札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『ジャンル』カテゴリーの投稿一覧

年々進化し続ける、味処高雄

P1660195

長年ブログを書いていると、時の流れを自分の目で確認出来るわけですが、先日一度行ってみたいという友人をお連れした平岸の名店・味処高雄の成長ぶりが本当にすごいなと、過去のブログと見比べて再認識

まぁ、もちろん自分の撮影の腕も最初はひどかったし、今のカメラは腕がそこまでなくても本当にキレイに写してくれるのですが^^;

でもやっぱり、器のセンスとか盛り付けも、格段に美しくなっていると思う!!

と、最初に載せたお料理は“ほっきとあん肝のなめろう”

ほっきをなめろうで食べたのは初めて!!

なんと、燗酒が進む味わいなんだ~~~

P1660185

ちなみにこの日のお通しは白菜とあさりの柚子風味

このお通しですでに飲まさる気満々だったのですが、最後まで素直に飲まさりました(笑)

P1660187

香箱蟹

蟹はやっぱり、人に剥いてもらったものを食べるのが一番美味しい(笑)

それにしても美しい・・・

P1660190

本マグロ

あぁ、また美しい

P1660199

弁天ガキ

塩味とプルプルの食感がたまらない

P1660200

鰻の白焼き

海苔もわさびも全部好き

P1660208

ゆり根とエビのかき揚げ

どうしてこんなにあっさりサクサクに揚げられるんだろう・・・

P1660209

自然薯の磯辺焼き

ホッとする~~~~

だけど、家庭の味とは違う上品さがある~~~

P1660213

友人がとにかく食べる人なので、後半はちょっとやり過ぎ感あり・・・^^;
(味も濃いめのが続いてしまった)

P1660216

P1660220

P1660224

ものすごく濃い蕎麦湯で喉をやけどしかける・・・^0^;

 

でもって個人的にすごく美味しいと感じたのが、実は漬物類なんです!!

P1660193

赤カブ

P1660211

葉わさび

P1660204

もろきゅう

どれも、ずっと食べていたくなるような、いい味付けなんです!!

でもって漬物がちゃんと美味しいと、満足度が一気に上がる気がするんです^^

P1660197 P1660206

P1660218

燗酒はお任せで

最初に本日のオススメ酒も飲んでいるから全部で4種!

 

このご時世なので早い時間からほぼ満席で、接客も大変そうでしたけど、これからも成長過程を見続けたいお店のひとつです

初・ブランチ札幌月寒で美人ランチ~oj珈琲×タニタカフェBRANCH札幌月寒店

P1660268

今月は出張がないこともあり気持ち的にちょっぴり余裕があるので、少しゆっくり目にランチを楽しみたいと、前々から気になっていたブランチ札幌月寒にある、【oj珈琲×タニタカフェ】に行ってきました^^

お目当ては、今月末までの限定で味わえる美人ランチ

先日のクロスホテルに続き2食目!

メニューは、“台湾まぜさくら美人そばケーキセット”

P1660278

この、さくら美人そば自体に、オリゴノール(ライチポリフェノール)がブレンドされています

他、代謝アップ食材を数種類使用しているみたいなのですが、説明書きがなかったので詳細分からず^^;

P1660270

どんぶりを横から見るとこんな感じなので、結構な量

そしてまずはひたすら混ぜます!

酢と辣油はお好みでと言われたので、一口食べてみた後、たっぷり目に入れました^^

辛いのが苦手な方は、そのまま食べれば台湾まぜそばではなく、普通のお蕎麦としても味わえる感じ

にしてもやっぱり食べ応え満点~

男性でも満足できる量かと!!

P1660282

さらに、食後のデザート&コーヒー付き!

美人ランチにしてはボリュームがありすぎるかなとも思ったのですが、この時期、栄養付けておくことも大事かも!!と、最後まで美味しくいただきました^^

こちらの美人ランチは、oj珈琲 琴似店・新琴似店でも同じメニューが味わえます!

