札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ドライブ』カテゴリーの投稿一覧

あつまがあつい!!~GOOD GOOD SECRET MAISON&FARM

P1850784

昨年くらいからInstagram等で目にしていた【GOOD GOOD SECRET MAISON&FARM】

さらに、これから厚真町が面白くなる!という話しを聞いて、気になってしょうがなかった矢先、『sheep meeting』があるけど、参加しますか?というお声がけをしていただいたので、厚真町まで足を運んでみました。

P1850787

厚真町内から少し山奥へ車を走らせたどり着いたのは、コンクリート打ちっぱなしの窓も何もない要塞のような建物

P1850776

何だか海外の遺跡に迷い込んだような気持ちになり、しばし探検モード

P1850777

どこもかしこも絵になります!!

P1850771

P1850778

P1850774

実はこの建物、ゴルフ場が完成する前に破綻してしまい、建築途中のままになっていた建物で、広大なゴルフ場になる予定だった敷地を含め、世界初の滞在型生産商談施設「和牛メゾン(WagyuMaison)」 構築を行うため、GOODGOOD株式会社が厚真町と用地に関する長期契約を締結したそうです!

※詳しくはこちらにリリースが載っております

P1850824

このまま放置すれば負の遺産ともなりうる場所を、世界初の施設に変えていく

P1850827

それが奇しくも、震災で大量に発生してしまった土砂がきっかけになるとは・・・

というのも、最初にGOOD GOOD株式会社さんがこの場所を見学した時は、粘土層や地盤が露出状態で牧草栽培には適さず使用することを見送ることにしたそうです。

その1ヵ月後に胆振東部地震が発生し、厚真町内に多量の土砂が流出

その土砂を、ゴルフ場予定地だったこの場所に搬入することになり、そこで牧場用地として再検討することになったそうです。

車を走らせていくと大きく削られた山肌が続き、少し心が痛みましたが、このように未来へ向けて動いていることを知って、時が流れていることを実感しました・・・

P1850828

カート道になる予定だったところを、車の荷台に乗って見学

P1850830

この場所が3年後には放牧地になり、牛が自由に過ごしているわけですね!

というか、このカート道を使用してトラックで見学するだけでも、ある意味アトラクションなんですけど~というくらい、楽しかったです(笑)

P1850788

と、この要塞のような建物も、その頃にはホテルになっている予定とのことですが、今回はこのスペースを利用して、美味しい羊肉を食べる『sheep meeting』 を開催

本当に美味しい羊肉を食べてもらいたいと、ラムバサダーとしても活躍している羊サンライズの関澤さんが、色々な羊肉(すべて無冷凍)を用意してくださいました^^

P1850789

これまでたくさんの羊肉を食べてきた方ですが、この“シープクラウン”という焼き方は初めてみました!!

P1850798

こうしてチェーンをかけて・・・

P1850804

炭て炙ります!!

P1850813

焼けたらカット

P1850815

いい塩梅に火が入っています(≧▽≦)

P1850792

こちらのオリジナルスパイスをたっぷりかけて、いただきました♪

P1850806

シープクラウンはオーストラリア産の希少なパスチャーフェッドラムとのことでしたが、他にも色々な産地・種類の羊肉を焼いていただきました♪

P1850821

中でも、池田町のマトンは素晴らしかった!

もう、おばあちゃん羊とのことですが、臭みも一切なく、ラム肉よりは硬さはあるけど噛めば噛むほど旨みを感じるので、逆にこの歯応えがたまりませんでした(≧▽≦)

P1850808

このケバブも美味しかったなぁ~

P1850802

関澤さんの話を聞いて初めて意識したけど、新鮮の“鮮”って、魚偏に羊なんですよね

魚と羊は鮮度が命!

この放牧地には、牛だけでなく羊や鹿なども飼育していく予定とのことなので、本当に楽しみです!!

P1850769

ちなみに要塞のお隣に建築しているこちらの建物は、1階がレストラン、2階に宿泊施設が完成する予定だそうで、早ければ夏の終わりには完成するという話しでしたが、詳細が分かったらまたレポートしたいと思います!

 

P1850763

そして厚真町の、もう一つの素晴らしい場所

この景色を眺められるテラスをこれから建築する予定とのこと!!

