札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『石狩・空知・千歳』カテゴリーの投稿一覧

ゆできび最高!!~野菜の駅 ふれあいファームしのつ

P1740762

雨不足で、とうきびの生育が遅れているようですが、江別市しのつにある【野菜の駅 ふれあいファームしのつ】に、ゆできびが登場したと聞きつけ、先日行ってきました^^

01c10cdb409968c041ac893d4b455284de542bc601

 

店内に足を踏み入れると・・・

 

 

P1740723

入口すぐに、立派なとうきび!!

P1740745

もう少し奥に行くと、こちらの説明文の下に発泡スチロールが置いてありまして、その中にゆでたてのとうきびがたくさん入っていました^^

ちょうど補充しているところだったのですが、甘い香りが漂いまくり(≧▽≦)

まだ温かいうちに車内で頂きましたが、あまりの美味しさに顔がにやけまくり(≧▽≦)

01749326bbe78251b6213c1ddd69fc81ddfa927784

それにしても江別って、野菜はもちろん加工品も豊富で買い応え満点です!!

P1740743

 

P1740744

 

P1740724

その昔、江別の畑で自分で収穫したブロッコリーをその場で食したことがありますが、それまで食べていたブロッコリーとは全く違う美味しさに感動したものです^^

P1740741

あ!その時自分で作った、はるちゃんのケチャップも販売していました^0^

P1740742

他にもいくつか種類があって、ケチャップの食べ比べが出来ちゃいます^^

P1740738

P1740737

味噌にお米

P1740727

そして麺!

P1740730

 

トンデンファームのソーセージもあります

P1740731

江別産のものだけで、定食が完成しちゃいますね^^

P1740734

町村農場の乳製品も並んでいました

P1740747

そして店内には、町村農場さんが運営している“葉らっぱ”というショップもあり、ソフトクリームやパンを販売中

P1740751

おいしそ~~♪

P1740758

さっそく、葉らっぱ限定のパイソフトをいただきました♪

ソフトクリーム自体はスッキリ系のミルク味なのですが、はちみつが添えられていて、甘さが絶妙!

そしてパイが底にもたっぷり入っているので、食べ応え満点^0^

この日もものすごくアツかったので、撮影しているうちに、あっという間に溶けてきちゃいました^0^;

 

札幌圏内で異国の雰囲気を堪能できる場所~【ログホテル メープルロッジ】Vol.2

こちらからの続きです

P1630748

メープルロッジの向かって左手にありますレストランにて、今回は一日10食限定のランチコースを堪能することにしました^^

秋のランチコース_page-0001

 

 

P1630746

まずは食前酒ではなく、食前酢が登場

自家製のりんごを使用したりんご酢なのですが、これをいただくと一気に胃袋が活性化して、食べたいモードに!!

味の方は酢と言われないと酢ということを忘れちゃうほどマイルドでした^^

P1630750

そして最初に掲載した画像の前菜、“トラウトサーモンのマリネ 椎茸のヴィネグレット”

この美しい野菜は、ホテルのお隣にある“森のポタジェ”で栽培されているものを使用しています^^

P1630678

屋外と温室内で、観賞用も含め、様々なものが植えられていました!

P1630680

P1630685P1630684

このトマトアーチの植え方は、個人的に興味津々!!

P1630665

目の保養にもなって、すごく癒されました~^^

P1630667

 

と、ランチに戻ります。

トラウトサーモンの1皿があまりに美味しくて(椎茸のヴィネグレットが最高!!)、ついワインをオーダーしてしまいました^^;

P1630755

ホテルから車で15分もかからない場所にある、“宝水ワイナリー”の飲み比べセットがあったので、こちらをいただいてみました^^

他にも滝沢ワイナリーなど、近隣の道産ワインや日本酒などもリストアップされていました

P1630762

スープは新玉ねぎのポタージュ マーガオの香り

の、濃厚!!

