札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『出会い』カテゴリーの投稿一覧

今、一番アツい北海道の町・江丹別!!

先日、久しぶりに遠出をしてきました^^

向かった先は、“江丹別”

江丹別の青いチーズのFBで、江丹別に素晴らしいレストランができたと、ブルーチーズドリーマーの伊勢君がアツく語っていたので、気になっていたのです。

01a93af0f42bdfe82cbe1fdee68898d96cf8c16ad7

お店の名前は、Chirai-チライー

8月11日(日)に、グランドオープンしたばかりの出来立てホヤホヤのレストランカフェ!

と、ディナーで行くなら当然、飲みたい

宿泊地はどうしよう・・・

そうだ!キャンプにしよう!!と、グーグルマップで見つけたのが、江丹別若者の郷グリーンパーク

01a1b3aeb0c84895e1527e8a3c3ef758dc580612cd

なんとキャンプ場は無料で利用できるうえに、ものすごく美しい!!

ギリギリで問い合わせたので、さすがに空いていなかったけど、コテージもあるんです^^

これは素晴らしいキャンプ地を見つけた~~と、友人一同、大盛り上がり♪♪

ただし近隣にコンビニやスーパーなどはないので、鷹栖で購入してから向かうことをオススメします

01a3b1d3fe45696778f771942e12039312e4d5dba8011fda2039d2c5c21f6acb96f5b56f96992bd59ac2

レストランまでは、ゆっくり目に歩いて15分ほど

下りなので、子どもでも楽々

蕎麦畑などの美しい風景に癒されながらなので、あっという間でした^^

0135ba3ed06d6e153f8c73201f7abdc9500175d2e7

 

017d2aeb7cb44207c8a68335767507cba28c808a0f 01985d2fa94a3db779c3389566a8cc235cf8c0b429

ちょうどイイ感じでお腹も空いてきて、期待度はMAXに!

013e79bd613789067df4e703b8de79ed5b121bcddd

店内は、一枚板の白樺のカウンターと、4人掛けのテーブル席が3つ

窓側はベンチシートになっています

子どもを入れて8名で行ったので、2つのテーブル席をくっつけた状態でのテーブルセッティングでした^^

P1450020P1450015

カトラリー置きも白樺♪

テーブルの上の照明もステキでした^^

 

レストランにはもちろん初めて行ったのですが、ブルーチーズドリーマーの伊勢くんを介して、事前にメールでやり取りをし、かしこまったコースではなく、“のん兵衛仕様”のコースにしていただきました(笑)

P1450022

最初に運ばれてきた、サーモンとタコのカルパッチョ

どちらもぶつ切り状態でものすごく食べ応えがあって、さらに下に隠れていたマッシュポテトもちゃんと美味しくて、まさに“のん兵衛仕様”な前菜に、すっかりご満悦^0^

そして自家製シャルキュトリーの盛り合わせで、イチコロ状態・・・

P1450029

こちらもお皿が、立派な白樺です!

P1450028

この日は、伊勢ファーム乳のみ豚の自家製ハムもあり、そのほか鴨や牛タンなどなど、一つ一つが全部オイシイ!!

正直、江丹別でココまでのシャルキュトリーを出すなんて!!と、かなり驚きました

P1450033

こちらはトリッパの煮込み

さすがはのん兵衛仕様(笑)

P1450039

焼いている時から甘い匂いに誘われまくっていた、スペアリブ

P1450042

そして魚介のトマトソースパスタ

P1450035

ちなみに子どもたちには、こちらのカルボナーラを用意してもらったのですが、これがまた飲まさる系で、ついつまんでしまいました(笑)

P1450044

せっかくだから、江丹別の青いチーズも食べたい!と言ったら、スライスして出していただきました^^

食べてビックリ!

ものすごくミルキー!!

江丹別の青いチーズは何度も食べておりますが、ココまでミルキーなのは初めてかも!

何でもこの時期だけの味わいだそうで、そんな江丹別の青いチーズに地元で出会えたことに感動~~

 

ちなみにワインは白3本・赤1本を6人で完飲

まだまだ飲めるメンバーですが、キャンプ場に戻ってからも飲む気満々だったので、今回はこの辺で(笑)

失礼ながらワインもそこまで期待はしていなかったのですが、ビックリするほどお安いのに、ちゃんと美味しいワインばかりで大満足!

 

P1450048

そして驚いたのが、江丹別の青いチーズを使用しているチーズケーキ

そのままチーズを食べるより、ブルーチーズを感じることのできる、チーズ好きにはたまらない大人スイーツ!!

