札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『出会い』カテゴリーの投稿一覧

ほっこり気分になった、いいモノいいコトマルシェVol.18

01751e3fe8c7442cf9e6b94d6e45f9f2785b0f7af5

10月6日(水)から大丸札幌店7階催事場でスタートした、【いいモノいいコトマルシェVol.18

自称追っかけのオサナイとしては、チェックしに行かなくてはいけません(笑)

P1780146P1780147

まずはこちら、大丸札幌初出店となります【ジョイパックチキン】

釧路のソウルフードですが、2年くらい前に琴似に進出されているお店で、名前は聞いていたのですが、今回初めてお目にかかりました

P1780199

個人的に、味を確かめる前にこのパッケージにやられました(≧▽≦)

もう、一度見たら絶対忘れないインパクト!

1周回って映える系!!

P1780202

そして、そのパッケージから漏れてくる食欲をそそる香り

期待しまくって頂いても、期待を裏切らなかった、子どもから大人まで大好きな安定の味

なんか惚れました(笑)

P1780164

ジョイパックチキンと合わせて購入したいのが、じゃがいもFACTORYのトロワポテチ

これを添えれば、さらに映え系なおかずが完成!

P1780165

 

P1780166

映え系と言えば、こちらも初出店となる【FAKE surprise sweets】

P1780167

手土産にしたら絶対盛り上がるスイーツ!

P1780168

そして、秋と言えば栗!

P1780209

この断面で美味しさが伝わっているのではないかと思いますが、【お菓子のほんだ】の栗パイ

うっかり夜に頂いたのですが、速攻でハードリカーが欲しくなってしまいました(≧▽≦)

P1780172

もちろん定番のアップルパイもあります!

P1780207

もう何度か食べているけど、今回のは程良い酸味が広がって、食べ飽きしない味わいでした!

季節・種類によってリンゴの味が全然違うんだなぁって実感

 

 

P1780152P1780191

実は食べ逃していて未体験だった【175°DENOカレー】が、イートインで味わえます

※イートインブースの利用はカレーのみ

P1780193

プラ皿に入れるとどうしても、量が少なく感じてしまうのですが、食べ終わったら結構お腹いっぱいで、かなり満足感あります!

P1780195

でもって、 最後まで冷めない(ラーメン屋のこだわりとのこと!)ので猫舌の人は要注意

P1780189

今回はどちらもレベル1にしたけど、DENOマニアならレベル2でもイケたかも!

ただし、レベル1でも鼻汗が出まくりです(^^;)

ちなみに冷凍販売もしておりましたので、自宅で出来立てを味わうことも可能ですよ!

P1780163

他にも、毎回人気のハセストやチェットベーカリーおもやに佐藤洋菓子店、前回紹介したLa Boucherie29やトリタベルカなどなど、ほっこりさせてくれる北海道のオイシイモノが揃っています♪

 

017eb68df0352a4e4bed9bf3eb0679cea9b389c1a3

そして食だけでなく、クラフトも要注目!

P1780175

今回が初出店となる、【野口染舗】

通常は廃棄されている抽出済のコーヒーで染めたという製品の風合いがステキ過ぎました!

P1780176

今時期の北海道の風景にもしっくりしそう!!

P1780184

秋になると、シルバーよりゴールド

しかも少し落ち着きのあるゴールドがいい

個人的にもそんな色合いの指輪を作ってもらったことのある【goodman jewelry works】も出展中

 

でもって秋になると、やたらとお皿が欲しくなる・・・のは私だけ???

P1780181

P1780178

ステキな食器が並んでいたUNGA↑は、ディスプレイがズルいんだよなぁ~

全部ほしくなっちゃう(≧▽≦)

P1780183

そうそう、このトートバックの生成を使用していますが、使えば使うほど自分になじんでいるのが分かるんです!

たくさん入るけどスッキリしていてさらには丈夫なので、ホントに気に入ってます^^

 

最後にほっこり!

