札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『癒し』カテゴリーの投稿一覧

三味線の奥深さを知った夜~イルピーノ&北堂@狸COMICHI

0195d87107f34ac529ae89de052dda9a64a8c0e99d

先日イルピーノさんで行われた、【Musica in ILPINO】というイベントにお声がけいただき、参戦

写真は奏者のこうの紫さんと山本ゆきのさん、そして急きょお二人と演奏したバイオリン奏者の杉田知子さん

三味線は聞いたことがあっても、その歴史や世界観は全く知らなかったのですが、初心者でも楽しめる構成にしていただき、しかも会場が飲食店と言う、手の届く距離でのLIVEということで、一曲目から魅了されまくり!!

yukari_no_kai6_omote2

実はこうの紫さんのライブが前日にあったのですが、あっという間に完売してしまったそうで、有志の方の声がけでイルピーノさんで行うことになったそうです^^

P1011505

小唄、端唄、都都逸、日本民謡はもとより、カルメンやロシア民謡まで!!

あ、この曲知ってる!というメジャーな曲も、三味線で聞くとすごく新鮮で、しかも全く違和感がない!!

さらに杉田知子さんと即興でソーラン節を演奏して下さったのですが、その場で合わせたとは思えないハーモニーを奏でてくださいまして、手拍子を忘れてしまうほど聞き入ってしまいました(≧▽≦)

以前、口琴の歴史を聞いた時も思ったのですが、弦楽器は世界中に様々なものがあって、それぞれの文化があるのに、交易をしていない時代から驚くほど融合する点があったりする不思議な世界なんですよね

もっと深く、歴史背景を知りたくなってしまいました(≧▽≦)

P1011504

いつもステキな音楽を聴くときは、アルコールを少し味わいながらの方が、より盛り上がると思っているほうなので、こんな風に飲食店で行ってくれるLIVEは本当に嬉しい!

P1011514

もちろん演奏中はいったん提供が止まりますが、休憩タイムにお替りのドリンクをいただき、演奏が終わった後にゆっくり食事を楽しむ流れ^^

P1011518

イルピーノさんはイタリアンではありますが、今宵は三味線と言う世界観に合わせて、お料理を用意されたそうです^^

P1011522

この他にご飯もデザートも付いていたので、個人的にはボリューミー過ぎましたが、こんなスタイルのLIVEが、札幌でも日常になると良いなぁ^^

 

と、興奮冷めやらぬ状況で、時間はまだ21時前!このまま帰るわけにはいかないっ

そんなわけで、2次会へ(笑)

01ddd3bbb7c49c01bab8a6300ddce6fb289fa00119

2次会会場は前回行きそびれていた、【蝦夷前そばと豚丼 北堂 狸COMICHI店】さん!

行きたかったお店だったので、こちらでもさらに興奮気味(笑)

017fb74b3cbb2d8002bc56b96014828db718c06401 019417bfc33877d09bdf7d7c31f1e40956eaefd3ae

北堂さんは、豚丼とお蕎麦のお店ではありますが、のん兵衛が喜ぶ“そば前”や晩酌セットもあるので、2次会にもピッタリ!

P1011545

特に、日本酒1杯と板わさのセット(600円)はオススメ!!

全国で練り物の取材をさせていただくうちに練り物好きになったのですが、ちゃんと美味しいのしか食べたくない(笑)

そしたらこちら、無添加で特別に作ってもらってるというではありませんか!!

しかも、わさびは山わさび♪

これは飲まさるっ(≧▽≦)

P1011551

他にもこんなアテの盛合わせがあったり

P1011540

事前にお願いすれば、こんな豪華な刺し盛りも!!

というのも、斜め向かいにある【炉ばた・燻製 炉~あぺおい】がグループ店で、こちらのメニューもオーダー可能なのです^^

P1011543 P1011548

日本酒は道産酒も揃っているので、本州からの客人を連れているのにもピッタリ!
※道産酒以外もありました^^

P1011552

肝心の蕎麦の方はと言いますと、太麺も細麺もありまして、2種盛も出来るようです

さすがにお腹いっぱいだったので、太麺を一口だけ頂きました(しかも塩お願いして)

P1011561

隣からは、お出汁と磯の香りが漂ってきてめちゃくちゃ誘惑されまくり(笑)

P1011557

ちなみに“抜き”もオーダー可能になったのと事なので、次回はこちらをアテに飲もうと思います(≧▽≦)

