札幌100マイル

Sapporo100miles編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『和食』カテゴリーの投稿一覧

景色がごちそう!そして癒し度200%!!~奥定山渓温泉 佳松御苑~

先日、【みんなで選ぶ 第11回温泉大賞】の取材で訪れた、佳松御苑~かしょうぎょえんには、本当に癒されました!!

P1340582

 

P1340557

 

P1340475

 

詳細は、こちらのレポートで紹介しておりますが、兎にも角にも癒される空間!

雪の降り積もる森の景色なんて見慣れているはずなのに、なぜか絵になるのです。何時間見ていても飽きることはありません。

日中のモノクロの景色も、そしてライトアップされた景色も

窓際に座って眺める景色も、湯船に浸かって眺める景色も、BARカウンターから眺める景色も、朝起きてベッドから見る景色も

全てが美しい・・・

P1340467

P1340565

 

ひそかに感動したのが、エステ!

P1340493P1340497

フェイシャルエステなのに、ベッドにマッサージ機能がついていて、腰と肩まで気持ちがイイ~

オールハンドで、吸い付くような手技でマッサージ♪

kao

あまりの仕上がりの良さに、化粧をしたくなくて眉のみ描いてレストランへ向かったほど♪

 

P1340429

P1340576

この日は暖炉の炎がついているときには立ち寄れなかったのですが、ロビーでのフリードリンクプランなどもあります^^

irori

P1340623

 

P1340445P1340446

gla_glaのガラスの音色にも癒されたし、み蔵さんの木彫りの熊にも癒されたなぁ~

P1340435P1340440

ボトルごと温まっていたお茶にも癒されたし、久し振りに見るつららさえ、美しくて癒された

P1340431

P1340622

 

もちろん、美味しい食事にも癒されました~

P1340513P1340518

 

P1340524

P1340532P1340528

P1340601

 

出来ることなら、春夏秋冬で訪れてみたい。。。

 

bnr_onsen

ということで、温泉大賞投票募集中!!

現在のところ、北海道からは登別温泉が8位

他の温泉地もいいところばかりなので、道産子の皆さん!北海道びいきで投票しちゃいましょう^0^/

ステキな商品が当たるかもですよ!

 

今年はせたな町に行きたいっ!【北海道を食べよう~せたな町Byホテルオークラ札幌】

1月25日(金)から公開となる、大泉洋さん主演の映画【そらのレストラン

P1320673

映画の公開を前に、市内のホテルなどで映画の舞台となった“せたな町”の食材を使用した1品が味わえるフェアを開催しています^^

※ちなみに映画の試写会や舞台挨拶の模様も、後日アップ予定です!

 

P1340374

こちら、ホテルオークラ札幌・中国料理 桃花林で人気のつゆそばをフェア用にアレンジした、せたな町産男爵芋と生海苔のつゆそば

P1340383

ワタシ、今まで知らなかったのですが、せたなは北海道のジャガイモ栽培発祥の地なんですね!!

 

P1340378

そのような背景から、ジャガイモを使用したメニューを作ろうと思ったそうですが、これまでのメニューでもよく使用していた食材のため、何かもっと今までにないものを・・・と、もう一つの地元の食材である、生海苔と合わせ、つゆそばにしたそうです。

通常のつゆそばは、チャーシューを使用してるのですが、男爵の千切りだとシャキシャキ感が楽しめます!

何より、運ばれてきた瞬間の海苔の香りがたまりません!!
(実は今年は海苔が少々不漁で、この日はせたな産の生海苔ではなかったのですが、乾燥海苔とミックスで使用したそうです)

P1340382

他のメニューの試食もあったので3人でシェアしたのですが、それでも結構な食べ応え

麺が細いのに、食べた感がしっかりあるんですよね~

それにしてもこの、ジャガイモのシャキシャキ感、どうしたらちょうどいい塩梅になるんだろう・・・

自宅で真似ても、中々このシャキシャキが出せないんです・・・

 

P1340389

こちらはレストランコンチネンタルせたな町若松ポークマンのステーキ丼

最近、北海道産のブランド豚を色々食しておりますが、その中でも3本の指に入るほど理想的な豚肉に出会った感じです!!

部位とか厚みの違いもあるとは思うのですが、ホテル側のウリ文句にもなっている“雄大な自然で育てられた、適度な甘さとさっぱりとした後味のポークをどうぞ。”という言葉がそのまま当てはまる味わいでした!

