札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『札幌』カテゴリーの投稿一覧

ハシモトコウ新春アワーに初参戦して感じたこと

“Œ–QƒƒRJ

先日の日曜日、知る人ぞ知る【ハシモトコウ新春アワー】に初参戦してきました。

011b8405ffb11a2ef2733618a10882a77840168241

すでに14回も開催しているという、新春アワー

今やチケットは発売してすぐに完売し、増席するもキャンセル待ちがわんさかいるほど人気のLIVE

数年前からFB上でその存在は知っていたのですが、いったい誰なんだ??と謎だらけな存在だったのですが、昨年ハシモトコウさんと知り合いになり、俄然興味がわきまして、今年初参戦することに!

0127b30b7b48debe99319d52d5fe56e473c396f7c7

ちなみにハシモトコウ=橋本幸さんの本職は国家公務員で、今はJR北海道に出向中

年齢は55歳!

初めてお会いした時は、物静かな普通のおじさまと思っていたのですが、ギターを持つと思っていた人とは全く違う人に変身したのです!!

そうして今回の初参戦

とにかくアドレナリンが出まくりました!!!!!!!

今まで様々なジャンルのLIVEに行き、RSRに関しては朝まで寝ずに参加していたLIVE好きなワタシが言うのですからホンモノです(笑)

何に感動したかと言うと、大人のホンキってホントに素晴らしい!!ということ。

先日、堀江貴文さんが「人生を遊び尽くすこと」を大切にしていると語っているのをネットニュースで拝見した時に、まさにワタシもそう思っていました!!と、大きくうなずいていたのですが、その直後のハシモトコウ新春アワー

まったくもってガチで納得した瞬間でした!!

年々、身体の劣化を感じ始めているアラフィフですが、年を重ねるたびに心が軽くなっていることもあるのです^^

それは、そろそろ好きなコトだけ選んで生きてもいいんじゃない?と、心から思えてきたこと

無理しても、結果あまり良い方向には進まない

ストレスもたまる=体に良くない

これからも笑って暮らしたいから、無理せず、大好きな人たちに囲まれて、その大好きな人たちに感謝する日々を送ろう!

そう思うと、それを実践している人生の先輩たちが、自分の近くに居たことに気が付くのです!

01baf225fd645e935649a494f3e1f47e05d959678c

きっと、今回の会場である【生活支援型文化施設コンカリーニョ】の理事をされている斉藤千鶴さんも、そのおひとりなんじゃないかなと思いました^^

01d43d4f423c17d5c8781a8970ed713162a188181f 011b39bec55aee9289a8557f8e71bcd9fc145a51e1

人一倍楽しんでいらっしゃる斉藤千鶴さんの姿を見て、ますます年を重ねることが楽しくなってきましたっ

01301417b011fb2b7ec00282d58922ec6d13ef0327

面白いことに真剣に取り組んでいる姿は、みんな大好きだし、心から笑えるし、泣ける!

初めて参加したのに昔から参加しているような気持になり、会場と一体になれた、そんな心満たされるLIVEでしたっ

来年もぜひとも参加したいっ

地元民も気軽に楽しめる立ち食いカウンターがイイ感じ♪~蟹鮨加藤

昨年末に狸小路に出現した、どデカい蟹の看板のお店【蟹鮨加藤

狸小路だし、インバウンド向けのお店なんだろうなと勝手に解釈していたのですが、行ってみたら思いのほか地元民よりなお店だったのでテンション上がってしまいました^0^

0128a5c73b5fac0527159551edbfc9f72a7af05d2c

ちなみにこちらは、最後にお見送りしてくれた時の写真

スタッフさん勢ぞろいでお見送りしてくれるのです^^

 

P1530209

店内は手前に立ち食いカウンター、そして奥は椅子のあるカウンター

P1530216

椅子席はコースのお客様専用

そして手前の立ち食いスペースは、お好みでつまみや握りを気軽に楽しめるスペースなのです^^

P1530177

メニュー表もしっかりありますので、明朗会計♪

P1530182P1530175

まずは神泡で乾杯♪

入口横にある壁画が映えます!!

P1530191

蟹問屋がやっている寿司屋なので、まずはカニをいただきます!

しかもタラバ・ズワイをつまみで♪

P1530186

P1530187

なんと楽チンで贅沢な食べ方^0^

P1530199P1530208

日本酒・焼酎のラインナップも気になるものばかり!

