札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『イベント』カテゴリーの投稿一覧

あつまがあつい!!~GOOD GOOD SECRET MAISON&FARM

P1850784

昨年くらいからInstagram等で目にしていた【GOOD GOOD SECRET MAISON&FARM】

さらに、これから厚真町が面白くなる!という話しを聞いて、気になってしょうがなかった矢先、『sheep meeting』があるけど、参加しますか?というお声がけをしていただいたので、厚真町まで足を運んでみました。

P1850787

厚真町内から少し山奥へ車を走らせたどり着いたのは、コンクリート打ちっぱなしの窓も何もない要塞のような建物

P1850776

何だか海外の遺跡に迷い込んだような気持ちになり、しばし探検モード

P1850777

どこもかしこも絵になります!!

P1850771

P1850778

P1850774

実はこの建物、ゴルフ場が完成する前に破綻してしまい、建築途中のままになっていた建物で、広大なゴルフ場になる予定だった敷地を含め、世界初の滞在型生産商談施設「和牛メゾン(WagyuMaison)」 構築を行うため、GOODGOOD株式会社が厚真町と用地に関する長期契約を締結したそうです!

※詳しくはこちらにリリースが載っております

P1850824

このまま放置すれば負の遺産ともなりうる場所を、世界初の施設に変えていく

P1850827

それが奇しくも、震災で大量に発生してしまった土砂がきっかけになるとは・・・

というのも、最初にGOOD GOOD株式会社さんがこの場所を見学した時は、粘土層や地盤が露出状態で牧草栽培には適さず使用することを見送ることにしたそうです。

その1ヵ月後に胆振東部地震が発生し、厚真町内に多量の土砂が流出

その土砂を、ゴルフ場予定地だったこの場所に搬入することになり、そこで牧場用地として再検討することになったそうです。

車を走らせていくと大きく削られた山肌が続き、少し心が痛みましたが、このように未来へ向けて動いていることを知って、時が流れていることを実感しました・・・

P1850828

カート道になる予定だったところを、車の荷台に乗って見学

P1850830

この場所が3年後には放牧地になり、牛が自由に過ごしているわけですね!

というか、このカート道を使用してトラックで見学するだけでも、ある意味アトラクションなんですけど~というくらい、楽しかったです(笑)

P1850788

と、この要塞のような建物も、その頃にはホテルになっている予定とのことですが、今回はこのスペースを利用して、美味しい羊肉を食べる『sheep meeting』 を開催

本当に美味しい羊肉を食べてもらいたいと、ラムバサダーとしても活躍している羊サンライズの関澤さんが、色々な羊肉(すべて無冷凍)を用意してくださいました^^

P1850789

これまでたくさんの羊肉を食べてきた方ですが、この“シープクラウン”という焼き方は初めてみました!!

P1850798

こうしてチェーンをかけて・・・

P1850804

炭て炙ります!!

P1850813

焼けたらカット

P1850815

いい塩梅に火が入っています(≧▽≦)

P1850792

こちらのオリジナルスパイスをたっぷりかけて、いただきました♪

P1850806

シープクラウンはオーストラリア産の希少なパスチャーフェッドラムとのことでしたが、他にも色々な産地・種類の羊肉を焼いていただきました♪

P1850821

中でも、池田町のマトンは素晴らしかった!

もう、おばあちゃん羊とのことですが、臭みも一切なく、ラム肉よりは硬さはあるけど噛めば噛むほど旨みを感じるので、逆にこの歯応えがたまりませんでした(≧▽≦)

P1850808

このケバブも美味しかったなぁ~

P1850802

関澤さんの話を聞いて初めて意識したけど、新鮮の“鮮”って、魚偏に羊なんですよね

魚と羊は鮮度が命!

この放牧地には、牛だけでなく羊や鹿なども飼育していく予定とのことなので、本当に楽しみです!!

P1850769

ちなみに要塞のお隣に建築しているこちらの建物は、1階がレストラン、2階に宿泊施設が完成する予定だそうで、早ければ夏の終わりには完成するという話しでしたが、詳細が分かったらまたレポートしたいと思います!

 

P1850763

そして厚真町の、もう一つの素晴らしい場所

この景色を眺められるテラスをこれから建築する予定とのこと!!

P1850757

こちらの敷地内では、羊のミルクでチーズを作る予定だそうです

↑ちなみにもうすぐ出産ラッシュとのこと

こちらの情報も追ってレポートしたいと思います!!

