札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ニセコ・ルスツ』カテゴリーの投稿一覧

さらに進化していたニセコ その1~ニセコ蒸留所

013045ca304b2cab9ef12f97d1629bc5f2f6e24384

進化し続けるニセコ】のブログを綴ったのは2018年

昨年から新型コロナウイルスの影響で、インバウンド需要がストップしてしまい、現在のニセコがどうなっているのか純粋に気になっていました

そんな中、いつも様々な食の情報を届けてくれる友人に誘われ、先日1泊2日でニセコ研修旅行へ

あまりに内容の濃い2日間で、写真と情報の整理が追いついておりませんが、まずは2021年10月1日(金)にグランドオープンする【ニセコ蒸留所】をご紹介します!

ニセコ蒸留所19

こちらがニセコ蒸留所

P1770355

全員、初めて行く場所なので無事にたどり着けるかかなり不安だったのですが、グーグルマップを頼りに森の中を車を走らせていたところ、こちらの看板を見つけました!

その看板の横の坂道を登りきったところに、美しい建物が現れたので、しばし口を開けて眺めてしまいました

こちらは2020年12月に完成したそうです

P1770302

このサインを見ただけでワクワクが止まらなかったのに、さらに進んでいくとこんな素敵な看板が!

P1770303

さらに奥を覗くと、とてつもなく素敵な空間が広がっていました!!

ニセコ蒸留所33

入口からは想像できない、天井の高さ!!

ふんだんに使用されているのは地元のカラマツ

ニセコ蒸留所22

左手には2台のポットスチル

ニセコ蒸留所9

右手の大きな窓からは、緑と白い砂利が美しい庭が目に飛び込んできます(写真は外から撮った図)

ニセコ蒸留所3

グランドオープンに向けて絶賛作業中でしたが、組み木のカウンターもステキ過ぎます(≧▽≦)

ニセコ蒸留所7

そしてこちらのショーケースに目を向けると・・・

P1770317

P1770305

P1770306

P1770307

P1770312

見たら全部買いたくなってしまうような道具や器がズラリと並んでいます!!

『外国人観光客が多く訪れる立地を活かし、酒類に加えて日本の伝統技術や職人技を感じ、ウイスキーのように “時間の経過とともにさらなる価値が深まる” 逸品を揃え、世界へ紹介していきたい』という想いのもと、世界に誇れる製品を展示販売しているそうです

中にはものづくりの町としても知られる新潟・三条&燕三条の製品も!

ニセコ蒸留所の代表は、八海山酒造の代表でもありますので、新潟繫がりとなります^^

P1770311

ということで、店内奥の棚では、八海山酒造をはじめとする日本酒や、八海山酒造が手掛けるクラフトビールなどの販売も予定しているそうです

ニセコ蒸留所22

今回は事前に取材のお願いしをしておりましたので、この金網の向こう側、ポットスチルの上部まで見学させていただきました!

ニセコ蒸留所15

う、美しい・・・

P1770338

蒸留は終わっていたので中身は空でしたが、ライトを当てていただき、中をのぞかせてもらいました

この黒いのはヒーターで、これで熱を入れて蒸留させているそうです

P1770326

ちなみにこの巨大な袋の中には1トンの麦芽が 入っているそうなんですが、この1袋で約500Lのウィスキーが出来るそうです

というか、500Lしか出来ないんですね・・・

ちなみに今年の3月末にい回目の蒸留が行われて、すでに樽に詰めて寝かせているところです

ニセコ蒸留所26

工程の順番が逆になってしまいましたが、麦芽にお湯を入れてお粥状態にし麦汁にしたたものを、こちらの樽に入れて発酵させています

P1770332

少しだけ蓋を開けてのぞかせてもらいましたが、フツフツと発酵中でした!

この時点では、まだほんのり甘い香りなんです^^

ニセコ蒸留所8

樽に詰めたウィスキー原酒は、こちらの貯蔵庫で寝かせています

P1770344

まだ新しい樽

ニセコ蒸留所21

そしてこちらはバーボン樽

ニセコ蒸留所6

数年後には、この貯蔵庫が樽でいっぱいになる予定だそうです!

楽しみすぎます(≧▽≦)

ニセコ蒸留所16

と、ウイスキーが製品になるまでにはまだまだ年月がかかります

そこで、10月の開業に合わせてジンの製造を行っているそうです

P1770322

見学者はカウンターで有料試飲も行えるそうです!

