P1380082

そしてこちらの2種類のオイルの瓶が、ブルスケッタとクッキーポットに使用していた

ローズマリー&タイム 鷹の爪 オリーブオイル
キハダの実、クミン、シナモン、ローリエ、米油

とのこと。

でもってこのボトルは、#‎ルイジボルミオリ のものなんだそうです
(食器の世界には全然疎いので初めて聞きました^^;
でも、知れば知るほど欲しくなるので、これ以上知りたくない気も・・・^0^;)

 

最近よく、耳&目にする“ボタニカル”

今回のイベントに参加して、広大な大地・きれいな空気・美味しい水の揃う北海道は、まさにボタニカルの宝庫じゃない!!と、とよく思ったのでした^^

そんなわけで、Ecole Botanicalの今後の活動が気になる今日この頃です!

 

 

道産ワインにはやっぱり、道産食材の料理が合う!~ペアリングナイトin新さっぽろアークシティホテル

先日、こちらで告知しておりました、【ペアリングナイト】の備忘録です^^

P1370491 P1370492

会場は、JR新札幌駅直結の新さっぽろアークシティホテル1Fにある、レストランアバンティ

ホテル自体は何度か行ったことがありましたが、レストランを利用したのはもしかしたら初かも^^;

札幌駅からJRで向かえば10分ちょっとでレストランの席に着けるので、街中の飲食店に行くより楽だったりします

P1370495P1370498

今回は飲み食べしつつ、北海道産ワインの現状なども学べるセミナー付き♪

20年前から現在までの変化など、とても分かりやすくまとめてあるので、参加者の皆様もワインが気になりつつも、眼差しは真剣

P1370500

改めて、温暖化はワインにとっては良い方向に影響していることが分かります。

もちろん、今後温暖化が進んでしまいすぎると悪い影響も出てくるので、手放しで喜ぶことはできないのですが、ここ数年の道産ワインは本当にレベルアップしたと思います^^

 

 

P1370532

今回ご用意いただいた道産ワインはこちらの6種類

P1370505

まずは奥尻のピノグリで乾杯です♪

P1370501

同時に、北ワインケルナー2017も注いでもらえたので、色・香りの違いも堪能できます^^

P1370507P1370509

オードブルはグレープフルーツソースがポイントの“ニシンのフルーツマリネ”

ピノグリによく合います^^

ワタシが初めて奥尻ワインを飲んだのは、リリースしてすぐの時の函館バル街でした。

その時は塩味が今よりかなりきつめでちょっと驚きましたが、イカ刺しと一緒に味わうと逆に合うなって思った記憶が焼き付いています^^

そんなわけで、海に囲まれた奥尻のワインは海の幸によく合うと思います!

 

P1370511

魚料理は“道産真鱈のハーブマリネ焼き フランボワーズビネガーソース”

魚なので白にはもちろん合うのですが、ソースのおかげで赤でもイケるのです!

P1370510

ということで、おたる醸造のツヴァイゲルト&MHアムレンシスが登場

P1370518

肉料理は“滝川産 鴨のロースト黒酢ソース”

鴨肉にベリー系のソースはよく見かけますが、黒酢ソースにすることで、先ほどのツヴァイゲルトにも合うし、以前より優しい味わいになっていた、月浦のドルンフェルダーにも合う

ゴボウやキンカンもアクセントに効いていて、白に合わせても楽しめます

P1370502

今回は別添えてハーブとフランボワーズソースも用意されていたので、自由に組み合わせることでさらにペアリングの奥深さを堪能!

フランボワーズを添えていただくと、フレッシュなYAMAZAKIピノノワールとの相性が抜群でした^^

P1370524 P1370526

デザートは“小林牧場牛乳の杏仁豆腐”

ここで、香り仕込みスパークリングケルナーが登場

泡はスタートという印象が強いですが、ほのかに甘みを感じるこちらのスパークリングはデザート酒にピッタリなのです^^

 

P1370528

もう一つのデザート、岩見沢産ハスカップマカロン

これは今回の赤ワインたちとの相性も抜群でした!

