札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『イベント』カテゴリーの投稿一覧

学生たちから元気ももらえた、“おにぎりアイデアコンテスト”

P1660573

北海道アグリ・フードフォーラム2020内企画『道産食材使用 おにぎりアイデアコンテスト』

北海道内の学生を対象にした、道産米そして、11月頃にスーパーで等で入手可能な食材(出来るだけ道産品)を使用したおにぎりのアイデアを募集したコンテスト

昨年に続いての開催とのことですが、今回ご縁があって取材してきました^^

P1660574

本来は、北海道アグリ・フードフォーラム2020の会場内で審査が行われる予定だったのですが、コロナ禍の影響でフォーラム自体が中止になり、急遽オンラインでの審査会となったのです

P1660576

スタッフ含め、全員手探り状態なオンラインでの審査会場でしたが、画面越しからでも学生さんたちの熱意が伝わってきて、すごく元気になれました^^

P1660608

今回の応募総数は278作品

その中から5作品が1次審査を通過し、この日、大賞が決定!

先に結果を記載しますが、大賞は画像に映っている静内農業高校・チーム美俺(びおれ)【食彩の秋!チェプオハウ風おにぎり】でした

20201127_124430

↑こちらはレシピをもとに、協賛会社である国分北海道(株)の社員の皆さまが作って撮影してくれた画像です

P1660609

さらに審査会場でも、同じおにぎりが審査員に配られ試食し、画面越しに今回のおにぎりの開発にあたっての想いやセールスポイントなどを学生さんたちがアピール

大賞作品は実際に商品化するという構想もあるので、原価率や、誰に対しどこで販売を想定しているおにぎりかなど、とても具体的な説明があり、素直に感心したし、すごく勉強になりました。

ということで【食彩の秋!チェプオハウ風おにぎり】は、どんなおにぎりかと言いますと、まずは北海道の先住民であり、静内にもゆかりの深いアイヌ民族の食文化ことを知るところから始まったようですが、オハウは具がたくさん入った汁という料理とのことで具がたくさん入板炊き込みご飯をおにぎりにしようと考えたようです。

炊き込みご飯なら男子学生でも簡単に出来るという発想と、出汁と具材をレトルトで販売することも可能という発想にも素直に感心!

具材はアイヌ民族が実際に食べていたという、タモギダケ・マイタケ・昆布・イナキビ、そして鮭

さらに今回、鮭ではなく鮭とばを使用していると言う事にもビックリ!!

今までいろんなおにぎりを食べてきたけど、鮭とばを使用したおにぎりは初めてかも

これがまた、食感がいいアクセントになっているし、旨味もしっかりでているのです^^

実は5作品中最後に出てきたのですが、それでもなお、ペロリと食べられてしまうほど美味しかった^^

20201127_120922

他の4作品も、応募総数276作品の中から選ばれたおにぎりだけあって美味しいのはもちろんですが、コンセプトが明確で大人を納得させるだけの説得力がありました^^

こちらは登別明日中等教育学校・チーム ドビーとその友達の【鬼ぎり】

ご当地グルメの登別閻魔焼きそばやのぼりべつ豚を使用しているのはもちろん、登別のシンボルである鬼をイメージすることで、地元のアピールに繋げる取り組み。

見た目も可愛くて(くるんだラップに顔を付ければ鬼に見える!)子どもたちも喜びそう^^

20201127_111315 (1)

こちらは静内農業高校・チームH2Oの【なまら旨!!きびちゃんおむすび】

大賞のチームと同じ高校ですが、1学年下になるようです。

こちらもアイヌ民族の食文化を参考にしつつ、道民に愛されるおにぎりを作るというコンセプトで作ったようですが、おにぎりの中身が甘めに味付けされたちゃんちゃん焼きだったり、海苔の代わりにシソだったりと、道産子としても納得の食材使い!

20201127_120626

ニセコ高校・チームエゾシカさんの【鹿肉チャーハン握り】

頭数が増えすぎて食害にも悩まされているエゾシカの肉は栄養価が高いので、もっと気軽に食べられるようになればいいなと、日頃から個人的に思っていますが、こうして誰もが手軽に食べられるおにぎりで利用してくれると、ホントに嬉しい!!

