札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『癒し』カテゴリーの投稿一覧

札幌&小樽をバス旅で満喫!【芸術&食 満喫ツアー】その1

2月10日(日)に行われた、【札幌 小樽 芸術&食満喫ツアー

ワタシも参加してきましたので、その時の模様を詳細にレポートさせていただきますっ!!

01498e2ffcba5782c0671f5f4ef21375cc843ed1e4 017299ddad530efa385e80af50bf794e2bf51912b5

1日で話題の5スポットを巡る、まさに満喫なバスツアーということで、あっという間に定員に達したそうですよ!

ファミリーやカップル、男性だけの参加もいらっしゃいましたが、やはり半数以上は女性!

出発は中央バス札幌ターミナル

そこからまず、札幌市白石区菊水にあります、MORIHICO.Plantationへ!

P1350990 P1360009

市内のカフェに大型バスで行くって、なんとなく贅沢感(笑)

Plantationは、MORIHICO.唯一の焙煎工場ということで、中に入ると巨大な焙煎機がお出迎えしてくれます

P1350992

参加者の皆様、さっそくカメラを構え始めました^^

P1360004 P1360010

さすが、生豆の入った麻袋の数が半端ないです!

Plantationでは、今日のツアーの醍醐味の一つでもあります、“焙煎”体験をさせていただいたのですが、体験はこちらの小さな機械で行いました

P1350997

焙煎(ロースト)されていくと、いい香りが漂います^^

P1360015

 

P1360001P1360002

コーヒー豆は生豆の状態ではコーヒーとして味わうことはできないので、焙煎機で火を入れるわけですが、この日入れの仕方で味が変わってくるんですよね

なので、ちゃんとした技術がないと美味しいコーヒーができない

Plantationには4人の焙煎士がいて、交替で焙煎しているそうです

ちなみに今回は、こちらで焙煎した豆を使用したコーヒーを、ランチタイムで味わえるとのこと!

頭の中はすっかりランチモード(笑)

 

Plantationでのもう一つの体験が、ブレンド

P1360017

2階のカフェスペースで、事前に用意された3種の豆を自分好みにブレンドしてお持ち帰り♪

P1360019P1360020

説明だけでは想像できないので、試飲も用意いただいてました^^

P1360022P1360021

オススメは3種の豆を使用しておりましたが、ワタシはコロンビアとグアテマラをハーフでブレンド

P1360026 P1360025

豆のままの方が風味も鮮度も落ちないのですが、家庭にミルがない方はその場で挽いてもらいました^^

ちなみにタップリ200g!

コーヒーのいい香りで癒され、コーヒーで胃袋が急に元気になり、早くランチたべた~い!!

が、その前に、ランチ会場の【DAFNE】がある、【札幌市民交流プラザ】の舞台裏見学です!

P1360031

まずはエスカレーターで4階へ向かいます~

P1360034

ちょうどさっぽろ雪まつり期間中で、雪ミクやゆるキャラ?のイベントが開催されていて大賑わい

P1360036P1360038

普段は、舞台出演者の控室や練習場になる場所で、札幌市民交流プラザの館長による説明

その後、ビルの顔ともいえる“札幌文化藝術劇場 hitaru”へ移動

P1360040

こちらでも館長が詳しく説明してくれます。

ちなみにこちらのカーペットは、華やかなRED

実は4Fの入り口は、草原を思わせる“GREEN”なんです。

劇場へ入る前の高揚感を意識したRED、説明を聞かなければ気にすることもなかったこだわりなどを聞けるのは、こういうツアーの醍醐味です^^

P1360042 P1360053

オペラなども行われる劇場ですから、ソファにも妥協はしていません!

P1360055

あ、先ほど出発した中央バスターミナルではないですか!

やっぱりある意味、贅沢なバスツアー(笑)

P1360046P1360047

劇場内ももちろん見学。

ワタシは以前、白鳥の湖の講演の際に足を運びましたので、中に入るのは2回目

P1360048

実はこの日、翌日に本番を控えていた、こちらの舞台の最終調整を行っているところで、ある意味貴重な様子を見学することができました^^

P1360059

そして今回は、最上階にも足を運ばせていただきました!

なんかすごい!!!

P1360061P1360060

ステージの近くで観るのはもちろんですが、上階に行くとオケピまで見通せるし、演劇全体の動きなども楽しめるので、それぞれの良さがるのがよく分かります!

そして、ここの天井のデザインは、どこに座っても音が良く聞こえるような仕組みなんだそうです。

改めて札幌に素晴らしい劇場ができたんだなぁと、実感しました^^

 

P1360063 P1360064

そしてお待ちかねのランチタイム!

