札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『芸術鑑賞』カテゴリーの投稿一覧

札幌市民交流プラザレポート!~札幌文化芸術劇場hitaru

今年、10月7日(日)アイーダのこけら落とし公演でグランドオープンした、札幌文化芸術劇場hitaru

P1320424

札幌市民交流プラザの4Fにあります

事務所の前からもよく見えますし、近くもよく通っていたのですが、なかなか劇場に入る機会がなく・・・

そんな時、ようやく初入場する機会に恵まれました!

01d5e9c45dec8a08e7549ae43dd2030bbf3402f279 011c298ce4fa29ab0cc70e8669f369e02dcd0bfdd8

しかもあっという間にチケットが完売になった、【新国立劇場バレエ団 白鳥の湖】の鑑賞でしたっ!!!

P1320445

今回、ワタシが鑑賞した席は1Fの一番奥だったので、こうしてみると旧厚生年金会館の雰囲気ですが・・・

P1320441

ちょっと前に行って上を見上げると、圧巻の客席!!

P1320442

総席数は2302席と、旧厚生年金会館とほとんど変わらないのですが、全く雰囲気が違います!!

そしてそして、札響の演奏が始まると、ホール全体に響き渡る音を全身で感じられることができました。

上の階の席に座っていらっしゃた方の会話から、音がものすごく響くし、オーケストラも上からの方が見えるので、それはそれで楽しめるそうです^^

そう、後から知ったのですが、今回の“白鳥の湖”は、一糸乱れぬ白鳥たちの踊りを鑑賞するために、逆に上の席を希望される方も多いそうです。

46764430_333175200844305_6798778292917764096_n

撮影:ワイズフォトセレクション木本忍

 

確かに、今回の公演を鑑賞してそう思いました!

途中から生身の人間ではなく、CGの映像を見ているような、まさに一体となって踊っているのです・・・一瞬、本物の白鳥に見えます!!(嘘じゃありませんっ)

そして色のないこのシーンは、本当に鳥肌が立ちます・・・

こちらも息を止めてしまうほど引き込まれていきました

 

約1時間ほどの上映の後、20分間の休憩

P1320430 P1320425

興奮冷めやらぬ状態で、シュワシュワをいただき、抜けるような青空と、テレビ塔を眺めながら、ランドマークホールが出来たんだなぁ~と、しみじみ思うのでした

P1320438P1320439

それにしても、日差しがタップリと注ぎ込む、ステキな空間・・・

思わずもう1杯と、ここに居座ってしまいたくなる(笑)

が、後半の開幕です!

白鳥の湖の後半は、前半とは打って変わっての華やかな舞台!

一瞬、違う舞台が始まったのかと思うほどの変わりようです!!!

11年前、熊川哲也の海賊を観に行った時のブログにも書いてありましたが、バレエダンサーの素晴らしさはもちろん、衣装や舞台美術にも目を奪われるのがバレエの素晴らしいところです^^

久し振りにバレエの世界に触れて、忘れていた感動が目覚めてしまいましたっ!!

ちなみに、2019年11月9日(土)・10日(日)に新国立劇場バレエ団が、ここ札幌文化藝術劇場で【くるみ割り人形】を上演してくれることが決定しているようです!!

チケットの買い忘れがないよう、札幌市民交流プラザメンバーズ会員に登録しておくことをお勧めします^^

 

hitaruにがっつり浸った後、さらに余韻に浸れる場所をご紹介します!   ・・・つづく

 

 

 

 

江別が変わる~江別蔦屋書店11月21日(水)グランドオープン! その1

P1320167

11月21日(水)にグランドオープンする、江別蔦屋書店

本日メディア向けのお披露目会そして、午後からは近隣住民に向けたプレオープンということで、朝から足を運んできました!

雨で濡れたピカピカの駐車場に、太陽の光が反射してキラキラ!!

そしてその奥に煌々とそびえたつ、江別蔦屋書店

左奥から、【食】 【知】 【暮らし】 というコンセプト棟になっております。

P1320211

真ん中の【知】の棟、入口を抜ければ圧巻の書籍!!

これは、本がそれほど好きでなくても、目を奪われます!