P1780156

【定山渓万世閣ホテルミリオーネ バーチテラス】のかっぽんパン
※こちらは8日(金)までの出店

 

いいモノいいコトマルシェは10月11日(月)まで!!

さらに進化していたニセコ その1~ニセコ蒸留所

013045ca304b2cab9ef12f97d1629bc5f2f6e24384

進化し続けるニセコ】のブログを綴ったのは2018年

昨年から新型コロナウイルスの影響で、インバウンド需要がストップしてしまい、現在のニセコがどうなっているのか純粋に気になっていました

そんな中、いつも様々な食の情報を届けてくれる友人に誘われ、先日1泊2日でニセコ研修旅行へ

あまりに内容の濃い2日間で、写真と情報の整理が追いついておりませんが、まずは2021年10月1日(金)にグランドオープンする【ニセコ蒸留所】をご紹介します!

ニセコ蒸留所19

こちらがニセコ蒸留所

P1770355

全員、初めて行く場所なので無事にたどり着けるかかなり不安だったのですが、グーグルマップを頼りに森の中を車を走らせていたところ、こちらの看板を見つけました!

その看板の横の坂道を登りきったところに、美しい建物が現れたので、しばし口を開けて眺めてしまいました

こちらは2020年12月に完成したそうです

P1770302

このサインを見ただけでワクワクが止まらなかったのに、さらに進んでいくとこんな素敵な看板が!

P1770303

さらに奥を覗くと、とてつもなく素敵な空間が広がっていました!!

ニセコ蒸留所33

入口からは想像できない、天井の高さ!!

ふんだんに使用されているのは地元のカラマツ

ニセコ蒸留所22

左手には2台のポットスチル

ニセコ蒸留所9

右手の大きな窓からは、緑と白い砂利が美しい庭が目に飛び込んできます(写真は外から撮った図)

ニセコ蒸留所3

グランドオープンに向けて絶賛作業中でしたが、組み木のカウンターもステキ過ぎます(≧▽≦)

ニセコ蒸留所7

そしてこちらのショーケースに目を向けると・・・

P1770317

P1770305

P1770306

P1770307

P1770312

見たら全部買いたくなってしまうような道具や器がズラリと並んでいます!!

『外国人観光客が多く訪れる立地を活かし、酒類に加えて日本の伝統技術や職人技を感じ、ウイスキーのように “時間の経過とともにさらなる価値が深まる” 逸品を揃え、世界へ紹介していきたい』という想いのもと、世界に誇れる製品を展示販売しているそうです

中にはものづくりの町としても知られる新潟・三条&燕三条の製品も!

ニセコ蒸留所の代表は、八海山酒造の代表でもありますので、新潟繫がりとなります^^

P1770311

ということで、店内奥の棚では、八海山酒造をはじめとする日本酒や、八海山酒造が手掛けるクラフトビールなどの販売も予定しているそうです

ニセコ蒸留所22

今回は事前に取材のお願いしをしておりましたので、この金網の向こう側、ポットスチルの上部まで見学させていただきました!

ニセコ蒸留所15

う、美しい・・・

P1770338

蒸留は終わっていたので中身は空でしたが、ライトを当てていただき、中をのぞかせてもらいました

この黒いのはヒーターで、これで熱を入れて蒸留させているそうです

P1770326

ちなみにこの巨大な袋の中には1トンの麦芽が 入っているそうなんですが、この1袋で約500Lのウィスキーが出来るそうです

というか、500Lしか出来ないんですね・・・

ちなみに今年の3月末にい回目の蒸留が行われて、すでに樽に詰めて寝かせているところです

ニセコ蒸留所26

工程の順番が逆になってしまいましたが、麦芽にお湯を入れてお粥状態にし麦汁にしたたものを、こちらの樽に入れて発酵させています

P1770332

少しだけ蓋を開けてのぞかせてもらいましたが、フツフツと発酵中でした!