P1850761

そんなわけで、しばらくは厚真町から目が離せません!!

 

おまけ

P1850766

厚真町に行ったら立ち寄った方が良い場所、ハマナスクラブ

基本はセコマなのですが、地元のお酒やお土産も販売していて、買い物しがいのあるお店です!!

 

ますます積丹から目が離せなくなりそう~積丹スピリット&海森計画

P1820097

以前、こちらで紹介した北海道発のクラフトジン【積丹スピリット

施設のお隣にある、絶景がウリの【岬の湯しゃこたん】が今年の1月末日で閉鎖され、その行く末が気になっておりましたが、積丹スピリットさんも携わっていくこと(株式会社SHAKOTAN GO)が決まったそうで、今後の展開を個人的にもとても楽しみにしております!!(詳細はこちら

 

と今回は、昨年BAR一慶さんで開催された『ENJOY CRAFT GIN』の第2弾が、【kinoole】さんで行われた時の様子をご紹介

P1820054

kinooleさんはジン専門のBARで、極狭のお店の中には世界のジンが揃っています

そこでバーテンダーをされている寺川さんに、“火の帆”のKIBOU / BOUQUET / BOUQUET LIQUEUR HAMANASUを使用したオリジナルカクテルを作っていただき、実際に味わえるという、なんとも素敵なセミナー(笑)

P1820073

まずはこちら、KIBOUで作ったジンフィズ

定番のカクテルではありますが、Suzeという甘みの中にほろ苦さがあるハーブリキュールでシロップを作って混ぜているので、KIBOUの特徴でもある、アカエゾマツの香が引き立ちます^^

喉が渇いていたので、一気に飲み干したくなってしまいました(笑)

 

P1820089

そしてこちらは、BOUQUET LIQUEUR HAMANASUを使用した、ネグローニ風の1杯

P1820081

元々赤い色合いのHAMANASUに、スイートベルモットとカンパリを入れて作った、深紅のカクテル!!

P1820083

P1820090

これはインパクトあります!!

ほんのり甘いので、ちょっと疲れた一日の〆に飲むのにもピッタリかと^0^

P1820096

実は今回、3種類のカクテルの中から2種類をセレクトするシステムだったのですが、もう一つがBOUQUETを使用したこちらのカクテルもありまして、ゼラニウムウォーターでトワイスアップしたものということで、これがまた見た目も美しくて、究極の選択となりました^^;

積丹スピリットのジンは、積丹のボタニカルの特徴を生かした積丹らしさを前面に出した製品を展開していますが、どのカクテルもその特徴が良く伝わる1杯だったと思います^^

 

P1820071

特にこのUMIは特徴的で、ストレートで飲むと積丹の海を連想させる塩味と、春を告げるふきのとうの苦みが感じられて、北海道・積丹らしいジンだなと思うのです^^

P1820058

今回、UMIの塩味に合わせて作ったという、ケッパーの塩漬けを使用したチョコレートも登場

ちなみにチョコレートは、【キフェ・ラ・メゾン】作

こちらのチョコレートは通常では販売しておりませんが、積丹ジンに漬けこんだ“ジンレーズン”のチョコレートを販売しています♪

 

2回に渡ってクラフトジンの楽しみ方を教わり、ジンの世界が広がりました!

そして積丹スピリットの想いも、さらに確認することが出来ました

safe_image

前回ブログをアップした時は、まだ公式サイトが立ち上がっておりまんでしたが、【海森計画】も無事始動中!

クラフトジンブームにのっかるのではなく、未来の北海道・積丹のための活動を続けていく・・・

↑堂々と飲める、なんとも素敵な言い訳にもなると思いませんか?(笑)

極寒リゾートがアツい!!~芸森ワーサム

P1820578

2022年1月15日(土)~2月27日(日)まで開催中の【芸森ワーサム

詳しくはCAR-LINXのブログにも掲載しておりますが、2014年に初めて当別で開催した時から見ている私としては、色々な意味で興味津々なイベント

P1820529

まず、この場所がようやくたどり着いた場所だった!!ということが、伝わってきました

というのも、芸森ワーサムのコンセプトが

『チルも高揚感もここに。

  アートと自然を満喫する、大人のアウトドアプラットホーム。』

ということ

芸森ワーサムのある場所は、“札幌アートヴィレッジ”と呼ばれている地区で、札幌市が『芸術文化活動の発信や集客交流』などを基軸にしていたそうで、長らく空き地だったようですが、芸森ワーサムのコンセプトと合致し、年間を通して“美・食・住”を堪能できる場所を目指すそうです

なので、ロゴが3本の木(この場所に生えているエゾアカマツ)と線で構成されているそうです

ちなみに“ワーサム”は

W:ヮ(和/輪)

 AWESOME:驚くばかり、素晴らしい

から成り立つ造語なんだそうです!