今後見学は、人数制限を設けて完全予約制で行うそうですので、興味のある方はこちらでご確認ください。

ニセコ蒸留所36

そうそう、試飲したいから車は置いていきたい!という方に朗報!

貯蔵庫の奥にあるこちらの階段を上がると、【いこいの湯宿 いろは】があるんです!

そこまで高速バスが走っているので、実はすごく交通の便がよかったりします^0^

個人的には泊まりでじっくり、合宿してみたいものです(≧▽≦)

 

P1770353

お忙しい中、わざわざ顔を出してくれたニセコ蒸留所の総支配人・林さん

生まれも育ちもニセコの林さんの名刺には“Master of  Niseko”と書かれています!

なんと心強い総支配人!!

次回はジンを傾けながら、じっくりお話し聞かせてください^0^

 

KAMIMURAトリュフバターで、おうち時間を楽しむ

ニセコにある、“レストランKAMIMURA”が、以前からレストランで提供しているという“トリュフバター”を商品化したという情報を聞きつけ、早速入手

P1680634

缶からして、既にステキなフォルム

缶の裏にはサメのイラストが描かれたオープナー付き♪

P1680620

缶を開けると、トリュフの香りがフワ~ッと漂います!!

テンション上がる~~♪

P1680622

早速、バゲットに塗っていただきます!

なんと濃厚!!

バターなんだけど、バターでないような・・・

もはやバゲットもクラッカーもいらないほど、完成された食べ物といった感じ

P1680636

それは黒トリュフだけでなく、チーズやマッシュルームも使用しているから

バターだけで、ここまでシアワセな気持ちになれるとは・・・

レストランに気軽に行けない時だからこそ、時々は贅沢なおうち時間も楽しみつつ、いつかレストランで食事できることを夢見て味わうのでした^^

P1680632 P1680633

ちなみに合わせたのはシャンパン!
グランヴァンセラーで超お得に購入したうちの2本

当然のように合います^^

もう一つ、合う!!と思ったのが、忽布古丹醸造一昼夜

ほんのりとした甘みが、濃厚なトリュフバターにピッタリなのです^^

P1680614

この日は先日ミルク&ナチュラルチーズフェアで購入した、北海道産のチーズたちも一緒に楽しみました^^

北海道はやっぱり美味しいもので溢れている!!と、酔いも回った夜です^^

 

 

Veuve Clicquot In THE Snow 日本初開催の地は“NISEKO”

2019.3.1~10の期間限定で、ニセコ地区の8か所で行われている、【Veuve Clicquot In THE Snow~ヴーヴクリコ イン ザ スノー

日本では初開催とのことで、初日の1日(金)に、メディア向けのレセプションが行われまして、ワタシも参加してきました^^

P1360973P1370036

ランチパーティの会場は【RESTAURANT ASPERGES HANAZONO

この日以来、5年ぶりの来店!

P1360998

ただこの日はレストラン全体が、ヴーヴクリコ装飾になっていました!

P1360999

 

P1370005

全ての小物がキュートすぎる!!

P1370007 P1370010

P1370013 P1370014

イメージカラーのネクタイを着用したブランドアンバサダーの彼、日本語ペラペラです^0^;

P1370030  P1370034

乾杯したのち、ランチコースをいただきました^^

P1370024

 

P1370037

見た目以上に熱々で、飲み干すころには汗ばんでいた、ミネストローネ

おかげでヴーヴクリコが進みます^^;

P1370047

初めて伺った時も黒コショウで食べた牡蠣に感動しましたが、今回もやっぱり美味しかった~><

ちなみに牡蠣はカキエモンです♪

P1370049

笹の葉の中には、平目とななつぼしのハーブサラダ♪

P1370039 P1370040

ほんのり温かかった袋の中には、焼き立てパン♪

P1370043

このパンがまた、美味しいのですっ

 

P1370054 P1370055

オイシイものがあると、当然シャンパンも進みます(笑)

ここでヴーヴ・クリコ ロゼをいただきます♪

P1370063

メインディッシュは、北海道産豚ロースのグリエ

松の葉の良い香りにやられました~っ

P1370066

 

P1370078

豚ロースはとりわけて、ポンムピューレと玉ねぎのブレゼを添えていただきます^^

相変わらずポンムピューレが美味しい~♪

P1370082

 

P1370087

こちらはデザート

こんな大きなスイーツ、食べきれないよ~と思ったら、ベリーの冷製スフレグラッセなので、口の中であっという間に溶けてしまいまして、ペロリと完食^0^

これがまた、ロゼに合うんです~

P1370091

ヴーヴクリコが美味しくて、ゆっくり堪能してしまったので、コーヒーと焼き菓子をゆっくり楽しむ時間がなくなってしまいました・・・^^;

 

でも、実はもう一箇所に移動したのち、さらにヴーヴクリコを楽しみます!

