札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『出会い』カテゴリーの投稿一覧

3月10日(日)の夜、一緒に北海道ペアリング、楽しみませんか?

ソムリエもフードマイスターも持っていませんが、人一倍飲んで食べて話を聞いてきた方だと自負しております!

※今までのワインツーリズム関連のブログはこちら

 

生粋の道産子で、北海道愛はかなり強く、どこへ行っても北海道の自慢話をしてしまいます^^;

でもいつも思うことがあります。

それは、地元の人ほど北海道の美味しさや素晴らしさ、面白さに、残念ながら気が付いていない人が多いなぁということを・・・

Sapporo100milesでブログを書き続けて12年目

北海道はますます面白くなる!

それは、食とアルコールのおかげでもあると思っております^^

そんなお話を、美味しいワインと食事をしながら聞けるのって、ホントに楽しいです!

でもって、確実に記憶に残ります^0^

 

53211117_2461991687148331_5350487115656331264_o

こちはこちらのイベント、3月9日(土)一回のみだったところ、すぐに埋まってしまったようで、急遽10日(日)も開催することになったそうです^^

こちらに記載されてる、昨年12月のセミナーを取材したご縁もあり、10日(日)の会にゲストできませんか?とお声がけいただきました^^

冒頭に記載したように、なんの資格も持ってはおりませんが、実際に体感してきたことを伝えつつ、一緒に楽しめたらと思っております!

お申し込みはこちら

 

と、昨年のセミナーの様子を改めて。。

P1320905

農水省北海道農政事務所の事業で行われた【北海道産ワインと地域農業の振興を考えるセミナー】

定員を3割も超えた申し込みで、急遽席を増やしたそうです

P1320906P1320911P1320915

そして、とにかく参加者の皆様の熱心さが伝わってくるセミナーでした!

P1320931

お三方の話を聞いていたら、間違いなく、実際に飲んで食べたくなります!

この日は試飲だけはあったのですが、さすがにお料理は出なかったわけです。。

P1320939

そう感じた参加者の1人でありました、新さっぽろアークシティホテルの水上ソムリエが、ワインクラスター北海道の阿部氏に相談し、今回のイベントを実現する運びとなったそうですよ!

 

P1320947

 

P1320948

※写真はセミナーの時に試飲した道産ワイン

 

 

ちなみに新さっぽろアークシティホテルでのお料理とワインはこんな感じ♪

<当日のメニュー>

オードブル:ニシンのフルーツマリネ
魚料理  :北海道産 真鱈のハーブマリネ焼き フランボワーズビネガーソース
肉料理  :滝川産 鴨のロースト黒酢ソース
デザート :小林牧場牛乳の杏仁豆腐と岩見沢産ハスカップマカロン

ペアリングアクセレーション(ハーブ、ベリー類のソースなど)

<当日のワイン>

OKUSHIRIピノグリ2017(白・やや辛口)
北ワインケルナー2017(白・辛口)
おたる醸造ツヴァイゲルト&MHアムレンシス(赤・ライトボディ)
YAMAZAKIピノノワール2017(赤・ミディアムボディ)
月浦ドルンフェルダー2012(赤・ミディアムボディ)
香り仕込みスパークリング ケルナー(白・やや甘口)
※料理とワインは仕入れの状況等により変更になる場合があります

 

コレは合うに決まってる!!

と、文字だけで脳内ペアリングが始まってしまいました(笑)

 

何かと忙しい時期ではありますが、3月10(日)の夜、お時間のある方はぜひ^^

 

札幌&小樽をバス旅で満喫!【芸術&食 満喫ツアー】その1

2月10日(日)に行われた、【札幌 小樽 芸術&食満喫ツアー

ワタシも参加してきましたので、その時の模様を詳細にレポートさせていただきますっ!!

01498e2ffcba5782c0671f5f4ef21375cc843ed1e4 017299ddad530efa385e80af50bf794e2bf51912b5

1日で話題の5スポットを巡る、まさに満喫なバスツアーということで、あっという間に定員に達したそうですよ!

ファミリーやカップル、男性だけの参加もいらっしゃいましたが、やはり半数以上は女性!

出発は中央バス札幌ターミナル

そこからまず、札幌市白石区菊水にあります、MORIHICO.Plantationへ!

