札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『肉』カテゴリーの投稿一覧

大通の路地裏が賑やかになりそう♪【Source】

昨日4月24日(火)に、グランドオープンした【Source

P1220189P1220190

場所は同じく24日(火)に中)南1西1にオープンした、東急ステイホテルの1F

ジュンク堂横の地下鉄の出入口からすぐの仲通りに、いつの間にかこんな大きな建物が出来ていてビックリ!!

そして煌々と輝く、ガラス張りの素敵空間

何だか一気に、ココの通りが明るくなった感じがします^^

 

オープン初日ということで、店内ほぼ満席

P1220192

お客様が引けてからちょこっと撮影

P1220218

壁側はソファ席

P1220220

カウンターも含め、どこに座っても落ち着く感じです^^

P1220195 P1220197

今回は中央のロングテーブルへ

お通しはグリッシーニ バーニャカウダーソースもついてきます

オランダのビール、グロールシュヴァイツェンの樽生があったのでオーダー

このグラス、すごく手のおさまりが良くって、飲み進んでしまいました(笑)

もちろんグラスの形だけじゃなく、ちょっと酸味を感じる味わいが、ワタシの苦手なビールの味とは少し違って、クピクピいけるのです^^

 

P1220199

まずは前菜5種おまかせ盛り合わせをオーダー

P1220201

この、チェリーチリとグリーントマトと玉ねぎのピクルス、食べ応えがあって、しかもビールに合う酸味!ちなみに単品だと380円♪

 

P1220203

サラダの中からセレクトしたのは、店長さんイチオシの“ロメインレタスの焼きシーザーサラダ”

野菜って、軽く焼いた方が確実に箸が進みます!!

 

P1220204

こちらもオススメしていただいた、“ブッラータチーズを使ったカプレーゼ”

写真映えしますね~^^

2種類のソースで楽しめて得した気分♪

 

P1220207

ソフトシュリンプとブロッコリーとアボカドのアヒージョ & 北海道産サルシッチャとミニトマトとインゲンのアヒージョ

どちらもまたまた、グロールシュヴァイツェンが進む美味しさ!!

P1220209

油がもったいなくって、パン3種盛り追加オーダー

P1220211

 

オススメはサーロインだったのですが、のん兵衛&アラフィフにはラム肉の方がしっくりくるわけで・・・(笑)

P1220213

うん!やっぱり正解でした^^

お肉食べたらワインが欲しくなって、ロゼを1杯♪

P1220216

 

夏には外にもテーブルが出るみたいなので、ますますにぎやかになりそう♪

モーニングとランチはビュッフェ形式で野菜をたっぷり楽しめるようなので、女子でいっぱいになりそうですが、夜は思っていたよりオトナな空間として使えそうなので、男性にもオススメかも^^

 

 

 

 

4月18日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~焼鳥 とり福

4月18日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、昭和の匂い漂う松岡ビル地下にあります【焼鳥 とり福】さんです。4月で丸5年になるそうです。

P1210493

松岡ビルの地下のお店って、どこも常連さん以外はなんとなく入りにくい雰囲気が漂っているので(あくまで個人的感想です・・・)、正直、この場所にこんな焼鳥屋さんがあるのを全然知りませんでした^0^;

カウンター10席、テーブル席8席のこじんまりとしたお店ですが、カウンターが広いので、おひとり様にもちょうどいいお店♪

P1210508P1210498

地下鉄駅の出入り口がすぐだから、終電ギリギリまで飲んでいられる素敵なお店♪

 

 

P1210483

メニューはざっとこんな感じ

人気はおまかせ10本セットとのこと

ちなみに串は、冷凍ものは一切なし。毎日手打ちしているそうです。このほかにも、旬の一品料理などが、壁に貼られていました

P1210499

 

 

早速、秘伝のタレを付けた、豚串をいただいてみました!

P1210505

豚肉、すごく厚みがあります!そして脂身があまりないので、くどくない♪ちなみに豚肉は、肩ロースを使用しているそうです。

それにしてもこのタレ、すっごくクセになる!!

