札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『BAR』カテゴリーの投稿一覧

HELLO!ビームハイボールでハシゴ酒~AVANTI5

P1140159P1140158

狸小路界隈の飲食店でジムビームキャンペーンをやっていると聞きつけて、先週AVANTI5へ

P1140053P1140056

店内はジムビーム一色!+ハロウィン仕様^^

個人的にはハロウィンにあまり興味はないけれど、飲食店のこの手のディスプレイは、テンションが上がって楽しさが倍増するのでスキです^0^

 

P1140075

せっかくなので、AVANTI5オリジナルのジムビームを・・・と思い、山わさびハイボールをオーダー

すりおろし山わさびとスライ山わさびがたっぷり! ピリッとするけどほんのり甘さもあって、ごくごく飲めちゃいます^^

P1140063 P1140059

おとなりは競馬場のゲン担ぎドリンクミントジュレップ。

P1140091 P1140061

他にも北海道ならではのビームガラナや、女子力高めなミックスベリーハイボールなどなど、見た目にも楽しめる、ジムビームスペシャルメニューが色々♪♪

 

オーダーが揃うと、お店の隅で待機していたジムビームガールが、乾杯の音頭をとってくれました^^

P1140064P1140068

『私たちがハローと言ったら、ビームハイボールと言ってくださいね♪』ということで、今宵は“ビームハイボール!!”で、乾杯^^

P1140072

そして、またまたテンションの上がるプレゼントをゲット^0^

キャップを押すと、ローラちゃんのCMでお馴染みのあの曲が流れます♪

ちなみにジムビームガールは、20日(金)・21日(土)と、27日(金)・28日(土)も、狸小路界隈のジムビームの飲めるお店に出没するそうですよ!!

お店はこちらこちらを参照ください。

P1140074P1140085

山わさびハイボールには肉系が合うような気がして、パルマ産プロシュートや自家製スモーク盛り合わせをオーダー

 

ちょっと寒くなってきた夜だったので、店を出る前にホットカクテルも飲んでおきたいかも!!と思い、ビームグロックを追加

P1140082P1140087

シトラス・はちみつ・スパイスなどがセットで付いてくるので、お好みでカスタマイズ

これは締めにイイかも!!(と言いつつ、まだまだ飲む気満々だったんですけどね・笑)

 

P1140089P1140093

 

ホットカクテルで言うと、ケンタッキーコーヒーもデザート感覚で飲めて、甘いもの好きな方にオススメ♪

甘いものと言えば、今回のキャンペーン冊子についているクーポンでもらえる自家製チョコレート!これがまた、ウィスキーに合うのなんのって・・・

ストレートでもう1杯もらおうと思ったけど、今宵はあと2軒行く予定だったので、ガマンしておきました^0^;

 

ちなみにこちらの冊子は、記載店舗のほか、桂和ビルに設置しているラックなどにもあるそうです~

P1140099P1140156

ハロウィン仕様のローラちゃんに見送られて、2軒目に向かいます!!    続く・・・

 

 

オイシイ低糖質&グルテンフリーデリカテッセン~Cloud Kitchen

駅前通り沿いにある、“イビススタイルズ札幌”の1階奥に、6月30日(金)にグランドオープンした、Cloud Kitchen

P1090653 P1090877

以前は花カフェだったところです。

そのころからホテル名も変わっていたのですね~

普段はあまり通らない場所なので、全然知りませんでした^^;

以前に比べるとものすごくシックな雰囲気に

P1090878

こちら、手前がテイクアウト&イートイン利用が可能なデリカテッセン

奥は“Bar&Lounge OZ coexist Nakajimapark

P1090852

CloudKitchenは11:00~翌2:00(不定休)まで、そしてBar&Lounge OZ coexist Nakajimaparkは、18:00~同じく翌2:00(火休)まで営業しているそうです

P1090638

低糖質やグルテンフリーは最近よく耳にするキーワードですが、その手の食べ物ってどこか物足りなくて、必要に迫られていない分、そんなに意識していなかったのですが、今回色々食べてみてビックリしたのが、言われなければ普通に(というか普通以上に)オイシイお総菜ばかりなんです!

P1090642

ショーケースに並んでいるお料理は、どれも彩りも豊かで食欲をそそります^^

P1090640 P1090641

正直、どれも食べてみたくて選べない^0^;

P1090644P1090643P1090651

 

ということで、3人でお邪魔したこの日は、お任せで盛っていただきました^^

P1090868

野菜が多いのはもちろん、肉料理も豊富で、味付けも思っていた以上にしっかり目。

辛い系もあります!