 

01f88a1384001b5037f1acc23e4449273c9d47b521

ちなみに写真左手にいらっしゃるのは、額に入っているポスターを制作された、版画家の小林大さん

小林さんから、【第96回 道展】の招待券までいただいてしまいました♪

いい出会いがたくさんあった夜です^^

La Fête des Vignerons à YOICHI 2022~ラ・フェトデ・ヴィニュロン・ア・余市 の記録

P1000798

9月4日(日)、3年ぶりに開催された【La Fête des Vignerons à YOICHI 2022~ラ・フェトデ・ヴィニュロン・ア・余市】

詳細レポートはSitakkeでアップさせていただきましたが、載せきれなかった画像も含めて、今回飲んだワインを備忘録的にアップ!

 

●1ブース目 ドメーヌユイで3杯

ワイン1

ワイン2

ワイン3

 

●2ブース目 ル・レーヴ・ワイナリーで1杯

ワイン4

 

●3ブース目 リタファーム&ワイナリーで2杯

ワイン5

ワイン6

 

●4ブース目 山田堂管理農園で3杯

ワイン7

ワイン8

 

ワイン9

 

●5ブース目 MARUMEGANEで2杯

ワイン10

ワイン11

 

●6ブース目 ドメーヌ・ICHIで2杯

ワイン12

ワイン13

 

●7ブース目 ドメーヌ タカヒコで2杯 

ワイン14

ワイン15

 

●8ブース目 ドメーヌ アツシ スズキで1杯

ワイン16

 

●9ブース目 Misono Vineyardで1杯

ワイン17

 

●10ブース目 Cave d’Eclatで1杯 

ワイン18

 

●11ブース目 木村農園で1杯

ワイン19

 

●12ブース目 ドメーヌ モン&長谷川ヴィンヤード で1杯(ピンぼけ・・・)

ワイン20

 

●13ブース目 藤澤農園で3杯

ワイン21

ワイン22

 

ワイン23

 

●14ブース目 ランセッカ/ソウマファームヴィンヤードで2杯

ワイン24 

ワイン25

 

●15ブース目 中井観光農園で1杯

ワイン26

 

 

●16ブース目 ル・レーヴ・ワイナリーに戻って1杯

ワイン27

あれ?ずっと26杯だと思っていたけど、27杯だったかも(笑)

 

P1000994

“幸”という文字を眺めながら、幸せな気持ちで締めくくりました(≧▽≦)

 

やっぱりハワイは人を幸せにする【アロ!ハワイ!モール】By大丸札幌店7階催事場

P1001075

9月7日(水)から12日(月)まで、大丸札幌店7階催事場で開催されている【アロ!ハワイ!モール

コロナ禍前に行った最後の海外旅行がハワイだったこともあり、気になりすぎて足を運んできました

そしたら会場にいるだけで癒されまして、改めてハワイってパワーがある!!って思ってしまったので、ご紹介させていただきます(≧▽≦)

P1001054

何度も足を運んでいる催事場なのに、なんだかいつもより明るくて開放的!

P1001056

会場に足を踏み入れた途端、ハワイのショッピングモールに行く気分になってしまったのです!

P1001061

ココナッツオイルの甘い香りがそういう気分にさせてくれるのかなぁ^^

P1001057

どの商品を見ても、ハワイ~~って気分になって、自然と顔がにやけてきちゃいます♪

P1001077

どれもこれも気になる!!

P1001063

ハワイの雑貨って、こんなにも気分を明るくしてくれるものなんだなぁと、改めて実感

P1001065

平日の午前中なのに、レジにはお客様の列が!

皆さんが何を購入されたのか、リサーチしたかったなぁ^^

P1001067

雑貨だでなく、ハワイアンフードも販売中

こちらは北海道初上陸の【パイオニアサルーン】

P1001085

現地で働いているスタッフさんがその場でガーリックシュリンプを作ってくれます

P1001090

ケイジャンパウダーかなりたっぷり!!

P1001098

こんな感じで、ライスとサラダ付きのボックスセットで提供(こちらはMサイズ)

P1001078

ちょうど裏手に飲食ブースが用意されているので、その場で食べることもできるのですが、何せビールが恋しくなるスパイシーな味なので、個人的にはテイクアウトして、ビールを準備してから食べることをお勧めします!!!

