札幌100マイル

札幌100マイル編集長・オサナイミカのつぶやき

美味しかったもの・楽しかったこと・教えたいこと・気になったこと 思いのままにアップしております

『和食』カテゴリーの投稿一覧

アラフィフに嬉しい、【そな田】の前菜・き箱

6月に入り、茅の輪が入り口に登場した、【そな田

P1240724

一昨年、5年ぶりに行ってから、またご無沙汰をしてしまっておりました。。

というのも、遅い時間はBAR使いできることは知ってはいたものの、食事をするならコース仕立てなので、やっぱり気軽に行きにくいなぁって思っていたものですから^^;

そんな風に思っていたら、気軽に楽しめるアラカルトを始めたとのことで、さっそくお邪魔してきたわけです^^

 

き箱・前菜の盛り込み

 

P1240731

こちらにも茅の輪が飾られています^^

開ける前からワクワクしちゃいます!!

P1240733

でもって、開けたらもっとワクワクしちゃいました^0^

ウニとかツブとか、シャコとか・・・飲みながら食べたいモノがちょっとずつ!!

まさに、あんまり食べられないけど飲むのにはアテが必要!なアラフィフのワタシの、理想的な前菜盛り><

P1240736

実はまだ、飲み物をオーダーしていなかったのですが、この内容を見て、速攻で日本酒をオーダー(笑)

P1240749

『オサナイさん、仙禽お好きでしたよね』と、またまたしっかり覚えていてくれました^^

それにしても酒器がステキで、より美味しく飲まさりました♪

P1240748P1240756

ご一緒したアラフィフ女子たちはシュワシュワで^^

P1240727

もともと大いに盛り上がる3人ではありますが、この空間でこのおつまみということで、この日は輪をかけて盛り上がっちゃいました^0^

前菜の盛り込みのいいところは、しばらく誰にも邪魔されることなく、盛り上がれること。

一番盛り上がっているときにお料理が運ばれてきて、料理の説明を受けたりすると会話が止まってしまうことが多々あります。

でもこの盛り込みがあれば、軽く40分くらいはしゃべっていられます^0^

※ただし、アルコールはお替りしますが(笑)

 

前菜だけでも十分満足だったのですが、鮟鱇の美味しいのがあると聞いて、ついつい追加オーダー(笑)

P1240762

こちらもなんだか、ワクワクする1皿!!

P1240767

道東沖天然鮟鱇のムニエルとその肝の共和えソース

P1240766

こんなに厚さのある鮟鱇、そんな簡単にはお目にかかれませんよ~~~~

そしてこの肝ソースが・・・美味しすぎて悶絶!

P1240761 P1240772

鮟鱇に合う白を1杯いただきまして、合いすぎてあっという間に完飲(笑)

違う種類の白をもう一杯。

だめだ~、進みすぎる~~~(笑)

 

P1240774

楽しくなってきてしまい、肉料理にまで手を出してしまいました^0^;

瀬棚仔羊の山椒煮、男爵のソース

そしたらやっぱり、赤も飲みたいよねぇ・・・

P1240778

絶妙なタイミングで赤が登場(笑)

完璧なペアリング!!

と、そな田さんはアルコールが充実しているのはもちろん、日本茶にもかなり力が入っているのです!!

P1240754 P1240759

P1240770 P1240782

八女茶やかぶせ茶、玉露などなど

こちらもお食事に合わせてペアリングしてくれるのです^^

お茶ってこんなにおいしくて、味わい深いものなんだ・・・と、絶対、その道のプロに入れてもらった方が美味しいんだなぁと、実感できます!!

 

最後に、最近お土産でも人気という、たまごサンドを^^

P1240780

パンはカリカリ、卵はもっちり

なんでも卵にくず粉が入っているので、べちゃッとしないのでお土産でも持ち帰っても、次の日まで美味しく味わえるそうです!!

これは喜ばれそう^0^

 

最後にデザートならぬ、〆酒を・・・

P1240784

いやぁ、実に盛り上がって、あっという間の4時間でした^0^

 

行くたびに、お客様目線で進化している“そな田”

これからも目が離せません!!