さらに、万人が好きなチャーハンの味付けということで、商品化すれば間違いなく売れると思います^^

20201127_121351

北海道情報大学・チームみっきー【クリームチーズしゃけの牡蠣しょうゆ仕立てのおにぎり】

こちらは今回の作品の中で一番シンプルなのですがコンセプトが“カフェめし”

おにぎり2個とみそ汁、漬物、番茶のセットで、忙しい中でも少しだけ一人でゆっくりご飯を食べてもらいたいと、普段から多忙で、少し疲れているというゼミの先生(女性・子あり)に食べてもらうことを想定して、女性が好きな具材・ホッコリできる味わいを目指したそうです。

基本ホッコリできるけど、少しだけピリッと七味唐辛子が効いているところがミソで、食べ終わったらまたバリバリ仕事と家事をこなせる気分にしてくれます^0^

P1660581P1660596P1660587P1660603

みなさんのアイデアを聞いて、“食”って、ただお腹いっぱいになれば良いわけではなく、作った人も食べた人も幸せな気持ちになれることが大事だよなぁと改めて思いましたし、参加した学生さんもそこに気が付いてくれたようで、今回の取り組んだことが今後どう生かされていくか、学生さんたちの10年後を見てみたいと思ったり^^

今回の大賞作品の商品化は、これから具体的に詰めていくようですが、審査員のメンバーでもありました、(株)イーストンのどちらかの店舗のメニューとしても検討しているとのこと。

詳細が分かりましたら、また皆さんに紹介したいと思います^^

 

おにぎりアイデアコンテストは終了しましたが、現在【北海道米LOVE ごはんのおともグランプリ】というキャンペーンが実施中とのこと

mv01

こちらは学生じゃなくても参加可能ですので、北海道のご飯が大好きなみなさん、ぜひ参加してみてください!

ちなみに私は、カジカのコッコの醤油漬けがあると、いつもの倍はご飯食べちゃいます^0^

広尾サンタランドツリー点灯式に行ってきました

P1640976

先週は出張で東北に行っておりまして、ブログが更新できずにいる間に11月になってしまいました(;’∀’)

た、大変だ・・・

その東北出張に行く前に行っていたのが、南十勝取材^^;

メインは広尾サンタランドのツリー点灯式

今年は無観客でのYouTube配信で、報道など取材陣のみ現場に立ち入ることが出来ました

0123666e6c1076eafdc72600fabe1bb088b812df8f

配信前の様子

0184fe26b9d6dc953f08bc364646054be68cea4ad9

いたるところに三脚が!

015b84fe50e99642c4c2d370f272b28c49906b62d8

ちょうど月も見える絶好の点灯式日和♪(思っていた以上に寒くて、服装を間違った私はかなり震える・・・)

P1640931

司会の方は役場の方、そしてサンタさんは町長という、まさに町を挙げての一大イベント!

P1640932

その場でYouTubeもチェックしてみる

P1640937

ツリーやサンタランド内の装飾が点灯した後、花火が打ちあがりました

P1650001

 

P1640939

ひゅるるるる~~~

P1640942

ば~ん!!

P1640956

思っていた以上に長くて見応え満点!

P1640964

が、私の撮影技術では限界がありますので、ぜひともYouTubeでご確認下さい^^;

 

P1640980

実はこのメインのツリーの他に、山頂にもツリーが出現!!

P1640987

駐車場を下っていくと・・・

P1650003

微かにツリーが見えるの、分かります??

P1650005

今は山頂まではいけない状況なので、じっくり観たい方は双眼鏡化望遠レンズをご持参のうえ、ご確認を(笑)

P1640999

ということで、広尾町は一足先にクリスマスモード♪

P1640994

雪が積もったところも見てみたいな^^

P1640923

↑ サンタの家で販売されていたグッズ

 

そして明日3日(火祝)より、サッポロファクトリーもクリスマスモードに!!

20201022112516_thumbnail_1080bannar

 

サッポロファクトリー開業当時からツリーになる木を寄贈している広尾町

なんと今年で28回目!

残念ながら毎年恒例の点灯式イベントは行わないようですが、本日2日(月)22:30より、YouTubeで配信されるそうですよ!