これ、絶対自分で作らないやつ(笑)

P1630757

そのスープにもピッタリなパン

どちらも道産小麦を使用しているのですが、一つは岩見沢産“キタノカオリ”を使用していて、何とも言えないモチモチ感がたまりませんっ

P1630763

メインディッシュは、砂川上原ポークのグリエ ジャポネソース 人参のピュレ

P1630766

美しいものは美味しいの法則的な一皿!!

添えられているゴボウもジャガイモも、完ぺきにオイシイ

P1630767

ココで地元産の新米が・・・

個人的にはパンもご飯もというボリュームは厳しいのですが、新米と聞いたら食べずにはいられない!!

この甘さ、ズルすぎる!!

P1630770

デザートは南瓜のクレーム・ブリュレ

P1630774

お腹がいっぱいでも食べらさってしまうデザート

地元産のものそして近郊の食材をフル活用した、秋の恵み満載のコースでした^0^

P1630775

〆はオーガニックコーヒー

P1630772

そうそう、デザートが出てくる前に、お腹いっぱいと声に出していたところ、同席の方のデザートより、小さめの南瓜を用意してくれていたのです!!

ということで、サービスも完璧でしたっつ

秋のランチコース_page-0001

最後にもう一回、メニューを見返していたのですが、あれ?これって温泉が付いて2250円なんですか????

と、目を丸くして何度も見返したほど驚きました~

温泉が付かなければ1980円って・・・

これは安すぎかとっ

と、この日は平日の11:30からランチを堪能しておりましたが、お客様が切れることなくいらしていて、正直ビックリ!

さらに、皆さんがオーダーしていたランチプレート的な料理のボリュームにもビックリ(笑)

とにかく、一度は行かなきゃもったいない施設かと!!

 

今回はセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード入会の特典として、ログホテル メープルロッジで利用可能な、1万円相当のクーポン券がもらえちゃいます!!

 

Sapporo100miles_750_300_750_300

条件等、詳しくはこちらでご確認を!!

 

そうそう、売店の品ぞろえもワクワクするものがたくさんなので、要チェックですよ!!

P1630776

P1630781

先ほど飲んだ、宝水ワイナリーのワインや岩見沢限定の地酒、リンゴジュースやお米と、地元のものがたくさん^^

P1630778

P1630779

 

P1630697

ちなみにこちら、ホテルの裏で見かけたワイン用のぶどう畑

数年後には、メープルロッジ産のワインが食事とともに堪能できるようになるかもですね^^

 

せっかくなので、札幌に戻る前に宝水ワイナリーにも立ち寄りました

P1630803

映画“ぶどうのなみだ”のロケ地としても有名になった場所です^^

P1630796

P1630795

9月下旬に訪れたので、醸造が始まる直線の様子ですが、今は毎日ぶどうを絞っている最中かもですね^^

P1630808

畑もチラッと見学させていただきました。

P1630807

今年のワインは、美味しくなりそう!!

P1630806

 

札幌圏内で異国の雰囲気を堪能できる場所~【ログホテル メープルロッジ】Vol.1

セゾンカードプレゼンツ】で、北海道の魅力溢れる場所を紹介&入会特典プレゼント企画、第3弾は札幌から約1時間の場所にある、【ログホテル メープルロッジ

P1630636

場所は、岩見沢市毛陽町

古くからりんごの産地としても有名な場所なのですが、周辺の炭鉱が無くなってからはこの辺りの人口が衰退してしまい、(昔は万字線というJRの路線もあったのです)毛陽小学校が閉校。

その跡地を利用して建てたのが、メープルロッジと毛陽コロシアム!

P1630703

木々の奥が、毛陽コロシアム

P1630698

屋外にはセンターコートの他、4面のテニスコートもあり、テニスの合宿等も行われているそうです^^

P1630695

そしてその周辺にはりんごの木が!

P1630691

あれ?思っていたより木が小さいかも。。

実は一度、病気で全滅しかけてしまったようなのですが、再度植え直したそうなんです。

毛陽地区の歴史を絶やさないようにしようという姿勢が素晴らしい!