P1850757

こちらの敷地内では、羊のミルクでチーズを作る予定だそうです

↑ちなみにもうすぐ出産ラッシュとのこと

こちらの情報も追ってレポートしたいと思います!!

P1850761

そんなわけで、しばらくは厚真町から目が離せません!!

 

おまけ

P1850766

厚真町に行ったら立ち寄った方が良い場所、ハマナスクラブ

基本はセコマなのですが、地元のお酒やお土産も販売していて、買い物しがいのあるお店です!!

 

マオイワイナリーから世界を駆ける、MAOI DISTILLERYへ!!

P1830920

長沼町にある『マオイワイナリー』が、創業者から引き継がれて『マオイ自由の丘ワイナリー』になったのが2017年

その時は、若者が継承してくれることになってよかったなぁ~なんて思っていたら、2018年には札幌に紅櫻蒸溜所を設立

P1830904

そして先日、千歳のアウトレットモールレラの元駐車場に、広島県から酒蔵を移設し、日本酒まで作る道内初の複合施設【AZE~エイジ】という会社が設立されたことを知り、なんだかすごいことが始まっている!!と、驚いたものです
※AZEについてはこちらの記事を参照

そして昨日、マオイワイナリーのお隣に新しい施設が完成し、お披露目会が行われるとのことで、足を運んできました

P1830946

【MAOI DISTILLERY】

雪があったので、建物全体の雰囲気を撮影することはできませんでしたが、施工した武部建設のサイトに全体像が載っており、とにかく素晴らしく美しい建物になっておりました!!

P1830938

建物1階にはステンレスタンクが並びまして、2階へ上がると真新しい蒸留機がありました!

P1830888

美しい!!

P1830892

蒸溜機の奥は木の温もりを感じる広い空間になっておりまして、ステージのようになっている場所の窓からはワイン畑が見える仕組み

P1830906

なるほど!

P1830912

春夏秋冬で変化するぶどう畑が、まるで絵画のように眺められるようになっているのですね!!

P1830893

武部建設さんと言えば、栗沢にある宝水ワイナリーや、砂川のShiroさんも手掛けておりまして、寺田社長曰く、この天井の梁にはかなり思い入れがあるそうです

P1830915

ぶどう畑と反対側の窓からは、長沼町を見渡すことが出来ます

P1830914

なんともグラスワインが映える風景!です(≧▽≦)

P1830916

広いウッドデッキもありまして、ココで飲む自分を想像したらニヤニヤしてしまいました^0^;

P1830921

こちら、中身はまだダミーですが、今後発売予定のブランデーやウィスキーのボトルデザイン

ちなみにウィスキーはシングルモルトの他、北海道産原料100%のバーボンタイプが誕生する予定!

写真左に写っているシードルは引き続き販売予定ですが、デザインは変更する予定だそうです

ワインの容量は今までの720mlから750mⅼになり、『北海道を世界に届ける』という想いを形にすべく準備が着々と進んでいくようです!

P1830931

AZEに携わっている方々、一人一人とお話しするとこちらまでワクワクしてきまして、ついついワインも進んでしまいました(≧▽≦)

最後に前日に瓶詰したばかりという、山ブドウを飲ませていただいたら、とてもキレイで香り高いことにビックリ!

マオイといえば山ブドウのイメージですが、昔とはまた違うマオイらしさが次の世代に繋がっているんだなぁと思いました^^

P1830894

マオイという地名の由来

何度も来ているのに、実は初めて知りました^^;

まだまだ北海道のこと、勉強しなくてはです!!

 

ちなみにグランドオープンは5月1日(日)ですが、3月19日(土)からプレオープンということで、土日祝13:00~15:00の間は施設内に入ることが可能

さらにクリアランスセールも開催するそうで、旧デザインのワインが最大40%OFFで購入できるそうですよ!