DAFNEについては以前こちらでも紹介しましたが、やっぱり昼の雰囲気も最高にイイです!この日はお天気が良かったのでなおさら♪

P1360069P1360071

その中でいただくランチコースも,本当に大満足な内容♪

“6種の黒いサラダ”

黒大根・黒人参・黒大豆・海藻・ブラックキヌアなどをバルサミコ酢ドレッシングでいただきます♪

まさに女子の大好きな組み合わせ(笑)

P1360077

メインは、肉と魚料理から事前にセレクトしていたのですが、ワタシは魚料理の“茅部産桜鱒のポワレと蕪”をセレクト

P1360075

桜鱒の下に敷かれていた、蕪のピューレがたまらなく美味しくて、テンション上がりまくり!

ホントは白ワイン追加オーダーしたかった~~(笑)

P1360073

付け合わせのパンは3種

全粒粉パンが美味しくてお替りしようと思ったら、やっぱり一番人気で品切れしてました。。女子の考えはみんな一緒(笑)

P1360080

デザートは“タルト・オ・シトロン”

これがまた、食べ応えのあるデザートでして、まさにコーヒーがないと食べきれない~と言った味わい

P1360086

そこで、さきほどPlantationで焙煎体験した際の豆を使用したコーヒーがやってきました!

合う!合いすぎる!!

コーヒーお替りしたかったほど!!!

でも、ツアーはまだまだこれからみっちりなんです~

ということで、名残惜しくもDAFNEを後にしバスへ乗り込み、小樽へ向かいます^0^

・・・つづく

 

 

おひとりさまが絵になるWINE BAR~utsuroi~

P1350528

最初に【utsuroi】の存在を知ったのは、Instagramでした。

たまたま目に留まって、なんかステキだなぁ~って思って、よくよく見たら、元スギモト酒店の場所ではないですか!
スギモト酒店の新店舗にも行かなくちゃ(;’∀’)

たまたま小一時間、一人の時間ができたので、インスタのメッセージで“今、空いてますか?”とメール

その返信を見てビックリ!

stemでワインを担当していた、スタッフの方ではないですか!!

お会いしてから、『てっきり知っていて、リアクションしてくれていると思ってました』と、言われてしまった(笑)

 

P1350530 P1350542

店内に足を踏み入れてみて、またまたビックリ!

同じ空間なのに、以前のお店とまた違う空気感!!

照明を変えて、棚の扉を外したようですが、以前にもまして居心地が良いっ

P1350541

P1350526

まずは白をいただきました

ラインナップはインスタで分かっていたので、たぶんどれを飲んでも自分好みだろうなと思っていたら、やっぱりそうでした^^

あまりに自然に体に浸透していく感じで、ある意味キケン^0^;

P1350527

お腹は満たされてはいましたが、メニュー表を見ていたら『キンカンとポテトサラダ』をどうしてもオーダーしたくなってしまいました

P1350534

これがまた、白に寄り添いすぎるほどの美味しさで、あっという間にワインが無くなってしまいました

P1350536

さて、次はオレンジワインをいただこうかな・・・

う~ん、どれも気になって選べません^^;

P1350538

間峠さんのアドバイスの元、結局こちらに♪

これまた、何のためらいもなくスルスルと飲まさる・・・

ホントは軽く1杯のつもりだったのに、こうなると赤も飲みたい(笑)

P1350545

完璧すぎるセレクトでしたっ!!

実はそれほど一人飲みが得意ではないのですが、ココはどちらかというとおひとり様でフラリと行きたいお店かも♪

 

 

1月30日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~レストランとと

1月30日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、昨年12月に円山の住宅街にオープンしたばかりの、【レストランとと】

とと外観

“とと”になる前は、一般のお宅だったというから、本物の古民家です!

P1350080 P1350075

それにしても、お店に入る前から色々可愛すぎる!!

ちなみに“とと”は幼児言葉で“魚”を意味するといわれていて、ロゴにも魚のイラストが入っています^^

そしてなぜ魚かと言いますと、レストランととは、横浜にある“カネ保水産”というイタリアンレストランの姉妹店でして、こちらのオーナーの奥様のお父様が、三崎でマグロの仲買人をされているということから、マグロをはじめとする魚介がウリのイタリアンとのことで、この名称に^^

と、説明が長くなってしまいましたが、それではオーナーは本州の出身なのかと思いきや、札幌!

