札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『出会い』カテゴリーの投稿一覧

知られざる天塩の魅力 Vol.2

Vol.1からの続きです。

今回の天塩の夜は、町の方のご自宅をお借りして、天塩の美味しい魚介類を味わうことに

013e996aec0d1fade428842123aa10a3e80bd12a45

発泡スチロールの中には、立派な魚やヘラガニなどが、ギュギュウに詰まっておりました!!

0158b1392fc359b1accc511cd3c59e880e2852b4b7

天塩といえば、大きくて立派なしじみが有名で、逆にしじみ以外の魚介類は何が獲れるかなんてあまり考えたことも聞いたこともなく。。。日本海側の町ですから、そりゃ色々獲れるはずですよね^^;

でもワタリガニやヘラガニ、北寄などはすでに有名な町も多いので、天塩でこれほど立派なモノが獲れるとは、想像もしていませんでした!

 

017886aaf5e67df8e8c9ac536119ed347ef063c511

私はトマトのヘタを取るくらいしかお手伝いしませんでしたが、次々に美味しい一皿が完成♪

0188eda44b7bef9d9fa23ec4155d4000d038bf7449

食べ応えがありすぎるお刺身たち・・・

010e1e598bf3b7cdc9e8ed59de916a991e995307c2

 

01a27a32cc636b294a07dfb50f94429c638d99dd08

先ほどのシワシワだった、干しトマト!!魚貝のダシを吸って甘みと酸味もしっかり楽しめました^0^
ちなみにこちらの貝はしじみではなく、あさりです^^;

 

0178e02c7949745d8f0d3ebe4a5a800a44dd6db46f

こちらにはイエロートマト♪

01997833079eebbb2a4fdca69689f43664db9d410101c9e46de210674de4a7b3f7197c04f013474a8d60

ヘラガニのダシが出まくって、ものすごい贅沢なパスタに!! そしてそして、カニの卵スープまでっ

美味しすぎて食べ過ぎちゃいました^0^;

 

その後、旅館に戻ってから小声で宴会(壁が薄すぎて、隣の部屋に話し声漏れまくり^^;)

 

次の日の朝は、漁港や昨晩ご一緒した方の漁のあとの作業を見学

P1120850

この日は定置網にかかったワカサギをひたすら取る作業でした。

P1120848

結構、面倒な作業です。。

細かい作業が苦手なワタシは、見ているだけで気が遠くなる・・・

でも、ものすご~く立派なワカサギで、こんな立派なワカサギが天塩で獲れることも初めて知りました!!

013de1f1dffab8130a4f25749657d898e27703311e

帰宅してから早速フライにして食べましたが、食べ応え満点でした^0^

 

天塩は川と海が写真の真ん中の陸地で隔てられています。昔は海と川の間の土地に集落があったようです。

P1120851

手前が天塩川です。中川町・音威子府村・名寄市・・・北見山地天塩岳が源のようで、北海道内では2番目に長い川で、カヌー愛好家にも有名な川です^^

その後、てしお温泉夕映
※現在は朝9:00から営業していますが、この日は11:00からで、朝から入れなかったのです^^;

いやぁ、びっくりするほどのアンモニア臭で、一瞬どうしたのかと思ったら、この匂いで全国的も有名になったそうです!

ただ、お肌はかなりツルッツルになります^^

温泉からはお天気が良ければ利尻富士が眺められるのですが、昨日に引き続き雲低い状況で、裾野しか見れませんでした^0^;

 

さっぱりした後、お昼ごはん^^

01f27be8a2f538714ab94a17d2bd103ea1e732a70d

道の駅てしおで、自慢の北寄カレー!

01f0bd2c07348336647603cb263e52a2667043f01301bc46728e0576e41b3b24933e0d6c661b33eb6ec3

見た目はものすご~く地味なのですが、北寄カツが驚くほど立派!!

ルーも見た目以上に味わい深くて、食べ応え満点でした^0^

01ab4d4f841b26c6ed19319e653da8fbe0428c89ca

最後の最後まで迷ったしじみラーメンも、しじみがかなりたっぷり入っていて美味しそうでした~~

 

その後、天塩高校の近くにある、厳島神社へ

P1120858P1120860

ものすご~く長い参道!!

