札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ジャンル』カテゴリーの投稿一覧

飲む人も飲まない人も、次々訪れる【かすうどん風土】

先日、数年ぶりに訪れた【かすうどん風土

P1210678

何だか前より、明るくなった気がします(気のせいかもしれませんが・・・^^;)

でも、最近の飲食店は明るいところが増えましたよね~

私が20代のころは、一緒に飲んでいる人の表情が良くわからないほど暗い店が多かったなぁ

P1210664

一瞬、お客様が引けた時に撮影したのですが、ひっきりなしにお客様がいらっしゃるんです!

その客層をウォッチングしていると、若い女子からサラリーマン、カップルまで、かなり幅広い!!

そして、純粋にうどんだけを楽しむ人、ガンガンハイボールを飲むグループと、様々・・・

昭和生まれのワタシにはある意味、新鮮というかイマドキの居酒屋ってそうなのか~と、考えさせられる

P1210650P1210651

と、色々考えてる風なこと書いてますが、まずは飲みます(笑)

お通しの漬物のほかに、1テーブルに1皿キャベツ

P1210652

そのまま食べるもよし、味噌マヨで食べるもよし、ソースで食べるもよし^^

このサービス、野菜が高騰していた冬の間もやっていたのかなぁ

 

P1210653

牛すじ煮込み

プルンプルンで濃厚=飲まさるヤツ

 

P1210657

串揚げはおまかせ10本で

立派なアスパラ!!得した気分^^

 

P1210659

餃子を頼もうとしたら、炊き餃子がオススメと言われたので、焼きと2つオーダー

ぐっつぐつの炊き餃子

P1210660

そして無造作に並ぶ焼き餃子(笑)

味が濃い目なので、個人的にも炊き餃子に一票!!

どちらも皮がもっちもちのプリップリ♪

 

P1210668

最近、よく見かける自家製ハイボール

風土さんにもありました^^

P1210669

この手のかわいらしいアルコールを飲むと、妙に恥ずかしい・・・^^;

 

お腹は十分満たされていたのですが、ここにきてうどんを食べないのはナンセンス

 

P1210670

ということで、オススメのカレーうどん

P1210672

に食べた時より、明らかに濃い!

これはのん兵衛のハートをわしづかみにする、ズルいやつですっ!!

 

P1210674

そして安定のかすうどん

麺は任せて、ダシだけゴクゴク飲んでしまいました^0^;

 

P1210676

そして先ほどのカレーうどん

残ったルーにライスオンするのが、定番だそうで・・・

すみません、さすがにワタシは食べられなかったけど、ご一緒した元気な女子がキレイに完食してくれました^0^;

 

朝6時まで営業している【かすうどん風土】

変な時間に小腹が空いたとき、ついフラリと寄ってしまいそうな自分が想像できて怖い・・・^0^;

 

 

 

4月18日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~焼鳥 とり福

4月18日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、昭和の匂い漂う松岡ビル地下にあります【焼鳥 とり福】さんです。4月で丸5年になるそうです。

P1210493

松岡ビルの地下のお店って、どこも常連さん以外はなんとなく入りにくい雰囲気が漂っているので(あくまで個人的感想です・・・)、正直、この場所にこんな焼鳥屋さんがあるのを全然知りませんでした^0^;

カウンター10席、テーブル席8席のこじんまりとしたお店ですが、カウンターが広いので、おひとり様にもちょうどいいお店♪

P1210508P1210498

地下鉄駅の出入り口がすぐだから、終電ギリギリまで飲んでいられる素敵なお店♪

 

 

P1210483

メニューはざっとこんな感じ

人気はおまかせ10本セットとのこと

ちなみに串は、冷凍ものは一切なし。毎日手打ちしているそうです。このほかにも、旬の一品料理などが、壁に貼られていました

P1210499

 

 

早速、秘伝のタレを付けた、豚串をいただいてみました!