P1350990 P1360009

市内のカフェに大型バスで行くって、なんとなく贅沢感(笑)

Plantationは、MORIHICO.唯一の焙煎工場ということで、中に入ると巨大な焙煎機がお出迎えしてくれます

P1350992

参加者の皆様、さっそくカメラを構え始めました^^

P1360004 P1360010

さすが、生豆の入った麻袋の数が半端ないです!

Plantationでは、今日のツアーの醍醐味の一つでもあります、“焙煎”体験をさせていただいたのですが、体験はこちらの小さな機械で行いました

P1350997

焙煎(ロースト)されていくと、いい香りが漂います^^

P1360015

 

P1360001P1360002

コーヒー豆は生豆の状態ではコーヒーとして味わうことはできないので、焙煎機で火を入れるわけですが、この日入れの仕方で味が変わってくるんですよね

なので、ちゃんとした技術がないと美味しいコーヒーができない

Plantationには4人の焙煎士がいて、交替で焙煎しているそうです

ちなみに今回は、こちらで焙煎した豆を使用したコーヒーを、ランチタイムで味わえるとのこと!

頭の中はすっかりランチモード(笑)

 

Plantationでのもう一つの体験が、ブレンド

P1360017

2階のカフェスペースで、事前に用意された3種の豆を自分好みにブレンドしてお持ち帰り♪

P1360019P1360020

説明だけでは想像できないので、試飲も用意いただいてました^^

P1360022P1360021

オススメは3種の豆を使用しておりましたが、ワタシはコロンビアとグアテマラをハーフでブレンド

P1360026 P1360025

豆のままの方が風味も鮮度も落ちないのですが、家庭にミルがない方はその場で挽いてもらいました^^

ちなみにタップリ200g!

コーヒーのいい香りで癒され、コーヒーで胃袋が急に元気になり、早くランチたべた~い!!

が、その前に、ランチ会場の【DAFNE】がある、【札幌市民交流プラザ】の舞台裏見学です!

P1360031

まずはエスカレーターで4階へ向かいます~

P1360034

ちょうどさっぽろ雪まつり期間中で、雪ミクやゆるキャラ?のイベントが開催されていて大賑わい

P1360036P1360038

普段は、舞台出演者の控室や練習場になる場所で、札幌市民交流プラザの館長による説明

その後、ビルの顔ともいえる“札幌文化藝術劇場 hitaru”へ移動

P1360040

こちらでも館長が詳しく説明してくれます。

ちなみにこちらのカーペットは、華やかなRED

実は4Fの入り口は、草原を思わせる“GREEN”なんです。

劇場へ入る前の高揚感を意識したRED、説明を聞かなければ気にすることもなかったこだわりなどを聞けるのは、こういうツアーの醍醐味です^^

P1360042 P1360053

オペラなども行われる劇場ですから、ソファにも妥協はしていません!

P1360055

あ、先ほど出発した中央バスターミナルではないですか!

やっぱりある意味、贅沢なバスツアー(笑)

P1360046P1360047

劇場内ももちろん見学。

ワタシは以前、白鳥の湖の講演の際に足を運びましたので、中に入るのは2回目

P1360048

実はこの日、翌日に本番を控えていた、こちらの舞台の最終調整を行っているところで、ある意味貴重な様子を見学することができました^^

P1360059

そして今回は、最上階にも足を運ばせていただきました!

なんかすごい!!!

P1360061P1360060

ステージの近くで観るのはもちろんですが、上階に行くとオケピまで見通せるし、演劇全体の動きなども楽しめるので、それぞれの良さがるのがよく分かります!

そして、ここの天井のデザインは、どこに座っても音が良く聞こえるような仕組みなんだそうです。

改めて札幌に素晴らしい劇場ができたんだなぁと、実感しました^^

 

P1360063 P1360064

そしてお待ちかねのランチタイム!

DAFNEについては以前こちらでも紹介しましたが、やっぱり昼の雰囲気も最高にイイです!この日はお天気が良かったのでなおさら♪

P1360069P1360071

その中でいただくランチコースも,本当に大満足な内容♪

“6種の黒いサラダ”

黒大根・黒人参・黒大豆・海藻・ブラックキヌアなどをバルサミコ酢ドレッシングでいただきます♪

まさに女子の大好きな組み合わせ(笑)

P1360077

メインは、肉と魚料理から事前にセレクトしていたのですが、ワタシは魚料理の“茅部産桜鱒のポワレと蕪”をセレクト

P1360075

桜鱒の下に敷かれていた、蕪のピューレがたまらなく美味しくて、テンション上がりまくり!