P1370095

グランヒラフマウンテンセンター2Fにあります、【レストラン&カフェ タンタ・アン

こちらも10日までの限定で、ヴーヴ・クリコ イン ザ スノー ポップアップ ラウンジが登場♪

P1370096P1370110

こちらもまたまた、キュートな装飾!!

P1370112

スタッフの制服もキュートすぎ!!!

P1370113

でもって、外にもこんな素敵な空間が!

P1370117 P1370131

昔のニセコなら考えられなかったけど、逆に今はハマりすぎるほどハマっている・・・

シーズン中、ずっとやっていてもいいんじゃないかと思ったほどです!!

P1370127

そうそう、ヴーヴクリコカラーのゴンドラもあるんですよ!!

P1370111P1370101

まだ明るいのに、何時だか分からなくなるほど盛り上がっておりました^0^;

P1370153

そして、どこにいるかもよく分からなくなってきました(笑)

このまま泊っていきたかったけど、送迎バスの時間が来てしまいました><

帰りに、ちらっと立ち寄ったhirahu188のサツドラ

P1370172

その前にも、ヴーヴ・クリコ イン ザ スノー ポップアップテラスが♪

P1370166

いやぁ、もう完全に海外ですよね^0^;

P1370168 P1370169

サツドラにこんなにヴーヴ・クリコが並んでいるなんて・・・

(ほかのアルコールの品揃えも、ラッキー倶知安店並みにすごかった!)

 

改めて、ニセコは世界に誇れるリゾート地なんだなぁ。。。と、改めて思った濃密な一日でした!!

 

 

 

 

 

進化し続けるニセコ・ひらふ

先日、いつもお世話になっている友人一家のおかげで、【漢(オトコ)の粋】を綴られていらっしゃるkyahさんのニセコ視察にご一緒させていただき、今の“ヒラフ”を体感してきました!

01460ac14e4ff1823b3ea5058f7043292630a0700e_00001

今年の春にオープンしたという、【Skye Niseko

P1330377

グランヒラフの麓に建つホテルでして、まさに目の前がスキー場!

P1330379

それにしてもなシチュエーションの露天風呂!!

小学生のころからスキーが身近な存在だったワタシとしては、スキー場の景色がこんな風に目に映るということに、正直驚きを隠せません。。

P1330372

10年ほど前に行った時も、自分の知っているニセコではなくなっていたことに驚きを覚えましたが、今回はそれを上回る進化・・・

P1330421P1330422

深夜にホテルを出てちょっと視察に出た時は、完璧、日本人率は一けた台・・・

P1330425

ホテルもそうですが、お店もほぼ英語対応・・・

日本語が通じません(;’∀’)

まだまだ建設中の建物がありますし、これから倶知安に新幹線の駅も出来る予定とのことで、ヒラフがこれからさらにどう進化していくのか、本当に目が離せない。。

 

そんな、北海道でありながら海外なヒラフではありますが、昔からそこにあるものだってちゃんとあります!

今回は、新しく開通した余市ICを利用して札幌から車で向かい(ものすごく楽!!)、ヒラフ地区に行く前に立ち寄ったのが【二世古酒造

017347b46dac20ac5d9f4259c813bc36a10e32c87d_0000101a2adccbde5384aca7bfbd89a77796571d38324bf_00001

ほとんどのお酒が試飲可能(ただしドライバーのワタシは試飲する夫を眺めるのみ・・・)

014c1691c2a35041a471d0381d3e8cb938a2ef2b6f_0000101fe9115fed5f0a568f4032e8d616cea9000ec5d88

昔から販売している雪だるまのお酒に、えぞの誉

なんだかホッとします^^

でも、お酒のラインナップや中身は美味しく進化しています!