P1210505

豚肉、すごく厚みがあります!そして脂身があまりないので、くどくない♪ちなみに豚肉は、肩ロースを使用しているそうです。

それにしてもこのタレ、すっごくクセになる!!

香りはかなり甘めなのに、食べるとちょっとピリッとするのです

その味付けがまた、のん兵衛にピッタリだったりします^0^

そんなわけで普段は塩派のワタシも、このタレなら食べたいと思いました^^

 

そして、個人的に日本酒のラインナップがまた、好みだったりします^^

P1210485

日本酒はその時によってラインナップが変わるそうです^^

P1210500

焼酎やサワーなどのアルコール類も揃っています^^

 

P1210504

以前、室蘭焼き鳥の男吉で働いていたという、本舘さん

基本的には一人なので、忙しい時間帯は黙々と焼き鳥を焼くことになりますが、遅い時間はカウンター越しに会話を楽しむお客様も多いそうです

平均すると、男性客の方が少し多いとのことでしたが、男性にウケるのが、何となく分かる気がします!(ワタシ、中身がオヤジなものでして、入った瞬間、心地良さを感じたものですから・・・^0^;)

 

 

 

食べらさる羊肉!!【極薄ラムしゃぶ専門 工藤羊肉店】

飲まさるという言葉はブログでもよく書きますが、“食べらさる”というお店は久しぶり!!

お店の名前は【極薄ラムしゃぶ専門 工藤羊肉店

0174f6572e75ae27186ee444d34cadc91f261e2516P1210596

最近、新店が続々オープンしてる、中)南5西5ジャパンランドビル7F

エレベーター下りて目の前、こちらののれんが目印

ソファ席の、落ち着いた雰囲気

P1210598

P1210594P1210606

席に着くと、おしぼりとスープ。このスープが胃袋にしみて、食欲をわかせます^^

まずは生ビールとハイボールで乾杯♪

 

P1210609

スープは最高級羅臼産昆布だし・みぞれだし・豆乳だし・坦々風だしから2種類選ぶ形です

お初なので、イチオシの昆布だしと、辛いもの好きにオススメの坦々風をセレクトしました^^

P1210631P1210632

極薄ラム肉はオーダーがが入ってからスライスしてくれます

P1210611

そうして運ばれてきたラム肉がこちら。なんと、見事な盛り!!

そして本当に薄~~~~い!!!

ちなみに手前のチョークの文字、ホタテの貝殻でできたチョークなので、もし口に入っても安心な素材を使用しています

P1210607

こちらは野菜盛り

 

P1210614

ラム肉は薄いので、あっという間に火が通ります

テーブルにあるポン酢に薬味を入れていただきます

ラム肉、あっという間に口の中で溶けてしまう食感!!臭みは全くないし、そしてポン酢が美味しい!!

そして、坦々風だし

思っていたより、しっかり辛い!!これはハマる~~~~

と、飲むのも忘れて食べるのに夢中になってしまいました^0^;

 

P1210621 P1210618

ポン酢も良いのですが、こちらのゴマもオススメ!そしてぜひ食べてもらいたいのが、工藤羊肉店のために特別に作ってもらっているという、虎杖浜の明太子!

坦々風だし同様、通常より辛めで、ゴマダレに少し入れて食べるのもオススメ♪

 

そしてもう一つ、絶対食べてもらいたいのが、つなぎ無しの生ラム100%のつみれ

P1210623P1210626

つなぎがないのですぐバラバラになってしまいますが、さっと湯通ししたのち、お玉ですくっていただきます

ラム肉が苦手な人にもおススメできる美味しさでした^^

 

こちらは新メニューの、ラムタン

P1210619

さっと湯がいた後、わさび醤油で味わったら最後・・・

やめられない・止まらない状態^0^;

日本酒プリーズ!!って感じでした~~

そんなのん兵衛のワタシをも黙らせる、究極の1杯がやってきました・・・

P1210629

生ラム丼 道産山わさび醤油添え

生ラムは2層になっています!!