そして、天塩に厳島神社があるのは知りませんでした。。

P1120861

天塩厳島神社は歴史的にはかなり古くて、文化元年9月1日(1804)にサケ・マスの漁場経営の守護神として祀られたようです。

夕方までには札幌に戻らなくてはならなかったので、その後、駆け足で天塩川歴史資料館へ

P1120845

立派な赤レンガの建物は、旧役場庁舎だったようです。

P1120865

昔はかなり栄えていたことがわかります。この地図の電球(ボタンを押すと光ります)は何かなぁ~と思ったら、その昔、天塩町の半分が焼失した大火事があったときに、燃えた場所なんだそうです!

P1120866

そんな大火事があった後に、この北の地でまた街を復活させるのは、本当に大変なことだったのではないかと思います。。

ホントに駆け足での見学でしたが、入館料200円の割に、かなり見ごたえのある資料館でした!

 

P1120864

資料館にあった屋号

屋号ってこうしてみると、すごくお洒落なデザインですよね!!

 

016b5cd26799459406494e5e1eee1358b2f524810b  01ff5e8d9c0211d3c6aa8f3e69ce8af60f24ed90bb

町のお菓子屋さんやスーパーにも必ず足を運びます!

P1130718

とりあえず、マスカットサイダー(マスカットは使用しておりませんが・笑)と、しじみラーメンは購入

P1130725

しじみラーメンは東京の有名ラーメン店“ソラノイロ”とコラボしたカップ麺もあるのですが、今回はあえてのインスタント麺で^^

330円くらいするのですが、天然のシジミ貝が入っていてスープが美味しいんです!(特に飲み過ぎた次の日は・・・笑)

 

ご縁があって訪れた天塩町

実は親戚が住んでいるので、他の北海道の町よりはいろいろ知っているつもりではありましたが、実際に行ってみると、まだまだ知らない魅力がたくさんあることに気が付きました。

それは天塩町に限ったことではなく、訪れる町全てにおいて言えることで、とにかく一度は足を運ばなければ(最低1泊しなければ)その町を知っていることにはならないと改めて思ったのです。

 

とりあえず、夕日や利尻富士がきれいに見える日に、再訪したいと思います!!

 

 

知られざる天塩の魅力 Vol.1

9月中旬に、ご縁があって天塩町へ伺う機会がありまして、知っているようで全く知らなかった天塩の魅力を知ることができました^^

残念ながら、あまりお天気には恵まれなかったのですが、天塩町に到着して最初にお邪魔したのは、9月8日(金)にカフェもオープンした、ウノファーム

P1120798

P1120774

P1120800

昨年の1月にその存在を知って、3月に大丸札幌店のいいモノいいコトマルシェで再会

IMG_1779-e1458198359415 P1120755

あれからパンナコッタ・ウーノは、ナチュラルローソンで販売されたりと、着実に全国的にメジャーになってきています^^

P1120760P1120763

やっぱり、ちゃんと作っている美味しいモノは、みんなに伝わるモノですよね^^

P1120758

と、カフェではかき氷やソフトクリーム、コーンシチューなどが味わえます。

P1120771

こちらがコーンシチュー(コーヒー・パン付きで1000円)

美味しい牛乳の味がストレートに伝わってきます!!

シアワセ~~~><

そのコーンシチューの魅力を引き立ててくれたのが、パン♪

店舗を持たない、天塩町のCASARECCIOのパンだそうで、宇野牧場の牛乳を使用しているそうです。

P1120754

パンも販売しているのですが、どんなパンが届くのかは、宇野さんにも分からないそうです。この日は、桃の入ったパンがあったのですが、これがまた素晴らしく美味しかった!!!

正直、天塩町でこんなに美味しいパンと出会えるとは思っていなかったので、かなり驚きました~

 

こちらはみるくかき氷P1120767

ソースは道産のハスカップ

ミルクをフワッフワに削り上げたかき氷、口どけ感がたまりませんっ!!

食べた瞬間、目がトロ~ンってしちゃいました^0^

 

P1120764

こちら、試作品のヨーグルト

やっぱり原料が良いと、何を作ってもスペシャルな美味しさになるんですね!!製品化が楽しみです^^

美味しさに癒された後、美味しい原料を提供してくれている牛たちを見に牧場へ・・・

P1120786

とにかく広い!!(青空だったら最高に気持ちいいだろうなと想像しつつ・・・)

遠くに牛たちがいたのですが、声をかけたらどんどん近づいてきてくれました^^

P1120788

P1120790

か、可愛すぎるっ!!!!!

P1120793

ホントに人懐っこいんです^^
毛並みもキレイで、この牧場でストレスなく過ごしているんだなぁというのが伝わってきました。

P1120796

宇野牧場の牛たちは、この広い牧場に放牧されて、自分の食べたい草を食べたいときに食べ、自由に過ごしているのですが、最新式の牛舎が間もなく稼働するということで、施設を見せていただきました。

P1120775

お、大きい!! ひ、広い!!!

