札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『札幌』カテゴリーの投稿一覧

札幌&小樽をバス旅で満喫!【芸術&食 満喫ツアー】その1

2月10日(日)に行われた、【札幌 小樽 芸術&食満喫ツアー

ワタシも参加してきましたので、その時の模様を詳細にレポートさせていただきますっ!!

01498e2ffcba5782c0671f5f4ef21375cc843ed1e4 017299ddad530efa385e80af50bf794e2bf51912b5

1日で話題の5スポットを巡る、まさに満喫なバスツアーということで、あっという間に定員に達したそうですよ!

ファミリーやカップル、男性だけの参加もいらっしゃいましたが、やはり半数以上は女性!

出発は中央バス札幌ターミナル

そこからまず、札幌市白石区菊水にあります、MORIHICO.Plantationへ!

P1350990 P1360009

市内のカフェに大型バスで行くって、なんとなく贅沢感(笑)

Plantationは、MORIHICO.唯一の焙煎工場ということで、中に入ると巨大な焙煎機がお出迎えしてくれます

P1350992

参加者の皆様、さっそくカメラを構え始めました^^

P1360004 P1360010

さすが、生豆の入った麻袋の数が半端ないです!

Plantationでは、今日のツアーの醍醐味の一つでもあります、“焙煎”体験をさせていただいたのですが、体験はこちらの小さな機械で行いました

P1350997

焙煎(ロースト)されていくと、いい香りが漂います^^

P1360015

 

P1360001P1360002

コーヒー豆は生豆の状態ではコーヒーとして味わうことはできないので、焙煎機で火を入れるわけですが、この日入れの仕方で味が変わってくるんですよね

なので、ちゃんとした技術がないと美味しいコーヒーができない

Plantationには4人の焙煎士がいて、交替で焙煎しているそうです

ちなみに今回は、こちらで焙煎した豆を使用したコーヒーを、ランチタイムで味わえるとのこと!

頭の中はすっかりランチモード(笑)

 

Plantationでのもう一つの体験が、ブレンド

P1360017

2階のカフェスペースで、事前に用意された3種の豆を自分好みにブレンドしてお持ち帰り♪

P1360019P1360020

説明だけでは想像できないので、試飲も用意いただいてました^^

P1360022P1360021

オススメは3種の豆を使用しておりましたが、ワタシはコロンビアとグアテマラをハーフでブレンド

P1360026 P1360025

豆のままの方が風味も鮮度も落ちないのですが、家庭にミルがない方はその場で挽いてもらいました^^

ちなみにタップリ200g!

コーヒーのいい香りで癒され、コーヒーで胃袋が急に元気になり、早くランチたべた~い!!

が、その前に、ランチ会場の【DAFNE】がある、【札幌市民交流プラザ】の舞台裏見学です!

P1360031

まずはエスカレーターで4階へ向かいます~

P1360034

ちょうどさっぽろ雪まつり期間中で、雪ミクやゆるキャラ?のイベントが開催されていて大賑わい

P1360036P1360038

普段は、舞台出演者の控室や練習場になる場所で、札幌市民交流プラザの館長による説明

その後、ビルの顔ともいえる“札幌文化藝術劇場 hitaru”へ移動

P1360040

こちらでも館長が詳しく説明してくれます。

ちなみにこちらのカーペットは、華やかなRED

実は4Fの入り口は、草原を思わせる“GREEN”なんです。

劇場へ入る前の高揚感を意識したRED、説明を聞かなければ気にすることもなかったこだわりなどを聞けるのは、こういうツアーの醍醐味です^^

P1360042 P1360053

オペラなども行われる劇場ですから、ソファにも妥協はしていません!

P1360055

あ、先ほど出発した中央バスターミナルではないですか!

やっぱりある意味、贅沢なバスツアー(笑)

P1360046P1360047

劇場内ももちろん見学。

ワタシは以前、白鳥の湖の講演の際に足を運びましたので、中に入るのは2回目

P1360048

実はこの日、翌日に本番を控えていた、こちらの舞台の最終調整を行っているところで、ある意味貴重な様子を見学することができました^^

P1360059

そして今回は、最上階にも足を運ばせていただきました!

なんかすごい!!!

P1360061P1360060

ステージの近くで観るのはもちろんですが、上階に行くとオケピまで見通せるし、演劇全体の動きなども楽しめるので、それぞれの良さがるのがよく分かります!