P1630705

ちなみにこちらがメープルの木

この木が周辺にたくさん生えていたので、メープルロッジという名称になったそうですよ^^

P1630637

その“ログホテル メープルロッジ”、オープン当初は、“スパ イン メープルロッジ”という名称だったのですが、3年ほど前にリニューアル

オサナイは、リニューアル前に一度立ち寄ったことがあったのですが、リニューアル後はお初!

そして最近、すごく良くなったという評判をよく聞いていたので、期待して足を運びました^^

P1630638

中に入ると、ものすごく開放的なロビーがあります

P1630658

暖炉もあるので、これから薪が入るとよりステキな空間になること間違いなし!

そして寒くなってから、よりこのホテルの良さを発揮するのではと思っているのが“サウナ”

P1630639

内風呂を経て外に出ると・・・

P1630641

奥の建物がサウナルーム

P1630646

それほど広いわけではありませんが、セルフで“ロウリュウ”という、サウナーの中では必須の、熱した石に水をかけて蒸気を発生させるスタイルのサウナが楽しめます^^

P1630648

この、小窓から見える風景もステキ♪

P1630644

さらに必須アイテムの水風呂が、“源泉かけ流し”というところも評価が良い要因の一つ^^

そしてそして・・・サウナ付きの客室も2つあるのです!

P1630713

P1630719

こちらは、スイートホワイトバーチ

この天窓が空間の広がりを演出していて、すごく心地が良いのです^^

ちなみに天窓は、スタンダードルームにもついています♪

 

P1630730

そしてこちらが、シルバーパイン

P1630735

こちらは客室ではなく、ホテル内にあるプライベートコテージです!

P1630737P1630738

この、シルバーパイン~樹齢200~300年と言われている立ち枯れの松を使用した部屋は、シルバーパインの香りからしてすでに癒しの空間!!

P1630736

2名+エキストラベッドで4名まで泊まれますが、2名で滞在されるご夫婦も多いそうです^^

P1630732

最低1週間は滞在したい空間でした^^

 

ということで宿泊しなくても楽しめる、ランチのご紹介にうつります♪ ・・・次へ

 

「外で飲もうよ!道産日本酒プロジェクト」モニターツアー Vol.2

こちらからの続きです。

P1640197

今回のツアーは1泊2日

宿泊は新しのつにある“たっぷの湯

そして夕食会場はグランピング施設をお借りした特設会場!

P1640199

P1640198

そして料理は、以前こちらで紹介したすすきの隠れた名店“446”の浅井シェフのスペシャルメニューを堪能!!

P1640211

進行は親びんと、FMノースウェーブのDJハイジさん

GO GO RADIO内で、北海道産酒のコーナーを3回に分けて放送していて、今回のツアーも親びんが報告してます^^

01f54a68105985182d0ff501a836a651bfb54a17a3

まずはずらりと並んだ道産酒の記念撮影(笑)

現在、北海道には13の蔵がありますが、うち12蔵で北海道産の酒造好適米を使用して道産酒を醸造しています

P1640201

それにしても贅沢な風景!!

P1640210

当然、こんな写真が撮りたくなります(笑)

P1640233

011f3bbebae82895e849095faa2f08b646b119cb3a

準備していくうちに、どんどん日が暮れていきます

P1640235

ちなみに私はマイグラスを持参!

美味しいお酒をより美味しく楽しむのが、ポリシーなのです(笑)

P1640221

と、美しい景色も良いけど、お腹が空いてきました~

こちらは、新しのつの野菜を使用したサラダ

P1640224

てっきりBBQだと思いこんでいたので、野菜がたっぷりあるのはすごく嬉しい!!

P1640219

合鴨にはハスカップのジャム

P1640218

タチとコーンのアヒージョ

P1640240

バゲットにのせていただきました^0^

P1640237

ちゃんちゃん焼きはフレンチ風にアレンジ

どれも日本酒に合うようにと考えて作ってくれています^^

P1640213

どのお酒も合うけど、ヒトツメは食中酒として最高でした^0^

P1640216

それにしても、アウトドア料理にシェフがいるって最高!!