 

0194864bdde551ff7aa3acebe941fb6957cfb1f7e2_00001

今回のディナーは部屋飲みということで、おつまみを入手すべくニセコチーズ工房にも立ち寄りました

P1330386

大好きな椛やブルーチーズの空などを、ワインや日本酒と楽しみました^^

ちなみに奥にあるパンは、ヴィラルピシアのもの

01b5d58ef2d86fa187211d93f93fc4f9b98d43da24_00001

閉店間際に駆け込んだのでブティックで販売していたパンやデリが、お買い得になっていたので迷わず購入^^

 

P1330385

今回は、それぞれが自慢の食材を持ち寄っていたこともありまして、贅沢なディナーとなりました^^

P1330383P1330572

ファットリアビオ北海道のブッラータに、余市・中野ファームのトマトジュース!

贅沢でステキ過ぎるコラボな1皿

 

P1330395

誰もが衝撃を受けた、【倶知安じゃが540

540日寝かせたことによって、甘みがコクがとんでもないことになってるのです!!

なんでも新しければいいわけではないということを、540から教わりましたっ

それにしても540日も寝かせていたとは思えない美しさ・・・

 

他にもサーモンと鴨肉のしゃぶしゃぶとか

P1330402P1330403

 

P1330392

今回誘っていただいた友人自慢の奥様が、自宅で下ごしらえをして、わざわざニセコまで持参してくれた逸品たち

P1330406P1330407

 

北海道の食について熱く語る、今後牽引者になりうる方々との会話も含め、どんなレストランより、素晴らしいディナーでした^^

 

深夜になって、燗酒に走る(お燗セットも当然のように持参)

017d887d022987e904eb05fc5efd42f1859a1d3d27P1330414

余市で立ち寄って購入しておいた、燻製屋 南保留太郎商店の燻製たち

P1330413

いやぁ、飲まさるわぁ~

とんでもなくオシャレなペントハウスの中でも、やっぱりいつもの飲み方に走ってしまうのでした^0^;

 

翌日

元気な子供たちは朝から露天風呂で大はしゃぎ

スキーを滑って帰りたい気持ちは山々でしたが、今回はおとなしく帰宅することに

 

P13304260107a4faa7afad5bf949a4560e6a6d7b80ffb50b03

帰路につく前に、【手打蕎麦 いちむら】でランチをいただきました^^

P1330429

せいろを十割、鴨葱せいろを二八

P1330433P1330434

そしてカレー蕎麦を十割で味わう

P1330436P1330438

どれも美味しくて、大満足!!

P1330428

雰囲気も含めて素敵なお蕎麦屋さんを知ることができました^^

が、やはりここも、日本人率は少なめ^0^;

 

最後に、何かと話題のlucky倶知安店へ立ち寄ってみる

一見、普通のスーパーですが、ところどころものすごい食材が陳列されています!

それを発見するたびに大きくリアクションしてしまう庶民なワタシたち^0^;

そんな中、ほっこりする和菓子を発見♪

01c8561abcaf9df58d964ddfb0801c8cbc0df2d512

やまぐち菓子舗のペアだんご

0199345d7057e705a23fb4737240b08484efb70973

キュートなうえにちゃんと美味しい! 一口サイズがまた、イイ感じ♪

 

改めてゆっくり行きたいけど、オンシーズンは宿泊代も結構するんだろうなぁ・・・^0^;

 

 

 

心と身体を洗濯しまくった2日間~ウェスティン ルスツリゾート Vol.3

こちらのブログからの続きです^^

2日目の朝はAM5:50ロビー集合!

P1250372 P1250373

ヘブンリーベッドのおかげで快眠でき、目覚ましが鳴る前に起床!

残しておいたウェルカムスイーツとコーヒーをゆっくりいただく時間もあり、朝から余裕があるって素敵♪と、自画自賛なスタート(笑)

全員揃ったところで、ゴンドラ乗り場へ向かいます

P1250376

早起きしてお天気がいいと、それだけで心が洗われます♪

P1250377

あ!このお花、絵の具になってるんだ!!

目に入るものすべてに癒されます^^

ゴンドラに乗り込み、山頂へ

P1250382

羊蹄山、美しい!!

 

P1250381

冬以外でココに来たのはたぶん初めて(冬もいつ以来か覚えていないほど久しぶり^^;)

こんなデッキもあるんですね^^

P1250386

スキー場って、雪がないとものすごく急に見える^0^;

 

さて、本日のメインイベントであります、朝ヨガがスタートです、

P1250389

なんだかすごく贅沢な空間!!