P1240725

 

 

『なんか美味しいもの食べさせて!』と、全部おまかせしたくなる店【主税】

『美味しいもの出してくれるお店がオープンしたよ~』と、教えていただきお邪魔した、主税(チカラ)

P1240562P1240600

カウンター9席くらいと、6席くらいの小上がりが二つ(つなげて使用することも可能)

P1240564

コースもありましたが、本日は単品で好きなものを楽しみました♪

まずは知多のハイボール

P1240566P1240570

お通しが飲まさる系で、さっそくエンジンがかかりました(笑)

P1240576

ちょこっと盛りのお刺身

どれも新鮮!山わさび旨しっ

P1240579

豚角煮の黒酢あんかけ

角煮だけど、この酸味がアラフィフにピッタリなのです><

ここまで完璧に自分好みすぎて、日本酒が飲みたくなってきました(笑)

オープンして間もないこともあり、まだそこまでのラインナップではなかったのですが、たまたまイイ日本酒がありまして、いただいちゃいました^^

P1240580P1240585

そしたら、自家製塩辛&あん肝がやってきました!!

これがまた、満点のアテでして・・・日本酒が進む・進む(笑)

 

お隣さまも、小上がりのお客様も、ほとんどの方がオーダーしていたメンチカツ

P1240592

多くは語りませんが、これは確実に外してはいけない1品です!!

 

小上がりの若者男性陣が、お腹が空いているので、お寿司が食べたいとオーダー

この日はたまたま、用意がなかったようで、『肉団子の鍋食べるかい?』と、手際よくメニューにない1品を準備

P1240598P1240594

香りがあまりい美味しそうで、軽く1口いただきましたが、全身を包み込んでくれるような優しい味わいに、イチコロ・・・

 

店主の沖さん、もともと三石のホテルで腕を振るっていたので、美味しい素材をより美味しく調理するのはお手の物♪

元柔道家ということで、食べたいというリクエストがあれば、お腹いっぱい料理を出してくれるわけです^^

さらに、笑顔がキュートな奥様の人柄もプラスされ、一回目にして常連気分で楽しめた夜です♪

【主税~ちから】

札幌市中央区南5西6ニュー桂和3F

011-522-7897

17:00~24:00

日休 

 

日本酒好きで、イケる口の人と行きたい、酒日和 縁屋(えにしや)

プチ異業種交流会?的な飲み会で行った、酒日和 縁屋

一昨年の日本酒ゴーアラウンドでチラッと寄っただけだったので、ちゃんと来るのは(確か)お初

P1240516P1240517

たまたまなのか、それとも合わせてくれたのか、皆さん最初から日本酒だったので、この後いくつか飲む前提で、店主おまかせでいただくことに

“日本の夏”って、良いですねぇ~!!
ただ、ここ2,3日は暖房付けたくなるくらい寒いけど^^;

でもって、錫の酒器ってところがさらに良いですっ

さらにでもって、お通しが“飲まさる系”で良いです(≧▽≦)

桜の葉で香り付けした白魚とか、サバ巻きとか・・・ズルすぎ

P1240523 P1240527

6人ということもあったのですが、いつも以上にいいペースで次々と新しいお酒が♪

お酒はすべて、お料理に合わせてのセレクト

P1240521P1240525

なんと道産の真河豚!そのぶつ切り!! 薄造りより食べ応えあって好き♪

そして上品な味わいの蟹味噌&むき身(なぜかすでにピントが合っていない^^;)

P1240529

脂ノリノリの金目鯛

P1240530

そして鮮度抜群の刺身盛り合わせ

P1240533P1240535

酒も続々と・・・

でもって、ちょっと燗酒が飲みたいなぁ~と思って伝えたら、お店としても燗酒を出したいタイミングだったようで、満面の笑みでそして、素晴らしく適温な状態の燗酒が♪

こんな時は、ココとは相性がいいみたい♪♪と、勝手に盛り上がる瞬間(≧▽≦)

 

P1240536

存在感のあるサイズのアスパラの天ぷらも、ウマウマでした~

 

P1240539

ソラマメとホワイトアスパラの組み合わせって新鮮! さらにチーズがいい塩梅!

これがまた、にごりの燗酒が進んで仕方がなかったです(笑)

P1240542

 

 

そしてこんな禁断の1品も!!

P1240544

美味しくないわけがありません^0^

 

気が付けば3時間30分越え

ココでそろそろ〆ましょう!と、お開きなったのですが、なんとカウンターに知っている顔が!!

ということで、ワタシ一人残って合流(笑)

P1240547 P1240551

そこでお出しいただいた日本酒がすごいヤツでして・・・

『せっかくのメンバーなので、これ開けちゃいましょう!!』って、近藤君、いいんですか??