そして明日、3日(火祝)から12月25日(金)までの16:00~22:00までは、毎日ツリーが点灯するそうです♪

 

「外で飲もうよ!道産日本酒プロジェクト」モニターツアー Vol.1

01f54a68105985182d0ff501a836a651bfb54a17a3↑グランピング施設にて、ずらりと並んだ道産酒。もちろん写すだけじゃなく飲みました(笑)

先日、米どころ・酒どころ北海道振興事業 道産日本酒販売拡大業務の一環で、“キャンプで楽しむ道産日本酒と酒蔵巡りモニターツアー”に参加

1泊2日で4つの蔵を巡り、昼も夜も道産酒漬け!!

新たな学びもたくさんあり、ますます北海道の日本酒のファンになりました(≧▽≦)

その行程を、2回に分けてご紹介します^0^

 

【1日目】

P1640103

朝9:00過ぎに札幌駅北口に集合し、(新幹線に向けてのホーム拡張工事のため、いつのまにか鐘の広場が使えなくなっていてビックリ)バスで日本清酒(株)・千歳鶴酒ミュージアムへ

P1640106

P1640107

新型コロナウイルスの影響で、仕込み水そして日本酒の試飲コーナーが無くなっていたのは残念でしたが、昔のポスターなんかもあって、楽しめる場所です

P1640109

もちろん、限定酒なんかも変えます^^

P1640114

道内でただ一人の女性杜氏でいらっしゃる市澤さん

仕込み前のバタバタな時期だったのでご挨拶だけでしたが、10月12日(月)から仕込みが始まると言っていたので、これからしばらくはお忙しいと思います

美味しい日本酒を世に送り届けるために頑張ってくださいね!!

そしてお隣は、道産酒と言えばの鎌田孝さん(通称・親びん)

今回のツアーの仕掛け人でもあります^^

P1640137

今回は酒ミュージアムではなく、日本酒を作っているこちらの棟の見学がメインです!

P1640119

こちらは事前予約のみ見学ができるのですが、仕込み時期に入ると見学はしばらくお休みということで、ギリギリのタイミングで見学することが出来ました^^

ところでこの場所(中央区南3東5)で、明治5年から日本酒を醸造していることを、札幌在住の方でもまだ知らない方も多いかもしれませんね。

P1640120

それにしても、重厚感のある建物です

P1640121

酒造りは、上の階からスタートして、下の階へ行くほどに完成していくようになっています

3階と言っても天井が高いので、その分階段の傾斜もキツイですが、当然階段で上に向かいます^^;

P1640122

こちらは精米機。千歳鶴ともなると、規模が大きい!

P1640123

ただ、特別なお酒はこちらの樽を使用して、手作業で行うそうです

P1640128

蒸したお米はこちらの“麹室”で米麹にするのですが、この作業が日本酒造の要であり、温度や湿度管理を夜通し行ったりするのです

P1640133

それにしても、一つ一つの規模が大きいです!!

P1640136

そうそう、よくよく見ると天井に小さな穴が開いているのですが、上で作った日本酒はここにホースを繋げてタンクに注入されるわけです^^

P1640129

ちなみに特別なお酒はタンクの保管場所もやっぱり特別でした!

P1640131

 

あっという間に出発時間になりまして、ココでは試飲ができなかったので、若干心残りな状態で、次の目的地・栗山町の小林酒造へ!

P1640139

通常ですと酒蔵見学が先ですが、嬉しいことにまずはランチタイム!

P1640141

酒蔵の向かいにある、錦水庵へ

P1640144

さっき飲めなかった分、一升瓶で登場しました(笑)

P1640148

日本酒が出てきたので、つい塩をお願いして、田舎蕎麦は酒のアテとしていただきました(笑)

P1640161

心もお腹も満たされた後は、酒蔵見学

国の登録有形文化財にも指定されている小林酒造の建物は、日本酒に興味がなくても一度は見る価値のある建造物です

ちなみに小林酒造が日本酒を作り始めたのは栗山町ではなく、札幌だって知ってましたか?

明治11年に札幌市の中心部で酒造業を初めて、明治33年に栗山町に移転したそうです

 

P1640163

私のブログではもう何度も登場している、小林専務のアツいトークショーが始まりました!!