この時点では、まだほんのり甘い香りなんです^^

ニセコ蒸留所8

樽に詰めたウィスキー原酒は、こちらの貯蔵庫で寝かせています

P1770344

まだ新しい樽

ニセコ蒸留所21

そしてこちらはバーボン樽

ニセコ蒸留所6

数年後には、この貯蔵庫が樽でいっぱいになる予定だそうです!

楽しみすぎます(≧▽≦)

ニセコ蒸留所16

と、ウイスキーが製品になるまでにはまだまだ年月がかかります

そこで、10月の開業に合わせてジンの製造を行っているそうです

P1770322

見学者はカウンターで有料試飲も行えるそうです!

今後見学は、人数制限を設けて完全予約制で行うそうですので、興味のある方はこちらでご確認ください。

ニセコ蒸留所36

そうそう、試飲したいから車は置いていきたい!という方に朗報!

貯蔵庫の奥にあるこちらの階段を上がると、【いこいの湯宿 いろは】があるんです!

そこまで高速バスが走っているので、実はすごく交通の便がよかったりします^0^

個人的には泊まりでじっくり、合宿してみたいものです(≧▽≦)

 

P1770353

お忙しい中、わざわざ顔を出してくれたニセコ蒸留所の総支配人・林さん

生まれも育ちもニセコの林さんの名刺には“Master of  Niseko”と書かれています!

なんと心強い総支配人!!

次回はジンを傾けながら、じっくりお話し聞かせてください^0^

 

あべ養鶏場のある、下川町にハマる!!

P1750681

JR札幌駅構内に直営店舗のある、【あべ養鶏場えっぐぷりん

pages-contents-stores-photo02

下川六〇酵素卵は先日こちらでもいただきましたが、とてもキレイで旨味がしっかり楽しめる卵で、ずっとどんなところで育った卵なんだろうと気になっていて、そういえば下川町ってちゃんと行ったことがないかも!ということで、先日あべ養鶏場の取材を兼ねて下川町へ初潜入!

012fe84e98552c0d49427979978998eb797369a366

この日は最高気温が35℃近くだった下川町

ちょうど、小麦の収穫が終わったばかりの畑の奥に、あべ養鶏場がありました

P1750619

下川町は、札幌からは高速道路で名寄まで行き、西へ向かったところです

旭川のお隣に上川町がありますが、下川町は上川の北にあるんですよね

P1750614

9割が森林のまちというとこで、道中ずっと緑を眺める形になるので、とても目に優しい(笑)

01054f6123c148c19aff2dfc67e0b0cca9ac7c3d6b

1964年からこの地で養鶏を営んでいるそうです

P1750625

下川六〇酵素卵は、ほんのり薄いピンク色の殻で、君はレモンイエローなのが特徴

P1750678

 

P1750636

ニワトリはソニア種という、気密性に優れた羽毛を持つ種類とのこと

夏と冬の寒暖差が60℃にもなる下川町の厳しい環境でも元気に卵を産んでくれるニワトリに出会えたからこそ、この場所で養鶏場をはじめたそうですよ^^

長年飼い続ける中でエサの改良や環境整備なども行い、特にエサへのこだわりは深く、詳しくはこちらにも書かれていますが、安心・安全を最優先に考え、昆布酵素や発酵飼料(乳酸菌)を特徴とした17種類の素材からなる、あべ養鶏場オリジナルのエサなんだそうです!

014a687731889631b217aa2321a0239ba2f29e2602

10,000羽以上の鶏を飼っているので、この大きなタンクに入っているエサは1週間持たないそうです(;’∀’)

01c11fc2c6ccceb538cc16f969775f74a98df7312a

毎日生まれる卵はこちらの機械で洗浄・選別されて出荷しているそうですが、そのすぐ隣にえっぐぷりんを製造する場所があるのです

P1750626

この日は製造がすでに終了しておりましたが、思いのほか小さなスペース

ほとんど手作業で作っていることが見受けられました!