豚肉というと、何となく甘醤油のイメージが浮かんでしまうのですが、ステーキ丼ということで、しっかり辛口、

そして豚肉は、サッパリしているのに噛みしめると甘さが後から楽しめて、個人的に超が付く好みの味!!

 

P1340391

そしてこちらは、きょうど料理亭 杉ノ目の、せたな町産あんこうの小鍋仕立て

まず、せたなであんこうが穫れるということに驚く

P1340394

小鍋ではあるけど、立派なあん肝が2つも入っていて、身・皮・モツと、あんこうがしっかり楽しめる!!

そして出汁がべらぼうに美味しい!!(なんだかべらぼうという言葉が似あう気がする)

日中ではありましたが、あん肝を食べた瞬間、『これは日本酒が飲みたくなりますよね~』と、つい口走ってしまったのですが・・・

P1340400

なんと!ほぼ地元でしか味わえない“よしこ”が登場!!

このフェアに合わせて、数量限定で提供しているそうですっ

実はワタシ、この時の持ち寄り会で“よしこ”に出会っていたのですが、この時よりすごくスルスル飲める!(冷え冷えがオススメ)

P1310850

よくよくラベルを見ると、前回はきらら397、そして今回はななつぼしだからかな?

そしてやっぱり、地元の食材と一緒に飲むからかな??

 

う~ん、地元でも味わってみたいなぁ~

やっぱり今年は、せたなに行かなくちゃ!!

 

ホテルオークラ札幌の【映画「そらのレストラン」の舞台・せたな町の美味を楽しむ】フェアは、1月31日(木)まで!

そして映画は、1月25日(金)~上映スタート!!

 

名店探訪~寿し ひでたか

今年はご縁が重なって、お寿司屋さんに行く機会に恵まれました^^

前々から評判を聞いて気になっていた、【寿し ひでたか

P1330303P1330305

カウンター8席。なかなか予約が取れないのです。。

P1330365

 

ちなみに右隣りの【天ぷら あら木】も予約の取れない名店です!

 

P1330307P1330309

まずは日本酒を。。

いきなりこういう日本酒で攻めてきました!これは、好みが合いそうです(笑)

P1330311P1330312

見た目以上に手をかけたつまみが続きます。

アワビのうろなんて、のん兵衛のハートわしづかみ系!!

P1330313P1330315

どのつまみも酒飲みの心をつかんで離しません!

P1330318P1330320

枝幸産3年物のホタテを磯辺焼き風に♪ これは飲まさる!!

P1330322P1330324

いやいや、あいかわらず攻める日本酒(笑)

P1330325P1330327P1330329

エビの味噌も、そこまでしちゃうんだ!という濃厚さ。。。

釣りキンキのノリノリ脂に、超が付くほど柔らかいタコ

ちなみに北海道産の素材が多めです♪

P1330332P1330334

握りのサイズ感、ガリものん兵衛好み♪

P1330339P1330341P1330344

P1330349P1330350P1330352

P1330354P1330358

どうしても穴子が食べてみたくて、追加オーダー

ちょっと珍しいタイプ

P1330359P1330363

最近、必ずと言っていいほどオーダーするかんぴょう巻き

美味しいお店のかんぴょう巻きは間違いないのです^^

それにしても大将の山田さんとのトークが楽しかった!(やっぱり酒の好みが似ているらしい^^)

宮川さんもそうでしたが、行く前までは勝手に寡黙で近寄りがたい存在なのかなと思っていることが多く、人気のお店はやはり人柄なんだなぁと実感した夜。。

 

器と人柄に一目惚れ・・・すし宮川

先月、ご縁があって初めて伺うことのできた、【すし宮川

P1320451

各方面から噂は耳に届いてはおりましたが、カウンター8席ということで、中々予約が取れないことでも有名

この日も2回転目での入店(もちろん満席)

P1320453 P1320457

シャンパンをハーフボトルでいただき、スタート

P1320461

おつまみが美味しいのはもちろんですが、最初から器にやられてしまいました・・・

P1320462

 

P1320467

こちらはアワビなどをいただいたのち、このだし汁の中に握りを投入

P1320473P1320470

あまりの美味しさに、勢い余って完食しちゃっても、ちゃんと追い出汁をかけてくれます^^

シャンパンもあっという間になくなりまして、やはり日本酒をいただきたくなってしまいました

P1320475

おちょこは自分でセレクトできる仕組み

P1320481P1320479

これは・・・飲まさる一皿ですっ><

P1320482

 