そして、ここの天井のデザインは、どこに座っても音が良く聞こえるような仕組みなんだそうです。

改めて札幌に素晴らしい劇場ができたんだなぁと、実感しました^^

 

P1360063 P1360064

そしてお待ちかねのランチタイム!

DAFNEについては以前こちらでも紹介しましたが、やっぱり昼の雰囲気も最高にイイです!この日はお天気が良かったのでなおさら♪

P1360069P1360071

その中でいただくランチコースも,本当に大満足な内容♪

“6種の黒いサラダ”

黒大根・黒人参・黒大豆・海藻・ブラックキヌアなどをバルサミコ酢ドレッシングでいただきます♪

まさに女子の大好きな組み合わせ(笑)

P1360077

メインは、肉と魚料理から事前にセレクトしていたのですが、ワタシは魚料理の“茅部産桜鱒のポワレと蕪”をセレクト

P1360075

桜鱒の下に敷かれていた、蕪のピューレがたまらなく美味しくて、テンション上がりまくり!

ホントは白ワイン追加オーダーしたかった~~(笑)

P1360073

付け合わせのパンは3種

全粒粉パンが美味しくてお替りしようと思ったら、やっぱり一番人気で品切れしてました。。女子の考えはみんな一緒(笑)

P1360080

デザートは“タルト・オ・シトロン”

これがまた、食べ応えのあるデザートでして、まさにコーヒーがないと食べきれない~と言った味わい

P1360086

そこで、さきほどPlantationで焙煎体験した際の豆を使用したコーヒーがやってきました!

合う!合いすぎる!!

コーヒーお替りしたかったほど!!!

でも、ツアーはまだまだこれからみっちりなんです~

ということで、名残惜しくもDAFNEを後にしバスへ乗り込み、小樽へ向かいます^0^

・・・つづく

 

 

食べて飲んで復興支援!札幌のシェフ達が元気を届けるチャリティーランチByRICCI

Facebookで知った、【札幌のシェフ達が元気を届けるチャリティーランチ】RICCIで行われることを知り、本日足を運んできました♪

P1360543 P1360541

ワタシは事前に予約していきましたが、飛び込みもOKという、応対の良さ!

そして本日のチャリティーランチは、RICCI川崎シェフの1皿他、Locandino Zio Vittorio Restaurant obtenir K

3店舗の料理が一度に味わえるスペシャルランチ!

P1360545 P1360547

しかも税込2000円!!

当然のようにワインをオーダー(別料金)します(笑)

P1360552

前菜は、Locandino Zio Vittorio・纐纈シェフの1皿、“ひこま豚のプロシュートコット カポナータ”

とろけるような柔らかさと、ランチタイムにピッタリな塩梅のプロシュートコット!

葉野菜の下に隠れていたカポナータがまた完璧なオイシサでして、サスガの前菜^0^

P1360557

パスタはRICCI・川崎シェフによる、“藤谷水産の水タコのラグー 菜の花スパゲッティ”

水タコは、オプトゥニールK・藤谷シェフのご実家のもの!

ほど良い辛さのラグーソース、ワインが進みます(笑)

パスタの茹で加減が完璧でした♪

 

P1360561

そしてメインディッシュは、オプトゥニールK・藤谷シェフによる、“ジビーフとひこま豚のと特製ハンバーグ デミグラスソース”

1皿目のプロシュートに続いて、お肉の優しい柔らかさをハンバーグにも感じます!やっぱりひこま豚のおかげなのかな?

そしてこのデミグラスソース、個人的にドハマりなオイシサでしたっ!!

深味はあるけどくどくなくて、ふくみがあるんです^^ まるで飲み干したくなるようなソース!!

P1360553

ということで、ラグーソースもデミグラスソースも、こちらのパンでキレイにぬぐいました^0^

P1360565P1360570

デザートも藤谷シェフによる1皿

“しんむら牧場のヨーグルト・シャーベット”

しんむら牧場の美味しさが、まさにそのままシャーベットになっていました!

〆に相応しいデザートでした~

シェフ達は、『僕たちは作ることしかできないから』とおっしゃっていましたが、作ることでたくさんの人を幸せにできるなんて、本当に尊敬です。。

そしてワタシはその思いを食べて応援し、そしてたくさんの人に知ってもらいたい!と素直に思いました^^

 

と、実はランチの前にもう一つ復興支援してきました~

P1360524

16~18日の3日間、札幌三越10階催事場で開催されていた、【北海道ビアトピア

P1360522 P1360526

厚真町のハスカップを使用し、月と太陽BREWINGの森谷さんが造った“あつまみらい”

午前中から飲むのにピッタリな爽やかさ!!