P1750630

実はこの日、8月10日(火)から発売される予定のハスカップぷりんの試作品があり、一足先に試食させていただことに^^

P1750631

蓋を開けるとプレーンタイプのようですが、スプーンを底の方まで入れて取り出すと・・・

P1750635

思った以上にたっぷりのハスカップジャム!

そして、このハスカップジャムの酸味と甘味が絶妙なのです!!

ハスカップって、ブルーベリーに比べるとちょっと渋みがある印象だったのですが、その渋みが全然ないので、ほんのり甘いぷりんにピッタリなんです(≧▽≦)

この日同行した、普段あまり甘いものを食べない先輩も、ランチ後なのにペロリと平らげてましたよ^0^

01c9fef02e1f09dfbc5149c0e86a0a9f57631d408d

実はハスカップ農園(及川農園)にも足を運んできました

何とも癒される場所!!(ただこの日は、ものすごい熱風が吹いていましたが^^;)

P1750567

この小さな実を手摘みしてジャムにするって、かなり大変ですよね(;’∀’)

0114206b88aef8f36e484724468fa78b0c1265144501ea08cab24f988bf7cac729967bac23db79be81d4

ちなみにこのハスカップは、町内にある矢内菓子舗さんでも販売していて、さらに期間限定でシェイクでも楽しめます♪

P1750566

灼熱の下川町で飲んだら最高に美味しかったわけです(≧▽≦)

010ebfb9c7e65ca522f3d4787b7732bb4f4fa60fb7

他に、五味温泉でも冷凍のハスカップの実を販売していました

P1750599

もちろんこちらの売店でも、あべ養鶏場の卵やえっぐぷりん、そして燻製卵も販売中♪

P1750586

P1750600

と、五味温泉に映画・リスタートのポスターが!

P1750602

五味温泉の敷地内にある、美桑の家で撮影が行われたそうなのですが、この美桑の家がまたステキすぎる建物でして(≧▽≦)

01456ea89efdf75dbd504727445f4dcfd9be5c31e7

週末はほぼ予約で埋まっているほど人気の宿のようですが、いつか絶対泊まって下川町を改めて堪能したいと、思ったのでした^^

 

他にもまだまだ下川町の魅力がたっぷりありますので、改めてアップします!!

 

 

映画・漁港の肉子ちゃんと、漁港の肉子ちゃん弁当

01ab2bb1d0b1a3b37d1bf101e4d9bc50858b71d1ed

6月11日(金)から全国で公開となった、【漁港の肉子ちゃん

原作が西加奈子さんで、明石家さんまさんの企画・プロデュース、声優に大竹しのぶさんと、何かと話題になっているアニメ映画

個人的に気になりまして、久し振りに映画館へ足を運んできました

LIVE同様、映画館という空間にいるだけで感動してしまう、今日この頃^^;

 

原作は読んでいません

調べると、2011年9月に発刊されたものなんですね

みんな、それぞれで生きている。それでいい。』と、BOOKデータベースには記載されていました

そして明石家さんまさんの有名な格言?『生きてるだけで丸儲け』と、繋がるわけですね

 

全編、肉子ちゃんの娘・喜久子(小学5年生)の語りで進んでいきます。

ちなみに、喜久子の声はCocomiさん

同級生役に竈門 炭治郎の声でも有名な花江夏樹さん、さんまさん本人も登場したりと見どころ(聞きどころ)満載

何より、肉子ちゃんが大竹しのぶさん以外に考えられないくらいピッタリでした!

役の年齢は36歳なのに、違和感がないところがステキ過ぎます^^

普通が一番やで~』というセリフ、色んな意味で沁みました

肉子ちゃんの明るさで、暗くなりがちな話題も軽快に進んでいくのですが、最後は涙が流れっぱなし・・・

 

原作のレビューを見てみると、より深いところも描いているようなので、読んでみなくてはと思いました

そして、いつか実写でもやってくれないかなぁ~と思ってしまうのでした^^

 

そして今回、さらに気になったのが、センチュリーロイヤルホテルの漁港の肉子ちゃん弁当

P1730643

このフライヤーから伝わってくる本気度が凄い!(笑)

P1730615

お弁当は保冷バッグで受け渡してくれます(この保冷バック、これからも使えてありがたい!)

