札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『癒し』カテゴリーの投稿一覧

さらに進化していたニセコ その1~ニセコ蒸留所

013045ca304b2cab9ef12f97d1629bc5f2f6e24384

進化し続けるニセコ】のブログを綴ったのは2018年

昨年から新型コロナウイルスの影響で、インバウンド需要がストップしてしまい、現在のニセコがどうなっているのか純粋に気になっていました

そんな中、いつも様々な食の情報を届けてくれる友人に誘われ、先日1泊2日でニセコ研修旅行へ

あまりに内容の濃い2日間で、写真と情報の整理が追いついておりませんが、まずは2021年10月1日(金)にグランドオープンする【ニセコ蒸留所】をご紹介します!

ニセコ蒸留所19

こちらがニセコ蒸留所

P1770355

全員、初めて行く場所なので無事にたどり着けるかかなり不安だったのですが、グーグルマップを頼りに森の中を車を走らせていたところ、こちらの看板を見つけました!

その看板の横の坂道を登りきったところに、美しい建物が現れたので、しばし口を開けて眺めてしまいました

こちらは2020年12月に完成したそうです

P1770302

このサインを見ただけでワクワクが止まらなかったのに、さらに進んでいくとこんな素敵な看板が!

P1770303

さらに奥を覗くと、とてつもなく素敵な空間が広がっていました!!

ニセコ蒸留所33

入口からは想像できない、天井の高さ!!

ふんだんに使用されているのは地元のカラマツ

ニセコ蒸留所22

左手には2台のポットスチル

ニセコ蒸留所9

右手の大きな窓からは、緑と白い砂利が美しい庭が目に飛び込んできます(写真は外から撮った図)

ニセコ蒸留所3

グランドオープンに向けて絶賛作業中でしたが、組み木のカウンターもステキ過ぎます(≧▽≦)

ニセコ蒸留所7

そしてこちらのショーケースに目を向けると・・・

P1770317

P1770305

P1770306

P1770307

P1770312

見たら全部買いたくなってしまうような道具や器がズラリと並んでいます!!

『外国人観光客が多く訪れる立地を活かし、酒類に加えて日本の伝統技術や職人技を感じ、ウイスキーのように “時間の経過とともにさらなる価値が深まる” 逸品を揃え、世界へ紹介していきたい』という想いのもと、世界に誇れる製品を展示販売しているそうです

中にはものづくりの町としても知られる新潟・三条&燕三条の製品も!

ニセコ蒸留所の代表は、八海山酒造の代表でもありますので、新潟繫がりとなります^^

P1770311

ということで、店内奥の棚では、八海山酒造をはじめとする日本酒や、八海山酒造が手掛けるクラフトビールなどの販売も予定しているそうです

ニセコ蒸留所22

今回は事前に取材のお願いしをしておりましたので、この金網の向こう側、ポットスチルの上部まで見学させていただきました!

ニセコ蒸留所15

う、美しい・・・

P1770338

蒸留は終わっていたので中身は空でしたが、ライトを当てていただき、中をのぞかせてもらいました

この黒いのはヒーターで、これで熱を入れて蒸留させているそうです

P1770326

ちなみにこの巨大な袋の中には1トンの麦芽が 入っているそうなんですが、この1袋で約500Lのウィスキーが出来るそうです

というか、500Lしか出来ないんですね・・・

ちなみに今年の3月末にい回目の蒸留が行われて、すでに樽に詰めて寝かせているところです

ニセコ蒸留所26

工程の順番が逆になってしまいましたが、麦芽にお湯を入れてお粥状態にし麦汁にしたたものを、こちらの樽に入れて発酵させています

P1770332

少しだけ蓋を開けてのぞかせてもらいましたが、フツフツと発酵中でした!

この時点では、まだほんのり甘い香りなんです^^

ニセコ蒸留所8

樽に詰めたウィスキー原酒は、こちらの貯蔵庫で寝かせています

P1770344

まだ新しい樽

ニセコ蒸留所21

そしてこちらはバーボン樽

ニセコ蒸留所6

数年後には、この貯蔵庫が樽でいっぱいになる予定だそうです!

楽しみすぎます(≧▽≦)

ニセコ蒸留所16

と、ウイスキーが製品になるまでにはまだまだ年月がかかります

そこで、10月の開業に合わせてジンの製造を行っているそうです

P1770322

見学者はカウンターで有料試飲も行えるそうです!

今後見学は、人数制限を設けて完全予約制で行うそうですので、興味のある方はこちらでご確認ください。

ニセコ蒸留所36

そうそう、試飲したいから車は置いていきたい!という方に朗報!