P1320220

奥の階段を上がった2階から、入口を見た図

まるで美術館のようです

P1320218P1320222

いろんなところに座るスペースがありまして、自由に本を閲覧していいそうです

P1320224

 

P1320227

コンセント付きのカウンター席もありました!

P1320207

【知】の棟の1F奥には江別発のスターバックス

P1320214P1320217

購入前の書籍も持ち込み可能!

逆に購入したコーヒーを、好きなスペースに持って行って飲みながら本を読むことも可能!!

P1320209

暖炉まで設置されていました!

 

向かって右側【暮らし】の棟

P1320177

一番奥にはボーネルンド

その奥には、絵本や児童書コーナー

P1320180P1320181

棚は子供目線の高さに設置され、迷路のような配置になっています^^

P1320182

これから外遊びができなくなる北海道に嬉しい、キッズパーク

P1320184

ふと、外の貨物車らしきものが気になる

どうやら冬の間はカバーがかかるようですが、この“四季のみち”に常設されているようです、

と、何でここに?と、気になって、ググってみたらすごく細かく解説してくれているサイトに出会いました!

なんと、昔あった火力発電所専用の線路がここにあったんですね!!

さらには近くに競馬場もあったなんて!!

あ、ちょっと話がそれましたが、やはり町の歴史って面白い^0^

 

さて、【暮らし】の棟の紹介に戻ります^^;

P1320193

メトロクロス札幌

P1320191

P1320188

暮らしの雑貨コーナーには、とみおかクリーニングの商品も!

 

P1320187

う~ん、わくわくしてきました^0^

 

P1320196

iGATE IKEUCHI EXIT

販売だけじゃなく、アウトドア用品のレンタルも行っているそうです!

P1320195

 

P1320200

Flower Spase Gravel / caffe vanilla

グリーンとスムージーなどのドリンクを販売

P1320199

 

P1320204

ちょっと個性的なグリーンが多くて、パイナップルもなってました(笑)

 

江別蔦屋書店は、全国で20店舗目の蔦屋書店

その場所に合った上質な時間空間をオーダーメイドするのが、蔦屋書店のコンセプトで、オープン前は必ず事前に住民アンケートを取るそうです。

P1320175

その結果、【食】【知】【暮】というコンセプトになったそうです。

それからすごく興味深かったのは、江別市長のあいさつ

江別には大学が4つもあるのに、大型書店がないということで、誘致をお願いされていたこと。

江別蔦屋書店の裏にある四季のみちは、住民の憩いの場所であること。

新しいモノを作るときは、その街に溶け込み、昔からそこにあったかのような心地の良い空間にしなくてはならないと、個人的には思います。

そのうえで、今回のアンケート結果からのコンセプトはすごく納得がいくものでした!

 

と、(個人的に)一番内容の濃い【食】は、次のブログに続けるとします!!

 

茶道を知らなくとも、その世界観が心に響いた【日日是好日~にちにちこれこうじつ】

01130288d93de38762ddaea71d64bc043f8c18ebb7

10月13日(土)より全国で公開となる、【日日是好日~にちにちこれこうじつ~

大変残念ながら、先日お亡くなりになられた樹木希林さんが出演してる、大森立嗣監督の作品です。

ワタシが試写したのは8月頭で、公開日が近づいたらアップしようと思っていたのですが、今回の訃報を聞き、改めてスクリーンの中の樹木希林さんを思い出していました。

役どころは、黒木華演じる主人公・典子が通う茶道教室の武田先生です。

大きな一軒家に一人暮らし。長年茶道教室をやられているという設定なのですが、物語の中の25年近い時の流れで、挫折や成長を繰りかえす“典子”にかける一言一言が本当に重みがあって、まさに樹木希林さんそのものなのではないかというほどのハマり役でした。

劇中でもかなりのご高齢になられた“武田先生”の

『私、最近思うんですよ。こうして毎年、同じことができることが幸せなんだって』

という言葉が、今になって改めて心に響きます。

 

女優生活に未練はないとおっしゃっていた樹木希林さん

だけど、携わった作品には全力で向き合っていたのだなぁと、感じました。

というのも、茶道は一度も体験したことがなかったとのことなのですが、劇中の樹木希林さんは間違いなく、茶道の師範・武田先生そのものでした。(ちなみに黒木華さんも初心者とのこと)

撮影に入る前に短期間で習得したうえでの演技と聞き、本当に驚きました。

 

樹木希林さんだけでなく、黒木華さんも、多部未華子さんも素晴らしかったし、何より茶道を通して成長する一人の女性の姿は、誰もが自分自身に置き換えてしまうほど、等身大です。

描きたいことはまだまだありますが、あとはぜひスクリーンで確認ください。

 

01484d3ba480ed6e022ca447cf67858826dd84e3db

 

そして今回は、絶対にパンフレットの入手をお忘れなく!