P1530202P1530201

2020年最初の外飲みだったので、新春っぽいラベルにしておきました(笑)

P1530198

そうそう、お猪口は好きなのをセレクトできるのですが、真っ先に升付きグラスをセレクトしたのん兵衛です(笑)

P1530188

のん兵衛ということが伝わったのか、北寄のヒモが出てくる(笑)

P1530205 P1530207 P1530211

イカは山ワサビ付きだったので、さらに飲まさる(笑)

すっかりつまみで終わっちゃいそうな勢いだったのですが、海苔がオイシイと聞いて、穴きゅうをいただく

P1530192

そして〆に芽葱~

P1530218

シ・ア・ワ・セ♪

P1530219

ホントの〆に、蟹汁もいただきました^0^

 

P1530214

奥には鮨カウンター付きの個室もあるので、色んな使い方が出来そうです♪

今は21:00閉店と、終わりが少し早いのですが、今後時間延長する可能性もあるようなので、〆の1軒的な使い方も出来るかも^0^

 

 

1月8日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~焼鳥ひげぼうず

寒中お見舞い申し上げます。

1月がスタートしてすでに1週間以上たっておりますが、改めまして2020年もよろしくお願い致します。

ということで、2020年最初のブログは、1月8日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息に掲載いたしました、【焼鳥ひげぼうず】のご紹介です!

P1510625

名前もさることながら、行燈と暖簾のインパクトがすごい焼鳥屋です!

P1510626 P1510646

イラストはオーナーの村上さんの似顔絵です

うん、間違いない(笑)

P1510631

店内はコの字型のカウンター10席のみ

P1510634

メニューはこんな感じ

P1510636

手前のカウンター前には焼き鳥の入ったショーケースがあるのですが、最初に思ったことは“美しい!!”ということ

P1510638

焼鳥って串打ちが大事な仕事と前に聞いたことがありますが、その仕事をちゃんとしている感がショーケース越しにも伝わってきます!!

P1510639

早速焼いてもらうことにしたので、焼き場に近づいて撮影させていただきました。

P1510650

なんと!炭も美しい!!!

思わず見とれてしまいました・・・

P1510664

当たり前だけど、焼いても美しい

P1510655P1510656

この秘伝のタレらしき壺に串を入れる姿も、美味しさの演出と化しています!!

 

P1510658

持論ではありますが、美しいものは間違いなく美味しいのです

P1510672

P1510683

P1510684

こんなに美しい串打ちが出来て、美味しくて、その上希少部位まで仕入れできるとは、さぞかし業過が長いのかと思いきや、村上さんの前職は銀行員!!(ちなみに34歳)

いつしか焼鳥屋を開業することが目標となり、奥様以外ほぼ全員が反対する中、銀行を辞め、市内の焼鳥店などで修業

昨年の11月に、“焼鳥ひげぼうず”を開店する運びとなったそうです

ひげぼうずのステキなところは、焼き鳥がオイシイだけじゃなく、お通しや一品料理も完璧なこと♪

P1510667

完璧にのん兵衛仕様です!!

P1510677

P1510686

そしてコの字型のカウンター、座ると他のお客様と目線が合わないので、女性がおひとりさまで来ても、心地よく飲食できるような感じがしました^^

P1510641

ドリンクラインナップはこんな感じで、ワインなども揃っています。

個人的に黄金色のまんこいが目に留まりまして眺めていると、“うちのレモンサワーはこの焼酎で作るのですが、キケンなほど美味しくて、開店して3週間くらいですでに3本空になったんです”と、村上さん

P1510675

確かにレモンサワーは流行っているけど、そこまで言うならぜひ!と、味見させていただくことに。。。

あっという間に飲み干してしまいました^0^;

その危険なほど飲まさるレモンサワーの味を、ぜひ一度確かめてみてください^0^

 

ちなみに村上さん、YouTubeもやってるんです~

めちゃくちゃ忙しそうなのに・・・さすがは元銀行マン(笑)

皆様、よいお年をお迎えください。

今年も一年、Sapporo100miles及び編集長ブログをご愛読いただき、ありがとうございます。

今年はイオン北海道のお仕事で出張取材の機会が増えたので、ブログアップの回数が少し減ってしまいましたが、出張に出るたびに、世の中には美味しいものがたくさんあると思いつつ、やっぱり北海道って最高!!と、北海道愛がますます深くなった年となりました^^

そんな北海道の魅力を、来年もたくさんの人に届けたいと思います。

さらには今日までの経験を北海道のために活かせるよう、精進したいと思います!!