 

P1370529 P1370530

今回はさらに上記のワインが自由に飲めるという、何とも贅沢なワイン会となりました^^

P1370535

元々は、ワインクラスター北海道の阿部さんが登壇したセミナーに、新さっぽろアークシティホテルの水上ソムリエが参加したことで実現した、ペアリング会

水上ソムリエは探求心とワイン愛がともて深く、毎月様々な企画を行っているそうです^^

01862289040cad385f192d263c9cd5f5cf491e02f5

4月には日本ワインの会も企画しているようですので、気になった方はホテルに問い合わせてみてください!

 

 

 

季節の変わり目だからこそ、自分を労わり、そして磨く!

寒暖の差やPM2.5などで体調を崩しがちだったりしませんか?

そして環境の変化などで、精神的に乱れがちになってしまう方も多い季節。。

 

これは自慢ですが、ワタシ体力にはちょっと自信ある方です!

と言っても、ここのところ運動らしい運動はできていないので、階段で息が上がることもたたありますが・・・^^;

ただ、風邪はあまりひかないし、二日酔いもほとんどない!(←結構な量飲みます)

朝の目覚めもいい方だし、新陳代謝もそこそこいい!!

 

病は気からとは言いますが、まさにそこが強くてですね、確実に聞いているのはセコマオリジナルのヘルシーDo認定商品【オリゴノールプラス】だと思ってます!

50766636_2092049900841659_4191002926791000064_n

ちなみにワタシ、回し者のようにどこへ行っても勧めてます(笑)

以前、バスツアーで枝幸町に行ったとき、参加者にオススメしたらホテル近くのセコマからオリゴノールプラスが消えました(笑)

 

ヘルシーDoについては、今まで何度もブログで紹介していますが、摂取しているときはホントに体調がいいのです^^

でもって、オリゴノールプラスはお手頃な価格も手伝って、毎日必ず1本飲んでます♪

だまされたと思って、とりあえず1ヶ月くらい飲んでみてほしい。。。(笑)

 

そうはいっても、やっぱりきっかけがないと始められない!という方が多いことも、よく知っています!

そんな方に、3月16日(土)に参加してもらいたい自分磨きイベントがあります!

その名も、ココロとカラダの整え方 ~「ヨガ」×「栄養」体験イベントin大通~

52420937_313666962616321_2230359083540545536_o 01755ec4160ca3b7be88828ebb44197655286efd62

こちらのイベント、参加費1500円で、ヨガを通して今話題の“腸活”や“温活”などの知識も得ることができるうえ、写真のヘルシーDo商品の詰め合わせがもらえちゃいます!!

ハッキリ言って、参加費以上の内容です^0^

 

かぼちゃオイル

特にこちらの、【北海道のかぼちゃの種から搾ったオイル】は、そんなに手軽には買えないとおもいますので、この機会に試してもらいたい1品!

 

ちなみに先日、ヘルシーDoについての意見交換会というのを開催したのですが、その際に出していただいたスイーツに、こちらのオイルが使われていたのです^^

P1360964

 

P1360962

会場はキッチン ウフ、そしてこちらのスイーツを作ってくれたのが、管理栄養士でオーナーシェフの中居さん^^

ガトーショコラにはオリゴノールの粉末、そしてバニラアイスにかぼちゃオイルがかかっていました!

ガトーショコラはオリゴノールのおかげで少し苦めに仕上がっていて、個人的にすごく好きな味でした!!

そしてバニラアイスとオイルの相性が良いらしく、こちらは味の邪魔をしないというか、変な癖もなくペロリといただけました^^

 

効能などは実際に摂取したことがある方からの話が一番納得できると思いますので、この機会にぜひ!!
(ワタシも会場におりますので、色々聞いてください^^)

 

イベントの申し込みは3月8日(金)まで!