これ、春になったら厚真町にある古民家パン屋さん・此方で、此方のパンと一緒に飲みたいかもっ

P1360540

午前中だし、2杯くらいでやめておこうと思っていたのに、帰り際に昨年取材した、湯の川のエンデバーの親会社でもある、乙部追分ブリューイングのホワイトビールがつながってしまい、チケットをもう一枚買いに走ったのでした(笑)

P1360536 P1360538

ちなみに左は、この時に初めて飲んでハマった、アサヒビールの“琥珀の時間”

久し振りに飲んだけど、やっぱりオイシイ♪

でもって、乙部追分ブリューイングのホワイトビールは、クラウドファンディングで購入した方のグラスをお借りして飲んだのですが、やっぱりグラスで飲むと格段に美味しいですね♪

 

P1360546

と、どちらも本日で終了してしまいましたが、3月3日(日)には、カプリカプリで本番?の、チャリティーランチが開催されます!

1・2部とも24名限定なので、気になった方はお早めにご予約下さい^0^

 

 

雪のアミューズメントパーク!札幌競馬場 雪フェスタ

近年まれにみる寒いさっぽろ雪まつりも終わり、少しだけ寒さが和らいできた札幌です。(とはいっても、まだまだ冬真っただ中ですが^^;)

そんな中、2月16日(土)から札幌競馬場で始まりました、【雪フェスタ】に足を運んできました!

P1360354

緑の芝の景色も大好きだけど、雪原にそびえたつ札幌競馬場も映えますね~♪

P1360352P1360358

雪フェスタは毎年恒例のイベントなのですが、昨年馬場内に“ターフパーク”ができてからは初!

P1360355

おっと!冬は馬場内に行くトンネルが完全封鎖されているんですね!

そして、会期中は絶対に出来ない、コースを横切っての移動!!

と、夏に何度も札幌競馬場に足を運んでいたワタシ(あくまで仕事で)にとって、妙に興奮することばかり(笑)

 

P1360357

さっそくコースで行われている、スノーラフティングに遭遇

なんと、すでに1時間待ち!!

入場料無料(駐車場料金は500円)なので、これは確かに大人でも乗っておきたい(笑)

 

P1360362

ターフパーク内に進んでいくと、チューブ滑り台が2種類ありました

こちらは、“THE BANK”

数年前に体験したことがありますが、これかなり恐怖なんです!

というのも、ほぼ直角的なスタートになってまして、“どしん”と、落ちるように滑り出します

子どもより、オトナの方が悲鳴を上げます(笑)

P1360359

ただし子どもは、一度滑るともう一度乗りたくなるので、どんどん列が長くなっていきました。

 

P1360380

そしてこちらはロング滑り台!

P1360381P1360382

結構な滑りごたえがありそう~

ホントは乗ってみたかったのですが、アラフィフ一人では勇気が出ませんでした(笑)

こんな時、息子がいてくれたらダシに使うのになぁ~

 

P1360385

小さなお子様には、こちらの雪の遊び場がオススメ♪

P1360386

持参したそりでもOKですし、貸し出しの用具も色々あります^^

P1360370

これだけ遊べば、お腹が減ります(身体も冷えます^^;)

そんな時は、ほっと食堂・ミチノイエへ♪

P1360367 P1360368

P1360369P1360402

100円ホットドリンクなんかもありますよ!

でも、買ったものはどこで食べればいいの??

P1360365

安心してください!

ドームの側面をビニールシートで覆って、休憩スペースが用意されてます!

P1360383

もちろん、暖房完備!

意外と落ち着きます^^

 

P1360404P1360411

でもって、海鮮シチューをいただきました^^

見た目以上に海鮮タップリで、思った以上に食べ応えあり♪

P1360407

そして、十勝若牛の牛玉メンチカツ♪

これがかなりのボリューム!

すっかり身体も温まり、再度会場内をパトロール

P1360392P1360379

ポニーとのふれあいタイムに遭遇~

癒される~~~

P1360377

小さな子が喜んでいる姿にも癒されます~~~^0^

そしてこちらは、雪だるまを作ろうコーナー

P1360372

P1360375 P1360399 P1360374

先日、八剣山の“雪三舞”に息子を連れて行ったときも会場にあったのですが、子どもって作り始めるとホントに時間を忘れて夢中になるんですよね~

P1360398

今日はいったい、何個ぐらい並んでるのか、かなり気になっています(笑)

 

それにしても子どもたちは自由!