P1001080

のん兵衛的に嬉しい単品もあり!!(笑)

P1001068

そしてこちらは、ハワイで21年連続ベストバーガー賞を受賞しているという【TEDDY’S BIGGER BURGERS】

P1001094

個人的にハンバーガーにはあまり興味がないまま大人になりまして、自ら食べることはあまりなかったのですが、こちらこちらのハンバーガーを食べてから、だいぶ認識が変わり、バンズとパテの相性などハンバーガーの奥深さを知ることになったわけですが、今回いただいた、TEDDY’Sのプレミアムチェダーチーズバーガーは、まさに“理想のバランスバーガー”って感じだったのです!!

見た目も中身も至ってスタンダードに見えるのですが、一口食べると “ん???” って感じで、思考が止まるのです

なんだろう、なんでこんなにまとまった味なんだ・・・

ちょっと大げさに聞こえるかもしれないけど、この感覚味わってほしいなぁ~

でもって、付け合わせのポテトの塩梅が絶妙!!

あぁ、こちらもやっぱりウーロン茶でもコーラでもなくビールが必要!でもって出来ればハワイのビールで!!

と、何度も声に出しておりました^0^;

P1001069

会場内ではレナーズのマラサダも販売中ですが、こちらは行列必須

P1001071

そして、ホノルルクッキーカンパニーはすでにWEB予約で完売してしまったそうです(;’∀’)

P1001059

事前予約で参加出来るワークショップコーナー

P1001058

まだ若干、空いている回がありそうです

詳しくはこちら

P1001079

↑個人的に気になった子たち(笑)

 

【アロ!ハワイ!モール】は大丸札幌店7階催事場で9月12日(月)まで開催中!!
※最終日は17時まで

 

あぁ、またハワイに行きたいっっ(≧▽≦)

P1270891

見逃してはいけない【国宝・法隆寺展】By北海道立近代美術館

P1000702

9月3日(土)から10月30日(日)まで、北海道立近代美術館で開催されている国宝・法隆寺展

開催前日の2日(金)夜に行われた開催セレモニーに足を運んできましたので、レポートさせていただきます!

個人的に聖徳太子好き(山岸涼子さんの日出処の天子の影響が強いけど)なこともあり、かなり期待値高めで向かいました

P1000703

聖徳太子が亡くなって1400年、そして主催の北海道新聞社80周年と言う節目の展覧会だけあって、力の入れ具合が、会場の雰囲気から伝わってきます

P1000717

まず、展示室の照明がいつもと全然違います!!

先日、エジプト展を見たばかりなので本当に同じ空間なのかと思うほど別の空間

そして写真が、絶対に見逃してはいけない【聖徳太子および侍者像】

P1000721

こちらの像は普段、法隆寺聖霊院にあり、法隆寺に行っても拝観することができない像

観られたとしても、法隆寺では画像のような形で置かれているので、後ろ姿を拝観することはできないのです(興奮!!)

ですので、【国宝・法隆寺展】を開催している北海道立近代美術館でしか観ることが出来ないわけなのですっ

P1000724

この、聖徳太子像の背面のベルトの部分の『鬼神』があらわされているところなどは、本当に間近で見ることが出来ます!

P1000725

その説明を聞いてかなり、興奮気味に近寄って見つめていたら、北海道新聞にバッチリ写ってしまったという・・・^^;

P1000734

そしてもう一つの見逃してはいけない像がこちら

【菩薩半跏思惟像】

今回、中宮寺の門跡 日野西 光尊(ひのにしこうそん)師も来札されてご挨拶されたのですが、本尊様が中宮寺にいらっしゃらないのはとても寂しいのですが・・・と何度もおっしゃっていたのが印象的でした

それくらい、そこに佇んでいるだけですべてを受け止めてくれるようなオーラが漂っていました・・・

こちらも後姿を見られるのは稀なのです!

と、正面の写真はあえて載せません

ぜひ、会場で慈愛に満ちた微笑みを鑑賞してください^^

聖徳太子像も菩薩半跏思惟像も、5分で良いので出来れば貸切でその空間事堪能したい・・・

P1000706

もちろんこのほかにも、多くの国宝と重要文化財(前後期合わせて約40件)がありますので、観覧時間は長めにとって行かれた方が良いかと思います

P1000701

写真は法隆寺管長の古谷正覚氏

普段見ることの出来ない聖徳太子像を眺めていただき、聖徳太子がずっと願っていた『平和』な世の中を造るという想いを感じてもらえたらとおっしゃっていました・・・

会期中、一部作品が入れ替わりますので、10月2日(日)までに1回、そして10月4日(火)以降にもう1回と、咲いて2回は置かれることをお勧めいたします!!