無くなり次第終了ですので、気になった方はお早めに足を運んでみて下さい^^

 

★大切な補足★

P1830903

会社名の【AZE~エイジ】

実は、代表の寺田さんのお名前が英司さんということで、自分の名前を付けたのかと勘違いされるからやめて欲しいと猛反対されたそうですが、多数決をとった結果、AGE~エイジに決定

ただしエイジの綴りは変えて欲しいということで、AZEになったそうですが、『AtoZ』の意味合いもあり、『100年続く会社』という意味も込めているそうです

という説明を、絶対してほしいというのが、今回の社名に承諾をした絶対条件とのことで、記載しておきます(笑)

 

 

さっぽろ観光タクシーのススメ

l_img1

3月10日(木)までの超お得な料金で運行中の、【さっぽろ観光タクシー

タクシーを貸し切って、自分たちが行きたいところを組み込んだオリジナルコースで札幌観光を堪能することができるのです^^

4時間コース/6時間コース/8時間コース が選べるようになっているので“468”

 

先日、そのプランを実際に利用して札幌観光を堪能してきましたので、その時の様子を綴ります!

012d50240fd01322a0b6432da825a41a6eaf92fefa

タクシーは札幌市内の指定の場所までお迎えに来てくれます

こんな悪天候の中でも、ちゃんと来てくれました^0^;

P1820664

まず最初に向かったのは、【大倉山ジャンプ競技場

北京オリンピックで金メダルを獲得した、小林陵侑君もここで表彰台に上がっています^^

P1820656

と、出発した時はあんなに雪が降っていたのに、タクシーで大倉山ジャンプ競技場の駐車場に到着すると、青空が!!

P1820658

明るい日差しが降り注ぐ、全長34.6mのエレベーターでロープウェイ乗り場へ向かいます

P1820660

傾斜が30度もあるので、振り返ると結構ドキドキしますが、景色が美しいのです!!

P1820665

ミュージアムショップ内にチケット売り場があります

ちなみにこちらで販売している商品も、中々見応えがあるんですよ^^

P1820666

チケットは通常、往復で大人1000円ですが、札幌市民は500円!

他にもセット券など、お得なチケットが各種あり(詳しくはこちら

P1820667

この日はちょうど、小学生の団体が社会見学できていたので、その子どもたちに混ざってリフトへ

そうそう、昔からスキーをやっていると、スキーを履かないで乗るリフトって、降りるときちょっぴりドキドキするんですよね^^;

01a682d885397dd851851e7db66b2f4f317c475646

大倉山ジャンプ競技場には、夏冬何度か訪れていますが、冬の眺望は夏とは違う美しさがあります

P1820672

今年は雪害レベルで雪の多い札幌ですが、白く染まった街並みが本当にキレイ

P1820673

展望ラウンジ内は暖房が入っているので、寒さを気にせず景色を堪能できます。そしてこんなマップもありますよ^^

この日はジャンプの練習をされている選手はおりませんでしたが、タイミングが良いとこんな感じで見ることが出来たりするのです!

P1820674

残念ながら冬の間はお休み中ですが、カフェラウンジのソフトクリームは、美味しいと評判のおこっぺ牛乳を使用しています^^

 

〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇

 

美しい景色に癒されたのち、タクシーに乗り込んで向かったのは【ばんけい峠のワイナリー

P1820706

やはり、雪が凄いですね^0^;

駐車スペースもかなり狭くなっていましたが、タクシーなので安心

P1820691

タクシー観光最大のメリットは、アルコールを遠慮なく堪能できること!!(笑)

いつもは運転手な私は、ワイナリーや酒蔵、そして酒屋に行くと、いつも試飲を我慢しなければならず・・・^^;

なので今回は、当然のようにワイナリーを観光ルートに組み込みました(笑)

昔から存じ上げているばんけい峠のワイナリーさんではありますが、実は最近飲んでいなかったので試飲できるのはとてもありがたい

P1820694P1820693

ラインナップも以前より増えていました

今回は3種類の試飲をさせていただきましたが、どれも以前に比べると格段にレベルアップしている気がしました!!