P1120778

これは牛たちも快適に過ごせそう!!

P1120783

そしてこちらはまだ機会が入っていませんが、牛たちが自由に出入りして、搾乳できるスペース

P1120782

牛たちはよりストレスなく、そして人を雇わなくても作業できるこのシステムは、広大な北海道のこれからの未来に必要なシステムなんですと、宇野さんが語ってくれました。

若いのに(若いから)先のことを見据えた取り組み、頭が下がります。。

 

その後、少し北へ・・・

P1120802P1120803

日本海の海岸線沿いにはたくさんの風力発電がありますが、オトンルイ風力発電所はかなり近くまで行くことが出来まして、その迫力はホントに圧巻・・・(天気が良ければなぁ。。。^0^;)

 

P1120805

こちらは幌延町と豊富町にまたがるサロベツ湿原

4階分くらいの階段を上がったのちの景色

P1120809

天気が良ければ利尻富士も見えるそうです・・・(T^T)

お天気の良い日の、夕日が沈む写真を見せていただき、これはリベンジせねば!!と、新たな目標が誕生した瞬間(笑)

 

こちらはトナカイ観光牧場

P1120810

ホントは餌をあげる予定だったのですが、ちょうど餌の時間だったようで・・・^^;

やっぱりリベンジだわ(笑)

P1120815

 

この風景も、天気の良い日の画像を見せてもらって、ある意味怒りを覚えたほど美しかったので、やっぱりもう一度訪ねることにしますっ!!

P1120819

晴れ女のワタシでしたが、雨男2人に囲まれるとさすがに負けてしまったようです^0^;

 

その後、天塩町に戻り、美味しいトマトを生産している農家さんへ

P1120825

竹之内農園さんです。

このハウスの中で10種類ほどのトマトを生産しているそうです。

P1120821P1120822

もう終わりかけということで、割れているトマトが多いとはおっしゃっていましたが、見るからに美味しそうなトマトが鈴なり!!

いろんなトマトをもいでは食べ、もいでは食べ・・・

P1120826P1120827

美味しすぎて、やめられない・止まらない状態^0^;

糖度が高いから、食べすぎるとあれだよ~なんて言われましたが、そんなことは気にしていられないっ!!

P1120828P1120832

と、干しトマトになっていたものをいくつか集めだしました。

『これ、今夜の料理に使ってみよう!』 なんと!それはかなり楽しみっ^0^

 

トマトも素晴らしく美味しかったけど、このパクチーも本当に美味しかった!!

P1120843

とにかく味が濃いっ

苦手な方には、キツイ香りかもしれませんが、お好きな方にはこれくらい濃い方が嬉しいっ!!

P1120841

収穫は既に終わった後でしたが、美しい4種類のじゃがいもが^^

P1120833

美しいモノは美味しい・・・

と、この後は天塩のオイシイモノてんこ盛りの宴へ・・・^0^

 

秋を感じるクラフトたち~HOKKAIDOいいモノいいコトマルシェVol.10

大丸百貨店7階催事場で10月9日(月祝)まで開催中の【いいモノいいコトマルシェVol.10

こちらの続きです^^

毎回、クラフトコーナーも楽しみにしておりますが、今回は心にヒットするモノが多くて小躍りしてしまいました^0^

P1130540

目に飛び込んできた、美しいブルーの陶器!

旭川のABO窯・雅窯の作品とのことですが、この飾ってあるお花もステキで見惚れてしまいました><

01362e1801641d55f6fba2825928fd6980c940812b P1130541

実は前日に、同じ花を購入していたこともあり、やっぱり花器は大事だなぁなんて感じていたり。。

そうそう、このアロマポット、ほうじ茶を焚いていてすごくいい香りだったのですが、作家さん曰く、我が家では孫が来たときにこれでチョコレートフォンデュをしたりして使っていると聞いて、そんな使い方もしていいんだ!って、ちょっと驚いたりもしたりして。。

確かに器って、その人の使い方ひとつで、いろいろな用途に使用できるなって思ったのです^^

 

それにしても今回は心奪われる器が多かったなぁ~

P1130575

余市のキムラヤさんの器

買うなら絶対3個セットでそろえたい!!

 

P1130574

 

千古窯

P1130566

 

KIKORIのポスターはいつもカッコいい!