一つ一つの言葉がよみがえりますし、お茶に感するあれこれが丁寧に記載されていて、すごく読みごたえがあります。

今、このブログを綴る際も開いたのですが、つい熟読してしまいました。

 

茶道の世界とはまったく無縁だった大森監督が、原作・森下典子さんの『日日是好日「お茶」がおしえてくれた15のしあわせ』を読んでいたく感動したという件にも、大きくうなずいております。。

 

と、ブログを書くにあたり、映画の公式サイトをチェックしましたら、下記のようなキャンペーンを発見!

tumblr_inline_pdxwihzZGc1vl203u_1280

締切が本日・17日(月祝)ですが、間に合う方はぜひ!!
※ワタシアターの会員はWEBから応募できるそうです

 

もちろん当たらなくとも観に行って欲しいデス!!!

 

百花繚乱からのおおば比呂司、合間にクラフトビール

思いがけず、時間が出来た日曜の昼下がり

急きょ思い立って出かけた先は、北海道立近代美術館

01e0f6ecbb15227e4eb0dd714d602662480ba63865

9月2日(日)まで開催中の、【日本の美 百花繚乱

前半は締め切りに追われて行けずじまい。。

美術展って、まだしばらくやっているから大丈夫~と思っているうちに終わってしまうパターンが多く、今回もギリギリ^^;

終わりも近い日曜日とあって、かなりの混雑

歌川広重の東海道五拾三次など、じっくり眺めたい作品が多く、やっぱり平日の空いている時間に来るべきだった・・・

 

それでも久しぶりの芸術鑑賞で心が洗われ、お昼がまだだったので軽くつまみたいなと思い、ふとビアセラーサッポロさんで、ゆるめのモビール展をやっていると思いだし、歩いて向う。

01e170d9ebf6b30eb8b7d0481071a0553619ab06b1014de63c9c6f62c55a5b394e873c9c393fe119104a

ホントにゆる~い展示で、またもや癒される

と、一昨日お披露目会をしていた、上富良野の忽布古丹醸造(hop kotan brewing)がまだ残っているとのこと!

諦めていたのでめちゃめちゃ得した気分♪

018490d515c38313e60c8c9a4b198552a52e173643

本当に最後の1杯くらいだったラガー

爽やかなホップの苦みが、上富良野の夏の空と風を思い浮かべさせてくれる味わい!!

たくさんの方の期待を背負っての初リリースBEER、今後も大いに期待しています^0^

すっかり気分が良くなったところで、札幌資料館おおば比呂司 癒しの世界展が開催中だったことを思い出し、向かうことに

017968baa42ab356d91de949098c555ac63e46e93b 01ff020607ea68e667af0dd81414687b15f6ba2472

資料館の1階には常設のおおば比呂司記念室があるのですが、それ以外に2階のミニギャラリー1~6で、飛行機や食、北海道新聞で連載していたエッセーなどが展示されています。

こちらでも紹介済みですが、おおば比呂司さんは本当に食べること・旅すること、そして飛行機が大好きだったようで、イラストを見ているとそのことが直に伝わってきてほっこりします^^

クスっと笑えるエッセイもさすが!!

来てよかった~♪

こちら9月9日(日)まで開催中。無料で鑑賞できるので、ちょっと心が疲れているときにふらりと立ち寄ってみてほしいデス^^

 

01c30e89adadcb469437878e8d9f90d835011e9917 016d169dc1991488a3b839a1f406027f3cf70830cd

で、改めて資料館を眺めると、その建物自体がアートだなぁって思います!

この、窓のストッパー、オシャレすぎます!!