※毎週月曜日は休館、祝日の場合は開館で、翌火曜が休館

 

ウニと海だけじゃなかった【積丹課外授業】の思い出~SHAKOTAN海森計画

345809

少し前の話しになりますが、夏休み期間中に小6男子の息子と一緒に参加した、【第2回ウニの学校】に参加した時のことを綴ります♪

P1890172

早朝に自宅を出て、自家用車で積丹町にある『B&C海洋センター』へ

そこで受付を済ませた後、歩いてすぐの場所にある“美国川”へ向かいます

朝から夏の日差しがジリジリと降り注ぐ青天で、川面がキラキラして、その景色を眺めるだけですでに癒される^^

P1890169

ここで最初の体験プログラムである、“川遊び”が始まりました

川の中には色んな水生昆虫が生息しているので、みんなでそれを見つけようという企画です

その前に、川遊びの約束事を確認

夏になると必ず悲しい水難事故がありますが、こうしてしっかりと危険性を伝えることも大切ですよね。特に都会に住んでいると、自然と戯れること自体が少ないので、私自身も勉強になります・・・

P1890173

どんな水生昆虫が生息しているのかも教えてもらった後、早速スタート!

最初は川に入るのも恐る恐るでしたが、いざ入るとかなり気持ち良かったようで、あっという間に水生昆虫を探すモードに

P1890175

お借りした水中眼鏡と網を持って、石の影を探索

ちなみに石をひっくり返すと、たいてい小さな水生昆虫がいます

最初は息子が探している様子を撮影したり、眺めていただけだったのですが、その場にいると探したくなるものなのですね・・・気が付けば石をひっくり返して、誰よりも真剣に探していました(笑)

虫はどちらかと言うと苦手です・・・が、なぜか水生昆虫は触れるのです(笑)

P1890179

水生昆虫だけでなく、こんな小さな魚にも出会えましたよ!

こちらは“かじか”の幼魚

それにしても夢中になると時間が経つのが早い!

あっという間に終了予定時刻が来てしまい、その場にいた全員が名残惜しそうに美国川を後にしました・・・

ちなみに積丹町には他に、積丹川・余別川などもあるのですが、こちらは保護水面となっているので、足を踏み入れることはできないそうで、美国川だけが唯一入っても大丈夫な川なのだそうです

そういう知識もこの年にして初めて知る・・・^^;

 

P1890185

川遊びを終えて向かったのは、【岬の湯しゃこたん

018dd587aa0dbd2359f63043197d511cc39b9e0f42

以前は団体客用だった部屋の前のこちらのスペースを、今回のベースキャンプ地として利用したのですが、ここでお昼ごはんタイム

※実は途中からデジカメの調子が悪くなり、色々慌てて撮ったりしていたら、ブレた画像しかなかった・・・( ;∀;)

P1890190

事前に準備して下さっていたカレーを自分でよそって頂きました^^

こういう課外活動とかで食べるカレーって、いつもの10倍は美味しく感じますよね~

息子は調子に乗って大盛りをお替りして、流石に2杯目はギブアップしてワタシが少し食べるの手伝いました^^;

お腹が満たされたところで、次は森遊びタイム♪

P1890193

岬の湯しゃこたんから車で札幌方面に少し戻って、山道を上がった場所にある“たんたん山”

積丹グリーンという任意団体が管理している約21hの森で、森田さんと運野さんが“先生”として、森のことを教えてくれました^^

P1890203

まずはこの辺りに映えている木々の種類を教わりました

パッと見で分かるのは白樺と桜、松くらいかな?^^;

P1890209

言われればそうだった!と思うのですが、すぐには名称が出てこない・・・

そしたらこんな素晴らしいキッドが!!

形は本物の葉と同じとのことで、これは北海道の小学校全部に置いておいたらいいと思う!!

P1890204

そして、木によって重さが違う事や、アイスの棒は何の気で作られているかとか、この巨大は実は何でしょうか?なんて、子どもより大人の方が身を乗り出して聞いてしまうことをたくさん教えていただきました^^

P1890200

広場から少し降りたところには、小さな川があります

実は“たんたん山”というのは、水が流れる場所と言う意味のたんたん、積丹の“たん”などから名付けたそうですよ

この辺りの川も保護水面ですので、足を踏み入れては行けません

近くで眺めるだけ

P1890201

と言われて、ギリギリまで来てとどまる息子

それにしても癒される空間!!確実にマイナスイオン効果ですね^^

でも、この辺りは熊だって生息していますので、人間の存在を知らせるべく、音を鳴らすための缶が吊るされていたりするのです

P1890195

熊の足跡ではないですが、エゾシカの足跡を発見!