これは、お土産で販売したら絶対売れると思う!と、一同アツく推す(笑)

P1450050

こちら、オーナーシェフの嵯城さんと、ブルーチーズドリーマーの伊勢君

ちなみに嵯城さんんは、旭川のホテルの結婚式の料理を担当していたそうです

その時から腕のいい料理人がいると評判で、ブルーチーズドリーマーの伊勢君の熱意もあり、江丹別にレストランを作ることになったそうです!

 

そのブルーチーズドリーマーの伊勢君は、仕事が終わってから顔を出してくれました^^

伊勢ファームに初めて訪れたのが、6年前

その前にランスさんで、こんなイベントにも参加していました

 

その時から、若いのにというか、若いからこそ、アツい思いを持った青年だなぁと思っていましたが、最近は若いからだけではない、さらなる情熱を感じるようになりました。

その思いが、今回(失礼ながら)何もない江丹別に、こんな素晴らしいレストランをオープンさせるまでになったのだと、改めて思いました。

0198c558e52e6429bc9c781aecdfae3426eea18dc4

そんな彼が今年出版した本

ここ数年、年に何度か会う機会があり、その際にも話を聞いてはいたのですが、改めて読むと、年下なのに尊敬する事ばかり

ポジティブシンキングという言葉だけではない、マイナスをプラスに変える行動力、今回同席した息子にも感じて欲しいなって、素直に思いました^^

 

ちなみにキャンプ場までの帰路は、嵯城さんにピストン輸送していただきました^0^;
(なにせ、タクシーが走っていないもので^^;)

“それくらいのことは地域をあげておもてなししますよ!” と伊勢君

今、彼が取り組んでいる“熱中小学校江丹別分校”も含めて、これからの江丹別から、目が離せません!!

 

 

翌日は、伊勢ファームの敷地内にあるカウ&カーフにも立ち寄り、久しぶりにソフトクリームも味わいました^^

01ee5f877d1bfb1fd1b335ef9db6ad1a3b094be105  01682aede3c921af36710248a576d476ae5ed60fb7

↑最近、中田翔キャップをかぶって色々な場所で写真を撮ることにハマっております(笑)

と、子どもたちは砂利で何やら怪しい行動を・・・

昨夜レストランで、伊勢君がチーズと江丹別の話しと同じくらいアツく語ったUFO&宇宙人話にすっかり魅了されてしまったようで、しばらくUFOのトリコになっていました(笑)

子どものハートもわしづかみにする伊勢君、やっぱりすごいわ(笑)

 

 

長靴のミツウマがアパレルのミツウマに!~Mitsuuma Authentic&刺繍屋McQueen

ミツウマ

北海道民なら、一度は聞いたことのある名前かと思います。

そして、実家や祖父母の家には、長靴があったのではないかと・・・

小樽に本社&工場を構える、大正8年創業のゴム長靴のメーカーで、今年の10月10日に100周年を迎える老舗

そんな長靴のミツウマのブランドロゴをあつらえたキャップやTシャツがあることをSNSで知りまして、ず~っと気になっていたのですが、先日ご縁がありまして、取材させてもらいました!

P1430655

ブランドを展開しているのはこちらの会社なのですが、この刺繍を施しているお店で待ち合わせすることになり、東札幌に向かいました!

P1430679P1430640

工房の名前は【刺繍屋McQueen

P1430677

壁に、いきなりこんな造形物があったり、すごい刺繍のジャケットがあったりと、色んな意味で気になる空間

P1430671

P1430670

店内の奥の方で、機械に向かって作業をしている小林さん

あ、もしやそのキャップは??

P1430669

ちょうど、ミツウマのロゴを刺繍しているところでした!

P1430659

ほぼ独学で刺繍工房を始めたという、小林さん

こちらのPCに希望のロゴやイラストをセットすれば、どんな刺繍も施せるそうです!

P1430667P1430665

精巧な機械の動きに、しばし心を奪われてしまいました・・・

 

P1430646

と、Mitsuuma Authenticのキャップを一堂に並べてもらいました!

P1430647

よく見ると、キャップのカラーに合わせて、刺繍のカラーもそれぞれ違うんですね!

P1430650

そもそも、なぜミツウマのロゴを使用した商品を作ることになったのか、仕掛け人の竹田さんにお話を伺ったところ、本業でもあるTV番組の制作でミツウマさんを訪問した際、すごく惹かれるものがあり、さらにミツウマをあまり知らない若いスタッフに、このロゴがカワイイ!長靴以外の商品があってもいいのでは?という意見に動かされて、ミツウマに相談。

『ゴム製品以外なら、構わないよ』というお言葉をいただき、キャップやTシャツ、トートバッグなどを作ってみたそうです。

イベントで販売すると、世代問わず反応があったそうです!