香りはかなり甘めなのに、食べるとちょっとピリッとするのです

その味付けがまた、のん兵衛にピッタリだったりします^0^

そんなわけで普段は塩派のワタシも、このタレなら食べたいと思いました^^

 

そして、個人的に日本酒のラインナップがまた、好みだったりします^^

P1210485

日本酒はその時によってラインナップが変わるそうです^^

P1210500

焼酎やサワーなどのアルコール類も揃っています^^

 

P1210504

以前、室蘭焼き鳥の男吉で働いていたという、本舘さん

基本的には一人なので、忙しい時間帯は黙々と焼き鳥を焼くことになりますが、遅い時間はカウンター越しに会話を楽しむお客様も多いそうです

平均すると、男性客の方が少し多いとのことでしたが、男性にウケるのが、何となく分かる気がします!(ワタシ、中身がオヤジなものでして、入った瞬間、心地良さを感じたものですから・・・^0^;)

 

 

 

食べらさる羊肉!!【極薄ラムしゃぶ専門 工藤羊肉店】

飲まさるという言葉はブログでもよく書きますが、“食べらさる”というお店は久しぶり!!

お店の名前は【極薄ラムしゃぶ専門 工藤羊肉店

0174f6572e75ae27186ee444d34cadc91f261e2516P1210596

最近、新店が続々オープンしてる、中)南5西5ジャパンランドビル7F

エレベーター下りて目の前、こちらののれんが目印

ソファ席の、落ち着いた雰囲気

P1210598

P1210594P1210606

席に着くと、おしぼりとスープ。このスープが胃袋にしみて、食欲をわかせます^^

まずは生ビールとハイボールで乾杯♪

 

P1210609

スープは最高級羅臼産昆布だし・みぞれだし・豆乳だし・坦々風だしから2種類選ぶ形です

お初なので、イチオシの昆布だしと、辛いもの好きにオススメの坦々風をセレクトしました^^

P1210631P1210632

極薄ラム肉はオーダーがが入ってからスライスしてくれます

P1210611

そうして運ばれてきたラム肉がこちら。なんと、見事な盛り!!

そして本当に薄~~~~い!!!

ちなみに手前のチョークの文字、ホタテの貝殻でできたチョークなので、もし口に入っても安心な素材を使用しています

P1210607

こちらは野菜盛り

 

P1210614

ラム肉は薄いので、あっという間に火が通ります

テーブルにあるポン酢に薬味を入れていただきます

ラム肉、あっという間に口の中で溶けてしまう食感!!臭みは全くないし、そしてポン酢が美味しい!!

そして、坦々風だし

思っていたより、しっかり辛い!!これはハマる~~~~

と、飲むのも忘れて食べるのに夢中になってしまいました^0^;

 

P1210621 P1210618

ポン酢も良いのですが、こちらのゴマもオススメ!そしてぜひ食べてもらいたいのが、工藤羊肉店のために特別に作ってもらっているという、虎杖浜の明太子!

坦々風だし同様、通常より辛めで、ゴマダレに少し入れて食べるのもオススメ♪

 

そしてもう一つ、絶対食べてもらいたいのが、つなぎ無しの生ラム100%のつみれ

P1210623P1210626

つなぎがないのですぐバラバラになってしまいますが、さっと湯通ししたのち、お玉ですくっていただきます

ラム肉が苦手な人にもおススメできる美味しさでした^^

 

こちらは新メニューの、ラムタン

P1210619

さっと湯がいた後、わさび醤油で味わったら最後・・・

やめられない・止まらない状態^0^;

日本酒プリーズ!!って感じでした~~

そんなのん兵衛のワタシをも黙らせる、究極の1杯がやってきました・・・

P1210629

生ラム丼 道産山わさび醤油添え

生ラムは2層になっています!!

普段、炭水化物は遠慮しているワタシも、もうどうにも止まらない・・・

食べすぎると涙目になる、山わさびが癖になる美味しさ!!

札幌~大通り方面で、ランチ営業の生ラム丼専門店やってほしいくらい!!

 

ということで、ほとんどアルコールに走らず、食べることに専念してしまった夜です^0^;

 

P1210634

ちなみにラム肉がより美味しく食べられる日本酒やワインも、色々揃ってました^^

工藤羊肉店のFBページはこちら

 

 

函館・元町の【Steak+wineひげバル】で、おぐに牧場・北斗プライムビーフをとことん堪能!!