特に白はオレンジワインのようなニュアンスがあり、お値段もお手頃なので、購入確定(笑)

P1820698

2代目代表の田村さんが一つ一つのワインを丁寧に説明してくれて、とても充実した時間を過ごせました^^

 

〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇

 

タクシーに乗り込み、約20分ほどで到着したのは【藤野ワイナリー

P1820712

こちらも雪が凄いですね(笑)

P1820713

でも、その雪景色に癒されます^^

こちらは2階にあるショップの窓からの眺め

P1820728

藤野ワイナリーは、“エルクの森パークゴルフ場”に隣接しているのですが、ココは18番ホールとのこと

P1820724

現在、ショップでの試飲は休止中なのですが、ワインについてはスタッフさんが丁寧に説明してくれます^^

P1820725

ボトルが並んでいる窓をのぞくと、ちょうどワインを仕込んでいる作業風景を見ることが出来ました^^

P1820710

訪れたこの日は、残念ながら定休日だったのですが、ワイナリーのお隣には【カフェ&レストラン ヴィーニュ】がありますので、こちらでランチを楽しむことも可能ですよ^^

 

〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇

 

ということで、時間も13:00を回り、お腹が空いてきました^^;

この日のランチ先は、【八剣山キッチン&マルシェ

P1820761

八剣山ワイナリーには多分、この時以来かと思いますが、キッチン&マルシェが出来ていたのですね!

P1820804

窓からは、今は雪に埋もれておりますが、ぶどう畑と八剣山も眺められます^^

P1820765

この日はまん延防止等重点措置期間ということで、3日前までの予約で味わえるランチプレートをいただきました^^

P1820796

八剣山と同じ札幌市南区にあります、古川ポークのソーセージやベーコンを使った特製メニュー!

P1820785

もちろん別途、ワイン飲み比べセットもオーダー^0^

P1820801

南区には野菜や果物の生産者さんがたくさんいらっしゃいますので、地元の素材をたっぷり使用したランチが楽しめます^^

ビーツのスープは、飲むより具材の比率高め(≧▽≦)

P1820802

サラダもちゃんと美味しい♪

P1820798

カレー風味のソースが食欲をそそるプレート、かなりの食べ応え!

P1820797

キタノカオリを使用して作ったというパンのもっちり感もたまりませんっ

アルコール付きということで、少しゆったり目に時間をとったので、焦ることなく堪能できました^^

P1820771

なので、お買い物タイムもたっぷりありました!

P1820774

先ほど飲まなかったワインは購入して、後ほどゆっくり飲むとしましょう^^

P1820755

お天気が良かったので、畑も見学

北海道のワイン用ぶどうは、こうして雪に埋もれることによって越冬できるんです^^

P1820747

こちらは同じ敷地内に出来た、【八剣山ワイナリー焚き火キャンプ場

冬でも週末は、満場になることもあるほど人気のキャンプ場なのです!

P1820754

確かにこの風景の中で焚き火キャンプ出来たら、最高に気持ちが良いと思われます!!

(たぶん、満天の星空も眺められそうですよね^^)

お腹も心も満たされたところで、本日最後の目的地・定山渓へ!

 

〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇

 

P1820807

向かったのは、【心の里 定山

P1820830

1500円(税込)支払うと、営業時間内は無制限で利用できる足湯&ラウンジ

P1820813

ラウンジには、様々なソファやチェアが置かれており、自分のお気に入りの場所で休憩出来ます^^

P1820814

P1820811

小学生以下は利用できない大人の空間なので、とても落ち着いた雰囲気

P1820818

さらに、ドリンクとお茶菓子がフリーで頂けちゃいます

P1820837

トレーにのせて、足湯まで持っていくことも可能^^

P1820843

そしてそして・・・

有料ではありますが、缶ビールもあるのです(≧▽≦)

雪見足湯&ビール、最高のシチュエーション!!!!

足だけの入浴なので、メイク直しとかを気にしなくていいのがまた、良いのです^^

P1820834

ちなみにタオルやひざ掛け、袢纏の用意もあり、更衣室もあるからタイツで行っても安心です(笑)

P1820828P1820822

中島文庫というギャラリーも併設されているのです

まさに“心の里”という名にふさわしい、リラックス出来る空間でした^^

 

P1820845

のんびりしてたら、日が暮れてきました

P1820849

帰りも自分で運転しなくて良いから、ちょっと遅くなっても安心です^^

 

今回は、“のん兵衛フルコース”的な感じで巡りましたが、時間に合わせてコーディネートすることが可能ですし、どこに行ったらよいか分からないという方は、事前に相談すればアドバイスしてくださるそうです

貸切プランだから、時間内であれば旅の途中でも多少の変更は可能ですし。道中で見つけて気になったスイーツショップやパン屋さんとかにも立ち寄ったりできますよね♪

何より、自宅は宿泊先まで送り届けてくれるので、荷物が増えても安心!!