しかも今回札幌にお店を出すにあたり、高校時代の同級生3人で共同経営するという、一風変わったスタイル!何でも、20年越しの夢がかなったそうで、ちょっとうらやましくもあり、そして感心をしてしまったのでした^0^

 

と、肝心のお店のご紹介に戻ります

P1350082

玄関の扉を開けると、まるでおばあちゃんの家に来たような感覚になり靴を脱ぎたくなりますが、土足のまま上がります

左手にテーブル席

P1350086 P1350087

右手にはカウンター席と、窓際にもテーブル席がありました^^

ココが床の間だったのかなぁとか、昔の家の造りを思い出しつつ、想像してしまいます

P1350123

さらに奥にもテーブル席があり、思っていた以上に広いです。

今はまだ、物置状態とおっしゃっていましたが、これから2階にも席を設けるそうです。

そして雪が解け、庭の桜の木が満開になるころには、庭にもテーブル席を置く予定なんだそうです^^

 

P1350103

早速、オススメのパスタをいただいてみました♪

【タラバとズワイのトマトクリームタリアテッレ】

麺は100gと言っていましたが、それ以上に感じるほど食べ応えがありました!

P1350095 P1350113

パスタはランチでもディナーでも同じメニューを味わえますが、ランチでいただくと同じ価格(1280円)で前菜とドリンクが付いてくるのです^^

P1350099 P1350098

この前菜が、飲みたくなる系!(笑)

夜のメニューの前菜を盛り合わせにしているということは、飲みたくなって当然か(笑)

P1350120

ワインはイタリアを中心に、お手頃価格からしっかり系までナインナップ

P1350093

個人的に、グラスワインのメニューが分かりやすくて好き(笑)

ピッツア2

今回はいただきませんでしたが、ピッツアもオススメとのこと。

そしてもちろん、マグロメニューも見逃せません~

マグロサラダまぐろ

 

オープンして1ヶ月半くらいなので、まだまだこれからかもしれませんが、居心地が抜群に良いので、とことんトークをしたい女子会向きであることは間違いありません^0^

ちなみに店内にはピアノも置いていありまして、LIVEなんかも大歓迎とのこと!

P1350102P1350125

あ、ギターもある!

と、この“便”という文字の入った扉は、もともとあったものだそうです!

逆にオシャレすぎる!!

 

P1350101

 

とりあえず、今後は夜の部でお邪魔したいっ!!

 

【レストランとと】

札幌市中央区南4条22丁目2-2

011‐312-0425

11:00~15:00 / 18:00~22:00 ※L.O.各30分前

火休

全席禁煙

 

 

 

 

 

札幌駅北口にオープンする【JR-EAST HOTEL METS SAPPORO】がステキでしたっ!

2月1日(金)にグランドオープンする、【JR-EAST HOTEL METS SAPPORO】の内覧会に先日行ってきました!

P1350456

個人的によく通る場所のため、建てているときから気になっていましたので、かなりワクワクした気持ちで挑みました♪

P1350398P1350301

フロントは2階なので、まずはエレベーターに乗ります

結構な高さを感じます

P1350393P1350379

正面に、セルフチェックインカウンター

P1350387

そしてロビー

広さとしては小さめなのかもしれませんが、天井が高いこともあり、すごく開放感あります!

何より、使用しているファニチャーがステキすぎっ!!

P1350391

このチェアーなんて座り心地良すぎて、取材中なのに独り占めしそうになりました^^;

P1350390 P1350389

一番奥にはこちらのソファ席とコーヒーメーカーがありました^^

 

さっそく2階に2つあります“スーペリアロフト”のお部屋を見学

P1350318P1350307

天井の高さをフルに生かした作りです!

こじんまりはしておりますが、圧迫感はなく、ベッドの上でも女性なら立ち上がれます!

P1350315P1350311

使用している家具の雰囲気のおかげか、すごく落ち着く~

このソファベッドも、ちゃんと座り心地が良いんです^^

P1350308 P1350309

ちなみにホテルメッツ札幌は、全てのお部屋が浴槽付きのセパレートタイプ!

なので、フロント横に置いてあるアメニティの入浴剤も充実しています♪

P1350303P1350384

P1350383P1350385

 

同じく2階にあります、スーペリアルーム(フローリングタイプ)

P1350321P1350320

P1350322 P1350325

こちらはロフトがない分、天井の高さをフルに感じることができて、かなり贅沢感があります~

P1350324

それにしても北欧調のインテリアが可愛すぎますっ

※ちなみにこの赤い椅子はイタリア製←かなり座りやすい!!

 

 

そして全206室のうち、1部屋のみの“プレミアムデラックスツインルーム”

P1350326

P1350331 P1350335

うわぁ~

なんかすごくイイっ!!

少しの間、ここで暮らしてみたい~~

P1350344

 

P1350337P1350340

ちなみにこちら、スピーカーなんです!!