何度聞いても飽きることはないし、何回行っても新しいお話しが聞けるんです^^

明治から酒造りを営んでいる小林酒造の歴史は本当に深すぎて、ココですべてを書くことは不可能ですので、ぜひ一度足を運んで直接聞いてもらいたい!

P1640173

途中で南杜氏も顔を出してくれました

千歳鶴同様、これからが本番なので、最後の点検作業を行っていた感じです

P1640178

小林酒造はその昔、炭鉱夫のための普通酒を大量に作っていたので、酒造りの道具が半端なく多いのですが、今はすべて純米酒に切り替えたので、今は使用していない設備も多いそうです・・・

P1640165

それにしても、絵になる場所が多いなぁ

P1640168

古い建物を維持していくのは莫大な費用が掛かって大変なのですが、(しかも有形文化財なので勝手に改装とかできないのです)なんとか保存していってほしいものです・・・

P1640188

そうそう、こちらのお酒がフランスで開催されている日本酒の品評会【kura master】の純米大吟醸酒部門でプラチナ賞を獲得したんですよ!

試飲があったので、ありがたく頂戴いたしましたが、華やか過ぎず、食中酒としてもイケる味わいで、フランスでこの手の味わいが評価されるのが、ちょっと驚いたそうです。

P1640191

暖簾シリーズは、デザインの誕生から知っておりますので、親戚のおばちゃんの気分です^^

P1640195

まだまだゆっくりしていたいところでしたが、このあと今回のツアーのメインイベント・キャンプで日本酒を楽しむ会が待っておりますので、バスに乗り込み新しのつへ向かいます!! ・・・つづく

 

やっぱり北海道の夏は、外飲みが最高に気持ちイイッ!!~さっぽろピコレワインフェアー2020

015032a7f5a181aa828e74b582582d21e3f62ed5c7

7月18日(土)からさっぽろテレビ塔下で始まった、【さっぽろピコレワインフェアー2020

012a4aeec343d94feb1dafc353ae2b65bd9312d573

昼から飲みたくなる素晴らしい外飲み日和だった昨日、行ってきました!!

01707da3adf209ad22ec8239dc37e1626410fb67dc 010cd726c55180bd5d72ed7aa5d4a2fc061e38bf2d 01b64678a2934d33017543aca394d198148602ade1

日高トンネル熟成ワインをはじめ、空知ワインステーション、そしてビールは4大メーカー他、クラフトビールも揃っている、のん兵衛がたまらなくうれしいラインナップ!

014cafd95e3aea15ce70c3baec69fbec225e015504 01e18485c093d60489f8bef72647144f9ebd0ec1ce

お料理の方も、このスペースにしては絶妙なバランスで取り揃えている感じで、何をオーダーしようかワクワクしちゃいます♪

写真ないけど、タピオカ屋さんもあります。

P1600377

西日が降り注ぐ中、ワタシはジンソーダ割りで乾杯です!!

ちなみにこちら大サイズ。普通サイズと100円しか違わないとのことで、迷わずこちらをオーダー(笑)

そしてそして、おつまみたちが期待以上に美味しかった!!

P1600382

こちらは十方戎第の、1本で色んな部位が食べられる焼鳥!

P1600384 P1600385

大きさを見てもらうために撮影してもらったのですが、あまりに飲むのに相応しいお天気で、いつになくおだってます^0^;

P1600388 P1600375 P1600395

超立派な青つぶ、白貝、マグロのカマの串

P1600370 P1600373 P1600372

ワインにピッタリのおつまみたちも、色々!!

 

P1600400 P1600402 P1600404

ローストビーフなんて、温玉まで乗せてくれます^^

そして今回、一番感動したペアリングがこちら!

P1600393

トンネル熟成ワインのソアベと、マヨいわし缶!

P1600367

マヨネーズと玉ねぎのみじん切りがタップリのっているのですが、これがまた、やめられない止まらない酒のアテでして・・・

もちろんビールにも合うのですが、イイ感じで熟成したソアベとの相性が抜群でした!!

実はこのワイン、昨年も飲んでいるのですが、よりうまみが増していました^0^

が、在庫もだいぶ少なくなってきているそうなので、気になる方はお早めに♪

P1600399

調子に乗って、こちらも頂いちゃいました♪

鶴沼のピノブラン2013なんて、かなりレアなワインかと!!