もちろん、断りはしませんが(笑)

P1240557P1240549

しかも何この、いやらしい出し方!!

あ、言葉間違えました(笑)

ちょっと素敵すぎます~~~~~~

お腹はいっぱいだけどちょこっとつまみたいという心も読まれていたようで、言わずともアテも出てくる・・・

 

P1240560

そして汁物で〆てくれる辺り、かなり出来るオトコと認識しました(笑)

旨い酒があるお店には、やっぱり(同じくらい)飲める人と行くのが一番ですね♪

 

 

 

のん兵衛必見!オトナ女子のご褒美旅~ニセコ・杢の抄

少し前になりますが、まだ雪が残る春のニセコへ行った時の備忘録

P1210908

その旅は、かれこれ20年以上の付き合いとなっている前職の先輩とのオンナ3人女子旅(話が尽きず、一番賑やかなパターン・笑)

一人は現在東京なので、帰札に合わせて時々集まっています。

そんな先輩のリクエストが、『羊蹄山が見たい』でした。

え?先輩の近くには富士山という日本一高い山があるじゃないですか!

先輩の話しによると、富士山とは違う美しさが羊蹄山にはあるようです^^

 

超絶晴れオンナな3人が集まりましたので、こうしてばっちり残雪をまとった羊蹄山も眺めることが出来ました^^

そんなわけでのニセコの旅となったわけですが、宿はオトナ女子旅に相応しい、鶴雅グループの【杢の抄

P1210892

先輩は鶴雅が大好きで、ニセコにあることを知らなかったようで、とても喜んでくれました^^

ワタシも気になってはいたものの、なかなか伺うことが出来なかったので、いいタイミングでお邪魔することが出来ました^^

P1210751

さすがのしつらえです

まずは3人揃って天井見上げます(笑)

P1210752

靴を脱いで上がり、まずはラウンジへ

P1210724

あ!ルスツのみそまんじゅう!!

これ、結構クセになるんですよ~^^

温かいおしぼりとお茶で旅の疲れを癒しつつ、館内の説明を聞きます。

今回は4名まで宿泊可能な温泉露天風呂付スイートに、3名で宿泊

P1210744

まずは隈なく撮影タイム!

 

P1210726

ステキ~!と顔がにやけっぱなし(笑)

P1210737

部屋内は禁煙ですが、露天風呂のデッキでは喫煙も可能

目の前に滝と、すぐ下に川があり、マイナスイオン効果抜群!(雪解けで少々水量が多くて、すごい音でしたが^^;)

P1210727P1210728

マッサージチェア&ナノケアスチーマー&加湿空気清浄機完備

P1210734P1210729P1210742

それにしても、小物がいちいちステキ

P1210746P1210733

カップやグラスもぬかりなし!

P1210748

作務衣に着替えて、さっそく先ほどのラウンジへ

P1210760

実は4月から、アルコールを含むほとんどのドリンクが、フリーで楽しめるようになったとのことで、さっそく食前酒?を楽しむことにしたのです^^

P1210757P1210759

白・赤2種類ずつ用意されてました^^

P1210771

まずは白を♪

P1210781

でもって、外にある足湯コーナーにグラスを持っていき、暮れゆくニセコの空を眺めながら冷え冷えのワインを飲んで楽しみました^^

P1210775

P1210778

なんと贅沢な時間・・・

日が暮れるとまだまだ寒い4月でしたが、足湯の効果は絶大です!

 

そうは言っても、さすがに冷えてきたので、再びラウンジへ

P1210764P1210787

暖炉の薪もイイ感じで燃えはじめ、焼きマシュマロのサービスも^^

P1210790

マシュマロも美味しかったのですが、個人的にはこの揚げ立てのポテトチップスが美味しすぎて、夕食前なのに止まらない状態に^^;

良い音質の音楽に耳を傾けつつ、ワインのお替わりを・・・(笑)

P1210768

P1210767P1210769

書籍も置いてあるので、読書を楽しむ方もいらっしゃいました^^

P1210791P1210770

と、気が付けば夕食の時間!!

ワインを飲み干し、夕食会場へ・・・

P1210793P1210794

長い廊下を進み、個室へ

P1210795

席に着くなり、アルコールメニューをチェック(笑)

P1210840 P1210842

これ全て、フリーで飲んじゃっていいんですか???