ヨガ講師はもちろん、SHIHOさん

P1250398

なんと美しい立ち姿・・・

P1250400

羊蹄山に負けない角度!

P1250402

ヨガはジムに行っていた時、時々やっていましたが、やるのは8年ぶりくらい^0^;

それでも時々屈伸とかしているので、まだ体はそこまで固まってなかった^0^;

ヨガマットにあお向けになった時の図

P1250405

なんて、気持ちの良い空間なんだろう・・・

風が吹くたびにザ~ッと木々が揺れるのも癒しの音色

早起きしてよかった!!って、心から思いました^^

 

P1250392

ヨガの時に配られた飲料水

ルスツリゾート、オリジナルの水で、中身は個人的に大好きな、黒松内の水!

ちなみに部屋の水道水はルスツの湧水だそうで、この水もまた美味しいので、ミネラルウォーターはセットされていなかったのです。

それもまた、ルスツリゾートならではって感じがしました^^

 

P1250415

参加者の皆さんの記念撮影風景

ドローンで動画まで!

さて、ヨガで終わりではありません!

ここからランで下山します!!(無理な方は、ゴンドラで降りることも可能)

体験しないと書けませんので、ワタシはもちろんラン組で!

あっ!トイレに行っている間に後れを取ってしまった^0^;

P1250421

もちろん自分のペースで無理せず下ります。

が、坂道なので割とスピードが付いてしまう~

そしてあっという間に太ももがピキッと言い始める・・・

P1250422

かなりつらいのですが、この風景に癒されながら、20分ほどで無事下山!

ただ脚はすでにヤバい感じ^0^;

 

頑張った後は、朝食タ~イム!

P1250424

和洋中、バランスよく揃っています。結果、何を食べようか悩みます^^;

朝食会場も素晴らしい景色で、またまた癒される♪

P1250425

悩んだ末に、食べたいと思ったものを(できるだけキレイに)盛りました!

P1250427

いやぁ、運動後の食事って、素晴らしく美味しい!!

モリモリ食べられます~~♪

P1250430

昨日イベントで食べたパンも美味しかったけど、このデニッシュも最高に美味しかった~

売ってほしい~~

 

P1250432

何を食べても体が喜んでるのが分かる!!

P1250434 P1250435 P1250437

どうしても冷ややっこと豚汁は外せなくて食べてしまった^^;

 

もっとのんびりしたかったけど、この後もさらにアクティビティが待っています!!

またまたモノレールに乗って、アクティビティディスクへ P1250439

アイスクリーム作りや、乗馬コースもあったのに、無謀にもマウンテンバイクのアクティビティをセレクトしたワタシ・・・

足ガクガクなのに、自転車乗れるのか???

P1250440

あれ、意外と乗れる!

なるほど!使っている筋肉が全然違うんだ~と、感心しつつインストラクターと共に周囲を探検

P1250443

あ!指圧という言葉を世に広めたという、浪越さんの銅像!

道の駅には何度も来ているのに、こんな銅像があったことを初めて知りました・・・

 

さらには童謡・赤い靴の銅像

P1250444

車だと素通りしてしまうような場所も、自転車だとゆっくり見学できて、ルスツの町がものすごく新鮮に感じました!

P1250450

いやぁ、カメラに収めたくなる風景ばっかり!!

P1250452

と、風景を撮るために停まっているように見えて、休憩もしてます^^;

P1250454

後半の坂道は、さすがに応えました~^^;

P1250456

もう、降りても良いですか・・・って何度も言いそうになるけど、意外と負けず嫌いなので、最後まで頑張りました!!

 

P1250463

頑張ったおかげで、すごく素敵な一枚が撮れました^0^

ホテルに戻り、大浴場で汗を流す

そして、こちらで紹介したランチをいただく

14:00チェックアウトだと、ホテル滞在をものすごく満喫できます!

 

ちなみにヨガマット貸し出しやゴンドラ乗車券が付いた、WELNESS RETREAT BY SHIHO~北海道の自然を感じるWELL-BEINGな旅プランは、10月13日(土)まで予約受付中♪

いつも頑張ってる自分へのご褒美や、リフレッシュしたい方にオススメのプランです!

 

 

 

pageTop