詳しくはこちらをご覧ください^^

 

 

Veuve Clicquot In THE Snow 日本初開催の地は“NISEKO”

2019.3.1~10の期間限定で、ニセコ地区の8か所で行われている、【Veuve Clicquot In THE Snow~ヴーヴクリコ イン ザ スノー

日本では初開催とのことで、初日の1日(金)に、メディア向けのレセプションが行われまして、ワタシも参加してきました^^

P1360973P1370036

ランチパーティの会場は【RESTAURANT ASPERGES HANAZONO

この日以来、5年ぶりの来店!

P1360998

ただこの日はレストラン全体が、ヴーヴクリコ装飾になっていました!

P1360999

 

P1370005

全ての小物がキュートすぎる!!

P1370007 P1370010

P1370013 P1370014

イメージカラーのネクタイを着用したブランドアンバサダーの彼、日本語ペラペラです^0^;

P1370030  P1370034

乾杯したのち、ランチコースをいただきました^^

P1370024

 

P1370037

見た目以上に熱々で、飲み干すころには汗ばんでいた、ミネストローネ

おかげでヴーヴクリコが進みます^^;

P1370047

初めて伺った時も黒コショウで食べた牡蠣に感動しましたが、今回もやっぱり美味しかった~><

ちなみに牡蠣はカキエモンです♪

P1370049

笹の葉の中には、平目とななつぼしのハーブサラダ♪

P1370039 P1370040

ほんのり温かかった袋の中には、焼き立てパン♪

P1370043

このパンがまた、美味しいのですっ

 

P1370054 P1370055

オイシイものがあると、当然シャンパンも進みます(笑)

ここでヴーヴ・クリコ ロゼをいただきます♪

P1370063

メインディッシュは、北海道産豚ロースのグリエ

松の葉の良い香りにやられました~っ

P1370066

 

P1370078

豚ロースはとりわけて、ポンムピューレと玉ねぎのブレゼを添えていただきます^^

相変わらずポンムピューレが美味しい~♪

P1370082

 

P1370087

こちらはデザート

こんな大きなスイーツ、食べきれないよ~と思ったら、ベリーの冷製スフレグラッセなので、口の中であっという間に溶けてしまいまして、ペロリと完食^0^

これがまた、ロゼに合うんです~

P1370091

ヴーヴクリコが美味しくて、ゆっくり堪能してしまったので、コーヒーと焼き菓子をゆっくり楽しむ時間がなくなってしまいました・・・^^;

 

でも、実はもう一箇所に移動したのち、さらにヴーヴクリコを楽しみます!

P1370095

グランヒラフマウンテンセンター2Fにあります、【レストラン&カフェ タンタ・アン

こちらも10日までの限定で、ヴーヴ・クリコ イン ザ スノー ポップアップ ラウンジが登場♪

P1370096P1370110

こちらもまたまた、キュートな装飾!!

P1370112

スタッフの制服もキュートすぎ!!!

P1370113

でもって、外にもこんな素敵な空間が!

P1370117 P1370131

昔のニセコなら考えられなかったけど、逆に今はハマりすぎるほどハマっている・・・

シーズン中、ずっとやっていてもいいんじゃないかと思ったほどです!!

P1370127

そうそう、ヴーヴクリコカラーのゴンドラもあるんですよ!!

P1370111P1370101

まだ明るいのに、何時だか分からなくなるほど盛り上がっておりました^0^;

P1370153

そして、どこにいるかもよく分からなくなってきました(笑)

このまま泊っていきたかったけど、送迎バスの時間が来てしまいました><

帰りに、ちらっと立ち寄ったhirahu188のサツドラ

P1370172

その前にも、ヴーヴ・クリコ イン ザ スノー ポップアップテラスが♪

P1370166

いやぁ、もう完全に海外ですよね^0^;

P1370168 P1370169

サツドラにこんなにヴーヴ・クリコが並んでいるなんて・・・

(ほかのアルコールの品揃えも、ラッキー倶知安店並みにすごかった!)

 

改めて、ニセコは世界に誇れるリゾート地なんだなぁ。。。と、改めて思った濃密な一日でした!!

 

 

 

 

 

pageTop