普段、炭水化物は遠慮しているワタシも、もうどうにも止まらない・・・

食べすぎると涙目になる、山わさびが癖になる美味しさ!!

札幌~大通り方面で、ランチ営業の生ラム丼専門店やってほしいくらい!!

 

ということで、ほとんどアルコールに走らず、食べることに専念してしまった夜です^0^;

 

P1210634

ちなみにラム肉がより美味しく食べられる日本酒やワインも、色々揃ってました^^

工藤羊肉店のFBページはこちら

 

 

沼ノ端の飲まさるイタリアン♪【Regalo da Jfarm~レガーロ・ダ・Jファーム】

Jファームの見学後向かったのは、JR沼ノ端駅近くにある、【レガーロ・ダ・Jファーム

P1210294

沼ノ端という地名は知っていましたが、初めて来たかも・・・

新興住宅街なのかな?すごくキレイに整備された街でした^^

そこで、(特に夜になると)ひと際目立つ建物が、Regalo da Jfarm

P1210295P1210297

 

P1210247

札幌のお店を取材したとき、『苫小牧のお店もすごく素敵なんですよ』とは聞いていたのですが、その言葉通り、すごく居心地の良い空間でした^^

P1210246

失礼ながら、沼ノ端にこんなに素敵なイタリアンがあるとは・・・というのが、第一印象

 

P1210249P1210252

さっそく泡からいただきました^^

1品目に出てきたのはミネストローネ

さきほどのトマトが使われていて、甘みと酸味がしっかり味わえるスープ♪こういう美味しいスープを食べると、一気に食欲が増します!!

 

P1210256

イタリア産ブッラッティーナとキャビア Jファームのトマトとサフランのジュレ

なんだか食べるのがもったいない・・・

でも食べ始めると、一気に頬張りたくなってしまう・・・^0^;

トマトのジュレが、さすがにおいしかった!!

 

P1210258

滝川産の鴨胸肉のスモークとフォアグラのテリーヌ キンカンのマルメラータ

一瞬、キンカンがトマトかと思いました^0^;

間違いなく、ワインが進む一皿!

P1210265

真鯛とホタテのアクアパッツア

札幌店で食べた時も思いましたが、魚介の使い方がすごく上手!(苫小牧だから??)

じわ~っと体中に染み渡る美味しさなのです^^

 

P1210269

ホタルイカと茎ブロッコリーのスパゲッティ

出た~~

飲まさるパスタ!!!

のん兵衛なんでと伝えておいたので、量も控えめにしていただき、まさにいい塩梅のパスタでした^^

 

P1210275

フランス産モリーユ茸のニョッキ 黒トリュフがけ

さらに飲まさるやつが登場!

この香りは本当にズルいっ!!! ペロリとたいらげてしまいました^0^;

 

P1210281

仔羊のカツレツ Jファームのベビーリーフとトマトのサラダ

もうお腹がいっぱいでカツは厳しいかも・・・と思っていたのに、ビックリするほどくどくない、ラム肉のカツレツでした!

そしてトマトがやっぱりオイシイ♪

 

P1210283

コチラのお料理、 こんなパフォーマンスもあったり!!

各テーブルでも巨大なミルの登場に盛り上がり、お店の雰囲気もイイ感じでした^^

 

P1210299

カッサータ グレープフルーツとはるみオレンジのカンパリゼリー寄せ

大人のドルチェはワインにも合うので。お腹がいっぱいでも美味しく頂けちゃいます^^

 

何度も言いますが、ココは沼ノ端

一瞬、どこにいるのかわからなくなってしまいました^0^;

 

毎度のことですが、料理がおいしくて雰囲気が良いと、必然的に飲まさりますよね~

P1210261 P1210263

P1210280

沼ノ端なので、飲む人間としてはそう簡単には来れないけど、最近美味しいものを食べるためのJR旅も悪くないなぁ~と思い始めているので、そんな風に思ってくれる飲み仲間と、改めて訪れたい!!