01dc229a1e1ad531598194738a1cb3e62a37cbd431

それにしても居心地の良い空間で、ゆったりとした気持ちで美味しいコーヒーを堪能できました^^

01557fd0c29469e895f483438c804bc35e206fd403

が、初めてブランチ札幌月寒に行ったので、どこから入るのか少々迷いました^0^;

おまけ

P1660284

砂糖の入れ物がカフェ的じゃないところが、妙に気になって思わず撮影

カフェだけど、お蕎麦屋さんだからのこだわりなのかな(笑)

 

CASBAで安ウマワインペアリング♪

0136bd5de458d941a4a268606949dede97809258c901745d2f1c27a71b90af57ca43cc1d75ff2d0c05d0

先日、南郷13丁目駅1番出口からすぐのところにある、【CASBA】というイタリアンへ

教えてもらわなければなかなか足を運ばない地域、それだけでワクワクしちゃいます♪

01bfa895bd97f48d8152b8b05126f538e802be1ea4

ドアを開けると、南郷13丁目とは思えない雰囲気(相当失礼な意見ですが・・・^^;)

0105fbd2e64705321be791d8af06208b327dd65ef6

そして思っていた以上に広い! そして感染対策もばっちり!!

どちらの席でも良いですよと言われたら、迷わずカウンターに座ります^^

P1660143P1660144

まずは泡を1杯

お通しは南瓜、そしてゆり根の炭火焼きをいただく

これで生ビールだったら、完全に居酒屋モード(笑)

 

と、実はこの日は、お手頃ワインを数本持ち込ませていただいての、ペアリング検証的な飲み会でした

P1660147

こちらは定番メニューの一皿、フォアグラテリーヌのキャラメリゼ

この甘さ、ハマります!

そしてちょっと疲れた身体に沁みます!

P1660150

こちらのチリワインに合わせてみました

もともと味のバランスが良くて、万人受けする味だとは思うのですが、ちょっとリッチな味わいになります^^

P1660152

こちらは旬のメニュー、カキグラタン

カキの下にちょこっと米が入っているのがなんか嬉しい^^

P1660156

こちらも定番メニュー、仔羊の香草焼き

もともと仔羊大好きですが、この焼き加減とてもイイ!

P1660159

これはもちろん、赤を開けます♪

先ほどのチリワインの赤

ジューシーで白同様、バランス良いです!

P1660162

そしてこちらの南アフリカのワインも♪

しばらくニューワールドのワインを飲んでいませんでしたが、前よりすごく落ち着いた感があります。

飲んでいて安心できる味^^ =のまさっちゃうんですが・・・^0^:

P1660163

それにしても、お料理何をオーダーしてもハズレ無し

P1660168

お腹は結構いっぱいだったのですが、ココのピッツアは食べておいた方が良いと言われまして、素直にいただきました^0^

焼き加減が美しい~~

頼んでよかった♪

P1660174

実はデザートも力入れているんですよという話を聞いたら、頼まないわけにはいきません!!

カッサータ!!

P1660172P1660176

実はワインの後にこちらのハイボールをいただいていたのですが、迷わずストレートでもいただいちゃいました^0^;

P1660180

でもって、〆はウニクム!!

P1660142

最初にこのメニューをチェックして、ウニクムは絶対飲むぞと、心に誓っておりました(笑)

 

ハッ!!

途中からペアリング検証以上に飲んでるの、バレバレだ(;’∀’)

それにしても居心地の良いお店でした!

※ちなみにチリワイン・アンデシータは近日入荷予定とのこと!