探索の間、子どもたちの表情がワクワクしっぱなしでした^^

P1890210

さらに目をキラキラさせて夢中になっていたのが、スラックラインとブランコ

P1890214

自宅にいると公園にも行かず、ゲームばかりしている息子も、親が思っていた以上に楽しんでいました

積丹グリーンさんのブログを見ると、スラックラインは急きょ準備したとのことでしたが、大成功でしたね^^

P1890216

森に癒されたあとは、今回のテーマでもあります、“学び”の時間です!

模造紙を広げて、皮で麻奈bbだこと・森で学んだことを書いていきます

飾りつけ用の小枝や葉っぱも準備されていて、これがまた、子どもも親も予想以上に夢中になる時間!

実は最近の小学校は自由研究を提出する義務がないので、今日作ったものはお披露目できない・・・というオチがついてはしまったのですが、思い出としてはしっかり焼き付き、かなりの学びにもなったので、結果オーライ♪

 

P1890218

学びが終わったら、次は晩ご飯タイム♪

すでに炭が準備され、野菜やお肉がジュージュー焼けていきます

P1890230

ワタシのお楽しみはもっぱらこちら!

敷地のお隣の積丹スピリットさんで造られている、ジン♪

いつかこの場所で飲みたい!と思っていた夢がかなった瞬間です^^

P1890237

気が付けばあたりは真っ暗

焚き火を囲んで、子どもたちは焼きマシュマロを

そして大人は飲む(笑)

P1890243

朝も炭をおこしてくれまして、ホットサンドで朝ごパン♪

P1890249

朝ごはんを食べる羊たちを眺めながら味わうなんて、実に清々しいモーニング^^

片付けが終わった後は、帰る前にもうひと学び!

P1890262

美国の方にある、“海森スタジオ”で、ウニ博士からウニについて学びます!

013ca0f6dbaa5ea6c45e9670eb9b38888c92e8b09d

積丹町のウニのこと、そしてウニが生育するのに大切なことはなどを学び、最後に検定試験がスタート

01158789a71f8807101451f05588ca698ff9efd534

見事、ウニ博士に認定されました!!

ウニが育つためにはキレイな海が必要

だから、海の源となる山と川も美しくなければなりません

2日間で海・川・山のことをすべて勉強できました^^

01c8f1a40008801a82358b964456e64ed3c9fcaa43

それからウニの殻で“ウニランタン”も作りました

016ae77615bbc3565ddd78dd70df810cc4835f9f27

ホントは子どもたちだけの予定だったのが、大人も作りたいということで、急きょ全員参加

最後まで、子ども以上に親が楽しんでいたかも(笑)

ここで無事に終了し、最後に海森スタジオの向かいにある、“ヤマシメ番屋”に立ち寄りました

0116f011b5c0b46c5162f6486296ba1045f809d007

01e4f9dbf71063bc878fa094190c32c5d46226fbff

明治時代の生活が分かる、レトロカフェ

01ff0582a6a24b7c8bfc6c20a6aee606adbecd093c

急に日差しが強くなり、喉がカラカラだったので積丹ブルーソーダをいただきました^^

014efa260a741a19ab1c15b0291646477690fc30be

実は夕日も積丹ブルーも見れなかったし、ウニも食べていないけど、そんなことは全く気にならないくらい心が満たされた2日間となりました^^

 

積丹町は、実は80%が山林

そしてウニのシーズンより、秋冬が長い

そんな積丹町の持続可能なことを見つけるべく、今後も様々な企画が予定されているんですよ!

ちなみに次は神威岬ナイトハイク&朝SUP

こちらは中学生以上が対象とのことですが、かなりレアなツアーかと思いますっ

 

 

 

01ea69c622f4b3b769c78201faedca3ddf1fbce633

帰り道は、積丹ブルーに負けないキレイな海を眺めることが出来ました^^

そして帰宅後・・・

01ce466c65b5aa99869b508716c7474a7bb8e6eb35

ウニランタンに、期待以上に癒されました~~~(≧▽≦)

pageTop