枝幸町モニターツアーの3日後、車を飛ばして向かった先は函館!

改めて北海道の大きさを確認しました^0^;

今回は函館山のふもと・古い教会が立ち並ぶ元町に、3月にオープンしたばかりの、【Steak+wineひげバル】の試食会が目的でしたが、生産者と料理人の2つの想いを聞くことができ、すごく充実した取材旅行となりました^^

P1210072

キラキラモードで撮ったらこんなことに! でも、元教会だからいい感じかも♪

P1200991

2年前に函館西部地区バル街の際に、以前はラ・クリマだったこの建物に入ったことがあったのですが、お店が変わっても雰囲気の良さは健在でした^^

P1200992

P1200996

店名にワインとうたっているだけありまして、ワインはブッフェ形式で好きなだけ楽しむことも可能です^^

P1200994

P1210005 P1200999

ビールは樽生が4種!

P1200997

そしてお肉は、おぐに牧場の新ブランド牛・北斗プライムビーフを一頭買いしています!

おぐに牧場の和牛については、前から存じ上げておりましたが、HIGEグループでしか味わえない北斗プライムビーフに、早くも興味津々です!!

P1210008

早速、お料理が運ばれてきました。こちらは一口サイズの鹿肉バーガー

フレッシュトマトもサンドされていて、ジューシーで美味しかった♪

P1210010

 

前菜盛り合わせ

P1210034

通常グループでコースをオーダーした際は、大皿で盛られて提供されるようですが、今回は小分けに盛り付けて提供いただきました。 P1210021

こちらの前菜盛り合わせは、確実に飲まさるタイプです!!

お肉の前から反則技で攻めてきました~~

ブッフェということで、ワインお替わりに走りました^0^;

 

P1210033P1210012

最近やたら野菜を欲しているのですが、こちらのドレッシングの味わいにものすごくハマってしまいました♪

 

P1210035

こちらは北斗プライムビーフをとことん味わえる3種類の部位のBBQ

ヒレ・サーロイン・ランプ

なんと贅沢な串!!

食べ比べると、まったく味わいが違うことが実感できます^0^

柔らかさはヒレが一番だったですが、サーロインは噛めば噛むほど肉の甘みが!!!

北斗プライムビーフの特色が一番伝わる食べ方だったかも^^

 

こちらはすね肉の煮込み

P1210032

 

通常はスキレットで提供されるそうです

P1210037

 

 

P1210045

こちらはハンバーグ。鉄板の上にある石の上で、お好みの焼き加減で味わえるタイプですね^^

P1210042

粗挽きともまた違う、かなり特徴のある肉質を味わうことのできる、ちょっとオトナなハンバーグでした。

一頭買いをしているからこその、ハンバーグともいえるかも!!

 

P1210048P1210051

すでにお腹はパンパンでワインに走っていたところ、見事な火入れ具合のローストビーフが!

P1210062

P1210054P1210057

モモとロース(だったはず・・・)を4種類の薬味で♪

P1210026

お肉を食べる前に、おぐに牧場の小国美仁さんが、北斗プライムビーフに対する想いをアツく語ってくれていたので、その思いを含めてじっくり味わさせていただきました。

個人的にはサシの入ったいわゆるA5ランクの和牛よりも赤身肉系の方が好きなので、程よくサシも入りつつ赤身の美味しさも楽しめる北斗プライムビーフは、理想的なお肉でした!!

ちなみにこちらの記事を読むと、小国さんの想いがよくわかるのではないかと思います^^

 

P1210003

こちらは、ステーキ&ハンバーグHIGEのCEOであります、高橋克寿氏

HIGEは、もともとはススキノからスタートした飲食店です。

ワタシ自身はまだ行けていなかったのですが、飲食店のオーナーやスタッフさんがよく行っている話を耳にしていたので、味は間違いないんだろうなと思ってはおりましたが、今回の北斗プライムビーフの一頭買いからもわかるように、志がものすごく高い方だということが伝わってきました!!