 

贈り物の本当のカタチ~贈って北海道

P1660064

先日、【贈って北海道】という、ネットサイトの試食会に足を運んできました。

食の宝庫・北海道

その中でもひときわ食材や製法にこだわった食品だけを厳選し、本当に美味しいものだけをお届けしたい・・・

P1660086

そのコンセプトに沿った商品たちを、まずは味わってみてもらいたいということで開かれた試食会だったのですが、“果実倶楽部818”の料理長が、加工品にひと手間加えたりと、見た目も美しく提供していただきました^^

 

P1660068P1660056

まずはノースアイランドビールの“ヴァイツェン”で乾杯

時々工場まで買いに行くほど、個人的にも大好きなビールですが、この江別産はるゆたか(小麦)を使ったヴァイツェンは特に大好き!

ほっこりするというか、小麦の風味がすごく優しいのです^^

これからの季節にもピッタリなビールだと思います♪

P1660073

最初に運ばれてきたのはシャルキュトリー2種盛

P1660052

このシャルキュトリーは、以前こちらでも紹介したことのある、【La Boucherie 29】~ラ ブーシュリー ヴァンヌフのもの

さすがは肉屋が作ったシャルキュトリー!

少量を一口味わってだけでも、存在感あります^0^

P1660077

フレッシュチーズの盛り合わせ

P1660075

こちらは今や北海道を代表するチーズといっても過言ではない、“ファットリアビオ北海道”のチーズたち

何度食べてもやっぱり美味しい~

P1660078

果実倶楽部ならではな、フルーツ和えも、チーズがフレッシュだからより美味しいのです♪

 

P1660085

ソーセージのグリル

P1660050P1660080

こちらは“あいすの家”の商品

このソーセージ、余市の北島農場の麦豚を使用していたの、今回初めて知りました!

スパイスが入ると麦豚の美味しさが若干隠れちゃうのでもったいないと、山口社長がおっしゃっていましたが、そんなことありません!

やっぱりいい豚肉を使えば、間違いなく美味しさは倍増します^^

豚肉の甘味をじんわり味わえる、ちゃんと美味しいソーセージ♪

 

P1660088

ホッケの開きオイル漬けサラダ仕立て&サンマの開きトマト煮

P1660090

ある意味、今回一番記憶に残った2皿!

P1660110

だって商品、こちらですよ!

私が魚の開きを購入したら、間違いなくそのまま焼いて食べるしか考えませんっ^0^;

まさかホッケがサラダになるなんて・・・

そしてこちらの商品は、シハチ鮮魚店のもの

実は個人的に、近所の魚屋さんとしてよく利用しています^^

魚はもちろん、魚介類のお惣菜も豊富で、忙しい時の手抜きご飯としてかなり重宝しています^^

 

P1660095

2種のピッツアとパンチェッタパスタ

P1660060

こちらは、ラ・ジョストラの商品

食材は北海道の食材を中心に使用し、季節野菜には安平町にある減農薬栽培の自社の畑で栽培した野菜を使用しているそうです^^

トマトの味が濃くて、満足度高い!

ピッツアも冷凍ということを忘れてしまう味わいでした

 

P1660099

薪・炭仕立てのベーコンのステーキ リンゴのソテーを添えて

P1660058

こちらも北海道を代表する商品といっても過言ではない、北広島・エーデルワイスファームのベーコン

リンゴのソテーを添えると、さらに豪華になりますっ!!

すでにお腹はパンパンだったのですが、このベーコンは残すわけにいかないと、すごい勢いでパクつきました(笑)

 

P1660105 P1660054

デザートは、甘さ控えめな、コーヒーの味わいをじかに楽しめるティラミス

森彦のリキッドコーヒーを使用しています!

なるほど!リキッド珈琲ってこんな風に使うことも出来るんだ~

と、今回はアイデアもたくさんもらえた試食会となりました^^

 

昔から社交辞令という風習が苦手で、お中元やお歳暮なんかもとりあえず形だけ~というのがどうもしっくりこなくて好きではなかったのですが、

 本当に贈りたいものを贈ったときのシアワセ感

 相手の想いが伝わるものを受け取った時の喜び

この2つの気持ちを体感した時、贈り物って素敵な行為だなぁと心底思いました^^

贈って北海道で扱っている商品は、まさに北海道在住の私たちが自慢できる商品が揃ったサイトなんだなぁと思いました!