そして、イベント販売の第2弾が確定しているそうです^0^

67798735_446014455988963_7597436322126495744_n

Mitsuuma Authenticの全プロダクトはもちろん、秋冬向けの一部新プロダクトもこのイベントでお披露目する予定だそうです!

ということで、公式FBページもcheck!

 

 

あなたも札幌のPR大使に!【サッポロスマイル いいとこ発見&発信ウォーク】参加者募集開始

20190726サッポロスマイルツアーA4下版ol_000001

 

昨年も秋と冬に行われた、札幌市民・一人一人がPR大使になれる【サッポロスマイルツアー】が、今年も行われることになりました^0^

その、参加者を本日8月8日(木)~28日(水)まで募集します!

開催日時は

 9月13日(金)10:00~13:30

 9月14日(土)10:00~13:30

 9月14日(土)13:45~17:15

の3回で、各回40名を募集します!

参加費用は無料ですが、現地集合・現地解散となります

参加申込方法など、詳しくは下記ページをcheckしてくださいね^^

サッポロスマイル いいとこ発見&発信ウォーク

昨年はこのツアーで、定山渓と大倉山にワタシも行かせていただきましたが、知っているようで知らなかったことがたくさんあって、改めて札幌のことを大好きになりました^^

そして大好きになると、誰かに自慢したくなるのです^0^

★自慢を詰め込んだ昨年のブログはこちら

定山渓1回目

定山渓2回目

大倉山1回目

大倉山2回目

今回のツアーも参加する予定ですので、今から楽しみです!!

 

イオン北海道・関東フェア 事前レポートを読んでいただきたいのです!!

7月19日(金)~21日(日)の3日間、イオン北海道で行われる“関東フェア”の事前取材で、6月下旬に関東圏に行ってきました!

main_image

成田空港から千葉・銚子に入り、浅草・小田原・宇都宮・鉾田市、そして茨城空港から帰ってくるという5日間の行程、関東って思っていた以上に広いんだなということを認識した取材となりました^0^;

0156fb249a21edeffc4bdf7eae53bc8d6c5f1e3bb2015d0cbd2647b4204812e243ef01aa004c0bd774f7

↑醤油の町ということで、中が樽木の香りで癒しの空間だった銚子駅 ※ちなみに成田から1時間20分もかかってビックリ!

010189c4b1eccce6bc31700438337dcf47e2393aec

↑茨城空港にいた、ねば~る君。また利用することはあるだろうか・・・

 

今回は、UHB・みんテレ(19日(金)はイオンから、フェア中継レポートがある予定)と土曜プレゼンアワー(20日放送予定)のロケハンに“WEB記事ライター兼カメラマン”として同行!

P1430167

↑茨城・旭村でのロケ風景(リポーターは石黒佳奈ちゃん)

 

アラフィフでもまだまだ知らないことがたくさんあるなぁ。。。と、とても貴重な体験取材が出来た5日間でした^0^

ということで、今回の関東フェアで販売する商品の一部を掘り下げて取材したレポートを、イオン北海道のお買い物アプリ内で紹介させていただいたのですが、自分で言うのもなんですが、結構楽しい読み物になっているのではないかと!!

P1420605P1420873

正直うと、あまり興味のなかった干物やかまぼこに感動を覚えたり、伝統のある商品にはやっぱり思いが詰まっているんだと思ったり、美味しいものに恵まれている北海道で生まれ育った道産子のオサナイでも、これはかなわないかも~と、悔しさ半分、だけどワクワクしちゃうこと満載!!

P1420692P1420978

携帯のイオンお買い物アプリ会員登録が、少しだけお手間をかけるかもしれませんが、新規に登録すると食品5%割引のクーポンが付いてくるので、損はさせません(笑)※登録方法はこちら

ワタシは19日(金)から始まる関東フェアで早速使用する予定です^0^

0157d17ed3f9353e5c2b406da3a3b928f53926d4ae  01b02d06cb4f12d29de02ea88eee97c71e830f4822

※ちなみにワタシ、昨年くらいに藤田観光グループのホテルに泊まる際に登録したWAONカードがあったことを思い出し、こちらの番号で登録(ということで、まだ使ったことはなかった・・・^0^;)

ということで皆様、ぜひご一読の上、関東フェアへ足を運んでみてくださいっ!!

P1430137

とりあえず干物とかまぼこと餃子を買って、酒のアテにします(笑)

 

こんなタイ知らなかった!!【サコンナコン県&ナコンパノム県を訪ねるメディアツアー】その10

その1からスタートした、タイ東北部【サコンナコン県&ナコンパノム県を訪ねるメディアツアー】備忘録最終回です!!