P1730620

お弁当は2重!しかもかなりの重量です!!

P1730621

蓋を開けると、肉子ちゃんの似顔絵!!すごく似てる~~~(≧▽≦)

P1730624

そして見るからに肉々しい~~~

P1730625

ご飯の横には、白トリュフ塩と黒トリュフオイルを絡めた松の実デラックス(声優にマツコ・デラックスさんが参加しているところにかけているそうです)がタップリのったサガリ(下には野菜炒めも)

そして右側の2の重が、さらに肉々しい!!!

スペアリブがど~~~~ん

P1730634

そのスペアリブの下には肉スパゲティ!

ボリュームが分かりにくいので、皿に出してみた図

ご飯とスパゲティ、私一人では到底食べきれないボリュームでした^0^;

P1730629

こちらはタコとさんまの明石風(笑)

P1730632

舞台が漁港ということで、魚肉ソーセージが潜んでいたり、菊の花と昆布でかたどった“絆”という文字があったり・・・

P1730627

1品1品のアイデアもさることながら、ちゃんと美味しいのがさすがホテルメイド

食べる前に、レンチンするとより美味しく頂けます^^

事前予約で2個以上からと、若干ハードルは高いですが、漁港の肉子ちゃんを見てから味わうと、より盛り上がること間違いなし!!

ちなみに映画の半券か、ホテルが作成したお弁当の告知フライヤー持参で、お弁当1つ2950円が2800円になるそうです

一味違う、納豆・メロン・塩さば・しらす干し!!イオン関東フェアは5月20(木)~23日(日)まで

P1710724

こちら、舟納豆さんの納豆

納豆と言えば、水戸

今回のイオン関東フェアの事前取材、水戸(茨城県)に3泊しました^0^;
※緊急事態宣言前に、感染予防対策をしっかりしたうえで取材してきました

失礼ながら納豆しか思いつかなかった水戸ですが、泊まってみると軍鶏やウナギが名物だったり、奥久慈にある袋田の滝という、日本三名瀑のひとつと言われる滝を知ることが出来たり・・・

P1710429

もう一つ、旅番組とかで何度か見たことがあった、“ネモフィラの丘”を、タイミングよく見ることが出来たり!!

P1710857

 

と、少々話題がそれてしまいましたが、今回の事前取材でも、知っているようで知らなかった関東の魅力をたくさん知ることが出来ました^^

P1710836

中でも驚いたのは、茨城県産のメロン

メロンは北海道が一番って勝手に思っておりましたが、茨城県はメロンの生産量が日本一なんだそうです!!

P1710839

朝7時から取材に行った、メロン農家さんのハウス

80棟以上あるそうです!!

ちなみにこの写真、フォークリフトで上げてもらって撮影しました^0^;

P1710832

今回、青肉・赤肉どちらも店頭に並ぶ予定ですが、中でも青肉のジューシーさに驚きました!!

P1710508

ジューシーと言えば、銚子産の塩さば

P1710514

塩さばは良く食べるほうですが、こんなにジューシーな塩さばは初めて!!

まるで飲み物のようにスルスルと喉を通っていくのですっ

撮影後の試食なのに、ホンキで食べ尽くしそうになりました^^;

P1710732

お天気が崩れてしまい、残念ながら船には乗れなかったのですが、一艘巻きという漁法で獲るしらすのしらす干し

P1710566

創業元禄元年という、柴沼醤油さんの木桶仕込みの醤油蔵には大興奮!

ちなみに写真に写っているのは、17代目当主の柴沼さん

コロナ前は、夏の帯広に毎年いらしていたそうです^^

P1710905

崎陽軒の工場では、展示されていた「ひょうちゃん」の醤油入れのデザインに興味津々!!

 

banner_a_03 (1)

お買い物の前に、各商品の詳細レポートご一読いただけたらウレシイです!!

pageTop