のん兵衛としては最高のおつまみばかり^^

P1090866 P1090861

欧米でで流行っているという、“クラウドブレッド”も、もちろんグルテンフリー

軽い食感で、味の邪魔をしないので、好きな総菜をのせて食べたりすると、すごく食べた感があるんです^^

P1090858 P1090871

CloudKitchenのドリンクはノンアルコール飲料のみですが、Bar&Lounge OZ coexist Nakajimaparkでアルコールをオーダーすることも可能^^

当然のごとく、飲みます(笑)

北海道にしては蒸し蒸しな夜だったこの日、“マジコール”で冷やしたシャルドネに超が付くほど感動!!

というのも、最初はこんなに冷えていたらワインの味が分からないんじゃ・・・と思って飲んだら、適温時に感じる味わいがちゃんとあるんです!!

でも、温度は冷え冷えのマイナス8度

“マジコール”で冷やすからこその味だそうで、だけどすべてのワインがそれで美味しくなるわけでもないようで、その辺りは色々試して、提供してくださっているようです^^

P1090874

そんなわけで、白はあっという間に空きまして、赤ワインまでいただいてしまいました^^

スタート時間が遅かったので深夜の食事となってしまったのですが、低糖質&グルテンフリーとわかっているから、気持ち的に後ろめたさがなくて、より楽しめたわけです♪

 

CloudKitchenのオーナー牧さんは、自らも低糖質&グルテンフリーの生活で体質改善したことがあり、『ススキノで働いている人たちの食事って、どうしても栄養バランスが偏りがちだったりするので、CloudKitchenのお総菜で健康管理のお手伝いが出来たら・・・』と、おっしゃってました^^

個人的には、2号店・3号店が札幌駅方面にもできてくれたら・・・と願っているところです^^

 

〆に試作品のスイーツをいただきました

P1090880

甘いものも大好きなワタシとしても、大満足な〆スイーツとなりました♪♪

 

 

5月17 日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~42BAR(フォーティートゥーバー)

5月17日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”で紹介したのは、今年の3月にオープンした、42BAR

約30年前、すすきのの外れである意味伝説を作った、“AL’S BAR”

この名前にピンときた世代の方々にお勧めしたい、「遊び慣れた大人のためのBAR」

 

昨年新しく建てられた、36号線沿いのToMoRUビル

その10Fにあるのが42BAR

P1070743 P1070739

エレベータが開くと天井には目を惹く照明が・・・

そして入り口からカウンターを望むと、オーバー40代なら、「バブルっぽい!!」と、思ってしまう煌びやかなカウンターが!!

P1070731

最近、こういう感じのカウンターは、あまり見かけなくなったかも!!

そして右側のテーブル席

P1070727

うわぁ~!高そうな照明!

テーブルも扱うのに気を遣うガラス製!!

P1070735

最近がデザイン重視でないとは言いませんが、昔はホントに、見た目が一番大事ってことで、メンテナンスが大変なものが多かったんですよねぇ

そんな時代に一気にタイムスリップさせてくれる内観なのです。

と、個人的に気に入ったのは、左側・窓側のソファ席^^

_DSC1553小

カウンター・テーブル席とは正反対の落ち着いた雰囲気!

_DSC1560小 _DSC1552小

壁には(お高そうな)アートがずらり

実際に、こちらのソファ席でオーバー40代の女性4名と女子会をしたのですが、これがまた落ち着くんです!

流れているMUSICにも、いちいち反応しちゃうくらい(笑)

その時いらっしゃっていたお客様も、たぶん同世代と思われ、騒がしすぎず、かといって静かすぎずの、ちょうどよい心地良さに、女子トーク全開で盛り上がってしまい、私たちが一番うるさかったかも^^;

と、雰囲気が十分伝わったと思いますが、システムの方はと言いますと、フリードリンクプランがメイン

P1070301 P1070312

フリードリンクといっても、フリードリンクらしからぬ内容

1人4000円(テーブルチャージ+500円・ラウンジチャージ+1000円)のプレミアムコースは、なんとシャンパン、 “モエ・エ・シャンドン”が含まれているんです!

ほか、店名にちなんで42種類用意したという、モヒートなどのカクテル

P1070753 P1070762

生ビールは札幌でもまだあまり導入されていない、バドワイザーのアイスコールド

 

P1070745

そして個人的にはココが一番のツボであります、シングルモルトまでフリードリンクに含まれているんです!!!!!!