P1320484

毎回、ゆっくり味わいたい気持ちと、早く口に入れたい気持ちが戦います^^;

 

P1320490P1320492

つまみが美味しいと日本酒も進んでしまうのです^0^;

おちょこも変えてくれましたので、次はコチラにしてみました^^

 

さて、握りがスタートしました

P1320494P1320497P1320499

P1320502P1320508P1320510

P1320514P1320517P1320526

特別な言葉はありません。ただただ美味しいの一言

美味しいので、その間に日本酒も次々に・・・^^;

P1320506 P1320519

日本酒のラインナップがまた、自分好みというところもある意味危険・・・

 

P1320521

あぁ、全身の力が抜けていく。。

P1320529

椀物も体の芯まで染み渡るオイシサ・・・

 

P1320537

やっぱりかんぴょう、頼んでよかった><

P1320531P1320542

最後まで期待を裏切らなかったなぁ

 

この構えで、予約も取りにくくてとなると、すごく緊張感のあるお店なのかと思いきや、宮川さんのほっこりというか、初めてでも肩の力を抜いてくれる接客と空気感が、たまらなく心地よかったです^^

そして割と若めのお客様もいらっしゃっていたことにも驚きました~

P1320458

このカウンターのカエデが、すごく素敵でした^^

P1320449

お子様が書いたという看板のロゴからも、優しさがにじみ出ておりました^^

 

また来れるよう頑張ります。。。

 

 

変態×変態の化学反応が極上だった夜~鮨ノ蔵

ワタシが初めて鮨ノ蔵を訪れたのは、オープンした年の夏でした。

P1310917

今や全国から“変態鮨”を求めてやってくるお客様で、なかなか予約が取れない有名店

改めて4年前のブログを見てみると、場所は一緒でも全く違うお店のように進化していました!!

そんな鮨ノ蔵さんに、超が付くほど久しぶりにお邪魔してきました

 

今回は貸切で、事前にお願いしての日本酒持ち寄り会

P1310916

変態な酒飲みばかりが集まりまして、なんだかすごいラインナップ(笑)
※ネタなどは11月のものになります

P1310804P1310807

まずは自分が持参した、東京港醸造の江戸開城を・・・

偶然にも先付けの器とのペアリングが成立して、さっそくテンションが上がる

P1310812

何だか器のレベルがものすごく上がっている・・・

まさに作品のような一皿

P1310817

ここですごいものが登場しました・・・ボラの白子!!

ボラってカラスミだけじゃなかったんですね!

もちろん、初めて食べましたが、ほかの白子とは全く違う食感でした~

今思い出しても、クラクラします

 

P1310821

それにしても一皿一皿が美しい・・・

そして、当然おいしい(T-T)

 

P1310826

ここでまた、初めて口にする料理が・・・

揚げないタチ天!!

P1310828

何かもう、箸をつけてはいけないのではないかと思わせるほどのオーラが漂っていました・・・

これを食しに本州から来店する方も多いそうですが、食べて納得。

美味しいタチ天は、そこそこ食べてきたつもりでしたが、このインパクトにはかないません

 

P1310834

そしてこんな反則な1品が・・・言葉を失うカウンターの客人たち

 

P1310842

酔いも回ってきているはずなのに、新しい料理が出てくるたびに背筋が伸びます

 

P1310848

一つ一つの調理法も丁寧に説明してくれるので、そのたびに感動して頭がさえてくる感覚

P1310852

 

P1310858

ここにきて、タチ再登場

先ほどとは違う感動を呼び起こしました

 

P1310861

贅沢すぎるほどのあら汁

毎朝飲みたい・・・

 

P1310867

いやぁ、器を眺めるのが本当に楽しいっ!!

 

 

さて、握りへ突入です

P1310871

P1310876

 

P1310881

P1310889

P1310892

P1310898

 

P1310901

何だかエロスを感じる握りたち・・・

P1310904

 

P1310907

〆がこちら・・・

もう、何も思い残すことはありません!!

と思ったけど、逆にまた来たいっ!!と、未練ができてしまった夜です^0^;

P1310879

変態の称号を持つ井川さん

オイシイモノへの追求心の素晴らしさを目の当たりにできました><

極上の変態な夜をありがとうございましたっ!!!!

 

 

pageTop