のん兵衛としては、かなりテンション上がっちゃいます^0^

P1210801

料理メニューからすると、やっぱり日本酒かな

まずは冷で。。

先付けは、浅利真丈 銀餡かけ

上品なダシの旨味と、食べ応えのある浅利にさっそく感動~

P1210803

春の前菜盛り合わせは、素敵ななが~い皿で登場!

厚岸産粒貝大船煮  合鴨サラダ仕立て  岩石焼き  越冬キャベツすりながし  ニセコ産ヤチブキ浸し

P1210807

いやぁ、日本酒が進みます!フリーだと思うと、より・・・(笑)

 

P1210815

お造里も彩り豊かに、長いお皿で素敵に盛られて登場

P1210812P1210813

醤油やお塩など、お好みで♪

 

P1210816P1210820

馬鈴薯のすり流しは、見た目はシンプルですが、中には帆立・海老・千枚芋・椎茸と、具がゴロゴロ入っていました

 

P1210822

そろそろ燗酒を・・・酒器もステキです^^

 

P1210825

焼き物は、寿都町産桜鱒の味噌幽庵焼き

こちらも日本酒が進む味♪

P1210827

ずわい蟹若竹煮

なんと美しく美味しいお出汁・・・

しばし悶絶

P1210829

道産黒毛和牛蒸し焼き 山椒ソース

お腹はいっぱいだけど、山椒ソースが食欲を増進させてくれました^^

P1210833

ニセコ産根百合土鍋御飯

これはどんなにお腹がいっぱいでも食べないと!!!!!!!

P1210837

普段なら絶対御飯ものまでたどりつけないけど、見た目とおいしい香りにつられてしまいました^0^;

 

P1210843

そしてデザートは、林檎のコンポート 北海道ミルクアイス

ボリューム的には相当、定量オーバーですが、上品な優しい味付けで最後まで美味しく頂くことが出来ました^^

 

フリードリンクですから、バーでも飲みますよ~~(笑)

P1210784

ラウンジの奥、こちらのカウンターに一人、座りました(先輩は温泉&エステへ)

P1210782

まずは、オリジナルカクテルを

P1210847P1210849

一部有料とは書いてありましたが、かなりの種類のウィスキーやカクテルが記載されていて、ワタシからするとほとんどのアルコールがOKでした!

P1210853P1210851

なので、調子に乗って、気になるウィスキーをストレートで^0^;

夕方にもいただいた、揚げたてのポテトチップスをつまみに♪

途中、先輩も合流し、さらにアルコールが進む

P1210858P1210856

確実に、宿泊代の半分がアルコールに相当していたと思われます^^;

そしてそして・・・お隣のお客様がオーダーして気になってしまった〆茶漬けをつい・・・

これがまた、美しいお出汁でして><

食べてよかった~~~!!

 

部屋に戻り、少し会話の続きを楽しんだのちに、部屋の露天に少し浸かる・・・

最高に気持ちの良い時間(泥酔者はキケンですので、お風呂には入らないでください^^;)

 

オイシイ食事にアルコール、そして寝心地の良いベッドのおかげで、素晴らしく目覚めの良い朝!

朝はホテルの大浴場と露天風呂に浸かり、朝ごはん♪

P1210860

会場は夕食の時と同じ部屋ですが、日差しが入るとまた、雰囲気が違います

 

P1210862

あんなに食べて飲んだのに、しっかりお腹が空いているのが素晴らしい!!(笑)

それだけ、リラックスしているということですよね^^

 

P1210863 P1210864 P1210865

P1210866 P1210867 P1210868

P1210874 P1210876 P1210877

白米が進むおかずばかり!!

P1210871P1210873

最強はコチラの一鍋

出汁が美味しすぎて、一滴残らず飲み干しました!!

何より、白米が美味しかったなぁ~

P1210880

確か、らんこし米

P1210882P1210883

炊きたての土鍋ご飯、アツアツのお味噌汁

この組み合わせは鉄板ですよね!!

P1210887P1210889

朝の〆フルーツ & コーヒー

 

出来れば四季折々に、そして2泊したい素晴らしい宿でした!!