貯蔵庫の奥にあるこちらの階段を上がると、【いこいの湯宿 いろは】があるんです!

そこまで高速バスが走っているので、実はすごく交通の便がよかったりします^0^

個人的には泊まりでじっくり、合宿してみたいものです(≧▽≦)

 

P1770353

お忙しい中、わざわざ顔を出してくれたニセコ蒸留所の総支配人・林さん

生まれも育ちもニセコの林さんの名刺には“Master of  Niseko”と書かれています!

なんと心強い総支配人!!

次回はジンを傾けながら、じっくりお話し聞かせてください^0^

 

円山登山後のランチ~レスぺランス

013c20c4cfdf58274b36d500bec167485d0418e102

9月の初めに、円山登山を堪能してきました!(詳しくはこちらで)

何もかもちょうどよくって、心が満たされました(≧▽≦)

登ったのが午前中で、下山後に北海道神宮へ参拝したらちょうどランチタイム♪

そこで向かったのがこちら!

P1760658

円山公園駅から少し歩いた仲通りのマンションの1Fにあります、【レスぺランス

住宅街にひっそりと言った感じの佇まいなので、教えてもらわなかったら気が付かなかったかも(;’∀’)

016c8712476b2cdce97390e3b9ad6da7f072d6c434

住宅街だけど、それを感じさせない居心地の良さ^^

P1760654

おひとり様でも心地良さげ♪

 

レスぺランスは、野菜のみでお料理を用意してくれる、ヴィーガンレストラン

この日は1800円のランチコースをいただきました

P1760637

こちらはとうきびのスープ

P1760639

名前を失念してしまいましたが、スープの中にはプチプチがタップリ入っていて、スープだけど満足感あります

色んな器で出てくるので、何人かで行くと器も楽しめる感じです

P1760641

キュウリと焼きナスのワカモレ

ホントに野菜メイン!

だけど味付けがしっかりしているので、野菜サラダというよりちゃんとお料理な一皿なんです

P1760649

これ、写真だけだと絶対何料理か分からないですよね^0^;

実はカレーなんです!

もちろん、野菜オンリー

でもって玄米ご飯が海苔巻風になっていて、これがまた食べ応え感を出してくれるのですっ!

人生初めての味わい~

P1760645

ちなみにこちらは大根菜のミネストローネ

この日はカレーかミネストローネをセレクトできるようになっていたのですが、まさかこれがミネストローネとは!!

正直、こっちも美味しそうでした(≧▽≦)

2400円のコースだと、どちらも味わえたみたいです

P1760653

デザートはカボチャとサツマイモ

素材そのものの自然な甘みが楽しめて、デザートだって身体によさげ♪

山登りと神宮参拝で心が浄化された後だったので、身体に優しいランチが全身に沁み込んでいく感じがしました(≧▽≦)

とうとう50代に突入したし、普段不摂生していることも多いので、時々この山登りとのセットで浄化されに行こうと心に誓ったのでした^0^;

 

『はしっこも集まりゃ俺らがど真ん中~はしっこ同盟フェア』Byスカイレストランロンド

P1760670

センチュリーロイヤルホテル・スカイレストランロンドで開催中の【はしっこ同盟フェア

生粋の道産子ですが、北海道の“管内(振興局)分け”について教えてくださいと聞かれると、正しく回答できるかかなり不安^^;

ちなみに北海道は14の振興局に分かれていて、今回“はしっこ同盟”として2019年に提携した町は、渡島管内の最北にある長万部町・後志管内の南端にある黒松内町・胆振管内の西端にある豊浦町

ちょうど、噴火湾に沿った場所になりますが、黒松内町はわずかに海岸には面していないそうです(と、今回初めて知りました^0^;)

振興局が違うと、隣接しているのにお互いの情報が入りにくいという難点があり、2030年に開業予定の北海道新幹線・長万部駅の圏域である3町が今後、開業効果などを最大限に生かせるよう、連携することになったそうです

いやぁ、勉強になりました^0^;

そんな“はしっこ同盟”の町のオイシイモノをふんだんに取り入れたランチ♪

P1760660

さわやかな青空が広がる秋晴れだったこの日、席に着いたとたんに癒されました~

011e73c8542a489c761efee8dc7f8ee1fb7986a9b1

しばしボ~ッとしてしまう・・・

P1760662

こちらはノンアルコールカクテルのザクロサワー

残念ながらなノンアルコールですが、そんなことはどうでもよくなるくらい気持ちイイ(≧▽≦)

P1760666

本日のアミューズは、冷たいじゃがいものスープ・人参のピューレ、ポップコーン

この時期、とうきびはよく使われますが、ポップコーンをトッピングにもってくるとは!