さすが、トンネル熟成(笑)

 

 

P1600379014af3bde32d83f684a5bc8b3a341185c3a49efe76

西日が差す時間から飲んでいたはずなのに、気が付けばラスト(20:00)まで居座ってしまった^0^;

それくらい居心地の良い空間でした♪

 

さっぽろピコレワインフェアー2020は、8月10日(月)まで、毎日11:00~20:00(ラストオーダー19:30)の間、開催中です!!

 

 

 

今年も美味しい出会いがたくさんありました!~ミルク&ナチュラルチーズフェア2020~帯広会場

1月は毎年恒例・【ミルク&ナチュラルチーズフェア】の月!!

01e306dd26ec9a26cbb836002b6ca433d840cc637a

2020年は1月16日(木)~、帯広会場(藤丸百貨店7階催し会場)でスタートしました!

019f68d70ef16fe7c58466b723415d5de299f305a7

初日の様子が気になって、数年ぶりに会場へ!

開店して40分ほどの会場の様子

木曜日なのに凄い人!!

01904baf7c41499d6c70b1a3e419e74e9d2714f3fcP1530632

初日限定チーズバッグはあっという間に完売!!

そして高級食パンまつりブースも、お昼前には完売(※帯広会場のみ)

202001081023516251_000001

さてさて、取材をしながら真剣に購入するチーズも選ばせていただきます!!(笑)

P1530599

あれ?デザイン変わったこと全然気が付いていなかった^0^;

P1530603P1530602

年々、チーズの種類が増えています

P1530556

P1530561

今年もお目にかかれました!!

P1530567

今年は札幌会場での販売量が少ないということで、帯広会場で押さえておきます!

P1530584

あ!いつもは新得町でしか販売していないというプリン、買い忘れた・・・

P1530583

 

P1530568 P1530578

セレクトコーナーは数量が少ないので、早めにチェックです!

P1530639

P1530637

P1530576

 

P1530577P1530571

チーズだけじゃなく、ヨーグルトや牛乳なども見逃せないのですっ!

P1530601

 

色々なチーズが試食できるので、気になったチーズはとりあえず食べてみる!

P1530611

北海道版モンドールみたいなチーズ!

試食していた小学生くらいの女の子が、『これ、美味しい!』と言って、親の方が驚いていた(笑)

 

P1530612

 

P1530551

工房の方から直接話を聞けるのが、ミルク&ナチュラルチーズフェアの魅力♪

P1530600

迷ったときは、お得なセットを購入するのもオススメです^^

P1530560

 

そうそう、面白いセットを見つけました!

P1530607

きた牛舎のピザセット

チーズとオリジナルのピザ生地がセットになっているのですが、この生地かなりこだわっていて、道産小麦にホエイをブレンドしているそうですよ^^

P1530608

一口試食しましたが、若干冷めていてもサクッとした歯ごたえがあって美味しかった^0^

 

そして会場でもピッツアが食べられます♪

P1530594 P1530590

01572043e50a8c5920349a75b81729100f0ea63968

江別市にある『EBEZZA』のオリジナルピザ!

そしてお隣には、STNDARD COFFEE LAB.も出店中

P1530619P1530617

チーズクリームたっぷりの『爽やか濃厚チーズコーヒー』※一日20杯限定商品

その名の通り、チーズは濃厚だけど爽やかでグビグビ飲めちゃうコーヒー♪

P1530621

ステージでは、ためになるトークショーも開催中

今年もチーズコンシェルジュの石川尚美さんが会場でアドバイスしてくれてますよ

01e46cc8b5d54e070d449ed90fcfc38c146277459aP1530624

202001081023233865_000001

毎年ひそかに楽しみにしている、絵画コンクール展示コーナー

P1530633

う、うますぎる!!

P1530634

016c4f113c3ce1991e9ddc8d68f7a102d85a45a36f

そして、この絵が気になりすぎる!!

011388381dc37acdc944094bf6443fd5e8842f18b9

とううことで札幌会場初日に行けないオサナイは、取り急ぎこちらを購入

帰りのJR内で、匂っていないか若干気になりつつ^0^;

帯広会場は21日(火)まで、そして札幌会場は23日(木)からスタートです!!

 

ちなみに東急会場のチラシはこちら↓

202001081022534737_000001

 

pageTop