Bluetoothで繋いで使用できるそうで・・・いやぁ、今どきのスピーカーってホントにすごいっ

でもって、この照明をファインダー越しに見て思わず“スーパームーンみたい”って呟いたら、ちょっとウケてしまったことはココだけの話(笑)

またまた座り心地によかったソファは、こんな感じでベッドになりまして、定員は4名

P1350338

靴を脱いで上がるタイプだし、お子様連れにもってこいのお部屋です♪

 

12階へ上がりまして、60室あるスーペリアツインを見学

P1350346

これまた、個人的にも大好きな色合い!

ぐっすり眠れそう~

P1350349

ちなみにこちらの枕、よくよく見ると、上下で色がうっすら違います。

西川リビング社と共同開発したという、快適な睡眠のための温度を保つ仕組みになっているそうです!

最近のホテルは特に“安眠”に力を入れていますよね^^

 

外には出られませんが、バルコニーがついていて、カーテンを開けると少し空間が広がる感がある、プレミアムツイン

P1350353

P1350354 P1350361

入るとすぐ、洗面台が見え、その奥にバルコニーのついている窓が望めるので、広く感じます。

洗面台のブラインドは閉めることも可能(しかも自動)

 

P1350359

やっぱり気持ちよく眠れそう!!

P1350356P1350358

カーテンが、“北欧の風”を感じるようなグラデーションになっていて、閉めても圧迫感がないんです^^

P1350375 P1350376

ちなみに部屋のカーペットは雪の結晶

廊下のカーペットは糸紬をイメージしているそうです^^

P1350378

さらに、エレベーターホールの壁面は白樺をイメージ

北欧には行ったことがないので説得力はないけど、まさに北欧調!

 

最後に朝食会場にもなる、1Fのsource72

P1350399P1350400

P1350402P1350425

いわゆるホテルの朝食ブッフェスタイルですが、連泊しても飽きの来ないよう、北海道ご当地グルメなどは少しずつメニューを入れ替えたりするそうです。

P1350423

P1350414P1350412

お米は北海道・富良野産ななつぼし

ちなみに黒いのはカレー!

P1350409P1350407

小樽にあるsourceのグループ店で人気の、海鮮ひつまぶしもありました^^

 

P1350447

色々ちょっとずつ試食

朝食ということで薄味にしているそうですが、翌日夜のメニューを試食し、同じお店なのに、こんなに変えているんだとものすごく納得!※その詳細も後ほどブログアップ予定

P1350443 P1350441

北見塩焼きそばや、いももちなんかもあります。黒いカレーは、ホントにカレーでした(笑)

P1350438P1350450

海鮮ひつまぶしの出汁がとっても美味しくて、また食べに来たくなる。。。

 

景色がごちそう!そして癒し度200%!!~奥定山渓温泉 佳松御苑~

先日、【みんなで選ぶ 第11回温泉大賞】の取材で訪れた、佳松御苑~かしょうぎょえんには、本当に癒されました!!

P1340582

 

P1340557

 

P1340475

 

詳細は、こちらのレポートで紹介しておりますが、兎にも角にも癒される空間!

雪の降り積もる森の景色なんて見慣れているはずなのに、なぜか絵になるのです。何時間見ていても飽きることはありません。

日中のモノクロの景色も、そしてライトアップされた景色も

窓際に座って眺める景色も、湯船に浸かって眺める景色も、BARカウンターから眺める景色も、朝起きてベッドから見る景色も

全てが美しい・・・

P1340467

P1340565

 

ひそかに感動したのが、エステ!

P1340493P1340497

フェイシャルエステなのに、ベッドにマッサージ機能がついていて、腰と肩まで気持ちがイイ~

オールハンドで、吸い付くような手技でマッサージ♪

kao

あまりの仕上がりの良さに、化粧をしたくなくて眉のみ描いてレストランへ向かったほど♪

 

P1340429

P1340576

この日は暖炉の炎がついているときには立ち寄れなかったのですが、ロビーでのフリードリンクプランなどもあります^^

irori

P1340623

 

P1340445P1340446

gla_glaのガラスの音色にも癒されたし、み蔵さんの木彫りの熊にも癒されたなぁ~

P1340435P1340440

ボトルごと温まっていたお茶にも癒されたし、久し振りに見るつららさえ、美しくて癒された

P1340431

P1340622

 

もちろん、美味しい食事にも癒されました~

P1340513P1340518

 

P1340524

P1340532P1340528

P1340601

 

出来ることなら、春夏秋冬で訪れてみたい。。。

 

bnr_onsen

ということで、温泉大賞投票募集中!!

現在のところ、北海道からは登別温泉が8位

他の温泉地もいいところばかりなので、道産子の皆さん!北海道びいきで投票しちゃいましょう^0^/

ステキな商品が当たるかもですよ!

 

pageTop