P1360394

どんな場所も遊び場にしてしまう(笑)

なんだかすごく、懐かしい気持ちになって鑑賞してしまいました・・

 

そして寒い中、一所懸命働くスタッフさんたちの姿にも癒されました^^

P1360389 P1360390

結構な高さがあるので、腕が筋肉痛になりそう^^;

 

会場内ではスタンプラリーも開催中

P1360414 P1360415 P1360416

集めると、お菓子のつかみ取りができますよ^^

 

最後にアンパンマンショーの会場をチラ見

P1360417P1360419

す、すごい人!!!!!!!!!!

アンパンマンの人気は永遠に不滅ですねっ

 

P1360421

アンパンマンショーは16日(土)のみでしたが、来週はこんなイベントもありますよ♪

 

P1360396

 

【札幌競馬場 雪フェスタ】、2月16・17・23・24日の4日間限定イベントです!!

 

進化系ハイボール・ジャーハイを飲んでみる~ランデブーラウンジByニューオータニイン札幌

基本的に酒飲みなので、サワー系とか割りモノにはあまり興味はない方です。。

甘い系のアルコールとか、飲みやすいのとか、ワタシのアルコールワードには必要ありません(笑)

P1360253

なので最初に“ジャーハイ”という言葉を聞いた時、全くピンと来ておりませんで、ちょっぴりスルーしてました^0^;

でもやっぱり、何事も試してみないとわからないものですよねぇ。。

P1360269

ということで、ニューオータニイン札幌の1Fにあります、ランデブーラウンジで、3月29日(金)までの平日のみ、期間限定で開催している【アサヒスーパードライ & ブラックニッカ ジャーハイ フェア】に行ってきました!

ココに来るの、超が付くほど久しぶりです!!

P1360221

フェアらしく、ズラリとブラックニッカが並んでおります!

P1360236

ジャーハイは全部で6種類あるということで、今回は飲み放題プランにしてみました。

ちなみに“ジャーハイ”とは、ウイスキー「ブラックニッカ」とフルーツやハーブ、スパイスなどをジャーに仕込んで、素材の風味を爽やかに味わう新感覚のハイボールのことなんだそうです。

P1360227 P1360228

フリードリンクは自分で作る形になっているので、すでに漬け込んで完成されたウィスキーが、それぞれのボトルに入ってセットされていました。

P1360223 P1360222

この注ぎ口は逆さにすると、適量(確か40cc)が出る仕組みなので、濃くなりすぎなくて安心です^^

P1360231

ちなみに炭酸はウィルキンソン

ココでハイボールを美味しく作るポイントを!

炭酸を入れてからぐるぐるかき混ぜると気が抜けるので、炭酸を入れる前にかき混ぜて、注いだ後は軽く1回混ぜるくらいにすると、美味しく仕上がります!注ぐときは氷に直接というよりは、グラスの淵から優しく!(アルコール愛が強いので、この辺りは妥協できないのです・笑)

P1360225P1360230

ジャーハイ以外にも、ストレートのブラックニッカや梅酒、焼酎やワインなども飲み放題

P1360232P1360234

もちろん、スーパードライも飲み放題!

さて、ワタシが最初にセレクトしたのは、“和山椒ディープジャーハイ”

口に近づけると、山椒の香りがふわりと漂います^0^

これは・・・食事に合う味わいですっ

P1360238

ということで、ビュッフェコーナーへ行き、合いそうなおつまみをみつくろいます^^

P1360243

フェアなだけあって、アルコールのアテになりそうなおつまみが充実してます~

P1360248P1360250

『さすが、盛り方がプロですね!』と、御一緒した方におっしゃっていただけましたが、より美味しく食べるためには、盛り方も大事なポイント^^

お替わりは時間内なら何度だってOKなので、一度にモリモリではなくちょっとずつ♪が、オススメです~

 

ちなみに女子だけなら、2時間ビュッフェ&フリードリンク(カクテルやスパークリングワインもOK)で3200円の【女子会プラン】もあるそうです!

 

そうはいっても、飲み始めると、何度も取りに行くのが面倒なんです・・・という方には、単品メニューもあるのでご安心を^^

P1360256

前菜から、看板メニューの五目焼そばまで、何でも揃っています♪

P1360258

五目焼きそば、久し振りに食べましたが、やっぱりオイシイ!!