と、実際にワインを3本も連れて帰ってきたのでした(笑)

270182902_118627890657199_2030728213962952422_n 270171951_118627960657192_4936828778576408090_n

さっぽろ観光タクシーのお得な貸切タクシープランは3月10日(木)までですが、予定数に達した場合は早めに終了することもあるようなので、気になった方はお早めに相談してみてくださいね!

詳しくはこちら

 

おまけ

P1820654 P1820709

大倉山ジャンプ競技場についたら、すかさずカイロを渡してくれたドライバーさん♪

そして、車内にはUSB電源完備!!

至れり尽くせりな観光タクシーです^^

コンテナにトレーラー、色々非日常な旭川

P1800414

先日、旭川高砂台にある【GLAMPING HILL A-GATE】へ行ってきました!

詳しくは、CAR-RINXのサイトにアップしておりますが、トレーラーハウスってホントに普通に家なんですよね~

P1800419

でも、ちゃんとタイヤが付いている。。。

息子もビックリしてました(笑)

 

そして札幌に帰る前に立ち寄ったのはこちら

012f91969254ca0ab7685b80b19e55b71eb76587bc

コンテナのパン屋さん【boulangerie aman

P1800502

確か11時くらいに到着したと思いますが、次から次へお客様がやってきます!
(ので、了解も無しに後姿を盗撮してしまいまして、ごめんなさい^^;)

P1800508

暫く待って、お客様が引けた一瞬を狙って撮影

なんて素敵な店構え♪

外側のコンテナからは想像つきません!!

P1800514

奥をのぞかせてもらうと、確かにオーブンがある!

ホントにここで作っているんですね( ゚Д゚)

P1800506

風通しは良さそうだけど、コンテナだし、オーブン使うし、夏は暑くないのでしょうか??

暑いそうです^0^;

P1800510

それにしても、ショーケース販売がすごくオシャレ!

実は、コンテナを店舗にする時の保健所の許可を取る際に、ショーケースにしないのであれば、パンはすべて袋に入れて販売しなくてはいけないと言われ、この形にしたそうなんですが、逆にそれがイイ感じの店構えになっていると思います!!

P1800530

と、ハード系のパンは友人が購入してきてくれて、何度か食べたことはあったのですが、今回はクロワッサンやカヌレも購入することが出来ました♪

P1800534

ちなみにどちらもクロワッサンなんです♪

小さい方は一口サイズなので、買ってすぐ車の中でパクっと食べちゃうことが出来ます^^

P1800531

外側カリカリ・中はしっとりギュッと凝縮された生地

基本のカヌレって感じで美味しかった~

パン職人小倉さんに関しては、こちらのブログに詳しく書かれていたのでリンクさせていただきます^^

P1800507

場所は、この時紹介したChirai-チライー】の駐車場の一角なんです!

この時はお腹がいっぱいだったので、チライには立ち寄らずに帰ってしまいましたが、個人的にはランチをチライで食べてパンを購入して帰ってくるコースをオススメします^^

 

013f83f99837b8deb9a2024a42370101bc935c7450

ちなみにこちらは、ブルーチーズドリーマー伊勢君が手掛けている『世界一のサウナ』

ちょうど作業の真っ最中だったので、隠し撮りして帰ってきました(笑)

正式にオープンしたら、取材させてもらおうと思います!

 

260725826_4469416019836421_9108693163566122911_n

その伊勢君が、本日アップしていた画像

え?!昨日は何にもなかったのに・・・

夏は38度、冬はマイナス30度越えの江丹別、なんとも非日常な町だ!!

備忘録~お祝いをセンチュリーマリーナ函館ロイヤルフロアで・・・

P1770011

生誕50周年ということで、先日函館まで家族で足を延ばした時の思い出を・・・

センチュリーマリーナ函館19

久し振りの函館泊でお世話になったのは、【センチュリーマリーナ函館

オープンした時から気にはなっていたのですがなかなか泊まるタイミングに恵まれず、今回ようやくお邪魔することが出来ました!