P1070316

シャンパンを散々飲んだ後、シングルモルトを数杯いただきました^^;

P1070733

他、プレミアムスピリッツ、クラフトビールなど、180種類ほどの全ドリンクが2時間フリーフロー!!

さらに、お好きなフード1品がついてます!

P1070309  P1070307  P1070314

※メニューによって100~400円の追加料金が発生するものもあり

P1070758

おつまみだけじゃなく、NYクリスピーピザなどの小腹を満たすメニューや、真夜中のパンケーキなどのスイーツも^^

_C8A0275真夜中のパンケーキ

 

プレミアムコースはソファ席を使用すると、2時間5000円ではありますが、内容的には5000円以上の価値があると、断言できますっ!

と、人より量を飲む(しかも味にうるさい)ワタシとしては、雰囲気も含め“ホッと”出来た空間でした^0^

※シャンパンではなく、スパークリングワイン(シャンドン)の3000円コースや、2500円のお手頃なコースもあり

 

★42BARのinstagramのアカウントはこちら

 

3月29日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~Bar Vespa SAPPORO

3月29日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”で紹介したのは、 Bar Vespa SAPPORO(バーベスパ サッポロ)

P1050517 P1040763

バーとしては珍しく、全国にお店があるんです。

もともと、40年ほど前に熊本でスタートし、その後福岡の中洲・東京の銀座・京都の祇園にお店が出来、1年8ヶ月前に札幌すすきのに5店舗目がオープンしたかたちです。

P1050480

カウンターに立つ、神吉英典(かんきえいすけ)さんは福岡出身。

師匠が始めたBar Vespa福岡店でバーテンダーとして働いたのち、熊本以外のお店の経営を引き継ぎ、各お店を定期的に回っているそうです。

神吉さんがいないときは、各店舗のバーテンダーが入れ替わる形でこの場に立ちます。

そんなしくみなので、出張などでベスパのある場所に訪れた際、安心して立ち寄れるというわけです^^

銀座や祇園なんかは初見では入りにくい雰囲気もあるので、1軒でも知っているお店があるとほっと出来ると思うのです!

それから各地方の情報が聞けたりするのが魅力的!!

福岡や京都などに旅行に行く前にベスパで情報収集すれば、いつも以上にディープに楽しめそう♪

 

とさっそく、ベスパに来たらぜひ飲んでもらいたいというカクテルを2つほど作っていただきました。

P1050487

ショートカクテルといえばやはり、マティーニは外せませんよね^^

神吉さんがマティーニを作る姿を見ていて改めて思いましたが、作っている姿からして作品ですよね。。

動作の一つ一つに魂がこもっているのが伝わってきました!!

そうしてグラスピッタリに注がれたマティーニ あまりの美しさに、いろんな角度から撮影してしまいました・・・

 

そしてもう一つが、アイリッシュコーヒー

P1050493

神吉さん曰く、誰よりも“極めた”1杯とのこと

というのも、バーテンダーはカクテルについては専門家ではあるけど、コーヒーについてはプロフェショナルではない。 それならコーヒーを極めれば、究極の1杯が作れるのではないか・・・と、銀座のカフェ・ド・ランブルで研究したそうです。

ちなみにこの赤いポットはランブルと同じだそうですよ^^

P1050502

アイリッシュコーヒーは数回飲んだことはありますが、どれもカップでの提供だったので、こんなグラスで出てくることにまず、ビックリ!

そして、炎が上がったことにもビックリ!!

またまた作る工程を、じ~っと見つめてしまいました

P1050504 P1050514

生クリームの真ん中にはオレンジピール

このオレンジピールの香りが期待値を上げてくれるのです^^

最初はクリームとコーヒー、そしてそのあとにウィスキーがス~ッと喉を通り、最後にザラメの甘みが・・・ 間違いなく、今まで飲んだアイリッシュコーヒーとは違うものでした。。。

“極めた”という神吉さんの言葉、その通りだと思います!

こちら1杯2000円と、決してお安くはない価格ですが、1杯に込められたこだわり、そして味わい・・・飲んでいただければ間違いなく納得のいくお値段かと思います。

と、ベスパはメインのカウンター7席(&テーブル4席)のほかに、隠し部屋のような個室のカウンター(5席)があるのですが、こちらがまた、モルト好きにたまらない光景なんです!!