杢の抄の皆さま、お世話になりました^0^

 

5月30日(水)の北海道新聞夕刊“ほっと一息”~ワインとお料理 Yonna-yonna

5月30日(水)の北海道新聞夕刊・ほっと一息で紹介したのは、F-45ビル4Fにあります【ワインとお料理 Yonna-yonna

沖縄ツウの人はすぐ、方言(ゆっくり・ゆっくりの意味だそうです)と分かると思うので、沖縄料理のお店と思われてしまうかもしれませんが、メインは“天ぷら”

東京の老舗天ぷら店で修業していた川邊勇毅さんが昨年の8月にオープンさせたお店です。

P1230918P1230859

F-45ビルのエレベーターを降りると正面にいくつかのお店があるのですが、ふと横に目をやると、ものすごく控えめな感じで、店名の書かれた黒板が置かれています。

入ってすぐ、オープンキッチンを囲むように設置されたカウンター席

左奥にはソファ席もあります。

P1230857

その、ソファ席からカウンターを眺めた図

P1230853

天ぷら屋さんですから、揚げたてをスッと提供していただけるカウンター席がオススメ♪

P1230883

思わずじ~~っと見つめてしまいます^^

P1230864P1230865P1230862

と、カウンターの前には美味しそうな旬の野菜たち♪

やっぱりメニューより現物のほうが説得力あります^0^

P1230863

と、そこにこのようなコースのご案内があったので、メインはコースなのかと思いきや、単品で楽しむ方が圧倒的に多いそうです。

早速単品で、本日のおすすめを出していただきました^^

P1230882

昆布森産の生牡蠣は580円。 かなりのビッグサイズ!!

『生でも天ぷらでも楽しめますよ』と、川邊さん。

道産子なので、生ガキはよく食べるけど、天ぷらではあまり食べたことがない!!(カキフライが圧倒的)

P1230896

ということで、急遽天ぷらにしてもらいました^0^

カキの旨みが倍増した感じ♪♪♪

ジューシー&プリッ!!なんとも食べ応えのあるカキでした^0^

 

P1230887

白身魚の梅しそ(280円)

梅の甘酸っぱさが存分に楽しめますので、もちろんこのままで♪

これ好きだなぁ~。。。3つは食べられる!!(笑)

 

P1230890

そしてこちらはウニ!!!!

ウニもカキ同様、天ぷらで食べたほうが旨みが増す気がします^0^

この旨みは罪です・・・水やお茶では美味しさが半減してしまうのです><

 

と、体中からその思いがにじみ出ていたのか、ワインがやってきました^0^;

P1230893P1230877

ワインのメニューブックは奥様の手作りだそうで、すごくわかりやすいデス^^

グラスは580円~、 そしてボトルは3500円~揃っています^^

はぁ~~~

ウニの美味しさが、口の中いっぱいに心地良~く広がりました^0^

さて、ヨンナーヨンナの看板メニューでもあります、活あなごの天ぷらの時間がやってきました!!

築地から空輸で仕入れているそうです!

といっても、この店内に水槽らしきものはありませんが・・・

P1230901 P1230902

え?そこから出すんですか!!(笑)

川邊さんがしゃがんだと思ったら、ひょっこり現れたあなごちゃん

カウンターに座ると、そういう距離感が楽しめて好きです^^

P1230905P1230908

無駄のない動きで、あっという間に天ぷらに・・・

P1230914

骨まで美しく揚がっております^0^

さっそくいただいてみました。さっきのシュッとした風貌からは想像できないほどのふっくら感!!!!

このふっくら感は、活締めだからこそなんだそうです^^

天ぷらはいつも塩派ですが、(飲ん兵衛なので^0^;)あなごは天つゆかも・・・と思い、用意してくれた天つゆにつけてみました。

あ!甘くないっ!!

北海道は、そばつゆも天つゆも、少し甘めに感じるところが多いので、この味わいはかなりウレシイ♪

 

メニューを見ると、おつまみ系の前菜や〆のご飯ものなど色々あって、しかもノーチャージなので、一人でフラリと立ち寄れる天ぷら屋さんとして、重宝しそうです♪

ただし、基本は川邊さんお一人での営業なので、行く前に1本電話を入れて確認した方が確実です^^

 

それにしても、神奈川出身の川邊さんが、なぜ札幌でお店を出したのか気になって伺ってみたところ、(ちなみに奥さんが沖縄出身)やっはり北海道の食材の美味しさが決め手だったそうです。

ちなみに天ぷらの衣は道産小麦100%、そして油は深川の米油とのこと。
(なので、衣の食感がカリッとしているけどもっちり感も楽しめます^^)

やっぱり本州からいらっしゃる方は、探求心が素晴らしいと思いました♪

 

 

pageTop