すみません、聞くまで語源は“わっ!寒い!!”だと思っていました^0^;←それじゃ、和寒ですね^0^;

P1820569

今回もアイスホテルが3棟建っているのですが、今年はプレオープン企画ということで、宿泊は出来ないそうです

P1820531  P1820537  P1820545

が、3人のアーティストの作品になっているので、中に入ることはできます^^

P1820533

ちゃんとマットを入れたベッドになっているものもあるので、こうして横になってみることも可能です

ちなみに息子はアイスホテル見学3回目

1回目の当別会場に続き、2017年に駒丘で開催した時も連れて行ったので、しっかり写真に収まっています(笑)

残念ながら、記憶にはないようですが^^;

でももしかしたら、脳内の記憶が蘇っているのか、視線が少し遠くを見ているような気がしました
(ただ、眠かっただけかもしれませんが・・・)

P1820558

こちら、メイン棟の奥にあるDJブース!

P1820559

そして、DJブースからの目線

これはDJプレイする方もテンション上がりそう(≧▽≦)

IMG_9855

※画像は公式サイトより

と、毎週土曜日の17:00~20:00は、DJ Fuminori Kagajoを迎えて、DJ NIGHTが開催されているそうです!!

参加&入場料はワインドリンク付きで1500円ですが、公式Instagramをフォローすると無料とのこと!
※ワンオーダー制

残念ながら、まん延防止党重点措置の期間はアルコールの販売は休止しているそうですが、食事のメニューがかなり本格的!

272443484_1302816770143695_9141167934371565333_n

というのも、外にはクルーズキッチンカーが待機中なのです^^

P1820565

 

 

menu

さすがは、“美・食・住”を掲げているだけあります!!

P1820573

ちなみにお手洗いは、こちらの建物内を利用する形になるそうです

P1820524

『常夏リゾートがあるんだから、極寒リゾートがあっても良いよね』という言葉、本当にその通りだと思います!

この広い敷地が、この夏のグランドオープンの際にどうなっているのか、個人的にもものすご~く楽しみです!!!!

 

P1820577

それにしてもスゴイ雪の量^^;

通路や階段の整備、毎日お疲れ様ですっ!!

サッポロモノヴィレッジで簡易パーソナルカラー診断♪Byセゾンローズゴールドアメックス

019120bbc7d677cb74881c4dcd1eaba78267ccfdce

今週末・1月22日(土)&23日(日)に、札幌ドームで開催される【サッポロ モノ ヴィレッジ

こちらに出店される予定の【セゾンローズゴールドアメックス】さんのブースで『簡易パーソナルカラー診断&マスクプレゼント』を行うことになりました!

 

rose_index_benefit01

セゾンローズゴールドアメックス

昨年、こちらでご紹介致しましたが、自分自身がユーザーということで、よりワクワクする特典を用意して欲しい!!と、色々な提案をさせて頂いております

その中で今回、こんな特典も実現!!

そして、サッポロモノヴィレッジの中で、何か喜ばれるイベントは出来ないだろうかと相談されたとき、以前より交流のあった、パーソナルカラー診断を行っている古池由美子さんのことを思い出しました。

P1810960 P1810962

パーソナルカラー診断

内容はわからなくとも、どこかで聞いたことのあるという方もいらっしゃると思いますが、自分の肌が何ベースか診断してもらって、より似合うメイクや服装を知るというような診断になります

最近はドラッグストアで、『私イエベだからこっちかな~』とか、『ブルべさんにはこちら』などのポップが貼ってあったりと、若い子の方が詳しかったり^^;

私は一応、カラーの勉強をかじったことがあるので大まかなことは知ってはいたのですが、実際に診断してもらったのは遥か昔で、すでに何ベースだったかも不明^^;

271194115_612478849973732_1607204829621075953_n 271233740_3817677995185346_7509318537664159302_n

そんなわけで事前打ち合わせの際に、まさに簡易的に診断してもらいました!