 

P1210310P1210305

つい親心で応援したくなる、素直でカワイイスタッフたち^^

エスプレッソカップも可愛かった~♪

大満足な苫小牧遠征でした!!

 

 

 

 

 

 

 

広大な土地がある北海道だからこその栽培方法!~!【Jファーム】

先日こちらで紹介したRJ

一度、トマトを栽培している工場を見たいと思い、先日Jファームの苫小牧の工場へ行ってきました!

P1210199

苫小牧に行く前に、丘珠の直売所に立ち寄りました

 

P1210180

こちらの直売所は10:00~15:00までの営業で、年中無休とのこと!

P1210195

なので、いつでも高濃度トマトが購入できます^^

P1210187

トマトは2種類ありまして、試食も可能

早速2種類いただきましたが、やっぱりオイシイ・・・個人的には浅野のけっさくがスキでした^^

P1210181  P1210182

P1210183  P1210184

パッケージもサイズに合わせて色々ありまして、ギフトにもピッタリ

P1210194

このトマトを使用して作ったトマトジュースやトマトジャムもありました

P1210188

このトマトジュース、塩分は添加していないのですが、水耕栽培の際の栄養分がそのままジュースに生かされている感じで、程よく塩味を感じてバランスがすごく良くて美味しい!!

P1210190

ジャムは砂糖は添加していますが、凝縮したトマトの果実をそのまま食べている感じで、クラッカーにのせたら立派なおつまみとして出せる感じです^^

P1210201

もちろん、丘珠にも工場があります。1.6hだそうです!!

 

P1210240

と、ハウス内の見学自体は苫小牧の工場へ

場所はいわゆる苫東地区というところでして、まったくもって野菜を栽培しているような雰囲気ではありません

P1210214

そこに丘珠でも見た、高さ5.5mのハウスがずら~~~~~っと並んでおります。ちなみに2h!!

トマトの前に、ベビーリーフのハウスを見学

P1210218

ひ、広いっ!!!!

ハウスに入る前に、研修センターでVTRを見せてもらったのですが、小学生が見学した際『鏡に映っているのかと思った』と言っていた感想、まさにそう思いました~

P1210215

ちなみにベビーリーフの収穫は、茶摘みの時に使われている機械を使用しているそうです!

 

P1210225

そしてこちらが、トマト棟

P1210224

なんだか、ものすごく機械化されています!

ちなみに真ん中の作業台のレールになっているところに温水が流れているそうです。

P1210236

通年で栽培していますが、やはり季節によって収穫量や生育状況などは変わるそうで、その辺りはコンピューター管理しているそうです

P1210233

それにしてもオイシイ・・・

なってるの、全部食べたくなってしまいました^0^;

 

P1210222P1210239P1210242

Jファームのスマートアグリシステム、天然ガス・バイオマスボイラ・温泉熱をエネルギーにしているそうです。

この仕組みだと、農作物の栽培に不向きな土地でも、こうしてオイシイ野菜を生産することが出来るのですね!

 

同じ敷地内にはカフェもあります♪

P1210243P1210244

月~金の11:00~14:00(LO13:30)の営業で、Jファームのトマトやベビーリーフを使用したランチが味わえるそうです^^

P1210202

が、この日は日曜日でお休みでしたので、また機会を作ってお邪魔したいと思います^^

P1210206P1210207

と、店内で気になるものを発見!!

トマトのアクセサリー!!  カワイイ~^^

 

と、念願の工場見学が終わった後向かったのは、美味しいワインを飲みながらJファームのトマトが味わえる、沼ノ端のイタリアン・レガーロ・ダ・Jファームです♪    ・・・つづく

 

 

 

 

 

pageTop