ホントは白ワイン追加オーダーしたかった~~(笑)

P1360073

付け合わせのパンは3種

全粒粉パンが美味しくてお替りしようと思ったら、やっぱり一番人気で品切れしてました。。女子の考えはみんな一緒(笑)

P1360080

デザートは“タルト・オ・シトロン”

これがまた、食べ応えのあるデザートでして、まさにコーヒーがないと食べきれない~と言った味わい

P1360086

そこで、さきほどPlantationで焙煎体験した際の豆を使用したコーヒーがやってきました!

合う!合いすぎる!!

コーヒーお替りしたかったほど!!!

でも、ツアーはまだまだこれからみっちりなんです~

ということで、名残惜しくもDAFNEを後にしバスへ乗り込み、小樽へ向かいます^0^

・・・つづく

 

 

NYの老舗ワイナリー【LENZ】を味わう

2019年がスタートして、はやくも4日が経ちました。

札幌は穏やかな三が日

元日には北海道神宮へ初詣に行きましたが、とても心地の良い空気が流れていました(おみくじは中吉でしたが^^;)

 

さて、2019年最初の投稿は・・・やはりアルコールで(笑)

皆さん、NYのワインは飲んだことがあるでしょうか?

アメリカのワインと言えば、カリフォルニアが有名ですが、地理的な要素からも、アメリカ東海岸のワインはなかなか日本に入ってこないそうなのです。

そのNYで一番売れているという【LENZ

P1330389 P1330410

このワインに一目(一飲)惚れして日本に初上陸させた方がいらっしゃいまして、現在はNIKI Hillsヴィレッジで取り扱いをしているのですが、良いワインは良いグラスにプロに注いで飲みたい。。。と思いまして、こちらのお店で数量限定で取り扱ってもらうことに!

P1340103

中央区南3条西3丁目TMビルB1Fにありあす、ワインバー モン・レーヴ

P1340106 P1340117

オーナーソムリエの小林さんからも、とても美味しいとお墨付きをいただきましての取り扱いとなりました!

今回LENZは、白(ゲヴュルツトラミネール)と赤(カベルネ・ソーヴィニヨン)があるのですが、小林さん曰く、このワインは赤から飲んでもいいかも・・・とのこと。

それならば、素直に赤から頂きます!

P1340109

以前飲んだ時より、明らかに香りが高い

そしてスルスルと飲み干せてしまうほど、身体になじみます^^

アメリカ=カリフォルニア=太陽サンサン系な味わいという認識があったのですが、それとは全然違う果実味があります

 

P1340122

その後、白(ゲヴュルツトラミネール)をいただく

あ、ホントだ・・・

赤を飲んだ後でも、しっかりとゲヴュルツの特徴を感じる味わいが楽しめます!ちょっと驚き!!

 

ということで、こちらのLENZ・白&赤の2種類が、1杯1000円(ボトル9000円)で、楽しむことができます♪

数量限定ですので、気になる方はお早めに!

 

【モン・レーヴ】

札幌市中央区南3条西3丁目TMビルB1F

011-802-8057(事前にお電話で確認するとよいかもです)

19:00~翌3:00 日休 ノーチャージ

【オホーツクえさし・こころとからだの休暇たび】の想い出 その1

気が付けば1ヶ月も前(1ヶ月が早すぎる・・・)のことになってしまいましたが、9月15日(土)~16日(日)に、こちらこちらで募集しておりました、【オホーツクえさし こころとからだの休暇たび】を実施いたしました。

esasji.750_300.px

その時の備忘録を綴らせていただきます^^

 

9月15日(土)バスツアーに相応しい晴天!

0142c9f6a7b9e53faa95b1bfdf07eba183f53fc9e3

AM7:30札幌駅北口を出発というスケジュールにもかかわらず、全員が集合時間より早めに集まっていただくという、幸先のよいスタート^^

0176ef5c96d71a1163cd61fd7c09d0ed63c062d996

道中の風景にも癒されつつ、バスは北へと向かいます♪

P1280799P1280803

今回のツアーの趣旨などを説明したのち、まもなく配布されたのがこちら。

実は今回のツアーは、オサナイミカのワガママを出来る限り叶えてくれるよう、事前にお願いした内容でして、長距離をバスで移動するのであれば、アルコールは用意いただきたい!と、アツく要望しておきました^^;

その結果、お一人様1本程度のアルコール飲料と、枝幸町から事前に送っていただいた、ホタテの殻に入ったホタテの貝柱!