何だかウキウキしてきました♪

P1760673

さらにウキウキさせてくれた1皿は、噴火湾産帆立貝と豊浦町産原木椎茸のムース 海の幸のマリネ イクラ添え

ひゃぁぁぁ!美しい~~~~(≧▽≦)

ちなみにこちらは、はしっこ同盟の“はしっこカラー”をイメージして作られた1皿で、黄色いムースはかぼちゃ

P1760682

野菜を少しよけて横から見てみると、ムースが見えました

けっこう厚い!そして帆立の旨味が凝縮されています

さらに、ムースの上に帽子のようにのっている、原木椎茸

これがまた、ムースに負けない存在感!

マリネには毛ガニやエビも使われていて、見た目に劣らない豪華な1皿

P1760683 P1760689

目の前でクリームチーズと男爵の泡をトッピングして仕上げてくれる、牛肉のラグーと黒松内町「トワ・ヴェール」のスモークベーコンのグラタン

クリームチーズはもちろん、男爵も黒松内町

グラタンがアツアツなので、泡はあっという間に溶けていく感じです

P1760691

でもってグラタンが、この器の倍以上に感じるほど濃厚!!

P1760680

これは確実にパン(ホントはワインも・・・)必須!

P1760694

本日のお魚と噴火湾産北寄貝の長万部町産ENRICH ミニトマト入りナージュ 香草オイルのアクセント

この日のお魚は根室のアオソイ

貝殻を有効活用して栽培したというENRICH(ミニトマト)のおかげか、スープの味がとにかく美味しい(≧▽≦)

ず~っと飲んでいたくなるっ

P1760700

そして半分食べたところで、バジル・オレガノ・ディルの香草オイルを垂らして味変

P1760703

オイルを入れると酸味が程良く際立って、白身魚がより美味しく味わえました^^

P1760706

肉料理は、豊浦町と黒松内町の豚肉の食べ比べ はしっこ同盟のソースで

P1760711

こちらは豊浦町の豚ロースに原木椎茸を使用したソース

P1760708

そしてこちらは、黒松内町の豚ロースにトマトとクリームチーズのソース

どちらも、町の特産品でまとめた豚ロース対決

どちらも美味しくて、さらに食べ応えもあって、どっちも好き(≧▽≦)

P1760713

はしっこ同盟3種のアシェットデセール 

豊浦町のいちごのソルベ、黒松内町・トワ・ヴェールのクリームチーズを使用したレアチーズケーキ

そして、長万部町産ENRICHのトマトジュレ

P1760717 P1760718

秋晴れの日差しの中で頂くのにピッタリなデセールでした♪

01e404babe7bc4593019693293e6aa594a87a631fa

気が付けば景色は、石狩湾方面に・・・

こちらは雲一つない、青空!

回転レストランであるロンドがぐるっと1周するのは約3時間

フレンチは、それくらいゆっくり時間をかけて味わうお料理ですよね^^
(この日はおひとり様だったので、1時間ちょっとで終わってしまいましたが^^;)

別海町の特産品を使用した【ふるさと納税返礼品】スペシャルコースを札幌の飲食店で味わう~鮨わたなべ

P1760446

3年半振りに訪れた【鮨わたなべ】、行燈が変わっていました!
※ブログを検索して、そんなに経っていたことに驚く・・・

P1760447

内装は変わってはいないと思うのですが、どことなく重厚感が増したような・・・

と、今回いただいたのは、別海町のふるさと納税の返礼品でもある【野付コース】

P1760450

通常は中標津町のミルクで乾杯ですが、別海町スペシャルコースということで、べつかい牛乳で乾杯

変に後を引かない、爽やかな美味しさ♪
(個人的には、中標津の牛乳と飲み比べてみたかったりして^^)

P1760454

先付けとして、北海道産のもずく=蝦夷もずくが運ばれてきました

中には長芋、ウニ、キャビア!食感にアクセントをつけるのに、クラゲも入っています

P1760455

この、蝦夷もずくの歯応えがとにかくすごい!!