ちなみにこちらにも高橋氏のアツい想いが記載されていました^^

これからは、函館を拠点に活動していきたいとお話しされていた、高橋氏。函館・札幌・そして北海道を、大いに盛り上げていって下さいっ!!期待しています^0^/

 

と、お肉だけでなくデザートも、オリジナリティのあるものでした^^

P1210066

こちらはダッチベイビーというスイーツで、通常11:00~16:00のカフェタイムで味わえるそうです♪

P1210063

ワタシはチョコレートの方を試食させていただきました^^

あっさり目のアイスクリームがお肉の後にピッタリ♪

元教会だから、カフェ使いにもばっちりなお店です♪

FBページを見ると、毎月10日・29日にはお得なイベントも実施しているようなので、こちらも要チェックです!!

 

ランチメニュー

P1210047

ちなみに2階にも席がありまして、個室感覚で楽しめます^^

 

 

年に最低一度は訪れたいと思っている函館

思わぬタイミングで行けて、そしてアツい男たちの想いも聞けて、ホントに幸せな気持ちになりました♪

 

 

ジンギスカンじゃないラム肉料理を堪能する

015bcc41712168b7d4aadf8e172ecca0140d6ab677

先日、アンズコフーズ株式会社が主催した、【北海道民の次世代羊肉料理を考える会】に参加してきました。

道産子にとっては、羊肉=ジンギスカン

そのジンギスカンは、最低でも月1回食べていたといっても過言でないほど、日常なお肉料理でした。

ただ、ジンギスカン以外の羊肉料理となると、あまり食べる機会がなかったので、すごく参考になるイベントでした!

016f96836090e4bd622d1e8522f134749730f41585

016db0f965072d3561aed194465e7042242089df8f 01dd3c83ce669d6fbf5d20dc23ce6b79ae6c186b7a

※会場の照明の影響で、ちょっと色味が青っぽくなってしまっております。

016fd5ccf946e57992a4f3f50d2064a5f1ebf9df02 016933e41b280a10706c9f6760ea778733625edc4c

ラムチョップ・ミラネーゼ(骨付き背ロース)
ラム肉のもも厚切りステーキ オリエンタルソース(レッグ)
ラムスペアリブ ケイジャンライス添え(スペアリブ)
ラムのパワーサラダ(レッグ)

アンズコフーズのラム肉は、月齢3ヶ月~6ヶ月未満のニュージーランド産仔羊で、“旬”を大事にしているそうです。

仔羊の旬とは、11月~3月にと畜されたものということを、今回初めて知りました!

 

もともと、羊肉に慣れ親しんでいるワタシとしては、匂いは気にならない方ではありますが、今回のお料理、どれを食べても全くと言っていいほど気になりませんでした!!

そして何より、肉が柔らかいっ!

特にレッグの柔らかさには驚かされました~~

010f7fe71b7f22a4c0a1c22f8f81feeba7568902bf 0156863c69238c67f476ff9a6c6901e7d6b92d09c0

ラムのスープカレーもレッグを使用していましたが、お肉がホロホロと崩れるほど柔らかかったです!!

01137856f317c7c4c63a0e6c54d828d9526fc2a6cf 018cad3ef12690aa029f45594c0190e8b7c21f2d58

今回はニュージーランド産ワインも提供いただいたのですが、これがまた羊肉料理にピッタリ!!

特に、甘さを感じる口当たりの良いメルローは、羊肉の脂の甘みを包み込んでくれる感じで、ついお替りしてしまいました^0^;

 

ちなみにアンズコフーズさんは【ANZCO仔羊クラブ】というFBページがありまして、レシピなども掲載中です^^

 

今回は試食だけではなく、今の羊肉の現状や、道民の羊肉料理についてのパネルディスカッションなどもあったのですが、実は世界的にも羊肉の消費量が下がっていたり、生産量も上がっていなかったりと、危機感を感じる部分もあるそうなんです。

確かに、ワタシ自身も自宅でジンギスカンをする機会も子供の頃よりは減ってしまっている。。

 

何より、こんなに北海道=ジンギスカンなのに、道産のラム肉はほとんどお目にかかることができません。

羊肉は“最強の美容肉”と言われているほど、女性にとってもありがたいお肉なので、もっと手軽にジンギスカン以外の部位の羊肉が買えたり、味わえたりしてくれると嬉しいです!

そうそう、4月29日は“ヨウニク=羊肉の日”ということなので、この日は意識して羊肉を味わうことにします!!

 

 

 

pageTop