P1640242

ホイルの中には浅利と札幌黄!

P1640246

ここでとんでもなく豪華な日本酒のアテが登場!

自家製ベーコンのブルーチーズがけ

これは絶対、熱燗でしょう!!ということで、つけていただきました^^

個人的には男山の秋酒が、熱燗にピッタリでした♪

016630fd74298b39e2895e59bcbe95e0621d23f7b6

だんだんと夜の雰囲気になってきましたが、実はまだ18時前だったりして(笑)

P1640247

すでに2次会の雰囲気(笑)

ちなみにカップ酒があれば、網に直接載せて燗酒にすることも出来ます^0^

飲み干したらそこにまた酒を足して・・・

これがアウトドアで飲む、燗酒の楽しみ方!

各テーブルに炭台があるのを知っていたら用意していったのに~~(笑)

P1640250

それにしても飲まさるつまみセットだ。。。

これだけで四合瓶を空けられる自信があります(≧▽≦)

 

P1640253

〆かと思いきや、リコピンたっぷりのカレーが出てきたり・・・

P1640257

〆はなんと、ステーキでした(≧▽≦)

 

01f50ee65654a8b6bdabf5770df676804f0476ea32

あっという間に日も暮れて、さすがに冷え込んできたので、(本当の)2次会はホテルの部屋で行うことに(といっても19時過ぎ)

P1640263P1640258

いつの間にか、北の錦記念館で仕入れていたこちらの一升瓶が登場

もちろん、一次会の道産酒もまだまだタップリ(笑)

私は先日広尾町・岡嶋水産で購入した、ししゃもの乾きものを差し入れ。もちろん、炙る用のチャッカマン持参!(笑)

いやぁ、飲まさる!!

P1640261 P1640260 P1640259

他のおつまみも完璧でした~

というもの、事務局の方が銘酒の裕多加さんで仕入れてきたそうです!

7時間弱飲み続けておりましたが、私はしっかり和らぎ水をいただきつつ飲んでいたので、次の日はスッキリ!!

朝から飲めそうなほど元気でした♪

 

ということで、2日目の酒蔵見学は次のブログで♪  ・・つづく

「外で飲もうよ!道産日本酒プロジェクト」モニターツアー Vol.1

01f54a68105985182d0ff501a836a651bfb54a17a3↑グランピング施設にて、ずらりと並んだ道産酒。もちろん写すだけじゃなく飲みました(笑)

先日、米どころ・酒どころ北海道振興事業 道産日本酒販売拡大業務の一環で、“キャンプで楽しむ道産日本酒と酒蔵巡りモニターツアー”に参加

1泊2日で4つの蔵を巡り、昼も夜も道産酒漬け!!

新たな学びもたくさんあり、ますます北海道の日本酒のファンになりました(≧▽≦)

その行程を、2回に分けてご紹介します^0^

 

【1日目】

P1640103

朝9:00過ぎに札幌駅北口に集合し、(新幹線に向けてのホーム拡張工事のため、いつのまにか鐘の広場が使えなくなっていてビックリ)バスで日本清酒(株)・千歳鶴酒ミュージアムへ

P1640106

P1640107

新型コロナウイルスの影響で、仕込み水そして日本酒の試飲コーナーが無くなっていたのは残念でしたが、昔のポスターなんかもあって、楽しめる場所です

P1640109

もちろん、限定酒なんかも変えます^^

P1640114

道内でただ一人の女性杜氏でいらっしゃる市澤さん

仕込み前のバタバタな時期だったのでご挨拶だけでしたが、10月12日(月)から仕込みが始まると言っていたので、これからしばらくはお忙しいと思います

美味しい日本酒を世に送り届けるために頑張ってくださいね!!

そしてお隣は、道産酒と言えばの鎌田孝さん(通称・親びん)

今回のツアーの仕掛け人でもあります^^

P1640137

今回は酒ミュージアムではなく、日本酒を作っているこちらの棟の見学がメインです!