今まで食べていたもずくとは断然違います

ちょうど今が旬とのことで、良いものを体験することができました^^

P1760460

早速、本日のオススメの握りが登場しました

こちらは瀬棚町で揚がったという、今が旬の真鯛

塩で〆ているそうです

淡白なはずなのに、程良い旨味がジワジワと広がってきます(≧▽≦)

と、最初に握りを出すスタイルは健在で、つまみでお腹いっぱいになりすぎて、肝心の握りを存分に堪能できないことになってしまう心配がないのがウレシイ^^

『野付コースはボリュームありますので、シャリは小さめにしておきますね』

P1760457

こちらからお願いしなくても察してくれる渡部さん、さすが同世代!!
(ホッとしました~~)

P1760463

2貫目は白糠町のマツカワカレイの昆布締め

クぅ~(≧▽≦)、さらに旨味が攻めてきた!!

それにしても、相変わらずいい存在感のあるシャリです!!

P1760469

ゆめぴりかの新米と古米をブレンドしてこちらの釜で炊いているのですが、新米が蘭越産で、古米は雨竜産と同じ銘柄でも産地を変えていることを今回初めて知りました!

何でも雨竜産のゆめぴりかは、寝かせても味が落ちないのだそうですよ!

P1760466

和歌山・那智勝浦町のまぐろ

程良い脂のりで、口の中でトロけましたぁぁ~~~

P1760473

キリっと締った、こはだ

P1760474

1日かけて水分を抜いたぼたん海老

ぼたん海老は本来、握りには向かないそうですが、しっかり水を抜くことによって甘みが増すそうです^^

P1760480

まさに今だけの味・根ボッケ

ホッケの刺身は、道産子でもめったに食べません

味は焼いたホッケの風味がちゃんとするのですが、この食感で味わうとホッケじゃないから、すごく不思議な気持ちになります!

P1760483

羅臼産、ますのすけ

なんという、存在感!! それにしてもシャリとの相性がイイ!!

P1760488

そして野付産の北寄

P1760486

程良く炙られた北寄は、とにかく甘いのですっ

生で食べるより、断然こっちの方が美味しいっ

北寄は火を入れすぎても硬くなっちゃうし、この火入れ加減は本当に理想的でした(≧▽≦)

P1760490

北寄の食感を堪能した後、さらに食感を楽しませてくれるスルメイカ

P1760496

そして前回も断面から撮りたくなった、にしん!!

このフワフワ感、堪りません~

さて、ここからはおつまみです

P1760501

ホタテしんじょうとしじみの汁物

ホタテはもちろん、野付産。しじみは湧別産だそうです

まずは出汁を一口

期待以上のしじみ感!!

また目をつむって味をかみしめてしまった・・・

そしてホタテしんじょうを一口

あんなに濃いめの出汁にも負けないホタテの旨味凝縮されまくりのしんじょう!!

ホタテは生のままだと旨味が弱いので、干した貝柱を粉状にして使用しているとのこと

そんなに手間がかかっているんだ・・・ だからこその1品なのだと、大いに実感できた一品でした

P1760504

先ほどお寿司でもいただいた、ますのすけの焼き物

焼いてもやっぱりすごい存在感!

P1760508

そして、一口サイズのいくら丼

あぁ、もうそんな季節なのですね・・・(しんみり)

鮨わたなべさんのシャリでいくら丼を味わうと、〆ではなくココからまた始めます!!って気持ちになる(笑)

P1760516

秋のはじまりの後、名残惜しい夏を感じさせてくれるウニが・・・

余市産のムラサキとバフン、そしてジュンサイ

P1760518

薄くスライスされた白糠産のツブ

かかっているのは、ウニ醤油!!

その隠し味がカシューナッツ!!!!

あまりに色々ビックリ過ぎて、食べる前から目を見開いてしまったのですが、食べたらもっと見開きました(≧▽≦)

P1760523

釧路で揚がったミンククジラ

添えられているのは香味野菜の醤油漬け

これがまた、赤肉のクジラによく合うのです!!

葱・生姜・大葉・茗荷を醤油に漬けるだけで作れますよ~って教えてもらったけど、この香味野菜をお持ち帰りしたい(笑)

P1760525

鮨わたなべのスペシャリテ 蒸しアワビの肝ソース

あ、お皿がグレードアップしてる!

ソースは少し残しておいてくださいねと言われて、食べ過ぎないよう少し緊張しながら味わう

P1760531

アワビを食べ終わったところで、残したソースの上にシャリ投入

よく混ぜてお召し上がりください。そして半分は残しておいてくださいと言われ、また少し緊張しながら食べる

P1760537

半分食べたところで、出汁投入

ひつまぶし風・蒸しアワビ、もう言葉はありません・・・

P1760541

シンプルで美しい茶碗蒸しの上にはカラスミ

P1760544

花咲ガニのサラダには、シャインマスカット、トマト、ホワイトコーン!!