P1130567

 

 

夏には夏の、秋には秋のアクセサリーが欲しくなるタイプなのでかなり真剣に見入ってました。。。

P1130565P1130538

っしてアクセサリーも、ディスプレイン仕方で見え方が全然違う!と思いました^^

 

P1130569

これは・・・癒されます!!

(間違いなく、心がきれいな人が制作しているんだろうなと思う・・・^^;)

P1130570

オラウータン!!カ、カワイイッ

 

そして初めて見た時からのファンであります、UNGA↑

P1130577

こちらもディスプレイのセンスいに毎回、感心しているのです^^

 

癒しと言えば、サボン デ シエスタのこちらのシリーズの香りにものすごく癒されました!

P1130563

スキンケア用品って、素材ももちろん大事だけど、香りもかなり重要だよなぁって思うのです^^

 

最後に! すっごく癒されたのはこちら♪

P1130505

南区・佐藤洋菓子店♪

P1130507

ディスプレイ含め、すべてが可愛いすぎっ!!

P1130592

感性を高める夏にする~札幌演劇シーズン2017・7月22日(土)よりスタート!

演劇って、人によっては一生縁のないまま終わる方も多いのかもしれません。

演劇・舞台・ミュージカル・落語・コンサート・スポーツ観戦・・・様々なLIVEが日々どこかで行われているわけですが、“娯楽”にあたるこれらのものって、確かに観なくても生きてはいけるわけで、“興味がない”となると、目にも耳にも情報が入ってこないモノなのだと思います。

P

札幌演劇シーズン】という言葉を聞いたことがある方はどれくらいいるかなぁ。。

2012年の冬からスタートしたこちらの取り組み、ワタシは聞いたことはありましたが、ちょうどまだまだ手のかかる子育て真っ盛りで、演劇などのLIVEモノから遠ざかっている時期でもあり、なかなか足を運べずじまいでした。。

昨年、こちらでアップし、アツ~く語らせていただきましたが、本来LIVEと名の付くものはかなり好きな方なので、観だすと閉じていた扉が開いた感じで、タイミングさえ合えば行きたい!!と思っております^^

今回ご縁があって、札幌演劇シーズン2017で各舞台の感想を綴らせていただくことになり、今から演劇モードになっているわけですが、そんな時に、札幌市中央図書館で、「札幌演劇シーズンを知っていますか?」展が開催されていることを聞きつけ、先日足を運びました!

P1090803P1090804

入口のすぐ左側に、過去のポスターも含む、各資料が展示されています。

P1090790

P1090793

「100人の演劇人が活躍する街」づくりを目指す演劇創造都市札幌プロジェクト~それが、札幌演劇シーズンの取り組みなわけですが、その内容も分かりやすく記載されております

P1090792

演劇だけで生活していける方がまだまだ少ない中、演劇だけで生活し、そしてより演劇に集中できるような環境を目指した札幌の取り組みは、演劇だけに限らず、芸術全般に必要なことなのかもしれません

 

と、図書館の奥には、今まで上演された作品の台本や、演劇関連の書籍が並ぶコーナーがあります

P1090800

※許可を取って撮影しております

P1090794

 

P1090795P1090796

その場で閲覧はもちろん、中には貸出ししているモノもあるんです!!

P1090798

7月22日(土)の開演作品であります、【忘れたいのに思い出せない

観る前に全部読んでしまうと、もったいないなぁという気がして、この作品の脚本家であります、南参氏のあとがきを読みました

それだけでウルウルしてしまったので、とりあえずタオルハンカチ持参していきますっ

台本って普段手に取ることがないし、小説とは違うその形式にも興味津々で、もう少し時間に余裕をもっていけばよかったと、軽く後悔^^;

 

P1090799

あ!亀屋ミュージック劇場って、単行本?になってたんですね!!
その際のイナダ氏の寄せ書きがまた、面白かったです^^

 

 

中央図書館、最後に来たのっていつだったかなぁ。。

P1090805

オープンした時はものすごく話題になって、まだ小学生だった姪っ子を引き連れて言った記憶があります^^

改めて見ると、ステキな空間です

P1090801

地下にはこんな素敵な食堂もあったんですね!