思わず『具が大きい!』と、声に出してしまった、昭和生まれ(笑)

 

P1360265

そして、3種類のジャーハイとオードブルが付いたセットなんかもあるようですよ♪

営業時間が21:00までだから、2,3次会は難しいけど、逆に0次会に使えそう!(3敗は飲み過ぎか・・・笑)

 

と、肝心のジャーハイなのですが、山椒とか大葉とか、いかにも甘くなさそうなものからセレクトしていたのですが、よくよく聞いたら、フルーツ系のものも砂糖は一切使用していないそうなのです!

それを聞いてさっそく、ブルーベリーとオレンジピールのジャーハイを飲んでみてビックリ!

香りはしっかり甘みがあるのに、味はスッキリなのです~

特にオレンジピールにハマりました♪

そんなわけで、思い込みで苦手意識を持って挑んだのに、帰る頃にはすっかりファンになっておりました^^

 

そうそう、ビュッフェコーナーで一番ハマったのはこれ!

P1360245

えびせんと、唐辛子スナック!

これだけでも飲み続けられる(笑)

 

アサヒスーパードライ & ブラックニッカ ジャーハイ フェア】は、3月29日(金)までの平日17:00~21:00まで開催中!

 

そうそう、ランデブーラウンジの入り口に飾ってあったこちらの模型

P1360267

結構お高いので、取り扱い注意です(笑)

 

 

2月13日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~Beer Bar NORTH ISLAND

2月13日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、昨年9月に移転オープンした、【beer bar NORTH ISLAND

P1350765

江別でビールを醸造している【NORTH ISLAND BEER】直営のビアバーですが、前店舗が手狭になってきたため移転を検討していたところ、この場所に縁があり、今までの倍以上の広さに^^

P1350739

そしてビルの10階ということで、外の景色まで楽しめてしまうという、路面店だった今までの店舗とは全く違う雰囲気!!

P1350743P1350748

江別レンガを施した柱

P1350741

ウッディな12タップの壁

 

P1350746

どこに座っても、どこを見渡しても、ビールが美味しく飲める空間ですっ

 

ビールは、ピルスナー・ブラウンエール ・ヴァイツエン・スタウト・インディアンペールエール・コリアンダーブラックの、自社製造品が6銘柄。どれも、スモール600円・ラージ750円で提供中

そのほか、季節限定商品が1,2種、そしてゲストビールが3~4種類用意されています^^

ちなみに今は、『OLD SKOOL IPL』が数量限定で楽しめるそうです♪

P1350754 P1350757

せっかくなので、6種類のなかから江別産小麦の“ハルユタカ”を使用したヴァイツエンを注いでいただきました

P1350761

こちらのグラスでラージタイプ

“ポテッ”としたフォルムがカワイイ~

それにしても日が沈んだ直後の空の色にビールが映えます!!!!!!!

早く飲みたいところを、かなり我慢して撮影しました(笑)

P1350768P1350772

せっかっくなので、ビールがさらに美味しくなるおつまみも用意していただきました^0^

こちらはしめ鯖のカルパッチョ

何と肉厚!そしていい塩梅の〆具合!!

さらに、ヴァイツエンに合いすぎる~~~~~~

お察しの通り、すっかり取材を忘れてテンション上がってました^0^;

P1350775

こちらは、牛すね肉と江別産玉ねぎのビール煮込み

後で画像をよくよく見ましたら、メインの牛すね肉より、野菜を手前にして撮ってました(;’∀’)

決して酔っていたわけではありません!

それくらい、野菜も主役な一皿だったのです!!

牛すね肉も野菜もビックリするほど甘くて柔らかい・・・><

でもって、当然ビールが進むっ!

ヴァイツエンは小麦の風味を甘みを存分に楽しめるので、万能でお料理に合う優等生でした♪

でもきっと、スタウト系も牛すね肉には合うんだろうなぁ~と、いつものように脳内ペアリングで楽しんでおりました(笑)

ビールに合うおつまみを用意しているとは聞いていましたが、正直ここまでのポテンシャルは期待していなかっただけに、かなりテンション上がりました!!

もちろん、軽いおつまみ(ピクルスも自家製だそうです)もあるので、0次会・〆の1杯にも利用可能デス♪

現在は日曜日が定休日ですが、4月からは日曜日の営業(15:00~22:00)も予定しているそうです!

ちなみに2月&3月の最終の日曜日は、昼飲みイベントもあります

 

今後は小麦だけではなく、ホップや大麦も江別で生産し、ALL江別産のビールも視野に入れているそうです!

しばらく目が離せない存在になりそうです^0^

 

 

pageTop