一つ一つの存在感が素晴らしく、さらに、油を使っていないドレッシング(長芋、ポン酢、梅肉)が絶妙!

サラダでこんなに感動したことあったかな(笑)

P1760547

 

箸休めの黒豆とぬか漬け、そして玉子

P1760551

ココで終わるのが通常のお寿司屋さんですが、鮨わたなべは、ここからさらに3貫出てくるのです!

P1760555

マグロの漬け

P1760556

手載せウニ

P1760561

巻物はエビトロ(エビは野付産)

シャリ少な目にしてもらってもホントにボリューミーだったけど、どれも満足度が高いのでちゃんと食べられました^0^

P1760565

そして先ほど握りで頂いた、ぼたん海老の頭の椀物

これがまた濃厚!!

P1760567

最後の1皿は、こちらも別海町のふるさと納税返礼品にもなっている、アイスクリーム“ピスタリッチ”

別海町の厳選された生乳で作っているというだけあって、鮨わたなべのお料理を締めるのにふさわしいリッチな味わいでした!!

※なお、食材の入荷によって内容は異なりますので、内容の詳細はお店にお尋ねください。

 

大丸札幌店8Fにオープンする、ピスタチオスイーツ専門店【佐藤堂】

0179e8be6569c57adaee47e765ee59cb018182d38d

遠くから見てもパッと目を惹くピスタチオカラーの暖簾

こちらは8月24日(火)に大丸札幌店8階にオープンする、【ピスタチオスイーツ専門店 佐藤堂】

あの、【パフェ、珈琲、酒、佐藤】がプロデュースした新業態

百貨店の8階にスイーツ専門店とは、お話を聞いた時は若干驚きました!

実際に足を運んでみたら、いい意味で異質なオーラを放っており、さらに驚き!

01d3b5b85c1d573786d7685ce5bbb6452a94e5f1c7

入口にはショーケースがあり、様々なピスタチオスイーツが並びます(夕方だったので、かなりスカスカになっちゃってますが^^;)

と、この日はメディア向けのお披露目会ということで、オサナイもお邪魔させていただきました

01bf652a2d79e64564f1b2bd6a63bb789d6c1529ce

お店の奥に入ると、この字型にカウンター席が並んでいました

椅子がピスタチオカラー♪

そして、スタッフさんのキャップもピスタチオカラー!

P1760186

目の前がキッチンになっていて、スイーツを作る姿が眺められます^^

P1760187

早速店頭で販売されている、ピスタチオスイーツの盛り合わせ的なプレートを試食

P1760189

一番存在感を放っていたのが、木彫りの熊の形をした最中!

P1760201

最中の皮を上げてみたら、こんな感じでした^0^

ピスタチオ餡と小豆餡、そして季節のフルーツ(この日はメロンでした^^)が入っているので、かなり食べ応えあり!

 

 

P1760206

店頭ではこんなパッケージで販売していました^^

P1760192

こちらはピスタチオのソフトクリーム

見た目以上にピスタチオ感があって、この量でも満足度大!

P1760191

2種のマカロン、味はもちろんですが食感も全然違ってビックリ!

P1760216

ピスタチオとカシスだったのかな?

カシスはマカロンだけどあっさりしていて、個人的にスキなタイプ^^
(濃厚マカロンが苦手なので^^;)

P1760197

こちらはピスタチオチーズケーキ

P1760193

燻製ナッツもあって、どちらもアルコールに合わせて食べたい大人の味わい

まん延防止期間はアルコールの提供はありませんが、通常時はアルコールの提供もあるそうです^^

P1760184

ということで今回は、ノンアルで

シメパフェ佐藤と言えばコーヒーですが、この日は紅茶をオススメされたので飲んでみることに

実は国産の紅茶で、静岡と鹿児島のブレンドとのこと

紅茶特有の渋みがあまりなくまろやかな紅茶は、ピスタチオスイーツにピッタリでした^^

P1760214

専門店なだけあって、販売しているスイーツ、どれも気になりまくり!!

P1760211

P1760220

ピスタチオカヌレ!!

これはズルイ(≧▽≦)

P1760203

ズルイと言えば、このデザインがホントズルイっ

P1760217

※写真はショップカード

紙袋も可愛くて、手土産にしたらもらった人はもちろんだけど、自分もテンション上がりそう^^

202108】vol.408佐藤堂 NEW (1)_000002

ちなみにメニューはこんな感じで、シメパフェ佐藤の定番メニューのパフェも味わえるようです^^

pageTop