しかも前日になって、アルコールをこちらで準備るのであれば、セコマオリジナルの十勝ブランでハイボールが女性にオススメなんです!と、担当者に伝え、用意してもらいました^^

そして、“けっして、回し者ではないのですが、ホントにオススメなんですよ~”と、言ったところあっという間になくなってしまいました^0^;

P1280813

そんなわけで、ワタシは缶ビールを(笑)

隣に見えるは、ゴマもち

P1280812

途中で立ち寄りました、名寄の道の駅で思わず購入してしまいました^^

P1280820P1280816

ものすごいゴマ感!すごく美味しかったのですが、ビールにはやはり貝柱が合いました^0^;

 

P1280822

名寄を出た後は、美深の道の駅にも立ち寄り。

3月のツアーで立ち寄った時は雪に埋もれて、上の展望スペースまでは行けなかったので、上ってみました^^

P1280824

ベンチがあって、景色を眺めながら飲食も出来るようです^^

P1280823

が、枝幸に到着するとすぐランチですので、ココではつまみ食いせず、お土産も帰り道で購入することに^^

 

そして予定通り、12時過ぎに枝幸町に到着!

P1280827P1280836

まず最初に向かったのは、枝幸町歌登にあります【大樹】

地域に愛される、お寿司屋さんです^^

実は、昨年の12月に視察で一度訪れておりまして、大変美味しかったのですが、ボリュームがじょせいにはちょっと多いかも・・・などと感想を述べさせていただきましたところ・・・

P1280833

通常は蕎麦とのセットになっている人気の海鮮丼を、今回のツアーに合わせて、お吸い物とサラダのセットにしていただき、ご飯も気持ち少なめに盛っていただきました!

P1280834

結果、皆さん最後まで美味しく味わっていただき、キレイに完食!

大満足のランチを堪能し、バスに乗り込み約30分

P1280840

目的地は“北見神威岬公園”

P1280864

ちなみにこちら、石田ゆり子さん出演・ダイハツムーブのCMロケ地でもあったようですよ^^

思わず、石田ゆり子さんになりきって撮影しようかと思いましたが、近くにムーブっぽい車がなかったので、諦めました(笑)

 

神威岬といえば、積丹を想像される方が多いかもしれませんが、枝幸町にもあるんです^^

P1280841

それにしてもなんと素晴らしい快晴!!

さらに9月なのに、そしてオホーツク海なのに、“暑い”という声

この日は地元の人も驚くほどの暑さでした^^;

P1280845

おかげで、積丹ブルーにも負けない、“オホーツクブルー”を堪能することが出来ました^^

P1280842

ん??

何やら釣り人がチラホラいらっしゃいます。

P1280847P1280852

そこで、下まで降りることに

すると、小さな川がカラフトマスの遡上で大渋滞していました!

P1280856

思わぬ遭遇に、みんな大興奮!!

 

P1280890

その後、ウスタイベ千畳岩を鑑賞

P1280869

P1280872

千畳岩は、溶岩などが急に冷えて固まったときに起きる“柱状節理”という現象から生まれるそうです!

なんだか、北海道じゃないみたいな光景

01a98c7c6b5bd445f07c886e0dcc81576dd95e51a2

思わずこんな記念撮影までしちゃいました(笑)

 

P1280882

こちらはヨガ講師のやえ先生

さすが、姿勢がキレイ!

オホーツク海の雄大な風景で心の洗濯をした後は、“オホーツクミュージアムえさし”へ

P1280900

こちらでも紹介していますが、無料なのにものすごく見応えのあるミュージアムなんです!

P1280894P1280892

初めて訪れた皆さま、興味津々

P1280896

私は3度目ですが、それでも楽しめました^^

P1280898

そうそう、2階の展示場には黒電話があるのですが、イマドキの小中学生はどうやって使うか分からないそうです・・・^^;

 

P1280902

しっかり枝幸町の歴史を学んだあとに向かうのは、この山の上にあります“三笠山展望閣

P1280906

 

P1280907

眺めの良いこちらのカフェで、ブレイクタイム

P1280909

P1280914

暑かったので、アイスティーをオーダー

青い空&海に映える~~^0^

今年の営業は9月24日で終了し、全面改修工事をして来春オープンするそうなので、どう変わるか気になります!!