 

以下、実はアップできていないまま年を越してしまうネタの画像(必ず、しっかりアップしたいと思っています!!)

P1460315

9月とは思えないほど暑かった、余市ラフェトの一コマ

P1460371

この時は心底、北海道ってなんて素晴らしい土地なんだろう!!道民で本当に良かったと思いました(≧▽≦)

 

こちらは来年蒸留所がオープンする、【積丹スピリット】のイベントの一コマ

 

P1480542

この仕事を初めてから、北海道のアルコールにいろいろな形で携わっておりますが、年々ワクワクする事ばかりで、ますます自慢のネタが増えています(笑)

P1480509

 

 

P1500939

11月末に行われた、室蘭線・観光モニターツアーの一コマ

今年、“日本遺産”に認定された【炭鉄港】という言葉はご存知でしょうか?

北海道の鉄道事情は正直明るいものではない状況ですが、北海道の歴史は鉄道と共にあると、この仕事に携わってからは改めて感じることが多いのですが、それをさらに体感させてくれたツアーでした。

P1500900

 

 

ということで、2020年も“北海道愛が強すぎて、つい自慢になってしまうようなブログ”を、思うがままにアップさせていただく所存ですが、どうぞよろしくお願い致します!!

 

12月18日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息~なみきSPICE

018927ea5e5fc4a28cf44cd6b0346274e2fe79dd10

12月18日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、11月にオープンしたばかりの【なみきSPICE】

場所は北大病院前。調剤薬局が多く立ち並ぶ場所ですが、実はここも以前は調剤薬局だったそうで、中はかなり広いです!

P1510576

1階は21席

おひとりさまでも利用しやすい、カウンタータイプの席もあります。

P1510582

2階席はさらに広くて35席!!

P1510584

サークル仲間とかで行っても大丈夫!

 

こちらのカレーは、自分で組み合わせ出来るルーカレー

まずは、ルーのサイズをセレクト

そしてライスのサイズをセレクト

そしてお肉の種類&量をセレクト

もちろん、ルーだけでもOKなのです^^

P1510586

決まったら、券売機でチケットを購入

P1510609

ちなみにこちらは、ルー・ライスともに普通サイズ

そして、やわらかとりもも肉(50g)をセレクトしたもの

女性だと、ちょっと多く感じるくらいのボリューム

ただ、“カレーは飲み物”的なタイプなので、思いのほかスルスルと胃袋に収まっていきます

まずはルーのみで、食べてみてください!

40種類のスパイスと、13種類の野菜と果物のペーストを20時間以上煮込んで完成させたルーは、食べた瞬間は優しく柔らかい味わいですが、じわ~っとスパイスが表に出てくる感じ!(ちょい辛タイプ)
P1510595
ルーを仕込むときは、こちらの大きな鍋に、400㎏ほどの食材を入れてじっくり煮込むのですが、仕上がり時には80㎏くらいになっているそうです!
ちなみに添加物はもちろん、小麦・砂糖・トランス脂肪酸は一切不使用という、“融合薬膳カレー”とのこと
ん?どんな意味だろう??
79361412_435950817280641_2407474803159072768_n
コチラを読んでいただけれな分かるかもですが、“体にいいものを食べてもらいたい”という思いを人一倍持っているオーナーの鶴岡さんが、その思いを形にしたカレーを作りたい!と、春まで近くで「土みそ」という飲食店で料理を提供していた、本田さんとタッグを組んで、約5ヶ月間、試行錯誤の上に完成したのが、“融合薬膳カレー”というわけです。
P1510618
ちなみにオーナーの鶴岡さんは、あの【板そば なみ喜】のオーナーです。
ということでご存知の方は、鶴岡さんの味のこだわりをよく、ご存知かと!!
P1510615
個人的にそのこだわりを一番感じたのは、鶏肉と一緒に食べた時!

ほんのり味わいが変わるのが分かります!

店長の本田さんに聞いたところ、実は豚の時と牛の時も、まったく味が違うんですよ!とのこと。

 

完食してからの感想としては、身体がずっとポカポカして、疲れが少し癒された感覚^^

オープンしてからも、日々進化させているというルー

そう聞くと、しばらく通ってしまいたくなっている自分がいます^^

【なみきSPICE】
札幌市北区北14西4(南向き)
011‐556‐2266
11:00~21:30 LO.21:00
日休
全席禁煙

 

 

 

pageTop