~5月20日(月)午後~

なかなか濃密な午前中のスケジュールを終え、ホテルに預けていた荷物をワゴン車に積み向かったのは、こちら

ランチ1

【ペンブラーペン】

ランチ4

メコン川を眺めながら食事ができる、なんとも風情のあるレストランです!!

ランチ2

よく見ると、屋根から水が滴っているの、分かります??

これ、雨が降っているわけではなく、トタン屋根に水を流し、少しでも暑さを軽減させるためのものなのです!

なるほど!!と、思わず声に出てしまった・・

P1410319

すっかりおなじみ、ソムタム

P1410322

ラム肉の唐揚げ

P1410323

こちらも定番となったトムヤムスープ

P1410325

炒飯はあるけど、もち米も別に出てくるのも、もはや当たり前

P1410326 P1410331

P1410328P1410330

揚げ物てんこ盛り×2皿は、さすがに完食できなかったけど、それぞれのソースが美味しくて、いつも以上に食べらさる

P1410334

 

P1410337P1410343

デザートが予想以上にオシャレで、ちょっとビックリ(しかもボリューミー^^;)

P1410335

水は濁っていても、その雄大なたたずまいは、とても美しく感じます^^

思っていた以上に、美しくてオシャレな町だったナコンパノムともここでお別れ

再び、サコンナコンの空港を目指します

01c02557d3e6bb03eda0615297ac9a052a3ac0e220

あれ?行きより小さめ?っていうかプロペラ?? それを見て、若干ドキドキするメンバーたち(笑)

安心してください、乗り心地は全然問題ありませんでした!

01cf627e4d837c38a6e1230895b49b1c24c07fc5f701ffd10075dfa2a8acee0c7af3a0be7de1e98ebb73

日傘がちゃんと用意されている~ そしてこの傘、カワイイ~♪

 

ディナー1

18時ごろドンムアン空港に到着し、再びワゴン車に乗り帰国便の待つスワンナプーム空港方面へ

滑走路を横切り、向かったのは、タイでの最後のディナー会場であります【koh Lanta Restauraut Suvarnabhumi

ディナー

な、なんかすごくインパクトのある入口!

ディナー4 ディナー10

中に入ったらもっとすごい(笑)

 

ディナー2

ディナー8

こちら、空港の近くということで、到着便が超間近で眺められます!

しかもかなりの頻度。これは飛行機好きにはたまらないスポット

P1410361

それでもって料理もまた、豪華!!まさに、タイ最後の晩餐に相応しい内容でした^0^

P1410351

この手のレストランって、味はそこそこかなと思ってしまうけど、タイは本当にどこもハズレがなかったなぁ

P1410352

P1410354

ただ、一度に出てくるので、どれから食べてよいのか、頭の中の整理がつかず、見ているだけでお腹がいっぱいになってくるのが難点^^;

P1410355

P1410356

P1410357

P1410359

P1410360

P1410363

P1410358P1410364

P1410345P1410366

タイ最後の晩餐ということで、もちろん地ビールを^^

最後だからか、かなりハイペースで飲んでしまい、若干足りなかったけど・・・(笑)

〆にフルーツもしっかりいただき、スワンナプーム空港へ

ディナー7

日が暮れると、さらにゴージャス(笑)

タイ国際航空の新千歳直行便は23:55発なので、こうして最後の最後までじっくりタイを満喫できます!

ただし、バンコク市内は渋滞が凄いので、余裕をもって行動す売るのがベスト(なのでこちらのレストランは安心感アリ^^)

 

空港では最後にお土産を購入し、機内でリラックスできる状況にして乗り込んですぐ寝ると、翌朝が楽です!(新千歳空港到着は日本時間AM8:20)

016e239d272e5799bf01c99994f7f64570eb9c696b機内食

ブレブレですが、離陸直後の写真と、朝ご飯(結構なボリュームです^0^;)

 

 

タイ東北部・イサーン地方をめぐるメディアツアー備忘録、これにて完了!

イサーン地方では一度も日本人を見かけることがなく、まだまだ未開の地であることが実感できました。

何より、食べ物がオイシイ!!

ベトナム文化が入っっているので、ベトナム料理も楽しめて2度オイシイ!!

田舎だと思ってちょっとバカにしていたら、ステキなホテルが格安で泊まれる!

藍染め製品がお得!

そして、タイの歴史を知るきっかけも要所要所にあり、色々な意味で身近に感じることができました。

 

昨年、久し振りにパスポートを作ったら、まさかのマニアックなタイ取材旅行が舞い込み、俄然海外旅行モードのスイッチが入ってしまいました!!

そしてタイにはやっぱり、また行きタイ^0^

 

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

その1からのブログURL

その1  その2  その3  その4  その5

その6  その7  その8  その9  その10

 

pageTop