 

 

010d37eca997ac9b216206a054da1f6536e7d12176_00001

そういえば三越の展示は27日(月)までだ!!と、スタンプラリーの台紙にもなっているフライヤーを眺めて思い出し、またまた急きょ三越へ

019fe1f6da5f6b0aced601795beec9b9568335ddd1

こちらは食品パッケージデザインの原画を中心に展示してあり、おたべや焼き鳥、トモエ味噌などなど、一度は見たことのある商品のイラストがずらり!

改めて、幅広く活躍されていた方だったんだなぁと思いました^^

ということで、あとは赤れんが庁舎に行けば4か所コンプリート!!
※ホテルオークラさんで押した台紙を持ち歩いておらず、2枚になってますが^^;

 

 

 

 

おおば比呂司の世界を食で堪能する~ホテルオークラ札幌

先日、こちらのブログでもチラリと触れていた、“おおば比呂司”さんのこと。

201808_2_L

8月からホテルオークラ札幌で、そのおおば比呂司さんの想い出の味を食すフェアが始まりまして、オープニング試食会に先日足を運んできました。

P1270113

ご挨拶されているのは、おおば比呂司さんのご子息であります、大場伸之氏

お父様とのヨーロッパでの思い出など、とても優しい目で語っていらっしゃっていて、すごく仲の良いご家族だったんだなぁということが、伝わってきました。

ちなみにおおば比呂司さんは、晩年オランダ・アムステルダムに移住し、ホテルオークラアムステルダムに足を運んでいたそうです。

食べることが大好きで、食に関する多数の著書があり、没後30年を記念して、ホテルオークラ札幌の味で再現することに。

P1270123

なので、ところどころにこのような料理のイメージイラストがのっていました^^

P1270122

ちなみに再現したものはコチラ

おおばも描いたオランダ風コロッケ“ビターバレン”(コンチネンタル・サンデーブランチブッフェより)

01524dbfe0bdb08b32898e5bae0b0a43b81794d5b0

このイラスト、ホントに癒されます~~

そして再現したメニューたち

P1270115

にしんの白ワイン漬け マヨネーズマスタードソース
サツラクピュアブランと胡瓜の和え物を添えて(コンチネンタル)

P1270118

北海道産平牧三元豚の釜焼き叉焼(中国料理 桃花林)

 

P1270140P1270143

エル・テンスープは、新しくホテルオークラ札幌の総料理長就任した中井氏自らサーブ

グリーンピースがたっぷり入っていて美味しかった><

P1270144

豚バラ肉のトマト煮込み カスレ風(レストラン コンチネンタル)

カスレは何度か食べたことがありますが、このカスレ風、全体的に大豆の風味がしっかりのっていて、食べ応えはあるのに優しい味で個人的にハマる

皿の奥にあるのが、北海道産ズッキーニと甘長とうがらしの衣揚げ 豆鼓風味(中国料理 桃花林)

P1270126

これが思ったより辛味が効いていて、パンチありました!

辛いといえばこちら

P1270141

辛い麻婆茄子のあんかけ炒飯
思わずてんこ盛りにしたくなるくらいご飯がススム味だったなぁ~
そしてもう1品、北海道産豚肉ともやしのあんかけ焼きそば
どちらも中国料理 桃花林のメニューですが、安定の美味しさ♪
P1270132
そしてこちらが、「エビスプレミアムブラック」使用した胡桃とドライフルーツのパウンドケーキ
ラウンジプレシャスで味わえるのですが、1本丸ごと購入して、時間をかけてゆっくりくなる、もっちり&ねっとり感が何とも癖になる美味しさでしたっ
ちなみに、18時以降にラウンジプレシャスでスイーツをオーダーすると、ハッピーアワーで100円引きなんだそうです♪
詳細はコチラ
P1270133
そして思わず、赤ワインかブランデーお願いします!!と、言いたくなった、濃厚さが素晴らしすぎる
おおばも描いたチョコレートケーキ“ザッハトルテ”
コチラのメニューはサンデーブランチで登場するそうですが、出来ればBARでも出してほしい!!と、個人的なお願いをココで叫んでおきます^0^;
P1270151
ちなみに、地下1階ではおおば比呂司ギャラリーも開催中
P1270152
ホントに和む~!!
P1270153
P1270155
改めてみると、ホントに身近なところで使用されているのが分かります^^
おおば比呂司「味のある旅」は、ホテルオークラ札幌で8月31日(金)まで各レストランにて開催中

 

 

pageTop