P1090806P1090809

と、実は中央図書館は8月7日(月)から改修工事でしばらく休業するそうです。

P1090802

開館してからもう26年も経っていたんですねぇ

お色直しが完了したら、またゆっくり遊びに行こうと思います^^

 

 

 

 

3月29日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~Bar Vespa SAPPORO

3月29日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”で紹介したのは、 Bar Vespa SAPPORO(バーベスパ サッポロ)

P1050517 P1040763

バーとしては珍しく、全国にお店があるんです。

もともと、40年ほど前に熊本でスタートし、その後福岡の中洲・東京の銀座・京都の祇園にお店が出来、1年8ヶ月前に札幌すすきのに5店舗目がオープンしたかたちです。

P1050480

カウンターに立つ、神吉英典(かんきえいすけ)さんは福岡出身。

師匠が始めたBar Vespa福岡店でバーテンダーとして働いたのち、熊本以外のお店の経営を引き継ぎ、各お店を定期的に回っているそうです。

神吉さんがいないときは、各店舗のバーテンダーが入れ替わる形でこの場に立ちます。

そんなしくみなので、出張などでベスパのある場所に訪れた際、安心して立ち寄れるというわけです^^

銀座や祇園なんかは初見では入りにくい雰囲気もあるので、1軒でも知っているお店があるとほっと出来ると思うのです!

それから各地方の情報が聞けたりするのが魅力的!!

福岡や京都などに旅行に行く前にベスパで情報収集すれば、いつも以上にディープに楽しめそう♪

 

とさっそく、ベスパに来たらぜひ飲んでもらいたいというカクテルを2つほど作っていただきました。

P1050487

ショートカクテルといえばやはり、マティーニは外せませんよね^^

神吉さんがマティーニを作る姿を見ていて改めて思いましたが、作っている姿からして作品ですよね。。

動作の一つ一つに魂がこもっているのが伝わってきました!!

そうしてグラスピッタリに注がれたマティーニ あまりの美しさに、いろんな角度から撮影してしまいました・・・

 

そしてもう一つが、アイリッシュコーヒー

P1050493

神吉さん曰く、誰よりも“極めた”1杯とのこと

というのも、バーテンダーはカクテルについては専門家ではあるけど、コーヒーについてはプロフェショナルではない。 それならコーヒーを極めれば、究極の1杯が作れるのではないか・・・と、銀座のカフェ・ド・ランブルで研究したそうです。

ちなみにこの赤いポットはランブルと同じだそうですよ^^

P1050502

アイリッシュコーヒーは数回飲んだことはありますが、どれもカップでの提供だったので、こんなグラスで出てくることにまず、ビックリ!

そして、炎が上がったことにもビックリ!!

またまた作る工程を、じ~っと見つめてしまいました

P1050504 P1050514

生クリームの真ん中にはオレンジピール

このオレンジピールの香りが期待値を上げてくれるのです^^

最初はクリームとコーヒー、そしてそのあとにウィスキーがス~ッと喉を通り、最後にザラメの甘みが・・・ 間違いなく、今まで飲んだアイリッシュコーヒーとは違うものでした。。。

“極めた”という神吉さんの言葉、その通りだと思います!

こちら1杯2000円と、決してお安くはない価格ですが、1杯に込められたこだわり、そして味わい・・・飲んでいただければ間違いなく納得のいくお値段かと思います。

と、ベスパはメインのカウンター7席(&テーブル4席)のほかに、隠し部屋のような個室のカウンター(5席)があるのですが、こちらがまた、モルト好きにたまらない光景なんです!!

P1040767

P1040766 P1040794

せっかくなら、メインのカウンター席の棚と違うラインナップにしようと考え、モルトを並べることにしたそうですが、モルト好きなワタシとしては、この棚を眺めながらモルトをいただくのは本当に至福の時♪

メインのカウンターで飲むのとはまた、違った雰囲気で楽しむことができます^^

P1040790 P1040796

フードはおつまみはじめ、パスタやドライカレーなんかもありました^^

P1040793

こちらはチョコレート盛り合わせ モルトを飲むと、美味しいチョコレートがチョコっと欲しくなるのです^0^

メニューをながめていると、“ドライ明太子”という文字を見つけました!!

もしやあの、1月に大丸札幌店の催事で、初めて食べてドはまりしたドライ明太子??

まさかBARのメニューにオンリストされているとは、さすが福岡にお店があるだけあります!!

そしてもう一つ、馬舌の燻製!! 次回行くときは絶対、食べてみたいっ

 

Bar Vespaは17:00~19:00まではノーチャージ(以降、1000円)

個室カウンターは予約も可能だそうです^^

 

そうそう、神吉さんに最初にお会いしたとき、口数の少なそうな硬派なバーテンダーさんなのかな~って勝手に思っていたのですが、お話しすると九州弁なこともあって、すごく肩の力を抜いて話せるんです♪

そんなところが“ホッ”と一息つけるBARだなぁって思ったのでした^^

 

pageTop