P1640119

こちらは事前予約のみ見学ができるのですが、仕込み時期に入ると見学はしばらくお休みということで、ギリギリのタイミングで見学することが出来ました^^

ところでこの場所(中央区南3東5)で、明治5年から日本酒を醸造していることを、札幌在住の方でもまだ知らない方も多いかもしれませんね。

P1640120

それにしても、重厚感のある建物です

P1640121

酒造りは、上の階からスタートして、下の階へ行くほどに完成していくようになっています

3階と言っても天井が高いので、その分階段の傾斜もキツイですが、当然階段で上に向かいます^^;

P1640122

こちらは精米機。千歳鶴ともなると、規模が大きい!

P1640123

ただ、特別なお酒はこちらの樽を使用して、手作業で行うそうです

P1640128

蒸したお米はこちらの“麹室”で米麹にするのですが、この作業が日本酒造の要であり、温度や湿度管理を夜通し行ったりするのです

P1640133

それにしても、一つ一つの規模が大きいです!!

P1640136

そうそう、よくよく見ると天井に小さな穴が開いているのですが、上で作った日本酒はここにホースを繋げてタンクに注入されるわけです^^

P1640129

ちなみに特別なお酒はタンクの保管場所もやっぱり特別でした!

P1640131

 

あっという間に出発時間になりまして、ココでは試飲ができなかったので、若干心残りな状態で、次の目的地・栗山町の小林酒造へ!

P1640139

通常ですと酒蔵見学が先ですが、嬉しいことにまずはランチタイム!

P1640141

酒蔵の向かいにある、錦水庵へ

P1640144

さっき飲めなかった分、一升瓶で登場しました(笑)

P1640148

日本酒が出てきたので、つい塩をお願いして、田舎蕎麦は酒のアテとしていただきました(笑)

P1640161

心もお腹も満たされた後は、酒蔵見学

国の登録有形文化財にも指定されている小林酒造の建物は、日本酒に興味がなくても一度は見る価値のある建造物です

ちなみに小林酒造が日本酒を作り始めたのは栗山町ではなく、札幌だって知ってましたか?

明治11年に札幌市の中心部で酒造業を初めて、明治33年に栗山町に移転したそうです

 

P1640163

私のブログではもう何度も登場している、小林専務のアツいトークショーが始まりました!!

何度聞いても飽きることはないし、何回行っても新しいお話しが聞けるんです^^

明治から酒造りを営んでいる小林酒造の歴史は本当に深すぎて、ココですべてを書くことは不可能ですので、ぜひ一度足を運んで直接聞いてもらいたい!

P1640173

途中で南杜氏も顔を出してくれました

千歳鶴同様、これからが本番なので、最後の点検作業を行っていた感じです

P1640178

小林酒造はその昔、炭鉱夫のための普通酒を大量に作っていたので、酒造りの道具が半端なく多いのですが、今はすべて純米酒に切り替えたので、今は使用していない設備も多いそうです・・・

P1640165

それにしても、絵になる場所が多いなぁ

P1640168

古い建物を維持していくのは莫大な費用が掛かって大変なのですが、(しかも有形文化財なので勝手に改装とかできないのです)なんとか保存していってほしいものです・・・

P1640188

そうそう、こちらのお酒がフランスで開催されている日本酒の品評会【kura master】の純米大吟醸酒部門でプラチナ賞を獲得したんですよ!

試飲があったので、ありがたく頂戴いたしましたが、華やか過ぎず、食中酒としてもイケる味わいで、フランスでこの手の味わいが評価されるのが、ちょっと驚いたそうです。

P1640191

暖簾シリーズは、デザインの誕生から知っておりますので、親戚のおばちゃんの気分です^^

P1640195

まだまだゆっくりしていたいところでしたが、このあと今回のツアーのメインイベント・キャンプで日本酒を楽しむ会が待っておりますので、バスに乗り込み新しのつへ向かいます!! ・・・つづく

 

pageTop