商品ラインナップはこれからも増える予定とのこと。

そして、こんなキャンペーンもやっているそうですよ

bonus_banner_01 bonus_banner_02

 

驚きの再会~弐ノ蔵

P1650900

元、葡萄酒倉庫の場所に、【弐ノ蔵】が先月10月8日にオープン

お寿司好きの方ならピンとくるかと思いますが、あの変態鮨【鮨ノ蔵】の2号店的存在

そして私の中ではまさかの組み合わせでした!!

P1650841 P1650810

カウンターに立つのは、以前こちらの特集でご紹介したことのある、おたる千成の釜石一男さん

小樽のお店をお辞めになって旅立つことを聞いてはいたのですが、まさかまさかの円山での再会!!

何でも釜石さんは以前から鮨ノ蔵のファンで、井川さんのストーカーだったとか(笑)

色々なご縁があり、この場所で弐ノ蔵の大将としてお寿司を握ることになったそうです

※ちなみに、普段井川さんはこちらにおりません

012d6292516e03a45f44770021b95295f544c2a2a4

小樽でお会いした時よりより女将な雰囲気になっていた奥様

笑顔が相変わらず、ステキです♪

弐ノ蔵はカウンター5席のみで、18:00~と20:30~の2部制

P1650811

まずはナチュールの泡で喉を潤します

噂によると、葡萄酒倉庫時代の秘蔵のワインなんかも色々あるそうです^^

P1650812

1皿目は蕪のすり流し

優しい旨味で、一気に胃袋活性化!!

それにしても映えるライティングです^^

P1650815

目の前でかつおと山わさびをすりおろしていた、おひたし

P1650816 

辛みも香りも抜群で、シアワセな一皿

P1650818

日本酒の進むつまみが続きます!

お皿もいちいちカワイイ♪

P1650821

ここで、見覚えのあるお皿がやってきました!

P1650825

鮨ノ蔵のスペシャリテ、冷たいタチのフライ

安定の美味しさ(≧▽≦)

P1650827

さらにきました!鮨ノ蔵のカズチー!!

もう、日本酒が止まりません~~~

P1650837

ここで出てきたのが、ガリならぬガリフラワー!

鮨ノ蔵ではガリは出さないけど、弐ノ蔵ではガリを出そうと思い、さらに一工夫してカリフラワーをガリに見立ててお出しすることにしたそうです!

これがまた、美味しいんです(≧▽≦)

P1650838P1650839

またまた美しい器が・・・

普通のなめこ汁と思いきや、濃厚な魚の出汁!!

もう、ワクワクしっぱなし♪

でもって、握りの一貫目がまた素晴らしかった

P1650844P1650847

ねぎまに見立てたという握りに使用しているのは江戸時代の小皿

その演出にさらにワクワク!!

そして、美しい握りが食べるスピードに合わせて次々と・・・

P1650852P1650854P1650858P1650859P1650862P1650864P1650871P1650873P1650876 

P1650879

個人的に、このくらいのサイズで食べるウニが一番スキ♪

P1650884P1650887

最後はトロ巻を手渡しで^^

それにしても釜石さん、楽しそう♪

何だかこちらまで和みます~

P1650820P1650831

P1650869

そんなわけで、つい、日本酒も飲まさってしまいました^0^;

こちらで終わりかと思いきや、実はもう一つの“カズチー”があるんですとのこと!

P1650894

“一男が作ったチーズケーキ=カズチー”だそうです(笑)

水だし珈琲もセットで出てきて、寿司屋らしからぬ〆!

 

P1650904

完全予約制・おまかせコースのみのお寿司屋さんとなると、少々入りにくい印象を持ってしまいがちですが、釜石夫妻の明るさがその不安を取り除いてくれるようなあったか~い雰囲気で、個人的には理想のお寿司屋さんでした!!

また行けるよう、仕事頑張ろう^0^

pageTop