センチュリーマリーナ函館は、外観がかなりシンプル(というか地味目)なのですが、エントランスを抜けると船底をかたどった天井のモニュメントに目を奪われます!

センチュリーマリーナ函館5 (2)

2階に繋がる階段の踊り場から見るとこんな感じ!!

センチュリーマリーナ函館18

受付の大理石もステキです^^

公式サイトのコンセプトには、

『異国の情緒をまとい、霧氷の夜が輝く港町・函館。
その港沿いに静かにたたずむ「センチュリーマリーナ」は旅への憧憬を呼び起こすホテル。
日常を離れ、ひとときのプライベート・クルージングが叶う場所。』

と記載されており、ホテル全体がクルーズをイメージしているわけです^^

センチュリーマリーナ函館9

今回、泊まったお部屋はファミリースイート

リビングとバスルームの窓からは函館山が一望できます!

センチュリーマリーナ函館7

そして、部屋のお風呂が源泉かけ流しスタイルになっているのです(≧▽≦)

なので、部屋のお風呂でも十分楽しめるのですが、天空露天風呂も素晴らしいので、もちろんそちらにも行きました!

センチュリーマリーナ函館20

ベットルームは2つ

センチュリーマリーナ函館4

5人家族でも余裕で泊まれるタイプ^^

センチュリーマリーナ函館15 P1770059

ダイソンのドライヤーに、ミラブルplusのシャワーヘッド!

一度試してみたいと思っていたものが揃っていて、テンションが上がる(≧▽≦)

P1760971

そして部屋に置いてあった水は、乙部のGaivota!!

センチュリーマリーナ函館8

2階にはピローズバーとアロマバーがあります

センチュリーマリーナ函館22

ちなみにピローズバーはチェックアウトの時に撮影したので、スカスカです^^;

センチュリーマリーナ函館10

日が落ちる時間の函館山

センチュリーマリーナ函館14

朝日が昇る時間の函館山(夜の間に降った雨が窓に少し残ってましたね)

センチュリーマリーナ函館12

夜の函館山(は、あんまり見えないけど・笑)

居心地良すぎて、ずっと部屋で過ごせちゃう(≧▽≦)

P1770008P1770016

ちなみにこちらは、誕生日ということを伝えたら、ホテルからプレゼントしていただいたフルーツ盛り合わせ♪

こういうサービスって本当にウレシイし、思い出に残ります^^
(ちなみに合わせたスパークリングは、酒ブティック越前屋で購入してきました)

 

● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ●

寝心地最高のベッドなので、目覚めスッキリ!

そしてお待ちかねの朝食ブッフェへ!!

P1770027

センチュリーホテルグループの朝食が美味しいのは、すでに全国的にも知られていることですが、センチュリーマリーナ函館もやっぱり素晴らしかった・・・

さすがに全部にお料理の写真は撮っていないけど、食べたいものが何でも揃っている感じ!!

そして身体のこと考えてくれている感じの素材も色々♪

野菜が全部美味しそうで、思わず大皿にモリモリ盛ってしまいました(笑)

ちなみに右側のは大豆ミート

P1770030

しかも、何を食べてもちゃんと美味しいんです~

P1770053

寝かせ玄米の野菜鮨、すごく美味しかったなぁ^^

P1770051 P1770050

息子なんて、刺身と一緒におひつのご飯をおひつごと食べてたし・・・^0^;

そのあとカレーもラーメンも食べてたし(;・∀・)

P1770033

すっかり目が卑しくなってしまい、デザートなんてこんなに持ってきてしまった^0^;

P1770038

そうそう、牛乳が函館牛乳と大沼牛乳があって、飲み比べ好きなワタシは大喜び♪

コーヒーは函館美鈴珈琲の用意もありました

P1770035 P1770056

唯一の心残りは、ドライバーに付き朝シャン出来なかったこと(>_<)

雰囲気だけもと、炭酸水入れてきました^0^;

次に行くチャンスがあったら、公共の乗り物で行きたいっっ

もしくは、2泊したい~~~~

pageTop