P1280920

気が付けば、日が傾きはじめていました。。

この後、夕食会場&宿泊先であります、うたのぼりグリーンパークホテルへ向かいました

 

・・・つづく

 

 

雨の日のサッポロビール園で、おおば比呂司繋がりの会

先日の雨の日に久しぶりにお邪魔したサッポロビール園の【ガーデングリル

P1250860

この個室で開催された“女子会”が相当濃くて、面白かった

P1250832

と言っても、行くまでどんな方が来るのかもよくわからず(笑)

実は異業種交流会的なものはあまり得意ではないので、そんなに顔を出すことはないのですが、誘ってくれた方とは一度飲んでみたいと思っていたので、締め切りのさなか、半ば強引に時間を作って参加してみたのです。

そういう時って、たいてい参加してよかった!って思えることが多い気がします^^

01a95d7b181a1f38cda2992db4d96cf4525deeb47e

今回は、おおば比呂司さんの没後30年を記念して動いているプロジェクトにかかわっている方が数名いらっしゃったのですが、いままで何となく見たことのあったあのイラストが、おおば比呂司さんの作品だったのかって、改めて思わせてくれるきっかけになって、個人的にすごく楽しかったのです^^

まずは、トモエの味噌

00000038_photo1

※画像は公式サイトより

まさによくスーパーで購入しているこちらの味噌のイラストもおおば比呂司さんのものだったんですね!

あとは、焼き鳥の缶詰とか、せんべいのパッケージとか!思い出すと色々あるものです^^

そしてその昔、ANAの時刻表のイラストも描かれていたそうです!

その会社の女性社員が参加されておりまして、さらに8月から【おおば比呂司の旅したヨーロッパ紀行】ランチを提供するオークラ札幌の女性社員も

201807_03

※画像は公式サイトより

 

そして以前こちらで紹介したこの都のある、北海道150年記念カレーのイラストもおおば比呂司さん

P1250485

コチラを手掛けた会社の女性社長も参加

(ちなみにこのカレー、かなり売れているそうです!ワタシも食べましたが、ホントに美味しいんです!とくに大豆ユキシズカカレー、豆好きに最高です!)

それもそのはず、【おおば比呂司没後30年プロジェクト】の仕掛人・三島敬子さんが音頭を取っての女子会だったので^^

それにしても、集まった女性陣、ホントにバイタリティのある方ばかりでした!!

P1250835

この腕が、それを思わせている(笑)

女性が当たり前に働ける世の中になったのは、男女平等と言われながらも、社会は全然そうじゃなかった時代に頑張ってくれた女性陣の努力があってのことなんだと、最近よく思います。

弱音を吐けば、『だから女は・・・』なんて平気で言われていた時代

苦労していてもそれをあまり表には出さず、スマートに生きる姿・・・

 

そんなことを語った飲み会ではなく、かなり大いに盛り上がったんですけどね(笑)

そこがまた良かった!!

というのも、ワタシ以外の皆さんは、この前にサッポロビール博物館で、プレミアム見学会に参加して既に1杯(2杯??)飲んでいらっしゃったので、最初からテンション高めでした(笑)

 

P1250840

そしてやっぱり、みんなでジンギスカンって盛り上がりますね!!

道産子って、普段なかなか食べる機会がないのですが、こうやっていただくとオイシイし、楽しい!!

P1250843

それにしても美味しいラムでした^^

P1250847  P1250849

すっかり楽しくなってしまって、普段は率先して頼まないビールにまで手が伸びました(笑)

エーデルピルスとエビスブラック♪(ちなみに飲み放題メニュー!)

蒸し蒸ししていた夜のジンギスカンだったので、いつも以上に美味しく飲まさりました!!

P1250851

そうそう、ソフトドリンク(もちろん、ナポリンとシトロン!)のジョッキはサッちゃんとポロ君って、知ってました??

 

P1250836 P1250837

そして箸袋の裏に、ジンギスカンの美味しい焼き方が書いているのも、改めて知りました!!

 

P1250831

ガーデングリルの個室から眺めるサッポロビール博物館、雨の日は緑がより濃くて、なんだかすごくいい雰囲気でした^^

画像はないですが、(閉店ギリギリまで居座ったので)ライトアップした姿も美しかったです!!

 

ということで、8月はおおば比呂司巡りをしてみようと思います^0^

 

★おおば比呂司没後30年プロジェクト クラウドファンディング募集中★

pageTop