P1040767

P1040766 P1040794

せっかくなら、メインのカウンター席の棚と違うラインナップにしようと考え、モルトを並べることにしたそうですが、モルト好きなワタシとしては、この棚を眺めながらモルトをいただくのは本当に至福の時♪

メインのカウンターで飲むのとはまた、違った雰囲気で楽しむことができます^^

P1040790 P1040796

フードはおつまみはじめ、パスタやドライカレーなんかもありました^^

P1040793

こちらはチョコレート盛り合わせ モルトを飲むと、美味しいチョコレートがチョコっと欲しくなるのです^0^

メニューをながめていると、“ドライ明太子”という文字を見つけました!!

もしやあの、1月に大丸札幌店の催事で、初めて食べてドはまりしたドライ明太子??

まさかBARのメニューにオンリストされているとは、さすが福岡にお店があるだけあります!!

そしてもう一つ、馬舌の燻製!! 次回行くときは絶対、食べてみたいっ

 

Bar Vespaは17:00~19:00まではノーチャージ(以降、1000円)

個室カウンターは予約も可能だそうです^^

 

そうそう、神吉さんに最初にお会いしたとき、口数の少なそうな硬派なバーテンダーさんなのかな~って勝手に思っていたのですが、お話しすると九州弁なこともあって、すごく肩の力を抜いて話せるんです♪

そんなところが“ホッ”と一息つけるBARだなぁって思ったのでした^^

 

3月15日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~LIBeRtIn(リベルタン)

3月15日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息でご紹介したのは、2月27日(月)にJ-BOXビル1階奥にオープンしたばかりの【LIBeRtIn~リベルタン

P1050380 P1050378

オープンして間もない時に取材させていただいたので、お祝いのお花がまだ、たくさん飾ってありました^^

と、オープン間もないのに“ほっと一息”できるなんて分かるの?と、思う方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらのお店は、the bar nano. の3店舗目なのです!

ナノさんは個人的にも時々利用しておりまして、オーナーの富田さんの人柄も存じ上げている方かと思っております。

その富田さんから、「自分自身がフラッと立ち寄りたくなるようなお店を作りたかった」と伺っていたので、それは間違いなく“ほっと一息”出来るお店になるに違いない!と、自信をもってご紹介したわけです^^

P1050373

同じビルの4Fにあります、the bar nano gould.に比べると、明るめでかなりカジュアルな雰囲気。!

外からも店内の様子が分かるので、確実にフラリと入りやすい!!(the bar nano gould.は、初めての方はちょっと緊張する雰囲気かと思うので^^;)

BARというより、英国のパブのようなお店にしたかったとのことでしたが、確かにそんな印象を受けました^^

 

P1050384

ドリンクは、札幌出身で東京・世界で活躍するスピリッツバイヤーの北梶氏がセレクトしたウィスキーが約70種が800円~、

そして本日のゲストビールと題した、ちょっと珍しいクラフトビールも800円前後で用意。

17309116_1794135154239585_680391035013385424_n

実は、紙面で紹介していた“ライハマー”は早々に完売してしまったようで、FB情報によると、“アウトリガー パシフィックエール”が開いているそうです。

ただ、こちらもなくなり次第、次のゲストビールに切り替わりますので、気になった方はお早めに!

P1050395

カクテル(特にコーヒーカクテルに力を入れているそうです^^)、アブサン、そしてワイン(道産ワインもアリ)なども扱っており、好きなモノを自由にという、まさにパブスタイルなラインナップ^^

 

パブといえばおつまみも大事なアイテム!と思っているのですが、メニューを見るとその期待を裏切らないラインナップ!

P1050389

酒場鶏揚<ザンギ>とアイラウィスキーマヨネーズ

マヨネーズにアイラウィスキー♪♪たまりません^0^

 

P1050392

池田町つくね芋の磯辺焼き600円

あ!ワタシのイチオシの池田町のつくね芋!! ススキノで出会えるとは感無量~~

ナノさんは、もともと道産食材を意識して取り入れているのですが、ますますその色が濃くなっている感じです^^

他にも、大きなフィッシュ&小粋なチップス950円や、夜中に急にご飯もの食べたくなった人にも嬉しい、ビールで煮込んだ札幌黄のカレーライス750円などなど、18:00~朝4:00まで営業しているので、その人・その時々に合わせて活用できそう♪

 
オーナーの富田さんは、the bar nano gould.でバーテンダーとしてカウンターに立たれているわけですが、店が終わった後、毎日のようにリベルタンに立ち寄ることになるのでしょうか^^

そしてワタシも、ちょっと飲み過ぎてご陽気になっている時に、フラリと立ち寄っていることもあると思いますが、そんな時は温かい目で見守っていただければ嬉しいです・・・^0^;

 

 

 

pageTop