※診断の時はマスクを外しました

マスクをしていたので、口紅もしていなかったのですが、カラー診断の際はメイクも極力していない方が、正確に判断できるそうです^^

P1810958

と、私はサマータイプだったので、『ブルべ』になるようです

このような診断をセゾンローズゴールドアメックス会員の方に、サッポロモノヴィレッジの会場で行ってくださることになりました!

さらに、その方に似合うカラーのマスクをプレゼントしていただけます!!

もちろん、当日入会された方も対象ですよ~

最近、自分に似合うメイクや服装が分からなくなってきたという方も、簡易的に診断してもらうだけでも参考になりますし、気になった方は今回をきっかけに、しっかり診断してもらうのも良いかもです^^

 

Niki Hills Wineryでクリスマスを満喫☆彡

P1810737

↑まるで本物のサンタさんのようなシチュエーション

こちら、先日のクリスマスにお邪魔した【Niki Hills Winery】での一コマ

12月24日と25日に開催された、“ワイン好きのためのクリスマスイベント”に参加してきたのです^^

016cb65d801fac992f0d8b7cdefe1e39e4538163a6

まずは札幌駅からJRで仁木駅まで

小樽までは青空が広がり、海もきれいに見えていたのですが、余市を越えたあたりから真っ白に

01528e77f033e841988295f56cebbcbaab2eee6545

そんな風景も余裕をもって楽しめるのが、JR移動の良いところ^^

01a771fd7039022f440f59949aa6cfaa191957aca6

仁木駅からは、送迎バスでNiki Hills Wineryへ向かいます

01e9832d43478375c501f74ba6dc1b0bff0dd28443

Niki Hills Wineryにはもう何度も訪れていますが、実は一番最初に訪れたのは冬でした

この、ぶどうの苗木が雪に埋もれている風景も、北海道ならではッて感じで、個人的には好きなのです^^

P1810726

店内には大きなクリスマスツリーが飾られ、暖炉には薪がくべられ、そして大きな窓から見える雪のぶどう畑の景色も含めて、クリスマスムードが漂っています^^

P1810683

P1810670

今回のイベント、3種類のワインがフリーフロー!

P1810724 P1810679

もちろん、全種類飲みます(笑)

P1810685

奥の特別室に行くと・・・

P1810676

なんと、醸造家の麿さんが自ら生ハムをカットしているではありませんか!

P1810673

慣れない作業に悪戦苦闘していましたが、お替り自由ということで遠慮なく頂いちゃいました(笑)

P1810686

他にも、円山にあるエクレレさんのチーズも好きなだけ♪

P1810711

さらにはワインにもピッタリな贅沢デザートプレート付♪

P1810728

何せ居心地ががいいので、ワインもクピクピ進んでしまいます^^

P1810695

P1810702

別料金ですが、発売前のロゼスパークリングも頂きました!

これがまたすごく美味しいではありませんか~(≧▽≦)

P1810705

そして300本しか作っていないというピノ・ノワール!

こういう特別なワインがいただけちゃうのが、ワイナリーイベントの良いところですよね^^

P1810718

今回は小5男子も連れて行ったのですが、途中で早く帰りたいって言いだすのではと思っていたのに、意外にも堪能している様子

P1810697

飲んでいるのはもちろんジュースですが、Niki Hills Wineryで作られているスパークリングぶどうジュースやりんごジュースなど4種全部制覇して、俺はこっちの方がスキかなと、テイスティングしながら飲んでいました(笑)

P1810708

今回は、Niki Hills Wineryのモチーフでもある北斗七星にちなんで七つの空間があり、外にはかまくらテントも用意されていました

P1810714

が、“大人の隠れ家”が居心地良すぎて、かまくらテントも地下のショップ見学も出来ないまま、帰路についてしまいました^^;

P1810739

帰るころには晴れ間も見え、その風景が美しい!!

P1810741

サンタさんは、私たちが送迎バスに乗り込むまで、ずっと見送ってくれていました^^

P1810693

最後にはお土産まで!

P1810765

 

今回は、クリスマスの特別企画ではありましたが、1月末日まで、ものすごくお得な日帰りバスツアーがあるんです!

thumbnail_thumbnail_300_250_v1

ランチも付いて5100円とは、かなりお得かと♪

一度は冬のワイナリーを実際に見てもらいたいなぁ^^

pageTop